頭皮の酸化を防ぐにはどうすればいい?改善方法や抑え方まとめ

頭皮の酸化はなぜ起こるのでしょうか。頭皮の酸化は、過剰に分泌される皮脂が原因のようです。そんな、頭皮の酸化が起こるとどのような頭皮トラブルが起きて、どのようなデメリットがあるのでしょうか。また、頭皮の酸化を改善する方法や抑え方について紹介していきます。

目次

  1. 酸化が抜け毛や臭いの原因に!頭皮の皮脂を抑える方法は?
  2. 酸化を抑えるために知っておきたい!頭皮の皮脂の役割は?
  3. 頭皮の酸化はなぜ起こる?
  4. 頭皮の酸化を防ぐビタミンにも注目
  5. 頭皮の酸化を防ぐ方法「スカルプケアシャンプー」
  6. 酸化した頭皮皮脂の改善方法「頭皮クレンジング」
  7. 頭皮の酸化を改善する方法「薬による治療」
  8. 【まとめ】育毛剤で頭皮環境を清潔して頭皮の酸化を防ぐ!
  9. もっと頭皮環境の改善について知りたい方はこちら

酸化が抜け毛や臭いの原因に!頭皮の皮脂を抑える方法は?

頭皮のトラブルの一つに、頭皮の酸化という症状があります。最近、髪の毛の抜け毛が多かったり、頭皮の臭いが気になる場合は、頭皮にたまった皮脂が酸化していることが原因かもしれません。

頭皮の酸化が起こってしまっても、皮脂の量を抑えることで酸化を防ぐことができます。また、さまざまな方法で酸化を改善することもできるようです。そんな、頭皮の酸化を抑えてベタつきを解消する方法を紹介していきます。

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

酸化を抑えるために知っておきたい!頭皮の皮脂の役割は?

頭皮の酸化を抑えるために、まずは頭皮の皮脂の役割について知っておくことが大切です。頭皮から分泌された皮脂には、主に4つの効果があるようです。皮脂の役割について詳しく紹介します。

保湿効果

頭皮の皮脂には、保湿効果があるようです。頭皮は皮脂膜によって覆われています。頭皮に皮脂がないと、汗や水分が蒸発しやすい環境になってしまいます。つまり、頭皮を天然のヴェールでしっかりと保湿して守っているのが皮脂膜なのです。

なめらか効果

頭皮の皮脂は、脂肪細胞が集結して出来ています。脂質の成分には、いろいろな成分が含まれていますが、中でも多いのは、トリグリセリドという中性脂肪で、一般的な油のようなものです。頭皮は皮脂の油によって、なめらかな手触りになり、なめらかな状態に保つ効果があるようです。

保護効果

頭皮には、皮脂膜があることで、紫外線やホコリなどを直接頭皮にあたることを防いでくれています。つまり皮脂には、頭皮を保護する効果があるということです。

殺菌効果

頭皮の皮脂膜は弱酸性となっています。弱酸性であるため、頭皮には雑菌が繁殖しにくい状態になっているのです。つまり、大切な頭皮を皮脂は自然と殺菌してくれているのです。

Thumb抜け毛を減らすおすすめ方法は頭皮ケア⁉正しいやり方!

頭皮の酸化はなぜ起こる?

頭皮の皮脂の役割を見ると、悪いものではなく、頭皮を守ってくれる大切なものであることがわかりますね。しかし、本来は、いい役割をしている皮脂ですが、余分に残ってしまった皮脂の汚れによって、頭皮が酸化してしまい、様々な悪影響を与えるようです。

頭皮の酸化するとどんな悪影響が起こる?

頭皮が酸化すると、どのような影響が出るのでしょうか。

  • 抜け毛
  • フケ
  • 臭い
  • かゆみ

頭皮の酸化が起こると、以上のような悪影響を与える原因となってしまいます。せっかく、頭皮にいい効果を与える皮脂なのに、酸化してしまうことで、とっても迷惑なものとなってしまいます。やはり、頭皮の酸化は、起きないようにしたいものですね。

頭皮の酸化は、皮脂や汗、汚れなどが混じり、空気に長時間触れることで酸化が起こります。頭皮は、いつも空気に触れていますが、頭皮の酸化は普段の健康な頭皮環境では起こることはほとんどありません。

頭皮の状態がかなり悪化している場合でないと、頭皮の酸化は起こらないようです。また、皮脂の量も相当過剰でないと起こらない現象です。つまり、頭皮の酸化は、「不潔」にしていると起きてしまう現象なのです。

清潔にしていても頭皮の酸化が起こることも?

