AGA(男性型脱毛症)のガイドライン徹底解説!【薄毛必見】

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人も多いと思いますが、AGAのガイドラインが存在するのをご存知でしょうか。AGAのガイドラインには奨励される対策や治療薬が記載されているものですが、AGA治療において参考にしたいAGAのガイドラインについて詳しく解説します。

目次

  1. AGAのガイドラインを徹底解説!
  2. なぜAGAのガイドラインが存在する?
  3. AGAガイドラインの基準や分類
  4. AGAガイドラインで推奨されている治療法・対策
  5. AGAガイドラインA評価: 効果期待値大
  6. AGAガイドラインB評価: 一般的に効果アリ
  7. AGAガイドラインC2評価: 根拠が出来なくて治療不能
  8. AGAガイドラインD評価:行うべきではない
  9. AGAガイドラインの分類の条件
  10. AGAガイドラインで推奨されている「ミノキシジル5%」
  11. AGAのガイドラインを参考に行う薄毛対策
  12. 【まとめ】AGAのガイドラインを参考に薄毛治療を!
  13. AGAガイドラインに沿ったおすすめの育毛剤はある?
  14. AGAの治療についてもっと知りたいあなたへ

AGAのガイドラインを徹底解説!

薄毛の中でもAGA(男性型脱毛症)に悩まされている人は多いと思いますが、AGAの診療ガイドラインというものが存在し、どのような治療法・対策が存在し、どのような効果があるのかなどがわかるとされています。AGAが治るまでに様々な対策を試行錯誤して行う人も多いと思いますが、より効率的にAGAを改善できるように、今回はAGAの診療ガイドラインやその中で奨励されている治療法・対策について詳しくみていきましょう。

agaのガイドラインは医師の意見を参考に

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

  • コストパフォーマンスよし
  • 全国各地にクリニックあり
  • プライバシーにしっかり配慮

コストパフぉーマンス抜群のクリニックを今すぐ体験

agaのガイドラインはそれぞれ詳しくありますが、奨励されている治療法を受けるためには専門医のアドバイスをうけましょう。AGAスキンクリニックは全国各地にクリニックがあり、また多種多様な治療法に精通しているためその人に合ったaga治療をすることができます。

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

なぜAGAのガイドラインが存在する?

agaが分からない人のために解説

AGAは男性型脱毛症という名前でも知られていますが、AGAの主要原因は男性ホルモンだとされており多くの男性を悩ませているようです。男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼが結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成されてしまうようですが、このDHTが過剰分泌されてしまうと脱毛につながり、AGAが進行してしまうようです。

AGAが治るために効果的とされる治療薬や対策は多いものですが、それぞれ効果や副作用が異なり、自分に合った治療法がわからず途方に暮れている人もいることでしょう。今回はそんなときにぜひ参考にしたいAGAの診療ガイドラインの概要や基準についてみていくとともに、奨励されている具体的な治療法もご紹介していくので、AGAに悩んでいる人は必見です。

Thumbジヒドロテストステロン(DHT)は薄毛の原因?減らす方法9選!

AGAガイドラインの基準や分類

AGAは男性型脱毛症としても知られていますが、その原因は男性ホルモンにあるとされ、AGAが治るためには男性ホルモンへの働きかけが重要であるとされています。AGAの治療法と言ってもさまざまなものがあり、AGAの診療ガイドラインを参考に自分に合った方法でAGAを治療したいものですが、ここではそんなAGAの診療ガイドラインの基準や分類について主要なポイントをおさえておきましょう。

AGAのガイドラインは論文に基づき皮膚科学会が選定?

