頭皮に潤いを与えて乾燥を防ごう!保湿が出来ないと抜け毛の原因に?

頭皮の潤い不足は頭皮炎症や抜け毛の原因になると言われています。実は頭皮は意外に乾燥しやすい場所なので、しっかり保湿ケアする必要があります。健やかな頭皮と髪を育てるための、シャンプーやオイル、保湿ローション、食生活など頭皮の潤い対策方法についてご紹介します。

目次

  1. 頭皮の潤い不足は抜け毛の原因?対策方法を徹底解説!
  2. 潤い不足な頭皮は抜け毛になるかも!頭皮が乾燥する原因は?
  3. 頭皮の潤い対策方法その1:シャンプーでのヘアケア
  4. 頭皮の潤い対策方法その2:正しいドライヤーの使い方
  5. 頭皮の潤い対策方法その3:オイルでの頭皮ケア
  6. 頭皮の潤い対策方法その4:保湿ローション
  7. 頭皮の潤い対策方法その5:食生活の改善
  8. 頭皮の潤い対策方法その5:紫外線から頭皮を守る!
  9. 【まとめ】頭皮に潤いを与えて健やかな髪を育てよう!

頭皮の潤い不足は抜け毛の原因?対策方法を徹底解説!

乾燥する季節になると肌も潤い不足になりがちです。髪の毛に隠れて見えづらいですが、実は頭皮も乾燥しやすい場所です。夏の暑い時期も紫外線やエアコンの影響で頭皮も潤い不足に陥りがちです。頭皮が乾燥すると肌のバリア機能を低下させて、外部からの刺激にも弱くなりやすいです。さらに頭皮の潤い不足は抜け毛の原因になるとも言われています。

特に女性は頭皮が乾燥しやすい傾向にあるようです。乾燥フケが出てきている人は要注意です。乾燥ぎみな頭皮の潤いを取り戻して健やかな髪を育てたい人のために、頭皮の潤い対策になるヘアケアや頭皮ケア、生活習慣についてもご紹介します。

Thumb生え際がかゆい原因は乾燥?抜け毛が増えたのはハゲる前兆?

潤い不足な頭皮は抜け毛になるかも!頭皮が乾燥する原因は?

頭皮の潤い対策方法の実践前に、まずは頭皮が乾燥する原因を取り除く必要があるでしょう。特に頭皮のかゆみ、髪のパサつき、乾燥したフケが気になるという人は、頭皮が乾燥する原因に思い当たることがないか確認してみてください。

頭皮が乾燥する原因は?

頭皮が乾燥する原因として遺伝や体質、加齢、シャンプーやドライヤーなどの日頃のヘアケア、ダイエットや偏食など栄養バランスを欠いた食生活、紫外線や秋冬の乾燥した空気、エアコンなどが考えられます。

頭皮が乾燥する原因

  • 遺伝・体質
  • 加齢による潤い不足
  • シャンプーでの洗い過ぎ
  • シャンプーの刺激
  • ドライヤーの乾燥
  • ビタミンやミネラルの不足
  • 体の冷え(体質・気候・エアコン・コーヒーの飲み過ぎなど)
  • 紫外線

頭皮が乾燥する原因には遺伝や加齢、気候・季節のような外的環境など避けられないものもありますが、適切な頭皮の保湿対策によってある程度解決できるでしょう。頭皮乾燥を招くヘアケアは今すぐ改善を、適切なシャンプー選びとシャンプーの方法、シャンプー後の乾燥対策が必要です。食生活の改善も頭皮の潤い対策に繋がります。

頭皮の潤いが不足するとなぜ抜け毛になるの?

頭皮が乾燥すると肌のバリア機能が失われ、かゆみやフケ、炎症を引き起こすことがあります。さらには頭皮の炎症が原因で抜け毛に繋がることもあります。また頭皮の潤い不足は頭皮の冷えや血行不良のサインでもあり、毛根に栄養が届きにくい状態とも考えられます。

毛根に栄養が十分届けられないと抜け毛や薄毛の原因にもなります。髪の潤いも不足しパサつきやすくなり、髪のボリュームダウンにも繋がります。頭皮のマッサージは血行を促進し、頭皮の乾燥対策にもなります。保湿対策と併せて行うと良いでしょう。

Thumbフケの治し方!乾燥を防ぎ髪の毛を綺麗に!原因も解説

頭皮の潤い対策方法その1:シャンプーでのヘアケア

頭皮の潤い対策といえばまず保湿対策を思い浮かべるかもしれませんが、前章でも確認したようにヘアケアは頭皮乾燥の原因と大きく関わっています。頭皮の潤い対策はシャンプーでのヘアケアも重視しないといけません。

