育毛剤を使わないで髪の毛を増やす7つの方法!

抜け毛・薄毛対策はしたいけれど事情があって育毛剤は使わないという人に、育毛剤を使わないで育毛・発毛を促進する、日常生活の中でできる7つの方法をご紹介します。育毛剤を使っていても実践できる方法ですので、薄毛対策の参考にしてください。

目次

  1. 育毛剤を使わないで髪の毛を増やす7つの方法を紹介
  2. ①育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:育毛シャンプー
  3. ②育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:頭皮マッサージ
  4. ③育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:食べ物
  5. ④育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:育毛サプリ
  6. ⑤育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:睡眠
  7. ⑥育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:ストレス解消
  8. ⑦育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:適度な運動
  9. むしろ使うべき育毛剤とは。使わない薄毛対策は危険?
  10. 【まとめ】育毛剤を使わないなら7つの方法を実践!
  11. もっと育毛剤や他の薄毛対策を知りたい人はこちら

育毛剤を使わないで髪の毛を増やす7つの方法を紹介

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

  • コスト的にも安心
  • 天然成分由来で要否にも優しい
  • 口コミ多数、実績多数

様々な事情にも対応できる育毛剤はこちらから

さまざまな事情があって抜け毛・薄毛対策はしたいけれど育毛剤が使えない という人もいるでしょう。頭皮にトラブルがある人、お風呂の後に育毛剤で対策している時間がとれない、育毛剤を何度か買ったけれどどうしても長続きしない、などの理由が考えられます。

育毛剤を使わないでも髪の毛を増やすと言われている方法はいくつかあります。日頃の生活でもできる血行促進頭皮環境の改善、また薄毛の原因を取り除くことで健康な髪の毛を育てることが可能と言われています。今回は育毛剤を使わないで、髪の毛を増やすとされる育毛対策法を7つご紹介します。育毛剤を使わない人だけでなく、育毛剤を使っている人でも実践できる方法ですので、抜け毛・薄毛対策を模索中という人は、よかったら参考にしてください。

Thumb薄毛対策に頭皮マッサージで血行促進⁉簡単なやり方を伝授!

①育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:育毛シャンプー

アイテム
マイナチュレシャンプーの画像
マイナチュレシャンプー

  • 育毛成分多数配合
  • コスト的にも安心
  • 気軽に購入できて育毛ケア可能

泡立ちよしの育毛シャンプーを今すぐ体験

育毛剤には頭皮の保湿する成分や、抗菌・抗炎症作用のある成分が配合されています。これらの成分は頭皮環境の改善が目的で、頭皮を清潔に保ち、水分を与えることで頭皮のトラブルを回避する効果があります。

育毛剤以外にも頭皮環境を改善するものといえば、毎日のヘアケアであるシャンプーです。シャンプーを毎日行うことで頭皮を清潔に保つことができます。

Thumbはげに効くシャンプーおすすめ15選!はげ対策に良い洗髪方法も紹介

育毛剤を使わないで頭皮環境改善

シャンプーを正しく行えば、育毛剤を使わなくても頭皮環境の改善が可能です。以前帽子をかぶって有酸素運動をした被験者の頭皮を調べる実験が行われたことがありました。被験者の帽子の中の頭皮は汗だくで、温度は30℃、湿度は80%まで上がるという、劣悪な環境になっていました。しかし実験後の洗髪によって実験前より頭皮が清潔な状態になっていることが判明しました。

育毛シャンプーで髪の毛を増やす?

育毛シャンプーによっては育毛剤と同じ育毛有効成分が入っているシャンプーもあるので、育毛促進効果も期待できます。ただし育毛剤のように積極的に髪を太くする効果というよりは、頭皮環境の改善によって健康な髪を生やすようにし、髪にハリとコシを出し、髪の量が増えたように見せるのが主な目的でしょう。

中学生や10代の人にはまだ育毛シャンプーは早いかもしれませんが、脂性肌気味ならさっぱりした洗い上がりのシャンプーで、かつ肌に優しい無添加のシャンプーを選べば、髪質の改善をして見た目の髪の量を増やすことも可能です。

髪に効果的なシャンプー方法

シャンプーは1日1回行いましょう。仕事からの帰りが遅いと夜の入浴が厳しい時があるかもしれませんが、なるべく寝る前、のうちにシャンプーするのがおすすめです。10代や中学生のうちは汗をかくことが多いかもしれませんが、だからといって洗い過ぎるのもよくありません。汚れたときは1日2回までに留めて、なるべく回数を増やさないようにしましょう。

