薄毛になる原因と髪のメカニズムを徹底調査!【毛根の仕組み】

薄毛の原因としてお酒やストレスなどがよく挙げられますが、それらの原因が薄毛になるメカニズムについてまで問われると、困る人も多いのではないでしょうか。そもそもどうやって髪は生えて、抜け毛や薄毛になるのでしょうか。今回は発毛と薄毛のメカニズムについてお伝えします。

目次

  1. 薄毛になる原因って?髪の生えるメカニズムを徹底解説!
  2. 髪の生えるメカニズムは?毛根の仕組みって?
  3. なぜ髪は薄くなる?薄毛になるメカニズムを解説!
  4. 男性の薄毛の原因は男性ホルモンDHT?
  5. 女性ホルモンの減少が女性の薄毛の原因?
  6. 栄養不足が抜け毛・薄毛の原因になる!
  7. 睡眠不足も抜け毛・薄毛の原因になる?
  8. ストレスは薄毛を招く要因がたくさんある?
  9. 頭皮のトラブルも抜け毛・薄毛の原因に!
  10. 薄毛の予防・改善対策法
  11. 【まとめ】髪の生えるメカニズムを知って、薄毛を予防しよう!

薄毛になる原因って?髪の生えるメカニズムを徹底解説!

髪が薄くなってきたら、男性ホルモンのせいとかストレスのせいだとか言いますよね。しかしなぜ男性ホルモンやストレスが薄毛になってしまうのでしょうか。そもそも髪はどうやって生えているのでしょうか。

髪はどうやって生えるのか、そのメカニズムを確認しつつ、さまざまな原因から薄毛になるわけを詳しく解説していきます。

Thumb男性ホルモンはハゲ・薄毛の原因?体毛と関係があるの?【徹底解説】

髪の生えるメカニズムは?毛根の仕組みって?

私たちの髪の毛は1か月で1cm程度成長します。ギネス記録では数メートルとか世界には10メートルを超えるすごい人もいるそうです。髪は普通は1日に50本から100本程度は抜けて、その分新しい髪が生まれているそうです。

いったい髪はどうやって成長したり、生えたり抜けたりしているのでしょうか。気になりますよね。そこで薄毛になる原因を確かめる前に、まずは私たちの髪の毛はどうやって作られて成長するのか、毛根の仕組み髪が成長するメカニズムについて見ていきましょう。

髪と毛根の仕組み

髪の毛は皮膚に埋まっている毛根と、表皮から外に出ている毛幹の部分に分けられます。髪が抜けない限り毛根部分を見ることはないですよね。毛根の下側の先端部の、膨らんだ部分を毛球と言います。毛球のへこんだ部分に毛乳頭、毛乳頭の上側に毛母細胞があります。

毛根を包む組織を毛包といいます。毛包は表皮が内側に入り込んだ部分で、毛穴は毛包の目に見える部分です。

Thumb抜け毛の毛根が白い?白の塊の正体とAGAの関係!【毛髪チェック】

髪はどうやって成長するの?

髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。18種類のアミノ酸から構成されていて、私たちの爪も同じケラチンでできています。

毛細血管から毛乳頭に運ばれたアミノ酸は真皮細胞となり、頭皮の下に落ち込んだ表皮に包まれて毛母細胞へと作られていきます。毛母細胞は分裂する過程でケラチンを作り、さらにメラニン(色素細胞)を作ります。メラニンを受け取って毛母細胞が分裂し、ケラチンと結合して髪の毛となります。

毛母細胞が分裂するたびに髪が表皮へと押し出されて、髪の毛が成長していきます。これが髪が成長するメカニズムです。

ヘアサイクル

肌が生まれ変わるように髪も生まれ変わります。髪の生え変わりの周期をヘアサイクルと呼び、ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期という3つの時期があり、髪が生えて成長し、抜けてしばらくするとまた生えるというサイクルが繰り返されます。

通常はヘアサイクルのほとんどが成長期の期間で、男性で2~6年、女性で3~6年程度とされています。髪の成長が止まる退行期は2~3週間、自然脱毛し、次の髪が生えるのを待つ休止期は3か月程度です。休止期が過ぎればまた成長期を迎える、というサイクルが繰り返されます。

記録的な髪の長さを持つ人たちのヘアサイクルの成長期は、20年とか30年ぐらいあるのかもしれません。

ヘアサイクルは髪によって時期がずれています。そのため通常は一斉に髪が生えたり抜けたりすることはなく、成長期の髪も退行期や休止期の髪も混在している状態です。

Thumbヘアサイクルとは?髪の毛の周期を改善・正常化すれば抜け毛は減る?

