薬用シャンプーと普通のシャンプーが頭皮に与える効果の違いは⁉

あなたは薬用シャンプーと普通のシャンプーの違いを知っていますか?薬用シャンプーは頭皮に良さそう!くらいの印象しかないのでは?ここでは、薬用シャンプーと普通のシャンプーとの違い、薬用シャンプーの頭皮への効果などをまとめていきます。

目次

  1. 薬用シャンプーと普通のシャンプーは違う?頭皮の効果は?
  2. 薬用シャンプーとは何?頭皮に効果がある?
  3. 薬用シャンプーの有効成分は?
  4. 薬用シャンプーの効果とは?
  5. 普通のシャンプーの成分と効果とは?
  6. 薬用シャンプーはどのような人におすすめ?
  7. 薬用シャンプーの選び方が知りたい
  8. 薬用シャンプーは使い続けてもいいもの?
  9. おすすめの薬用シャンプーをご紹介!
  10. 薬用シャンプーを上手に活用して頭皮を健康にする!

薬用シャンプーと普通のシャンプーは違う?頭皮の効果は?

薬用シャンプーと普通のシャンプーは、何がどう違うんだろう?と思ったことはありますか?たいした違いは無いんじゃない?と思っている方もいるかもしれませんね。

しかし、それは間違いです。薬用シャンプーと普通のシャンプーは、いくつもの違いがあります。

簡単に言うと、普通のシャンプーが、髪のしっとり感や、皮脂や汚れを落とすことに重点を置いているのに対し、薬用シャンプーは、頭皮トラブルの悪化を防ぎ改善に効果が期待できるものです。

ここでは、これら二つのシャンプーの違いと頭皮への効果の違いを詳しくまとめていきます。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

天然由来中心の83種類の成分が配合されていて、刺激が少ない育毛剤です。

チャップアップは全額返金保証付き

育毛サイトや育毛剤ランキングで高い評価を受けるチャップアップ!でも、その効果を最大限に生かすには、育毛剤を受け入れやすい頭皮環境が必要です。そのためにはシャンプー選びも大切!薬用シャンプーの頭皮への効果を知ることで、シャンプー選びの幅が広がります。

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

薬用シャンプーとは何?頭皮に効果がある?

薬用シャンプーは医薬部外品

薬用シャンプーと普通のシャンプーの大きな違いは、普通のシャンプーが「化粧品」の部類に入るのに対し、薬用シャンプーは「医薬部外品」に分類されます。

化粧品と医薬部外品の違いは、「化粧品」は、身体を身綺麗に整えたり、清潔にする事を目的としたもので、「医薬部外品」は、「医薬品」ほどに期待は出来ないものの、ある程度の改善は期待できるものになります。

分かりやすいように、分類を以下にまとめます。

  • 医薬品・・・治療をするためのもので、治すことを目的にする。
  • 医薬部外品・・・予防や改善を目的としたもので、薬用効果が期待できるもの。
  • 化粧品・・・清潔さを保つ、身体の手入れなどを目的としたもの。
医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間と思えば分かりやすいですね。

医薬部外品は、医薬品に準ずるもので、厚生労働省が認めた有効成分が定められた量で配合されています。
また、化粧品が有効成分を謳えないのに対し、医薬部外品は、有効成分の効果・効能を記載する事ができます。

Thumbエタノール入りのシャンプーは頭皮に良くない?アルコールのデメリット

薬用シャンプーの有効成分は?

頭皮のトラブルを改善する成分

薬用シャンプーには、何がしかの頭皮トラブルの効果・効能が期待できる有効成分が配合されています。ここでは、成分解析の参考になるように、薬用シャンプーの主な有効成分をまとめてみます。

     有効成分   効果・効能   症状
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用 湿疹、痒み、肌荒れ
イソプロピルメチルフェノール 抗菌作用 フケ、痒み
塩化ベンザルコニウム液 殺菌作用 フケ
サリチル酸 抗炎症・殺菌作用 炎症
酢酸 DL-α-トコフェロール 抗炎症作用 フケ、痒み、炎症
トリクロロカルバニリド 殺菌作用 フケ、痒み
ピリチオン亜鉛水性懸濁液 抗菌作用 フケ、痒み

このような、フケや痒みなどの症状に効果が期待できる成分が、厚生労働省が定めた量で配合されているのが薬用シャンプーです。

成分を解析すると、普通のシャンプーが髪のツヤやしっとり感、洗い上がりの爽快感を重視しているものが多いのに対し、薬用シャンプーは、頭皮トラブルに重点を置いていることが分かります。

Thumb頭皮の臭いはアミノ酸シャンプーで改善できる⁉効果と選び方!

薬用シャンプーの効果とは?