AGAの診療ガイドラインは、日本皮膚科学会が定めているものですが、実は基本的に医師向けに決められたもののようです。したがって誇大広告などに踊らされてあまり効果の期待できないAGA治療に時間や費用を無駄に投資してしまわないように選定されているともいえ、多くの研究を元に発表された学会の論文などに基づいているようです。

従って、妙な噂などに惑わされることなくあくまで科学的見地から効果的とされ奨励できる治療法・奨励できない治療法などが記載されていると言えるでしょう。AGAに悩む人の中にはどのような治療を行えばよいかわからないという人も多いでしょうが、科学的根拠に基づいたAGAの診療ガイドラインを参考にすることで、効率的なAGAの改善につながるかもしれません。

AGAのガイドラインで治療法は5段階に分類?

AGAの診療ガイドラインは日本皮膚科学会が科学的な根拠を示した論文などに基づいて作成しているということで、AGAの治療法・対策の安全性や効果についてチェックすることができるかもしれません。そんなAGAの診療ガイドラインでは、治療法・治療薬を5
段階の評価
で分類しており、評価が高い治療法・治療薬の方が奨励されているようです。

AGAの診療ガイドラインでは

  • A
  • B
  • C1
  • C2
  • D
の5つの評価段階があるようですが、Aの治療法・治療薬がAGAが治るための対策として奨励されているのに対し、Dの治療法は奨励されていないようです。しかし、中にはBやC1の評価を受けている治療法・治療薬によってAGAが治るというケースもあるとされ、効果的な治療法・治療薬には個人差があるようです。

実際に病院やクリニックを受診して診療を受ける際に、医師はAGAの診療ガイドラインに基づいた診療を行うとされています。病院やクリニックでは問診と視診を行うところが多いようですが、家系について聞いて遺伝的な要因を調べたり、視診や触診によって男性型脱毛症の進行具合をチェックしたりして、治るために必要な対策を示してくれるようですね。

ThumbAGAセルフチェックで薄毛危険度診断?あなたのハゲレベルは大丈夫?

AGAガイドラインで推奨されている治療法・対策

多くの人を悩ませているAGAですが、AGAが治るまでには個人の体質や薄毛の症状に合った効果的な治療を行う必要があるでしょう。医師はAGAの診療ガイドラインに基づき診察を行うようですが、AGAに悩んでいる人もガイドラインについて把握しておくことで、より効率的な対策を行うことができ、AGAが治るのが早まるかもしれません。ここではそんなガイドライン内で奨励されている治療法・治療薬についてみていきましょう。

AGAガイドラインA評価: 効果期待値大

AGAの診療ガイドラインでは、複数の治療法・治療薬が5段階評価に分類されていますが、最も高いA評価を受けている治療法・治療薬としてはミノキシジルの外用(男女)フィナステリドの内服(男性)が挙げられます。A評価を与えられているこれらの治療薬の使用は「強く勧められる」とされており、AGAが治るために効果的な働きをしてくれるようです。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、高い発毛効果をもつとされる成分ですが、有名な市販発毛剤のリアップにも含まれています。リアップはドラッグストアなどでも入手できますが、ミノキシジルの使用によって血圧への影響や多毛症などの副作用が懸念されるケースもあるということで、その効果とともに副作用のリスクも把握しておきたいものです。

フィナステリドは、AGAの原因となる男性ホルモンの抑制効果がある成分とされ、含有した治療薬としてはプロペシアが有名です。プロペシアなどを使用することで男性機能への副作用が起こり得るようですが、原因に対処できる治療薬としてAGAが治るために効果的に働いてくれるかもしれません。尚、女性はフィナステリドを使用することができないようです。

ThumbAGA治療薬ミノタブの効果や副作用は?ミノキシジルタブレットをまとめ!

