自己免疫疾患は脱毛症の原因になるって本当?治療方法は?

自己免疫疾患は、脱毛症の原因になるの?脱毛症といえば、ストレスなどが原因と考えられがちですが、実は自己免疫疾患が原因でも脱毛症になる可能性があるのです。そんな治療法で治るのか、病院で治す方法や脱毛症に有効な食事なども、まとめてご紹介します。

目次

  1. 脱毛症の原因の1つに自己免疫疾患は挙げられるのか
  2. 自己免疫疾患が原因で脱毛症になることがある
  3. 自己免疫疾患とは
  4. 自己免疫疾患の原因とは
  5. 自己免疫疾患は病院で治療すると治るのか
  6. 自己免疫疾患にはどんな治療法があるのか
  7. 自己免疫疾患による脱毛症で使用したい育毛剤

脱毛症の原因の1つに自己免疫疾患は挙げられるのか

脱毛症の原因は、いろんなものがあります。その脱毛症の原因の一つに、自己免疫疾患が挙げられるようです。脱毛症と自己免疫疾患は、関係があるのでしょうか?

自己免疫疾患と脱毛症は深く関わっている

自己免疫疾患は、安易に治るものではありません。そして自己免疫疾患の場合、自己免疫疾患が原因で脱毛症を発症してしまう可能性もあるのです。実際に円形脱毛症の患者さんの約40%の方が自己免疫疾患であるアトピーの患者さんであるといわれています。

脱毛症になった場合は、まず病院を受診するべし

脱毛症になっていることがわかったら、できるだけ早く病院を受診しましょう。治療開始は早い方が治る可能性も高くなります。

また、治る確率も上がるのはもちろん、脱毛症があるという時点でストレスを感じてしまう方も多くいます。ストレスは脱毛症にも良くありません。ストレスを溜めてしまわないためにも、早めに病院を受診しましょう!

Thumb円形脱毛症の治療は病院の何科に行けばいいの?女性も同じなの?

自己免疫疾患が原因で脱毛症になることがある

脱毛症は、ストレスが原因で起こると思っていませんか?確かにストレスでも起こる可能性はあるかもしれませんが、ストレスのみで脱毛症は起こってしまうものなのでしょうか?

脱毛症はストレスだけで起こるものではない

脱毛症は、ストレスのみで起こるというわけではありません。ストレスがきっかけで脱毛症になる事はあるかもしれませんが、ストレスのみが脱毛症の原因となる事はほとんどないのではないでしょうか。脱毛症の原因は、頭皮環境の乱れはもちろん自己免疫疾患やagaなど色々な原因があります。

自己免疫疾患が原因で脱毛症になる事はある

脱毛症の原因はいろいろありますが、中でも自己免疫疾患が原因で脱毛症になってしまうことも実際にはあります。脱毛症の原因にもよりますが、脱毛症になってしまった場合安易にすぐ治ると言い切ってしまうわけにはいきません。自己免疫疾患の場合は、治ると断言することが難しいケースも考えられます。

アトピーやアレルギーも自己免疫疾患の一つ

自己免疫疾患と聞くと、なんだか重篤な病気のような気がしますよね。しかしそんなことはありません。

  • アトピーによる肌荒れ
  • アレルギーによる食べ物制限
よく耳にするこの2つも、自己免疫疾患の一つなのです。アトピーやアレルギーにも軽い場合やひどい場合があるように、ほかの自己免疫疾患も症状に幅があります。アトピーやアレルギーを軽視して良いというわけではなく、自己免疫疾患は思っているよりも身近な病気の一つといえるのです。

Thumb膠原病が脱毛症の原因になる?女性の薄毛の原因にも!治療法はある?