頭皮のトラブルの予防・改善効果

成分解析からも判るように、薬用シャンプーに期待出来る効果は、頭皮トラブルの予防と改善です。まとめると以下のようになります。

  • 頭皮の痒みや炎症を抑える
  • フケを抑える
  • 頭皮の臭いを抑える
頭皮トラブルの代表的な症状と言えば、フケや痒み、炎症や湿疹です。成分解析でも分かるように、薬用シャンプーには、抗炎症作用や抗菌作用がある有効成分が配合されていますから、炎症や痒みを抑えるだけでなく、頭皮の臭いの原因にもなる雑菌を抑える効果も期待できます。

また、頭皮トラブルの原因の一つに皮脂のバランスが挙げられます。頭皮の皮脂の過剰分泌は、毛穴詰まりや、炎症などを引き起こし、抜け毛の原因にもなるものですが、ある程度の皮脂は頭皮を守るために必要なものです。

Thumb頭皮の荒れの原因は何?治し方やおすすめシャンプーまとめ

普通のシャンプーの成分と効果とは?

シャンプーの口コミなどを見ていると、髪の毛の洗い上がりにしっとり感があるものや「洗い上がりがスッキリする」「洗ったあとの爽快感がいい」など、しっかり洗浄されるシャンプーが人気のようです。

しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーは、あまりおすすめ出来ません。

普通のシャンプーには、洗浄力の強い石油系界面活性剤を使用しているものが多く、肌が弱い方や、頭皮にトラブルを抱えている方にはこの成分は合いません。普通のシャンプーを選ぶ際には、この石油系界面活性剤を避ける必要があります。ネットで成分解析を見たりするなど注意したほうがいいでしょう。
 

頭皮にダメージを与える場合もある?

健康な頭皮は、弾力があり、しっとりと保湿されているのが理想です。何らかのトラブルを抱えている頭皮は、頭皮も固く、皮脂でベタついていたり、逆に乾燥して角質がめくれ上がっている場合もあります。

このような症状の多くは、洗浄力が強すぎるシャンプーが原因だと考えられています。洗浄力がありすぎるシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまいます。そうなると、皮脂は、足りなくなった皮脂を補おうと、皮脂を過剰に分泌します。

この状態が繰り返されると、皮脂のバランスが崩れ、頭皮トラブルを引き起こしてしまう原因になってしまいます。

特に注意したい洗浄力の強い成分は以下の通りです。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸TEA
などが挙げられます。似たような名前が多いですが、普通のシャンプー選びの成分解析のポイントとなります。

Thumb頭皮のニキビに効果的なシャンプーTOP10!かゆみとフケを防止!

薬用シャンプーはどのような人におすすめ?

薬用シャンプーは、頭皮に何らかの症状を抱えている人や、肌の敏感な人におすすめです。

頭皮にトラブルを抱えている人

頭皮に、炎症や痒み、フケなどのトラブルを抱えている人に薬用シャンプーはおすすめできます。これらの症状の人達には、通常のシャンプーでは刺激が強すぎて、症状が悪化するばかりです。

ひと口に頭皮トラブルと言っても、頭皮の状態は人それぞれ。薬用シャンプーの中には、脂性肌用と乾燥肌用に分けて販売されているものもありますので、自分の頭皮の状態にあったものを選ぶのが良いでしょう。

また、薬用シャンプーの中にも、洗浄力の強い製品も出回っていますので、必ず成分表をチェックするなり、シャンプー解析サイトを確認してから購入するのがおすすめです。

頭皮が敏感な人

頭皮が敏感な人は、もともと肌が弱いという人と、頭皮がダメージを受けて敏感になってしまった、という人がいます。

言うまでもなく、どちらのタイプも刺激の強いシャンプーは厳禁です。刺激に弱い頭皮は、頭皮のバリア機能が壊れているということです。頭皮のバリア機能とは、頭皮を守るための皮脂と角質です。皮脂を取り過ぎてしまったり、角質を取り過ぎてしまっては、頭皮は刺激から守れなくなってしまいます。

薬用シャンプーは、洗浄力が緩やかで、洗い上がりがしっとりするものや、炎症を抑える成分が配合されていますから敏感肌の方でも使用できるシャンプーと言えます。

Thumbシャンプーが薄毛やハゲる原因になることがある!?しない方が良い?