頭皮の酸化は、清潔にしていても、起きてしまう場合があります。また過剰な皮脂分泌が気づかないうちに起こっていて、知らず知らずのうちに頭皮の毛穴が皮脂汚れで詰まっていることもあるようです。

清潔にしてるのに頭皮の酸化を起こしてしまう方は、多くの方は、使っているシャンプーが長い間合っていなかったということが考えられます。そのため、適切にシャンプーで皮脂を落とすことができないため、酸化が引き起こされることもあるようです。特に夏場は酸化することが多いようです。

Thumb生え際のフケ・乾燥対策5選!清潔にしてもなってしまう原因とは

頭皮の酸化を防ぐビタミンにも注目

皮脂でベトベトの頭皮だから薄毛になる訳ではないが、しかし、、

頭皮の皮脂は、外部の異物からの保護バリアの役割も担っているので、皮脂が少なすぎるのも問題です。頭皮には自動調整機能があるので、これにより皮脂の分泌量を調節しているのですが、このバランスが崩れることがままあるのです。すると頭皮がベトベトになるという状態が生まれます。原因はいろいろあり、ベトベト頭皮に至るまでの過程で、複合的な要因が絡んでいるようです。ざっくりと挙げると、食生活は大きな因子となりますし、その他ストレスによる自律神経の乱れ、運動不足や生活リズムの乱れによるホルモンバランスの失調など、でしょう。これらを改善する意識を持ち、取り組むだけでも頭皮環境はガラリと変わるでしょう。

ベトベト皮脂だから薄毛になるわけではありません。(これは正式な調査で判明しています)ただし、薄毛症状(AGA)に陥っている頭皮は、ベトベトの皮脂過多の頭皮になるようです。これはAGAの原因物質であるDHTが皮脂を分泌させる作用があるからです。また一元的には薄毛と関係のないベトベト頭皮も、放置すると次第に頭皮環境は悪化して、大量のフケや、フケによる毛穴の詰りをまねきます。そのせいでAGAへ発展するというリスクはあります。

皮脂の分泌や酸化を抑えてくれるビタミンもオススメ

育毛シャンプーの中にも、皮脂を落としすぎるものがありますが、これは頭皮によくありません。皮脂を落としすぎると、頭皮の調整機能が過剰に皮脂を分泌してしまうからです。結局頭皮環境を悪化させることになります。ちなみに、サプリなどの内部から頭皮の皮脂や、皮脂の酸化を抑える成分があることはご存知でしょうか?皮脂分泌の抑制効果があるのがビタミンB群です。逆に、このビタミンB群がなくなると皮脂分泌が過剰になっていきます。もう一つ、重要なのがビタミンCです。ニキビのケアにも多用されるビタミンとして知られていますが、こちらも皮脂の酸化を抑えてくれます。(またビタミンCには男性ホルモンのテストステロンの酸化を抑える効果があることが、最近の研究で分かってきたようです)

ビタミンCは頭皮の皮脂抑制に期待できる成分

ビタミンCはDHTの抑止にも効果があり、また皮脂の抑制、コラーゲンの減少の抑制や、メラニン色素が増えるのを抑える効果など、いろいろアンチエイジングの効果も高いようです。積極的に摂取していきたいです。デメリットは、ビタミンCは水溶性ということで吸収率は悪く、常にこまめに摂取しないとなかなか効果的にはならないのと、外部から塗布するやり方は、酸素に触れるとすぐに酸化するので、期待は出来ないとのこと。今のところ、画期的な方法は見当たらないようです。

Thumb薄毛にビタミンCが効果的!?紫外線で進行した頭皮のダメージケア

頭皮の酸化を防ぐ方法「スカルプケアシャンプー」

頭皮の酸化は、抑えることや防ぐことが可能です。頭皮の酸化を防ぐ方法として、シャンプーの見直しが効果的です。今使っているシャンプーを変えてみることで、簡単に酸化を防ぐことができるかもしれませんよ。

酸化を防ぐといわれているシャンプーは、しっかり皮脂汚れを防ぐことが出来て、潤いを残すことができるシャンプーです。アミノ酸系シャンプーのスカルプケアシャンプーは、成分の粒子が細かく、保湿効果が高いシャンプーです。そのため、普通のシャンプーと同じように使うだけで、しっかりと皮脂汚れを落とし、酸化を防ぐことができるでしょう。

スカルプケアシャンプーではない、石油界面活性剤入り合成シャンプーを使ってしまうと、酸化を防ぐことは難しいです。これらのシャンプーは、頭皮の表面の皮脂汚れを抑えるだけで、酸化を抑えることは難しいのです。皮脂を防ぐことで、一時的にすっきりしますが、皮脂分泌が異常になることが多く、頭皮が弱い人にはおすすめできません。

スカルプケアシャンプーで、毎日頭皮を洗うことで、だんだん頭皮の酸化を抑えることができて、状態は改善していくでしょう。それでも、皮脂分泌が多くて、まだ頭皮の酸化を防ぐことができないという場合は、毛穴まで入り込んで酸化を防ぐことができる育毛剤を使ってみた方がいいかもしれませんね。

Thumb頭皮の皮脂を抑える方法7選!薬・食事・シャンプーのオススメは?