頭皮の潤いを守るシャンプーの選び方

シャンプーは頭皮に優しいものを選びましょう。洗浄力の強いラウレス硫酸ナトリウム、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが多く配合されているものは要注意です。脱脂力の強いシャンプー剤は必要以上に皮脂を取り除き、頭皮の潤いも奪う可能性があります。

アイテム
チャップアップシャンプーの画像
チャップアップシャンプー

・肌に優しい弱酸性
・洗浄成分はアミノ酸系のみ!
・ノンシリコンでも軋まない
・泡立ちの良いアミノ酸シャンプー

頭皮環境を整えるノンシリコン&アミノ酸シャンプー

特に頭皮が乾燥しやすい人は肌にマイルドなアミノ酸成分中心のシャンプーがおすすめです。最近流行しているノンシリコンのオーガニック系シャンプーは頭皮の肌にも優しいものが多いです。質の良いシャンプーを選び、頭皮の潤いを保つようにしましょう。

頭皮の潤い対策になるシャンプー方法

シャンプーでの洗い過ぎは頭皮乾燥の原因に、1日1回がベストな頻度です。頭皮を乾燥させないよう、ぬるま湯で洗いましょう。頭皮をゴシゴシ洗うと頭皮を傷つける可能性があるので注意、マッサージするように洗うことで頭皮の血行促進にも繋がります。

シャンプーのやり方動画

2:07頃からシャンプーを泡立てて洗うデモンストレーションが始まります。頭皮を動かすようにマッサージ洗いしているのが確認できます。(動画ではシャンプーで予洗いと本洗いの二度洗いをしています。)

シャンプーの手順

  • 36~38℃のお湯で髪をよく洗う
  • シャンプー剤を手のひらで泡立てる
  • 頭皮を揉むように洗う(生え際、襟足など洗い残しのないように)
  • よく洗い流す
  • 必要に応じてコンディショナーorトリートメント

コンディショナーやトリートメントを使うときはシャンプー後髪の水気を切って、毛先を中心に塗布してください。コンディショナーやトリートメントは油分が多く、頭皮につくと洗い流しにくいです。頭皮に残ったコンディショナーやトリートメントが頭皮トラブルの元になることもあるそうです。

一般的なヘアケア用のトリートメントでなく、頭皮ケア用のトリートメントなら頭皮にも使えます。頭皮の乾燥を抑えながら髪にも潤いを与えることができます。頭皮の乾燥が気になる人は頭皮用トリートメントを使用するのも良いでしょう。

Thumb正しい頭皮の洗い方って知ってる?薄毛対策に正しい方法を知ろう

頭皮の潤い対策方法その2:正しいドライヤーの使い方

シャンプー後自然乾燥させると頭皮が冷えて血行不良の原因に、髪もダメージを受けやすいのでタオルドライとドライヤーで乾かすことも忘れないようにしましょう。ただしドライヤーの長時間の使用は頭皮乾燥の元になります。頭皮を乾燥させ過ぎないようドライヤーを正しく使い、頭皮の潤いを守りましょう。

ドライヤーで髪を乾かす時の注意点

  • ドライヤー前にまずタオルドライ
  • 頭からドライヤーを15~20cm離して使う
  • ドライヤーで乾かす時1箇所に当てすぎない
  • 根元から毛先に向かって風を当てる
  • 仕上げは冷風に

タオルドライは頭をゴシゴシこするよう拭くのではなく、タオルをかぶって上から軽く押さえるように拭きます。髪の長い人は毛先をタオルに挟み、押さえるように拭きましょう。ドライヤーを使うときは頭に近づけ過ぎると頭皮の乾燥の原因になるので、15~20cm程度離して使うようにしましょう。

ドライヤーの風を1箇所に当てると頭皮と髪のダメージに繋がります。ドライヤーを左右に振りながら風を当ててるようにしましょう。ずっと温風を使っていると頭皮も髪も熱がこもってしまいます。7割がた乾いてきたところで冷風に切り替えましょう。マイナスイオンやナノイオンなど、潤いを与える効果のあるドライヤーもおすすめです。

Thumbドライヤーがはげる原因?自然乾燥がいい?髪の乾かし方をご紹介!

