赤ちゃんの髪の毛が薄毛な原因は⁉生える対策は必要?

髪の毛たくさんの赤ちゃん、薄毛の赤ちゃん・・・赤ちゃんの毛髪の量は、ひとそれぞれ違います。赤ちゃんの薄毛にも原因はあるのでしょうか。遺伝?病気?いつ生えてくるの?今回は、赤ちゃんの薄毛の原因と対処法をご紹介していきます。

目次

  1. 赤ちゃんの薄毛、原因は?
  2. 赤ちゃんの薄毛、遺伝が原因?
  3. 注意すべき赤ちゃんの薄毛
  4. 赤ちゃんの髪の毛、早産だと体毛が濃くなる傾向が!?
  5. 赤ちゃんの髪の毛はいつから伸びる?
  6. 赤ちゃんの毛量・髪質は変わる?
  7. 赤ちゃんの薄毛、メリットも!
  8. 赤ちゃんの薄毛、対処法は?
  9. 逆に毛量が多い赤ちゃん、原因は?
  10. 貴重な赤ちゃんの産毛をアイテムに!
  11. 赤ちゃんの薄毛、必ず生えるので気長に待ちましょう!
  12. 子供の薄毛についてもっと知りたいあなたへ

赤ちゃんの薄毛、原因は?

一般的に、薄毛は男性ホルモンが影響しているといわれています。赤ちゃんは生まれながらに髪の毛が薄いですが、これも男性ホルモンの影響なのでしょうか。

生まれて間もない赤ちゃんは、薄い髪の毛でも可愛いですよね。生まれてすぐは薄い髪の毛の赤ちゃんが多いのは、髪の毛が産毛の状態であることが原因です。産毛はとても細くて柔らかく、まばらに生えているため薄く見えてしまいます。薄い髪の毛の赤ちゃんがこのように多い理由ですが、以下の要因が挙げられます。

赤ちゃんの薄毛の原因

  • ①新生児生理的脱毛
  • ②乳児期後頭部脱毛
  • ③自分で抜いている
  • ④脂濡性湿疹

原因①新生児生理的脱毛

赤ちゃんの髪の毛は、生後数ヶ月経つと抜けていくことが多いようです。新生児の頃に生えていた産毛が、生え変わるために一度抜けてしまうことを、「新生児生理的脱毛」といいます。前頭部から頭頂部の毛が一気に抜け、その後しばらく髪の毛が薄い状態が続く赤ちゃんもいるため、お母さんは心配になってしまうかもしれませんが、必ず生えてきますので気長に見守りましょう。

原因②乳児期後頭部脱毛

生後2~6ヶ月頃の赤ちゃんで、後頭部がハゲてしまっている赤ちゃんがいます。枕元にたくさんの毛がついていて心配になった経験はありませんか。これは「乳児期後頭部脱毛」と呼ばれる状態です。乳児期後頭部脱毛とは、赤ちゃんの後頭部の髪の毛が摩擦で擦り切れてしまうことを言います。

生後2~6ヶ月頃の赤ちゃんは、まだ、あおむけの状態で寝ていることが多いので、後頭部が枕やベッドのシーツなどで摩擦が起きやいのです。赤ちゃんの髪の毛はとても細く柔らかいので、少しの摩擦で簡単に擦り切れてしまいます。お座りができるようになり、寝転がる時間が短くなることで徐々に薄い髪の毛も気にならなくなります

原因③自分で髪を抜いている!?

上記が原因の赤ちゃんの薄毛が治まり、ようやく髪の毛が生えてきたと思ったら、今度は自ら髪の毛を引っ張って抜いてしまう赤ちゃんが出てきます。

自分の近くにあるものを手当たり次第掴んだり引っ張ったりする行為の延長線上にみられる現象で、自分の髪の毛を引っ張っては抜いてしまうため、心配になるお母さんもいるようです。この行為も、成長とともに「髪をひっぱると痛い」ということを赤ちゃん自身が学習することで自然に治まってくるでしょう。

