シャンプー後に髪の毛がギシギシする原因って⁉対処方法はある?

シャンプーの後に、髪がギシギシするという方は多いと思います。髪がギシギシすると髪が絡まることも多く、抜け毛の原因にもなってしまうため改善したいものですよね。そんなシャンプーの後にギシギシしてしまう原因と対処方法について紹介していきます。

目次

  1. シャンプー後に髪がギシギシするのはなぜ?抜け毛にもなる?
  2. シャンプーの後に髪がギシギシする原因は?
  3. シャンプーの髪のギシギシはノンシリコンシャンプーが原因?
  4. 髪がギシギシする選んではいけないシャンプーの成分
  5. シャンプーの後の髪のきしみは髪にいいの?傷む原因になる?
  6. シャンプーの後に髪がギシギシすると頭皮に痛みがでることも
  7. シャンプーの後の髪のギシギシのい対策方法
  8. 髪がギシギシしない正しいシャンプーの方法
  9. 髪がギシギシしない市販のシャンプーの選び方
  10. 髪がギシギシしないためのシャンプーなどによる対策の口コミ
  11. 【まとめ】髪がギシギシしないために育毛剤がおすすめ

シャンプー後に髪がギシギシするのはなぜ?抜け毛にもなる?

普段と変わらない生活をしていても、シャンプーの後で髪の毛がギシギシしたり、絡まったりするという経験をしたことはないでしょうか。シャンプーの後に髪の毛がギシギシしてしまう原因には、シャンプーだけが原因ではなく、さまざまなことが影響しているようです。

また、髪がギシギシする人の原因で考えられるのは、ノンシリコンシャンプーも関係がありそうです。ノンシリコンシャンプーが髪にいいと聞き使ってみたけど、ギシギシして使いづらい、と感じている人も多いようです。ノンシリコンシャンプーでなぜ髪がギシギシになってしまうのでしょうか。また、ギシギシの髪にならないための対策方法を紹介します。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

モンドセレクション受賞の名高い育毛剤
80種類以上の有効成分配合
画期的な全額返金保障制

髪のギシギシの大改革ができる育毛剤

髪がギシギシすると、髪が抜け毛になりやすいものです。そんな髪のギシギシによる抜け毛が気になる方には育毛剤の使用がおすすめです。育毛剤の中でも髪のギシギシにおすすめは、チャップアップ育毛剤です。チャップアップ育毛剤は、ギシギシする髪の頭皮環境を整える役割もありますので、ギシギシを改善する効果や髪の抜け毛の改善にも役立つでしょう。

Thumbシャンプーのきしみで抜け毛は増える!?改善方法をご紹介!

シャンプーの後に髪がギシギシする原因は?

シャンプーの後に、髪がギシギシする原因には、どんなことがあるのでしょうか。シャンプーの後にギシギシしてしまう原因を紹介します。

  • ダメージ
  • 泡カラー
  • 海水浴やプール
  • パーマのダメージ
  • 石鹸系シャンプーで洗っている

他にもシャンプーの後にギシギシする原因はありますが、大きな原因には以上のようなことが考えられます。

髪の毛のシャンプーの後のギシギシの原因で、大きく考えられるのは髪のダメージといえるでしょう。髪のダメージは、髪が傷んでしまい、手触りが悪くなりギシギシしてしまうものです。自分では、髪の毛が痛んでいるつもりがなくても、いつの間にかダメージが積み重なってギシギシしていることもあるようです。

髪の毛のダメージは、カラーやパーマなど、美容施術によるダメージが大きな原因となりますが、他にも、毎日のシャンプーやシャンプーの後のケアや、強い紫外線などで傷んでいることもあるようです。髪がダメージを受けることは、髪の表面のキューティクルや、髪のタンパク質などに負担がかかっていることです。
 
つまり、髪がダメージを受けて、整列しているはずのキューティクルが、剥がれてしまったり、無くなることで、髪がきしみ、手触りがギシギシしたり引っかかってギシギシしてしまうのです。また、髪のタンパク質が壊れることで、髪のハリコシがなくなり、ゴムのように伸びた感じになることもあるのです。

Thumbシャンプー時の抜け毛や切れ毛が多い原因って⁉対策方法はある?

シャンプーの髪のギシギシはノンシリコンシャンプーが原因?

