コンディショナーはどれくらいの時間を置くといい⁉効果的な使い方!

コンディショナーは髪につけて時間を置く使い方が、髪に効果的と言われているそうです。コンディショナーの成分を浸透させる効果的な放置時間と使い方、コンディショナーの適量、すすぎの重要性、男性のコンディショナーの必要性、トリートメントとの違いについてもご紹介します。

目次

  1. 髪に効果的なコンディショナーの時間や使い方を徹底調査!
  2. コンディショナーは時間を置くと髪にどんな効果があるの?
  3. コンディショナーの時間を置く使い方は髪に効果ない!?
  4. 髪に効果的なコンディショナーの時間と使い方が多様化?
  5. コンディショナーのタイプによって放置時間が異なる?
  6. コンディショナーの髪に効果的な放置時間の口コミ検証!
  7. コンディショナーの髪に効果的な使い方・時間のまとめ!
  8. 時間以外のコンディショナーの使い方注意点は?
  9. 髪に効果的なシャンプーの選び方・使い方も確認しておこう!
  10. 【まとめ】コンディショナーは髪に効果的な時間と使い方で!

髪に効果的なコンディショナーの時間や使い方を徹底調査!

シャンプーの後にコンディショナーを利用するのは、女性だけでなく男性も最近では多数派になってきているようです。シャンプーは地肌と髪の汚れを落とすものですが、コンディショナーやトリートメントを使うことで髪のコンディション、ツヤ感も大切にしたいですよね。

シャンプー後に行うコンディショナーやトリートメントは、髪につけておく時間を長くすることでより成分が髪に浸透し、髪に良い効果があると言われているようです。その一方で、コンディショナーを時間を置いて使っても、あまり効果がないという意見もあるようです。コンディショナーの適切な放置時間や使い方について調査しましたので、詳しくお伝えしていきます。

Thumbリンスをすると髪が抜けるって本当⁉原因と正しい洗い方まとめ!

コンディショナーは時間を置くと髪にどんな効果があるの?

コンディショナーは時間を置くと効果的と言われているようですが、そもそもコンディショナーの効果とは何なのでしょうか。時間を置くことでどのようなメリットがあるのでしょう。

コンディショナーの効果って?

コンディショナーには以下のような効果があるとされています。各コンディショナーによって成分が異なるため効果の程度も商品によって変わってきます。

<コンディショナーの効果>

  • 髪の外側を油分でコーティング
  • 静電気を抑え、指通りを良くする
  • 髪にツヤを出す
  • 髪のダメージケア
  • ドライヤーの熱、紫外線ダメージを防ぐ
  • 髪の広がり、寝癖を抑える

一般的なコンディショナーは髪のコンディションを整えるものです。中にはスカルプケア用のコンディショナーもあり、頭皮の保湿や血行促進作用があるものもあります。

コンディショナーの必要性って?男性も必要?

髪にある程度長さがあると、シャンプーのみでは髪がきしみやすくなります。それほど髪が長くない男性でも、コンディショナーは欠かせないという声もあるようです。コンディショナーの必要性は男性にはないという意見もあるようですが、コンディショナーなしだと髪に寝癖がつきやすくなったり、髪が広がりやすくなるなどの弊害もあります。

ツイートにもあるように、コンディショナーをしないことで髪の寝癖がひどくなったという声もあります。このような声を聞くと、男性でもコンディショナーの必要性はあると考えられます。

コンディショナーは時間を置くと効果的?

まとまりの良いサラサラ髪を作るには、コンディショナーの必要性があるようです。さらにコンディショナーの効果を高めるために、コンディショナーの放置時間を長くすると良いという意見もあるようです。コンディショナーの量と放置時間で、髪の見え方が良くなったというツイートもありました。

髪のゴワつきを抑えるために、コンディショナーの放置時間を長くするというツイートもありました。すぐコンディショナーを洗い流すより、時間を置いた方がコンディショナーの成分が髪に浸透するのでしょうか。

使用感が今ひとつだったコンディショナーが、時間を置くことで香りも良くなり、髪がツヤツヤになるというツイートも見られました。

コンディショナーのすすぎ前に少し時間を置くと、トリートメントしたように髪がしっとりするというツイートもありました。

コンディショナーをつけて時間を置くことで、以下のような効果が得られるようです。

<コンディショナーの放置時間を長くすると?>

  • 髪にツヤが出る
  • 髪のゴワつきを防いで、指通りを良くする
  • 髪がしっとりする
  • 髪に香りが残る

Thumbアミノ酸のトリートメントは髪にいい?効果的な理由まとめ!

