育毛剤と発毛剤、養毛剤の違いは?おすすめ人気ランキング!【完全保存版】

薄毛が気になりだしたときの最初の一歩と言えるのが育毛剤。でも、調べて見たら育毛剤、発毛剤、養毛剤と種類がある。育毛剤はともかく、発毛剤ってなに? 違いはなに? そんな疑問を調べてみました。育毛剤と発毛剤、正しく使い分け、より効果的に薄毛対策しましょう!

目次

  1. 育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いを分かりやすく解説!
  2. 育毛剤・発毛剤・養毛剤について
  3. 育毛剤・発毛剤・養毛剤の効果とは?
  4. 育毛剤・発毛剤・養毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品がある?
  5. 育毛剤・発毛剤・養毛剤のどれを選べば良い?選び方を解説
  6. 育毛剤・発毛剤・養毛剤のおすすめ人気ランキングを発表
  7. 育毛剤・発毛剤・養毛剤の口コミ&評判
  8. 育毛剤・発毛剤・養毛剤には副作用もある?
  9. 育毛剤・発毛剤・養毛剤の注意点
  10. 育毛剤・発毛剤・養毛剤のメリット&デメリット
  11. 育毛剤・発毛剤・養毛剤の購入方法
  12. 育毛剤・発毛剤以外に注目が集まっている「スカルプエッセンス」
  13. 【まとめ】育毛剤・発毛剤・養毛剤も自分に合ったものを選び抜く!
  14. もっとおすすめの育毛剤・発毛剤について知りたい人はこちら

育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いを分かりやすく解説!

薄毛が気になっていませんか? 特に30代を超えてきた男性の半数以上が薄毛の悩みを抱えています。ですので、ちょっと頭が気になりだしても、それはあなたが特別ではありません。

そんなときに誰もが始めようかと考えるのが育毛活動です。大半の人は真っ先に育毛剤を思い出すことでしょう。

ところが、ドラッグストアなどを見に行くと、液状の育毛剤のほかにサプリメントもあるし、さらには育毛剤ではなく発毛剤や養毛剤というのまであります。一体自分にはどれが合うのか。そこで悩んでしまう人もいることかと思います。そもそも育毛剤、発毛剤の違いだってわかりません。

そこで育毛剤発毛剤養毛剤の違いを徹底的に調べてみましたので、ここでわかりやすく解説しようと思います。

Thumb30代の薄毛・抜け毛対策方法は⁉原因や改善方法を解説!

育毛剤・発毛剤・養毛剤について

「育毛剤なら聞いたことがあるけど、発毛剤や養毛剤っていったいなんなの?」

こんな疑問を持っている人も少なくないでしょう。育毛剤であればネットで検索すればすぐにわかりますし、名前からどんなものか想像がつきますよね。でも、発毛剤なんて聞いたこともない人もいますし、実際、発毛剤という名前で販売される製品はまずありません。

ここでは育毛剤と発毛剤、それから養毛剤の違いを解説します。基本的なコンセプトになりますので、まずはこの部分から勉強を始めてみましょう!

Thumb育毛と発毛の違いって?効果のある育毛剤・発毛剤おすすめランキングTOP10!

育毛剤とは

まず育毛剤です。これは名称の通り「髪の毛を育む」薬になります。

髪の毛を育てるため、頭皮の環境を整えたり、毛根に栄養を与えて髪の毛を成長させる。これが育毛剤の役割であり、特徴です。

一般的なドラッグストアやネット通販などで販売されている薄毛対策の薬や商品の大半はこの育毛剤に当たります。
 

発毛剤とは

発毛剤も名称から考えてみましょう。「髪の毛を発する」薬といえばいいでしょうか。弱り切ってしまった毛根、あるいは毛根がなくなってしまっている毛穴に栄養やきっかけを与え、新たに髪の毛を発毛させるもの。これが発毛剤になります。

ないものを作り出すと考えるとかなりの大作業です。ですので、発毛剤は刺激が強かったり副作用の懸念があります。ですので、手軽に使えるものとは言い難いです。

また、発毛剤という呼び方はあまり一般的ではありません。ほとんどが育毛剤として販売されます。というのは、発毛剤と銘打ってしまうと、日本の薬事法などで効果の誇大宣伝になってしまうからです。体質や薄毛の症状では必ず発毛するわけではないので、発毛剤とはあまり呼ばれません。

養毛剤とは

最後に養毛剤です。これは「髪の毛を養う」薬です。

つまり、すでにある髪の毛をさらに強くするためのものです。薄毛が気になりだしたばかりで、まだそれほど本数が少なくなっていない場合、あるいは育毛剤や発毛剤で髪の毛が増えてきたときに使うのがこの養毛剤になります。

サプリメントもありますし、液状の塗るタイプもあります。また、市販の育毛剤もどちらかというと養毛剤としての性能が強いものもありますし、養毛剤とは謳っていないけれども、髪の毛に効果的な成分を含んだ製品も存在します。

育毛剤・発毛剤・養毛剤の効果とは?