自己免疫疾患とは

では脱毛症の原因となる可能性のある自己免疫疾患には、どのような病気が挙げられるのでしょうか?自己免疫疾患の種類を知って、脱毛症になるリスクを自分が持っているのかを知りましょう。

自己免疫疾患はどんな病気が挙げられるのか

では具体的に、自己免疫疾患にはどのような病気があるのかを見ていきましょう。

  • 全身エリテマトーデス…全身に炎症性の臓器障害起こること
  • 全身性硬化症…皮膚および内臓が硬くなる
  • シェーグレン症候群…涙腺機能や唾液腺機能に疾患
  • 原発性胆汁性肝硬変…慢性的に進行する胆汁うっ滞性肝疾患
  • 橋本病…甲状腺の機能疾患
このようなものが挙げられます。あまりにも体調がすぐれず、かかりつけ医が処方して薬を服用しても効果がない場合な、自己免疫疾患の可能性を疑ってみるのも一つの手段ではないかと思います。

自己免疫疾患は女性に多いという噂について

自己免疫疾患は女性に多いという噂がありますが、これは本当のようです。自己免疫疾患にはたくさんの種類がありますが、色々なものを見たときに、女性の発症率は平均でも男性の倍の発症率。甲状腺機能障害である橋本病は、男性より女性の発症率が20倍高くなっています。

男性だから安心というわけではありませんが、女性は長期間体調がすぐれない場合詳しい検査を受けてみることをおすすめします。今まで思ってもいなかった自己免疫疾患を発症している可能性もあります。

Thumb脱毛症とアトピーが関係している!?原因はアレルギー?

自己免疫疾患の原因とは

では自己免疫疾患は何が原因で起こってしまっているのでしょうか?自己免疫疾患の原因について、考えていきます。

自己免疫疾患による脱毛症=ストレスが原因ではないい

自己免疫疾患の原因げ脱毛症になった時の原因のすべてが、ストレスであると思い込むのは良くありません。ストレスも原因の一つかもしれませんが、ストレスと自己免疫疾患だけが原因で脱毛症になってしまっていると断言することはできません。

自己免疫疾患の原因はまだわかっていない

自己免疫疾患の原因は、実際のところどうして発症してしまっているのかわからないような状況です。何らかの原因で自分の免疫細胞が内臓にこうげきを与えてしまうことで発症します。原因はわかりませんが、病院で定期的に経過を見守り、体調の変化に応じて薬などを使用して症状を軽くすることはできます。

病院で自己免疫疾患の原因となるものに対する治療は受けられる

病院治療を受けることは、メリットがたくさんあります。

  • 病院でしか受けられない治療を受けられる
  • 自己免疫疾患の原因となっているものに対しての治療が受けられる
  • 症状が緩和する可能性がある
このようなメリットがあるので、自己免疫疾患になったからといって自暴自棄になってしまうのはもったいないことです。自己免疫疾患と上手に付き合っていくためにも、病院は定期的に受診しましょう。

Thumb女性の円形脱毛症による抜け毛は治療出来る?原因はストレス?

自己免疫疾患は病院で治療すると治るのか

自己免疫疾患は、完全に治ることが難しいとされています。では病院を受診しなくてもよいということになってしまうのでしょうか?

自己免疫疾患は放置していても治ることはない

自己免疫疾患は、病院を定期的に受診していても治る可能性があるとは言い切れません。しかし、自己免疫疾患は、放置してしまっていると病状が悪化していく一方であるということもあります。自己免疫疾患を発症して原因の根治ができないから放置してしまうというのは、おすすめできません。

病院治療を受けることが脱毛症改善の第一歩

自己免疫疾患を発症したからといって、そのまま放置してしまうのではなくしっかりと専門医を受診して衆生の改善に努めましょう。自己免疫疾患が原因で発症した脱毛症は、病院治療で治る可能性も十分にあります。自己免疫疾患が原因だから脱毛症も治らない、と決めつけてしまうのは良くありません。

Thumb多発性円形脱毛症は病院に行ったほうが良い?原因は何なの?

