育毛剤のメリット・デメリットを徹底解説!育毛剤の特徴まとめ!

薄毛に悩む人の中には育毛剤の使用を考えている人も少なくないと思いますが、育毛剤にはメリットがある一方でデメリットがある場合もあるようです。今回は育毛剤を使用する上で知っておきたい育毛剤のメリット・デメリットについて詳しくみていきます。

目次

  1. 育毛剤のメリット・デメリットとは?育毛剤の特徴について解説!
  2. 育毛剤にはメリットだけでなくデメリットもある?
  3. 育毛剤に期待できる効果とは?
  4. 頭皮環境を改善する効果
  5. 育毛剤を選ぶときに注意したいデメリットとは?
  6. 育毛剤にはさまざまな種類がありメリット・デメリットも違う?
  7. 塗る育毛剤のメリット・デメリットとは?
  8. 飲む育毛剤のメリット・デメリットとは?
  9. 育毛剤の使用以外の薄毛治療のメリット・デメリットとは?
  10. 育毛剤のメリットをより得るためにマッサージがオススメ
  11. 使用することでさまざまなメリットのあるおすすめの育毛剤とは?
  12. 【まとめ】育毛剤のメリット・デメリットを理解して薄毛対策を!
  13. もっと育毛剤について知りたい人はこちら

育毛剤のメリット・デメリットとは?育毛剤の特徴について解説!

薄毛の人の中には育毛剤の使用によって薄毛の改善を図ろうと考えている人もいることと思いますが、育毛剤にはそれぞれメリット・デメリットがあると言われています。育毛剤といえば人気育毛剤のチャップアップやポリピュアから、飲むタイプのプロペシアなどを思う浮かべる人もいるかもしれませんが、それらにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。今回はメリット・デメリットを含めた育毛剤の特徴について掘り下げます。

Thumb育毛剤の種類を特徴・効果別に徹底解説!症状別使い方まとめ!

育毛剤にはメリットだけでなくデメリットもある?

育毛剤には薄毛の原因を抑え込む効果や育毛促進効果があり薄毛の改善に結びつくというイメージがあるものですが、育毛剤と一口に言ってもさまざまなものがあり、効果には差があるとされています。中には効果的とされメリットが大きいようにみえてなんらかのデメリットがある育毛剤もあるため、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておきたいものです。

育毛剤といえば人気のチャップアップやポリピュアなどがありますが、他にも飲む育毛剤であるプロペシアやミノキシジルなども挙げられます。それぞれの育毛剤には異なるメリット・デメリットがあるため、それぞれの特徴をしっかりと捉えた上で自分に合った育毛剤を使用したり、他の治療法を実践したりすることで薄毛の改善を図っていきましょう。

Thumb育毛剤のメーカー10社の特徴を徹底検証!【商品紹介・比較】

育毛剤に期待できる効果とは?

人気育毛剤といえばポリピュアやチャップアップなどを思い浮かべる人も多いと思いますが、そのような育毛剤にはどのような効果があるのでしょうか。育毛剤によって得られる効果やその度合いは異なるとされていますが、ここでは一般的に育毛剤に期待できる効果についてみていきます。自分に合った育毛剤を選び効率的な薄毛対策を行うためにも、下記のような育毛剤の効果・特徴についてしっかりと把握しておきたいものですね。

薄毛の原因に対処する効果

育毛剤にはさまざまな種類のものがありますが、育毛剤に期待できる効果としてまず挙げられるのは、薄毛の原因に対する効果でしょう。薄毛に悩む人の中にも男性ホルモンに原因があるとされるAGA(男性型脱毛症)に悩む人は多いとされていますが、AGAを効率よく改善するためには原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する必要があるでしょう。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンに還元酵素である5αリダクターゼが結合することで生成されてしまいます。DHTが過剰に分泌され、細胞の受容体と結びつくと脱毛因子の働きが活性化してしまい、脱毛指令が出されることによって髪のヘアサイクルが乱され、薄毛の発症・進行につながってしまうようです。

薄毛の中でもAGAに悩む人はかなり多いとされていますが、育毛剤を使用して薄毛対策に臨む場合には、原因物質であるDHTを抑制すべく、5αリダクターゼの働きを抑えられるような育毛剤を使用するのがよいかもしれません。薄毛が進行しており発毛を促したい場合でも、まずは原因となる男性ホルモンに働きかけ、その進行を食い止めたいものです。

