筋トレすると男性ホルモンが増えて薄毛になる⁉噂を検証!

「筋トレをすると男性ホルモンが増えるため薄毛になる?」「筋トレを毎日行わなければ薄毛にはならない?」などの疑問が薄毛に悩む男性にはあるのではないでしょうか?今回は鍛えたいけど薄毛になるならできないと諦めている方のために徹底検証します!

目次

  1. 筋トレをすると薄毛になってしまうという噂
  2. なぜ筋トレをすると薄毛が進行すると言われているの?
  3. 筋トレは薄毛やハゲの原因であるagaに繋がるのかメカニズムをおさらい!
  4. 筋トレをしても薄毛にならない人もいる?
  5. どういう人が筋トレをすると薄毛になりやすいのか?
  6. 筋トレをしていても薄毛を改善・防止する方法はある?
  7. aga治療とは一体どういうもの?
  8. agaの治療方法で一番用いられているプロペシア
  9. 薄毛防止のために、髪の毛を太くする方法とは?
  10. 【まとめ】筋トレすると男性ホルモンが増えて薄毛になる⁉噂を検証!

筋トレをすると薄毛になってしまうという噂

生活習慣の改善や、運動不足の解消のために、習慣として筋トレをしている男性は多いのではないでしょうか?ですが、この筋トレがハゲやagaの原因と言われて噂されているのをご存知でしょうか?薄毛が気になる男性でさらに筋トレを行なっている男性なら、ご存知の噂ではないでしょうか?

健康維持のために行なっていた筋トレが、薄毛やハゲの原因だったなんて思いたくないし、あまり考えたくもないと思いますが、もしそれが本当だったら筋トレを欠かさず行なっている男性には見逃せないない噂ですよね。

なぜ、筋トレを行うと薄毛やハゲになると噂されているのか、そしてその噂が本当なのかを今回はご紹介していこうと思います。

ThumbAGAは克服できる⁉治療期間は?体験談から徹底検証!

なぜ筋トレをすると薄毛が進行すると言われているの?

しかし、なぜ筋トレをすると薄毛やハゲ、そしてagaの原因になると言われているのでしょうか?筋トレが薄毛を促進するという噂が出たことには意味があるはずですよね。さらに、筋トレをすると薄毛になるというのはネット上ではかなり信じられている情報ですよね。

なぜ、筋トレをするとハゲやagaの原因となってしまうということが噂となり、それを皆んながうんうんと頷いてしまうようなことが起こってしまっているのでしょうか?それには、筋トレと男性ホルモンが関係していることがわかりました。

筋トレをすると薄毛になると噂される理由「男性ホルモンの増加」

筋トレをしてい男性は、肉体改善であったり、生活習慣の改善のために行なっている男性がほとんどですよね。そして、筋トレの効果として期待しているのが筋力の増強ではないでしょうか?

ちなみに、筋トレを行い筋力の増強を行うと男性ホルモンの増加がみられます。もっといえば、テストステロンという男性ホルモンの増加が多くみられるのですが、実はこのテストステロンは薄毛とかなり関係があります。

なので、テストステロンなどの男性ホルモンが筋トレによって分泌量が増加することで、身体には良い影響がたくさんあるのですが、その一方で髪の毛が薄くなってしまうということが起こるようです。

薄毛を気にしている男性なら誰もが知っていることと思いますが、男性のハゲの原因であるagaは男性ホルモンが深く影響しています。なのでagaやハゲの原因となる男性ホルモンが大量に分泌される筋トレを行うと薄毛の原因になってしまうと噂が広がっているようです。

Thumb男性ホルモンはハゲ・薄毛の原因?体毛と関係があるの?【徹底解説】

筋トレは薄毛やハゲの原因であるagaに繋がるのかメカニズムをおさらい!