自己免疫疾患にはどんな治療法があるのか

自己免疫疾患によって発生した脱毛症には、どのような治療法があるのでしょうか?病院で受けることのできる、自己免疫疾患が原因の脱毛症の治療方法についてまとめていきます。

病院で処方された薬で脱毛症を治療

自己免疫疾患が原因で発生した脱毛症で病院から処方される薬は、以下のようなものが挙げられます。

  • セファランチン錠…自己免疫疾患によって発症する反応を抑えて、血流促進をする
  • グリチロン錠…自己免疫疾患が原因で発症してしまう症状を抑えて、炎症を抑える効果
  • ステロイド薬…脱毛症になった個所に塗り、症状を鎮静化させる効果
セファランチンやグリチロンは、内服薬になります。病院から処方されたら、しっかりと服用していきましょう。ステロイドに関しては、使用する事をためらう方もいるかもしれませんが、使用方法を医師からしっかりと教えてもらってそれを厳守することで安全に使用し、患部に良い結果をもたらしてくれます。

病院でしか受けられない治療をフル活用

病院での治療は、病院でしか実施されていない治療方法もあります。それを試すことで脱毛症が治る可能性もあるので、病院でしか受けられない治療をフル活用しましょう!

  • ドライアイス療法…脱毛症の箇所が狭い場合に実施する治療法で、患部にドライアイスを当てて軽い凍傷の状態にして正常な免疫力を患部に向かわせる治療法。
  • 紫外線を使用した光線療法…脱毛症の部分に紫外線を当てて刺激を与えて行う治療法。
  • 局所免疫療法…皮膚を被れやすくなる薬を脱毛症の部分に使用して、正常な免疫効果を引き出す方法。
どの方法も、病院を受診することで受けられる治療となります。自己免疫疾患は、自分の免疫機能が暴走していることが原因で発症しています。あえて少し脱毛症の部分に刺激を与えることによって、患部に正常な免疫機能が働くように仕向ける治療方法は病院ならではです。

食事で脱毛症を改善する方法

脱毛症は食事で改善していくこともできます。まずは食事内容を見直すのも良いかもしれません。食事内容に偏りがあれば、脱毛症は改善するどころか悪化してしまうことも…。まずは食事に取り入れたいものを見ていきましょう。

  • 野菜を積極的に摂取する…ごぼうやれんこん、オクラなど
  • キノコ類の摂取…きくらげや干しシイタケ
  • 穀物もの種類…発芽玄米やアワなど
  • 種類…アーモンドや胡麻など
  • 乳酸菌や発酵食品…キムチやみそ、漬物類
食事に少しづつ加えていくことでm脱毛症の改善に役立てることができるものです。食事に取り入れるとはいっても、これらのみの食事は健康上良くありません。バランスの取れた食事に食材をうまく取り入れていきましょう!

Thumb脱毛症にはビタミンが効果的?サプリメントや食事で摂取するべき?

自己免疫疾患による脱毛症で使用したい育毛剤

自己免疫疾患が原因で脱毛症になってしまうことは、実際にあります。もちろん自己免疫疾患の実が原因で脱毛症になるわけではありませんが、自己免疫疾患を患っている方は、脱毛症になるリスクがあるということを知っておくと良いと思います。ストレスなども加わると、脱毛症になるリスクは上がってしまうので注意が必要です。

食事や病院での治療と併用できる育毛剤

自己免疫疾患が原因の脱毛症は、病院治療を受けることで治る可能性があります。病院によって治療する方法はいろいろあるので、医師と治療方法を相談していきましょう。また脱毛症の場合、頭皮の乾燥なども頭皮環境の悪化の原因となります。それを防ぐためにおすすめなのが、色々な女性が試しているベルタ育毛剤です!

アイテム
ベルタ育毛剤の画像
ベルタ育毛剤

  • 使用方法が簡単
  • 頭皮環境の改善に使用できる
  • 女性の抜け毛に特化した育毛剤

女性のための育毛剤

頭皮環境の改善や脱毛症の状態改善には、色々な方法があります。食事内容の見直しを行うのも重要です。食事内容の改善や育毛剤の使用は自分でできる頭皮環境改善方法なので、ぜひ取り入れていきたいと事です。育毛剤の使用は、女性や敏感肌の方は慎重になりがち。ベルタ育毛剤は敏感肌の方も使用できる優しい育毛剤となっています。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

ベルタ育毛剤についてもっと知りたい方はこちら!

Thumbベルタ育毛剤の定期購入解約方法は⁉返金保証?手順まとめ!
Thumbベルタ育毛剤の効果を口コミから徹底検証!正しい使用方法で効果は変わる?

おすすめの記事