なぜ髪は薄くなる?薄毛になるメカニズムを解説!

髪の成長するメカニズムについて確認しました。それではなぜ頭頂部や生え際の髪が薄くなってしまうのでしょうか。特に頭頂部の薄毛は男性も女性も気になりますよね。後頭部の髪は薄くならないのも不思議です。なぜ髪が薄くなってしまのか、そのメカニズムについてもお伝えしていきます。

ヘアサイクルの乱れ

健康な髪のヘアサイクルでは成長期の期間が長く、ヘアサイクルの90%が成長期の期間になります。ところが何らかの原因成長期が短くなってしまったり、成長期から休止期へ移行してしまうことで、髪が十分に成長しないまま抜け落ちてしまいます。

ヘアサイクルが乱れる原因

ヘアサイクルが乱れる原因として挙げられるのは、加齢、遺伝、ホルモン、生活習慣などが挙げられます。加齢とともに細胞も老化して、毛母細胞の分裂も活発に行われなくなります。

薄毛になる遺伝子はホルモン自己免疫疾患とも関わっています。ある種の男性ホルモンは髪を脱毛する働きがあり、ヘアサイクルの成長期を短縮してしまいます。自己免疫疾患は髪を異物として攻撃してしまうことで髪が抜けてしまいます。

生活習慣が良くないと血行不良栄養不足を招きます。特に頭皮の血行が悪いと栄養が毛乳頭細胞へ十分届けられません。栄養不足も同様です。栄養が足りなければ、毛母細胞も活発に分裂して健康な髪を育てることができず、抜け毛や薄毛へとつながっていきます。

毛包幹細胞の働きが不活発になるのも原因?

毛球と表皮の間にバルジ領域という場所が存在します。バルジ領域には髪を作る毛包幹細胞があります。毛包幹細胞は毛母細胞などの髪に関わる細胞の元になる細胞です。毛包幹細胞の働きが悪くなるとヘアサイクルの異常が起こると言われています。活性化した幹細胞を頭皮に注入することで、発毛を促す治療も行われています。

Thumb加齢によるハゲは老化現象でAGAとは違う⁉違いや原因・治療法!

男性の薄毛の原因は男性ホルモンDHT?

「男性ホルモンが多いとハゲる」という説を聞いたことがあるでしょうか。男性ホルモンと言えば男性らしさを象徴するホルモンで、男性らしい体格や闘争心を作るのも男性ホルモンの作用とされています。

男性らしさが増えることで薄毛になってしまう?と日々トレーニングに励んでいる男性は心配になるかもしれませんが、必ずしも男性ホルモンで薄毛になるわけではなく、特にある種の男性ホルモンが薄毛と関わっているようです。

男性のAGAの症状とメカニズム

男性ホルモンのほとんどはテストステロンというホルモンです。このホルモンで薄毛になることはありませんが、テストステロンが毛乳頭にある還元酵素にジヒドロテストステロン(DHT)に変換されてしまうことがあります。

男性ホルモンDHTは俗に脱毛ホルモンとも呼ばれ、前頭部から頭頂部の髪のヘアサイクルを乱し、抜け毛や薄毛の原因となります。このようにして薄毛になる男性の脱毛症が男性型脱毛症(AGA)です。

ThumbAGAは克服できる⁉治療期間は?体験談から徹底検証!

頭頂部や生え際の髪は薄くなりやすい?

男性型脱毛症(AGA)進行性の脱毛症です。後頭部の髪は残したまま、前頭部や頭頂部から髪が薄くなって、M字ハゲやつむじハゲなどと呼ばれることもあります。

AGAの進行を止めるべく、育毛剤や発毛剤で薄毛の改善状況を記録に残し、ブログなどで公開している人たちもいます。ブログを拝見するとやはり頭頂部や生え際の薄毛ばかりで、後頭部が薄い人はあまりいないようです。

これは男性ホルモンDHTを作る酵素が、後頭部より前頭部から頭頂部に多いために起こります。つまり後頭部より前頭部から頭頂部は男性ホルモンDHTの影響を受けやすいため、髪が薄くなりやすいということを示しています。

ThumbDHT(ジヒドロテストステロン)がAGAの原因⁉抑制方法やメカニズムを徹底解説!

女性ホルモンの減少が女性の薄毛の原因?