原因④脂濡性湿疹

頻繁に頭を掻いたり、枕に頭を擦りつけたりするようなら、脂濡性湿疹の可能性も考えなくてはなりません。また、脂濡性湿疹の特徴として、頭皮にフケや黄色いかさぶたができることがあります。脂濡性湿疹とは、生後数週間~生後4ヶ月くらいまでに起こるもので、顔や頭皮など広範囲に現れます。脂濡性湿疹は皮脂の分泌が多過ぎることが原因で、赤ちゃんの活発な新陳代謝に加え、女性ホルモンが強く作用するといわれています。皮脂が大量に分泌されることで毛穴が詰まりやすくなり、雑菌が繁殖し肌荒れを引き起こしてしまいます。その結果、脂濡性湿疹の部分の髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

脂濡性湿疹による抜け毛は、お母さんから受け継いだ女性ホルモンが落ち着いてくる生後3ヶ月~4ヶ月くらいまで続くことが多いようです。症状がひどい場合は、小児科や産出産した婦人科、皮膚科で診てもらうことができます。

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

赤ちゃんの薄毛、遺伝が原因?

生まれたばかりの赤ちゃんは髪の毛が薄いことが多いですが、全ての赤ちゃんが薄いわけではありません。生まれたときから黒々としたフサフサの髪の毛の赤ちゃんも存在します。赤ちゃんの薄毛は男性ホルモンが原因の大人の薄毛とは違うため、赤ちゃんのうちに髪の毛が薄くても将来薄毛になるかどうかは分かりません。むしろ、赤ちゃんの頃に髪の毛が薄い人の方が、将来フサフサになる・・・という話もあるようです。

あるいは父親や母親の遺伝子を受け継いで、髪の毛が薄い・多いという場合もありますが、赤ちゃんの場合は、生まれたときの薄い髪の状態がずっと続くわけではないので心配は不要です。薄毛は遺伝するといわれていますが、厳密にいえば、薄毛自体が遺伝するというよりも薄毛になりやすい「体質」が遺伝する・・・というほうが正しいようです。

ThumbAGAが遺伝する確率は遺伝子で決まる?遺伝以外にも原因はある?

注意すべき赤ちゃんの薄毛

上記のように、赤ちゃんの薄い髪の毛は当たり前のことなので、多くの場合は気にすることはありません。しかし、稀に注意すべきものが3つあります。それは以下のものです。

  • ①いくつになっても髪の毛が生えてこない場合
  • ②頭皮に異常がある場合
  • ③円形脱毛症

    まず①ですが、5歳、6歳になっても、髪の毛が薄い、または生えてこないなど、気になる症状がある場合、「先天性欠毛症」という病気の場合もあります。ただ、非常に珍しい病気ですし、乳幼児の薄い髪の毛の場合、しばらくすると生えてくることがほとんどですので、すぐにこの病気を心配する必要はありません。しかし、どうしても気になる方は一度病院に相談しても良いかもしれません。

    続いて②ですが、頭皮に赤みや湿疹、痒みなどの異常がみられる場合にはアレルギーなどの可能性もあるので、小児科や皮膚科で診てもらうことをお勧めします。こちらが原因の場合は、見た目にもすぐ分かることが多いようですので覚えておいてくださいね。

    最後に円形脱毛症ですが、これは大人にもみられる症状ですが、ほとんどがストレスによるものです。赤ちゃんや小さい子供は、言葉が未熟なため、不安などを伝えきれずに過ごしてしまいます。そのためストレスを溜め込みやすいといわれています。そしてこのストレスが頭皮に現れてしまうようです。これは、私たち大人が注意深く子供を観察してあげることで改善できるでしょう。

Thumb男性ホルモンはハゲ・薄毛の原因?体毛と関係があるの?【徹底解説】

赤ちゃんの髪の毛、早産だと体毛が濃くなる傾向が!?

赤ちゃんの毛髪の量の多少はこのときに決まっている?

