縮毛矯正をすると薄毛・ハゲの原因になる⁉対策や頭皮ケア方法は?

縮毛矯正は、薄毛やハゲに繋がっている!?ネットの情報では縮毛矯正についてあまりよいうわさがありません。しかしハゲや薄毛は、縮毛矯正のみが原因で起こる事ではありません。縮毛矯正後のトラブルの原因などにも触れつつ、対策やケア方法を見ていきましょう。

目次

  1. 縮毛矯正で薄毛やハゲに?!
  2. 髪を傷めてしまう縮毛矯正の傾向
  3. 縮毛矯正は美容院選びも重要!
  4. 薄毛やハゲが気になる!頭皮のケアは行ってますか?
  5. ホルモンバランスを整える対策や方法をとりましょう
  6. 縮毛矯正後のヘアトラブル
  7. 縮毛矯正後のシャンプーについて
  8. 薄毛やハゲは縮毛矯正では基本的に起こりません!

縮毛矯正で薄毛やハゲに?!

縮毛矯正でハゲや薄毛になってしまうといううわさを聞いたことがあるけれど、あのうわさは本当なの?癖毛の方の強い味方である縮毛矯正ですが、あまりいいうわさを聞かないのではないですか?

​縮毛矯正を定期的に美容院でかけている人にとっては、女性にとっては不安になる話です。では本当に縮毛矯正でハゲや薄毛になってしまうのでしょうか?

Thumb天然パーマや猫っ毛のくせ毛でも薄毛が目立たない髪型13選!【画像あり】

縮毛矯正とは

縮毛矯正とは、ストレートパーマで用いる薬剤を髪に塗って、熱を加えて癖のある髪の毛をまっすぐに矯正することです。癖の強い髪の毛や天然パーマの女性が、髪の毛をストレートにするときに美容院で行ってもらいます。

​縮毛矯正は自宅でのケアの方法が長持ちできるかが、大きく左右されます。縮毛矯正後のシャンプーについては、後々お勧めのものやシャンプーの仕方をご紹介します!

縮毛矯正でハゲるって本当?

縮毛矯正が原因でハゲたり薄毛になるというのは、本当なのでしょうか?女性にとって薄毛やハゲは、絶対に避けたいところです。

​実際は縮毛矯正が原因でハゲや薄毛になるということは、可能性としては低いといえます。縮毛矯正後に行う自宅ケアの方法を間違えてしまっていると、縮毛矯正は長く持たず髪は傷んでしまいます。

​縮毛矯正ではハゲたり薄毛にはならないけれど、ケアの方法や長持ち対策を間違えると髪が大きく傷んでしまいます。

薄毛やハゲの原因

縮毛矯正後に薄毛やハゲになってしまう、抜け毛が増えるなどのヘアトラブルに見舞われることがあります。その場合、やはり髪に毛のケアの方法や対策の立て方に問題があります。

​縮毛矯正そのものは、パーマよりも髪に与えるダメージが大きいといえます。薬剤を使用するだけでも髪に刺激を与える上に熱を加えることでさらに大きいダメージを髪に与えてしまいます。

​しかしそれが直接的なハゲや薄毛の原因ではなく、ヘアアイロンやシャンプーの成分で髪や頭皮が傷んでしまい、それが改善されないことがヘアトラブルの原因となっています。

ThumbパーマをかけるとAGA(男性型脱毛症)が進行⁉注意点を調査!

髪を傷めてしまう縮毛矯正の傾向

先ほど縮毛矯正のみではハゲや薄毛にはなりにくいと言いましたが、髪を傷めてしまうような縮毛矯正の掛け方や間違ったヘアケア方法があります。

どのようなやり方をしてしまうと、髪を傷めて薄毛やハゲに繋がってしまうのでしょうか?
下記の2つが主な原因になります。

  • 頻繁に縮毛矯正をかける
  • ヘアアイロンの掛け過ぎ

薄毛などのトラブルを引き起こすまで頻繁に縮毛矯正をかける

縮毛矯正で髪をまっすぐしてもらったのに、なかなか長持ちせずすぐにまた縮毛矯正をしてもらう。その頻度が上がるほど、頭皮や髪は傷んでしまいます。

​薄毛や切れ毛などのトラブルに見舞われるまで頻繁に縮毛矯正をかけてしまうと、最悪の場合髪をバッサリと切る以外の対処法がなくなってしまうこともあります。できるだけ縮毛矯正は頻繁にはいかないようにしましょう。目安としては3か月から半年は開けて、縮毛矯正をかけてもらいに行きましょう。