AGAの症状としては生え際の両サイドから薄毛が進行するM字はげや頭頂部に薄毛の症状が現れるO字はげなどが挙げられますが、これらの薄毛に悩んでいる場合にはDHTの過剰分泌を抑えるべく5αリダクターゼの働きを抑制できるようなメリットのある育毛剤を選ぶとよいでしょう。

人気育毛剤といえば薬用ポリピュアやチャップアップなどが挙げられますが、これらの育毛剤には女性ホルモンに類似した働きをするイソフラボンが豊富に含まれており、5αリダクターゼに作用してくれるような成分が配合されているようです。ポリピュアなどにはヒオウギ抽出液などが含まれていますが、このような成分に着目して育毛剤を選ぶとよいかもしれません。

また、ポリピュアやチャップアップなど塗るタイプの育毛剤のみならず飲むタイプの育毛剤も存在しますが、その中にはフィナステリドという成分が含まれたプロペシアという治療薬もあります。フィナステリドにも5αリダクターゼの働きを抑える効果が期待できるようですが、その副作用のリスクも考慮し自分に合った育毛剤を選んで薄毛の原因にしっかりと対処しましょう。

血行を促進する効果

前述のように育毛剤の中には薬用ポリピュアやチャップアップなどのようにイソフラボンを含み5αリダクターゼの働きを抑制できるとされるヒオウギ抽出液のような成分が配合されているものもあるようです。他にもプロペシアなどの飲む育毛剤もあるものですが、それらを使用して原因に対処した上では、育毛剤によって血行を促進し育毛を行いたいものです。髪の生え変わり・成長に必要な栄養素は血液によって運搬されるものですが、頭皮の血流が停滞している状態では髪に必要な栄養がうまく行き届かなくなってしまい、栄養不足に陥って薄毛が進行してしまうかもしれません。そのため、血行を促進する効果のある育毛剤を使用することによって血流改善を図り、髪・頭皮にしっかりと栄養を行き渡らせたいものです。薄毛の人の中には過労などに伴う眼精疲労によって血行不良を引き起こしている人も多いとされています。そのため薄毛を効率よく改善するためには血流の改善も非常に重要となりますが、そのためには血行促進効果が高いとされる育毛剤を使用したいものです。原因に対処した上で血流を改善することで、効果的な育毛につながるかもしれません。

育毛剤の中にはミノキシジルなど高い血管拡張作用をもち発毛につながるとされる成分が配合されているものもあるようです。ミノキシジルはタブレットとして服用する他、外用薬として処方してもらうことも可能なようですが、市販の育毛剤の中にもリアップなど血行促進による育毛効果が期待できる育毛剤も存在するようですね。血行促進による育毛効果というメリットのあるミノキシジルですが、副作用のリスクがあるというデメリットもあるようです。ミノキシジルに比べて副作用のリスクが低く、血行促進作用のある成分としては、センブリエキスなどが挙げられますが、このセンブリエキスは薬用ポリピュアやチャップアップなどの人気育毛剤にも含まれているようです。他にも薬用ポリピュアのバイオポリリン酸やチャップアップ、ブブカなどのM-034という海藻由来の成分も育毛効果があるとされています。さらに、血行を促進するためには血行促進作用のあるとされる育毛剤の使用のみならず、頭皮マッサージを併せて行うことも効果的と言われているので、効果的な育毛剤を使用するとともにそちらも実践したいものです。

Thumbヘッドスパで薄毛・抜け毛予防に効果的⁉頭皮ケアで血行促進!