髪にいいと聞いてノンシリコンシャンプーを使うようになった方は多いと思います。しかしそんなノンシリコンシャンプーを使って髪がギシギシになった経験をしたことがある方もいるでしょう。どうしてノンシリコンシャンプーでギシギシになってしまうのでしょうか。

まず、シリコンの役割について考えてみましょう。ノンシリコンシャンプーとは、シリコンが入ってないシャンプーという意味です。つまり、ノンシリコンシャンシャンプーというだけで、髪に良いというのは大きな誤解かもしれません。シリコンは、シャンプーだけでなく、リンスやトリートメント、また、食品などのヘアケア以外にも広く使われているものですから、絶対に体に悪いというものではないようです。

ノンシリコンシャンプーのギシギシの原因

ノンシリコンシャンプーを使用したら髪がギシギシしたと感じる原因についてみていきましょう。ノンシリコンによる髪のきしみは、シャンプーの洗浄力や脱脂力などが強すぎることで起きるようです。少し前の市販シャンプーは、強い洗浄成分に、シリコンを混ぜて手触りをよくして市販で販売されていました。

しかしノンシリコンシャンプーが人気が出たため、強い洗浄成分のシャンプーでもシリコン入れずに市販で販売されるようになったのです。それでは当然、髪の毛はきしみやすくなります。市販品シャンプーの成分を見ると、ほとんどのシャンプーで洗浄力が強力に分類される界面活性剤が使用されています。市販の強い脱脂力のシャンプーを使うと、髪の毛にとって必要な油分も一緒に流れてしまいます。

そのため、髪の毛にとって理想的な状態ではなく抜け毛やきしみの原因となります。そのため、シリコンは髪に悪いと思っている人が多いですが、シリコン自体は無害ですので、市販のシャンプーを選ぶ時は、シリコンシャンプーなのかノンシリコンシャンプーなのかというよりも、市販のシャンプーの他の成分にも注目してみるべきといえるでしょう。

Thumb効果的なノンシリコンのアミノ酸シャンプーは⁉おすすめ10選⁉

髪がギシギシする選んではいけないシャンプーの成分

市販のノンシリコンシャンプーで髪がきしむ場合には、シャンプーの成分をみてみましょう。髪がきしむ原因となる選ぶべきではない、市販のシャンプーの成分について紹介します。

市販のシャンプーの髪によくない成分

市販のノンシリコンシャンプーは、シリコンは入っていないから髪にいいと思っている方は多いですが、洗浄力が強い、石油系の合成界面活性剤などが使われているシャンプーもあります。そのため、市販のシャンプーでシリコンが入っていないというだけで、髪にいいということにはならないようです。

洗浄力が強い石油系や硫酸系のシャンプーは、シリコンを入れて髪のきしみを改善したもので、それがなくなったら、髪は当然きしみます。また、シリコンが入っていても、素材が悪い市販のシャンプーを使うと、シリコンでごまかしがきかないため、髪がギシギシしてしまうのです。つまり、髪がギシギシするのは、シャンプーの素材がよくないから、ということが大きな原因となります。

選ぶべきではない成分は、~硫酸、アルキル~と書かれているものです。成分表示は含有量が多いものから順に表示されていますので、市販のシャンプーの成分表示の上の方に、「~硫酸」「アルキル~」という成分が書かれていれば合成界面活性剤が使われているシャンプーです。そのような市販のシャンプーは、シリコンが入っていなくても選ばない方がいいでしょう。

Thumb【女性必見!】ノンシリコンシャンプーは抜毛が増える⁉原因と対策!

シャンプーの後の髪のきしみは髪にいいの?傷む原因になる?

シャンプーの後の髪のきしみは、髪にとっていいのでしょうか。髪がきしみ、ギシギシすることで髪が痛んでいないのかどうか見ていきましょう。

髪のきしみは髪が乾いてダメージを与えていることも

シリコンが配合されていないシャンプーということは、髪をコーティグするための材料が、入っていないということです。そのため、保湿する成分も配合されていなくて、髪をコーティングする成分もないシャンプーでは、髪が無防備になり乾燥しやすくなります。乾燥すると、髪はきしみやすくなり、抜け毛にもなりやすくなるでしょう。

そのような状態で、パーマやカラー、そしてヘアアイロンなどを使用すると、熱や摩擦でで、髪はどんどん弱くなってしまい、髪がきしむだけでなく、髪のダメージも大きくなり、抜け毛も多くなるのです。ですから、ノンシリコンで髪がきしむシャンプーを使っていると、髪が乾燥して傷んでいる可能性もあります。つまり、乾燥などの髪痛みが原因で髪がきしみ、ギシギシしている可能性があるといえるでしょう。

Thumb育毛シャンプーはノンシリコンが効果的⁉口コミ比較!

