育毛剤の飲み薬・塗り薬オススメ5選!効果・副作用の違い

抜け毛改善や育毛対策に効果があるとされる育毛剤ですが、育毛剤には飲み薬と塗り薬があるのを知っていますか?今回は育毛剤の飲み薬と塗り薬の効果の違いや副作用の違い、使い分けのコツや併用方法、おすすめの育毛剤などについて詳しくご紹介します。

目次

  1. 【徹底調査】育毛剤飲み薬・塗り薬の効果&副作用
  2. 育毛剤の種類も違いについて
  3. 育毛剤の飲み薬・塗り薬の効果の違いとは?
  4. 育毛剤の飲み薬・塗り薬で副作用に違い
  5. 育毛剤の飲み薬・塗り薬の使用上の注意点
  6. 育毛剤の飲み薬・塗り薬はどちらを選ぶか
  7. 育毛剤の飲み薬・塗り薬でおススメ5選
  8. 育毛剤の飲み薬・塗り薬、ミノキシジルならどっち?
  9. 育毛剤の飲み薬・塗り薬。薬事法適用のもの
  10. 育毛剤の副作用が怖い人にはこちらの商品がおすすめ
  11. 育毛剤の飲み薬は組み合わせて使うとさらに効果的?
  12. 飲む育毛剤(飲み薬)女性でも使用可能なもの
  13. 育毛剤の飲み薬・塗り薬の購入方法
  14. 【まとめ】育毛剤の飲み薬と塗り薬は症状に合わせる
  15. もっと育毛剤・発毛剤の情報について知りたい人はこちら

【徹底調査】育毛剤飲み薬・塗り薬の効果&副作用

薄毛やはげが気になる方が使ってみようかな、と考える育毛剤ですが、育毛剤には飲み薬と塗り薬の2つのタイプがあるのを知っていますか?飲み薬と塗り薬の育毛剤は、その効果や副作用、使い方などに違いがありますので、それを理解したうえで正しく使用することが必要です。そこで今回は、内服薬の育毛剤と外用薬の育毛剤の効果の違いや副作用、使用する上での注意点、おすすめの商品、購入方法などについて徹底調査しました。これから育毛剤を使用したいと考えている方は、育毛剤を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください!

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

育毛剤の種類も違いについて

薄毛や抜け毛の改善に育毛剤を使用する方は多いと思いますが、育毛剤にも種類があるのをご存知ですか?育毛に効果のある医薬品には内服薬と外用薬の2種類があり、それぞれにメリットやデメリット、効果や副作用の違いがあります。ここでは、飲み薬の育毛剤と塗り薬の育毛剤について詳しくご紹介します。

育毛剤には内服薬と外用薬がある?

薄毛や抜け毛に効果があるとされる育毛剤ですが、内服薬と外用薬があります。
内服薬は、育毛効果のある飲み薬で、育毛や発毛に有効な成分を直接体の中に取り込んで作用させようとしているものです。AGA治療薬としても知られている、プロペシアやミノキシジルタブレットなどがこれにあたります。
外用薬は、塗り薬タイプの育毛剤で、頭皮に直接塗って使用します。育毛剤のイメージとしてはこちらの方が強いのではないでしょうか。よく知られているのはリアップという育毛剤です。
内服薬と外用薬の育毛剤にはそれぞれ良い面と悪い面がありますので、自分の薄毛や抜け毛の症状や原因に応じて使い分けや併用を行いましょう。

Thumb育毛剤の種類を特徴・効果別に徹底解説!症状別使い方まとめ!

育毛剤の飲み薬・塗り薬の効果の違いとは?

内服薬と外用薬のある育毛剤ですが、その効果や効能に違いはあるのでしょうか。ここでは、飲む育毛剤と塗る育毛剤の効果の違いについてご説明します。

育毛剤の飲み薬の方が治療効果は高い?