ヘアアイロンの掛け過ぎ

ヘアアイロンは自分で髪をまっすぐにできるアイテムとして、髪の長い方や自分でヘアスタイルを変えたい方は複数持っているかもしれません。

​アイロンは熱を使って髪をまっすぐにしています。やはり髪にもダメージがあるため、毎日欠かさずアイロンを使用するのは髪を傷める原因になります。

​継続してアイロンをかけすぎると髪が傷んでしまいます。髪の毛の状態も改善するには時間がかかってしまい、ひどいと髪の状態が戻らないことも。縮毛矯正同様に、ヘアアイロンの使用方法も気を付けなければなりません。

Thumbドライヤーがはげる原因?自然乾燥がいい?髪の乾かし方をご紹介!

縮毛矯正は美容院選びも重要!

縮毛矯正は前述のとおり薬剤や熱を加えるため髪に大きな負担を与えることになります。薬剤が頭皮に付着すると場合によっては円形脱毛症のような状態になり恐れもあるため美容師の技術も重要になって来ます。予めネットで縮毛矯正の口コミを見るなどして美容院選びをしていきましょう。

また、そもそも髪の毛が縮毛矯正に耐えられるかの判断もして貰えるので安心して縮毛矯正が行えます。

Thumb縮毛矯正をすると薄毛・ハゲの原因になる⁉対策や頭皮ケア方法は?

薄毛やハゲが気になる!頭皮のケアは行ってますか?

薄毛やハゲは女性も男性も気になるし、避けたいところです。頭皮のケアを行って、頭皮の状態を改善していきましょう。頭皮状態の改善はハゲや薄毛の改善にも繋がります。

男性だけじゃない!女性だって薄毛やハゲになります

薄毛やハゲというと、男性の悩みと思う方も多いと思います。しかし女性も頭皮トラブルなどが原因で、薄毛やハゲが起こる可能性は十分にあります。

​男性は皮脂などが溜まりやすかったり男性ホルモンの関係で、頭皮や髪のトラブルが起こりやすいといえます。しかし女性も頭皮トラブルは起こるし、女性ホルモンの関係や加齢などが原因となって薄毛やハゲになることもあるのです。

​頭皮トラブルは男性だけのものと思わず、女性もしっかりと気を付けておきましょう!

頭皮ケアはこまめに行いましょう!

気軽にできる頭皮ケア

  • シャンプーをする時は爪を立てない
  • 乾燥している場合はオイルなどで保湿
  • ドライヤーで乾かす時は全体へ
  • 夏場は帽子で紫外線対策


ハゲや薄毛を防止するためには、頭皮ケアをこまめに行う必要があります。​頭皮ケアの方法を正しく行って、薄毛対策や改善に努めましょう!

​シャンプー時に頭皮を洗う場合、爪を立てていませんか?爪を立ててしまうと、頭皮に傷がついてしまいます。男性もですが、特に爪を伸ばす習慣のある女性は注意が必要です。

​頭皮の乾燥もハゲや薄毛に繋がります。乾燥しやすい場合は、オイルなどで保湿してあげると改善することもあります。ドライヤーでの乾かしすぎも、頭皮や髪を傷める恐れがあります。一か所のみに熱風を送るのではなく、髪全体をドライヤーをこまめに振りながら乾かすなどの対策を立てましょう!

​外出時の帽子は必須です!頭頂部は紫外線を浴びやすい場所になります。皮膚に紫外線が当たり続けるのは、やはり避けるに越したことはありません。対策として帽子を被ることで、頭皮の状態を守りましょう。

ホルモンバランスが崩れやすい時期を知りましょう

女性はホルモンバランスが崩れやすくなる時期が、生理前後でやってきます。女性の方は、ホルモンバランスが崩れやすい時期を把握しておくことも大切です。

ホルモンがランスが大きく崩れることで、ストレスへの耐性が弱まったり髪のツヤやこしがなくなったりもします。ホルモンバランスが崩れている状態が長引くと、薄毛やハゲに繋がることもあります。

Thumb 女性の薄毛にアロマが効果的⁉抜け毛対策におすすめオイル10選!