赤ちゃんを出産したときに体毛がモジャモジャに濃い子もいれば、ツルツルで全然毛がない子もいます。「こんなに毛深いものなの?」「毛が無いけど今後大丈夫なの?」といろいろ不安になる方も少なくないと思います。体毛が濃い子がたまに生まれますが、背中や腕などモジャモジャで、胎内にいるときから毛髪(ヘアスタイルがあるくらい)があるような子が生まれます。なので、逆に眉毛も生えていないような子が生まれると、そのあまりのギャップに驚かされます。

毛むくじゃらの子はそれはそれで悩み深いです。「将来、体毛が濃い子になって悩むのではないか?」薄い子は「これでは将来ツルツルの子になるのではないか」と考えるとキリが無いのですが、お母さんははやり心配でたまらないです。実はこの「生まれたときの赤ちゃんの髪の毛や体毛の濃さ」には傾向があるようです。いかに整理してみます。

早産だと体毛が濃くなる!?

出産直後の赤ちゃんをよく見てみると、全身に柔らかい毛がびっしり生えています。個人差もあるので、黒くてモジャモジャな印象の子もいれば、うっすらと産毛が生えているという子もいます。この毛は実は妊娠の3ヶ月目から半年の間に胎児に生える産毛で、成長過程で胎児の薄い肌が形成されはじめた頃、これを防御するために膜を貼るのですが、この「胎脂」と呼ばれる膜が脱落しないために毛がビッシリと生えるのです。

妊娠の半年目以降には、この産毛は徐々に抜けていくことが多いのですが、これには個人差があり、早産で生まれた赤ちゃんは比較的に毛深い傾向があるのは、上記の産毛が残っているからなのです。生まれたときにモジャモジャのような子でも、その後は殆ど抜け落ちてしまい、(皮膚がすれて肌が硬く強くなっていく過程で抜けてしまうようです)4歳ごろにはすっかり普通になることが殆どだそうです。ママ友板などでもこの話題はあるのですが、だいたい3歳くらいで普通になる、といった口コミが多数でした。生まれたときに薄毛というのも悩み所ですが、逆に濃すぎるというのも男性ホルモンの異常なのではないか?と心配になる方が多いようですが、単なる杞憂のようです。

胎内の羊水の状態も体毛に影響する

遺伝での(つまり男性ホルモンが起因した)体毛の差が出てくるのは思春期以降です。また遺伝で毛深い人は男性ホルモンの濃度が濃いので、むしろ薄毛のリスクは通常より高いといえます。一方、赤ちゃんの毛深さについては、胎児の胎内の男性ホルモンではなく、母親のホルモンバランスや、食事や生活習慣などが起因しているといわれています。また毛髪は胎内の毒素を排除する機能があり、羊水の状態によって毛の濃さが変わってくるともいわれています。

また同じ母親から生まれているからといって、その子供全員の毛深さが同じかというとそういう訳でもないようです。母親の観点からいえば、やはり注意したいのは食事。ホルモンバランスを整える食材を摂取するように心がけましょう。また自律神経が乱れるのも胎児には悪影響だといわれています。

Thumb赤ちゃんの抜け毛は病気のサイン?知っておきたい4つのこと!

赤ちゃんの髪の毛はいつから伸びる?

赤ちゃんの髪の毛のいつから伸びるか

  • 6か月から産毛が抜けていく

個人差はありますが、6ヶ月頃には産毛は抜けていきますので、その後順調に伸びていけば1歳頃には産毛よりもしっかりとした髪の毛が揃ってくるでしょう。しかし、中には3歳の七五三の時期にも結べるほどの毛量がない・・・という子も多いようです。それでも、3歳後半〜4歳頃になれば多くの子が髪の毛の毛質や毛量が安定してきますので、切る必要が生じたり、髪の毛のアレンジを楽しんだりもできるようになりますよ!

Thumb生え際の産毛が生えて来た!生やす・増やす育毛方法まとめ!

赤ちゃんの毛量・髪質は変わる?

