フィナステリドとミノキシジルの効果・副作用の違いは?併用できる?

AGA治療に有効とされるフィナステリド、ミノキシジルの効果と作用を理解することでAGA治療を正しく行うことができます。また、フィナステリドとミノキシジルを併用することはできるのか、メリットやデメリットについても調べてみました。

目次

  1. フィナステリドとミノキシジル、効果を比較!
  2. フィナステリドとは?
  3. フィナステリド配合の代表的な薬
  4. フィナステリド配合薬は海外通販で入手可能
  5. フィナステリドの副作用は?
  6. ミノキシジルとは?
  7. ミノキシジル配合の代表的なAGA治療薬
  8. ミノキシジルの副作用は?
  9. フィナステリドとミノキシジル、併用は可能?
  10. 【まとめ】フィナステリドとミノキシジル、併用してAGA治療効果UP!
  11. もっとミノキシジルを知りたい方はこちら!

フィナステリドとミノキシジル、効果を比較!

生え際がM字型に後退したり、頭頂部がO字型に薄くなるのが男性型脱毛症の典型的な症状と言われています。

男性型脱毛症・AGAの治療に有効とされる成分としてよく耳にするのがフィナステリドとミノキシジルという成分ですが、この2つはどのような効果を発揮するのでしょうか?

フィナステリドとミノキシジルそれぞれの効果や違い、効果が出るまでの期間等を比較し、理解することで正しく使用しましょう。

また、このフィナステリドとミノキシジルを併用することが可能かどうかについても調べてみました。

フィナステリドとは?

男性型脱毛は男性ホルモンの一つ、テストステロンが5aリダクターゼという酵素によって変換されてできるジヒドロテストステロン(DHT)が原因物質と考えられています。

フィナステリドは5aリダクターゼの働きを抑制することにより、DHTの生成を抑制し、AGA治療に効果を発揮すると言われています。

 

毛髪の成長には一定の周期がありますが、DHTはこの毛周期を短縮を引き起こすため、本来の毛髪の寿命を迎える前に脱毛が起きてしまい、AGAが進行することになります。

しかし、フィナステリドの効果によって毛周期が正常化することで治療効果が期待できるわけです。

フィナステリドは一定期間、服用を継続する必要があるとされており、一般的には6ヶ月以上の期間は継続して服用することになります。

それによって血液中にフィナステリドが含まれている状態を保つことができ、効果を発揮しますが、服用を中断すると効果がなくなってしまい、AGAが進行してしまいます。

フィナステリドは必ず一定期間以上継続して服用しましょう。

ThumbAGA治療にフィナステリドのメリットやデメリットは⁉効果を徹底まとめ!

フィナステリド配合の代表的な薬

フィナステリドを配合したAGA治療薬のうち、代表的なものをご紹介します。処方箋薬として入手可能なもの、海外通販等の利用等、入手方法も確認しましょう。
 

フィナステリド配合薬1 プロペシア

プロペシアは有効成分としてフィナステリドを配合したAGA治療薬で、内服薬です。

AGAの原因のひとつとされているジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害することでAGA治療に効果を発揮することが期待できます。

プロパシアは日本ではフィナステリドを配合したAGA治療薬として認可が降りておりますので、AGA治療を行っている医療機関の診察の上、処方箋薬として入手することができます。
 

出典: http://www.fpkrr.org

Thumbプロペシア2chで効果と副作用の反応は?評判・口コミのまとめ!

フィナステリド配合薬2 フィンペシア

フィンペシアはインドのシプラ社という製薬会社が製造・販売を行っているフィナステリド配合薬で、プロペシアのジェネリック薬です。

プロペシアと同じくフィナステリドをAGA治療成分として含有しいるという点で違いはなく、プロペシアと比較して同じ効果が期待できます。

ジェネリック医薬品ということもあり、プロペシアと比較して安価な価格設定となっているようです。

日本国内では認可を受けていないため、入手する場合は海外から通販という形で個人輸入することになります。

出典: http://hb-store.com

ThumbフィンペシアはAGAに効果的⁉副作用はある?【体験談あり】

フィナステリド配合薬3 フィナロ

フィナロはフィンペシア同様、フィナステリドを配合したプロペシアのジェネリック薬で、インドのインタス社という製薬会社が製造・販売を行っています。

こちらも主成分はフィナステリドとなっており、主成分を比較した場合プロペシアと違いはありません。

こちらもプロペシアと比較して安価に入手が出来るため人気となっています。

フィナロも日本国内では認可を受けていないため、入手は海外通販という形で個人輸入することになります。

出典: http://aga-answer.com

Thumbフィナロの効果や副作用は?フィンペシアとの違いは何?