育毛剤、発毛剤、養毛剤で混乱してしまったあなた。上記のそれぞれの違いを読んで、なんとなくどんなものかがわかってきたかと思います。では、今一度、育毛剤、発毛剤、養毛剤のそれぞれの効果の違いをおさらいしてみましょう。

(1)育毛剤
残っている毛根と頭皮を改善して髪の毛を育てる。
(2)発毛剤
ほとんど残っていない毛根を復活させ髪の毛を生やす。
(3)養毛剤
今ある髪の毛に養分を与え、健康な状態を保つ。

この中では最も発毛剤が強力な成分を含んでいるものとされますので、もしも育毛剤、発毛剤、養毛剤の3つを順番に使うとしたら、発毛剤→育毛剤→養毛剤、の順番になりますね。あくまでも発毛剤を必要とするほどの薄毛進行具合のケースですが。

Thumb育毛剤の種類を特徴・効果別に徹底解説!症状別使い方まとめ!

育毛剤・発毛剤・養毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品がある?

育毛剤、発毛剤、養毛剤の効果がわかってきたところで、ふと気がついたことはありませんか? 育毛剤と発毛剤は似ているようで目的と効果が違うことから、成分が違うのだろうと想像がつき始めている人もいるのではないでしょうか。

その通りです。育毛剤や発毛剤の決定的な違いは内容成分です。育毛や養毛には栄養がたくさん含有され、発毛剤は髪の毛を作り出すような強い成分が配合されています。


ですので、刺激が強い成分が多い場合は日本の薬事法によって医薬品に分類されるなど、医師や薬剤師の処方箋がないと購入できない場合もあります。

まず、育毛剤は多くが医薬部外品です。ドラッグストアなどで手軽に購入できるのは、安全性が高いからです。つまり、副作用が起こる可能性が小さいものが多いということにもなります。ただ、一部の育毛剤には医薬品に分類されるものがありますし、医薬部外品でも一概に副作用がないとも言い切れませんので、注意しましょう。

発毛剤はゼロになった毛穴から細胞を分裂させて毛根を作るわけですから、かなり強い成分が含まれることは想像つきますね。ですので、発毛剤はほとんどが医薬品です。使用には細心の注意と、治したいという覚悟、それから医師の指導は必須です。発毛剤に興味がある人はよりしっかりとした勉強と知識が必要です。

養毛剤は育毛剤よりも効果が緩やかなものが多く、医薬部外品もありますが、もっと効果の小さい化粧品に分類される商品もあります。医薬部外品に分類されるほどもない安全な成分が使用されることが多く、この育毛剤や発毛剤と比較しても最も手軽に使い始めることはできると言えます。

Thumbアトピーや敏感肌におすすめの育毛剤と選び方!【低刺激】

育毛剤・発毛剤・養毛剤のどれを選べば良い?選び方を解説

さあ、段々と育毛剤、発毛剤、養毛剤がわかってきましたね。では、実際に薄毛の対策を始めようと思ったとき、どれを使えばいいのでしょうか。

上記の内容を読めばわかる? まあそうなんですが、注意しなければならないこともあり、それを忘れると薄毛対策どころか抜け毛が増えて状況が悪化します。例えば、薄毛で悩む人の多くは育毛剤か発毛剤で迷うでしょう。手っ取り早く発毛剤がよさそうな気もしますが、何度も書いたように、発毛剤は使い方が難しいです。それであれば発毛剤ではなく育毛剤? でも、本当にそれでいい?

そんな迷いを払拭するため、ここでは育毛剤、発毛剤、養毛剤の選び方を解説します。

Thumb育毛剤の正しい選び方を徹底解説!薄毛のタイプに合わせて選ぼう!