一般的に外用薬の育毛剤より、内服薬の育毛剤の方が抜け毛や薄毛の改善や育毛の効果が高いと言われています。内服薬の育毛剤は、口から胃に入ったあとに小腸で吸収され、育毛剤の成分は血液に混じって全身に行き渡っていきます。そのため、頭皮にだけ局所的に塗る外用薬の育毛剤と異なり、体の内部から確実に毛根に届いて直接作用する効果が望めます。外用薬の育毛剤は、効果が欲しい部分に塗っているつもりでも、髪の毛が邪魔になっていたりしてしっかりと塗れていないと十分に毛根に有効成分が浸透しない可能性もあります。
そのため、内服薬のほうが外用薬の育毛剤より、抜け毛や薄毛・育毛対策に効果があると言われているのです。

Thumb病院で処方される発毛剤(育毛薬)の効果は⁉副作用まで総まとめ!

AGA(男性型脱毛症)治療や抜け毛の改善には飲み薬が効果的?

薄毛や抜け毛の原因として最も多いのは男性型脱毛症と言われるAGAですが、このAGAの治療には飲み薬の育毛剤の使用が効果が高いとされています。AGA治療薬と言われる、プロペシアやミノキシジルを服用することで、AGAの原因とされている男性ホルモンの抑制に直接働きかけることができます。体の中からAGAの原因物質に働きかけるため、塗り薬よりも効率的に治療を行うことができるのですが、その分副作用のリスクも高いことを理解したうえで、AGA治療薬の服用は行いましょう。

Thumbミノキシジルは内服薬と外用薬の併用が出来る⁉︎副作用と効果は?

育毛剤の飲み薬・塗り薬で副作用に違い

ここで紹介している育毛剤は医薬品ですので、内服薬であれ外用薬であれ副作用のリスクがあります。育毛剤のもたらす副作用について、内服薬と外用薬の育毛剤の間でなにか違いはあるのでしょうか。
ここでは、飲むタイプの育毛剤と塗るタイプの育毛剤のもたらす副作用について、それぞれご説明します。

育毛剤の飲み薬で起きやすい副作用は?

育毛剤の副作用について、飲み薬タイプの育毛剤で起きやすい副作用にはどんなものがあるのでしょうか。飲むタイプの育毛剤の働きとして、AGAや抜け毛の原因である男性ホルモンに直接働きかける作用があるものが多いため、

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 男性機能障害

と言われる副作用のリスクが高くなります。また、内服薬ですので胃や肝臓などの内臓にも負担をかけやすくなります。さらに、例えばミノキシジルタブレットはもともと血圧の薬として開発されたものですので、血圧に影響を及ぼす可能性もあります。このように、内服薬の育毛剤には体全体の不調を引き起こす副作用のリスクが高いとされています。そのため、内服薬の育毛剤を使用する際には、医師の管理の元、慎重に服用してください。

Thumbミノキシジルタブレットの副作用が心臓や肝臓に影響⁉︎むくみが出る?

育毛剤の塗り薬で起きやすい副作用は?

では、外用薬の育毛剤で起こりやすい副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。外用薬の育毛剤は、頭皮に直接塗布するため、頭皮のかぶれや湿疹、かゆみなどの副作用が起こる可能性が高くなります。それ以外にも、血圧の低下や心拍数の増加、頭痛、めまいなどの副作用も報告されています。頭皮に塗る場合でも、そこから育毛剤の有効成分が吸収されると、内服薬の育毛剤と同様の副作用のリスクがあります。塗るタイプの育毛剤は副作用のリスクが少ないと思い込まないように気をつけてください。

Thumb育毛剤で頭皮にかゆみ・フケが出た時の原因と対策方法!

育毛剤の飲み薬の方が副作用の危険が高い?

内服薬と外用薬ではあらわれる副作用に若干の違いがありますが、副作用の危険性としてはどちらも同じとされています。ただし、副作用が出る確率としては、体の中から作用する分、内服薬の育毛剤の方が高くなります。どちらの育毛剤を使用するにしても、副作用の危険性には十分留意して使用しましょう。

副作用が出た際の対処法は?

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

・オリジナルの医療発毛薬で薄毛を治療!
・全国の駅近くにあるので通いやすい!
・患者の99.4%が発毛を実感!