シャンプーの後に髪がギシギシすると頭皮に痛みがでることも

髪がきしみ、ギシギシするシャンプーを使っていると、髪が痛むだけでなく、頭皮にまで痛みが出ることもあるようです。どうしても髪きしみ、ギシギシしていると指通りが悪いため、髪を引っ張ることになります。そのため、抜け毛が多くなるのです。そして指にからまる量が多いと、頭皮に痛みが出てしまうこともあるでしょう。

また、頭皮は皮脂の分泌が盛んにおこなわれていますが、髪がきしみ、ギシギシしていると、乾燥して皮脂が足りない状態となっていることが多いでしょう。乾燥して皮脂が少ない状態になると、頭皮からさらに皮脂を出そうとします。そのため過剰に皮脂が分泌されることになり、その皮脂が毛穴につまったりして頭皮にダメージを受けることになってしまいます。そのため、抜け毛や頭皮の痛みに繋がります。

Thumb頭皮の臭いの原因はノンシリコンシャンプーの使い方にあった?

シャンプーの後の髪のギシギシのい対策方法

ノンシリコンシャンプーで髪がきしみ、ギシギシしてしまうのは、成分に原因があるようですが、成分を見直しても完全に髪のきしみが改善できないこともあるでしょう。そのような場合の髪のきしみの対策方法を紹介します。

トリートメントを使用する

髪のきしみが気になる場合には、抜け毛の原因にもなりやすいですので、外からダメージ補修をして、髪を保護してあげる事が必要です。そのため、髪のきしみ対策には、トリートメントの使用がおすすめです。トリートメントできしみ対策をすると、指どおりが良くなり、髪のきしみを感じなくなるでしょう。しかし、毎日トリートメントしていても抜け毛などの髪のダメージが無くなることにはなりません。
 
なぜなら、トリートメントの中にも、シリコンを配合しているトリートメントも多く、シリコンで髪の表面を保護して、一時的に指通りを良くしているトリートメントが多いのです。そのため、トリートメントで抜け毛などを対策する場合には、ノンシリコンのもので、天然由来成分が配合されているトリートメントを選んで使うようにしましょう

また、トリートメントは毛先のダメージがひどい部分に集中的につけて、今の髪がきしむ状態が悪くならないようにするものです。また、髪がきしみ、絡まって抜け毛がひどい場合は、流さないタイプのトリートメントで髪のきしみ対策をしてもいいでしょう。トリートメントで髪のきしみを対策する場合には、なるべく髪に優しいトリートメントで対策することで、次第に髪のきしみがない、健康な髪に近づけるでしょう。
 

Thumbアミノ酸のトリートメントは髪にいい?効果的な理由まとめ!

髪がギシギシしない正しいシャンプーの方法

髪がギシギシして抜け毛になってしまうのは、シャンプーの成分だけの問題ではありません。シャンプーの方法にも問題があるかもしれません。シャンプーの方法で一番見落としがちなことはすすぎです。そんなシャンプーの正しいすすぎの方法を紹介します。

シャンプーはすすぎが大切

シャンプーをする時に、頭皮の汚れを落とすことはしっかりと行っている人は多いですが、シャンプーの後のすすぎにはあまり注目していなくて、すすぎを適当に終わってしまう人がほとんどです。しかしシャンプーの後のすすぎが悪いと、シャンプーの成分が頭皮に残っている状態となり、抜け毛の原因にもなりますので注意が必要です。

すすぎに掛けるべき時間

一般的にすすぎは、シャンプーの3倍の時間をかける必要があるといわれています。ただ、シャンプーの時間が短い人でも、すすぎの時間は最低でも2分以上は行うようにしましょう。すすぎで、髪や頭皮の汚れとシャンプーの成分をすべて洗い流すためには、それだけの長い時間が必要なのです。

正しいすすぎの方法

正しいすすぎの方法は、すすぎの時に、頭皮にシャワーをまんべんなく当てて、指の腹でシャンプーを落としていきます。洗面器にお湯をいれてすすぎをする人もいますが、洗面器のお湯だけでは丁寧なすすぎをすることは難しいため、シャワーでしっかりとすすぎをしましょう。シャワーをする時に、シャワーヘッドを固定して両手が使える状態にして、斜め上からシャワーを髪にあててすすぎましょう。

また、すすぎ忘れ対策に、すすぎの流れと順番を決めておくと、すすぎ残しを対策することが出来るでしょう。特に、すすぎで汚れが残りやすい箇所は、額の生え際や、耳上の生え際、襟足などです。そのためすすぎの時は、そのような箇所に気を付けて洗い残しがないように対策をしていきましょう。