コンディショナーの時間を置く使い方は髪に効果ない!?

コンディショナーの時間を置く使い方はしっとり・ツヤサラ髪になる効果があるようです。しかしコンディショナーは時間を置いても効果がないという説もあるようです。

コンディショナーは時間を置いても成分が浸透しない?

コンディショナーはリンスより保湿効果も高いので、時間を置かなくても十分髪に効果はあると言われているようです。そして特に広まっている説は下記ツイートにもあるように、コンディショナーは髪の表面をコーティングするものなので時間を置いても意味はなく、すぐに洗い流すべきだという説です。

コンディショナーやリンスは時間を置いても、髪の内部まで補修成分が浸透しないため、時間を置いても意味がないとされているようです。

コンディショナーは時間を置くと男性はハゲる?

コンディショナーは時間を置いても意味がないだけでなく、髪へ大きなダメージを与える可能性もあるそうです。男性にとって非常に気になる噂ですが、コンディショナーは時間を置くとはげるというツイートもありました。

コンディショナーではげると言われているのは、コンディショナーの油分が頭皮に残ることで頭皮ニキビや湿疹の原因に、悪化させることで抜け毛やハゲができてしまうからのようです。特に男性の場合は髪が短く、頭皮が脂性肌ということで、コンディショナーを放置するのは良くないと言われているようです。

Thumb薄毛女性はコンディショナーを使わない方がいい⁉抜け毛の原因になる?

髪に効果的なコンディショナーの時間と使い方が多様化?

コンディショナーでツヤサラ効果を得るために、適切な時間と使い方をしっかり把握しておきたいところですが、コンディショナーは時間を置くべきという意見、すぐに洗い流すべきという意見に分かれているようです。コンディショナーの時間や使い方に関するさまざまな意見を集約すると、コンディショナーのタイプによってその時間・使い方がかなり変わってくるようです。

リンスとコンディショナーはほとんど同じものと認識されていますが、中にはトリートメントタイプのコンディショナー、あるいはコンディショナータイプの日常使いするトリートメントもあります。コンディショナーの質も年々進化、トリートメントのようなコンディショナーや多様化してきており使い方もさまざま、そのために余計にいろいろな情報が飛び交っているようにも見受けられます。

特にコンディショナーはリンスとトリートメントの中間的な位置ということもあり、コンディショナーの成分・タイプによって放置時間の必要性の有無、適切な放置時間もかなり異なってくると考えられます。ご使用のコンディショナーのタイプがどのタイプなのか把握した上で、適切な放置時間と使い方で使用するべきでしょう。

Thumbメンズもコンディショナーが必要?メンズ向けコンディショナーとは

コンディショナーのタイプによって放置時間が異なる?

シャンプー後に使うものをまとめてコンディショナーあるいはリンスと呼ぶことも多いですが、厳密にはコンディショナーとトリートメント、リンスは異なります。一般的にトリートメントは放置時間は長い方が良いとされています。コンディショナーの正しい時間・使い方を把握するために、各ヘアケア用品の違いについてもある程度理解しておいた方が良さそうです。

コンディショナーとトリートメント・リンスの違い

コンディショナーとトリートメント、リンスの違いを表にまとめました。

リンス コンディショナー トリートメント
髪表面をコーティング
指通りを良くする
毎日使用
髪表面をコーティング
指通りを良くする
髪内部の補修効果も
毎日使用
髪表面をコーティング
指通りを良くする
髪の内側まで補修
ダメージヘアに
週1、2回(毎日使用するものもあり)

リンスは主にシャンプー後のきしみを防止するのが目的となっています。以前はシャンプーとリンスのセットが一般的でしたが、マイルドなシャンプーが増える中リンスより保湿効果の高いコンディショナーが登場して以来、シャンプーとコンディショナーのセット使いが増えるようになりました。

髪の内側にまで働きかける補修成分が最も多く配合されているのがトリートメントであり、コンディショナーはリンスとトリートメントの中間的位置付けでしたが、最近ではトリートメントも日常使いのもが増え、シャンプーとトリートメントのセットも増えてきました。

またリンスやコンディショナーと謳っていても、髪内部の補修成分が配合されているものも現在は増えているそうです。ヘアケア製品の進化とともに、リンスとコンディショナー、コンディショナーとトリートメントの境目が薄らいできているようです。

コンディショナー・トリートメント・リンスで時間が異なる?