シャンプーで洗うときは

  • ①髪を濡らす前にブラッシングすること
  • ②シャンプー剤をつける前にお湯洗いすること
  • ③シャンプーを泡立てて頭皮を洗うこと、爪を立てずに指の腹に力を入れてもむように洗うこと
  • ④洗い流すときは頭皮にシャンプー剤が残らないようよく洗い流すこと
を守りましょう。

Thumbシャンプーのすすぎの時間の目安は?髪の正しい洗い方を知ろう

②育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:頭皮マッサージ

頭皮マッサージは頭皮の凝りをほぐし、頭皮の血行を促進する効果があります。頭皮の血行を促進することで抜け毛・薄毛の予防効果、白髪の予防、美髪効果、また頭皮と顔の筋肉はつながっているため、リフトアップ効果もあります。

育毛剤を使わないで血行促進

頭皮の血行が悪いと毛細血管に栄養が行き渡りません。毛細血管から毛乳頭細胞に栄養が行き渡らず、髪の毛の元=毛母細胞も栄養不足になり、細胞分裂も活発に行われません。

毛母細胞の分裂が活発に行われないとヘアサイクルの成長期で髪が十分育たないまま髪は退行期・休止期を迎えてしまいます。そのような髪が増えると抜け毛薄毛となってしまいます。育毛剤には髪を太くする効果のある血行促進成分が入っていますが、頭皮マッサージをすることでも頭皮の血行を促進することが可能です。頭皮マッサージによって健康な髪を増やす効果、より太い髪を生やす効果が期待できます。

頭皮マッサージで育毛剤いらず?

頭皮のマッサージは

  • 基本は親指以外の4本の指の腹を使います。
  • 頭皮を押しながら動かすようにマッサージします。
  • 最初は耳の上や後ろ側を4本の指で頭皮を押し上げるように(または円を描くように)マッサージ、頭頂部付近は頭皮を頭頂部へ集めるようにマッサージします。

育毛剤を使った後のマッサージが効果的ですが、育毛剤を使わない場合はそのままマッサージしても、またノンアルコールの化粧水や美容オイルなどを育毛剤の代わりに使っても良いでしょう。

育毛剤不要!ツボ押しマッサージ

頭部には血行を促進して抜け毛や白髪を予防したり、自律神経を整え頭痛や眼精疲労を改善するツボが多くあります。ツボを押すだけの簡単マッサージで髪を太くする育毛効果が期待できます。

百会・風池・天柱も抜け毛を予防し髪を太くする効果のあるツボと言われています。百会は上から指で押して、風池や天柱は親指を使って下から上に押し上げるようにすると押しやすいです。育毛剤不要で道具を使わないでも簡単にできるマッサージです。丈夫な髪の毛を生やすために、育毛剤代わりに毎日ツボ押しマッサージを習慣にしてみるのはいかがでしょうか。

Thumb頭皮マッサージは薄毛の予防・発毛促進に効果あり⁉︎やり方のご紹介!

③育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:食べ物

私たちの体は食べ物から得られた栄養を元につくられています。当然私たちの髪の毛も、食べ物から得られた栄養が、髪の元となる細胞に届いて生えてきます。育毛剤を使っていたとしても、栄養が足りなければ髪を育てることができません。

丈夫な髪を生やすなら、髪に良い栄養素が摂取できる食べ物をきちんと摂ることが重要です。もちろん食べる量にも気をつけましょう。

中学生のまだ成長期のうちは、体の成長のためにも食べる量はしっかり確保しておかないといけません。中学生ぐらいの年代(12~14歳)だと男子で2300~2900kcal、女子で2150~2700kcalが1日の食事量の基準とされています。大人よりも多い食事量が必要です。

中学生でも栄養不足になれば、髪の毛が弱って薄毛や白髪などのトラブルが起きることもあります。体の健康のためにも食事の量・質ともに不足しないよう注意が必要です。

しっかりとした栄養バランスも髪には大事

10代・20代の若い学生さんや会社員の人など、一人暮らしを始めて食べる量や栄養バランスが足りてない人もいるかもしれません。また10代~20代の女性はダイエットで食事量を減らしたりすることもあるかもしれませんが、栄養不足は髪の健康にも良くありません。

10代・20代の若い人でも薄毛に悩む若年性脱毛症もあります。薄毛にならないよう食べ物にも気を遣って、健康な髪を生やすようにしましょう。30代以降になると食習慣にあまり変化がなくなってくるかもしれません。長い食習慣が髪の毛に良いものならば良いのですが、髪の量や髪質の変化が気になるのであれば、それは年齢によるものではなく、髪に必要な栄養素が足りていないかもしれません。

育毛剤で効果が出なかった人も、頭皮の血行や頭皮環境に問題があるのではなく、栄養不足が原因で髪に元気がないのかもしれません。今一度健康な髪を生やすのに必要な栄養素、髪に良い食べ物、悪い食べ物についても見直してみると良いでしょう。

