ミノタブの効果が出るまでの期間は?副作用はあるの?写真で検証!

ミノタブは、日本でも育毛効果が承認されたミノキシジルを主成分とする内服薬です。ミノタブの育毛効果は高いと言われますが、ミノタブの効果が出るまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。また、気になる副作用はあるのでしょうか。徹底的に確認してみましょう。

目次

  1. ミノタブの効果が出るまでの期間や副作用に迫る
  2. ミノタブが誕生するまで
  3. ミノタブの効果をご紹介!【写真あり】
  4. ミノタブの効果①血行促進
  5. ミノタブの効果②毛母細胞が活性化
  6. ミノタブの効果③毛周期(ヘアサイクル)の正常化
  7. ミノタブの効果が出るまでの期間について
  8. ミノタブに副作用はあるのか【写真あり】
  9. ミノタブと初期脱毛の関係
  10. ミノタブは個人輸入代行で購入できる?
  11. 個人輸入よりも安全なAGAクリニックベスト3!
  12. 【まとめ】ミノタブの効果が出るまでの期間や副作用について

ミノタブの効果が出るまでの期間や副作用に迫る

ミノタブの通称で知られるミノキシジルタブレットは、内服型のAGA治療薬です。ミノタブは高い発毛効果があると噂される治療薬で、その効果が出るまでの期間が早いとも言われています。日本でも育毛効果が認められているミノキシジルには、リアップに代表される塗るタイプの外用ミノキシジル剤と、経口内服するミノタブの2種類があります。

有効成分ミノキシジルを皮膚から吸収する外用ミノキシジル剤と比較すると、内服するミノタブの効果は高く、育毛効果を実感する期間も早いと言われています。これは、ミノタブを経口内服することで、有効成分を速やかに血液内に取り入れ、体の隅々にその効果を行き渡らせることが出来るためだとされています。

最低でも半年の使用が必要!

一般的に、AGA治療は効果が表れるまでに時間がかかることで知られており、その治療には最低でも6ヶ月間の継続が必要だと言われています。ところが、ミノタブの口コミには発毛効果を早い段階で実感できる、という感想が見られます。

効果の発現が早いというのは、一体どれくらいの期間を意味しているのでしょうか。また、効果が高い医薬品の場合、副作用のリスクもまた高いと言われています。ミノタブに副作用はあるのでしょうか。あるとすれば、どのような副作用なのでしょう。実際の使用者の写真から、ミノタブの持つ育毛効果とその効果が実感できる期間、そして、気になる副作用についても確認していきましょう。

Thumbミノタブの効果がわかる写真5選!副作用・初期脱毛も画像でチェック!

ミノタブが誕生するまで

ミノタブとは、主成分にミノキシジルを使用したタブレット型内服薬の略称で商品名ではありません。ミノキシジルは、アメリカの旧ファルマシア&アップジョン社(現在のファイザー社)が開発した成分です。

ミノキシジルには、血管拡張作用が認められることから、高血圧症治療薬ロニテンとしてアメリカで用いられてきました。ところが、ロニテンを使用した患者たちに副作用が認められたのです。その副作用は、ロニテンを使用した患者の体毛が濃くなる、というものでした。この副作用をきっかけにロニテンは育毛剤として再度開発され、ロゲインという外用薬が育毛剤として認可されました。

ミノキシジルを主成分とする育毛剤としてアメリカで認可されているのは、塗るタイプの外用薬ロゲインのみで、内服薬のロニテンは高血圧症治療薬としてのみ認可されている状況です。

AGA治療薬はミノキシジルだけではありません

ミノキシジルはその強い作用により、規制が多い成分の1つでもあります。日本で認可されている塗るミノキシジル「リアップ」のみで、ミノタブの購入は海外の個人輸入を介さないと手に入りません。海外から直輸入であると偽物であったり、効果の見込めないものが紛れ込んでいる場合もあるので、確実な入手方法をと言えません。

AGA治療薬にはミノキシジルの他に「フィナステリド」という成分もあり、現在国内で手に入る最も安全な治療薬と言えます。それらフィナステリド錠は、日本の薄毛専門クリニックでの処方が主となっています。

アイテム
ヘアジニアスクリニックの画像
ヘアジニアスクリニック

  • フィナステリド錠を処方
  • 無料カウンセリングから始められるので、初めてでも安心
  • 一人一人に合ったオーダメイド処方を実施

薄毛の相談は専門のクリニックへ!

「ヘアジニアスクリニック」では、患者一人一人に合ったオーダーメイド処方を実施しており、無料カウンセリングから気軽に相談できるのが、特徴です。フィナステリド錠も処方してくれるので、ミノタブなどを海外輸入で買うよりも安心して服用できます!