フィナステリド配合薬は海外通販で入手可能

フィナステリド配合薬のうち、プロペシアはAGA治療薬として認可を得ていますので、AGA治療を行っている医療機関での診療を経て処方薬として入手することができます。

フィンペシア、フィナロ等のAGA治療薬は日本国内での認可を受けておらず、正式な流通経路がありません。そこでインターネット等を通じた通販等で個人的に輸入することになります。

フィナステリド配合薬を通販で入手する場合の注意点

海外通販という形でフィナステリド配合薬を入手することは可能ですが、海外通販の場合、支払いや流通等に問題が発生し、トラブルになる可能性が考えられます。

また、海外では日本と違い、これらの薬についても偽物が流通していることが考えられます。

海外通販で個人輸入する場合、そのようなリスクが存在するということを前提に自己責任で購入することになります。

医療機関で診察を受けていれば自分の症状に対して適切なAGA治療薬の服用方法や万が一副作用が出た場合のケアも期待できます。

しかし個人で通販で入手した場合はこの点についても自己責任となるのが大きな違いです。

Thumbフィナステリドを個人輸入代行のオオサカ堂で通販購入は安全⁉本物?

フィナステリドの副作用は?

フィナステリドは副作用が出る可能性があると言われています。代表的なフィナステリドの副作用として下記のようなものが考えられます。

フィナステリドの副作用 性欲の減退

米国においてフィナステリドについて臨床試験を行った結果、0.7%とわずかではありますが、勃起力の低下について事例があるそうです。

また、フィナステリドを使用したことによって起こる性欲減退についても1.1%と比較的低い確率ですが報告があったとのことです。

しかし男性の性欲や勃起する仕組みについては心理的な要因を含めて複雑なプロセスを経ていることから、フィナステリドが原因と一概には言えない可能性も考えられます。

Thumbフィナステリド(プロペシア)が子作りに与える影響とは?服用の注意点!

フィナステリドの副作用 初期脱毛

プロペシア他、フィナステリドを配合したAGA治療薬や後述するミノキシジルを配合したAGA治療薬を使用して治療を始めると通常よりも脱毛が活発になることがあります。

これが初期脱毛と呼ばれる副作用です。

毛髪の一生は生えてきて成長する成長期、成長がストップする退行期、抜け落ちる休止期というサイクルを経ます。

しかしAGAが進行しているときはこのサイクルに乱れが生じていて、成長期に毛髪がきちんと成長する前に抜けてしまったり、成長しきらずに細い髪になったりすることでAGAとなります。

フィナステリドやミノキシジルはこの乱れている髪の成長サイクルを整え、正常にすることでAGAの治療効果を発揮します。

しかしヘアサイクルが正常化する過程で新しく生えて来た毛髪がまだ抜けていない毛髪を押し出すように働くため、一時的に脱毛が活性化します。

これがいわゆる初期脱毛という状態ですが、これはいずれ抜けるはずだった休止期の毛髪が抜けるだけですので、悲観するような副作用ではありません。

初期脱毛が起きたことでAGA治療薬の使用をやめてしまうのではなく、決められた通りの期間は我慢してフィナステリド、ミノキシジルの使用を継続し、AGA治療薬の使用を継続しましょう。

Thumbフィナステリド(プロペシア)による初期脱毛の期間は?ないことも?

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは元々高血圧の薬として開発されており、血管を拡張する作用によって毛根部分に毛髪の成長に必要な栄養分を過不足なく届けることができるようになることで発毛効果を促します。

ミノキシジルには育毛剤のような外用薬タイプと内服薬の2種類があり、それぞれ効果が出るまでの期間に違いがあるようです。

ミノキシジル配合の外用薬、ミノキシジル配合の内服薬の代表的な薬を紹介しながら、目安となる使用期間や違いについても比較しながら解説します。

ThumbAGA治療にミノキシジルが効く⁉効果や副作用を徹底調査!