LINEなら24時間予約可能!AGAスキンクリニックの詳細はこちら

飲むタイプの育毛剤や塗るタイプの育毛剤を使用していて、もし副作用と思われる症状があらわれたら、どのように対処したら良いのでしょうか。
育毛剤を使用していて、もし副作用のような症状が出たら、すぐに使用を中止してください。このとき、育毛剤の効果が出てきているからと言って、副作用を我慢してしまうのは絶対にやめましょう。もしそのまま我慢して使用を続けると、あとで取り返しのつかないことにもなりかねません。
育毛剤で育毛や発毛以外に症状があらわれたときは、必ず使用を中断し、使用をやめても症状が回復しない場合には、かかりつけ医の診断を受けましょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

育毛剤の飲み薬・塗り薬の使用上の注意点

内服薬の育毛剤や外用薬の育毛剤を抜け毛や薄毛対策で使用する場合には、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。
内服薬であっても外用薬であってもここでご紹介している育毛剤は、医薬品でもありますので、使用上の注意点を守らなければ育毛の効果が十分に得られなかったり、副作用によって健康を害してしまったりします。
ここでは、育毛剤を使用する上で注意しておかなければならないことについてご説明します。

規定の摂取量や用法を必ず守る

内服薬でも外用薬でも、育毛剤は医薬品であることを忘れてはいけません。医薬品ですので、副作用のリスクは必ずあります。できるだけ副作用が起こらないように、決められた摂取量や用法を必ず守るようにしましょう。育毛剤は、決められた規定量より多く服用したり、塗布したりしても、その分育毛や発毛の効果が高くなるというものではありません。規定量を超えて使用しても効果に違いはありませんし、それどころか逆に効果が半減したり、健康を害してしまう可能性もあります。
育毛剤を使用する際には、決められた用法と容量を必ず守りましょう。

Thumb育毛剤の正しい使い方・選び方を伝授!〜より効果を出すために

育毛剤の飲み薬・塗り薬はどちらを選ぶか

内服薬の育毛剤と外用薬の育毛剤の違いについてご説明してきましたが、薄毛や抜け毛対策にはどちらの育毛剤を選んだほうが良いのでしょうか。飲み薬でも塗り薬でもそれぞれにメリットやデメリット、向き・不向きがあります。ここでは、育毛剤の飲み薬をおすすめしたい人と、塗り薬をおすすめしたい人をそれぞれご紹介します。

飲み薬をおすすめしたい人

飲み薬の育毛剤をおすすめしたい人は

  • 家系的に薄毛の人
  • 確実に短期間で育毛剤の効果を得たい人

などです。特にAGAの治療には、プロペシアやミノキシジルタブレットの飲み薬の育毛剤は効果が高いとされています。また、飲み薬の育毛剤は、服用する場所や時間を選ばず、気軽に使用することができるため、忙しい方や周りの人に薄毛治療を行っていることを知られたくない人にもおすすめです。

Thumb薄毛・ハゲは遺伝?遺伝子は母方、父方から?確率と治療まとめ!

塗り薬をおすすめしたい人

では、塗るタイプの育毛剤をおすすめしたい人とは、どのような人でしょうか。まず、

  • 内服薬の育毛剤に抵抗がある人

には、塗るタイプがおすすめです。やはり、内服薬の育毛剤は、体の中から直接作用するため、「副作用が怖い」という方はたくさんいらっしゃると思います。そのような心配のある方は、塗るタイプの育毛剤の使用をおすすめします。また、飲むタイプの育毛剤は男性機能障害の副作用が出やすいため、子作り中の人や将来的に子供を設けたい人にはおすすめしません。子作り中の方で育毛治療を行いたいなら、塗るタイプの育毛剤の使用をおすすめします。ただし、塗るタイプであるからといって副作用のリスクがないという訳ではありませんので、使用する際には必ず用法や容量を守って使用するようにしましょう。

Thumbミノタブ服用で子作りは危険⁉子供に副作用が影響する?【徹底調査】

育毛剤の飲み薬・塗り薬でおススメ5選

では実際の育毛剤でおすすめの商品にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、実際に販売されている薄毛や抜け毛対策の育毛剤について4種類の育毛剤をご紹介していきます。