無料カウンセリングは、専門のカウンセラーがあなたの悩みをしっかり効きながら、治療内容の方針説明や。治療費などの相談もしてくれます。親身に相談を重ねることで、より確実な発毛へと繋がるようです。そのおかげか、患者の88%の方が満足しているという評価もあります。

注意してほしいのが、クリニックは東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄と全部で5院。お近くの方はぜひ無料カウンセリングから利用してみてはいかがでしょうか?

Thumbヘアジニアス・プログラムはどんな治療法?効果や費用などを調査!

ミノタブの効果をご紹介!【写真あり】

ミノタブの成分表

価格帯 3000円程度
分類 医薬品
有効成分 ミノキシジル
用量 2.5~10mg
使用感 倦怠感他あり

実際のミノタブの効果を知りたい時には、ミノタブ使用者の頭髪の発毛、育毛状態を目で見て確かめるのが一番です。

ミノタブ使用者には、ミノタブを単体で使用してAGAの改善に取り組む方、フィナステリドやデュタステリドなど別の治療薬と併用する方、また、3つ以上の育毛剤を使いこなす方の3通りのパターンがあるようです。

単独使用、併用、多剤使用、とその利用状況ごとに画像を紹介しますので、それぞれのパターン別に、その効果と効果が発現する期間をミノタブ使用者の写真を見ながら、順を追って確認してみることにしましょう。

ミノタブ単独使用の場合【写真あり】

出典: http://mouconsul.blog.fc2.com

ミノタブのみの服用で薄毛の改善に取り組んだ方の記録です。初日の状態が上の写真です。写真で見る限り、生え際がやや後退気味なのが感じられます。

使用者は20代の前半から薄毛を気にし始め、一度はクリニックで処方されたフィナステリドで治療を始めます。しかし、副作用により中止。その後、27歳にしてミノタブの単独使用を始めます。

出典: http://mouconsul.blog.fc2.com

ミノタブを服用して、1ヶ月の期間が経過しました。初期脱毛に悩まされていることを綴っています。写真でも、生え際から頭頂部にかけて薄くなっているのを確認できますね。

ミノタブ使用者のなかには、使用して間もなく初期脱毛に悩まされる方が少なからずいるようです。この期間は我慢、忍耐の期間と言われています。

出典: http://mouconsul.blog.fc2.com

初期脱毛も乗り越えて、半年経たないうちにこれだけの回復ぶりです。これだけの短期間でミノタブの効果を実感できると嬉しいですね。

効果を実感した瞬間は、言うに言われぬ感動でしょう。育毛の効果を実感することで、さらにAGA治療に熱が入るでしょう。

フィンペシア(フィナステリド剤)と併用使用の場合【写真あり】

出典: http://aga-answer.com

次にご紹介する方は、フィンペシアというフィナステリド剤の使用に加え、ミノタブをプラスしています。作用機序の異なる2種類のAGA治療薬を使用し、発毛、育毛の相乗効果を狙っています。

ミノタブ使用者にミノタブ以外の薬を併用する方は多いのですが、その多くがフィナステリド剤やデュタステリド剤といった、ミノタブとは作用の異なる治療薬を使用しています。

作用の異なる薬を併用することで、多方面から育毛プロセスにアプローチすることが可能となります。そのため、ミノタブを単体で使用するよりも育毛効果が高いと言われています。

フィナステリド剤と言われるフィンペシアとミノタブは作用機序がまったく異なると言われるAGA治療薬です。フィナステリドは、日本でも認可されたAGAの治療成分のひとつです。

フィナステリドには、AGAのおもな原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5α還元酵素のⅡ型の働きを阻害し、DHTの生成を抑制する効果があると言われています。

DHTの生成が抑えられることにより、異常脱毛が減少し、ヘアサイクルを整え、育毛を促進するのが、フィナステリドの効果と言われているのです。

一方で、ミノタブは、血行の改善や毛母細胞に働きかけを行うことで、このフィナステリドの育毛効果を強力にバックアップすると言われています。

出典: http://blog.goo.ne.jp

フィナステリド剤のフィンペシアとミノタブという作用機序の異なるAGA治療薬を併用した方の発毛、育毛状況を見てみましょう。

上の写真は、フィンペシアとミノタブの併用使用を始めて、1ヶ月経過した頃です。フロント部分から頭頂部にかけて、薄毛が広がっているのが確認できます。

出典: http://blog.goo.ne.jp

フィンペシアとミノタブを使用して、約2ヶ月経過後の写真です。抜け毛の減少を服用後2週間の期間で実感したという使用者ですが、この頃から徐々に髪が増えてきているのを感じていたようです。

写真でもその違いがはっきりとわかりますね。特に、つむじ周辺から後頭部にかけての違いがお分かりになりますでしょうか。

フィンペシアとミノタブ、ふたつのAGA治療薬の効果が実感できるようになると、薄毛治療のモチベーションがさらに上がります。

出典: http://blog.goo.ne.jp

フィンペシア、ミノタブ服用後100日目の写真です。いかがですか?使用を始めて1ヶ月の頃とは比べ物にならないくらいに、黒々としていませんか?

