ビーソフテンローションは頭皮アトピーの改善におすすめ?塗り方は?

ビーソフテンローションが頭皮アトピーに効果的とされていますが、具体的な塗り方・頭皮アトピーの治し方はどうなっているでしょうか。ビーソフテンローションの頭皮アトピー・薄毛への効果を成分や口コミから分析し、具体的な塗り方や頭皮アトピーの治し方もチェックします。

目次

  1. ビーソフテンローションで頭皮アトピー改善?塗り方も調査!
  2. ビーソフテンローションとは?
  3. 頭皮アトピーの原因・症状とは?
  4. ビーソフテンローションの成分は?頭皮に効果的?
  5. ビーソフテンローションに副作用?頭皮ケアの注意点は?
  6. ビーソフテンローションは本当に頭皮アトピーに効果的?
  7. 頭皮アトピーの原因は生活習慣・シャンプーにも?
  8. ビーソフテンローション以外の頭皮アトピーの治し方は?
  9. 頭皮アトピーはクリニックで治療?
  10. ビーソフテンローションの頭皮への塗り方をチェック!
  11. 【まとめ】ビーソフテンローションも参考に頭皮ケアを!

ビーソフテンローションで頭皮アトピー改善?塗り方も調査!

頭皮アトピーなどに悩んでいる人も多いと思いますが、ビーソフテンローションが頭皮アトピー改善に効果的と言われることがありますが本当でしょうか。ビーソフテンローションは頭皮の保湿剤としての効果が高く頭皮トラブルに効くとされる一方で、その安全性や具体的な塗り方が気になっている人も多いのではないでしょうか。

アイテム
ベルタ育毛剤の画像
ベルタ育毛剤

  • 医薬部外品
  • 無添加
  • 妊娠中でも使用可能
  • -10才を目指す薄毛対策

女性に人気の無添加医薬部外品育毛剤

頭皮トラブルに対処するためのアイテムとしては、上記のベルタ育毛剤のようなアイテムも挙げられ、毎日の頭皮ケア・薄毛予防に愛用している人も多いようです。一方で特に頭皮のアトピーが気になっている人はビーソフテンローションの効果や塗り方・アトピーの治し方をチェックして本当にアトピーに効くのかどうかを理解しましょう。

Thumbベルタ育毛剤は楽天やamazonよりお得に買う方法がある⁉【最安値】

ビーソフテンローションとは?

ビーソフテンローションが頭皮のアトピーに効果的と言われることがあります。頭皮のアトピー症状などのトラブルを放っておくと最終的に薄毛に発展してしまうこともあるので、早めの対策が重要となりますがアトピーの治し方として有効なのかどうか気になるビーソフテンローションがどのようなものなのかをまずは把握しましょう。

ビーソフテンローションは保湿剤?

頭皮アトピーの改善に効果的と言われることもあるビーソフテンローションですが、ビーソフテンローションは基本的に保湿剤として取り扱われています。アトピーや皮膚炎の改善にはステロイド剤が用いられることもありますが、ビーソフテンローションの主な特徴をまとめると以下のようになり、ステロイドは配合されていないようです。

  • ビーソフテンローションは保湿剤でステロイド配合の薬とは異なる
  • ビーソフテンローションの主成分はヘパリン類似物質
  • ヒルドイドローションのジェネリック医薬品

そんなビーソフテンローションの主成分はヘパリン類似物質という成分であり、この成分に頭皮アトピーを改善に導くための作用があるとされています。頭皮アトピーは適切な治し方を実践して根本的に対処したいものが、後述するヘパリン類似物質の具体的な効果についてしっかりと把握した上で、適切な塗り方でローションを塗りましょう。

ビーソフテンローションは皮膚科で処方?

頭皮アトピーに効果的でアトピーの根本的な治し方のひとつとも言われるビーソフテンローションですが、どこで入手できるのか気になっている人も多いでしょう。実はビーソフテンローションは主に皮膚科で処方される保湿剤であり、頭皮ケアのために入手したい場合には皮膚科などを受診しアトピーなどの症状を診てもらうのが望ましいです。

tomollie33さんの投稿
16230802 437265699937920 6835338428930850816 n

ビーソフテンローションは基本的に有効成分が0.3%含まれたものを処方されることが多いようですが、ローションの他にクリームを処方してもらえることもあるようですね。それぞれ頭皮への塗り方・使い方も異なりますが、他の薬・市販の類似保湿剤などを使う場合にもまた成分や塗り方に違いがあるため、適切な方法で使用しましょう。

Thumb頭皮に良い保湿剤はこれだ!男性にも女性にもおすすめ出来るもの!