リンスやコンディショナーは髪になじませたらすぐに洗い流し、トリートメントは時間を置いてからすすぎをするというのが一般的な意見のようです。リンスやコンディショナー、トリートメントの放置時間の目安を以下にまとめましたが、コンディショナーは最も振れ幅が大きいようです。

<放置時間の目安>

リンス コンディショナー トリートメント
すぐに洗い流す すぐに洗い流す~数分放置してから洗い流す 数分~10分放置してから洗い流す

各ヘアケア製品の進化が進んだ現在では、リンスやコンディショナーでも時間を置いて良い効果が得られるものもあるそうです。なおリンスに関しては、洗面器にお湯を張ってからリンスを溶かして髪を浸すという使い方も、コンディショナーが登場する前からありました。最近では「チェンジリンス」などと呼ばれる、洗い流したリンスやコンディショナー、トリートメントを髪に使う方法も広まっています。

コンディショナーの成分を吸着させる時間は必要!

リンス、コンディショナーはトリートメントのように内部補修効果はないからすぐに洗い流した方が良いという口コミも広まっているようです。しかし多少(30秒~1分程度)時間を置くことで、リンスやコンディショナーのコンディショニング成分が髪に吸着する効果があるそうです。

以前のコンディショナーはすすぎ前に放置する必要性がなかったのかもしれません。しかしすでに述べてきたように現在ではコンディショナーの成分も進化して多様化も進み、適切な放置時間がコンディショナーによって大きく異なっているようです。放置しておくことでトリートメント同様栄養成分や保湿成分の良い効果が得られることもあります。

<コンディショナーの放置時間は結局必要?>

  • 普通のコンディショナーは時間を置く必要性はなし
  • ただしコンディショナーを30秒~1分置くことで髪の表面に油分が吸着する効果あり
  • トリートメントに近いコンディショナーは数分~10分時間を置くと効果的

Thumbコンディショナーとリンス・トリートメントの違いって何?

コンディショナーの髪に効果的な放置時間の口コミ検証!

リンスとトリートメントの中間的な位置付けのコンディショナーは、リンスやトリートメントとの放置時間が異なるのはもちろん、各製品によっても効果的な放置時間は異なってくるようです。放置時間に関する口コミをもう少し踏み込んで見てみましょう。

無印のコンディショナーを使ったところ、放置時間0分でも十分髪に良い効果があったという口コミツイートもありました。無印はヘアケア、スキンケアともに高品質と評価が高いですよね。

ナチュラルフードからインスパイアされた「ヘアレシピ」シリーズのコンディショナーを使った人で、2分程度コンディショナーを放置させておくのが良いというツイートがありました。

コンディショナーのすすぎ前に10分放置を実践したところ、髪の指通りがとても良くなったという口コミもありました。

話題のドライヤー「ヘアビューザー」の販売元リュミエリーナのヘアプログレスシャンプーやコンディショナー(トリートメント)では、時間を置けば置くほど良いと説明されているそうです。

コンディショナーと髪質の相性もあるかもしれませんが、適切なコンディショナーの放置時間はかなり各製品によってもバラつきがあるようです。30秒~1分の髪になじませる時間は確保しておき、後は各コンディショナー推奨の放置時間で使うのが髪に最も効果的と考えられます。

Thumb抜け毛予防に効果的なコンディショナーの使い方まとめ!【口コミあり】

コンディショナーの髪に効果的な使い方・時間のまとめ!

コンディショナーの放置時間と使い方について、さまざまな口コミ・ツイートを確認してきました。口コミやメーカー推奨の使い方も考慮しつつ、髪に効果的なコンディショナーの使い方と時間をまとめました。

コンディショナーの基本的な使い方と時間

一般的なコンディショナーでは髪表面にコンディショナーの成分を残すために、すすぎ前に30秒から1分程度馴染ませてください。その後は髪にも地肌にも残らないよう、よくすすぎを行いましょう。以下にコンディショナーの手順についてまとめました。

<コンディショナーの手順>

  • シャンプーをすすぎ、軽く髪の水気を切る
  • コンディショナーを適量取り出す
  • コンディショナーを髪にもみこみ、なじませる
  • 30秒~1分程度時間を置く(メーカー推奨の時間で)
  • コンディショナーを洗い流す、地肌もすすぎをしっかり行う

コンディショナーの前にトリートメントするべき?