使用後2ヶ月の写真で、頭頂部の薄毛が改善されていたのはよくわかりましたが、当時はまだ、フロント部分には改善が見られず、M字型に薄くなっている様子が見られていました。

ところが、さらに1ヶ月後、発毛、育毛箇所は頭頂部からフロント部分にまで広がっているのがわかります。ひと月前までは、くっきり見えていたM字型の薄毛がまったくわかりません。

たった3ヶ月強ほどの期間で、これだけの効果があったことに、使用者本人も満足している様子が窺えます。

出典: http://blog.goo.ne.jp

この方は、その後も2剤の使用を順調に続け、3年半使用した頃の写真がこちらです。もう誰からも薄毛と言われることはないでしょう。

使用後間もない頃の写真と比較するといかがですか?全く頭髪の状況が異なりますね。現在もフィナステリド剤とミノタブを併用し、頭髪の状態を維持、健康状態も申し分ないと言うことです。

ミノタブ、ポラリス、デュプロストの多剤併用の場合【写真あり】

出典: http://www.sarasotawellness.org

最後にご紹介するのは、ミノタブ、ポラリス、デュプロストの3剤を併用して育毛改善に挑戦した方の記録です。

3種類以上の育毛剤を併用する方の多くは、内服薬と外用薬の双方を使用することが多いように見受けられます。この方の場合は、ミノタブとデュプロストが内服薬、ポラリスは外用薬になります。

内服薬、外用薬にかかわらず、多剤を併用するときには、薬の成分の相性や特定の薬剤の過剰摂取に気をつける必要があるとされています。

出典: http://hatumousenki2.seesaa.net

20歳頃からフロント部分を中心に薄くなり始め、朝はミノタブを服用、夜はポラリスを塗布、さらにデュプロストを併用して、薄毛の改善に努めている方の、AGA治療に着手し始めた頃の写真です。

出典: http://hatumousenki2.seesaa.net

ミノタブ、ポラリス、デュプロスト3剤を併用し、約半年経った頃の写真です。以前は、デュプロストの代わりにフィンペシアを使用していたとのことですが、効果に満足せず、移行したとのこと。

この方は、フィンペシアと比較すると、デュプロストの方が発毛効果が見られたという感想、実感をお持ちです。

出典: http://hatumousenki2.seesaa.net

ミノタブ、ポラリス、デュプロスト、3剤併用を始めて約9か月が経過したところの写真です。すぐ上の写真からは3ヶ月弱しか経っていません。頭頂部を中心に、明らかに髪が増えている様子がわかります。

この方は、フィンペシアの育毛効果に満足できずに、デュプロストに移行したそうですが、フィンペシアもデュプロストも、いずれも5α還元酵素を阻害する薬として知られています。

しかし、フィンペシアとデュプロスト、このふたつの薬には歴然とした作用機序の違いがあると言われています。

フィンペシアの主成分フィナステリドが5α還元酵素のⅡ型をおもに阻害するのに対し、デュプロストの主成分デュタステリドは、5α還元酵素のⅠ型、Ⅱ型の両方を阻害すると言われています。

そのため、フィナステリド剤で効果が見られなかった人は、デュタステリド剤を利用する方が多いと言われています。

また、この方が併用薬として利用しているポラリスは、塗るタイプの育毛剤で、主成分にミノキシジルが使用された外用ミノキシジル剤です。

通常、薬を併用する場合、同成分の薬品を重ねて使用することは、あまりおすすめできません。それは、同じ成分の薬品を重複して使用することにより、過剰摂取につながる可能性があるためです。

しかし、ミノタブを服用しつつ、ミノキシジル含有の外用薬を併せて使用することで、より発毛を促進することができる可能性があるとも言われています。

ポラリスはミノキシジル含有の外用薬のひとつですが、ミノキシジル濃度によっていくつかの種類に分かれています。ミノキシジル5%の商品から16%もの高濃度の商品まで展開されています。

