M字ハゲは自毛植毛で治す?効果や治療方法・費用は?【画像あり】

M字はげに悩まれている方の中には自毛植毛によってM字はげを治した芸能人の画像をみたことがある人もいるかもしれませんが、治療費用の高いと言われる自毛植毛はM字はげに効果的なのでしょうか。自毛植毛がM字はげに効果的なのか、その画像や費用などとともにお伝えします。

目次

  1. 自毛植毛はM字はげに効果的?自毛植毛の費用・効果について画像を交えて解説!
  2. M字はげは自毛植毛で治るもの?費用は高く失敗のリスクも?
  3. そもそもM字はげとは?基準や原因をチェック!
  4. そもそも自毛植毛とはどのような治療法?費用は高いけど効果的?
  5. 自毛植毛と人工植毛のメリットとデメリットって?
  6. M字はげを治すために自毛植毛にかかる費用とは?他の治療に比べて費用は高い?
  7. M字はげを自毛植毛で治した人はいる?自毛植毛の結果を画像で解説!
  8. 画像のようにM字はげを治すために自毛植毛を行えるおすすめのクリニックとは?
  9. 【まとめ】画像のようにM字はげは自毛植毛で改善できることも!自分に合った方法でM字はげを改善!
  10. もっとM字ハゲと自毛植毛について知りたい方はこちら!

自毛植毛はM字はげに効果的?自毛植毛の費用・効果について画像を交えて解説!

アイテム
アイランドタワークリニックの画像
アイランドタワークリニック

最新の植毛技術
全国に4院展開中
無料カウンセリング実施中

自毛植毛の国内シェアNo.1クリニックはこちらから

薄毛の中でもM字はげに悩む人は多いようですが、自毛植毛によってM字はげが治ると言われることも少なくないようです。中には20代から前髪がスカスカとなりM字はげに悩む人もいるようですが、評判のよいクリニックでの自毛植毛でM字はげが治る場合も少なくないようです。今回はM字はげの基準や自毛植毛の評判や効果、失敗するリスクなどのデメリットについて、自毛植毛に関する画像とともにお送りします。

M字はげは自毛植毛で治るもの?費用は高く失敗のリスクも?

近年ではまだ若い20代の人でも前髪がスカスカになり髪型が決まらなくなってしまうこともあり、改善のためには育毛剤の使用をはじめさまざまな方法が考えられますが、中でも評判がよいM字はげの治療法のひとつが自毛植毛だと言われています。自毛植毛は一度定着したらその後半永久的に髪が生え続けるため、M字はげの根本的な解決法のひとつとされています。

一方で自毛植毛には費用が高いというデメリットや失敗するリスクがあるというデメリットなどが挙げられることがあり、クリニックによっても費用や評判、医師の技術が異なるようです。生まれつきおでこが広いだけで杞憂にすぎない場合もありますが、中には20代でも前髪がスカスカになり生え際の薄毛が進行してM字はげに悩む人は多いようなので、自毛植毛について理解を深めたいものです。

Thumb自毛植毛をしたブログから学ぶ!失敗体験記12選!【画像あり】

そもそもM字はげとは?基準や原因をチェック!

自毛植毛によってM字はげが根本的に治るケースもあるとされていますが、そもそもM字はげとはどのような薄毛なのでしょうか。中には育毛剤を使用して生え際の薄毛を予防・改善する人もいるかもしれませんが、20代でM字はげに悩む人でも自毛植毛で治ることもあるということで、気になりますよね。そんな自毛植毛についてしっかりと理解するためにも、M字はげの基準や原因についてしっかりと把握しておきましょう。

M字はげの原因とは?

近年では20代の人でもM字はげに悩む人は多いとされており、中には坊主にして薄毛を目立たなくさせる人もいるようですが、自毛植毛を治療法として考える上ではM字はげの基準や原因について知っておきたいものです。M字はげはAGA(男性型脱毛症)の一種と言われることもありますが、その発症・進行には男性ホルモンが関わっているようです。

男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合するとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成されるようですが、このDHTがAGAの原因物質とされています。生え際や頭頂部はこのDHTの影響を受けやすく、遺伝によって生まれつき薄毛になりやすい場合もあり、20代の若い人であってもM字はげやO字はげに悩まされることがあるようです。

また、おでこや生え際は血行が悪化しやすいとされており、そのこともM字はげの進行を助長することがあるようです。20代の若い人でも長時間のデスクワークで眼精疲労に悩まされている人は多いようですが、目周辺の筋肉が凝り固まることでおでこや生え際の血行不良が引き起こされ、それが生え際の薄毛につながりM字はげが悪化してしまう人もいるようなので要注意です。

M字はげの基準とは?

