AGA治療は医療費控除の対象?確定申告で治療費が返ってくる?

AGA治療にかかる費用をできるだけ低くおさえるために、医療費控除の利用を考えている人もいることでしょう。果たしてAGA治療には医療費控除が適用されるのか、確定申告の際にどの程度治療費が返ってくるのか、AGAと医療費控除について徹底的に掘り下げます。

目次

  1. AGA治療費は医療費控除の対象になる?気になる疑問を大調査!
  2. 医療費控除とは?
  3. AGA治療は保険は適用されない
  4. AGAと医療費控除の関係性は?
  5. AGA治療が医療費控除の対象外になる理由
  6. AGAが他の病気が原因で発症した場合は医療費控除の対象に!
  7. AGA治療で医療費控除の対象になった人の体験談
  8. AGA治療薬の個人輸入代金は医療費控除の対象外?
  9. AGA治療で医療費控除を受ける際の注意点
  10. AGA治療で医療費控除を受ける際の確定申告の流れを解説
  11. 【まとめ】AGA治療で医療費控除を受けられる可能性はある!
  12. もっとAGAクリニックについて知りたい方はこちら

AGA治療費は医療費控除の対象になる?気になる疑問を大調査!

AGAの治療が進むにつれかかる費用も膨れ上がり、医療費控除を利用してAGAの治療にかかる費用を低く抑えたいという人もいることでしょう。果たしてAGA治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか。AGAの治療費に関して気になる疑問を解決すべく、AGAの治療費と医療費控除について徹底的に調査してみたいと思います。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

医療費控除とは?

AGA治療費が医療費控除の適用対象であるか否かを知る前に、医療費控除の定義について確認しておくべきでしょう。医療費の控除とはどういう意味で、医療費控除はどのようにして行われるのでしょうか。AGA治療費に適用できるかどうかが論点となっている医療費控除がどのようなものなのかを、しっかりと把握しておきましょう。

確定申告で医療費を取り戻せる

医療費控除とは、一年間にかかった医療費が10万円を超える場合、かかった医療費から10万円を引いた額の10%が返金されるというシステムです。医療費控除の上限は200万円までとなっており、確定申告の際に自己申告することで医療費のうち一定額を取り戻すことのできる制度として、ぜひ利用したいものですよね。

医療費控除の対象には、治療に関連した諸費が全て含まれるようです。つまり診療費などだけではなく、入院費や通院にかかった交通費なども控除の対象にできるというわけです。さらに嬉しいことには、家族の分の医療費も同時に申請することも可能とのことです。

しかし、医療費控除の対象となる医療行為や薬は定められており、私たちが普段病気だと思っているものの治療がすべて対象として当てはまるわけではないようなのです。

AGA治療は保険は適用されない

まずはじめにAGA治療は基本的に保険が適用されません。これは薄毛になったからと言って生命の危険や健康を害す訳ではないためです。美容整形などと同じ意味合いですね。ですが、場合によっては医療費控除は適用されるケースはあります。後述の記事で説明させて頂きますので医療費控除できるか確認してみましょう。

Thumb女性の抜け毛・薄毛治療は保険が効かない⁉費用は?【口コミあり】

AGAと医療費控除の関係性は?

医療費控除について理解が深まったところで、AGA治療と医療費控除の関係性についてみていきましょう。AGA治療は医療費控除の対象となるのか、AGA治療にはどれくらいの費用がかかるのか、気になる点をしっかりおさえていきましょう。

AGA治療は基本的に医療費控除の対象外

AGA治療にかかった費用を医療費控除によって取り戻そうと考えていた方には悲報となるかもしれませんが、AGA治療は基本的に医療費控除の対象外です。AGA治療は美容の分野に該当すると考えられており、医療費控除の対象から外れてしまうようです。

しかし、上記の基本となるルールにも場合によっては例外が設けられることもあり、医療費控除の対象にAGA治療が含まれるケースも存在するので、しっかりとチェックしたいものです。これに関しては後ほど詳しく説明したいと思いますが、AGA治療が常に医療費控除の対象でないとは限らず、医療費控除の制度を利用しAGAの治療費用を取り戻すことも可能な場合があることは、朗報と言えるのではないでしょうか。

AGA治療費はどれくらいかかる?