ミノキシジル配合の代表的なAGA治療薬

ミノキシジルには育毛剤のような外用薬と内服薬があることは既に触れましたが、まずはミノキシジル配合の外用薬から紹介していきます。

ミノキシジル配合薬 リアップ

ミノキシジル配合のAGA治療薬として最も有名なのがリアップです。

ミノキシジルの効果で毛細血管を拡張することによって血流を改善し、毛根部分に発毛に必要な成分をきちんと供給することで発毛を促すという形で効果を発揮します。

ミノキシジルは一般的に使用を開始してから数ヶ月という期間で抜け毛が少なくなったことを実感できるようになり、期間として6ヶ月継続使用した段階でミノキシジルの効果が判断できると言われています。

ミノキシジル配合の外用薬・リアップはドラッグストアでも購入することが出来る、比較的始めやすいAGA治療薬と言えるでしょう。

出典: http://www.taisho.co.jp

Thumb男性用育毛剤リアップは効果はある?効かない?徹底検証!

ミノキシジル配合薬 ロゲイン

ロゲインはリアップと同じくミノキシジルを配合した育毛剤ですが、アメリカのアップジョン社が世界で初めてミノキシジル配合薬として1980年台に販売を開始した外用薬です。

AGA治療に有効な成分はミノキシジルでリアップと違いはありませんが、比較的リーズナブルな価格で入手ができるようです。

ロゲインは日本国内で認可を受けていませんので、海外通販を利用して個人輸入することで入手が可能です。
 

出典: http://www.domini-ct.org

Thumbロゲインの効果は高い?副作用や使い方は?

ミノキシジル配合薬 カークランド

ミノキシジル配合薬・カークランドは前述したロゲインのジェネリック医薬品で、ミノキシジルを配合した外用薬ですが、比較した場合リーズナブルな価格設定となっているようです。

こちらも入手したい場合は海外通販となります。

出典: http://www.replicatreee.com

Thumbカークランドの口コミでの評価は?購入体験談から効果と副作用を検証!

ミノキシジル配合薬 ロニタブ(ミノキシジルタブレット)

ミノキシジル配合のAGA治療薬といえば前述のリアップ、ロゲイン等外用薬のイメージが強いのですが、内服薬も存在しています。

代表的なのがインスタファーマ社が製造販売しているロニタブで、ミノキシジルを5mg配合している商品とミノキシジルを10mg配合している商品があります。

ミノキシジル配合の外用薬タイプは目安となる期間が6ヶ月だったのに対し、ミノキシジル配合の内服薬の場合は服用から数週間で初期脱毛が始まり、3ヶ月というミノキシジル配合の外用薬と比較して短期間で効果を感じるという事例が多いようです。

こちらは日本国内で認可を得ておりませんので、海外通販を利用して入手することになります。

出典: http://hairgrowing.net

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

ミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルにも幾つか副作用があると言われています。代表的なミノキシジルの副作用について挙げてみました。

ミノキシジルの副作用 低血圧

ミノキシジルは元々高血圧の治療薬として開発された薬であり、血管を拡張することで血圧が下がるという副作用が考えられます。

ミノキシジルの副作用 かゆみ、かぶれ

ミノキシジル配合のAGA治療薬のうち外用薬タイプの場合、ミノキシジル配合薬を塗布した部分のかゆみやかぶれなどが副作用として起こることが考えられます。

ミノキシジルの副作用 心臓、肝臓への影響

ミノキシジルの内服薬の場合、肝臓で代謝が行われるため、肝臓に負担がかかることがあると言われています。

ミノキシジルの副作用 初期脱毛

フィナステリドの副作用としても挙げましたが、ミノキシジルについても初期脱毛が起こることが考えられます。

初期脱毛は乱れていた毛髪のライフサイクルがフィナステリドやミノキシジルの働きによって正常化していく過程において起こる症状であり、いわばAGA治療の通過儀礼と言えるでしょう。

大事なのはミノキシジルの使用によって初期脱毛が起きたときに驚いてミノキシジルの使用をやめてしまうのではなく、一定期間ミノキシジルを継続して使用を続けることです。

初期脱毛が起きた段階でミノキシジルの使用を中断してしまうと、単に初期脱毛によって脱毛しただけで以前より悪化した状態となってしまう可能性があります。

ThumbAGA治療にミノキシジルが効く⁉効果や副作用を徹底調査!