M字はげの発症・進行には男性ホルモンが関わっているとのことでしたが、M字はげの治療方法の選択肢として自毛植毛を考える上では、M字はげの基準についても知っておきたいものです。実はM字はげの基準にはさまざまなものがあるようですが、医師が定義する基準としては、耳の上から垂直に伸ばした線と生え際の間が2cm以下であればM字はげだと診断されるとのことです。

しかし、中にはおでこに指が4本分入ったらM字はげという基準もあるようですが、こちらは医師が定めた基準ではなく、中には生まれつきおでこが広い人や生まれつき額がM字型の人もいるため、全ての人に適用できる基準ではないかもしれません。しかし、以前よりも生え際が後退しおでこが広くなったという場合にはM字はげが進行している可能性もあるので要注意です。

また、最近髪型が決まりづらくなったことや前髪がスカスカになってきたことも、M字はげの基準になることがあるので要注意です。前髪の細さに関してもおでこの広さ同様、生まれつき細い人もいるため一概には言えませんが、以前よりおでこが広くなった、前髪が以前よりスカスカになった、髪型に違和感を覚え始めたことなどもM字はげの基準として意識してみるとよいかもしれません。

ThumbM字ハゲになる人に特徴がある⁉ない?自宅でチェック!改善方法はある?

そもそも自毛植毛とはどのような治療法?費用は高いけど効果的?

生まれつきおでこが広いという人も中にはいますが、20代であっても前髪がスカスカになったり生え際が後退してM字はげが進行してしまうこともあります。髪型に違和感を覚えた時点などから髪型を坊主にして薄毛を目立たせなくさせるだけでなくなんらかの方法で改善を図りたいものですが、自毛植毛でM字はげが治ることもあるようです。評判がよい一方でデメリットもあるとされる自毛植毛は、一体どのような治療法なのでしょうか。

自毛植毛は人工植毛よりも効果的な治療法?

植毛と言っても人工植毛自毛植毛がありますが、人工毛を移植するのではなく薄毛部分以外の自分の髪の毛を移植できる方法として、自毛植毛の方が効果的だと言われることも少なくないようです。人工植毛には傷口が化膿しやすいというデメリットや移植後も定期的にメンテナンスをする必要があるというデメリットなどがありますが、自毛植毛は一度定着したら半永久的に生え変わるとして評判がよいようです。

また、近年では自毛植毛の技術も進歩しており、以前よりも高い定着率や自然な仕上がりを実現できる自毛植毛も増えているとして、M字はげの改善に期待が高まります。中には最先端のロボットを駆使した自毛植毛を行えるクリニックもあれば、熟練の医師がスピーディーかつ丁寧に移植を行なってくれる評判のよいクリニックもあるのでチェックしたいものです。

自毛植毛にはデメリットもある?

中には20代でも前髪がスカスカになり、生え際が後退してM字はげに悩む人もいるようですが、髪型を坊主にするなどして薄毛を隠す方法もあれば、育毛剤などで予防・改善を図る方法もあります。そしてさらには、自毛植毛で解決を図る方法もあります。自毛植毛は移植した髪の毛が定着したら半永久的に生え続けるため他の予防・改善方法に比べて効率的と言われることもありますが、デメリットもあるようです。

自毛植毛のデメリットとしては術後の一時的な脱毛や移植部位にかさぶたができることなどが挙げられます。他にもさまざまな副作用が出る可能性もあり、案外デメリットもある自毛植毛ですが、このようなデメリットには個人差があるようです。中にはM字はげの予防・改善効果の高い無添加の育毛剤などもあるので、手術のリスクが気になる人はそちらを試してもよいでしょう。

また、自毛植毛を行う上で手術を行いやすくするべく坊主にすることや、必ずしも坊主にする必要はなくとも頭部の一部を刈り上げる必要があることなどもデメリットとして挙げられることがあります。坊主にしてしまうと手術の傷跡が目立ってしまうこともありますが、近年では坊主であってもあまり傷跡が目立たないような手術を行えるクリニックもあるようです。

さらに自毛植毛には他の予防・改善方法や治療方法に比べて費用が高いというデメリットもあるようですが、一度定着してしまえば半永久的に生え続けるとされランニングコストがかからないとも言えます。

リスクがありつつも高い費用をかけて手術を受けるかどうかや、坊主にすると傷跡が目立つこともあるけれど手術をスムーズに行うために坊主にするかどうかなど、自毛植毛においては選択を迫られる局面が多いとも言えるので、M字はげの他の予防・改善方法も考慮しながら自毛植毛について慎重に考えたいものですね。

Thumb植毛手術の失敗例は?リスクと対策方法を調査!【画像あり】

自毛植毛と人工植毛のメリットとデメリットって?