ホルモンバランスを整える対策や方法をとりましょう

ホルモンバランスの乱れは、ハゲや薄毛等のトラブルにも繋がります。ホルモンバランスを改善するための対策を立てて、ヘアトラブルを未然に防ぎましょう!
​ホルモンバランスの乱れを改善する方法をいくつか紹介するので、普段の生活に取り入れてみてください。

ホルモンバランスの乱れには

  • ホルモンバランスを整える食べ物
  • ストレスを貯めすぎない
  • 湯船で冷え対策を

ホルモンバランスが整う食べ物

ホルモンのバランスが崩れてしまう要因として、食生活の乱れが挙げられます。一人暮らしの場合は、どうしてもコンビニのお弁当や外食で済ませてしまうことも多くなりがちです。食生活を改善することで、ハゲや薄毛の対策が取れるのです。

過度なダイエットも、ハゲや薄毛の原因となっています。女性の場合は過度なダイエットを行う可能性が男性よりも高く、誰でも一度はやったことがあるのではないでしょうか?ダイエットの度が過ぎると、体が勝手に栄養状態にブレーキをかけます。最初に栄養が止まってしまう場所が髪の毛やつめと言われています。だからハゲたり抜け毛が増えて薄毛になったりするのです。

​コンビニに立ち寄った際にも、大豆製品を取り入れてホルモンバランスを崩さないための対策を取りましょう。

Thumb女性の薄毛の原因はホルモンバラスの乱れ⁉改善・対策方法まとめ!

女性は男性よりもストレスに弱い

ホルモンバランスが乱れやすいことも影響して、女性は男性よりもストレスに弱いといわれています。ストレスへの耐性が弱まっている時にはホルモンのバランスの状態も良くないといえます。

ストレス処理とホルモンバランスを整える器官は、隣接しています。だからストレスが大きくかかると、生理の不順や薄毛などにつながります。

Thumbストレスと薄毛の原因は関係あり?髪の抜け毛対策は心の改善から!

湯船に浸かって冷え対策を

毎日が多忙だと、湯船に浸からずシャワーで入浴を済ませてしまうということが多くありませんか?シャワーのみで入浴を済ませてしまうと、体が冷えてしまいます。

​体の冷えは、女性にとって天敵です!シャワーのみの場合、体の表面すらも温まらないため、体の内部は冷たいままになってしまいます。体の冷えは、血行不良などの原因にもなり得ます。ゆっくりと湯船に浸かって、その日一日の疲れを取って、体を温めましょう。

ゆっくりと休むことも体調の改善につながっています!

Thumb女性の薄毛の原因とストレスは関係している!?対策・改善方法は

縮毛矯正後のヘアトラブル

縮毛矯正を行った後に、ヘアトラブルが起こることがあります。ではどのようなトラブルがあるのでしょうか?
​また、ヘアトラブルに合ってしまった場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

縮毛矯正からの1週間は重要な期間

縮毛矯正を行ってからの1週間はとても重要な期間です。それは縮毛矯正を行ってからの1週間で、縮毛矯正で行ったことが髪になじむのです。

​縮毛矯正は、美容院が保証期間を設けていることが多いです。期間中に何か問題が起こったら、保証期間内に美容院に相談しましょう。縮毛矯正後に起こりやすいトラブルとして、髪がチリチリになったり切れ毛ができたりということがあります。これは縮毛矯正で使用した液剤で髪が傷んでいて修復が困難な時におこる症状です。

十分なケアを行っているのにこのような症状が出た場合は、早めに美容院に相談しましょう。

ヘアトラブルがあった時、どうするべき?

では切れ毛などのヘアトラブルが起きた場合、どうすればよいのでしょうか?
まず自分で何とかしようとして、市販のものを試すのはやめましょう。改善されるものも、改善できなくなってしまう可能性があります。どんな方法を思いついても、実行はぐっと我慢が必要です。

​縮毛矯正後のトラブルなので、縮毛矯正を行った美容院に連絡して相談しましょう。美容院は髪の毛のプロフェッショナルがそろっています。プロに処置をしてもらうことで、髪の傷みにブレーキがかけられるかもしれません。​逆に迅速な対処を受けなかった場合は、髪をカットする事にもなるので気を付けましょう。

縮毛矯正後のシャンプーについて

縮毛矯正を行ったら、いつからシャンプーができるのでしょうか?早くシャンプーをしたことが原因で、せっかくしてもらった縮毛矯正が流れてしまってはもったいない。でもずっとシャンプーをしないというのも、女性としては気になりますよね。

​縮毛矯正を行ってからの、気になるシャンプー開始時期や選ぶべきシャンプーの種類、髪の洗い方たなどを合わせてご紹介します。

縮毛矯正後のシャンプーはその日からOK?