頭皮アトピーの原因・症状とは?

頭皮アトピーに悩んでいる人は案外多いとされていますが、その原因は何であり具体的にどのような症状が出るものなのでしょうか。ビーソフテンローションなどの保湿剤が効果的と言われることもありますが、ビーソフテンローションが適しているかどうかをチェックするためにも、頭皮アトピーの原因と症状を確認しましょう。

頭皮アトピーの原因はアレルギー?乾燥?

頭皮アトピーは皮膚科などでアトピー性皮膚炎として診断されることもありますが、放っておくと炎症症状が化膿したり薄毛に発展したりすることもあるので要注意です。頭皮アトピーが起きている状態においては、頭皮のバリア機能が低下して炎症などが起きているものですが、その主要原因には下記のようなものが挙げられます。

  • なんらかのアレルゲンによって頭皮に炎症が起こるアレルギー症状
  • 頭皮の乾燥によるバリア機能低下して頭皮に炎症が起こる

上記のように、アレルギーや頭皮の乾燥によって頭皮のアトピー症状が引き起こされることがありますが、アレルギーの原因物質は個人によっても異なるので要注意です。アレルギーをもっている場合は頭皮ケアに使用するアイテムに細心の注意が必要ですが、後述するようにシャンプーなどが原因になることもあるので要注意です。

頭皮アトピーの症状とは?

頭皮アトピーはなんらかのアレルゲンが頭皮に付着したり頭皮が乾燥状態に陥ったりすることで引き起こされる頭皮トラブルですが、その症状としては下記のようなものが挙げられます。下記のような症状に当てはまる場合には頭皮アトピーが起こっている可能性もあるので、できるだけ早期からの対策が必要だと言えるでしょう。

  • 頭皮がかさつく
  • 頭皮が赤みを帯びる
  • 頭皮が痒くなる
  • 頭皮にフケが増える
  • 頭皮がただれる
  • 頭皮に湿疹ができる

このような症状が出ている場合には頭皮環境が乱れており、改善が必要となります。ビーソフテンローションが頭皮アトピーの治し方のひとつとも言われていますが、頭皮アトピーを早めに改善しないと、下記のように頭皮環境がさらに悪化して薄毛に発展してしまうこともあるので要注意なのです。

  • 頭皮湿疹・炎症を放っておくと化膿することも
  • 頭皮のフケ・痒みに耐えられず掻くと頭皮環境が悪化
  • 頭皮の炎症を放っておくと髪の成長が妨げられ抜け毛が増える
  • 抜け毛が増えてもアトピー症状を放っておくとやがて薄毛になることも

上記のようにして薄毛になってしまう前に、頭皮アトピーは早めに対策を打ち出す必要があります。ビーソフテンローションやその他の薬などを用いて改善する際には適切な塗り方を実践する必要がありますが、既述のようなかゆみ・フケなどの症状が出ていたら頭皮アトピーの可能性を疑い、早期から対処するようにしましょう。

Thumb頭皮の脂漏性皮膚炎の治療法解説!薬や完治までの期間など!症状画像あり

ビーソフテンローションの成分は?頭皮に効果的?

頭皮アトピーにはなんらかの強い薬を用いる場合もありますが、基本的に保湿剤であるビーソフテンローションであれば安全性の高い頭皮ケアを行えるとされています。放っておいて薄毛になるのを防ぐためにも適切な治し方で治したい頭皮アトピーですが、効果的とされるビーソフテンローションの具体的な成分・作用をチェックしましょう。

ビーソフテンローションのヘパリン類似物質とは?

既述の通り、ビーソフテンローションの主成分はヘパリン類似物質という成分です。ヘパリン類似物質は、名前の通りヘパリンに類似した作用を発揮する成分ですが、ヘパリンは医療用の薬の一種です。ヘパリン類似物質の効果を理解するために知っておきたいヘパリンという薬の特徴は、以下のようになります。

  • ヘパリンは血の固まりを溶かす作用をもつ薬
  • 血栓予防・改善の薬などとして用いられている

上記のような特徴のあるヘパリンに類似した働きをもつ成分がヘパリン類似物質ですから、ビーソフテンローションにも血の固まりを溶かす作用などが期待できます。その作用も含めてさまざまな作用によって頭皮アトピーに効果的とされるビーソフテンローションですが、その主な働きをまとめると以下のようになります。

  • 血栓溶解作用による血流改善効果
  • 保湿作用による皮膚の乾燥改善効果
  • 皮膚の線維芽細胞増殖抑制によって傷跡を目立たなくさせる効果

ヘパリン類似物質配合で上記のような効果が期待できるビーソフテンローションは、ステロイド配合の薬などとは異なり、皮膚への刺激も低く安全なアトピーの治し方だとも言われています。赤ちゃんにも処方されているというビーソフテンローションの各作用がそれぞれどのようにアトピー改善に結びつくのか、具体的にチェックしましょう。

ビーソフテンローションの血栓溶解作用とは?