頭皮の潤い対策方法その3:オイルでの頭皮ケア

オイルを使った頭皮ケアも潤い対策におすすめです。スペシャルケアとしてシャンプー前のオイルマッサージに使う方法と、シャンプー後頭皮の保湿にオイルを使う方法があります。オイルはオリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル、アルガンオイル、椿油など頭皮にも使えるオイルを使います。

頭皮のオイルマッサージで乾燥対策

オイルマッサージは週に1回程度行うのがおすすめです。オイルで頭皮マッサージをすることで頭皮の余分な皮脂を落としながら血行を促進、適度な頭皮と髪の潤い対策にもなります。オイルの量は500円玉程度が目安ですが、頭皮ケア用のオイルで量が指定されている場合はそちらに合わせてください。

オイルマッサージのやり方

  • 乾いた髪の状態でブラッシング
  • 少量ずつ指で頭皮に塗布しながら頭皮全体にオイルを馴染ませます
  • 両手の指の腹を使って頭皮を円を描くように、または押し上げるように動かしてマッサージ
  • 蒸しタオルで頭を巻いて5~10分放置
  • オイルをお湯で洗い流す
  • シャンプーする

マッサージをする時は指の腹や手のひらを使って行って下さい。頭皮マッサージ器も好評ですが、血圧の高い人は使用にあたって注意が必要なものもあります。マッサージのやり方は以下の動画も参考になります。

マッサージ動画

マッサージは1:05頃からスタートします。動画ではクリームを使っていますが、オイルでも動画のように少量ずつ頭皮に塗っていくのがポイントです。

頭皮をオイルで保湿ケア

シャンプー後タオルドライし、ドライヤーで乾かす前にオイルを頭皮に塗ることで保湿ケアすることもできます。髪にも塗れば頭皮ケアもヘアケアも同時にでき、ドライヤーによる乾燥対策と潤い対策になります。オイルでの保湿ケアはオイルを洗い流さないので、頭皮に付けすぎるとベタつきの原因になります。オイルの量は多くても100円玉程度にとどめ、少量ずつ塗って頭皮や髪がベタつくのを防ぎましょう。

オイルでの保湿ケア方法

  • シャンプー後にタオルドライ
  • オイルを少量ずつ頭皮につけていく(つけ過ぎ注意)
  • 指の腹を使って頭皮を動かすようにマッサージ、オイルを馴染ませる
  • ドライヤーで髪を乾かす

Thumb頭皮のオイルマッサージのやり方とおすすめのオイルまとめ

頭皮の潤い対策方法その4:保湿ローション

シャンプー後にローションで保湿する方法もおすすめです。オイルのリッチ感が気になる人は、サラサラな仕上がりになる保湿ローションの方が良いでしょう。顔用のローションでも頭皮に使えるものもありますが、引き締め効果のあるローションやさっぱりタイプのローションは、頭皮が乾燥している人には向いていないでしょう。

乾燥肌の人は保湿効果の高いローション、アルコールの刺激が苦手な人はノンアルコールタイプのローションがおすすめです。顔用のローションよりも頭皮ケア用の保湿ローションも多数販売されているので、そちらを使うのがよりおすすめです。乾燥肌やアレルギー肌の人向けの頭皮ローションもあります。頭皮の肌に合ったものを選んで保湿対策しましょう。ローションを塗った後にマッサージするのも効果的です。

Thumb女性の薄毛対策にはマッサージが効果的⁉抜け毛予防に頭皮ケア!

頭皮の潤い対策方法その5:食生活の改善

ビタミンやミネラルが不足していると肌の潤い不足に、頭皮乾燥の原因にもなると言われています。糖質や脂質の摂り過ぎはビタミンやミネラルの消費にも繋がるそうですが、極端な油分カットは頭皮の潤い不足も招きます。コーヒーの飲み過ぎも体の冷えを招くことがあるので要注意です。頭皮の乾燥を招く食生活を改善し、頭皮の潤い対策になる食べ物を摂取することで、体の内側からも頭皮乾燥を防ぐようにしましょう。

頭皮の潤い対策になる栄養成分や食べ物は?

頭皮の潤い対策におすすめな栄養素と成分に、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、美肌に良いと言われるコラーゲン、女性ホルモン様作用のあるイソフラボン、良質な油分のオメガ3脂肪酸などが挙げられます。

コラーゲンは食事から摂取しても体内でアミノ酸に分解されてしまい、そのままの形で吸収されるわけではありません。体内でコラーゲンが再合成されるために、ビタミンCと併せて摂取するのがおすすめと言われています。

<頭皮の潤い対策になる栄養成分と食べ物>

栄養成分 働き 食べ物
ビタミンA 肌の潤いを保つ
新陳代謝を促す
ニンジン、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、うなぎ、レバー
ビタミンB6 皮脂分泌の調整
肌の保湿をコントロール
炎症を抑える
マグロ、かつお、バナナ、わかめ、昆布、ひじき
ビタミンC 肌の潤いを守るコラーゲン生成 イチゴ、レモン、キャベツ、トマト
ビタミンE 肌のターンオーバー
アンチエイジング
アーモンド、ピーナッツ、ごま
亜鉛 肌の新陳代謝を促す 生牡蠣、卵黄、豚レバー、牛肉、ごま、煮干し
コラーゲン 肌にハリ、潤いを与える フカヒレ、鶏の皮、手羽先、豚足
イソフラボン 肌の新陳代謝を活性化
肌に潤いを与える
大豆、納豆、豆腐、豆乳
オメガ3脂肪酸 肌に潤いを与える いわし、さんま、いくら、くるみ、アーモンド、エゴマ油