AGAガイドラインB評価: 一般的に効果アリ

アイテム
アイランドタワークリニックの画像
アイランドタワークリニック

  • 自毛植毛国内シェアNo1
  • プライバシーにもしっかり配慮
  • コスト的には一考の余地あり

国内シェアNo1クリニックを今すぐ大権

自毛植毛はAGAのガイドラインにおいてB評価を受けており、「行うことが勧められる」治療法のひとつのようです。自毛植毛とは薄毛部分以外の自分の髪の毛を薄毛が気になる部分に移植する治療法です。AGAの症状としてM字はげなどに悩む人も多いですが、後頭部の髪の毛を生え際周辺に移植することなどでAGAの悩みを解決できるかもしれません。

ガイドラインでは植毛後に髪の毛がしっかりと生え変わる生着率は82.5%以上とされています。自毛植毛は一度手術に成功し定着するとその後髪の毛が半永久的に生え変わるため根本的なAGAの治療法のひとつとされ、また人工植毛とは違い定着後は煩わしいアフターケアなども必要ないようですね。

しかし、クリニックごとに植毛方法や医師の技術に差があり、体質や薄毛の症状によっても結果に違いがあるかもしれません。また、手術費用が他の治療法と比べてかなり高く、万人が実践できる治療法ではないかもしれません。しかし、手術に100万円以上かかったとしても裏を返せばランニングコストがかからず経済的と捉える人もいるようですね。

AGAガイドラインC1評価:効果にあまり根拠がない

AGAのガイドラインにおいてC1評価を与えられている治療法は、A評価やB評価の治療法・治療薬に比べると劣るとされ「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠はない」と定められている治療法のようですね。

C1評価を与えられている治療法は多く、塩化カルプロニウム外用t-フラバノン外用アデノシン外用サイトプリン・ペンタデカン外用ケトコナゾール外用などが挙げられます。これらの成分が含まれた市販育毛剤・シャンプーなども数多く販売されていますが、ガイドラインにおいては既述の治療薬・自毛植毛に比べると奨励できないようです。

しかし、中にはC1評価を与えられている上記のような治療法によってAGAが治るケースもあるようです。どのような治療法が効果的かには個人差があるとされていますから、自分の体質や薄毛の症状も考慮し、同じ成分が含まれる商品を比較する際にもその濃度他の成分口コミでの評判などを比較し総合的に判断するとよいかもしれません。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

AGAガイドラインC2評価: 根拠が出来なくて治療不能

ここまでAGAのガイドラインでA評価・B評価・C1評価を受けている治療法・治療薬についてみてみました。ガイドラインでは他にC2評価とD評価を受けている治療法・治療薬があるため、そちらもチェックしておきましょう。それらの治療法は既述のものに比べると奨励されておらず、その理由なども把握しておきたいものです。

セファランチンはタマサキツヅラフジから抽出された成分であり、中国などでは古くから使用されてきた経緯があるようです。現在国内ではセファランチンを用いた外用薬の製造は行われていないようですが、AGAのガイドラインにおいては「根拠がないので勧められない」とされています。

しかしセファランチンは円形脱毛症の治療には効果的と言われており、AGAのガイドラインとは別に存在するガイドラインにおいてセファランチンは円形脱毛症の治療に奨励されている成分のようですね。

Thumb円形脱毛症の原因と治療方法を解説

AGAガイドラインD評価:行うべきではない

D評価を受けている治療法としては、女性のフィナステリド配合治療薬の使用、そして性別に関係なく人工植毛を行うことが挙げられます。既述の通りフィナステリドは男性ホルモンに作用する成分であり女性の使用は勧められておらず、特に妊娠中の女性は胎児への悪影響を考え、錠剤などに誤って触ることなどにも注意したいものです。

また、人工植毛も自毛植毛に比べ拒絶反応が起こってしまう可能性や植毛後の定期的なメンテナンスなどのデメリットから奨励されていないようです。これらの治療法はD評価を受けており、「行わないように勧められている」ようですから、AGAを改善する際にもこれらの治療法は避けるべきでしょう。

Thumb妊娠中でも育毛剤は使用できる?妊婦さんでも使えるおすすめ育毛剤10選!