女性ホルモンは女性らしい体型を維持するホルモンですが、髪にも影響があるようです。特に女性ホルモンが何らかの影響で減ってしまうと、抜け毛が増えたり薄毛になってしまうそうです。どのようなメカニズムで女性ホルモンの減少が薄毛につながっていくのでしょうか。

女性ホルモン減少が薄毛を招くメカニズム

女性ホルモンのエストロゲンは、髪を育てる作用のあるホルモンです。女性のヘアサイクルの成長期が男性より長いのは、エストロゲンのおかげと言われています。ところが女性ホルモンの分泌量が減少し、エストロゲンの髪への影響が弱くなると、髪の成長が不十分になり薄毛となってしまいます。

女性の場合頭頂部の分け目を中心に髪が薄くなったり、全体的に髪が薄くなって側頭部や後頭部の地肌の透けも気になることがあります。

Thumb女性のM字はげの原因は女性ホルモン?改善・対策方法のまとめ

女性ホルモンが減少する原因

女性ホルモンの減少加齢が大きな原因となります。女性ホルモンの分泌は30代半ばごろをピークに減少していき、特に更年期を迎える頃に大きく減少し、男性ホルモンが優位になってヘアサイクルが短くなってしまいます。女性も男性ホルモンDHTの影響を受け、女性男性型脱毛症(FAGA)になることがあります。

また出産でも妊娠中に増加していた女性ホルモンの分泌量が激減するため、髪が薄くなることがあります。妊娠中は成長期がホルモンの影響で延長されていた髪が、休止期に移行してごっそりと髪が抜けるので、驚く女性が多いようです。

Thumb妊娠中の薄毛の原因は⁉妊婦の髪が抜ける対策・予防方法まとめ!

栄養不足が抜け毛・薄毛の原因になる!

栄養不足も薄毛の原因の一つと言われています。ちゃんと食べているつもりでも髪に必要な栄養素が不足していれば健康な髪が育たないかもしれません。また必要な栄養を摂取していても「栄養不足」状態になることがあるようです。栄養不足と薄毛の関係について見ていきましょう。

栄養不足が薄毛を招くメカニズム

毛乳頭は毛細血管から栄養を受け取って毛母細胞の分裂を促します。しかし栄養が足りないと毛母細胞の分裂が不活発に、髪が作られにくくなります。

髪の主成分ケラチンアミノ酸から作られています。アミノ酸はタンパク質を構成しているものです。タンパク質を摂取すれば大丈夫?かと思われますが、ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されており、そのうち9種類は必須アミノ酸という体内で合成できないアミノ酸です。

必須アミノ酸をしっかり摂取できるようタンパク質を含む食品もバランス良く摂らないと、髪にとって栄養不足ということになります。またタンパク質から髪が作られるにはビタミンやミネラルの助けも必要です。

ビタミンやミネラルにはいろいろな作用がありますが、細胞分裂を活性化する作用もあります。つまりビタミンやミネラルの摂取により、毛母細胞が活発に分裂し、髪の成長を促すということです。栄養バランスの良い食事は体だけでなく、髪の健康にとっても重要です。

栄養不足の原因

無理なダイエットや偏食は栄養不足になりやすいので注意しましょう。ダイエット中の人は食事の記録をつけて、栄養バランスにも注意すると良いでしょう。

またアルコールの飲み過ぎは髪の生成に必要なアミノ酸を消費し、ビタミンや亜鉛などの栄養素の吸収を阻害します。喫煙も血流が悪くなることで抹消まで栄養が行き渡らず、体内のビタミンCを破壊します。

Thumb髪に必要な成分とは?食事やサプリでとれる栄養素!【育毛対策】

睡眠不足も抜け毛・薄毛の原因になる?

寝不足も薄毛の原因と言われています。確かに寝不足は身体の疲労や顔にも疲れが現れますが、髪が抜けるほどのことなのでしょうか。睡眠不足が薄毛になるメカニズムについても確認してみましょう。

睡眠不足が薄毛を招くメカニズム

睡眠量が不足すると血管が収縮し、血流が悪くなることで頭皮まで栄養が運ばれにくくなります。そして髪の成長にとって重要な成長ホルモンの分泌量が少なくなります。臓器など生命維持に必要な方へエネルギー供給が優先され、寝ている間に頭皮の細胞が十分回復できなくなります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンとは?