フィナステリドとミノキシジル、併用は可能?

フィナステリドとミノキシジル、それぞれの効果と違いについて理解できたところで、フィナステリドとミノキシジルは併用可能か、フィナステリドとミノキシジルを併用するとどうなるのかについて調べてみました。

フィナステリドはAGAの原因に、ミノキシジルは発毛環境改善に効果を発揮

通常、医薬品は同じ効果を発揮する薬を同時期に投与しません。

しかし効果を発揮する仕組みが違う場合、それぞれの薬の効果が身体への負担を増やすことなく発揮され、効果が増幅することが考えられるため併用することがあります。
フィナステリドはAGAの原因物質の一つとされるDHTの抑制という形で原因そのものに作用しますが、ミノキシジルはフィナステリドと違い、血流改善といういわば発毛環境の改善に働きかけます。

フィナステリドとミノキシジルを併用してもお互いの作用を阻害するようなマイナスの働きは起こりません。

またフィナステリドとミノキシジルはお互いの効果を過剰に強める危険もないため、フィナステリドとミノキシジルを併用することでより高いAGA治療効果が発揮されると言われています。
 

フィナステリドとミノキシジル、併用するデメリットは?

AGA治療に効果を発揮するフィナステリド、ミノキシジルですが、前述のように効果を発揮する仕組みが違うことからフィナステリドとミノキシジルを併用することにデメリットはありません。

但しフィナステリド、ミノキシジルそれぞれに副作用の可能性がありますので、副作用が出てしまう可能性が高くなるかもしれません。

しかし、フィナステリドとミノキシジルを併用しているから副作用が出やすくなる、というわけではないようです。

副作用が出る可能性のある薬をフィナステリド、ミノキシジルと2種類服用するため、それぞれの薬の副作用が高くなるということです。

フィナステリドとミノキシジルを併用したからそれぞれを単体で使用した場合と比較して副作用が出やすくなるということではありません。
 

【まとめ】フィナステリドとミノキシジル、併用してAGA治療効果UP!

フィナステリドとミノキシジルは効果を発揮する仕組みが違うため、併用することが出来ることがわかりました。フィナステリド、ミノキシジルそれぞれの効果の違いや副作用等を再度確認しましょう。

(1)フィナステリドはAGAの原因物質、DHTのを抑制
(2)ミノキシジルは血行を改善し、毛髪環境を整える
(3)フィナステリド、ミノキシジル配合薬を個人輸入する場合は支払い、流通、偽物等のトラブルに注意
(4)フィナステリド、ミノキシジルの使用で初期脱毛が起きても一定期間治療を継続!
(5)フィナステリド、ミノキシジルは併用可能。

フィナステリド、ミノキシジルはそれぞれ違う働きをしてAGA治療に効果を発揮すると言われています。

しかし副作用の可能性を考慮し、まずはAGA治療を行っている医療機関にて診察を受け、自分にあった治療薬を使用することをお勧めします。

なお、AGA治療薬の個人輸入は代行も含めてリスクが大きく個人責任でもあり、とてもおすすめできません。

育毛剤という選択肢も

AGA治療薬には効果と引き換えに副作用のリスクがあります。また偽物のリスクや価格面での負担もあります。そうしたAGA治療薬に不安や不満をお持ちの人には育毛剤がおすすめです。

育毛剤には自然由来の育毛有効成分が配合されていますので副作用のリスクはほとんどないようです。また気になる効果については口コミなどで確認してから育毛剤を選べばよろしいでしょう。

ハゲケンでは各種アンケートで断トツの1位のチャップアップをおすすめしています。永久全額返金保証もありますので、安心して始めることができますよ。

  • チャップアップ

    7,400円

    ・100%無添加・無香料で副作用が安心

    ・業界最大級83種類の成分配合

    ・全額無期限返金保証付き

    公式サイトへ
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

もっとミノキシジルを知りたい方はこちら!

Thumbミノキシジルが女性の薄毛に効く⁉効果や副作用を徹底検証!
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング
Thumbミノキシジルタブレットの効果・副作用が分かる画像・写真15選!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事