AGAになる年齢は何歳から⁉発症率の特徴や対策方法!

AGAを発症する年齢は何歳からなのでしょうか。10代、20代で若はげを気にする人も増えてきているようですが、AGAなのでしょうか、それともAGAの前兆なのでしょうか。AGA発症の年齢は何歳からなのか、またAGA発症率の特徴や対策法についても解説します。

目次

  1. AGAは何歳から発症するの?対策方法は?
  2. AGA(男性型脱毛症)とは?
  3. AGAの発症年齢は何歳から?発症率の特徴は?
  4. AGAの発症年齢が低年齢化?
  5. AGAを発症する前兆は?
  6. AGAの前兆・発症があったとき、何歳からでもできる対策法とは?
  7. AGAの発症年齢と重症度の判定
  8. AGA治療は何歳から?年齢制限がある?
  9. 【まとめ】低年齢化しているAGA、前兆が見られたら対策を!
  10. 何歳からでも早すぎることが無いaga予防・対策
  11. AGAの前兆についてもっと知りたいあなたへ

AGAは何歳から発症するの?対策方法は?

AGA(男性型脱毛症)の進行に悩む男性は少なくないでしょう。AGAかどうかはわからないけれど、その前兆を感じてひそかに育毛剤でケアしている20代~30代の男性もいるのではないでしょうか。

最近は若はげに悩む男性女性も増えてきていると言われ、AGAが低年齢化しているという話も聞かれます。実際にAGAが発症するのは何歳からなのでしょうか。また若い年齢でもAGAを発症した場合、AGA治療は可能なのでしょうか。

AGAの発症年齢や発症率の特徴、AGAの対策方法やAGA治療の年齢制限など、AGAと年齢に関する情報についてお伝えします。

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAは男性ホルモンDHTが原因で起きる脱毛症です。テストステロンという男性ホルモンが毛乳頭内にある還元酵素(5αリダクターゼ)によってDHTに変換され、DHTが毛乳頭のレセプターと結びつくと脱毛因子TGF-βの生成量が増えます。

脱毛因子TGF-βは毛母細胞の分裂を不活発にし、髪のヘアサイクル(毛周期)の成長期を短くします。抜け毛が増えて髪も弱り、薄毛や髪の後退が見られます(AGAの発症)。

AGAには3つのタイプがあり頭頂部から薄くなるO字ハゲ(つむじハゲ)、生え際から薄くなるM字ハゲ、前頭部から頭頂部へかけて薄くなるU字ハゲがあります。

Thumbジヒドロテストステロン(DHT)は薄毛の原因?減らす方法9選!

AGAの発症年齢は何歳から?発症率の特徴は?

AGAの原因は遺伝、加齢による細胞の老化、生活習慣も関わるとされています。AGAは年齢が高くなるほど発症率が高いですが、遺伝の要因も大きく発症のしかたにも個人差があるようです。

何歳からAGAが発症するのか、AGAを発症する年齢別割合も確認しながら、AGA発症の特徴について詳しく見ていきましょう。

年齢別AGAの発症割合

日本人男性の3人に1人はAGAと言われています。AGAは30代後半~40代から気にし始める男性が多いように思われますが、AGAを発症する年齢別割合はどうなっているのでしょうか。
AGAの年齢別の発症率は以下のようになりました。

  • 20歳~29歳:6%
  • 30歳~39歳:12%
  • 40歳~49歳:32%
  • 50歳~59歳:44%
  • 60歳~69歳:51%
  • 70歳~79歳:61%

10代、80代以降は調査対象から外されているようですが、AGAに悩む10代の人の記事や書き込み、クリニックの医師の話も聞かれます。AGAは思春期(中学入学前後から17、18歳頃まで)以降に発症する脱毛症なので、6%よりかなり少ない割合と思われますが発症することがあります。

年齢別割合を見ると40代の発症率で30%台となり、40代の3人に1人がAGAを発症していることが伺えます。30代は発症率が20代の倍になっており、10人に1人以上で発症が見られるということで、決して低い数値ではありません。

クリニックの年齢別割合とも比較!

AGA・薄毛治療専門クリニックに通院している患者の年齢別割合も確認してみましょう。クリニックのデータを大体の数字でまとめると、20代前半:5%/20代後半:15~20%/30代前半:20~25%/30代後半:20~30%/40代前半:15~20%/40代後半:10%~20%/50代前半:5~10%/50代後半:5~10%/60代:1%といった割合でした。

20代後半と40台前半の割合がさほど変わらず、AGAの発症率と比較すると25歳頃からのAGAの悩みが深刻に受け止められていることが伺えます。クリニックによっては10代、70代、80代でも1%に満たない数字ですが、来院している人もいるようです。AGA以外の薄毛治療にも対応しているので必ずしもAGAとは限りませんが、AGA専門のクリニックとさほど大きな差は見られないようです。

AGAの発症は何歳から?