続いて、AGA治療費はどれくらいかかるのかについて考えてみましょう。AGAの治療費はどんな治療薬を用いて治療を行うかによっても変わってきます。例えば、プロペシアを使用した治療の場合、プロペシアの相場は一ヶ月分が7000円から1万円ほどとなっていますから、一年服用を続けた場合は84000円から12万円ほどになると予想されます。

あるいは、ミノキシジルが配合された発毛剤のリアップを使用したAGA治療の場合、一ヶ月にかかる費用の相場は5000円から8000円となっており、一年間使用を続けた場合は合計で60000円から96000円ほどの費用がかかることになります。

しかしクリニックにおいて発毛注射などの治療を受けた場合はより費用がかさむこととなります。発毛注射の一回あたりの相場は1万円から5万円ほどですが、発毛注射の中でも効果的とされるHARG治療の場合は一回につき20万円ほどがかかる場合もあるようです。このようにAGA治療費は、治療内容によって変わりますが、年間で10万円を超えるケースも少なくありません。

既述の発毛注射などの治療や自毛植毛などの施術は比較的効果が高いとされていますが、一方で治療費用はかさんでしまうことでしょう。しかし、中にはAGA治療費用を低くおさえる方法もあり、代表的な方法としてはジェネリック医薬品を使用することが挙げられるでしょう。

新薬の開発や販売には莫大な費用がかかるものですが、ジェネリック医薬品は新薬で確認された有効性や安全性がすでに認められた成分が配合されているため、同等の効果が期待できるにもかかわらず、より安い価格での購入が可能なようです。医療費控除のことを気にせずそもそものAGA治療費用を低く抑えたい人は、ジェネリック医薬品を活用してみてもいいかもしれません。

しかし、ジェネリック医薬品の使用によって他の治療薬ではみられなかった副作用が表れる可能性があるなど、デメリットもいくつかあるようです。また、ジェネリック医薬品を含め、外国製の安価なものを個人輸入で入手した場合は医療費控除の対象外となる可能性が高まってしまうので注意が必要です。

ThumbAGA治療薬ジェネリック医薬品は⁉効果や費用を徹底比較!

AGA治療が医療費控除の対象外になる理由

続いて、AGA治療が医療費控除の対象外になる理由についてみていきましょう。残念ながらAGA治療は医療費控除の対象から外れていますが、それはなぜなのでしょうか。

AGAは病気ではないと判断される

AGA治療が医療費控除の対象外である理由のひとつには、AGAが病気ではないと判断されるということが挙げられます。国税庁によって定められている医療費控除の定義は「医師等による診療等の対価」とされています。このことから、医師によってAGAを診療をしてもらうのであれば、AGA治療が医療費控除の対象となってもおかしくないと思ってしまうことでしょう。

しかし、AGAはAGAクリニックや病院などで医師に診断・治療をしてもらうことがあるにもかかわらず、AGAは病気ではないと判断されているようです。そのためAGA治療は医療費控除の対象から外されてしまっているようです。不服を申し立てたくなることですが、そう定められているので仕方がありませんね。

しかしだからと言ってAGA治療が絶対的に医療費控除の対象から外れているわけではないので安心してください。詳しく後述しますが、基本的には病気ではないと判断されてしまっているAGAの治療も、医療費控除の対象となる場合があるのです。

AGA治療は美容目的の自由診療とみなされる

AGAが病気ではないならば、AGA治療は何に該当するのでしょうか。実はAGA治療は美容目的の自由診療とみなされているのです。自由診療とは健康保険が適用されない診療のことで、代表的なものに美容目的の整形手術などが挙げられます。そしてAGA治療も美容整形と同様に自由診療とみなされているようなのです。