薬用シャンプーの選び方が知りたい

薬用シャンプーの種類は様々ですから、自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。そのためには、まず、成分解析をしっかりする必要があります。

薬用シャンプーに配合されている有効成分は、どんな頭皮トラブルにも効果という訳ではありません。先にまとめた成分解析表をみても分かる通り、その有効成分が持っている効果・効能に、自分の症状が合っているかどうか確認する必要があります。

大概の薬用シャンプーには、「フケ・痒みを抑える」などの効果・効能が謳われていますが、それだけで判断して購入するには問題があります。

フケや痒みを抑えるにしても、その人の頭皮の状態が乾燥肌であったり、脂性肌や敏感肌であったりすることで、効果の程も違ってきます。さらには逆効果になってしまう事も考えられます。

特に、乾燥肌の方は頭皮が敏感になっていますので、薬用シャンプーと言えども、刺激の少ない成分が配合されている、保湿効果のある成分があるなどのチェックが必要でしょう。

シャンプーの裏面には、配合成分が表示されていますので、ネットの成分解析などを利用して慎重に選ぶのが、頭皮トラブルを改善するためには重要です。

治療薬のメディクイックHゴールドの効果は?

メディクイックHゴールドは、頭皮の痒みを直ぐ止めたい時などに使用する治療薬です。メディクイックHゴールドは、スポンジタイプとノズルタイプの2種類があり、直接患部に塗布して使用します。

頭皮の痒みは酷くなると、我慢をするのも大変で掻きむしりたい衝動にかられます。特に、仕事中や会議の時など、頭皮の痒みがひどければ、集中もできません。そんな時に役立つのがメディックHゴールドです。

頭皮の痒みは、掻いてしまう事で患部がさらに悪化し、また痒くなるという悪循環に陥りやすいものです。頭皮を痛めることなく、痒みを素早く抑えてくれるメディクイックHゴールドは効果的です。

しかし、メディクイックHゴールドは使用し続けていくものではありませんので、症状が治まってきたら徐々に使用する回数を減らしていく必要があります。

メディクイックHゴールドの主な成分解析

  • プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル・・・炎症を抑える
  • グリチルレチン酸・・・炎症、かぶれを抑える
  • クロタミトン・・・痒みを抑える
  • アラントイン・・・炎症を抑え、傷の修復の促進
成分を解析して分かるように、炎症を抑える成分が多く配合されています。ステロイドも配合されていますので、長期の使用は避けたほうがいいでしょう。

また、治療薬のメディクイックHゴールドの他にも、メディクイックH頭皮しっとりローションという痒みやフケを抑えるローションもありますので試してみるのも良いでしょう。

Thumb頭皮が脂性だと薄毛になりやすい?市販のシャンプーで対策できる?

薬用シャンプーは使い続けてもいいもの?

薬用シャンプーを使用し続けることはあまりおすすめできません。薬用シャンプーは、抗菌作用や殺菌作用のある有効成分がその効果を発揮して、フケや痒み、炎症を抑えます。

しかし、これらの作用は、頭皮に必要なある程度の皮脂や菌までも殺菌してしまいます。頭皮には皮膚を守ったり頭皮環境を整える役割をしている常在菌もいますから、摂りすぎはいけません。頭皮のバリア機能を取り去ってしまうことになります。

本来、頭皮は弾力があり、しっとりしているものです。このような健康な頭皮に戻すには、ある程度の皮脂と常在菌の働きが必要になってきます。

薬用シャンプーに変えて、フケや痒み、炎症などが治まってならば、普通の低刺激のシャンプーに切り替えるのが良いと言えます。

Thumbシャンプーは二度洗いした方が髪にいいって本当⁉【検証】

おすすめの薬用シャンプーをご紹介!

ここでは、参考までにおすすめの薬用シャンプーをご紹介します。

コラージュフルフルスカルプシャンプー

皮膚科の先生がおすすめしていることで知られるコラージュフルフルのシャンプーです。こちらのシャンプーは、フケや頭皮のベタつき、臭いが気になる人におすすめです。

抗菌・殺菌作用が強く、長く使用することはあまりおすすめできませんが、頭皮のベタつきやフケ・臭いで悩んでいる方には効果的です。

アイテム
コラージュフルフルスカルプシャンプーの画像
コラージュフルフルスカルプシャンプー

頭皮としっとり保湿する為の植物エキスが10種類配合!

フケに悩む方におすすめ!

また、洗浄成分はアミノ酸系で刺激が少なく優しく洗い上げてくれるのがいいですね。

ミノン全身シャンプー(しっとり)

低刺激と言えば「ミノン」と言われるほど、刺激の少ないシャンプーとして有名です。このシャンプーをおすすめする理由もそこにあります。

成分解析をすると、有効成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されていますが、これは抗炎症作用がありますので、痒みや炎症を抑える働きが期待できます。

洗浄成分としては、アミノ酸系のココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEAなどが配合されています。地肌に負担をかけずにしっとり洗い上げてくれる成分です。