年齢別の特徴を見てきましたが、クリニックのデータを見ると特に20代後半もAGAの発症率が増加する一つのポイントとなっているようです。AGAの発症年齢は25歳を一つの目安と考えて良さそうです。

男性の髪の量は20代がピークと言われているので、25歳頃から(特に不摂生している人は)生活習慣全般の見直しなど何らかのケアを考えていく必要があるかもしれません。

Thumb20代からのAGA治療方法7選!若ハゲになる原因と対処方法は?

AGAの発症年齢が低年齢化?

若い年齢でもAGAを発症する男性が増えてきたようです。若はげとも呼ばれますが、AGAの認知度が高くなったことも一因かもしれません。学割を実施しているクリニックもあるほど、AGA治療は学生にも需要のあるようで、それだけAGAに悩む男性が低年齢化したとも考えられます。

25歳~30代頃からAGA発症の可能性がありますが、さらに若い男性でもAGAを発症するのは遺伝的要因が大きいと考えられます。特に母方の祖父から遺伝しやすいと言われています。またストレス、食生活の乱れも髪の健康、さらに男性ホルモンの増加とも関わっていることかが、AGAの発症につながることも指摘されています。

SNSの発達、情報過多な現代社会は、スマホを使いこなす若い男性ほどストレスがかえって増える原因になってしまったことも考えられます。

若はげがAGAとは限らない?

若はげは若くして髪が後退し始める現象なので若はげはAGAのことを指していると考えて良いようです。しかし若はげかと思ったら実は全頭性/汎発性脱毛症(円形脱毛症の一種)だったり、炎症性の脱毛症、病気が原因ということも考えられます。

若はげにも発毛剤(※)は効果がありますが、もしAGAでなかったら市販の発毛剤を使っても効果がないので注意してください。※発毛剤は年齢、心臓、血圧など異常がある場合など制限があるので、使用上の注意をよく読んで使いましょう。

Thumb円形脱毛症の原因と治療方法を解説

AGAを発症する前兆は?

抜け毛が増えてきたり、髪のボリュームがなくなってきた、ハリやコシがなくなったなど髪質の変化を感じたらAGAの前兆かもしれません。また朝のスタイリング時に髪のセットが決まらないのも髪質や本数に変化があったと考えられ、AGAの前兆とも考えられます。頭頂部を鏡でチェックしてみましょう。

おでこが広くなってきたときもAGAの前兆?と不安になりますよね。クリニックでAGAの診断基準に利用されているハミルトン・ノーウッド分類の修正版「高島分類」によると、頭頂線~生え際の長さが2cm以内でAGA(M字ハゲ)と判断されるそうです。

Thumbチャップアップはつむじハゲ(頭頂部)にも効果的⁉【徹底検証】

AGAの前兆・発症があったとき、何歳からでもできる対策法とは?

AGAの前兆や発症が見られたときに、年齢にかかわらずできる対策は生活習慣の改善でしょう。AGAは30代頃からじわじわと増えてくるようですが、25歳ごろから発症の可能性があります。

髪に栄養を与えるため、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。特にタンパク質、ビタミンB群、亜鉛は育毛に良いと言われています。睡眠不足は髪の成長を促す成長ホルモンの分泌を妨げます、適度な睡眠時間と快眠を心がけましょう。

AGAの前兆?と疑われるような髪の変化があったとき、育毛剤の使用と頭皮マッサージもおすすめされています。頭皮の血流を良くすることで育毛、発毛の促進が期待できます。

Thumb育毛剤は何歳から使って良い?年齢と薄毛対策について【まとめ】

AGAの発症年齢と重症度の判定

AGAは、原因である男性ホルモンDHTが関わっているため、男性ホルモン分泌が活発になる思春期以降、そして加齢などの因子も加わり、その発症率が徐々に上がります。日本人は男性だと20代で10%、30代で20%、40代で30%、50代で40%、、と加齢とともに可能性がどんどんあがっていきます。だいたい50代を差し掛かったあたりで、決定的な段階(ヘアサイクルの終焉)の状態となることが一般的です。AGAの進行度の重症度の判定には、「ハミルトン・ノーウッドの分類」によって、薄毛の視覚的な形状パターンによってある程度把握できます「軽症」「中等症」「重症」の3分類です。AGAガイドラインではこの重症度によって治療の方針を変えることが推奨されています。もちろん、女性もFAGAという別称で、AGAになる場合があります。女性の場合は、よくいわれるのが「更年期」を境に体内のエストロゲン(女性ホルモン)が減少し、AGAが発症するというケースです。