ミノキシジルタブレット

価格 3000円程度
分類 医薬品(内服薬)
有効成分 ミノキシジル
副作用 あり
購入方法 クリニック

ミノタブの作用

  • 血管を拡張、成分を届きやすくする
ミノタブの副作用
  • 動悸・息切れ
  • 血圧低下
  • 性欲減退
  • 多毛症

日本で正式に認可されている医薬品としての育毛剤は2種類しかありません。それが、ミノキシジルとプロペシアです。
ミノキシジルには、育毛や発毛を促進する効果があるとされており、経口薬であるミノキシジルタブレットと塗るタイプの外用薬であるリアップがありますが、ここでは、ミノキシジルタブレットについてご紹介します。ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬で、血管を拡張して血流を良くする目的で作られました。ですので、ミノキシジルには強い血行促進効果があると言われています。頭皮の血行が促進されると、頭皮の毛乳頭細胞や毛母細胞まで髪の毛に必要な栄養素を届けることができ、発毛や育毛に効果があるとされています。ミノキシジルはとても効果が高いと口コミでも人気で、薄毛や抜け毛、育毛治療には欠かせない育毛剤となっています。
もちろん、ミノキシジルタブレットは医薬品ですので、副作用のリスクがあります。副作用としては、動悸やめまい、体毛が濃くなる、血圧が低下するなどの症状があるといわれています。服用の際には医師の診断のもとで、十分に副作用に注意しながら服用してください。

Thumbミノタブ体験談!効果や副作用を口コミ徹底検証!

プロペシア

価格 約3000円~5000円
分類 医薬品(内服薬)
有効成分 フィナステリド
副作用 あり
購入場所 クリニック

プロペシアの作用

  • 薄毛抜け毛の原因物質の抑制
プロペシアの副作用
  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起不全

プロペシアは、フィナステリドという成分を主成分にしたAGAの治療薬で、AGA専門クリニックや病院へ行くと第一治療薬に選択されるほど認知度の高い飲むタイプの育毛剤です。プロペシアは内服薬であり、AGAの原因とされている男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があるといわれています。プロペシアは、発毛や育毛効果があると言うより、抜け毛を抑制し、薄毛を食い止めることを期待できます。
また、プロペシアは医薬品ですので、もちろん副作用のリスクがあります。勃起不全や性欲減退、食欲不振、肝機能障害など、場合によっては健康を害する恐れのある副作用ですので、使用する際にはかならず健康状態に問題がないか検査してから使用しましょう。きちんと医師の診断を受けた上で、十分注意しながらの使用をおすすめします。

Thumbプロペシアのブログまとめ【効果/副作用の体験談・写真も満載】

フィンペシア

価格 1000円から
分類 医薬品(内服薬)
有効成分 フィナステリド
副作用 あり
購入場所 クリニック

フィンペシアの作用

  • 抜け毛の原因酵素抑制
フィンペシアの副作用
  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起不全

フィンペシアは、さきほどご紹介したプロペシアのジェネリック医薬品です。主成分となっているのはプロペシアと同じフィナステリドで、効果や効能に大きな違いはないと言われています。フィンペシアは日本ではまだ未認可の育毛剤になりますので、入手方法としては、今のところ個人輸入となります。ジェネリック医薬品ということで、価格はプロペシアと比較してもリーズナブルに購入できますし、薄毛や抜け毛改善効果はプロペシアと同じくらい期待出来ます。
一部では、発がん性があるとされているキノリンイエローが使用されていますので、服用については自己判断でお願いします。また、副作用については、プロペシアと同じように勃起不全や性欲の減退、頭痛やめまいなどといった報告があるようです。プロペシアと同様の効果が欲しいけど、あまり費用はかけたくないという方にはフィンペシアの使用をおすすめします。

ThumbフィンペシアはAGAに効果的⁉副作用はある?【体験談あり】

リアップX5

アイテム
リアップX5の画像
リアップX5

  • ミノキシジル5%配合
  • 塗付タイプで使いやすい
  • 市販で気軽に購入可能

ミノキシジル配合の発毛剤を今すぐ体験

価格 7,048円
分類 医薬品(外用薬)
有効成分 ミノキシジル
副作用 あり
購入場所 通販、市販サイト。ドラッグストア

リアップの作用

  • 血管拡張により育毛成分を行き届きやすくする
リアップの副作用
  • 血圧低下
  • 性欲減退
  • 動悸・息切れ
  • 多毛症

次に紹介するリアップX5は、いわゆる塗るタイプの育毛剤で、ミノキシジル配合の外用薬です。リアップという名前は、一昔前にメディアでも話題になったため聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。リアップX5にはミノキシジルが5%配合されており、これまでのリアップよりも効果が高いと言われています。リアップX5は、塗布すると頭皮の血行を促進する効果があるとされ、毛根にしっかりと栄養を運ぶことができるようになって、育毛や発毛を促進するとされています。
リアップX5は地肌に直接塗って使用しますが、頭皮から有効成分が体内にも取りこまれるため、副作用のリスクもあります。特に、頭皮の湿疹やかぶれ、かゆみの報告が多く、さらに頭痛やめまいなどが起こる場合もあるようです。とはいえ、経口タイプのミノキシジルやプロペシアよりもそのリスクは低いとされています。