Thumbシャンプーのすすぎの時間の目安は?髪の正しい洗い方を知ろう

髪がギシギシしない市販のシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーでも、髪のギシギシや抜け毛を対策できないということはありません。髪のギシギシを対策できるシャンプーはもちろんあります。シャンプー選びは、シャンプーの素材をしっかり見極めて、髪を保護する対策ができるアイテムを使うと、ギシギシの髪を対策することができるでしょう。

アミノ酸系シャンプーにする

洗浄力もそれほ弱くない、髪に優しいアミノ酸シャンプーを選ぶようにすると、ノンシリコンシャンプーでも髪がギシギシすることは少ないといえるでしょう。アミノ酸シャンプーは、髪の成分に似た成分を使って作られていますので、髪や頭皮にかかる刺激も少なく、しっとりした感じに洗うことができます。

ただし、アミノ酸系シャンプーでも、泡立ちがあまりよくないものや、洗浄力が弱いシャンプーもありますのでデメリットもあります。洗浄力が弱いシャンプーを選んでしまうと、頭皮の皮脂をきちんと落とすことができないため、頭皮がべたつく原因になってしまうこともあります。そのため、アミノ酸シャンプーを選ぶ時は、洗浄力がそれなりにあって、保湿効果が高いアミノ酸系シャンプーを選びましょう
 

髪に良い素材を使っているものを選ぶ

植物由来の洗浄成分が使われているオーガニックシャンプーなどを選ぶと、ノンシリコンシャンプーでも髪を優しく洗うことができます。また、オーガニックシャンプーなら、トリートメントを使う必要もないでしょう。そのため、髪を守りながら、頭皮をキレイに洗うことができますので、髪がギシギシすることも少ないでしょう。

Thumbアミノ酸系シャンプーのいち髪の効果は⁉成分や口コミまとめ!

髪がギシギシしないためのシャンプーなどによる対策の口コミ

髪がギシギシしないために対策をしている人の口コミを紹介します。

  • シャンプーをアミノ酸シャンプーにして髪のきしみを改善した
  • シャンプー後に髪がきしむので、トリートメントで対策をしている
  • 髪のきしみが気になるので育毛剤を使うようにした

髪のギシギシを改善した人の口コミでは、シャンプーを髪にやさしい成分配合のものに変えたという人が多くみられます。

また、トリートメントや育毛剤で髪のギシギシを改善した人も多いようですね。

Thumb頭皮の臭いはアミノ酸シャンプーで改善できる⁉効果と選び方!

【まとめ】髪がギシギシしないために育毛剤がおすすめ

今回は、シャンプーの後に髪がギシギシする原因や、対策方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。髪がギシギシする原因には、シャンプーだけの問題ではなく、シャンプー以外にもさまざまな原因があるようですね。また、ノンシリコンシャンプーを使うと、髪がギシギシすることが多いようですが、ノンシリコンシャンプーだからギシギシするというわけではないようですね。

ノンシリコンシャンプーだから髪にいいというわけではなく、シリコン以外の成分にも注目することが大切です。そのため、市販のシャンプーを選ぶ時は、ノンシリコンシャンプーというだけで頭皮に優しいシャンプーと思わずに、その他の成分を見てから購入した方がいいでしょう。また、トリートメントで髪のギシギシを対策する方法もおすすめですが、トリートメントの成分も確認してから使用しましょう。

髪がギシギシしないためにおすすめのチャップアップ育毛剤

また、髪のギシギシを対策ために、育毛剤の使用もおすすめです。頭皮に優しいシャンプーを使いながら、育毛剤と併用するとギシギシ対策だけでなく抜け毛の対策もできるでしょう。頭皮に優しいシャンプーと併用できるおすすめの育毛剤は、チャップアップ育毛剤です。チャップアップ育毛剤は、天然由来成分配合の育毛剤で、副作用の危険性も少ないため、男性にも女性にも安心して使うことができます。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

副作用の少ない育毛剤
天然由来成分配合の新常識
頭皮ケア成分多数配合

シャンプーとの併用も可能な安心の育毛剤

育毛剤チャップアップには、公式サイトから購入すると、お得な定期便も用意されています。また、チャップアップ育毛剤にはチャップアップシャンプーも販売されていますので、セットで使用してもいいでしょう。さらに、公式サイトから購入すると、永久全額返金保証もついてきますので、育毛剤を初めて試したいという人にもおすすめといえるでしょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

もっと髪にいいシャンプーについて知りたい方はこちら

Thumb更年期の抜け毛・薄毛はシャンプーで対策出来る?おすすめ5選
Thumb女性の抜け毛にはアミノ酸シャンプーがおすすめ?市販品でも良い?
Thumbアミノ酸のメンズ用おすすめシャンプーランキングまとめ!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事