頭皮環境を改善する効果

チャップアップや薬用ポリピュアなどに含まれるヒオウギ抽出液などの成分によって薄毛の原因となる男性ホルモンに対処するとともに、血行促進効果の高い育毛剤によって育毛を行うこともできるかもしれません。しかし、それらの効果も頭皮環境が乱れたままだと発揮されづらいとされており、薄毛対策においては頭皮環境を整えることも重要となります。

育毛剤の中には、フケや痒み炎症や湿疹などの頭皮トラブルを解消するための成分が含まれているものもありますが、頭皮トラブルを抱えたままではなかなか効率よく薄毛を改善することが難しい場合もあるので、まずは頭皮環境を改善したいものです。他にも頭皮の硬化に対抗したり過剰な皮脂分泌に対抗する成分などが含まれた育毛剤もあるのでチェックしたいものです。

しかし、育毛剤を使用しても頭皮環境がなかなか改善されないこともあるかもしれません。そのような場合にはシャンプーや生活習慣などになんらかの問題があるために頭皮環境が乱れている可能性があるので、効果的とされる育毛剤を使用するとともに、それらの諸問題を解決することで、総合的に薄毛にアプローチして改善を図っていきたいものです。

Thumb頭皮が柔らかい人はハゲないって本当?それともハゲるの?基準を解説

育毛剤を選ぶときに注意したいデメリットとは?

ここまで育毛剤に期待できる効果についてみてきました。薬用ポリピュアのような塗布するタイプの育毛剤からプロペシアなどの飲む育毛剤までさまざまなものがある中で、期待できる効果も育毛剤によって違うため自分に合った育毛剤を使用したいものですが、その効果のみならず値段や副作用などにも違いがあるようです。そしてそのような特徴は育毛剤のデメリットにもなることがありますが、ここでは育毛剤の一般的なデメリットについてみていきましょう。

購入場所や値段

育毛剤の中にはドラッグストアで購入できるものもあれば、ドラッグストアでは販売されていないために通販サイトなどを通して購入する必要があるものも中にはあるようです。ドラッグストアでは実物をみた上で買えるというメリットや近所のドラッグストアに出向くだけで気軽に買えるというメリットがあるようですが、そうではない育毛剤もあるようですね。

通販サイトなどでのみ取り扱っているために、実物を見れないことや送料などがかかることなどが特定の育毛剤のデメリットとして挙げられることもありますが、中には送料が無料になったり返金保証がついていたりする育毛剤もあるようです。そのため、サイトを通しての注文が必ずしもデメリットになるわけではないようですね。

また、育毛剤と一口に言っても1000円程度で購入できるものから5000円前後買えるもの、一万円近くしてしまうものまでさまざまなようです。高いからと言って必ずしも効果的とは限りませんが、値段が安いというメリットが効果が低いというデメリットにつながっていることも珍しくないため、そのことも考慮した上で育毛剤を購入したいものです。

中にはドラッグストアなどで1000円程度で販売されている育毛剤もあるようですが、そのような育毛剤は効果が低いと言われることも少なくなく、また頭皮に刺激的となる成分が含まれていることもあるようです。よって値段が安いという育毛剤には有効成分の量が少なく効果が低いというデメリットが潜んでいることもあるので要注意です。

人気育毛剤として口コミでも評判がよいものや育毛剤ランキングで取り上げられるものなどは、5000円以上の値段で販売されているものが多いようです。例えば人気育毛剤のひとつである薬用ポリピュアは7800円チャップアップは7400円で購入できるようです。しかしお得な定期便を利用すると安くなるなどのメリットもあるようです。

さらに、飲む育毛剤として有名なプロペシアなども一ヶ月あたり7000円以上かかることも少なくなく、クリニックなどを受診する場合には他に検査代診療費などがかかることがデメリットと感じる人もいるかもしれません。このように、育毛剤の値段はさまざまでありデメリットとなり得ることもありますが、薄毛の症状や予算に合わせて育毛剤を選びたいものです。

即効性が期待できないというデメリット

育毛剤には育毛剤ランキングなどでも人気の薬用ポリピュアやチャップアップなどから、飲む育毛剤であるプロペシアなどさまざまなものが挙げられますが、既述のような原因に対する効果や血行促進作用などが期待できるため、そのメリットは大きいように思えます。即効性を期待する人が育毛剤を使用すると、なかなか改善できないと感じてしまうかもしれません。

育毛剤による薄毛改善には案外長い時間がかかることも多く、三ヶ月から半年以上の期間使用を続けて効果を実感するということも珍しくありません。育毛剤によって原因に対処したり血行を促進したりした結果髪のヘアサイクルが正常化し薄毛が改善されることもありますが、乱れたヘアサイクルが正常化するのには案外長い期間を要するようです。