Thumbリアップx5の口コミから薄毛対策の効果を調査検証!副作用はある?

ロゲイン

価格 3565円
分類 医薬品(外用薬)
有効成分 ミノキシジル
副作用 あり
購入場所 クリニック(限られる)

ロゲインの作用

  • 血管拡張により成分を行き届きやすくする
ロゲインの副作用
  • 血圧低下
  • 性欲減退
  • 動悸・息切れ
  • 多毛症

最後に紹介するのはリアップと同じ塗付タイプの育毛剤ロゲインです。こちらはクリニックで処方してもらう必要がありますが、処方してくれるクリニックも限られてくるので注意が必要でしょう。ロゲインの特徴の1つは男性用と女性用が分かれている部分です。
男性用の方がミノキシジル濃度が高く、女性の方がやや少ない形になっています。それぞれの頭皮に一番合った濃度での配合がされています。しかし、ミノキシジルが配合されている以上、発毛効果も期待できますが、副作用のリスクはもちろん出てきてしまいます。リアップと同じく頭痛やめまい、頭皮の湿疹などがあげられるので必ずクリニックで相談してから使用するようにしましょう。

Thumbロゲインは生え際(前頭部)に効果はあるの?側頭部には?

育毛剤の飲み薬・塗り薬、ミノキシジルならどっち?

ミノキシジルは効果が高いのは周知の通りですが処方薬として未認可な点や、副作用リスクが高く、扱いが難しい薬でもあります。ミノキシジルは飲み薬(内服薬)か、塗り薬(外用薬)か、どちらがよいのか以下に整理します。

ミノキシジルの飲み薬、塗り薬、一長一短

  厚生省認可 効果 副作用
ミノキシジル外用(塗り薬) 血管拡張、毛乳頭の成長因子を活性化、毛母細胞の退行の抑制 かぶれ、むくみ、炎症
ミノタブ(飲み薬) × 全身の血管拡張作用、頭部への発毛 不整脈、心不全、肝・腎機能の低下、等など

発毛力が高いミノキシジルは塗り薬。飲む薬のどちらのタイプもあります。効果が高いといわれてますが当然、その反動で強い副作用があります。塗り薬で代表的なのが上記でもご紹介した「リアップx5」です。なお5%以上の濃度は皮膚化やクリニック、海外製品の個人輸入で入手できます。

ミノキシジルの内服薬はミノキシジルタブレット(ミノタブ)ですが、ご存知の方も多いと思いますが現在、もっとも発毛効果が高いといわれている薬です。アメリカでも薄毛治療薬として一般的に処方されつつありますが、日本では構成労働省の認可が下りておらず、いまだに「血圧の降圧剤」扱いです。一部のクリニックは血圧の薬として処方してくれるのですが、アメリカほど根づいておりません。また医師の中にはミノタブ反対派もおり「良識のある医師はミノタブを処方しない」という意見まであるくらいです。

というのもミノタブの副作用の事故は、危険なものだと心不全や不整脈のような洒落にならない重篤症状が見られ、またそれを予防するための対処も素人にはなかなか難しいという側面があります。食事のタイミングや飲酒、他の治療薬との併用が難しいなどの制限がかなりあるので、もしミノタブを服用したいのであれば、医師と細かく相談した方がよいでしょう。

ミノキシジルは元は降圧剤(高血圧症のための薬)でした。肝臓への負担や、血圧の急激な変動が起こるために、元から血圧に問題を抱えている方は、原則的に服用は厳禁です。重大な(死亡例を含む)副作用の報告は、まだ報告例がなく(非公式だとあるとの情報あり)日本ではミノタブは危険性が高すぎるという判断が下されているようです。

特にミノタブは取扱い注意!