縮毛矯正後のシャンプーは、いつから行っても良いのでしょうか?その日からシャンプーしてしまっても良いのでしょうか?

縮毛矯正を行ったら、その日は髪が洗えない。と、一昔前までは言っていました。しかし現代では、その日からのシャンプーはOKです!気を付けておきたいポイントは、髪の長さによってその日のうちのシャンプーができないかもしれないということです。

​縮毛矯正が終了して美容院を出る前に、縮毛矯正を担当してくれた美容師さんにシャンプーの開始時期を確認して帰宅するなどの対策を立てておくと安心です。

Thumbおすすめの発毛・育毛シャンプー人気ランキング!【市販品あり】

シャンプーの成分に注意!

縮毛矯正を受けた場合、シャンプーの成分にも気を付けましょう。まずは、シャンプーを選ぶ方法を見ていきます。

​縮毛矯正後は、弱酸性でアミノ酸系のシャンプーを選ぶことをお勧めします。縮毛矯正で扱った薬剤はアルカリ性です。髪を本来の弱酸性に戻すためにも、弱酸性のシャンプーが適任です。また、洗浄力の高いシャンプーは、髪にダメージを与えてしまいます。

​縮毛矯正をかけるということは、もしかしたら普段くせ毛用のシャンプーを使用している方がいるのではないでしょうか?しかしそのシャンプーをそのまま縮毛矯正後に使用するのはお勧めできません。

継続的に1年に数回縮毛矯正を受けるのであれば、縮毛矯正後用にシャンプーを購入しておくことで、縮毛矯正後のトラブルの回避や縮毛矯正後の髪の状態を長持ちさせることに繋がります。

シャンプーの行い方

縮毛矯正後の頭皮や毛先は非常に敏感で、傷つきやすい状態です。爪を立てて力任せに頭皮をこすったり、いつも行っているように毛先をまとめて一緒にすり合わせて洗ってしまうと、あっという間にひどく傷つきます。

​縮毛矯正後のシャンプーでの洗髪方法は、優しく洗うことが大前提です。頭皮は揉みこみように丁寧に洗い、髪の毛や毛先はよく泡立てて、たっぷりの泡で包み込むように洗います。

シャンプーをし終えたら、できるだけ早く髪を乾かして縮毛矯正の効果を最大限長続きさせましょう。シャンプー後はキューティクルが開いている状態で、とても傷みやすくなっています。まずは乾いたタオルで優しくしっかり水分を拭き取って、ドライヤーをかけていきます。

このときも優しく髪や頭皮を乾かすことを忘れないでください!あくまでも優しく、慎重に乾かします。頭皮や髪に熱が伝わりすぎないよう、ドライヤーを振りながら風を当てると良いです。

これは薄毛の男性にも有効なドライヤーの方法なので、活用してみると良いかもしれません。

Thumb頭皮シャンプーはかゆみや乾燥に効果あり?口コミランキング10選!

薄毛やハゲは縮毛矯正では基本的に起こりません!

縮毛矯正が原因で薄毛やハゲになる可能性は低いといえます。しかし縮毛矯正後のケアや、普段の生活やホルモンバランスの乱れで、女性でも薄毛になったりヘアトラブルが起こるということはしっかりと知っておきましょう。薄毛やハゲは男性だけのものではないのです。普段の頭皮ケアも欠かさず行いましょう!

​しっかりとケアを行えば、縮毛矯正は長持ちします。正しいシャンプー選びや髪の乾かし方をふまえて、縮毛矯正を少しでも長く持たせましょう。

女性で薄毛が気になったら育毛剤ベルタがおすすめ

アイテム
ベルタ育毛剤の画像
ベルタ育毛剤

メディアでも多数掲載
アレルギー肌の方にも安心
妊娠中でも使用可能

早めの薄毛対策なら育毛剤ベルタがおすすめ

もし女性で薄毛が気になり始めたら悪化する前に育毛剤の使用を検討されては如何でしょうか。育毛剤ベルタでしたら無添加で弱酸性のため、髪や頭皮のダメージを気にすることなく薄毛対策ができます。定期便パックを利用しますと値段も安めですのでおすすめの育毛剤です。

Thumbベルタ育毛剤は使い方で効果が変わる⁉正しい使用方法!【口コミあり】

女性の薄毛に関してもっと知りたいあなたへ

Thumb女性の頭頂部の薄毛対策はエクステで隠そう!【美容室】
Thumb大豆イソフラボンは女性の薄毛に効果あり⁉摂取方法など徹底解説!
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事