自分の薄毛や抜け毛の症状に合ったものを選ぶ

当たり前のことをまずは言っておきます。

自分の薄毛の状況や抜け毛の症状に合ったものを選びましょう。

わかっているとは思いますが、育毛剤か発毛剤などを選ぶ前に、想像や予測ではなく、本当になぜ薄毛になっているのか、抜け毛はどう進行しているのか、自分の頭皮をちゃんと把握してください。毛根が完全になくなっているのに養毛剤を使っても意味がないですし、頭皮が刺激に弱いのに発毛剤で副作用を伴っても危険です。また無闇に発毛剤がよさそうだと選んでも効果が出ない場合だってあります。

必ず、正確な状態と症状を把握していきましょう。それを踏まえて、次をご覧ください。

頭皮の環境改善には「育毛剤」

あなたの薄毛が年齢や不規則な生活によって頭皮の環境が悪化したために発生していたら、選ぶのは育毛剤です。

寝不足やストレス、アルコールやタバコ、あるいは歳を取ったことで頭皮が硬くなって毛細血管の細部にまで血液が回らない。もしくは皮脂が増えて不潔な状態になっている。こういった理由で薄毛になることがあります。

このときは育毛剤で頭皮の改善をすることで薄毛対策になる可能性が高まります。発毛剤を選んでしまうと刺激などで逆効果の可能性もあります。ですので、発毛剤よりは育毛剤です。

AGAの治療や改善には「発毛剤」

薄毛の原因が内側にあることがあります。それは男性ホルモンです。もし男性ホルモンの関係で、男性型脱毛症(AGA)として薄毛が進行していたら、残念ながら効果の薄い医薬部外品である育毛剤では対処しきれません。その際は発毛剤を選択するべきです。

AGAの場合、頭皮の改善よりも先に男性ホルモン分泌の抑制や、男性ホルモンによってなくなってしまった毛根などを細胞分裂させて復活させるというかなり危険な治療を行います。ですので、成分的に刺激の強い医薬品の発毛剤を用いるのです。

市販の育毛剤でも対策は可能ですが、より効果の強い発毛剤がオススメです。ただし、頭皮が敏感な人は発毛剤で悪化することもあるので、やはり医師の指導をちゃんと聞いて対処しましょう。

頭皮ケアには「養毛剤」

毛髪の本数的に問題がない人はまずは養毛剤で対策しましょう。

ときに髪の毛の本数は問題がないけれど、髪の毛が薄くなったような気がする場合があります。これは実は薄毛の前兆になるので、放置してはいけません。髪の毛の成長サイクルが短くなり、正常な太さを保てていません。抜け毛ではなく細い毛になったために薄く見えるのです。

ですので、養毛剤でケアをして、正常な太さの髪の毛を目指します。

育毛剤・発毛剤・養毛剤のおすすめ人気ランキングを発表

育毛剤、発毛剤、養毛剤で効果が高いと評判の製品はなんでしょう。それはランキングを見ることで知ることができます。多く人の口コミなどで効果が知れ渡り、評価されて人気になったもの。これらはユーザーの実績に基づいたものですので、ランキング上位の人気製品はそれなりに効果があると考えられます。

では、ここでネット上で注目されている、育毛剤、発毛剤、養毛剤の口コミ人気製品を紹介します!

Thumb人気の育毛剤おすすめランキング!〜効果の解説あり

育毛剤人気No.1商品「チャップアップ」

出典: http://www.fairy-s.com

ネット上の口コミと人気ランキングで効果があると評判なのがこの「チャップアップ」です。ネットの口コミの数から見ても、今日本の市場で最も売れている育毛剤です。口コミで効果が出たという声はよく聞かれますし、天然由来成分を80種類以上も配合している医薬部外品であることから副作用も少ないとされ、安心して利用できます。

Thumbチャップアップの評判は⁉効く?口コミから効果や評価を徹底検証!

発毛剤人気商品「リアップX5プラス」

出典: http://www.taisho.co.jp

日本皮膚科学会がAGAの診療ガイドラインで推奨している成分はミノキシジルフィナステリドだけです。このふたつは副作用が強いことが懸念され、主に医薬品にしか配合されていません。そして、それらは発毛剤と呼ばれる製品に分類されます。

そのミノキシジルが5%ほど配合されている発毛剤が「リアップX5プラス」です。ミノキシジルが配合された発毛剤の中で手に入れやすいので、ほかの発毛剤との違いを実感できると言われています。口コミの評判でも効果が高い発毛剤とされています。

2015年10月に発売された第1類医薬品の発毛剤です。メーカーサイトでも発毛剤として銘打っていますので、使用上の注意をよく理解した上で使ってください。

Thumbリアップx5の口コミから薄毛対策の効果を調査検証!副作用はある?