美容目的の整形手術が、見た目を意識した個人の自己満足のために行われるように、AGA治療も同じような分類となるようです。AGAは生活に大きな支障をきたす類の病気だとは認められず、AGA治療は個人の見た目を改善するための自由診療に当てはまるとされ、医療費控除の対象外となってしまうという仕組みのようです。

たとえ医師による治療が行われたり医薬品が用いられたりしても、その診療が美容目的のためならば自由診療に該当することになり、健康保険の対象外であるとともに、医療費控除の対象外ともなってしまうようです。AGA治療もこのケースに当てはまるとみなされているため、医療費控除の対象から外されているんですね。

AGAが他の病気が原因で発症した場合は医療費控除の対象に!

基本的には医療費控除の対象外となるAGA治療ですが、必ずしもその限りではないとすでに述べました。果たして、例外となるのはどのような場合なのでしょうか。実はそれは、他の病気が原因でAGAを発症した場合です。他の病気から派生してAGAを発症してしまった場合、AGA治療も医療費控除の対象となるので覚えておきましょう。

尚、他の病気というのには精神的な疾患も含まれるようです。例えばストレスが原因と考えられるAGAに悩まされAGA治療を受けた人が精神的な疾病を抱えていた場合、AGA治療が医療費控除の対象となるようです。

基礎となる疾患をお持ちの方で、その副作用としてAGAを発症している場合もAGA治療が医療費控除の対象となる場合があるので、ご自身のケースを確認してみてください。もちろん他の病気に関連してAGAを発症した場合でも、必ず医療費控除が認められるというわけではなく、税務署などによっても判断がわかれることなので注意が必要でしょう。

ThumbストレスとAGAの原因が関係ありってホント!?噂の真実を徹底解説!

AGA治療で医療費控除の対象になった人の体験談

続いて、AGA治療の医療費控除を申請した人の体験談についてみていきましょう。基本的には医療費控除の対象外だとされているAGA治療ですが、中にはAGA治療が医療費控除の対象となった人もいるようです。AGA治療が医療費控除の対象となる場合は、AGA治療費が一定額を超えていることなどに加え、税務署員の裁量も関わっているので、覚えておきましょう。

  • 「クリニックに問い合わせてみましたがクリニック名の入った領収書を発行してくれるようです。医療費控除されるかは政務所の判断によるようなのでまだ分かりませんが、AGAのクリニックの領収書は控除申請に必要不可欠ではないでしょうか。」

  • 「プロペシアの代金を他の医療費と合わせて確定申告して還付金を受け取れました。病院の領収書を添付するので薬の内容までは把握できないようです。」

上記のようにAGA治療が医療費控除の対象となるように、クリニック名を記した領収書を発行してくれるクリニックなどもあるようです。専門クリニックの領収書があることでAGA治療が医療費控除の対象となる可能性が高まるとも言われており、AGA治療にかかった費用を控除してもらうためには、信ぴょう性を高めるための工夫が重要だと思われます。

また、上記の体験談のように、プロペシアなどのAGA治療薬にかかった費用を申請した結果、医療費控除の対象として認められたというケースもいくつかあるようです。しかし、税務署員の知識などによって認められるかどうかが変わってくることでもあり、条件を満たしているからといってスムーズに医療費控除を認めてもらえるとは限らないことも頭に入れておいた方がよさそうですね

Thumbプロペシアは確定申告で医療費控除の対象になるの?【徹底検証】

AGA治療薬の個人輸入代金は医療費控除の対象外?