薄毛の男性で今まで筋トレを行なっていた人は上の噂だけをみてしまうと、筋トレをして薄毛やハゲになってしまうならハゲたくないし、筋トレはしないでおこう…と思ってしまいますよね。

ですが、本当に筋トレはagaやハゲの原因となってしまうのかをおさらいしていこうと思います。薄毛やハゲの原因であるagaのメカニズムを知っておくことで、また噂が違ったように見えるかもしれませんよ。

筋トレをすると増加するテストステロンだけが薄毛やハゲ・agaの原因ではない?

先ほど、男性ホルモンの増加によりテストステロンが増加することで、薄毛やagaの原因となってしまうため、筋トレを行うことはagaの原因と繋がる!と噂になっていたかと思いますが、実はちょっと違います。

テストステロンが薄毛の進行に関わっているのはたしかなのですが、agaの原因となるのはテストステロンが他の成分に変わってしまった時なのです。その名前は「ジヒドロテストステロン」といいます。agaはこのホルモンによって毛根などを攻撃され、ヘアサイクルが乱れることによって抜け毛が増えることが理由とされています。

なので、テストステロン自体にはこの効果はなく、男性ホルモンであるほかのホルモンにもagaを引き起こしてしまうような成分は含まれていません。ちなみに、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わってしまう理由としては、5aリダクターゼという酵素が結合することにより発生します

なので、テストステロンが5aリダクターゼという酵素と結合しない限りはジヒドロテストステロンにならないためagaの原因になることはないのです。とはいえ、テストステロンを作らない方が薄毛の可能性を減らせるのだから、筋トレはしない方が良いという意見があるのはおかしいことではないのかもしれません。

ですが、体内のテストステロンの分泌量が減少すると、不足分を補うためにジヒドロテストステロンに変換されてしまうというような説もあるくらいですので、実は分泌量が少ない方にとっては、筋トレをせずにいることのほうがマイナスになってしまうという説もあります。

ThumbDHT(ジヒドロテストステロン)がAGAの原因⁉抑制方法やメカニズムを徹底解説!

筋トレをしても薄毛にならない人もいる?

ですが、よくよく考えてみると、日頃から筋トレを行なっているであろうスポーツ選手やアスリートは全員ハゲやagaに悩まされていそうか…と考えてみるとそうではありませんよね。通常の人の何倍も筋トレを行なっているのにどうしてなのでしょうか?

もちろん、アスリートの方にも髪がハゲてしまいagaに悩んでいる人もいらっしゃると思いますが、なぜそうなってしまうのでしょうか?全員が全員ハゲたり薄毛になっているならわかるのですが、一部の人だけ…それにもきちんとした理由がありました!

実は、男性ホルモンの分泌が増えてもハゲや薄毛にならない理由はアメリカのハミルトン博士が行なった実験により証明されています。ちなみに、どんな実験だったかというと先ほどのテストステロンと薄毛についての実験でした。

テストステロンは精巣で作られているものなのですが、ハミルトン博士が行なった実験では、去勢を行うと薄毛の進行が止まることがわかっています。なので、男性ホルモンは薄毛の進行に関わっているものだというのはすぐにわかると思うのですが、ここで気になるのは、どの男性ホルモンが薄毛の進行に関わっているのかということですよね。

その後もハミルトン博士の実験は続き、元々薄毛の男性は去勢を行なったことで薄毛の進行が止まったのですが、テストステロンを注射するとまた薄毛の進行が始まりました。ちなみに、元々薄毛でない男性の場合は、去勢後にテストステロンを注射しても薄毛になることはありませんでした。

この実験の結果からわかることは、確かに筋トレをすることで増加する男性ホルモンの一つであるテストステロンは薄毛ととても関係があるということですよね。ですが、ここで気になるのは、元々薄毛でない男性の場合は去勢後にテストステロンを注射してもハゲが進行していないということです。

ということは要するに、男性ホルモンは薄毛やハゲ・agaの原因の一つとなりえるが、男性ホルモンが薄毛を招いているのではなく、体質や遺伝的にハゲやすい人が男性ホルモンであるテストステロンの分泌が増えると薄毛になりやすい、ということですよね。

ThumbAGAが遺伝する確率は遺伝子で決まる?遺伝以外にも原因はある?