養毛剤人気No.1商品「チャップアップ サプリメント」

出典: http://www.maciejkorbas.com

ネット上の口コミでは先の育毛剤「チャップアップ」と併用することで効果が出るとされていますが、実際には「チャップアップ サプリメント」はノコギリヤシや亜鉛を中心にした栄養剤で、これ単体では育毛は難しく、今ある髪の毛を健康にする栄養剤と見た方がいいでしょう。つまり、養毛剤としての効果が期待できる製品です。サプリメントの中ではこのチャップアップの兄弟製品が一番口コミで評判がいいとされています。

Thumbチャップアップサプリの成分効果と副作用を徹底解説!【保存版】

育毛剤・発毛剤・養毛剤の口コミ&評判

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いはもうほとんど理解できたかと思います。ですが、それらの評価が実際にどんなものなのか、先のランキングと合わせてどんな口コミ評価なのかは気になるところですね。

そこで育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いについて、どのような口コミがあるのかを見てみましょう。ユーザーの声を拾えば、発毛剤を使って薄毛対策をすればいいのか、それとも育毛剤や養毛剤で十分なのか、改めてわかるかと思います。

髪が傷んでしまって根本から直したい場合には、これから生えてくる髪の為に頭皮からケアするのが一番。

タバコをやめたら【チャップアップ】で育毛中の髪が増えてきた!

チャップアップサプリメントは他にも育毛効果のある成分をいくつか配合しています。配合されている他の成分としては、フィーバーフューや亜鉛などが配合されていますので、ノコギリヤシサプリメント単体で飲むよりも、効果が高くなると考えられます。育毛剤チャップアップも同時に併用して、効果をさらにアップさせましょう。

ちなみに、育毛剤チャップアップは、天然由来成分主体で作られているので、副作用が少ないので、肌が荒れやすい人にもオススメです。

使用し始めてから1ヶ月

もともと髪の毛がなかったわけではなく、薄いって感じだった

それらの髪の毛が太くなってきてかなり改善されてきた

前スレにも書いたけど、俺は改善が見られたよ

ただしフィナステリドと併用だけど



あと、いきなり何も無い所から生える訳じゃなくて

細かった毛が太くボリュームアップして、地肌が目立ちにくくなっている

頭頂部より外周から埋まっていく感じかな。カッパの皿が小さくなっていってる

ネットでは発毛剤と育毛剤が混同されていたりしますし、養毛剤についての口コミは少ないです。ですので、育毛剤や発毛剤を中心にコメントを集めています。

また、意図的にいい効果があったと評判の口コミをピックアップするようにしました。この記事を読んでいる人は前向きに薄毛に取り組もうとしている、あるいは取り組んでいるかと思います。ですが、ネットに掲載される口コミ評価には残念ながらいい評判ばかりとは限りません。

悪口を読んだところでどの発毛剤がいいのか、どの育毛剤はやめた方がいいのかわかりにくいですからね。

育毛剤や発毛剤の違いを口コミの評判に惑わされることなく選べる人もいるでしょう。でも、必ずしも100%の人に効果が出たとは限りません。薄毛対策は原因は判明していても改善策は解明されていません。なぜなら、原因や症状、体質など同じ人がひとりとしていないためです。医薬品に分類される発毛剤でも完璧ではありません。

ですので、優れた育毛剤や発毛剤でも、必ず全員に同等の効果が出るわけではありません。その点を理解していないにも関わらず、効果がなかった怒りに任せ、ネットで悪い評判を口コミで流している人がいるのです。

まず、育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いを理解し、自分に合ったものを選べる知識を得るようにして、口コミ評判をあまり気にしすぎないようにしてください

育毛剤・発毛剤・養毛剤には副作用もある?

評判や様々な情報を得て、育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いについてかなり理解できてきたことかと思います。では、いよいよ実際に使ってみることを考えていきましょう。

そのときに心配になるのが副作用ですね。育毛剤、発毛剤、養毛剤にはそれぞれどんな副作用があるのでしょうか。また、それぞれにどんな違いがあるのでしょうか。

Thumb【危険】副作用の強い成分を含んだ育毛剤を徹底解説!