しかしこの更年期も一般的な40代に起こるといわれていますが、30代半ばで起こる「プレ更年期」というのもあり、油断は出来ないです。男性の場合とは違い、女性のFAGAの場合はまだまだ未解明なことが多いのも事実です。男性ホルモンとの関連性も医学的な証明がなされていません。そのため、「フィナステリド」や「デュタステリド」などの男性用のAGA治療の内服薬は女性には有効とされておらず、治療に適応されません。一応、FAGAの診療ガイドラインでは「ミノキシジル」が有効とされています。このミノキシジル外用薬も男性と女性では、薦められているミノキシジル配合量が異なり、「男性では5%」「女性では1%」です。なおFAGA版の「ハミルトン・ノーウッドの分類」も勿論あります。

Thumb女性のAGA(FAGA・女性男性型脱毛症)の治療・改善法7選紹介!

AGA治療は何歳から?年齢制限がある?

AGAを発症したら、早めにAGA治療を開始すれば改善も早いと言われています。25歳~30代男性でAGAクリニックに通院している人も多いようです。AGAの進行が進む前に早めに取り組むのが良いでしょう。

AGA治療に厳密な年齢制限はないようですが、治療薬には年齢制限があるので、その点で治療内容が限定される可能性があります。

AGA治療薬は何歳から可能?

AGA治療の治療薬には、プロペシア、ミノキシジルが使われています。どちらも年齢制限があり、20歳から服用・使用できます。未成年は利用できません。ただし年齢を満たしていても心臓、腎臓、肝機能など異常がある場合使用が制限されることがあります。

プロペシアやミノキシジルでは10代の人は年齢制限があるため服用できませんが、女性のびまん性脱毛症の治療薬パントガールは年齢が12歳以上で服用できます。初期のAGA治療でも処方されることがあります。

Thumbプロペシアの効果を写真で検証〜前髪/生え際から発毛するまで

【まとめ】低年齢化しているAGA、前兆が見られたら対策を!

日本人の3人に1人がAGAを発症していると言われています。年齢別では40代で3人に1人、60代で半数以上がAGAを発症しているそうです。しかしクリニックでAGA治療を受けている25歳~30代の割合が高いことから、若い人でAGAに悩む人が少なくないことが伺えます。

AGAの前兆・発症が見られたら早めに対策をするのが重要です。生活習慣の改善と、発症している場合はAGA治療を早めにスタートすることで、より早く改善することが期待できます。特にAGAの遺伝の心配がある男性は、25歳を過ぎたら定期的に髪や頭皮の状態をチェックをすると良いでしょう。

何歳からでも早すぎることが無いaga予防・対策

AGA対策なら育毛サロン、クリニックに通うのが近道です。現在はサービスが充実しており、以前に比べても気軽に通えるようになっています。しかし、本格的に通院するとなると、通院時間や費用の負担も少なからずかかってくるのも事実、そんなコストのことを考えると、気が進まないという方も当然いらっしゃると思います。そんな方にお勧めなのが、自宅での育毛剤を使った頭皮ケアです。これまでも申し上げた通り、AGAの進行度が深刻になる前に、今回ご紹介しますチャップアップなどの育毛剤で予防を行なうことも、とても有効な対策です。

無添加な上、AGA関連医師がもっとも支持している育毛剤

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

AGA関連医師がもっとも支持しており(支持率ランキング1位)、推奨している育毛剤です。男女兼用、100%無添加で天然由来の育毛成分83種類、これは業界最大級です。

今、チャンス初回56%OFF!

チャップアップの大きなメリットは、体に害が及ぶような香料や刺激物が配合されていないことです。100%無添加であるために、使用時に副作用はほぼ起こらないと言われています。その上、多くの自然由来成分を主体として有効な育毛成分を83種類も配合しています。センブリエキス、ドクダミエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキスなどの有効成分は有名ですが、グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCも配合しています。AGAの他、様々な薄毛症状をカバーします。その効果が話題を呼び、メディアにもたびたび取り上げられた実績を持つ発毛剤。また、口コミ人気の高さからも分かる様に、顧客満足度が高い製品でもあるのです。ハゲケンも自信をもって推してます。是非!

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

AGAの前兆についてもっと知りたいあなたへ

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】
Thumbつむじはげの前兆を自己診断!判断基準は?早めに気づいて対策を!
Thumb若ハゲの前兆をチェック!こんな現象があったら要注意【対策方法あり】
Thumb頭皮にニキビはAGAの前兆って本当⁉原因と治療の効果!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事