コンディショナーは髪表面をコーティングし、トリートメントは髪内部を補修するものなので、コンディショナーの前にトリートメントをするのが正しい使い方という説明がよくされているようです。もちろん間違いではありませんが、これも各メーカー推奨の使い方に合わせるべきでしょう。

トリートメントはコンディショナーの後に行うべきという意見もあります。というのもコンディショナーをつけた髪は親油性が高くなり、トリートメントの乗りが良くなるそうです。特にダメージヘアほどシャンプーのすすぎ後トリートメントをいきなり使っても、効果が薄いそうです。コンディショナーのすすぎの後にトリートメントを用いることで、より保湿効果が期待できるそうです。

成分を浸透させるためにも、トリートメントこそ放置時間の必要性があります。ただしほとんどのトリートメントは10分以上の放置の必要性はないと言われています。コンディショナー後のトリートメンの手順についてご紹介しておきます。

<トリートメントの使い方>

  • コンディショナーのすすぎ後、髪の水分をタオルで抑える
  • トリートメントを髪に適量塗る
  • 成分が浸透するよう数分~10分放置
  • すすぎを地肌までしっかり行う

なお、トリートメントを切らした場合の秘策として、以下のツイートのようなコンディショナーの使い方もあるようです。

コンディショナーを適量より多めに使って放置、コンディショナーをよく洗い流した後ドライヤーで乾かすのに冷風で時間をかけるのもポイントということです。

コンディショナーの適量はどれぐらい?

コンディショナーの適量がどれぐらいが良いのか、よくわからないという男性、女性もいるかもしれません。ボトルに量が記載されている場合もありますが、適量としか書いてないことも多いようです。しかしあまり適当な量を使うと、特に短い髪の男性は頭皮へのダメージも心配です。髪の長さに合わせて適切な量を使いましょう。以下にコンディショナーの量の目安をご紹介しておきます。

<コンディショナーの量目安>

  • ショートヘアの適量…ポンプ1プッシュ=3g
  • ミディアム、ボブの適量…ポンプ2プッシュ=6g
  • セミロングの適量…ポンプ3プッシュ=9g

髪の短い男性や小さいお子さんは1プッシュ未満でも十分でしょう。ちなみにシャンプーの適量もコンディショナーの目安とほぼ同量とされています。

Thumbコンディショナーとトリートメントの使う順番は⁉どっちが先なの?

時間以外のコンディショナーの使い方注意点は?

コンディショナーは使い方を誤ると頭皮や髪にダメージを与える恐れもあります。コンディショナーで髪に良い効果を得るためにも、コンディショナーの使い方の注意点についても確認しておきましょう。

コンディショナーは適量を守りすすぎをしっかり!

コンディショナーは油分が多いため、量をつけ過ぎたりすすぎが不十分だと髪が重くなったり、ベタつく恐れがあります。コンディショナーを洗い流すときは地肌まですすぎをしっかり行いましょう。すすぎ残しがあると、頭皮湿疹やニキビの原因になります。コンディショナーのすすぎ残しにより、頭皮炎症で抜け毛が増えることもあるので注意してください。

コンディショナーを地肌につけない

コンディショナーを頭皮につけると上述のような頭皮トラブルを招く可能性があります、頭皮ケア用のコンディショナーでない限り頭皮にコンディショナーをつける必要性はありません。コンディショナーは頭皮につけないようにしましょう。なお頭皮ケア用コンディショナーでもすすぎを十分行うことは必要となります。

コンディショナーの成分にも注意!

コンディショナーを替えたら頭皮トラブルが起きてしまったという声もよく聞かれます。コンディショナーには髪には優しくても肌には刺激性のある成分も含まれていることも、刺激感を感じたりかぶれ・アレルギーが起きることもあります。特に肌が弱い人は無添加のものや低刺激なものを選ぶようにするのがおすすめです。

Thumbコンディショナーは頭皮につけちゃダメな理由!正しい使い方を知ろう!

髪に効果的なシャンプーの選び方・使い方も確認しておこう!

質の良いコンディショナーを適切な使い方で使用しても、シャンプーが地肌や髪のダメージをもたらしているとしたらあまり意味がありません。質の良いシャンプーを選ぶことでコンディショナーの放置時間やトリートメントの回数も減るかもしれませんよ。髪の短い男性、髪のダメージが少ない人なら、コンディショナーの必要性もなくなるかもしれません。

コンディショナー不要なアミノ酸シャンプーがおすすめ!