お伝えしたように、ビーソフテンローションに配合されたヘパリン類似物質は、血栓予防の薬として用いられるヘパリン同様に血液が固まるのを防ぐ働きがあるようです。そのため、ビーソフテンローションは、下記のような症状の治し方としても有効的に活用できるよされています。

  • 皮膚に血栓ができておりそれを溶解させる必要がある場合
  • 皮膚が血行不良に陥っており血流を改善させたい場合

血栓ができてしまうと他の病気につながる恐れがあるため効果的な治療薬で早めに対処したいものですが、皮膚が血行不良に陥っている場合にもさまざまなトラブルにつながる恐れがあるものです。頭皮の場合においても血流改善というのは非常に重要ですが、ビーソフテンローションには血行を停滞させにくくする作用があるのですね。

ビーソフテンローションの保湿作用とは?

ビーソフテンローションはステロイド剤ではなく保湿剤であり、その主な作用も保湿ということになります。特にヘパリン類似物質には下記のような特徴があり、ビーソフテンローションは数ある保湿剤・薬の中でも特に保湿効果が高く、頭皮の乾燥を改善することに役立つと口コミでも話題のようですね。

  • ヘパリン類似物質は多くの親水基(水と結合しやすい成分)をもっている
  • ヘパリン類似物質は水分を多く保持するはたらきに優れている
  • 皮膚に用いると皮膚表面の角質の水分を保持する働きがある

上記のように、血栓予防の薬であるヘパリンと類似しており血流改善作用があるだけでなく、ヘパリン類似物質は保湿効果も高いようですね。頭皮の炎症を抑えるためにはステロイドなどの薬を用いることもありますが、ビーソフテンローションはあくまで保湿剤として安全に頭皮の乾燥に対処できるのが嬉しいですね。

ビーソフテンローションの傷跡を目立たなくさせる作用とは?

保湿剤として保湿作用に優れているビーソフテンローションですが、さらに傷跡を目立たなくさせる作用もあるとされています。手術で皮膚を切開した場合などには皮膚に目立つ傷が残ってしまうこともありますが、ヘパリン類似物質には、下記のようなメカニズムで傷跡を目立たなくさせる働きが期待できるようですね。

  • 傷跡が肥大化したりケロイドになるのは傷が治癒するときに線維細胞が浸潤するため
  • ビーフソテンには線維細胞の元となる線維芽細胞の増殖を抑える働きがある
  • 傷跡の原因となる線維細胞の増殖を抑えて傷跡を綺麗に目立たなくさせるのに役立つ

上記のような働きもあるビーソフテンローションは、アトピーや頭皮乾燥の治し方として有効とされるだけでなく、ケロイドなどの傷跡の盛り上がりの症状の緩和に用いられることもあるようですね。保湿剤として保湿作用があるだけでなく、ビーソフテンローションにこのような皮膚への効果も期待できるのは嬉しいですね。

ビーソフテンローションが用いられる疾患とは?

既述の通り保湿作用が高いことに加え血栓溶解作用や傷跡への作用なども見込める保湿剤のビーソフテンローションは、アトピーの人が頭皮の乾燥を防ぐのに効果的とされるだけでなく、他にもさまざまな方法で活用されています。そんなビーソフテンローションの先発薬であるヒルドイドには、下記のような有効率が確認されているようです。

●ヒルドイドが効果的な疾患とその有効率

疾患 詳細 有効率
皮脂欠乏症 皮脂表面の油分が不足する症状・アトピーを引き起こすこともある 91.2%
進行性指掌角皮症 手指に生じる乾燥・ひび割れ・皮膚が厚くなるなどの「手荒れ」の症状 71.6%
凍瘡 寒さなどによって四肢末端の血流が悪化する「しもやけ」の症状 90.8%
肥厚性瘢痕・ケロイド 手術や外傷などで傷跡が盛り上がってしまう症状・繊維芽細胞の増殖を抑制することで改善 75.5%
血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患 注射後に硬結・疼痛などの症状が起こってしまう 100%
血栓性静脈炎 静脈内に血栓ができてしまう症状で皮膚が腫れたりむくんだりする 78.0%
外傷後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎 外傷を受けた部分が腫れたり炎症を起こしたりする症状 75.5%
筋性斜頸 出産後の赤ちゃんの首の筋肉にしこりが生じ、それによって首が傾いてしまう症状 88.3%