ミノタブについては、血圧を激しく変動させる為に血管にも負担がかかるといわれています。予期せぬ脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などリスクを挙げるとキリがありません。もしミノタブを服用するのであれば、1ヶ月ごとに病院で血液検査や血圧検査は必ず行なった方がよいでしょう。個人輸入などで安価に簡単にミノタブを入手できてしまえるのですが、素人判断で下手に手を出すと火傷ところではない事態になりかねないです。(個人輸入は偽薬も多く出回っているのでリスクが高いです)したがって、効果を追求するならばミノタブ(飲み薬)がよいのですが、まずはリスクの低い塗り薬から入門するのがオススメです。

Thumbミノタブに偽物が⁉本物を見分ける方と購入方法を徹底調査!

育毛剤の飲み薬・塗り薬。薬事法適用のもの

飲み薬の場合

飲み薬の場合はサプリ等を覗き、必ず国の認可を受けなければ販売することができないようです。なぜなら飲み薬の場合は直接体内に作用するため、しっかりとした検査がなければ副作用の発見が遅れたり、その効果が信じられないほどの影響を与えてしまったりするからと考えられます。ほとんどのものは認可がされていますが、個人輸入などを行っている業者の中には認可されていない成分を配合したものが売られている所も数多くあります。

飲み薬服用の際は必ず専門医に相談の上、用法容量を正しく守り、副作用などがあることを知ったうえで服用するようにしましょう。

塗り薬の場合

塗り薬の場合は医薬品と、医薬部外品とに分かれてきます。医薬品は国から認可された製品であり。医薬部外品は安全ですが、効果の薄い認可成分を含んでいるということになります。もちろん認可されている方が安心感が増しますが、実際副作用などに危険がある以上、まずは医薬部外品からと考える人も多いでしょう。どちらが自分に合っているかを選択し、育毛をしてみてください。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

育毛剤の副作用が怖い人にはこちらの商品がおすすめ

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・天然由来成分なので副作用の心配なし
・サプリメントとの併用も可能
・医薬部外品

全額返金保証キャンペーン中

育毛剤の副作用についてご説明してきました。飲むタイプの育毛剤でも、塗るタイプの育毛剤でも副作用のリスクはありますが、これらの育毛剤を使用しているからといって100%起こるというものでもありません。それでも副作用のリスクが怖いから、医薬品の育毛剤の使用はしたくないという方には、医薬部外品の育毛剤やサプリメントの使用をおすすめします。医薬部外品であれば、強い成分は含まれていないことがほとんどですし、天然成分由来のものも多いようです。効果は医薬品に比べて低いですが、安心して服用・使用できます。
どのような育毛剤やサプリメントが自分にあっているかを見極めて上手に活用しましょう。

Thumb天然由来成分配合の育毛剤8選!頭皮に優しく薄毛対策!

育毛剤の飲み薬は組み合わせて使うとさらに効果的?

内服薬の育毛剤には、ミノキシジルを主成分とするものと、フィナステリドを主成分とするものの2種類がありますが、それぞれ効果や効能が異なるため、併用して服用すると、より高い効果が得られるとされています。
ここでは、その2つの育毛剤について、人気の組み合わせをご紹介します。

ミノキシジルタブレット+プロペシア オススメ度:★★★★

最もよく処方されているのが、ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせです。プロペシアで抜け毛や薄毛改善を促して、ミノキシジルタブレットで発毛効果を期待します。AGA専門クリニックでの治療で効果があったと感じている方のほとんどは、この組み合わせて育毛剤を服用しています。
しかし、内服薬の育毛剤の併用は効果が高いと同時に、副作用のリスクも高くなることを忘れてはいけません。体に変調が見られたらすぐに服用を中止して、医師の判断を仰ぐようにしてください。

Thumbミノタブとプロペシア併用が効く⁉効果や副作用を徹底調査!