したがって、即効性のある治療を期待していた人にとって、育毛剤の効果が現れるまでに長い時間がかかることはデメリットと言えるかもしれません。飲む育毛剤にせよ塗る育毛剤にせよ一ヶ月以内などで大きな効果が得られないことは珍しくありません。育毛剤による薄毛対策は我慢強く継続することが肝要ですから、あらかじめそのことを考慮しておきましょう。

副作用が起こるかもしれないというデメリット

育毛剤の中にはAGAの原因に対する効果や血行促進効果、頭皮環境を整える効果などが期待できるものがありますが、同時に副作用のリスクがあるものもあるようです。副作用のリスクは育毛剤によっても違うものですが、個人の体質・肌質などによっても変わってくるものなので、成分とともに自分の体のことを考慮した上で育毛剤の使用に踏み切りたいものです。

飲む育毛剤として挙げられるプロペシアやミノキシジルなどはもともと別の疾病の治療薬として用いられていたこともあり、副作用が起こる可能性が塗る育毛剤に比べて高いとされています。一方で塗る育毛剤の中には薬用ポリピュアやチャップアップを含め、添加物などが少なく頭皮に負担がかかりにくいとされ副作用のリスクが低いものもあるとされています。

プロペシアやミノキシジルなどはその有効成分の性質上副作用が懸念されるものですが、副作用が起こるかどうかは個人の体質によっても異なるとされています。中には敏感肌であるために市販育毛剤を使用したことで頭皮に異常が起こってしまうというケースも見受けられます。育毛剤を選ぶ際には成分や自分の体質を加味し、副作用のリスクに注意したいものです。

Thumbジヒドロテストステロン(DHT)は薄毛の原因?減らす方法9選!

育毛剤にはさまざまな種類がありメリット・デメリットも違う?

育毛剤にはAGAの原因となる男性ホルモンに対処できるものもあれば、血行促進効果が高いものもあるようですが、既述のように育毛剤にはデメリットもあるようですね。ここまでは育毛剤の一般的なデメリットについて大まかにみてきましたが、育毛剤のメリット・デメリットは育毛剤の種類によっても違うものです。ここからは育毛剤のメリット・デメリットについて育毛剤の種類ごとにより詳しくみていきましょう。

男性用育毛剤・女性用育毛剤ではメリット・デメリットが違う?

育毛剤の中には薬用ポリピュアやチャップアップのように男女兼用のものもあるようですが、中には男性用育毛剤もあれば女性用育毛剤もあるようです。男性と女性では薄毛の原因や症状などが異なることもあり、男性用育毛剤と女性用育毛剤のメリット・デメリットにも違いがあるため、それぞれの特徴を理解した上で使用に踏み切りたいものです。

男女兼用育毛剤であるポリピュアやチャップアップなどは女性よりも男性が使用する割合が高いようですが、女性用育毛剤の中にもベルタ育毛剤など女性から圧倒的に支持されている人気の育毛剤もあるようです。女性用育毛剤には男性用育毛剤・男女兼用育毛剤に比べて安価なものが多いというメリットがあるとされています。

一方で女性用育毛剤はAGA(男性型脱毛症)への効果が低いとされています。女性のAGAとも呼ばれるFAGA(女性男性型脱毛症)に悩む女性もいるようですが、AGAに悩む男性が女性用育毛剤を使用しても、あまり効果を実感できない場合が少なくないようです。

女性用育毛剤はAGAの効果が低いということでAGAに悩んでいる男性は、他の育毛剤によって改善を図りたいものですが、他にも女性用育毛剤は男性用育毛剤に比べ無添加などで安全性の高いものが多いことや、保湿成分が多く配合されていることなどのメリットもあるようですね。

育毛剤による副作用には個人の体質・疾患なども関わることがありますが、AGAの原因に対処できるとされるプロペシアは女性が使用することができないため要注意です。男性が女性用育毛剤であるベルタ育毛剤などを使用しても効果が出ないことはあっても副作用のリスクが高いとは言えませんが、プロペシアなどは使用対象者が限定されているようです。

AGAの治療薬として有名なプロペシアは、成人男性を使用対象としており、未成年や女性は使用が奨励されていません。特に妊娠中の女性などの使用は胎児への悪影響が懸念されるため要注意ですが、育毛剤によってはこのようなデメリットもあるので覚えておきましょう。女性用育毛剤・男性用育毛剤の特徴を理解した上で、育毛剤を使用したいものです。

育毛剤の液のタイプによってもメリット・デメリットが違う?