ビーソフテンローションの先発薬であるヒルドイドには皮膚の乾燥の緩和をはじめさまざまな効果が期待でき、その有効率も高いようですね。ヒルドイド同様にビーソフテンローションの有効成分もヘパリン類似物質ですから、ビーソフテンローションにも上記のような効果が期待できると言えそうですね。

中にはヘパリン類似物質の血栓溶解作用や繊維芽細胞増殖抑制作用などによって効果を実感できる症状もありますが、アトピーの原因のひとつとなる頭皮乾燥には主に保湿作用が働きかけ、アトピー症状を根本的に改善してくれるようです。ビーソフテンローションは他の薬・保湿剤に比べても保湿作用が高く、乾燥に効果的なようですね。

Thumb頭皮を保湿して薄毛と抜け毛を予防!乳液や化粧水のおすすめはこれ

ビーソフテンローションに副作用?頭皮ケアの注意点は?

既述のようにさまざまな働きが期待できる保湿剤のビーソフテンローションは、放っておくと薄毛にも発展しかねないアトピーの効果的な治し方だとも言われ、皮膚科で処方されることも多いようです。そんなビーソフテンローションを使用する上ではその安全性についても気になりますが、副作用などはあるのでしょうか。

ビーソフテンローションは低刺激で安全な保湿剤?

ビーソフテンローションを頭皮ケアに用いる際には正しい塗り方で効果的に活用したいものですが、ビーソフテンローションは基本的に皮膚に対して低刺激な保湿剤であり、皮膚への副作用のリスクは低いとされています。ビーソフテンローションは下記のような特徴のある保湿剤であり、ステロイドなどの刺激的な薬とは異なるようです。

  • ビーソフテンローションはステロイド無配合で低刺激の保湿剤
  • 皮膚科では赤ちゃんに処方されることもある

ビーソフテンローションはアトピーの改善にも効果的とされていますが、炎症を強い作用で抑える薬というよりも、アトピーの原因のひとつとなる乾燥に対して高い保湿作用で働きかける保湿剤のため低刺激のようです。アトピー改善の薬え逆に症状が悪化するケースもありますが、ビーソフテンローションは副作用のリスクが低いようですね。

ビーソフテンローションの副作用のリスクは?

ビーソフテンローションは基本的に副作用のリスクがかなり低いとされており、多くの人は問題なく使用でき、むしろアトピーやその原因となる頭皮の乾燥などが改善できるケースも多いようです。しかしそんなビーソフテンローションでも副作用のリスクが皆無というわけではなく、下記のような症状が起こることも可能性として考えられます。

  • かゆみ
  • 発疹
  • 発赤・潮紅
  • 皮膚炎

上記のような副作用はビーソフテンローションよりもビーソフテンクリームで引き起こされる可能性が高いとされていますが、クリームの場合でも1%未満の低いリスクのようです。しかし、万が一ビーソフテンローションを使用して上記のような副作用が起きた場合にはひとまず使用を中止し、処方してもらった医師に相談しましょう。

ビーソフテンローションの使用が適さない人も?

既述のように副作用のリスクが低いビーソフテンローションですが、実はビーソフテンローションの使用が適さないケースもあるようです。頭皮アトピー改善などに用いる多くの場合ではビーソフテンローションは問題なく使えるとされていますが、下記のようなケースに当てはまる場合には、使用を控えた方がよいかもしれません。

  • 少しの出血でも重篤な症状を招く恐れのある場合
  • 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)などを患っている場合

上記のようなケースは稀ですが、ビーソフテンローションを使用することが危険なので注意が必要です。それはヘパリン類似物質に血栓溶解作用があり出血を助長する働きがあるためであり、特に先天性の血液疾患などがある場合には注意が必要となります。また、その特性を考慮すると、下記のような箇所への使用も控えるべきでしょう。

  • 出血している箇所
  • 潰瘍になっている箇所

出血している場合にまずビーソフテンローションで対応するということはあまりないと思われますが、出血していることに気づかずに頭皮などに使用してしまい出血を助長してしまうという可能性は考えられます。既述のような疾患のある場合は特に注意が必要ですが、ない人でも頭皮ケアに用いる場合に皮膚の状態によっては要注意ですね。

Thumbリアップで肌荒れやニキビが出る⁉副作用を口コミ・体験談で検証!

ビーソフテンローションは本当に頭皮アトピーに効果的?