これまで、自毛植毛と人工植毛の違いについて説明してきましたが、それぞれの手術のメリット/デメリットを大まかにまとめたいと思います。

自毛植毛のメリット

  • ランニングコストがかからない
  • 自信の毛を使用しているため定着しやすい
自毛植毛のデメリット
  • 値段が高い
  • 坊主にする必要がある
  • ショックロスで脱毛する可能性がある
人口植毛のメリット
  • 値段が安い
  • 自身のしたい髪型にできる
人工植毛のデメリット
  • 皮膚がトラブルを起こす可能性がある
  • 定着率が低く定期的に通院の必要がある
このようにどちらも一長一短と言ったように見えますが、健康上の理由から日本皮膚学会では人口植毛は推奨されていません。実際の植毛手術も自毛植毛が主流になってきています。また、どちらにしてもクリニックの評判を調べて失敗のリスクが低いクリニックで手術するのが良いでしょう。

Thumb自毛植毛をしたブログから学ぶ!失敗体験記12選!【画像あり】

M字はげを治すために自毛植毛にかかる費用とは?他の治療に比べて費用は高い?

髪型を変えて生え際の薄毛を隠すだけの人もいれば育毛剤を使用してM字はげの予防・改善に努める人、あるいは自毛植毛を行ってM字はげの悩みを解決する人もいるでしょう。生まれつきおでこが広い人もいますが、中には20代のうちから前髪がスカスカになりM字はげになってしまう人もいるため、自毛植毛も含め自分に合った方法で予防や治療を行いたいものです。

自毛植毛を行う上でやはり無視できないのはその費用でしょう。評判のよいクリニックなどでは自毛植毛によってM字はげが治ることもあるようですが、自毛植毛は他の治療法に比べて費用が高いとも言われており、基本治療費として20万円ほどがかかった上に、1グラフトあたりの治療費用として1000円前後がかかり、合計で数十万円から100万円以上かかることも珍しくないようです。

一方でランニングコストがかからないというメリットもあり、一度定着してしまえば半永久的に生え変わるとされ移植後の髪は男性ホルモンの影響も受けづらいため、M字はげが根本的に治ると言われることも少なくないようです。また、自毛植毛にかかる費用はクリニックごとにも異なるため、評判のよいクリニックをチェックする際にはその費用も確認したいものです。

Thumb自毛植毛の女性の費用は?価格相場とおすすめのクリニックを調査!

M字はげを自毛植毛で治した人はいる?自毛植毛の結果を画像で解説!

さまざまなM字はげの予防・改善方法がある中で自毛植毛でM字はげが治ると言われることがあ理、20代で前髪がスカスカになりM字はげを発症してしまった人などは自毛植毛を考えているかもしれません。失敗するというリスクや手術のために坊主にすること、費用が高いことなども考慮したいものですが、自毛植毛の手術が成功しM字はげが治るケースもあるようなので、ここではそのようなケースについて画像とともにチェックしましょう。

サッカー選手のルーニーは自毛植毛でM字はげを治した?画像でチェック!

髪型を変えてM字はげを隠すだけの人もいれば育毛剤などを使用してM字はげを予防する人もいる中で、M字はげは自毛植毛で治ると言われることも少なくありませんが、サッカー選手のウェイン・ルーニーは自毛植毛によって後退していた生え際を取り戻した有名人の一人でしょう。ルーニーはイングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドに所属するサッカー選手ですが、上記の画像のように自毛植毛に成功したようですね。

サッカー界といえばかの有名なベッカムなど髪型が注目されることも多い中で、M字はげに悩んでいたルーニーは自毛植毛の手術を受ける決断に踏み切り、日本円で300万円以上をかけてM字はげを治したとも言われています。

その莫大な費用に比べれば、頭頂部までスカスカである場合でも日本のクリニックでは200万円以下で十分な結果が得られることもあるということや、日本にも高い技術を有した失敗のリスクが低いクリニックも存在することなども考慮し、自毛植毛を考えてみてもよいかもしれません。

ISSAは自毛植毛でM字はげを治した?画像をチェック!