ミノキシジルタブレット+フィンペシア オススメ度:★★

ミノキシジルタブレットとプロペシアの組み合わせの次に多く使われているのが、ミノキシジルタブレットにフィンペシアを合わせた組み合わせです。プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを選択することで、ややコストが下がるというメリットがあります。フィンペシアで抜け毛や薄毛の改善を行い、ミノキシジルタブレットで育毛の効果を期待できます。
ただし、フィンペシアは日本ではまだ未認可の飲む育毛剤ですので、使用したい場合には個人輸入で購入することになります。服用の際には、自己責任になりますので、十分に注意して使用してくださいね。

Thumbミノタブとフィンペシアの併用の効果と副作用まとめ【飲み方も解説】

飲む育毛剤(飲み薬)女性でも使用可能なもの

「育毛剤って男性が使うものだから女性はダメなんじゃない?」と思いがちですが、実はそんなことありません。女性用の育毛剤は数多くあり、中でも最初は飲む育毛剤でしっかり育毛に必要な栄養をとっていくのが大事でしょう。飲む育毛剤は塗る育毛剤と違い、習慣にしやすく気軽に飲むことが出来ます。さらに栄養補助的な面が強いため、副作用などの心配はいらずに飲んでいくことが出来ますよ。またこちらの育毛剤ならば医師の処方がいらずに手軽に購入することができます。そんな部分も魅力の1つですね。

Thumb女性の育毛におすすめなサプリメントランキング!【飲む育毛剤】

育毛剤の飲み薬・塗り薬の購入方法

飲み薬や塗り薬の育毛剤は、どのようにして購入すれば良いのか知っていますか?ここでは、飲み薬や塗り薬の育毛剤を手に入れる方法についてご紹介します。

皮膚科でも処方してもらえる?

これまでご紹介している育毛剤は塗るタイプのものも、飲むタイプのものも医薬品扱いになります。ですので、基本的に購入するには医師の処方箋が必要となります。皮膚科やAGA専門のクリニックや病院へ行って、処方をしてもらいましょう。
金額的には高額になりますが、副作用のあるとされる育毛剤ですので、医師の管理の元で使用するほうが安心感がありますよね。医薬品の育毛剤の購入は、医師に処方してもらっての購入をおすすめします。

個人輸入という方法も!?

近くにAGA専門クリニックや病院がない方や、通院する時間が取れない方、またできるだけ費用を抑えたい方は、個人輸入という方法で育毛剤を購入することもできます。
個人輸入のメリットは、そのコストが病院で処方してもらうより安くですむことと、通院の手間がないことです。さらに個人輸入なら、日本では未認可の育毛剤やジェネリック医薬品も購入することができます。ジェネリック医薬品であれば、育毛剤の成分に違いはありませんが、正規の医薬品より安くで購入できるメリットもあります。
ただし、個人輸入の場合はリスクも高いため、信頼のできる輸入業者から購入することを心がけましょう。また、服用していて少しでも副作用を感じたら、すぐに使用を中止することが大切です。

Thumb育毛剤を個人輸入で手に入れる?メリット・デメリット比較!

【まとめ】育毛剤の飲み薬と塗り薬は症状に合わせる

飲み薬の育毛剤と塗り薬の育毛剤についてご紹介してきましたが、その効果や違いについて理解できましたでしょうか。
飲み薬の育毛剤も塗り薬の育毛剤もそれぞれに特徴やメリット、デメリットがありますので、一概にどちらが良いとは言えません。育毛剤は、ご自分の薄毛や抜け毛の症状や原因に合わせて選択するようにしましょう。自分に合った育毛剤で、薄毛や抜け毛の改善を目指して、元気な髪の毛を取り戻してくださいね!

副作用が心配な方は、こちらの育毛剤

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・全額返金保証あり
・天然成分由来で副作用なし
・モンドセレクション金賞受賞、他受賞歴多数

サプリとセットの定期便なら定価から56%OFF!

やはり塗り薬にしても、飲み薬にしても副作用が心配ですよね。このような副作用が起こる原因は配合されている成分にあります。どうしても育毛効果を高めるために、ミノキシジルやフィナステリドを配合していいると危険性が出てきてしまいます。「育毛ケアはしたいけど、副作用がないものがいい」と考えている人にはこちらの育毛剤がおススメです。
このチャップアップならば天然成分由来のため副作用の心配はありません。また、保証面もしっかりしているため安心して使用することが出来ますよ。

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

もっと育毛剤・発毛剤の情報について知りたい人はこちら

Thumbプロペシアの効果を写真で検証〜前髪/生え際から発毛するまで
Thumbミノキシジルタブレットの効果・副作用が分かる画像・写真15選!
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事