ここまでビーソフテンローションの具体的な成分や作用についてみてきました。ビーソフテンローションは副作用のリスクが低い保湿剤であり、保湿作用が高いため頭皮アトピーにも効果的と言われています。しかし中にはビーソフテンでアトピーが治らない場合もあるとも言われていますが、果たして本当でしょうか。

ビーソフテンローションの頭皮アトピーへの口コミをチェック!

中にはビーソフテンローションは頭皮アトピーの効果的な治し方ではないと言われることもありますが、既述の通りビーソフテンローションには頭皮アトピーの原因への作用が見込めるようです。また、下記のようにビーソフテンローションを使用したことでその効果を実感したという声も少なくないようですね。

  • 皮膚科で処方してもらったビーソフテンローションで頭皮乾燥がよくなった
  • ビーソフテンローションはトラブルなく使えて頭皮保湿に役立った
  • アトピーで乾燥しがちだったがビーソフテンローションが自分には合っていた

中にはローションやクリームなどさまざまなタイプがあるビーソフテンの中でも適さないアイテムがある場合もありますが、上記のようにビーソフテンローションで頭皮の保湿を行えたというケースは少なくないようです。しかし、中にはビーソフテンローションだけで頭皮アトピーが改善できない人もいるとされています。

ビーソフテンローションは頭皮アトピーの効果的な治し方?

保湿効果が高いとされるビーソフテンローションですが、中にはビーソフテンローションだけでは頭皮アトピーの治し方として不十分であるケースもあるようです。放っておくと薄毛になりかねないアトピーがビーソフテンローションだけでは治らないケースとしては、下記のような可能性が考えられます。

  • ビーソフテンで頭皮の乾燥を抑えられても炎症症状を抑えられていない
  • ビーソフテンで頭皮の保湿をしてもそもそも頭皮が乾燥する原因を排除できていない

上記のように、アトピーの症状としてビーソフテンでは対処し切れない症状が悪化している場合や、アトピーの原因に根本的に対処できていない場合には、ビーソフテンローションを使用してもなかなか頭皮トラブルが解消できないかもしれません。そのような場合には、下記のような治し方が必要となるかもしれません。

  • ステロイド剤などで頭皮表面の炎症を抑える
  • 頭皮乾燥の原因となる生活習慣・洗髪習慣を改める

アトピーはなんらかのアレルゲンによって引き起こされることがありますが、普段使用しているシャンプーでアレルギー症状が生じているケースも少なくないようです。そのため、ビーソフテンローションだけでは対応できない頭皮の炎症に対処するとともに、普段の生活を見直して頭皮アトピーの原因を取り除くことも重要です。

Thumb10円ハゲとアトピー性皮膚炎の関係性は!?知っておくべき共通点とは?

頭皮アトピーの原因は生活習慣・シャンプーにも?

頭皮アトピーの原因は多岐にわたり、個人によって何が原因となっているかは異なるものです。しかし、アトピー症状が起きている場合にはなんらかのアレルゲンによる刺激を受けたり頭皮が乾燥していたりするものです。そしてアレルギーや頭皮の乾燥の原因は生活習慣や洗髪習慣に潜んでいることもあるので、見直しましょう。

刺激的なシャンプーで頭皮アトピーに?

普段使用している市販シャンプーの中には、案外刺激的な成分が含まれているものが多いものです。アトピー体質だという人はできるだけ低刺激のシャンプーを選ぶ必要がありますが、シャンプーに含まれる洗浄成分には下記のように種類があり、それによって頭皮への刺激性・アトピーへの影響が異なるので要注意です。

洗浄成分 特徴 成分例
高級アルコール系 洗浄力が強く皮脂を落とす力が強い・安価なため多くのシャンプーに配合されているが刺激が強く頭皮の乾燥やアトピー症状を助長することも ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなど
石鹸系 天然成分でアレルギー体質の人でも使える場合があるが、アルカリ性のため弱酸性である髪・地肌にきしみなどが生じることも カリ石けん素地など
アミノ酸系 肌や髪と同じ弱酸性の洗浄成分で、洗浄力がマイルドで保湿効果が期待できる ココイルグルタミン酸Na・ラウロイルメチルアラニンNaなど

特に注意したいのは、高級アルコール系の洗浄成分であるラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなどです。これらの成分はドラッグストアに並ぶ多くのシャンプーに含まれていますが、頭皮の皮脂をごっそり落とすことにつながり頭皮の乾燥を招いたり頭皮アトピーを助長したりする原因になり得るので、注意が必要です。

また、市販シャンプーに含まれる添加物によって頭皮がアレルギー症状を起こしているケースも見受けられます。そのため頭皮アトピーの改善のためには、洗浄成分にこだわるのはもちろん、できるだけ添加物の少ないシャンプーを選ぶことも重要でしょう。

刺激的な食事で頭皮アトピーに?