AGAガイドラインの分類の条件

AGAガイドラインはどのような基準で分類されているのでしょうか。皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインと同じ推奨度で同じ分類基準となっています。素に分類の条件を挙げておきましょう。

①診断

AGAガイドラインの分類としてまず挙げられるのが診断をしてからという分類になります。実際に専門医がAGA患者を診察したうえでどんな治療法で対処していくのかを判断していきます。診断は2つに分けられ、視診と問診によるものになってきます。視診では毛髪の状態を総合的に判断していき、問診は家族にハゲがいないかなど遺伝的なことを聞かれます。

②:病態

AGAとは切っても切り離せない男性ホルモン。本来男性ホルモンは体の成長には欠かせない物質であり、外部から体を守るために、すね毛や胸毛を濃くする作用があります。しかし、頭頂部に限って言えばこれが逆に作用してしまうのは薄毛界では有名な話でしょう。AGAのガイドラインではこの男性ホルモンがどれほど頭頂部に作用しているのかも判断の対象になってきます。もちろん作用が大きければAGAが進行しているということになります。

③:懸念

AGAがどのような条件下で起こるのかを指します。通常の毛髪のサイクルでは休止期と呼ばれる毛が生えない時期が来ますが、それとは違いパターン化した脱毛が特徴となっています。日本人男性、女性は年を重ねるごとに症状が現れていくでしょう。これはデータとして参考になっていくので、もちろんAGAと分類するための一種の基準となっています。

ThumbAGAを皮膚科で治療する時の費用や医療費はどれくらい?

AGAガイドラインで推奨されている「ミノキシジル5%」

ミノキシジルは濃度を高めても効果はあまり変わらないのか

agaガイドラインでは男性用のミノキシジル外用は、濃度は5%までとしています。薄毛治療薬の外用を選ぶ上で「ミノキシジル配合の製品かどうか?」はとても大きな検討材料です。しかしこの「5%まで」という文言に対しては、「本当にそうなのかな?」と思っている方は多いと思います(筆者もその1人)また海外にまで視野を広げた場合、様々な浸透ロジックや成分を含んだミノキシジル外用もあります。フォリックスシリーズ(旧ポラリスシリーズ)やジェンヘアーシリーズは、大正製薬のリアップやロゲインと比較しても、とても高いミノキシジル濃度(15%以上)を含んでいますし、また人気も高いです。AGAガイドラインの範疇からは逸脱しますが、それでも試してみたくなる方は少なくないでしょう。

むやみにミノキシジルの濃度を高くするのは得策ではない?

リアップx5が国内でも最もミノキシジルの濃度が高い(5%)外用です。対して、海外のフォリックスシリーズの最上位に位置しているのがフォリックスFR16でミノキシジルが16%です。他、15%以上の製品多数。こちらの製品は個人輸入代行業者を通じて、さほど労力もコストもかからず入手できます。使用者の口コミをリサーチしてみました。「リアップx5とあまり変わらない」「3倍の効果というのは言いすぎ」などの、「濃度が上がっても大して効き目に違いが無い」という意見が多い傾向です。AGAガイドライン通り、むやみやたらとミノキシジル濃度を高くするのは得策ではなく、フィナステリド錠剤とあわせてバランスよくミノキシジル外用も使っていかないと、効果も出ないのかもしれないです。

ミノキシジル濃度は5%がベストという声が多数派

ちなみに、ミノキシジル濃度5%の外用は生え際には効き目が出にくいといわれています。それは生え際にAGAの原因である5αリクターゼのⅡ型が密集しているからです。(リアップの先発品ロゲインの説明書にも生え際の効果は未記載)フォリックスシリーズには生え際に効果ありいう説があるのですが、そもそもフォリックスにはフィナステリドが含まれているので鵜呑みにできないです。海外の製品を含めて、どのミノキシジル濃度が一番シェアを獲得しているのか?をリサーチしてみても、やはりミノキシジル濃度は5%がベスト、という声が多いです。臨床試験を行なった人数も、5%が多く信頼性が高いといえます。