頭皮の異常

まず一番起こりやすいのが頭皮の異常です。育毛剤や発毛剤は頭皮になんらかしらの影響を与える成分を含んだ製品だからです。

薄毛の原因のひとつに頭皮の環境の悪化があります。頭皮が硬くなっていたり、血行が悪い、皮脂が多く不潔だとかいろいろあります。要するに、頭皮が弱っています。そこに刺激の強い育毛剤あるいは発毛剤を使うとたちまち頭皮が反応し、かゆくなったり、痛みを感じます。

ただ、多くの場合においてこの症状が出るのは医薬品に分類される、成分の刺激が強い製品になります。つまり発毛剤の可能性が高いです。育毛剤や養毛剤では効果がそれほど強い成分は入っていないため、副作用は起こりにくいとされます。ですので、発毛剤は特に注意したいところです。

手足のむくみ

特に副作用が出やすい医薬品としての発毛剤に含まれる成分を例にすると、例えばミノキシジルは元々高血圧に対する経口薬でした。そんな薬を発毛剤に使うので、人によっては動悸を感じたり、頭痛やめまいもあるかもしれません。そんな成分は血管を通って体内を巡り、肝臓や腎臓など内臓にも影響を与える可能性があります。

頭皮に塗る発毛剤だからと侮っては危険です。皮膚から体内に吸収されることもあります。そうなると、手足のむくみとして症状が出たり、頭皮などとは関係ない部分に影響が出ることも考えられます。

体重の増加

刺激の強い成分が含まれる発毛剤のほか、医薬部外品である育毛剤などでも成分によっては体質で副作用が出ることもあります。先ほども書いたように副作用が起きるということは内臓になんらかしらの影響があってのことですので、これが体重増加に繋がる可能性もあります。逆に食欲が減退して痩せる人もいるかもしれませんが。

難しいのは医薬部外品で副作用が出る体質の人もいれば、医薬品などの刺激が強いものでも副作用が出ない人もいます。あくまでも人それぞれですので、副作用の多い発毛剤を使っていないからと油断せず、使い方を守りながら、最初はテスト的に使うようにしたいところです。

副作用が出た時の対処法

もし発毛剤などで副作用が出たら、ただちに使用を中止しましょう。これは副作用の発症が軽度であってもです。発毛剤などを使い始めた時点で「おかしいな?」と思う程度でも、時間経過で重大な問題を引き起こすかもしれません。すでに書いたように、副作用が起きているということは内臓になんらかしらの影響があるからです。

軽度の場合、もしかしたら時間をおけばまた使うことも可能かもしれません。重度の場合、あるいは軽度でも気になる場合はできるだけ早く医師に相談してください。そもそも副作用が起きる可能性のある発毛剤は医師の指導なしではあまり使ってほしくないものです。可能であれば医薬部外品でも医師に確認してから使いたいくらいです。とにかく、副作用が出たらすぐに医師に相談しましょう。

最初からアレルギー体質や敏感肌の人は特に発毛剤や育毛剤の使用には注意しておくべきです。

育毛剤・発毛剤・養毛剤の注意点

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いにおいては発毛剤が最も副作用の危険が高いので、発毛剤の使用上の注意点はたくさん出てきます。ですが、発毛剤じゃないからといって適当に使っていいわけではありません。

ここでは発毛剤を中心に、育毛剤や養毛剤を含めた注意点を紹介します。

Thumb育毛剤の正しい使い方・選び方を伝授!〜より効果を出すために

使用対象者を必ず確認

発毛剤のように内容成分の刺激が強い場合、副作用の恐れがあります。それは何度も紹介したように、副作用を起こす成分が血液を通って体内を巡り、内臓にも影響を与えている可能性があります。

そして、特に発毛剤は男性ホルモンが原因であるAGAを対象に対策する薬ですから、主に成人男性が使用者モデルになっています。育毛剤であれば女性も使えるように設計されているのですが、成分の刺激が強いとあっては発毛剤は特に使用対象者というものが出てきます。

これは絶対に確認してください。未成年者、女性、妊娠している人、高齢者、ほかにはなにか特定の病気を持っている人など、製品によっても違いがあります。命の危険にも繋がりますので、必ず内容成分と合わせて確認をしましょう。