生まれつきおでこが広いだけの人もいる一方で、20代から前髪がスカスカになり、髪型に違和感を覚えるなどしてM字はげを自覚し、自毛植毛に踏み切る人もいるようです。有名人の中にもM字はげに悩んでおり自毛植毛を受けたとされる人は案外多いようですが、人気のヒップホップダンスボーカルユニットのDA PUMPに所属しているISSAも、自毛植毛を受けたと言われることがあります。

以前ISSAは左側の画像のようにM字はげを目立たなくさせるためなのか髪型を坊主にしていたこともあるようですが、現在では右側の画像のようにスカスカだった生え際に髪を取り戻しているようですね。そのためISSAは自毛植毛を受けたと言われることがあり、失敗するリスクもあるとされる自毛植毛ですが、中には評判のよいクリニックで手術に成功した人もいるようですね。

ThumbM字ハゲ(生え際)でもかっこいい俳優の画像・写真50選!【徹底調査】

画像のようにM字はげを治すために自毛植毛を行えるおすすめのクリニックとは?

中には生まれつきおでこが広い人や生まれつき前髪が細い人もいるようですが、本当にM字はげに悩んでいる人も多いとされ、失敗のリスクもある自毛植毛でM字はげが治ることもあるようです。M字はげの予防方法は他にもあることや、自毛植毛のために坊主にして傷跡が目立ってしまうデメリットや失敗するリスク、高い費用のことなども考慮した上でクリニックを選びたいものですが、数あるクリニックの中でもおすすめとなるのは一体どこなのでしょうか。

自毛植毛といえばアイランドタワークリニック!治療費用は高い?

アイテム
アイランドタワークリニックの画像
アイランドタワークリニック

治療費が明確
定着率の高い植毛手術
無料カウンセリング実施中

自毛植毛の国内No.1クリニックはこちら

数あるAGAクリニックの中でも自毛植毛に特化したクリニックとして評判がよいのが、アイランドタワークリニックです。中には生まれつきおでこが広いだけの人もいるかもしれませんが、生え際の後退が気になる人などは、比較的高い費用や失敗のリスクなどのデメリットがあるものの、ランニングコストがかからずアフターケアもほとんど必要ないとされる自毛植毛を受けてみてもよいでしょう。

アイランドタワークリニックでは独自のi-direct法という自毛植毛を行なっており、熟練の医師がスピーディーかつ丁寧に移植を行うため、失敗のリスクが他の自毛植毛に比べて低くかつ定着率の高さや術後の髪型を自然な仕上がりにできることなどが評判となっているようです。

また、アイランドタワークリニックでは手術を受ける場合に交通費や宿泊費が返還されるキャンペーンを行なっているようです。他の自毛植毛に比べて失敗のリスクが低く、かつ術後の髪型を自然な仕上がりにできるとして人気のアイランドタワークリニックは、全国に四院あるようですから、アクセスしやすいクリニックをチェックし、費用や治療内容を確かめてみてもいいかもしれませんね。

Thumb自毛植毛のおすすめのクリニックは?ランキングTOP10!

【まとめ】画像のようにM字はげは自毛植毛で改善できることも!自分に合った方法でM字はげを改善!

自毛植毛のM字はげへの効果・費用について、画像とともにお送りしました。生まれつきおでこが広いだけの人もいますが、生え際の後退が気になる人は、費用の安い予防・改善対策から始めていいでしょうし、自毛植毛を考えてみてもいいでしょう。失敗するリスクや費用が高いなどのデメリットがある一方で、ランニングコストがかからないなどのメリットもあるので、アイランドタワークリニックなど人気のクリニックをチェックしてみてはいかがでしょうか。

すぐには植毛治療がはじめられない人には

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

無添加・無香料で安心
頭皮環境を改善できる
全額返金保証付き

リスクなしで育毛を始めたいなら育毛剤チャップアップ

自毛植毛を考えては見るものの「時間がない」「地理的な制約があり通えない」など、様々な課題をお持ちの人も多いかと思います。かといって放置は危険です。薄毛が進行してしまいます。

そんな人には、頭皮環境を整え、育毛有効成分をバランスよく配合しているチャップアップをおすすめします。育毛剤の各種アンケートでも断トツの1位であることから効果も期待できます。公式サイトから購入すれば永久全額返金保証も付いていますので安心して始められます。まずは試してみはいかがでしょうか。

Thumbチャップアップの正しい使用方法!育毛剤の使用量・つけ方・使い方まとめ!

もっとM字ハゲと自毛植毛について知りたい方はこちら!

Thumb自毛植毛の値段や手術費用はどれくらい?価格相場を比較!
Thumb植毛と噂の芸能人や有名人を調査!【画像あり】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事