どういう人が筋トレをすると薄毛になりやすいのか?

筋トレをすると薄毛になってしまうという話や、実はそうでない人もいるという話をご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?結局どっちなの〜?なんて思った人もいらっしゃると思いますが、逆に、どういう人が筋トレをすると薄毛やハゲになってしまうの?という人もいらっしゃいますよね。

そうです。筋トレを行い男性ホルモンが増えることで薄毛になってしまう人と、そうでない人がいるのです。では、どんな人が男性ホルモンが増加すると薄毛になってしまうのかご紹介しますね。

筋トレを行うと薄毛が進行してしまう人その1「既にagaと診断されている人」

筋トレにより薄毛が進行してしまう人の特徴としては、既にagaと診断されている人が当てはまります。さらに、agaの治療を受けている人も発症している人という意味では同じですね。どういうことかといいますと。

aga治療中の方は改善しているように見えても、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換されやすいという体質が影響してきます。とはいえ、筋トレをすることにより確実に薄毛が進行するというわけではありませんので、筋トレを避けるべきとは言えません。

ただ、治療中の方で筋トレを行うことで薄毛が進行してしまったという人はいらっしゃるようですので、もし治療しているのに薄毛が改善しない場合には、筋トレを控えた方がよいかもしれませんね。

ThumbAGAは完治しない⁉治る?治療方法・期間を徹底解説!

筋トレを行うと薄毛が進行してしまう人その2「親戚や親が薄毛に悩んでいる」

実は、自分にはまだagaの症状が出ていない人でも、親戚や親が薄毛に悩んでいる場合、は筋トレには注意が必要かもしれません。実は、agaになってしまう原因の一つに遺伝があります。ちなみに、どちらか一方が薄毛に悩んでいる親戚がいるという場合にも、遺伝の可能性があります。

実は薄毛の原因であるagaの遺伝子は優性遺伝であり、多くは遺伝してしまう傾向にあります。もちろん、必ずというわけではありませんが、そういう人は自分の髪に注意した方が良いかもしれません。

そして、そういう人が筋トレを行なって男性ホルモンの分泌量が増えると、薄毛になってしまう可能性がありますので、生活習慣の改善や肉体の改善と思って挑んだ筋トレなのに薄毛に悩むことになってしまうかもしれません。

筋トレを行うと薄毛が進行してしまう人その3「生活習慣が悪い人」

agaの原因というよりは、薄毛の原因として考えられるのが生活習慣が乱れていて、テストステロンの分泌が少ない人は要注意と言われています。動物性脂質の食べ物ばかり食べていたり、ストレスが溜まっていたり、睡眠不足であったりと要因は様々です。

さらに、テストステロンの量が少ないと、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンになりやすいという話もありますので、必ずしもというわけではありませんが、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

さらに、agaを治療している人などが近くにいる場合は、筋トレを行うとさらに薄毛になってしまう可能性が高くなります。

Thumb薄毛対策は生活習慣から⁉今からできる簡単改善方法10選!

筋トレをしていても薄毛を改善・防止する方法はある?

ということで、どういう人が筋トレを行うと薄毛になりやすいかはお伝えした通りです。もちろん、当てはまることがあるからといって必ず薄毛になるとは限りません。ただ、他の人よりも筋トレを行うと薄毛になる可能性が高いというだけなので、ご心配なく。

では、筋トレをしながら薄毛を改善したり、防止したりする方法があるとしたら知りたくないですか?筋トレは生活習慣の改善や肉体改善にはもってこいなのに、薄毛になるからしないという人のためには防止する方法があれば良いですよね。