用量&用途を守る

容量と用途をしっかり理解し、それに沿った使い方をすることは大切です。発毛剤は何度も言うように刺激の強い成分が多いので、危険が高いです。

早く効果を出したいからと容量を守らずに使うと極端には死に至ることもありえます。発毛剤に限らず、育毛剤も配合された成分にアレルギーを示す人だと体調を崩す原因になるので気をつけましょう。

それから、発毛剤と違い刺激の強くない育毛剤ならば、と多量を一度に使うこと。これもよくないです。というのは、育毛剤を塗りすぎると頭皮が湿り、蒸れ、皮脂を増やしたり、配合成分が頭皮を刺激したりなど、頭皮環境を悪化させます。それが薄毛に繋がって、逆効果になるのです。

ですので、発毛剤に限らず、育毛剤を使うときも容量と用途をしっかり守ることは重要です。

育毛剤・発毛剤・養毛剤のメリット&デメリット

育毛剤、発毛剤などそれぞれの違いは口コミ評判や当記事を読んでいただいてわかりましたね。それぞれに効果の違いがあり、メリット・デメリットがあります。
 
発毛剤などそれぞれが持つメリットとデメリットも理解した上で使用すると、より注意点が明確になり、
 
「発毛剤はこう使おう」
 
「育毛剤はこうして役立てよう」
 
といった、自分なりの使い方も見えてくるでしょう。
 
発毛剤などのメリットを理解すると、自身の薄毛の原因とその対策にマッチしたのは育毛剤なのか発毛剤なのか、それとも養毛剤でいいのかと、いずれかを選択できるようになります。ピッタリのものを選べれば、髪の毛が復活してくる可能性が高まります。

それから、発毛剤などすべての育毛剤に共通した、使うことのデメリットは、今日使い始めたからといって明日効果があるとは限らない点です。

刺激の強い発毛剤だと明日に副作用が出る可能性がありつつ、効果が出るのは、体質や症状の重さによってではあるものの、髪の毛の成長サイクルに合わせて最低3ヶ月はかかります。これは育毛剤、発毛剤、養毛剤のいずれも同じです。

つまり、育毛剤や発毛剤などは使い始める際には長期戦なるという覚悟がいるということが大きなデメリットとして挙げられます。時間はかかりますし、費用もそれなりにかかってしまいます。
 
ただ、このデメリットは薄毛対策では避けては通れない道です。がんばるしかありません

Thumbヘアサイクルとは?髪の毛の周期を改善・正常化すれば抜け毛は減る?

育毛剤・発毛剤・養毛剤の購入方法

さて、ここまで読んでくださった人はすでに育毛剤か発毛剤、養毛剤のいずれかで薄毛対策をしようと決めているかと思います。口コミの評判もネットでしっかり読み込んで、どの製品にするか、具体的に決めてしまった人もいるのではないでしょうか。

ここでは育毛剤、発毛剤、養毛剤は一体どこで買うのがいいのか、購入方法を紹介します。デメリットで説明したように、育毛剤、発毛剤、養毛剤は長期戦になって費用もかさみます。できるだけお得に始められるのはどの方法なのでしょうか。

薬局やドラックストアで購入

育毛剤と養毛剤は薬局やドラッグストアで簡単に購入することができます。発毛剤は医薬品であることも多いですが、市販品や薬局などの薬剤師がいる店舗なら買うことも可能です。

この場合は当然市販価格、あるいは標準価格になります。お近くのドラッグストアがセールをやっていれば別ですが、発毛剤などはなかなかセール対象にならず、案外高価です。

ドラッグストアなどで育毛剤や発毛剤を購入するメリットは対面販売なので、育毛剤か発毛剤、養毛剤のどれがいいのかを薬剤師さんに聞いたり、ドラッグストアが持っている評判などの情報を直に聞くことができる点です。

ネット通販サイトを利用

最近はネットでの通販サイトがかなり有利な価格で購入できるようになっています。特に医薬部外品の育毛剤などは特別価格でかなり安くなったり、メーカーの公式サイトなどで特別割引を受けることができます。ブランドによっては効果がなかったときのための全額返金保証制度などを用意していたり、ユーザーの不安を取り除くサービスが用意されています。