出典: http://polaris11.web.fc2.com

ポラリスには、ミノキシジルが高濃度で処方されている商品も含まれます。ミノタブとポラリスを併用することで、ミノキシジルの過剰摂取につながる可能性があることも認識しておく必要があります。

一般に、外用薬は内服薬と比較すると、分子の構造が大きいために体に吸収されにくいと言われますが、同じ成分の薬剤を併用する際には過剰摂取の可能性を意識して、十分に注意するようにしましょう。


ポラリスには主成分のミノキシジルに加え、男性ホルモンの生成を抑えるとされるアゼライク酸とりんごポリフェノール、そして厚労省に育毛有効成分として承認されたアデノシンが含まれています。

アデノシンとは核酸の仲間で、DNAを構成する物質です。アデノシンには、ミノキシジル同様、血圧を下げる効果があると言われており、成長因子FGF-7を生成するとされています。

成長因子は毛母細胞の活性化に重要な役割を果たすと言われており、FGF-7は、直接毛母細胞に働きかけ、細胞の分裂、増殖を促進すると言われています。

成長因子はグロースファクターとも呼ばれ、近年研究が進み、AGA治療にも有効とされている話題の物質です。成長因子については、このあとのミノタブの効果で、もう少し詳しくご紹介します。

ミノタブの効果的な服用方法

ミノタブを単独で、また、他の育毛剤と併用して、発毛、育毛を実感できたという3人の方の発毛、育毛状況を写真でご紹介しました。育毛の体験記を読むと様々な工夫をされていることに気が付きます。

そのひとつがミノタブの服用方法です。はたして、薬の服用方法によって、発毛、育毛の効果は変わるものなのでしょうか。

実は、どんな薬にも効果的な服用方法というものがあります。ミノタブを服用する場合、1日に1度か2度の経口服用と言われています。

しかし、AGAの効果的な治療方法を鑑みると、薬効成分の血中濃度を一定にしておくのが望ましいとされています。そのため、多少面倒でもミノタブは、朝晩の2回に分けて服用するのがおすすめです。

1日の摂取量を半分に分けて、朝と晩の2回、分けて服用することで薬の血中濃度の極端な低下を防ぐことができます。ミノタブは半減期が長くはないため、分割して摂取する方が良いとされています。

また、薬剤の血中濃度を一定にするという目的から、朝晩の服用時間もある程度、同じ時間にすることが望ましいと言われています。なるべく同じ時間に飲むように心がけましょう。

さらに、一度の服用量ですが、ミノタブは高血圧症治療薬として認可されている製品です。そのため、ミノタブの添付文書に記載されている用量は高血圧症治療を目的とする服用量となります。

育毛剤としてはどの国でも承認されていないため、育毛促進を目的とした最適な用量の記載はないのです。一般的には、1日5~10㎎を服用している人が多いと言われています。

ミノタブには育毛剤としての目安がないため、AGA治療の専門医ですら診断のうえ、患者の症状や治療歴、体質などを総合的に判断して、最低量の投薬から始めると言われています。

AGA治療専門のクリニックなどでも、1日の摂取量は5㎎、多くても10mgを推奨しているところが多いようです。ミノタブは、服用量を増やせば育毛効果が上がるというものではないとされています。

しかし、ミノタブの服用量が増えるほど、副作用のリスクが高くなるとも言われているため、徒に服用量を増やすことは控えるほうが賢明だと言われています。

ミノタブの半減期

薬には半減期というものがあります。半減期とは、血中の薬効成分の濃度が半分に下がる時間を指し、効果が持続する時間を表しています。ミノタブの場合、半減期は4.2時間とされています。

つまり、ミノタブは4.2時間効果が持続するとされている薬品です。そのため、1日1度服用するよりも、複数回に分けて服用する方が効果が発現しやすいと言われているのです。

ミノタブは併用する方が効果が高い?

ミノタブを使用している方には、ミノタブを単独で使用する人よりも、ミノタブとそれ以外の薬とを併用している人が多いと言われています。

育毛剤として認可されているフィナステリドやデュタステリドと、ミノタブは作用機序が異なります。作用機序の異なる薬剤を併用した方が、相互作用が得られ、育毛効果が上がるとされているためです。

フィナステリドやデュタステリドは男性ホルモンに直接作用することで、育毛を促進させると言われており、ミノタブの発毛、育毛の作用とはまったく異なるものです。

ミノタブの効果を知ることで、異なる作用のAGA治療薬と組み合わせ、育毛効果をさらに上げることができるのは嬉しいことです。

しかし、薬には相性があるため、自己判断ではなく、医師の診断のもとに行うことが望ましいとされています。

ミノタブを服用するときの注意点とは?