寝る子は育つといいますが、寝ている間は成長ホルモンの分泌量が増加し、体の細胞が修復されます、肌も髪も健やかに育ちます。成長ホルモンの分泌量を記録したところ、睡眠後1~3時間が最も多く分泌され、その後も何度かホルモンの分泌量が増えるサイクルがあります。

さらに成長ホルモンの分泌量を記録したわかったことは、浅い眠りは成長ホルモンの分泌量が少なくなることです。睡眠時間の不足、そして浅い眠りは成長ホルモンの分泌を妨げる原因に、髪の成長を損なう可能性があります。

Thumb髪に睡眠不足は良くない!寝る時間はいつがベスト?【抜け毛対策】

ストレスは薄毛を招く要因がたくさんある?

ストレス円形脱毛症になった、という話はよく聞きますよね。円形脱毛症は頭頂部だけでなく後頭部や側頭部でも円形状に脱毛する症状です。円形脱毛症以外にもストレスは抜け毛や薄毛、白髪などの原因にもなるそうです。いったいストレスがどのように作用して、さまざまな髪のトラブルを招くのでしょうか。

Thumb円形脱毛症の原因と治療方法を解説

ストレスが薄毛を招くメカニズム

ストレスは自律神経系を乱し、交感神経の働きが活発になります。交感神経優位になると血管が収縮し、血行不良になります。頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、髪の成長を妨げます。

頭頂部や後頭部でも脱毛の起きる円形脱毛症は、自己免疫機能が原因とも言われていますが、ストレスがかかると後頭部下側の僧帽筋(首の後ろの筋)の血行不良が起き、それが頭頂部、側頭部、後頭部の脱毛を招くとも言われています。

交感神経優位になると体が緊張状態になり、浅い眠りになりやすいです。浅い眠りは成長ホルモンの分泌量の減少を招きます。

体がストレスを感じると、抗ストレスホルモンのコルチゾールにより男性ホルモンの分泌量が増加します。男性ホルモンが増えると皮脂分泌量が増加します。頭皮の皮脂分泌量が増えることでまれにですが脂漏性脱毛症を招くことがあります。

さらに男性ホルモンの分泌が増えることで、ホルモンバランスの乱れが生じるとも言われています。女性は特にホルモンバランスが乱れることで男性ホルモンの影響を受けやすくなり、抜け毛や薄毛になる可能性が高くなります。

このようにストレスはさまざまな薄毛の症状の原因となり得ます。ストレス対策をしないと薄毛だけでなく心身にもさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

Thumb将来はげる人の特徴にはストレスが関係する?若はげやM字はげの特徴も解説

頭皮のトラブルも抜け毛・薄毛の原因に!

頭皮トラブルは薄毛の原因になると言われています。頭皮トラブルにもベタつきや乾燥、かゆみやフケなどさまざまな症状がありますが、どのような症状が薄毛を招いてしまうのでしょうか。

頭皮トラブルが薄毛を招くメカニズム

薄毛の改善には「頭皮環境の改善」とよく言われます。髪に隠れてわかりづらいのですが、頭皮は汗をかきやすく、皮脂の分泌も多い場所です。皮脂分泌が多い場所なのに皮膚のバリア機能が弱く、水分を保持する力も弱いです。

頭皮は皮脂が多ければマラセチア菌皮膚ダニの繁殖、乾燥すれば肌のバリア機能が弱って刺激に弱い肌になり、炎症も起こりやすくなります。脂性肌でも乾燥肌でもフケやかゆみの症状は起こりやすく、炎症で毛根が傷つき抜け毛や薄毛になることもあります。品質の良い育毛剤や発毛剤を使っても、頭皮環境が悪ければその効果も現れにくくなります。

頭皮トラブルの原因

頭皮がベタつくのは、整髪料の使い過ぎシャンプーが合っていないことシャンプーの回数が少ないこと、夜寝る前にシャンプーをせず、朝短時間でシャンプーをして洗い足りなくなっていることなどが考えられます。

逆に頭皮が乾燥するのはシャンプーでの洗いすぎシャンプーの洗浄力が高すぎること外気やエアコンの風紫外線の影響も考えられます。シャンプーの洗い残しパーマ液やカラー剤頭皮トラブルの原因になります。

Thumbおすすめの発毛・育毛シャンプー人気ランキング!【市販品あり】

薄毛の予防・改善対策法

発毛と薄毛のメカニズムを見てきましたが、薄毛の予防・改善をするにはどのような対策を行ったら良いのでしょうか。まずは今まで見てきた薄毛の原因を取り除く対策、さらに髪の成長を促すプラスアルファの対策が必要でしょう。薄毛の予防・改善対策法を以下にご紹介します。

生活習慣の改善による対策

栄養バランスの良い食事と、良い睡眠のとり方をすることが、髪の健やかな成長を促します。ダイエット中の人は食事記録をつけるなどして栄養に偏りがないかチェックしてみましょう。

髪を育てる成長ホルモンは、その分泌量の記録から適度な睡眠時間と深い眠りが必要なことがわかっています。夜更かしをせず寝る時間を決めて、睡眠不足にならないようにしましょう。また寝る2時間前の入浴は深い眠りを誘うそうです。

Thumb薄毛対策は生活習慣から⁉今からできる簡単改善方法10選!