もちろん、これに関しても絶対ではないので、こんな方法や防止策もあるんだなという程度でぜひ読んでみてくださいね。

筋トレによる薄毛の改善・防止方法その1「自分がagaか調べてもらう」

親戚がみんなハゲていたり薄毛に悩んでいるから、自分もきっとagaでそうなるのだろうと思う人は多くいらっしゃいますよね。なので、筋トレは避けておこう…という結果になるのだと思いますが、改善・予防策としてはまず、本当に自分にはagaの遺伝子があるのかを知ることも大切です。

aga治療クリニックなどにいくと、治療の前にカウンセリングが行われ検査をしてくれます。agaの遺伝子があるのか待つ間に、先生に筋トレをしたいのですがということを聞いてみるのも良いかもしれません。

aga治療に携わってきているお医者様なので、知識も豊富ですし、具体的なアドバイスをいただくこともできるので、おすすめです。さらに、agaがわかった場合にもそのまま治療してもらうこともできますので、心配な方は一度aga治療クリニックを来院することをおすすめします。

また、aga治療でよく使われている薬といえばプロペシアだと思いますが、そのプロペシアを服用しながら筋トレを行なっている人もいますので、安心して相談してみてくださいね。

筋トレによる薄毛の改善・防止方法その2「育毛剤を使用しながら行う」

筋トレは行いたいが、薄毛が心配と思う人はたくさんいらっしゃいますよね。aga治療クリニックなどにいけばプロペシアなどを服用しながら筋トレを行うこともできますが、治療クリニックに行くのはなんだか恥ずかしいと思う人もたくさんいらっしゃいますよね。

そんな時は、市販の育毛剤を使用しながら筋トレを行うのも良いとされています。もちろん、筋トレで抜け毛が大量に増えるということはそうそうないと言われていますが、汗をかいたまま放置してしまうと頭皮環境が悪化してしまい抜け毛が増えるという結果になってしまいます。

なので、育毛剤を使用するだけでなく、きちんとシャンプーをして頭皮を清潔に保つことも薄毛の改善や対策に繋がると言えます。さらに、加齢とともに髪の毛は細くなります、太くするためには育毛剤も補助的に使用するととても良いと思います。

筋トレによる薄毛の改善・防止方法その2「ダイエット目的なら筋トレをやめる」

筋トレをしながら薄毛を改善・予防する方法とお伝えしているにも関わらず、筋トレをやめるというのは言いにくいのですが、筋肉増強のためということ以外で、ダイエットや体型維持のために筋トレを行なっているなら、別の運動に変えた方が良いかもしれません

そうするだけで、薄毛の改善や防止に繋がります。なぜかというと、男性ホルモンの分泌量を抑えるだけでなく、ハゲるかもしれないというストレスが減るからです。ストレスがかかったままの状態になっていると、どれだけ改善や防止策をとったとしても意味がありません。

なので、そういう人におすすめなのは、筋トレよりも有酸素運動です。有酸素運動を行うことは髪にとっても良いことがたくさんあります。有酸素運動を行うことで、血行促進ができたり、ストレスが発散されたり、髪を育てる成長ホルモンが分泌されたりします。

薄毛改善にランニング・ジョギングが効果あり!?なし?【有酸素運動】

aga治療とは一体どういうもの?

筋トレを行い薄毛になるとaga治療クリニックを訪れたいと思う人もたくさんいらっしゃいますよね。その中でみなさんが気になるのは、aga治療クリニックでは一体どのような治療を行なっているのか、とうことですよね。

なので、薄毛になってしまった人のためにaga治療ではどのような改善策や防止策をとっているのかをご紹介していこうと思います。

ThumbAGA治療体験記(ブログ・日記)おすすめまとめ7選!【口コミ・体験談】

agaの治療方法で一番用いられているプロペシア

aga治療で一番使用される薬での改善方法や防止策としては、プロペシアが使用されています。プロペシアは世界で唯一医学的な効果が証明されている成分であるフィナスナリドが配合されています。

そのことにより、プロペシアを服用すると今ある細い毛などを太く育てることができます。プロペシアがあるおかげで、agaの治療はとっても手軽に行えるようになったと言われています。

ちなみに、プロペシアは育毛剤ではなく服用するための薬です。ですが、プロペシアは元々前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発された薬でした。そんなプロペシアの副作用として発毛効果があったため、プロペシアは発毛剤としての効果が世界に広まりました。

ただ、プロペシアは医薬品なので、病院からの処方箋が必要となります。プロペシアをドラッグストアなどで購入することはできません。なので、プロペシアなどを試してみたい人はぜひaga治療クリニックに行ってみることが大切です。

【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

薄毛防止のために、髪の毛を太くする方法とは?