AGA治療が医療費控除の対象となる場合でも、使用した治療薬によっては医療費控除から外れてしまうこともあるようです。それは例えば、個人輸入でAGA治療薬を購入した場合であり、AGA治療薬の個人輸入代金は医療費控除の対象外となってしまうようです。AGAの治療費用を安く済ませようと安価な治療薬を個人輸入した場合、医療費控除を受けられないこともあるので要注意です。

中には医師の処方に基づき、日本でも認可済みの治療薬を個人輸入で入手するケースもあり、そのような場合には控除の対象となることもあるようですが、基本的にはAGA治療薬の個人輸入代金は医療費控除の対象外であるようです。AGA治療で医療費控除を受けたい場合には、日本で医薬品として認められている薬を医師に処方してもらうようにしましょう。

個人輸入で入手できる治療薬には安価なものも多く、AGA治療費を抑えようと思って輸入品を入手したとしても、医療費控除は受けることができない場合が多いので注意が必要と言えるでしょう。医療費控除を受けなくとも個人輸入の治療薬を使用した方が合計の費用を安く抑えられる場合もありますが、あくまで医療費控除は受けられないので覚えておきましょう。

Thumb育毛剤を個人輸入で手に入れる?メリット・デメリット比較!

AGA治療で医療費控除を受ける際の注意点

続いて、AGA治療で医療費控除を受ける際の注意点についてみていきましょう。本来ならAGA治療にかかった医療費を控除してもらえる場合においても、いくつかの注意点を見落とすと受けられるはずの控除を受けられないこともあるので、下記の注意点をよく確認しておきましょう。

医療費控除の注意点

  • 一年間で治療費が10万円以上かかっている
  • 診断書を保管する
  • 領収書を保管する
  • 処方箋を保管する

一年間のAGA治療費が10万円以上であることを確認

AGA治療で医療費控除を受ける際の注意点としてまず挙げたいのは、一年間のAGA治療費が10万円以上であることを確認するということです。自分のAGA治療が医療費控除の対象となる場合であり、後述する領収書などの書類が揃っていても、AGA治療費が一年間で10万円に満たない場合には控除の確定申告をしても返金してもらうことができないので要注意です。

尚、対象となる治療費は通院にかかる交通費なども含まれます。すべての費用をあわせて10万円以上になるかどうかを確認すべく、交通費など見落としがちな費用を忘れないように気をつけましょう。また、ここで言う一年間とは1月1日から12月31日のことを指すこともしっかりと覚えておいてくださいね。

また、治療費が10万円に満たない場合でも医療費控除を受けられる例外もありますが、それに関しては後述します。基本的には一年間のAGA治療費が10万円以上でなければ医療費控除を受けられないということを理解し、しっかりと確認するようにしましょう。

診断書を保管

確定申告の際にAGA治療の医療費控除を申請ししっかりと返金してもらうためには、診断書が必要となります。診断書は医師からAGAという病気の治療を受けたという証明となるため、確定申告の際に医療費控除をスムーズに行えることでしょう。

医療費控除を受けられるかどうかは税務署員の一存で決まることもあるため、病気の治療であるという印象を与えることで、医療費控除を受けやすくなるかもしれません。税務署員によってAGA治療と医療費控除の関係性に関する知識の量は違い、どこまで把握しているかはわからないので、税務署員を納得するための材料は多いに越したことがありません。

税務署員が簡単に医療費控除を認めてくれないことも想定し、診断書をしっかりと保管して医療費控除の申請時に役立てられるようにしたいものですね。

領収書を保管

診断書とともに領収書を保管しておくことも、AGA治療の医療費控除を受けるためには重要なことです。既述の通り、通院にかかった交通費なども含め治療に関連する費用の多くが控除の対象となります。診察費の領収書や治療費の領収書のみならず、交通費の領収書などもしっかりと保管しておくことで、医療費控除を受けやすくなることでしょう。

また、クリニックによってはクリニック名を記載した領収書を出してくれるところもあるようです。クリニック名が記載された領収書によって病気を治療したということの信ぴょう性が高まり、AGA治療で医療費控除を受けられる可能性が高まるかもしれません。このように、医療費控除を受けるために活用できるものはできる限り活用して、控除を受けられる可能性を高めたいものです。

また、認可されていない治療薬をした場合、その領収書に具体的な薬品名が記載されている場合控除の対象から外されてしまう可能性があるかもしれません。領収書を保管しておくことは重要ですが、税務署員の一存で決まることもあるため、確定申告のときに利用する領収書に記載されている内容に関しては、少し考慮した方がいいかもしれません。