薬には、効果的な服用方法がある代わりに、併用禁忌とは別に、注意したほうがよい服用方法もあります。ミノタブの場合には、服用するタイミングに注意が必要だと言われています。

ミノタブの血圧を下げるという特徴的効果の観点から、激しい運動の前後、また、入浴の前後など血圧の変動が激しいと予想できる時間帯は避けるほうが望ましいとされています。

また、就寝直前も避けたほうがよいと言われています。これは、就寝中は血圧が下がるのが普通であるため、ミノタブの降圧作用によって、血圧の下がりすぎを防ぐためとされています。

Thumbミノタブ(ミノキシジルタブレット)の飲み方(時間帯)で効果を上がるってホント!?

ミノタブの効果①血行促進

ミノタブの主成分ミノキシジルは高血圧症の治療薬として開発された経緯を持ちます。

そのため、ミノキシジルを主成分とするミノタブには一時的に血管を拡張し、血流を増やす効果があるとされています。

毛髪の根っことも言うべき毛根中心部に毛乳頭という部分が存在します。通常、毛髪は、頭皮の毛細血管を通じて運ばれた来た栄養分や酸素を毛乳頭を介して摂取し、成長しています。

しかし、毛細血管の血行が悪いと、毛髪の成長に必要な栄養素や酸素を十分に取り込むことが出来ずに、髪はやせ細り、最後には脱毛してしまいます。

薄毛で悩んでいる人の血行は、往々にして悪いと言われており、血行の改善は薄毛治療の第一歩とも言われています。

しかし、ミノタブを継続的に使用することで、長い期間、血行促進の効果が得られるようになることで、育毛効果を得ることができると言われています。

ただし、ミノタブの育毛にもたらす効果は、それだけには止まらないようです。

ミノタブの効果が、血行改善のみであれば、ほかの血管拡張剤でも育毛効果が見られるはずですが、現状はそうとはいえないからです。では、ミノタブの育毛効果には、ほかにどんなものが見られるのでしょうか。

ミノタブの効果②毛母細胞が活性化

ミノタブの主成分ミノキシジルには、血管拡張作用のほかにも育毛に必要だと思われる効果があると言われています。

その効果のひとつが、毛母細胞を活性化させるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌だと言われています。

毛母細胞とは髪を作り出す工場のようなものです。毛乳頭を通じて毛細血管から得た栄養と酸素を糧に、毛母細胞が分裂し、毛髪へ成長します。

そのため、発毛、育毛のためには、毛母細胞を活性化させることが必要だとされています。

毛母細胞の活性化には、ふたつのアクションが必要だと考えられています。

①毛母細胞に栄養を行き渡らせること。
②毛母細胞に刺激を与えること。

この2つのアクションが揃って初めて毛母細胞の活性化がなされると言われているのです。

ミノタブの服用による血管拡張作用によって血流が増え、毛母細胞活性化の条件のひとつが満たされたと考えられます。

そして、ミノタブのもうひとつの効果とも言えるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌促進効果によって、毛母細胞に刺激を与えることができると考えられているのです。

VEGFとは、Vascular Endothelial Growth Factor(血管内皮細胞増殖因子)の略で、毛乳頭細胞から分泌される糖タンパク、成長因子のひとつです。

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)には毛周期の成長期を維持する効果があると言われており、血管の新生を促す成長因子とされています。

細胞が分裂して、新しい細胞を作り出すためには、細胞分裂を司るさまざまな成長因子の存在が必要不可欠とされています。

成長因子は体内で生成されますが、加齢などの理由によりその生産量は年々減少し、それに伴い細胞の分化が遅くなっていきます。

この成長因子にはVEGFの他、ポラリスの紹介で触れたFGF-7などさまざまな種類があります。その作用も多岐に亘ると言われ、それぞれの成長因子が相互に関係しているとされています。

最新の育毛治療にも使用される材料となっており、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)も育毛にとって、重要な働きを担う成長因子とされています。

ミノタブの主成分ミノキシジルには、この成長因子VEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促進させる効果があると言われ、そのため、ミノタブには毛母細胞活性化への効果が示唆されています。

また、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)には、毛母細胞活性化の効果ばかりか、毛母細胞の死滅をも抑える効果があるとも言われています。

ミノタブを服用することで、体内に作用するミノキシジルの効果が、毛母細胞への刺激となると言われています。

この刺激が結果的に、毛母細胞活性化条件のふたつめとなり、栄養と刺激のふたつのアクションがここに揃うことになるため、ミノタブには毛母細胞活性化の効果があるとされているのです。