Thumbカークランド社製のロゲイン・ミノキシジル5%配合の副作用は?【徹底検証】

AGAのガイドラインを参考に行う薄毛対策

ここまで、AGAのガイドラインについてその外用や条件についてみていくとともに、5段階評価で分類されている治療法・治療薬について具体的にみてきました。AGAのガイドラインではさまざまな治療法がそれぞれ評価を与えられており、奨励されているものもあれば奨励されていないものもあり、その効果や副作用は異なるようですね。

D評価を受けている治療法などは行わないように避けるべきかもしれませんが、A評価を受けている治療法よりもB評価やC1評価を受けている治療法で効果が現れるケースもあるとされ、AGA治療の効果には個人差があることを覚えておきたいものです。また、A評価を受けている治療法でも、副作用のリスクがあることを考慮した上で治療に臨みたいものです。

いずれにしても重要なのは、医師の診断のもとで適切な治療を行う、ということでしょう。また、20代などの若いうちからAGAを発症してしまう人もいるようですが、若いうちから対策を行う方が、AGAは治りやすいとされています。AGAの症状が気になっている人は、できるだけ早期から治療を行うことを心がけるとよいでしょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

【まとめ】AGAのガイドラインを参考に薄毛治療を!

今回はAGAのガイドラインやガイドライン内で取り上げられているAGAの治療法について詳しくみてきました。AGAのガイドラインは論文などに基づいて定められており、医師の診断の大きな基準にもなっているということで、現在AGAに悩んでいる人は参考にしたいものです。その上でAGA治療の効果には個人差があることを念頭に、自分に合った効果的な方法でAGAの改善を図っていきましょう。

ThumbAGA治療薬で海外で使われているものはどれ?効果は高いの?

AGAガイドラインに沿ったおすすめの育毛剤はある?

ここまでAGAのガイドラインについてみてきましたが、ガイドラインには記載されていない成分などが配合されていながらも、安全性・効果ともに高くAGAの改善に役立つアイテムもあるようです。A評価を受けている治療薬でも副作用のリスクがあることやB評価の自毛植毛は費用が高いなどのデメリットがあることなども踏まえ、ここでは副作用のリスクが低くAGAの改善効果もあるとして口コミでも評判の育毛剤をご紹介します。

AGAはチャップアップで治しましょう

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

  • 天然由来成分配合で副作用の心配なし
  • 使用感よしでサラサラ
  • モンドセレクション金賞他、受賞歴多数

今なら全額返金保証キャンペーン中

数ある育毛剤の中でも安全性の高いAGA対策を行えるとして口コミでも話題なのがチャップアップです。チャップアップは男女兼用の無添加育毛剤であり、余計な添加物が含まれていないため敏感肌の人などでも安心して使用できるとされています。一方で医薬部外品の育毛剤としてAGAの改善にも役立つような成分が豊富に含まれているようですね。

チャップアップには、抗炎症作用のあるとされるグリチルリチン酸ジフェンヒドラミンHC、血行促進作用のあるとされるセンブリエキスなどの有効成分が含まれています。さらに女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富でAGAの原因となる男性ホルモンに対抗できるとされるオウゴンエキスヒオウギ抽出液などの成分にも期待できそうです。

さらにチャップアップはサプリとセットの定期便が一回あたり9090円とお得であることや、無期限の全額返金保証がついていることなど、他の育毛剤と比べてもメリットが多いとされています。チャップアップを使用したことで薄毛が改善されたという口コミも多く、初めて育毛剤を使用するという方にもチャップアップはおすすめできる育毛剤のひとつです。

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

AGAの治療についてもっと知りたいあなたへ

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】
ThumbチャップアップはAGAにも効果的⁉成分から徹底検証!
Thumb薄毛に効果的なAGA治療薬人気ランキングtop10!【抜け毛対策】
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事