酸化した頭皮皮脂の改善方法「頭皮クレンジング」

頭皮の酸化のもとになる、ベタついた皮脂を落とすことで酸化を抑えることができるでしょう。酸化を改善するため、皮脂を頭皮クレンジングで落としてみる方法がおすすめです。頭皮クレンジングを行えば、頭皮環境を整えて、酸化を改善することが可能ですよ。

酸化してしまった皮脂は、オイルクレンジングを使えば溶かすことができます。皮脂も油分ですので、同じ油を使うことで、混じり合いやすく、固まった皮脂を溶かし出すことができるのです。また、同時にオイルクレンジング効果で、乾燥を抑えることができて、頭皮の保湿もできるためオススメです。

頭皮クレンジングの方法

頭皮の酸化を防ぐ効果が期待できる、頭皮クレンジングの方法を紹介します。

  • ホホバオイルやアルガンオイルなど、皮脂に近く、なじみやすいオイルを用意
  • 乾いた状態でブラッシングして、汚れを落として、からまりを解く
  • オイルを直接頭皮になじませる(髪ではなく、頭皮につける)
  • オイルがなじんだら、指の腹で円を描くようにマッサージをする
  • ぬるま湯で洗い流す

オイルクレンジングの時に、頭皮の皮脂とオイルがなじむと、自然と毛穴の汚れが落ちるため、力を入れる必要はありません。優しく丁寧にマッサージをして皮脂の酸化を抑えるようにしましょう。

オイルを使うとべたつきを心配する方もいるかもしれませんが、ぬるま湯で洗うことでオイルが乳化しますので、スッキリと洗い上げることができますよ。オイルクレンジングの後は、いつも通り、シャンプーやトリートメントを行いましょう。

Thumbクレンジングオイルは頭皮にも効果があるって本当?おすすめはどれ?

頭皮の酸化を改善する方法「薬による治療」

皮脂の酸化を抑える方法や、しっかりと改善するためには、病院で処方された治療薬による、薬の治療が効果的ということもあります。皮脂の酸化程度で病院で、治療薬を処方してもらうことは恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、病院で治療薬を処方してもらうことで、一気に症状が改善することもありますよ。

皮脂の分泌が過剰になって、酸化してフケが出ている場合は、脂漏性皮膚炎という病気になっている可能性もあります。脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多いだけでなく、皮膚の病気の一種となりますので、治療薬が必要です。

いくらシャンプーを変えたりしても改善は難しく、薬を飲まないと改善はできませんので、病院で薬をもらう方法がおすすめです。脂漏性皮膚炎かも、と気になったら、皮膚科などの専門医を受診して早めに薬による治療をしましょう。

もちろん、頭皮の酸化の状態で薬を処方してもらうことも可能です。他の方法で頭皮の酸化を防ぐことが難しい人は、薬での治療が一番簡単かもしれませんね。また、薬での治療なら、確実に症状を改善することができるでしょう。

Thumb頭皮に効く塗り薬はこれだ!市販のおすすめをご紹介します!

【まとめ】育毛剤で頭皮環境を清潔して頭皮の酸化を防ぐ!

頭皮の酸化が起こる原因と酸化を改善する方法について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。頭皮のべたつきとなる皮脂が酸化してしまうのは、不潔にしていることが大きな原因なるようです。

頭皮の酸化を防ぐにはシャンプーを変えてみる方法や、頭皮クレンジングなどが効果的なようですが、頭皮環境を清潔にして酸化を防ぐ方法には、育毛剤を使用すると、より効率的に頭皮の酸化を防ぐことができるようですね。では、頭皮環境を清潔にできる育毛剤にはどのようなものがあるのでしょうか。

頭皮の酸化を改善する育毛剤にはチャップアップがおすすめ

頭皮環境を清潔にして、皮脂のべたつきによる酸化を改善できる育毛剤はチャップアップです。チャップアップ育毛剤の成分は天然成分で、頭皮の皮脂量の調節に役立ち、酸化を抑えることができることでしょう。チャップアップは、男性女性問わず多くの人に愛用されています。また、チャップアップ育毛剤を購入するならお得な定期便が人気のようですね。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

  • 有効成分グリチルリチン酸で抗炎症予防
  • 頭皮環境改善に17種類の植物成分
  • シャンプーとセットで8880円の定期便

今チャンス!56%OFFキャンペーン中

チャップアップは、育毛に必要な、頭皮環境改善を主眼において開発されています。そのため、チャップアップには、頭皮環境を改善できるためのさまざまな成分が含まれています。また、チャップアップは頭皮の酸化改善にも非常に効果が高いといわれています。総合ランキング1位のチャップアップなら、安心して使えそうですね。

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

もっと頭皮環境の改善について知りたい方はこちら

Thumb頭頂部が冷たいのは薄毛のサイン?頭皮環境を整えてしっかり予防!
Thumb発毛・育毛に蒸しタオルが効果的?頭皮環境を整え発毛促進!
Thumb育毛効果が期待できるアロマオイル!精油で頭皮環境を改善!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事