ミノタブの効果③毛周期(ヘアサイクル)の正常化

ミノタブの主成分ミノキシジルの効果によって、分泌が促進された成長因子は、細胞に直接働きかけると言われています。

直接作用を受けた毛母細胞は、毛乳頭からの育毛指令を受けて、さらに活動を活性化すると言われています。

そのため、ヘアサイクル上、休止期にあった毛根が再び成長期に移行したり、成長期の毛根がさらに活動を活発化したりすると言われているのです。

特に、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)には、ヘアサイクルの成長期を維持する効果があるとされ、乱れたヘアサイクルを正常に戻す働きをすると言われています。

ミノタブの効果によって、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌が増えることに伴い、ヘアサイクルも徐々に正常化していくとされています。

そのため、ミノタブにはヘアサイクルを正常化する可能性が示唆されているのです。

ミノタブの効果が出るまでの期間について

髪が生えるかも!と期待しながら、初めてミノタブを使う人にとって、どれくらいの期間で生えてくるのかはとても重要なポイントです。薬の効果には、ある程度の個人差があることは理解していても、目安となる期間がどれくらいなのかは知っておきたいものです。ミノタブの効果が出るまでには、果たしてどのくらいの期間がかかると言われているのでしょうか?

ミノタブの効果が出るのは早い?

AGAの治療には時間がかかる、という意見が一般的で、気長に取り組みましょう!という呼びかけが、そこここで散見されます。しかし、ミノタブの特徴として、効果が出るまでの期間が早い!という声が聞かれ、ネットなどの口コミにおいてその傾向は顕著です。では、ミノタブの効果が見られるまでの期間が、具体的にどのくらいなのかをその口コミから確認してみましょう。

この口コミからは、服用後3ヶ月ほどの期間で、発毛を確認していることが窺えます。半年経つと周囲の人たちからも、その毛髪の増加は認められたと報告されています。服用して1年の期間が過ぎてもなお、その効果は衰えぬままだそうです。

たった3ヶ月半ほどの期間で頭頂部の発毛率が10割とは、ミノタブの発毛効果の高さもさることながら、効果を実感するスピードもかなり速いと言えるのではないでしょうか。また、ミノタブは、発毛を実感するまでの期間が短いことも言われますが、髪の成長にかかる期間もまた短いようなのです。

ミノタブの主成分ミノキシジルは、ほかのAGA治療薬と比較すると効果を実感する期間が短い、早いという意見が散見されます。口コミや体験談を見ると、「3ヶ月」という期間がキーワードのように見受けられます。3ヶ月で発毛を実感できるのは、確かに早いと言えるかもしれません。

しかし、他の治療薬と比較して、特別早いというわけでもなさそうです。それなのになぜ、ミノタブの感想には他の治療薬よりも「効果が早い!」という意見が目に入るのでしょうか。

発毛はもちろんですが、生えてきた髪の毛1本1本が太く、また、その伸びるスピードが速ければ速いほど、増毛感は増すと言えるでしょう。

同じ面積に、同じ本数生えていても、1本1本の太さや長さが異なると感じ方もまた変わるためです。ミノタブには髪を太くする効果や、長くする効果もみられると言います。ミノタブ使用者の感想に“早い”という感覚を抱かせるのは、そんなことも関係しているのかもしれません。

ミノタブの効果が出る期間は人それぞれ

薬の効果を論じる場合によく使われるフレーズに「個人差がある」というものがあります。同じ薬を同じ量使用しても、効果が見られる人とそうでない人、副作用が出る方と出ない方が存在します。

これを”薬効の個人差”と言います。

”薬効の個人差”は、年齢や遺伝子の違いなど生まれつき持っているものの違いや、生活習慣や病歴など、薬の使用者の状況によっても変わるものだと言われています。

効果が表れる期間についても同様のことが見られると言います。

効果が実感できる期間が短い人、なかなか見られない人、効果が出始めるまではある程度期間がかかるが、効果が出始めたらその後の回復が早い人、効果が表れる期間は人それぞれだと言えるのです。

ミノタブは、発毛、育毛効果の高い薬剤だと言われています。しかし、その薬効の表れ方、表れる期間には個人差があるため、ある程度の期間は様子を見る必要があるとされています。

ミノタブをAGA治療薬として使用する医師の意見としては、最低でも6ヶ月の継続利用を推奨する意見が多く見られます。

もともとAGA治療は、発毛サイクルなどを考慮しても、ある程度期間がかかる治療と言われています。

納得のいく発毛、育毛効果を得るためには、じっくりと腰を据えた治療が必要だとされるゆえんです。

ミノタブの使用についても、まずは半年という期間を目安に、余裕を持った使用を心がける必要があるようです。

Thumbミノタブ体験談!効果や副作用を口コミ徹底検証!