処方箋を保管

診断書や領収書とともに、処方箋を保管しておくことも、確定申告時に医療費控除を申請する際に役立つとされています。これは特に、プロペシアやミノキシジルなど医薬品に分類されるAGA治療薬を処方された人は実践すべきポイントでしょう。

治療薬を購入した際の領収書はもちろんのこと、治療薬の処方時に手渡された処方箋を確定申告時に一緒に持ち込むことで、病気の治療をしたという信ぴょう性が上がり、AGA治療に対する医療費控除を受けやすくなるかもしれません。診断書や領収書とともに、処方箋も決して捨てることなく保管しておくようにしましょう。

AGA治療費が10万円以下でも医療費控除の対象になるケース

10万円以上の治療費というのが基本的には医療費控除の対象となっていますが、実は医療費控除の基準にはもう一つあり、それは課税標準の5%というもののようです。課税標準は収入によって収入の何割分ということが決まっています。そして医療費控除が適用されるのはその課税標準の5%か10万円のいずれか低い方の金額を超えた場合となるようです。

つまり、低所得者であれば医療費が10万円以上かからなくとも控除を受けられる場合があり、AGA治療費の申請もその基準に当てはまるようです。AGA治療費が10万円を超えていないからといって医療費控除の申請をあきらめるのではなく、自分の所得も考慮し、AGA治療費がもう一つの基準の方を超えていないかどうかをチェックしてみましょう。

もちろん、AGA治療費が10万円以下でも医療費控除の対象となるケースでも、領収書などの書類を揃えることなど、確定申告時の申請に必要な準備は同様にしなくてはなりません。上記のように10万円以上ということのほかにも基準があることを頭に入れながら、医療費控除の申請について考え直してみてもいいかもしれませんね。

AGA治療で医療費控除を受ける際の確定申告の流れを解説

ここで、AGA治療で医療費控除を受ける際の確定申告の流れをみていきましょう。確定申告は税務署で行うことになりますが、そのためには各種書類をしっかりと揃えておかなくてはなりません。それには既述の領収書などに加え、源泉徴収票や医療費控除に関する欄が設けられている確定申告書、医療費集計フォームなども含まれています。

医療費集計フォームは国税庁のホームページからダウンロードできるようです。まずは全てをしっかりと揃え、漏れがないように必要事項を全て記入するようにしましょう。それから記入漏れがないかを確認して税務署に出向き、確定申告を行うようにしましょう。

尚、確定申告の際は担当する税務署員によっては、知識不足などで本来なら医療費控除を受けられるはずなのに受けられないというケースもあるようです。これまでみてきた様々な要素を兼ね合わせ、自分のAGA治療が医療費控除の対象であることが確かである場合、簡単に食い下がらず、医療費控除の対象であることを主張することも重要なようです。

【まとめ】AGA治療で医療費控除を受けられる可能性はある!

基本的には医療費控除の対象外であるAGA治療ですが、医療費控除を受けられる可能性がないわけではありません。領収書などの書類を保管しておくことなど、医療費控除をしっかりと受けるための注意点を実践して医療費控除を受け、AGA治療にかかる費用をできるだけ低く抑えたいものですね。

AGA治療を安くしたいなら育毛剤チャップアップの使用も

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

顧客満足度No.1育毛剤
無添加で安心
全額返金保証

安価でAGA治療を目指せる育毛剤チャップアップ

クリニックでのAGA治療が高いと感じる方や、より効果的にAGA治療を行いたいという方には育毛剤の使用がおすすめです。育毛剤チャップアップならクリニックで処方される発毛薬と違い、副作用のリスクがほとんどなく安価なため手軽に薄毛の改善が見込めます。今なら全額返金保証も付いておりますので育毛剤の入門に適していると言えるでしょう。

もっとAGAクリニックについて知りたい方はこちら

Thumb薄毛治療のおすすめ病院・AGAクリニック15選!費用はどれぐらい?
Thumb育毛・薄毛治療はAGAクリニック・病院で出来る!最新の治療法を紹介!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事