ストレス解消による対策

ストレスが原因で血行不良、皮脂分泌の増加、睡眠障害などが生じ、薄毛を招きやすいです。体を動かしたり、友人と遊びに行く、適度に休憩を入れてオン・オフの切り替えをするなどストレス対策をして、ストレスをなるべくためないようにしましょう。

シャンプーで頭皮環境対策

頭皮が乾燥肌の人は、低刺激なアミノ酸系シャンプーで洗うようにしましょう。洗い過ぎは乾燥を悪化させます、シャンプーは1日1回にしておきましょう。乾燥対策に頭皮用の化粧水もおすすめです。脂性肌の人はクレンジングシャンプーを使って、頭皮の皮脂対策を行うと良いでしょう。

Thumbアミノ酸シャンプーは薄毛改善に効果あり⁉ハゲ予防に!【口コミあり】

育毛剤やマッサージによる対策

育毛剤は育毛対策、抜け毛予防対策、さらに頭皮環境を整えフケ・かゆみの予防にもなります。薄毛予防とすでに薄毛が気になり始めた人にもおすすめです。育毛剤の後はマッサージをして頭皮の血行促進を図りましょう。髪のヘアサイクルは長いのですぐに育毛効果は現れないかもしれません、毎日継続して行うことがおすすめされています。

マッサージは両手の4本指を頭皮の耳上に置いて、頭頂部へ向けて押し上げるようにマッサージします。耳の後頭部側も同様にマッサージします。頭頂部付近の頭皮も頭頂部に寄せるようにマッサージします。

頭頂部にあるツボの百会、後頭部生え際のツボの天柱、同じく後頭部の天柱より指1本分外側に位置するツボの風池などのツボ押しも血行促進効果と抜け毛・薄毛に効くと言われています。後頭部側のツボは親指を使うと押しやすいです。

モチベーションを上げるために、薄毛の改善状況を記録につけるのもおすすめです。スマホや携帯のカメラで簡単に写真記録を残したり、気になること(髪質が変わったなど)があればコメントも記録に残しておくと良いでしょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

治療による対策

薄毛の症状はAGAクリニック、薄毛治療専門クリニック、脱毛症専門外来などで治療が可能です。クリニックによって治療内容、対応している脱毛症が異なります。治療法には治療薬(内服・外用)、育毛メソセラピー、自毛植毛、HARG療法、幹細胞再生療法などがあります。近い将来iPS細胞を利用した再生医療も実用化される予定です。

治療薬を使った治療は最も一般的な方法です。男性のAGAではミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)が処方されます。いずれも頭頂部の薄毛に効果的ですが生え際の薄毛には効果が薄いようです。

生え際の薄毛を早く改善したいという人には、後頭部の毛包を脱毛部分に移植する自毛植毛がおすすめされています。後頭部はAGAの影響を受けにくい部分なので、移植して定着すると脱毛しにくいそうです。

育毛剤の記録や治療の記録をブログなどで紹介している人も多いですよね。twitterでも写真記録を公開している人もいます。個人差もありますが、3か月頃から改善の兆しが見え始め、半年~1年で目に見えて改善してくるそうです。

自毛植毛の記録を残している人もいますが、術後の少々痛々しい姿から数か月で髪がすっかり増えた姿の記録などを見ると励まされるかもしれません。治療を検討中の人も参考になるでしょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

【まとめ】髪の生えるメカニズムを知って、薄毛を予防しよう!

薄毛になる原因、髪が生えるメカニズムについて見てきましたがいかがでしたか。発毛のメカニズムを理解することで、薄毛の原因や対策法についても腑に落ちたのではないでしょうか。健康な髪が生えるメカニズムが十分働くように日頃の生活習慣にも気をつけて、薄毛予防育毛対策を進めることが重要でしょう。

薄毛予防についてもっと知りたい方はこちら!

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング
Thumb育毛ブラシは効果的⁉薄毛予防におすすめは猪毛・豚毛!
Thumb抜け毛を防止するには?すぐに実践!薄毛予防・対策方法!

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事