ミノタブに副作用はあるのか【写真あり】

主作用と副作用とは?

すべての医薬品には、「主作用」と「副作用」があると言われています。「主作用」とは、その薬が持つ本来の目的、特定の症状に対して、有効に働く効果のことを指します。

それに対し、本来の目的とは異なる、好ましくない働きのことを「副作用」と言います。

いくら発毛、育毛効果に優れた薬剤と言えど、重篤な副作用がある薬では使用を躊躇するところです。しかし、一般的に薬に副作用はつきものだとも言われています。

特に、効果が高いとされる医薬品には副作用のリスクもまた大きいとされています。果たしてミノタブにはどのような副作用があるのでしょうか。

ミノタブの主成分ミノキシジルについて、実際に薄毛治療に携わっているドクターが説明している動画があります。

女性の薄毛治療上のミノタブ使用という前提ですが、ミノキシジルの効果、副作用の説明という構成になっているので、ミノタブの詳細について知りたい方は一度見ておくことをおすすめします。

ミノタブの副作用とは

  • 体毛が濃くなる
  • 動悸、めまい、倦怠感
  • むくみ
  • 妊娠機能障害
  • 併用禁忌薬がある

体毛が濃くなる

ミノタブの副作用を語るうえで、一番クローズアップされるのが「体毛が濃くなる」という副作用です。

この副作用は、そもそもミノタブの主成分ミノキシジルが高血圧症治療薬から育毛剤へ転換するきっかけにもなった作用のため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ミノタブは、ミノキシジルをピンポイントで使用する、塗るタイプの外用ミノキシジルとは異なり、経口内服薬です。

そのため、ミノタブの有効成分は血管を通じて全身に運ばれ、意図しない身体中の体毛が濃くなるという副作用が起きやすいと言われています。

もともとムダ毛が薄い体質だったのに、ミノタブを服用したため、ムダ毛が濃くなったという体験談を見ることがあります。よく見られる部位としては、顔周りや腕、手の甲、指などです。

生まれつき体毛が薄い方ほど濃くなったことに敏感で、体毛が濃い体質の方のなかには、さほど気にならないという意見も見られます。

出典: http://touhi-kaizen.org

ミノタブの副作用として、体毛が濃くなったという方の写真です。腕の毛は濃くなったというよりも、むしろ長くなったと感じたそうです。

体毛は、普段、衣類で隠れた部分が多いうえ、個人差があるため、本人が口にしないとわからない部分ではありますね。

出典: http://touhi-kaizen.org

手の甲に生えた体毛の写真です。以前は、ほぼ産毛だったという手の甲にも写真に黒く映るくらい、手の甲全体に体毛が生えているのを確認することができますね。

出典: http://touhi-kaizen.org

この写真は指に生えた体毛の写真です。指の第二関節と第三関節の間に発毛が見られますね。

そもそも、この部位の発毛はなかったというミノタブ使用者が、指の発毛に気付いたのは、ミノタブ使用1ヶ月を過ぎた頃だと言います。

動悸、めまい、倦怠感

ミノタブ使用者に見られる副作用として、めまいや動悸、倦怠感という症状があると言われています。これは、ミノタブの主成分ミノキシジルの作用に負うところが大きいとされています。

以前、アメリカでは内服型の高血圧症治療薬として使用されていたミノキシジルですが、現在では使用されていないようです。

それというのも、ミノキシジルの血管拡張作用が、動脈を中心に働き、静脈にはあまり作用しないということが原因だとされています。

ミノキシジルには、静脈の血管拡張作用が十分に見られないため、心臓に一気に流れ込んだ血液が心拍出量を増加させるとされています。そのため、心拍数が増え、動悸がすると言われているのです。

ミノキシジルの血管拡張作用は主に動脈に起こり、静脈には作用しないことに起因します。血液の流れは、心臓→動脈→静脈→心臓へと戻ってきますから、動脈が拡張されて増えた血流量は、通常拡張された静脈によって緩衝されますが、静脈の拡張がないために、一気に心臓へ血液が流れ込み、心拍出量が異常に増加します。

また、ミノタブの主成分ミノキシジルの血管拡張作用によって、血圧低下の症状が発現することが予想されます。

そのため、血圧が正常な人にも低血圧の症状を招く可能性が示唆されています。急激な血圧の低下によるめまいや立ちくらみ、倦怠感などを日常的に感じる可能性があるとされているのです。

心臓に不安を抱えている方、またはもともと低血圧の方や高血圧のため血圧を下げる薬を使用している方は、心肥大や心不全を引き起こしたり、血圧が下がり過ぎてしまう可能性があります。

ミノタブの使用には、医師に相談のうえ、くれぐれも細心の注意を払うことをおすすめします。

Thumbミノタブ飲んで動悸がする⁉副作用や対処方法を徹底解説!