髪を増やす・生やすのに必要な栄養素

髪の毛はケラチンというタンパク質でできていますので、まず髪を生やすならタンパク質は必要です。ケラチンはさまざまなアミノ酸から構成されているので、特定の食品からだけでなく、複数の食品からタンパク質を摂取するのが理想です。

ビタミンはどれもタンパク質から髪が作られるのに重要な役割がありますが、特にビタミンB群頭皮環境を整え、毛母細胞を活性化させ、健康な髪を生やす作用があります。

ミネラルも欠かせない栄養素ですが、その中でも亜鉛は健康な髪を生やすのに重要とされる栄養素です。亜鉛はケラチンの生成をサポートし、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用もあるとされています。育毛剤にもアミノ酸やビタミンはよく含まれています。育毛剤なしで育毛対策をしたいなら、各種アミノ酸、ビタミンを食べ物からしっかり摂取するようにしましょう。

髪の毛に良い食べ物は?

タンパク質は健康な髪を生やすのに欠かせない栄養素です。タンパク質を多く含み、髪に良いとされている食べ物には

  • 納豆
  • 乳製品
  • 鶏肉
  • ナッツ類
  • 緑黄色野菜
  • 亜鉛を含む牡蠣
などが髪に良い食べ物とされています。

髪の毛に悪い食べ物は?

動物性脂肪の多い食べ物、糖分の多い食べ物は、髪の健康に悪いとされています。脂の乗ったや、ケーキやチョコレートなどのお菓子、スナック菓子、インスタント食品などを摂り続けると、健康な髪を生やすことを阻害します。

中学生や10代、20代のうちは、スナック菓子や脂の乗った肉を好んで食べる人が多いかもしれません。髪の健康にも良くないようなので、ほどほどの量にしておきましょう。

Thumb発毛・育毛に良い効果がある食べ物・食事・食品は?栄養で発毛促進しよう!

④育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:育毛サプリ

頭皮が敏感で育毛剤は使わないようにしている人、また育毛剤を使うのが面倒で使わないで育毛対策をしたいという人もいるでしょう。そのような人には飲む育毛剤である育毛サプリを服用するのもおすすめです。

育毛剤と全く同じ作用があるわけではないですが、育毛サプリには髪に良い成分が配合されており、生活習慣の改善とともに服用することで髪を太くするサポート効果が期待できます。

育毛サプリにより成分はさまざまですが、ノコギリヤシ、亜鉛、ミレットエキス、ナツシロギク、イソフラボン、その他アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれていることもあります。育毛サプリによっては、日頃の食事だけでは摂取が難しい栄養素を補うこともできます。

育毛剤とのセット使いで髪を太くする効果がアップすることが期待できますが、事情があって育毛剤を使わないという人は生活習慣の改善やマッサージなどの対策と併せて、育毛サプリを服用することもおすすめです。

Thumb発毛・育毛促進剤おすすめランキング!発毛促進に効果のあるサプリもご紹介

⑤育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:睡眠

睡眠にも育毛剤のように髪を育てる効果があるようです。しかし中学生や10代の若い人たちだけでなく、大人でも夜遅くまでスマホでLINEをしたりゲームでストレス解消をしている人も少なくないようです。

睡眠不足は薄毛・抜け毛の原因となるストレスにもなります。育毛剤を使っていたとしても、髪を太くするどころか、その効果が半減してしまうかもしれませんよ。育毛剤を使わないなら、なおさら睡眠不足は避けるようにしないといけません。

髪を太くするために、睡眠で成長ホルモンを促す!

睡眠中は成長ホルモンという髪を健やかに保つホルモンが分泌されます。成長ホルモンは10代をピークに年齢とともに減少していくホルモンです。育毛剤なしで髪を太くするためには、体内の育毛剤とも言える成長ホルモンを分泌させる必要があります。

浅い眠りも成長ホルモンの分泌を阻害するので、寝る直前のスマホやPCは控え、早めに就寝しましょう。特に中学生や高校生は大事な成長期、寝る子は育つといいますが、睡眠は体の成長にも髪の成長にも重要です。寝不足にならないよう注意しましょう。

Thumb髪に睡眠不足は良くない!寝る時間はいつがベスト?【抜け毛対策】

⑥育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:ストレス解消

ストレスは眠りを妨げ、ホルモンバランスを乱し、血流を悪くすることで髪の成長に悪いことばかりです。ストレスにより薄毛、抜け毛になったり、円形脱毛症になる人も少なくありません。育毛剤やマッサージを実践しても、強いストレスに晒されたままでは髪を太くする効果も薄くなってしまうでしょう。