育毛剤にはさまざまなタイプのものがありますが、育毛剤の液の状態によってもメリット・デメリットが異なることがあるようです。育毛剤にはサラサラとした液状のものと、粘り気を帯びたものがあるようですが、前者にはベタつきなどがなく使用感がよいというメリットがありますが、後者の場合はベタつきによって髪のセットに影響を与えることもあるでしょう。

しかし、サラサラとした液状の育毛剤は液だれする可能性が高いというデメリットがあるようです。液だれしてしまうと目に入ってしまう危険なども考えられるため、注意が必要です。そのため中には育毛剤の塗布時にタオルを用いるなど工夫している人もいるようです。

一方で粘り気を帯び液だれしにくい育毛剤は、塗布した箇所に成分がとどまるため、薄毛を改善したい箇所の対策をより効率よく行えるというメリットがあるとされています。このように使用感などを含めたメリット・デメリットは育毛剤によって違うとされているので、自分が重視するポイントに応じて育毛剤を選ぶとよいかもしれませんね。

メリットにもデメリットにもなり得る成分もある?

育毛剤には既述のようなAGAの原因となる男性ホルモンに働きかけてくれる成分もあれば、血行促進作用をもたらす成分もあるようですが、そのような成分にも副作用のリスクがある場合があります。例えば、フィナステリドが含まれAGAの原因となる男性ホルモンへの効果が期待できるプロペシアには、男性機能の低下などの副作用が考えられるとされています。

他にも、血管拡張作用があり発毛効果が高いとされるミノキシジルにも血圧への悪影響がある場合があるようです。このように効果的とされる成分には副作用のリスクがある場合がありますが、塗るタイプの育毛剤に含まれがちなアルコールなどの成分にも、同様のことが言えるかもしれません。

アルコールには殺菌作用などの育毛剤の品質維持などのメリットがある一方で、特有の匂いがあることや乾燥肌や敏感肌の頭皮に対してトラブルとなる可能性があること、また他の有効成分の浸透の妨げになる可能性があることなどのデメリットもあるようです。中にはノンアルコール育毛剤として人気のブブカなどもあるので、気になる人はチェックしてみてもよいでしょう。

Thumb育毛剤にアルコール成分(エタノール)は大丈夫?配合の理由やデメリット!

塗る育毛剤のメリット・デメリットとは?

ここまで男性用育毛剤と女性用育毛剤についてのメリット・デメリットの違いや、育毛剤の形状・成分のメリット・デメリットなどについてみてきました。数ある育毛剤の中でも薬用ポリピュアやチャップアップなどの塗布するタイプの育毛剤の使用を考えている人も多いと思いますが、ここでは後述する飲む育毛剤のメリット・デメリットとも比較すべく、塗る育毛剤の特徴について詳しくみていきましょう。

塗る育毛剤のメリット① 薄毛が気になる部分にピンポイントで塗布できる

塗る育毛剤のメリットとしてまず挙げられるのは、薄毛が気になる部分にピンポイントで噴射したり塗布したりできるということでしょう。AGAなどの薄毛に悩む人は多いとされていますが、AGAの症状は生え際や頭頂部などに現れるとされ、また人によってその症状の程度や薄毛の範囲なども異なるものです。

塗る育毛剤を使用する際には自分の薄毛の症状に合わせ薄毛が気になる部分を重点的にケアすることなども可能でしょう。しかし塗る育毛剤の中にもノズルタイプのものもあればスプレータイプのものもあり、使用感や使い方に違いがある場合もあるようです。

塗る育毛剤を使用する際には、薄毛が気になる部分にピンポイントで塗布できるというそのメリットを受けるべく、正しい使い方で使用するようにしたいものです。

塗る育毛剤のメリット② 頭皮に直接成分を浸透させられる

塗る育毛剤として人気のものには薬用ポリピュアやチャップアップなどが挙げられますが、それらの育毛剤のメリットとしては頭皮から直接的に有効成分を浸透させられるというメリットもあるでしょう。