頭皮アトピーの治し方としては、頭皮のことを考えて低刺激のシャンプーを選び適切な使い方で使用することが重要です。そのほかに、食事内容も頭皮の状態に反映されるものですから、アトピー改善のためには食習慣にも配りたいものです。特に下記のような食べ物・食習慣は頭皮アトピーを悪化させる原因になりやすいようです。

  • 砂糖を多く摂りすぎる
  • 油分を多く摂りすぎる
  • 刺激的な香辛料の過剰摂取
  • ファストーフードに頼りがちの食習慣
  • 添加物の多い加工食品を食べる機会が多い

上記のような悪しき食習慣によって頭皮アトピーが助長されることがあるので、当てはまると思った場合には見直す必要があるでしょう。薄毛改善のためにはバランスのとれた食事が重要となりますが、頭皮アトピーなどのトラブルを改善する場合にはまず、アトピーを悪化させかねない食べ物を控えることから対策を始めたいものです。

Thumbアトピー性皮膚炎の人はリアップの使用注意⁉ミノキシジルの副作用!

ビーソフテンローション以外の頭皮アトピーの治し方は?

既述の通り、頭皮アトピーの原因は生活習慣・洗髪習慣の中にも潜んでいるものです。そのため、頭皮アトピーの治し方としてはビーソフテンローションなどの保湿剤を使用することのほかに、下記のような対策を実践したいものですね。

頭皮に低刺激のシャンプーで洗髪!

既述の通り、普段使用しているシャンプーの刺激によって頭皮アトピーが悪化してしまうケースも多く見受けられるものです。そのため、頭皮アトピーが出ているという人や敏感肌で頭皮トラブルが起こりやすいという人は、下記のような条件にあてはまるシャンプーを使用することで、頭皮への刺激を最小限におさえたいものです。

  • アミノ酸系の頭皮にやさしい洗浄成分のシャンプー
  • 刺激的な添加物が少ない無添加のシャンプー
  • 低刺激性の保湿成分が多く乾燥を防げるシャンプー

洗浄成分の刺激によってアトピーの原因となる頭皮乾燥を招かないためにも、上記のように成分にこだわってシャンプーを選ぶことが非常に重要となります。上記のような特徴に当てはまるシャンプーの中でも特に口コミで話題で頭皮アトピーに悩む人にもおすすめのシャンプーとしては、チャップアップシャンプーが挙げられます。

アイテム
チャップアップシャンプーの画像
チャップアップシャンプー

  • 5種類のアミノ酸系洗浄成分
  • 無添加で安全性が高い
  • オーガニックエキス10種配合
  • 美容師と毛髪診断士が共同開発
  • 無添加育毛剤との併用もおすすめ

アミノ酸系・無添加の人気シャンプー!

チャップアップシャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分が頭皮にやさしく、さらにアレルギーを引き起こし得る添加物の多くが含まれていないので嬉しいですね。また、下記のような保湿作用の高い天然由来のオーガニック成分も豊富で頭皮を保湿して乾燥から守る働きも強いのが嬉しいですね。

成分 作用
ローズマリー葉エキス 抗菌作用・消炎作用・抗酸化作用
セージ葉エキス 抗菌作用・消炎作用・血行促進作用
ゴボウ根エキス 抗炎症作用・保湿作用
セイヨウサンザシ果実エキス 抗菌作用・抗炎症作用
キュウリ果実エキス 収斂作用・保湿作用
タチジャコウソウ花・葉エキス 新陳代謝促進作用
ラベンダー花エキス 収斂作用・殺菌作用
アルテア根エキス 保湿作用・傷の治癒作用
カミツレエキス 抗炎症作用・消炎作用
トウキンセンカエキス 消炎作用・鎮痛作用・保湿作用

チャップアップシャンプーはビーソフテンローションに含まれるヘパリン類似物質と同じように保湿作用や傷の治癒作用などが見込める成分もありますが、これらの成分がオーガニック成分であることも嬉しいですね。安全性が高いシャンプーの中でも特に保湿力が高いチャップアップシャンプーは、アトピー原因の乾燥対策に役立つでしょう。

生活習慣を改善して頭皮アトピーに対処!