頭皮の潤い対策になる食品は多くありますが、偏った摂取の仕方では良い効果は期待できません。1日の食事の中で各栄養素をまんべんなく摂取できると良いでしょう。サプリから上記のような栄養成分を摂取するのも良いですが、過剰摂取には注意して下さい。基本的には栄養バランスの良い食事を摂ることを重視しましょう。

Thumb薄毛にビタミンCが効果的!?紫外線で進行した頭皮のダメージケア

頭皮の潤い対策方法その5:紫外線から頭皮を守る!

頭皮は顔の2~3倍の紫外線を浴びているとも言われています。髪の毛で隠れて見えにくいですが、頭皮も日焼けすることがあり、乾燥による潤い不足を招くことがあります。頭皮の日焼けにより頭皮の乾燥、頭皮炎症、頭皮の肌の弾力低下、さらには抜け毛を招くこともあるそうです。特に紫外線の強い季節は頭皮をガードして、頭皮の潤いが奪われないように注意しましょう。

頭皮の潤いを守るための紫外線対策

  • 帽子をかぶる
  • 日傘を使う
  • UVカットスプレーを使う
  • 日差しの強いときはなるべく日陰を歩く

帽子は通気性の良いものを、夏場なら麦わら帽子がおすすめです。日傘は白いものより黒い色の方が紫外線をカットする効果が高いそうです。

頭皮専用のUVカットスプレーは、ベタつきも少なく、汗で流れにくいというメリットもあります。ただし紫外線吸収剤を使っているため、敏感肌の人には合わないかもしれません。肌の弱い人はSPFは抑えめなものを、普通の外出ならSPF20~35程度、海やプールではSPF50以上でPAも高いものが必要と言われています。

Thumb日光は発毛の妨げになる?紫外線が頭皮に与える影響とは?

【まとめ】頭皮に潤いを与えて健やかな髪を育てよう!

頭皮が乾燥するとフケやかゆみ、頭皮の炎症を招くと言われています。さらには炎症の悪化で抜け毛を招くこともあるそうです。頭皮の潤い不足の原因には日頃のヘアケアや食生活、紫外線の影響も考えられます。もし刺激の強いシャンプーを使っているなら肌に優しいシャンプーに変え、洗いすぎにも注意を、シャンプー後のドライヤーでも頭皮を乾燥させないよう気をつけましょう。

ローションやオイルでの保湿ケア、オイルマッサージによる頭皮の血行促進も、頭皮の潤い対策になります。栄養バランスの良い食事や紫外線対策でも頭皮を乾燥から守り、潤いを守ることが期待できます。頭皮に潤いを与え乾燥を防ぐことで、健康な頭皮と髪を育てていきましょう。

頭皮に潤いを与えるならベルタ育毛剤がおすすめ!

頭皮環境を整えるなら、保湿成分がたっぷりと配合された女性用育毛剤の「ベルタ育毛剤」がおすすめです。健康な髪は健康な頭皮からと言われています。ベルタ育毛剤の頭皮エイジングケア成分が弾力のある頭皮に導き、育毛有効成分によってハリ、コシのある髪の成長を目指します。

アイテム
ベルタ育毛剤の画像
ベルタ育毛剤

・育毛・頭皮ケア成分56種類配合
・無添加・無香料で肌に優しい
・頭皮ケア成分をナノ化!毛穴の奥まで浸透
・全額返金保証付き

ベルタで-10才を目指す!

ベルタ育毛剤は天然由来成分中心、肌にも優しい無添加処方となっており、女性の抜け毛・薄毛の原因をあらゆる面から抑えるための成分が多数配合されています。お得な定期便パックなら全額返金保証も付いているので、育毛剤が初めてという人にも安心してスタートしやすいでしょう。頭皮の潤い成分がたっぷり配合されたベルタ育毛剤で、健やかな頭皮と髪を目指してみませんか。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

もっと頭皮ケアについて知りたい方はコチラ!

Thumb頭皮ケアに良いシャンプーはこれだ!育毛や発毛効果があるのはどれ?
Thumb頭皮のツボの効果とやり方をまとめました!育毛に良いツボを知ろう
Thumb発毛・育毛に蒸しタオルが効果的?頭皮環境を整え発毛促進!

おすすめの記事