塗る育毛剤にせよ飲む育毛剤にせよ薄毛改善効果の即効性は低いとされていますが、塗る育毛剤の場合は保湿作用などに関してはすぐにその効果の実感を得ることができることでしょう。薄毛を改善するためには体の内側からも頭皮からも効率よく働きかけたいものですが、薄毛の症状によっては塗る育毛剤が特に効果的となる場合もあるかもしれませんね。

塗る育毛剤のデメリット① 液だれする可能性がある

サラサラとした液状の育毛剤と粘り気を帯びた育毛剤の違いについてはすでに述べましたが、塗る育毛剤の中にはサラサラとした使用感のよいタイプの育毛剤も多いため、液だれする可能性には十分に注意したいものです。

液だれしてしまうと目に入ってしまう危険がある他に、成分が育毛剤を塗布した薄毛部分にとどまらない可能性などもあるので注意したいものです。飲む育毛剤の場合には錠剤を服用するだけですが、塗る育毛剤の場合にはその使い方によって効果が変わってしまうこともあるので要注意でしょう。

塗る育毛剤のデメリット② 他の対策を怠ると効果を発揮しないことも

塗る育毛剤の中には薬用ポリピュアやチャップアップのようにAGAの原因となる男性ホルモンへの働きがあるものもあれば、血行促進効果が高いものもあるようです。しかし、そのような働きが発揮されたとしても、他の対策を怠っていたり生活習慣になんらかの問題があったりする場合には薄毛をうまく改善できないこともあるようです。

例えば育毛剤の中には髪を構成する成分などが含まれていない場合もあり、それらは普段の食事やサプリの併用などで補う必要があるでしょう。また、頭皮に刺激的なシャンプーによって頭皮に負担がかかっている場合にはシャンプーの見直しなども行う必要があるでしょう。

塗る育毛剤の中には効果的なものも多いとされていますが、食事の見直しや生活習慣の改善、シャンプーの見直しなど他の対策も併せて行うことでより効率的に薄毛を改善していきたいものです。

Thumb薄毛対策は生活習慣から⁉今からできる簡単改善方法10選!

飲む育毛剤のメリット・デメリットとは?

塗る育毛剤の中にもさまざまなタイプのものがあるようですが、飲む育毛剤もその効果や副作用はそれぞれ異なるようです。飲む育毛剤を医療機関で処方してもらって服用し薄毛を改善したいという人もいると思いますが、ここでは飲む育毛剤のメリット・デメリットについてみていきましょう。

飲む育毛剤のメリット① 高い効果が期待できる

飲む育毛剤と呼ばれるプロペシアやミノキシジルのタブレットなどは、医薬品に指定されています。プロペシアに含まれるフィナステリドやミノキシジルなどは日本皮膚科学会が定めているガイドラインにおいて、A評価を下されている治療法であり、高い効果が期待できるのかもしれません。

塗る育毛剤の多くは医薬部外品や化粧品ですが、薄毛の症状などによってはあまり効果が実感できないこともあるかもしれません。一方でプロペシアやミノキシジルなど医薬品に指定されているものにはより高い効果が期待できることもあるため、薄毛の症状の程度などに合わせそのデメリットも考慮しつつ使用を考えてみてもよいでしょう。

飲む育毛剤のデメリット① 使用対象者が限定されている

比較的高い効果が得られるとされているプロペシアやミノキシジルなどの医薬品の治療薬ですが、いくつかデメリットがあり、そのデメリットは塗る育毛剤などに比べ影響が大きいこともあるので要注意です。まず飲む育毛剤のデメリットとして挙げられるのは、使用対象者が限られているということです。

フィナステリドが配合されたプロペシアなどの薬は女性が使用することは奨励されていませんが、特に妊娠中の女性は誤飲しないように注意しなくてはなりません。プロペシアなどを妊娠中の女性が服用した場合には、胎児の身体の形成に影響を及ぼすこともあるとされており、要注意なのです。

飲む育毛剤のデメリット② 副作用のリスク

さらに飲む育毛剤のデメリットとしては、副作用のリスクが塗る育毛剤よりも高いことなどが挙げられます。前述の通りプロペシアを妊娠中の女性が服用した場合には胎児への悪影響が出る可能性もあるようですが、使用対象者である成人男性が服用した場合にも男性機能の低下などの副作用が出る可能性もあるとされています。