育毛剤を使わないならまずストレス解消

ストレスは髪を太くするのを阻害するさまざまな要因を引き起こします。育毛剤を使わないなら、ますますストレス解消の方法を探ることが必要になるでしょう。中学生や10代の若年性脱毛症はストレスが原因のことも多いようです。LINEやtwitterでの交流疲れ、試験や受験のストレスなどが考えられます。

スポーツをしたり友人と遊びに行くこともストレス解消になります。また悩み事があっても一人で解決しようとする傾向は中学生や10代でよく見られます。悩みの解決に周囲の大人のサポートが必要な場合もあるでしょう。

大人は仕事や家庭、育児、ママ友との交流などでストレスとなることが多いです。ジム通いや友人とのおしゃべり、カラオケなどで発散できるかもしれません。お酒でストレス解消する人も多いかもしれませんが、飲み過ぎは髪の健康に悪いのでほどほどにしましょう。

Thumbストレスと薄毛の原因は関係あり?髪の抜け毛対策は心の改善から!

⑦育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法:適度な運動

育毛剤を使わないで髪を増やす方法として、最後に運動での方法をおすすめします。体を動かすことは体の健康だけでなく髪の健康にも良いとされています。運動はストレス解消法の一つとしてもおすすめですが、他にも育毛剤と同じく髪を育てる効果があるようです。

有酸素運動が血行を改善

ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動には育毛剤同様、血行促進作用があります。体の血行が悪ければ、いくら頭皮に育毛剤を塗ったとしても栄養が行き渡らないことが予想できます。体の血行を良くすることで、頭皮にも栄養が届くようにしましょう。

有酸素運動は大人だけでなく、中学生や10代の若い人にも健康な髪と体づくりのためにおすすめの方法です。疲労を蓄積させない程度に、育毛剤代わりに運動をしてみるのはいかがでしょうか。

筋トレが成長ホルモン分泌を促す

成長ホルモンは睡眠だけでなく筋トレでも分泌されるそうです。体内の育毛剤のような効果のある成長ホルモンを分泌させることで、健康な髪を生やすことが期待できます。ジムに行ったりや道具を使わなくても、腹筋とスクワットを寝る前に5分程度でも良いそうです。育毛剤代わりになる成長ホルモン分泌のために、毎日の筋トレもおすすめです。

Thumb有酸素運動は薄毛対策に効果的⁉筋トレでハゲと健康を改善!

むしろ使うべき育毛剤とは。使わない薄毛対策は危険?

育毛剤を使わないで、育毛ケアをする方法を7つ紹介してきましたが、それでも薄毛が進行してしまうことはあるでしょう。どうしても駄目だった場合育毛剤に行きついてしまいます。では、そんな時に最初から使っておけばよかったと感じる育毛剤とはどのような特徴があるのでしょうか。

厚生労働省認可の育毛成分配合のもの

役所である厚生労働省の認可成分が配合されている育毛剤は、国から成分の効果が認められているということになります。自分で見つけて怪しいサイトで購入するよりかは断然、効果が期待できるでしょう。さらにそのような育毛剤はお得な保証がついている場合が多いです。ぜひ確認してコストにも自分にもあったものを選んでみてください。

無添加のもの

育毛剤の中にはアルコールなどのアレルギーを起こす成分が大量に混入されている場合があります。育毛剤を選ぶ際にはそのような部分が抑えられているかも重要なポイントでしょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

【まとめ】育毛剤を使わないなら7つの方法を実践!

育毛剤を使わないで髪の毛を増やす方法を7つ紹介しましたがいかがでしたか。髪を太くするには一つの方法に偏り過ぎず、生活全般において育毛を意識した習慣を心がけましょう。中学生、10代のうちは頭皮の血行や頭皮環境より、栄養不足やストレス、ホルモンが関わっていることが多いと考えられます。育毛剤の前に原因を探ることも必要でしょう。

大人の場合育毛剤は有効な手段と考えられますが、使わないのであればマッサージ、シャンプー、生活習慣の改善などあらゆる方法をまず実践してみることがおすすめです。

しかしながら、結局のところ頭皮環境を整え必要な栄養を補給できる育毛剤を使うことが大変便利で有効であることが確認できたということでもありました。

また育毛剤は使用できないけど本格的な薄毛治療をしていきたいという方は1度専門家に相談してみてはいかがでしょうか?無料カウンセリングを行っているクリニックも多いですし、1人で悩まないことも大切です!

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

もっと育毛剤や他の薄毛対策を知りたい人はこちら

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング
Thumb頭皮マッサージの効果的なやり方!間違ったやり方は逆効果にも⁉︎
Thumb薄毛対策に納豆を食べる⁉育毛効果とおすすめの食べ方を徹底解説!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事