薄毛を防止する方法として、細い髪の毛よりも太い髪の毛にした方が良いというのはすぐに思いつくことではないでしょうか?では、今ある髪の毛を太く育てるにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、薄毛防止のために髪の毛を太くする方法もご紹介していこうと思います!

髪の毛を太くする方法その1「食事」

髪の毛を太く元気にする方法として最初にあげられるのは、食事です。さらに、太く育てるためには、タンパク質が必要となってきます。そのタンパク質を補っていくためには規則正しい食生活が欠かせません

さらに、髪の毛を太くすると言われている食べ物を摂取することも大切です。髪の毛が太くなると言われている食べ物は、豆類や、鶏肉青魚などと言われていますので、薄毛が気になり防止したいという方は積極的に摂取してみてくださいね。

Thumb髪が生える食べ物・食事方法20選!

髪の毛を太くする方法その2「睡眠時間」

そして、髪の毛を太く育てる方法として次にあげられるのは睡眠時間です。実は夜の10時〜夜中の2時までは成長ホルモンが多く分泌されていることから、その時間に眠ると髪が成長したり回復したりするため、太く元気になると言われています。

なので、不規則な睡眠時間であったり、仕事の都合上あまり睡眠時間が取れないという人は、しっかりと睡眠時間を取ることが大切となってきます。

Thumb髪に睡眠不足は良くない!寝る時間はいつがベスト?【抜け毛対策】

髪の毛を太くする方法その3「頭皮ケア」

さらに、髪の毛を太く元気に育てる方法として忘れてはいけないのが、頭皮のケアです。実は頭皮の血行が悪いことにより薄毛が進行してしまう可能性がありますので、しっかりとマッサージなどを行うことも大切です。

古い角質などが頭皮に残っているのも実は頭皮環境を悪くしてしまい、太い毛が育たなくなってしまいます。ですが、古い角質を取り除くためにと何度もなんども洗髪をしてしまったりするのは太く育てるには逆効果になりますので、気をつけてくださいね。

Thumb頭皮ケアの正しい方法15選

【まとめ】筋トレすると男性ホルモンが増えて薄毛になる⁉噂を検証!

ということで、筋トレと薄毛の噂についてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?薄毛やハゲに悩んでいる男性は多くいらっしゃいますよね。そんな中でも筋トレを行いたい人もたくさんいますよね。

今回そんな噂をまとめてみましたが、全ての男性が筋トレを行うことで薄毛になってしまうというわけではないということもわかったと思います。そして、agaを発症しているからといって、一概に薄毛が進行してしまうというわけでもありませんので、筋トレをすることだけが、薄毛に繋がるというのは違ったということですね。

さらに、クリニックに訪れるのはちょっと恥ずかしいという方は、ぜひ気にしなくても体を改善することができる有酸素運動を取り入れることも大切です。逆に、クリニックに行ける人は、プロペシアの服用や育毛剤を使用して筋トレを行うことも良い防止策と言えます。

様々な改善策や防止方法がありますので、筋トレをすると薄毛になってしまうと思い込むのではなく、ぜひ楽しんで筋トレを行なってみてくださいね。

育毛剤についてもっと知りたい方はこちら!

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5
Thumbチャップアップ使用半年経過で効果は⁉口コミ・体験談まとめ!【1ヵ月・3ヶ月写真あり】
Thumbチャップアップとプロペシアの効果を口コミ徹底比較!おすすめは併用⁉

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事