また、公式サイトではなくてもまとめ買いで多少安く買うことができます。

医薬品になる発毛剤も公式サイトやネット通販で買えるようになっています。わざわざ買いに行く必要がないので、発毛剤などの購入を恥ずかしいと思う人には便利ですね。

ただ、ネットでは口コミ評判などが必ずしも正しいものとは限りません。その辺りをしっかりと読み取れる人じゃないと間違った評判に左右されて、変な育毛剤や発毛剤を掴まされる可能性もあります。その点は気をつけましょう。

専門のクリニックで処方してもらう

薬事法などで医薬品と分類される成分が配合された発毛剤は専門のクリニックで処方してもらうという購入方法もあります。むしろ発毛剤の場合はこれがベストな方法ですね。本来は医薬部外品でも医師に相談した上で使うのがいいので、それよりも副作用の心配の高い発毛剤は専門クリニックに行くべきですね。

専門クリニックは多くがAGAを対象にしています。総合病院にも薄毛対策の科があるのですが、こちらは健康保険の制度の関係で治療が制限されるなどがあり、AGA専門治療ができません。ですので、発毛剤がほしい場合は専門クリニックがオススメです。

副作用の強い成分が入った発毛剤はできる限り専門クリニックで入手するようにしましょう。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

育毛剤・発毛剤以外に注目が集まっている「スカルプエッセンス」

ここまでは育毛剤、発毛剤、養毛剤といった育毛対策の3タイプの製品について検証してきました。もうすでに具体的になにでなにをするのか決めている人もいることでしょう。

ここでは、そんな育毛剤、発毛剤、養毛剤のほかに、実はもうひとつ、薄毛対策の薬のようなものがあることを紹介します。

それは“スカルプエッセンス”です。
 
発毛剤では強すぎる。かといって養毛剤では意味がない! という薄毛に悩める人の、新しい対策です。

スカルプエッセンスは基本的には化粧品に分類されます。発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品でした。そう考えると、これまで説明してきた養毛剤にかなり近いといえます。

出典: http://aga-answer.com

医薬品や医薬部外品は日本の厚生労働省で定められた法令やルールに基づいて作られています。しかし、スカルプエッセンスは化粧品に分類されているので、それらに縛られない自由があります。

発毛剤や育毛剤は成分の種類や配合量が厳しく決められているのに対し、スカルプエッセンスは安全が確認されていれば新成分でさえも自由に配合できます。ですので、最新の成分や技術で薄毛対策ができるというメリットがあるのです。

ただ、スカルプエッセンスはあくまでも化粧品の一種で、発毛剤や育毛剤よりはずっと効果が少ないとはされてしまっていますが。

発毛剤を使うほど症状が切羽詰まっていないというのであれば、養毛剤を含め、スカルプエッセンスというのもまた新しい薄毛対策になるのではないでしょうか。ネットで検索すればたくさんの製品を見ることができますよ。

Thumbボストンスカルプエッセンスの効果の口コミまとめ!評価はどうなの?

【まとめ】育毛剤・発毛剤・養毛剤も自分に合ったものを選び抜く!

さあ、スカルプエッセンスも含めて、あなたがこれからなにをするべきかわかりましたね。育毛剤、発毛剤、養毛剤。もう迷うことはないでしょう。

ざっとまとめにておさらいをするとすれば、育毛剤、発毛剤、養毛剤それぞれの目的を考えるとまずあなたは自分の薄毛がどうして始まったのかを見つめなければなりません。

育毛剤にするのか、発毛剤にしなければならないのか、それとも養毛剤でもまだいいのか。それは原因と、現状の症状によります。例えば発毛剤は刺激が強いですから、不要に発毛剤を選んで薄毛を悪化させることも避けたい事態です。

これらが判明したら、早速育毛剤や発毛剤を手に入れます。きっと長い戦いになるでしょう。できれば安いところで購入したいものですね。発毛剤などは長く使うので、トータル的にお金がかかりますから。

副作用が起きたときのために、クリニックも確認していると万全ですね。特に発毛剤は始めから医師に相談しておくとのちのち効果的でもあります。

育毛剤も発毛剤も養毛剤も、とにかく自分に合ったものを選択できれば、あとはその効果が早く出ることを祈って、適量を正しく、決まった時間に使うだけ。薄毛に悩む人はあなただけではありません! 多くの人が同じ悩みを抱え、がんばっています。一緒に薄毛を解決していきましょう!

もっとおすすめの育毛剤・発毛剤について知りたい人はこちら

Thumb発毛剤の口コミ人気おすすめランキング10選!効果の評判もご紹介
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事