頭皮アトピーに悩んでいる人・頭皮トラブルが起こりやすいという人で現在使用しているシャンプーが合っていない場合にはチャップアップシャンプーがおすすめとなりますが、頭皮アトピーに対処するためには生活習慣の改善も重要です。下記のような点に気をつけて生活を送ることで、少しでもアトピーの原因を減らしていきましょう。

  • ファストフードなどへの依存度を低め刺激的な食事も避ける
  • 野菜不足を解消し栄養バランスのとれた食事を心がける
  • 枕を清潔な状態に保ち睡眠時間をしっかりと確保する
  • 紫外線による頭皮へのダメージを軽減する
  • 整髪料などによる頭皮への刺激もできるだけ軽減する
  • 炎症などが起こっている場合には頭皮を掻かないように注意

既述の通り、偏った食事で頭皮アトピーが悪化することがありますが、ほかにも睡眠の習慣や外的な刺激によって頭皮環境が乱れることも少なくありません。上記のような点に注意して総合的に生活習慣を見直し、できるだけ頭皮アトピー・頭皮乾燥の原因を生活から排除するように心がけることで、症状の緩和・再発予防を目指しましょう。

皮膚科で処方される薬などで炎症に対処!

頭皮アトピーを放っておくと薄毛に発展することもあるため、早期対策が重要となります。しかしビーソフテンローションだけでアトピー症状の一種である炎症には対応できないケースもあるようです。そのような場合には皮膚科などでステロイド系の薬などを処方してもらい、表面的な炎症症状を緩和することが重要かもしれません。

頭皮の炎症を放っておくと症状が悪化して化膿する可能性もありますし、髪の成長が妨げられて薄毛になる可能性も考えられます。頭皮アトピーに対処する際には原因となるビーソフテンローションが効果的な治し方となる場合もありますが、下記のようなアイテムごとの役割をしっかりと把握して適切に対応していきたいものです。

ステロイド系の薬 頭皮の炎症を鎮める
ビーソフテンローションなどの保湿剤 頭皮の乾燥に対処する
生活習慣・洗髪習慣の改善 頭皮の乾燥・炎症などの原因を減らす

ビーソフテンローションもステロイド系のローションも、基本的には皮膚科で処方してもらうのが望ましいようです。特にステロイドは医師の診察をもとに成分の強さなどを決める必要があります。頭皮アトピーに効果的なアイテムを安全に使用して薄毛を予防するためにも、頭皮トラブルに気づいたら病院を受診するのが望ましいでしょう。

Thumbチャップアップはアトピーや敏感肌の人でも使えるの⁉成分から検証

頭皮アトピーはクリニックで治療?

ビーソフテンローションによる頭皮の保湿以外にも、頭皮アトピーを改善するために行いたい対策は案外多いですが、アトピーの症状を的確に把握するためにもビーソフテンローションを処方してもらうためにも、まずは病院を受診して医師の診断を受けましょう。自己流で対処して症状が悪化すると、薄毛に発展することもあるので要注意です。

ビーソフテンローションは皮膚科で処方?

ビーソフテンローション以外にも同じくヘパリン類似物質配合の保湿剤として、下記のように塗り方・使い方が異なるアイテムがいくつかあるようです。頭皮アトピーにしっかりと対処するためにはこれらのアイテムを正しい塗り方で使用したいものですが、基本的にこれらの薬は皮膚科で処方してもらうのが望ましいようですね。

  • ビーソフテンクリーム
  • ビーソフテン油性クリーム
  • ビーソフテン外用スプレー

肌質やアトピーの症状によってもどのアイテムが適しているかは異なるものですから、まずは皮膚科を受診して症状を診察してもらうことが重要でしょう。また、必要に応じて炎症を鎮めるためにステロイドなどの薬を処方してもらうケースもありますから、まずは皮膚科に出向き頭皮アトピーの症状に関してしっかりと相談してみましょう。

頭皮アトピーはAGAスキンクリニックでプロに相談?

また、頭皮アトピーなどの頭皮トラブルが起きたときには、薄毛治療専門クリニックに相談するという選択肢もあります。髪・頭皮のプロフェッショナルが在籍する専門クリニックでは、頭皮の状態を詳しくみてもらうことも可能ですし、頭皮アトピーなどの頭皮トラブルが薄毛に発展しないような効果的な治療法を受けることもできます。

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

  • 全国に47院
  • 豊富な治療実績と治療法
  • 視診・触診や各種検査も充実
  • 無料カウンセリング実施中

口コミでも話題の薄毛治療専門クリニック!

中でも業界随一のクリニック数と実績をもつAGAスキンクリニックであれば、全国に展開されている中の最寄りのクリニックで気軽に頭皮トラブルの相談ができるので嬉しいですね。AGAスキンクリニックでは無料カウンセリングを行っているため、頭皮の状態が気になるという場合には相談をしてみてはいかがでしょうか。

ThumbAGAスキンクリニックの2chでの評判・口コミは良い?悪い?