産毛はいずれ生え替わるので、そのタイミングで髪質や毛量が変化することもあります。生まれて間もない赤ちゃんの髪の毛が薄くても、大きくなってからもずっと薄いとは限りません。

一般的に、子供の髪の毛がきちんと生え変わるのは、上記のように3歳から4歳だといわれています。生まれたときに生えている産毛と、生え変わった髪の毛は全く違うものですので、ある程度大きくなって髪の毛が生えた状態でないと、その子の髪質や毛量ははっきりと分からないのです。

昔は、一度産毛を全部切る(剃る)ことで、強い髪の毛が生えてくると信じられていたようですが、現代ではその全部切る行為も根拠がないものだと考え直されています。たまたま髪の毛が太くなる周期と重なっただけでそう見えるのだとか、まだハサミを入れたことのない尖った毛先が、一度切ることで細い部分がなくなり太く見えるようになったのだと考えられています。

とてもデリケートな赤ちゃんの頭皮に剃刀を当て剃ったり、よく動く赤ちゃんにハサミを向けるリスクのほうが心配です。赤ちゃんの頭皮はとても薄く、デリケート。少しの刺激でも傷がついてしまいますし、途中で赤ちゃんが動いてしまい思わぬ事故につながることも考えられますので、やめておいたほうが無難でしょう。

Thumbノコギリヤシは髪を細くする・髪質が変わるって本当?【体験談あり】

赤ちゃんの薄毛、メリットも!

薄毛の赤ちゃん、少し心配になってしまうお母さんもいるかもしれませんが、以下のようにメリットだって多いですよ!参考にしてみてください。

  • ・頭を洗いやすい
  • ・洗髪後、すぐに乾きやすい
  • ・汗を拭きやすいため、あせもになりにくい
  • ・髪の毛を切る手間がかからない

赤ちゃんは肌が弱く、少しの汗でもあせもなどの皮膚トラブルになりやすいです。髪が薄いと頭を洗うときも頭を軽く撫でる程度で終わらせることができます。お風呂あがりもタオルドライですぐに乾くので、冬の寒い時期など、ぬれた髪の毛のせいで身体まで冷えてしまう・・・ということがありませんし、夏は夏で髪の毛が引き起こす蒸れや皮膚トラブルも減らすことができます。

また、髪の毛が多い赤ちゃんは髪を切る必要が出てきますが、赤ちゃんはなかなかじっとしてくれないものです。髪の毛を切る際も動き回る赤ちゃんをおとなしくさせるのに一苦労!そう考えると、切る必要がない赤ちゃんの薄毛はありがたくもありますね!

Thumb女性の薄毛対策にドライヤーはした方がいい⁉正しい乾かし方を徹底解説!

赤ちゃんの薄毛、対処法は?

 

赤ちゃんの髪の毛の質や多い少ないは個人差が大きいものです。赤ちゃんに育毛剤を使おうとする人もいるようですが、お勧めはできません。育毛剤は大人用のものがほとんどですし、赤ちゃんの髪の毛は、時間が経てば必ず生えてくるからです。

髪の毛の生え替わりは、赤ちゃんの新陳代謝も関係しているので、十分に母乳やミルク、離乳食をあげること、睡眠をしっかりとって成長を促してあげることが大切です。また、清潔な状態を保つこともかかせませんが、何も特別なことは必要ないのです。

ちなみに女の子なのに薄毛のせいで男の子と間違われてしまう・・・という悩みをよく聞きます。今はヘアバンドやヘアアクセサリーなど、薄い髪の毛でも女の子らしく可愛く飾ることができるアイテムがたくさん出ているので、そういったアイテムのちからを借りても良いと思いますよ!

Thumb髪に睡眠不足は良くない!寝る時間はいつがベスト?【抜け毛対策】

逆に毛量が多い赤ちゃん、原因は?

男性の薄毛には男性ホルモンが関係してくるといわれていますが、赤ちゃんの場合はどうなのでしょうか。実は同じく男性ホルモンが関係しているという説もあります。母親の胎内にいるときの母親のホルモンの影響をうけることで、濃く生まれてきたり、薄く生まれてくることになるようです。

頭の毛の横と後ろは男性ホルモン、前髪から頭頂にかけては女性ホルモンで髪の毛は生えているそうです。私たちは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスによって身体に変化があります。生まれたばかりの赤ちゃんはホルモンバランスがまだ整っておらず、そのせいで濃い毛の赤ちゃんが生まれてくることもあるようです。成人男性も額から薄毛になる人の原因は、女性ホルモンが少ない、あるいは男性ホルモンが強いといわれていますよね。

ちなみに、男の子の場合は男性ホルモンの影響で、生後しばらくは男臭い、いわゆる加齢臭がする子も多いようです!男性ホルモン恐るべし!!