また、ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として使用されていたものであり、服用すすることで低血圧になるなどの副作用のリスクがあるようです。したがって副作用のリスクには十分に留意した上で飲む育毛剤を服用したいものですが、飲む育毛剤は基本的に医師の診断のもとで処方してもらうのが望ましいでしょう。

中には個人輸入代行サイトなどでミノキシジルやプロペシア、そのジェネリック医薬品などを入手しようと思っている人もいるかもしれませんが、副作用のリスクや偽物が出回っているリスクなども考慮すると、病院や専門クリニックを受診して購入する方がよいでしょう。

Thumbプロペシアの偽物と本物の見分け方!通販・個人輸入は要注意!【画像あり】

育毛剤の使用以外の薄毛治療のメリット・デメリットとは?

ここまで塗る育毛剤、飲む育毛剤それぞれのメリットやデメリットについてみてきました。また、塗る育毛剤の中にもさまざまなタイプのものがありそれぞれにメリットやデメリットがあるようですが、育毛剤の使用以外にも薄毛の治療法はあるようです。ここでは育毛剤の使用以外の治療法の特徴についてみていきましょう。

育毛剤の使用以外にもメソセラピーや自毛植毛などの治療法がある?

薄毛を改善するために薄毛治療専門クリニックの受診を考えている人もいるかと思いますが、そのようなクリニックで受けられる治療としては育毛剤の処方の他に、メソセラピー自毛植毛なども挙げられます。メソセラピーは有効とされる成分を頭皮から直接注射する治療法であり、成分などによっては塗る育毛剤以上に効果的なこともあるようです。

自毛植毛は薄毛部分以外の自分の髪の毛を薄毛部分に移植する治療法ですが、一度定着してしまえば半永久的に髪の毛が生え続けるというメリットがあるようです。一方でメソセラピーや自毛植毛には育毛剤の使用に比べ高額な費用がかかるというデメリットなどもあるので、覚えておきたいものです。

育毛剤の使用以外の薄毛治療のメリット① 育毛剤より高い効果が得られることもある

メソセラピーや自毛植毛などの治療法のメリットしてまず挙げられるのは、育毛剤の使用に比べて効果が高いことが多いということでしょう。メソセラピーなどにおいては育毛剤に配合されているような成分はもちろん、髪の成長因子や髪の健康維持に関わるビタミンなども頭皮から注入することも可能なため、効果的なことも多いようですね。

また、自毛植毛は既述の通り一度定着したら半永久的に髪が生え変わり続けるというメリットがあるほか、AGAの場合でもAGAの影響を受けにくい後頭部などの髪の毛を移植するため、移植後もAGAの原因物質となる男性ホルモンの影響を受けづらいというメリットもあるようですね。

育毛剤の使用以外の薄毛治療のデメリット① 費用が高い

メソセラピーや自毛植毛などのデメリットして挙げられるのは、なんと言ってもその費用の高さでしょう。メソセラピーは一回あたり数万円から10万円前後がかかるとされており、自毛植毛の場合は100万円以上の費用がかかることも珍しくないようです。

しかし自毛植毛の場合は一度施術を終え成功すればランニングコストがかからないというメリットもあるようです。それでもやはり高額であることに変わりはなく、またクリニックによって技術の高さや費用なども異なるようです。

育毛剤の使用以外の薄毛治療を受ける場合には、上記のようなデメリットも考慮した上で、クリニックによって具体的な治療内容や費用が異なることも加味し、無料カウンセリングなどを受け医師ともしっかりと相談してから治療に臨みたいものですね。

Thumb自毛植毛のおすすめのクリニックは?ランキングTOP10!