ビーソフテンローションの頭皮への塗り方をチェック!

ここまでビーソフテンローションの効果や副作用、ビーソフテンローション以外の頭皮アトピーへの対策について詳しくみてきましたが、ビーソフテンローションを使用する場合には正しい塗り方をマスターする必要があります。塗り方によっても効果が変わることがあるため、下記を参考にビーソフテンローションを正しく使っていきましょう。

ビーソフテンローションの塗り方とは?

ビーソフテンローションは低刺激性で副作用のリスクが低いため、子供から大人まで使用できるようですが、しっかりとアトピーに対して効果を発揮させるためにはその塗り方・使用方法というのも軽視できないでしょう。ビーソフテンローションは下記のような特徴・塗り方を把握した上で、使用するようにしましょう。

  • ビーソフテンローションはべたつきがなく浸透性が高い
  • ビーソフテンローションは1日に1〜数回頭皮の気になる部分に塗布する
  • ビーソフテンローションの使用期限は3年

ビーソフテンローションは直接頭皮に塗布することができさらりとした使用感が特徴的なようです。そんなビーソフテンローションを一日にどのくらいの回数使用すればよいかは、頭皮のアトピーの症状や乾燥具合によっても異なるため、医師の指示にもとづいて使用しましょう。

しかし、ローションを頭皮に使用する際には保湿効果が長続きしないこともあり、一日に数回塗布するのが効果的な場合が多いようです。そのため、一度に大量に塗って液だれして顔や耳にかからないように注意し、適量を一日数回に分けて頭皮に塗布するように心がけるとよいでしょう。

ビーソフテンのクリーム・スプレーの使い方とは?

また、ビーソフテンローション以外に、ビーソフテンのクリームやスプレーを処方されることもあるかもしれません。そのような場合には、下記も参考にそれぞれを効果的な使い方で使用して、頭皮ケアに役立てましょう。

保湿剤のタイプ 特徴 使い方
ビーソフテンクリーム・油性クリーム ローション・スプレーより保湿力にすぐれているがべたつきが気になることも 1日1〜数回適量を指またはガーゼで塗布する
ビーソフテン外用スプレー 届きにくい箇所でも噴霧して保湿を行うことができる 1日1〜数回適量を噴霧する

ビーソフテンローション同様に有効成分としてヘパリン類似物質が配合された他のタイプの保湿剤は、上記のような使い方で使用しましょう。ちなみにビーソフテンのアイテムはどれも刺激性が低く、また無臭なので使いやすいようですね。ビーソフテンを効果的に活用して、頭皮を乾燥から守りアトピー症状に対処していきましょう。

Thumbアトピーや敏感肌の女性におすすめの育毛剤をご紹介!【女性用育毛剤ランキング】

【まとめ】ビーソフテンローションも参考に頭皮ケアを!

今回は、口コミで話題のビーソフテンローションの頭皮アトピーへの効果や塗り方、その他の頭皮アトピーの対策などについて詳しくみてきました。ビーソフテンローションの成分や塗り方を参考に、頭皮アトピーなどの頭皮トラブルに対して根本的に働きかけ、薄毛もしっかりと予防したいものですね。

頭皮トラブルが気になる人にはベルタ育毛剤もおすすめ!

ビーソフテンローションは主に皮膚科で処方してもらえる保湿剤ですが、育毛剤の中にも頭皮ケアに役立つものがあり口コミで評判のようです。数ある育毛剤の中でもベルタ育毛剤は、56種類もの成分が配合された無添加育毛剤として幅広い世代の女性に愛用されており、頭皮環境を整えて薄毛を予防する効果が期待できるようですね。

アイテム
ベルタ育毛剤の画像
ベルタ育毛剤

  • 無添加で安心・安全
  • 56種類の成分で頭皮トラブル解消
  • 女性特有の薄毛にもしっかり対処
  • 初回50%オフの定期便
  • 返金保証つき

女性用No.1の無添加育毛剤で頭皮ケア!

ベルタ育毛剤は無添加で敏感肌の人でも安心して使えるのが嬉しいですが、成分がナノ化されておりその浸透度が高いことにも定評があります。アンチエイジング成分も豊富なため、加齢に伴う頭皮の変化にも対応できるベルタ育毛剤は定期便でかなりお得に買える上に返金保証までついているので、初めての人でも安心して試せるでしょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

ベルタ育毛剤についてもっと知りたいあなたはこちら!

Thumbベルタ育毛剤の全成分を徹底解説!無添加で安心の原材料を公開!
Thumbベルタ育毛剤は使い方で効果が変わる⁉正しい使用方法!【口コミあり】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事