穏やかな洗浄力ですので弱った頭皮に優しい薬用シャンプーです。髪の補修成分は配合されていませんが、泡立ちは良く、しっとりとした洗い心地です。

乾燥による痒みやフケに悩んでいる方に特におすすめしたい薬用シャンプーです。

メディクイックHシャンプー

治療薬のメディクイックHゴールドと相性の良い、メディクイックHシャンプーもおすすめします。メディクイックHシャンプーは、抗菌作用がありますので、脂漏性皮膚炎などの頭皮の痒みやフケ、頭皮の臭いが気になる方に効果が期待できます。

おすすめの理由は、脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌の増殖を抑えながらも、低刺激の洗浄成分で優しくしっとり洗い上げてくれるところです。

メディクイックHシャンプーの有効成分は、ミコナゾール硝酸塩とグリチルリチン酸ジカリウムです。成分解析は以下の通りです。

  • ミコナゾール硝酸塩・・・抗真菌作用(マラセチア菌の増殖を抑える)
  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・抗炎症成分(炎症を抑える)
これらの他に保湿成分も配合されていますので、刺激が少なくしっとりとした洗い心地です。また、メディクイックHゴールドとの相性もいいですので一緒に使用するとより効果が期待できます。

薬用ローションを使用してみる

頭皮の痒みやフケは、なかなか辛いものがあります。薬用シャンプーだけでは力不足だと感じる方は、先に紹介したメディクイックHゴールドなどの治療薬や、頭皮の薬用ローションの使用も一つの選択方法です。

おすすめの薬用ローションは「ナプラ薬用フィルキュア エッセンス ゴールド」です。このローションは、乾燥肌の方におすすめです。ナプラ薬用フィルキュア エッセンス ゴールドには有効成分として「セファランチン」が配合されています。

この成分は、円形脱毛症の治療薬として処方されているものですが、他にも、抗アレルギー作用、免疫機能を強化する作用、血行促進効果に効果があり、ひこう性脱毛症の治療薬としても利用されています。

また、ナプラ薬用フィルキュア エッセンス ゴールドは、植物由来の成分として漢方などに使われる冬虫夏草エキスも配合されていますから、頭皮トラブルを緩和するだけでなく、頭皮をしっとりと整える作用があります。

ナプラ薬用フィルキュア エッセンス ゴールドの成分解析は次のとおりです。

  • セファランチン・・・抗アレルギー作用、免疫機能強化、血行促進
  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・抗炎症作用
  • 冬虫夏草・・・保湿効果

ナプラ薬用フィルキュア エッセンス ゴールドには、頭皮トラブルを抑えるだけでなく、抜け毛や薄毛を予防、改善する効果も期待できます。

ナプラ薬用フィルキュア エッセンス ゴールドの他にも、メディクイックH頭皮しっとりローションなど、乾燥による痒みやフケに効果的な薬用ローションもありますので、自分の頭皮の状態にあった頭皮ローションを選ぶのが頭皮トラブルの改善につながります。

Thumbシャンプーの使用をやめると髪が増えるって本当⁉【口コミあり】

薬用シャンプーを上手に活用して頭皮を健康にする!

薬用シャンプーと普通のシャンプーの効果の違いは分かって頂けましたでしょうか?自分に合ったシャンプー選びは、頭皮と髪の毛の将来に大きく影響します。薬用シャンプーの効果を知ればシャンプー選びの幅もひろがりますね。

頭皮環境を整えることは、抜け毛や薄毛の予防や改善にもつながります。育毛剤チャップアップは医薬部外品。頭皮環境を整える3つの有効成分が配合されています。
*チャップアップの有効成分解析*

  • センブリエキス・・・頭皮に栄養を与える、保湿効果
  • グリチルリチン酸・・・炎症を抑える作用
  • ジフェンヒドラミンHC・・・血行促進、炎症を抑える作用
健康な髪の毛を育てるには、健康な頭皮が必要です。チャップアップは頭皮トラブルを抑え、頭皮を健康な状態に保つ成分が配合されていて、無添加・無香料でもあります。敏感肌の方も安心して使用できます。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・AGA関連医師からも高評価
・2017モンドセレクション金賞受賞
・副作用が少ない育毛剤として人気

チャップアップは無添加・無香料

チャップアップは3つの有効成分の他、天然由来が中心の頭皮を健康に導く成分が多く配合されていますので、しっとりと弾力のある健康な頭皮へと導いてくれます。刺激が少ない為、女性でも使用でき、育毛剤を初めて使用する方にもおすすめです。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

もっとシャンプーについて知りたいアナタへ!

Thumb頭皮トラブルに効果的なシャンプーはある?原因や口コミまとめ
Thumbシャンプーで頭皮が硬いのを柔らかくすることは出来るのか徹底検証!
Thumb頭皮の湿疹に良いシャンプーランキング!メリットやキュレルはおすすめ?

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事