育毛剤のメリットをより得るためにマッサージがオススメ

育毛剤をより効果的に使いたい方、育毛剤ケアと併せてマッサージを特にオススメします。今回は、特に念入りにケアしてもらいたい夜の方の手順を記します。とは言いつつも、とてもシンプルな方法ではあります。下記にまとめます。
(1)洗髪・乾かし

  • まずは髪についたフケ、ほこりをブラッシングして払いましょう。フケは雑菌などが発生させて頭皮環境を悪化させます。なるべく取り払ったほうがよいです。シャンプーはやさしく揉みながらシャンプーをしましょう。泡立てる必要はあまりありません。指の腹でやさしくモミモミするイメージで。シャワーでよくすすぎ、シャンプーは可能な限り、残らないようにして下さい。タオルでよく水分をとりましょう。少し時間をおいて自然に髪を乾かしてください。
(2)気になる薄毛部分に育毛剤を塗る
  • 気になる薄毛の部分に塗り、頭皮に浸透させるだけでOKです。容器の口を頭皮に当ててやることがより効果的です。線を引く要領で、トントンと1ラインごとになじませていきましょう。
(3)頭皮マッサージ
  • ここから本番です。マッサージはやみくもに揉むのではなく、指圧するのが一番だということが実証されています。なるべく指を垂直に立てて、頭皮を動かしてください。お風呂で血行がよくなっている際にやるのが効果的です。頭皮を柔らかくしていくイメージをもって、つむじに親指を当てて、蝶々の形を作ってつむじ周りをもみこむやり方と、親指の第二間接の山を作り、側頭部まわりをグリグリとマッサージするやり方がオススメです。また最近は、頭皮マッサージ用のグッズも豊富にありますので、使ってみるのも良いですね。
(4)よく乾かす
  • ドライヤーで軽く乾かしましょう。うっかりして熱を当てすぎないように注意しましょう。
育毛剤を使用する上で、一番のポイントは、同じ時間帯に、同じ量を頭皮に浸透させる、というところです。1日2回の用法容量の育毛剤を、夜に1回だけ、一気にまとめて塗るなどの、雑な使い方をすると効果が半減する可能性がありますので、気をつけましょう。

Thumb薄毛対策に頭皮マッサージで血行促進⁉簡単なやり方を伝授!

使用することでさまざまなメリットのあるおすすめの育毛剤とは?

ここまで育毛剤のメリット・デメリットや育毛剤以外の治療法のメリット・デメリットについてみてきましたが、やはり塗るタイプの育毛剤での気軽に薄毛対策を始めたいという人は多いことでしょう。塗るタイプの育毛剤にもさまざまなものがありますが、使用することのメリットが多くデメリットが少なくて済むものとして、チャップアップをご紹介します。

チャップアップ

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

チャップアップは100%無添加、天然由来成分の育毛剤です。女性でも安心してお使いいただけます。AGA関連医師がもっとも指示している育毛剤です。

今なら56%OFF!

チャップアップは、男女兼用の無添加育毛剤として、多くの人から支持されているようです。人気の育毛剤としては他にも薬用ポリピュアやイクオス、ブブカなども挙げられますが中でもチャップアップは副作用の低さと効果などをはじめ多くのメリットがある育毛剤としておすすめです。

チャップアップは医薬部外品の育毛剤であり、血行促進作用のあるセンブリエキス抗炎症作用のあるグリチルリチン酸などが配合されています。さらにチャップアップにはオウゴンエキスヒオウギ抽出液などAGAの原因となる男性ホルモンにも対処できる効果的な育毛剤だと言われています。その上で無添加であり、副作用のリスクは低いとされています。

さらにチャップアップはサプリとセットになった定期便を一回あたり9090円という値段で利用できることや、無期限の全額返金保証がついていることなど、他の育毛剤に比べてもメリットが多いようです。数ある育毛剤の中でもおすすめの育毛剤として、育毛剤選びに迷われている方はチャップアップを試してみてください!

Thumbチャップアップを使ってみた!口コミ・体験談まとめ!効果がスゴいって本当!?

【まとめ】育毛剤のメリット・デメリットを理解して薄毛対策を!

今回は育毛剤のメリット・デメリットについて詳しくみてきました。育毛剤にはさまざまなタイプのものがありその効果や副作用のリスクも異なるため、育毛剤を選ぶ際には今回お伝えしたようなメリット・デメリットを考慮したいものです。他の対策と併せて総合的に薄毛に対処すべく、自分に合った育毛剤を選んで効率よく育毛に取り組んでいきましょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

もっと育毛剤について知りたい人はこちら

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング
Thumb育毛剤おすすめランキング!選び方・効果的な使い方もご紹介!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事