ヘアケアの意識が特に高い女性だけでなく、髪が短い男性や、抜け毛・薄毛が気になり始めた男性にもおすすめなのがアミノ酸シャンプーです。アミノ酸系洗浄成分は地肌にも髪にも優しく、健康な髪の成長もサポートします。

ツイートにもあるように、アミノ酸系シャンプーはコンディショナーなしでもきしみにくく、ダメージの少ない髪の人、短髪の男性ならコンディショナーの必要性もほとんどありません。

アイテム
チャップアップシャンプーの画像
チャップアップシャンプー

・きめ細かい泡立ちで地肌すっきり
・無添加処方で地肌に優しい
・厳選されたオーガニックエキス配合
・シャンプーでの抜け毛を抑える

毛髪診断士&美容師開発、サロン品質のアミノ酸シャンプー!

アミノ酸シャンプーにもいろいろありますが、特におすすめなのが上記の無添加処方のアミノ酸シャンプー「チャップアップシャンプー」です。チャップアップシャンプーの洗浄成分はアミノ酸系のみ、適度な洗浄力もあるので地肌をすっきりと洗い上げます。ノンシリコンでも髪がきしみにくく、ほのかな香りが男性にも女性にも好評です。

髪に効果的なシャンプーは時間を置く使い方もおすすめ!

シャンプーは時間を置く必要性はないと思われるかもしれませんが、シャンプーで泡パックをして時間を少し置くと、頭皮と髪の汚れを優しく落とすことができます。むやみに地肌をゴシゴシ洗うよりも効果的ですし、シャンプーの栄養成分も頭皮に浸透しやすくなります。

ただしシャンプーでの泡パックは質の良いアミノ酸系シャンプー限定での使い方となります。洗浄力の強いシャンプーでは地肌へのダメージも心配ですので、あまりおすすめできません。

<シャンプーの効果的な使い方>

  • シャンプー前に地肌と髪をよくお湯で洗う
  • シャンプーを泡立てて、指の腹を使ってよく地肌、髪の毛を洗う
  • 洗い流した後、またシャンプーを泡立てて地肌を洗う
  • 頭全体を泡パック(1~2分程度時間を置く)
  • よくシャンプーを洗い流す

Thumb育毛シャンプーの正しい使い方は⁉コンディショナーは必要?

【まとめ】コンディショナーは髪に効果的な時間と使い方で!

コンディショナーの効果的な放置時間について確認してきましたが、いかがでしたでしょうか。コンディショナーにはトリートメントのように内部補修効果はないので、放置する必要性はないと言われることも多いようです。しかし実際にはコンディショナーが髪表面になじむのに30秒~1分の時間は最低でも必要で、コンディショナーのタイプや髪のコンディションによっても放置時間の必要性はあるようです。

各コンディショナー(あるいはリンス、トリートメント)の使い方をよく確認の上、適切な放置時間で髪により良い効果を得るようにするのがおすすめです。ただしコンディショナーでのヘアケアはあくまでも対症療法的なものです。髪質改善を目指すならヘアケアだけでなく、これから生えてくる髪のための頭皮ケアも重視する必要があります。

髪を健やかに育てる効果的なアイテムはコチラ!

毎日の頭皮ケアに特におすすめなアイテムが「チャップアップ育毛剤」です。チャップアップは育毛・発毛の促進成分だけでなく、頭皮の炎症や皮脂を抑え、保湿する成分もたっぷり配合、無添加処方で頭皮に優しい自然派育毛ローションです。毎日1分の頭皮ケアで使い方も簡単、サラサラの使い心地で男性にも女性にも好評です。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・無香料・無添加、肌に優しい
・抜け毛を防ぎ髪にハリ・コシ
・頭皮環境を整えフケ、かゆみも防ぐ
・シャンプーとセット使いがおすすめ!

チャップアップで毎日たった1分のカンタン頭皮ケア!

すでにご紹介したチャップアップシャンプーとのセット使いもおすすめ、今なら1ヶ月のみのお試しでも全額返金保証書が付いてきます。満足度97%の人気育毛剤チャップアップを、まずは1ヶ月お試しになってみてはいかがでしょうか。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

コンディショナーについてもっと知りたい方はコチラ!

Thumbチャップアップコンディショナー(リンス)の効果は?成分・口コミ検証!
Thumbコンディショナーは女性の抜け毛の原因になる!?市販のものはダメ?
Thumb頭皮にコンディショナーがつくのは良くない!?どんな影響があるの?

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事