Thumb女性の薄毛の原因と男性ホルモンは関係あり⁉抜け毛の理由や対策方法!

貴重な赤ちゃんの産毛をアイテムに!

たった一度しか得ることができない赤ちゃんの産毛。メモリアルヘアとも呼ばれ、大切にとっておくため記念品を作る方がいらっしゃるのをご存知ですか。写真を撮るのはもちろんのことですが、現代では生まれて初めて切る髪の毛を記念に残すさまざまな方法があるのです。

毛筆

「赤ちゃん筆(胎毛筆)」と呼ばれるもので、生まれて初めて切る髪の毛で作る記念筆のことです。髪の毛(産毛)は赤ちゃんが母親のお腹の中にいる頃から生え始めます。一度も切ることのなかった産毛の毛先は、柔らかく繊細で筆の毛に適しています。一度切ると毛先の形が変わってしまうため、髪の毛で筆を作るのは一生に一度のチャンスだそうです。その産毛で毛筆を作り、記念にとっておく方法が「赤ちゃん筆(胎毛筆)」で、「子供が健やかに成長するように」という願いが込められた記念品だといわれています。

また、毛筆以外にもチークブラシとして記念に残す方法もあります。毛筆を作るときよりもより多くの髪の毛が必要になりますが、女の子の場合は毛筆よりも実用的だということで人気があるようです。

記念品に

髪をペンダントなどのジュエリーに加工して記念品として残す方法もあります。胎毛筆は中国や日本で伝わった記念品ですが、ヘアジュエリーは中世ヨーロッパの貴族の間で流行した記念品だそうです。身に着ける方法があるなんて、面白いですね。また、オブジェやケースに入れて記念として飾ったりする方もいるようです。

産毛を記念にとっておくためには、さまざまな方法があるんですね!切る前にはきちんと情報収集したいものですね。また、自分でとっておく場合も、湿気や乾燥から守るために保管方法には十分気をつけてくださいね!

ThumbM字はげの産毛を太くする方法は?生え際の薄毛対策まとめ【育毛剤】

赤ちゃんの薄毛、必ず生えるので気長に待ちましょう!

上記のように、赤ちゃんの薄毛は、男性ホルモンの影響ばかりではないようです。薄毛の赤ちゃんも、その時にしか見ることができない可愛らしい姿ですよね。いつ生えてくるのか今か今かと待ち遠しい気持ちも分かりますが、心配しなくても成長すれば必ず髪は生えてきます。今しかない可愛い姿を目にしっかりと焼きつけ、写真にもたくさん収めてあげてくださいね。

赤ちゃんの薄毛には育毛シャンプーが効果的

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

天然由来成分83種類は業界最大級です。100%無添加、無香料で副作用も安心。アレルギーテストもクリアしております。あらゆる薄毛のニーズに対応している総合育毛剤です。

今チャンス!初回56%OFF!

赤ちゃんの薄毛の原因は様々ですが、あまり心配しなくても大丈夫なことが分かりましたね。かといって頭皮のケアを怠っていては、しっかりした強い髪の毛が生えてこない可能性があります。薄毛防止のために天然由来成分で構成されている無添加・無香料の育毛剤チャップアップなら赤ちゃんでも安心してお使いになれます。

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

子供の薄毛についてもっと知りたいあなたへ

Thumb子供も薄毛に⁉脱毛症?原因や抜け毛の対策方法を徹底解説!
Thumbハゲの原因は遺伝なの⁉薄毛遺伝子を徹底解説!【予防あり】
Thumb薄毛・ハゲは遺伝?遺伝子は母方、父方から?確率と治療まとめ!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事