むくみ

ミノタブの副作用として、よく聞かれるものに「むくみ」があります。「むくみ」は、医学的に「浮腫」と呼ばれる症状で、血液中の水分が血管からしみだして、皮膚の下に溜まった状態を指します。

立ち仕事が多い日など、夕方には足がむくんだり、夜中にラーメンを食べた翌朝に顔がむくんだりという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

この「むくみ」ですが、腎臓の機能低下が原因と言われる場合があります。一般的に経口服用する薬剤は、肝臓で解毒され腎臓でろ過されます。

その過程で、肝臓や腎臓に負担がかかり、利尿作用の低下を招くことから、むくみが発生する場合があると考えられています。そのため、肝臓や腎臓に不安のある方は、注意が必要とされています。

ただし、ミノタブの場合、腎機能低下以外にも原因もあると考えられています。

ミノタブの主成分ミノキシジルの血管拡張作用により、一時的に血管を大きく、血流を多くさせることもまた、むくみの一因と言われているのです。

ミノキシジルの作用により、一時的に血流が増えることで、体内の血液の濃度が下がり、その濃度を元に戻そうとする体内の働きが、血液中の水分を血管周囲の細胞へ排出しようとします。

その働きが、むくみへとつながっているのではないかと考えられているのです。

また、ミノタブの服用により体重増加の副作用を訴える声も聞かれますが、むくむことで水分を保持した状態となっているため、一時的に体重の増加が見られる場合が多いと言われています。

飲み薬であるミノキシジルタブレットを処方されている方は、きちんと医師の説明を受け、メディカルチェックを受けた上で飲むことが大切です。副作用が強い薬ですから、メディカルチェックは、最低半年に1度、BNPを含む血液検査、心電図、尿検査(微量アルブミン)を行い、心電図で心肥大の所見が認められていたり、変化があれば心臓超音波等の検査が必要です。

副作用は服用した人全員に見られるものではないと言われています。ただし、ミノタブは、日本では育毛剤としてはおろか、高血圧症治療薬としても認可されていない薬です。


なにか気になる点がある場合には、相談できる場所を確保しておく方が安心です。そのためにも、医師の診断のもと、ミノタブを服用することをおすすめします。

女性のミノタブ使用は?

ミノタブは男性の薄毛治療薬として処方される薬品で、女性にはあまり使用されないと言われています。ミノタブの女性の薄毛に対しての効果云々ではなく、副作用が問題とされています。

ミノタブには血圧を下げる効果があることは前述しましたが、女性はもともと低血圧の人が多いうえ、内服タイプのミノタブの場合、その影響を受けやすいと言われているためです。

これは、ミノタブだけでなく、外用のミノキシジルにおいても同様です。女性が使用できるミノキシジル含有の育毛剤は、男性のそれと比べると濃度の低いもののみが認可されています。

さらに、体毛が濃くなる副作用もまた、女性への利用のネックとなっているようです。そのため、医師の診断のもと、万一ミノタブを使用することになったとしても、慎重な対応になるとされています。

ミノタブの併用禁忌

“天ぷらとすいかは食べ合わせが悪い”という言葉を聞いたことがありませんか?これは、古くからの言い伝えで、今ほど科学が発達していなかった昔の健康を守る市井の知恵のようなものです。

食品にも食べ合わせが悪いという相性の良しあしがありますが、薬にも同じことが言えます。薬の場合は、食品ほど気楽なものではなく、禁止されているものもあるので注意が必要です。

ミノタブの場合、併用禁忌薬と言われているのが、以下の3種類の薬剤です。

  • ①イブプロフェン
  • ②バイアグラ
  • ③スマトリプタン



イブプロフェンは、抗炎症薬で、解熱や鎮痛効果があるとされる薬です。イブプロフェンとして、医師から処方されるときもあれば、一般に売られている風邪薬に配合されている場合もあります。

バイアグラはED治療薬として有名ですが、バイアグラに含まれるクエン酸シルデナフィルには血管拡張による降圧作用があるとされるため、併用すると血圧が下がり過ぎる可能性が示唆されています。

また、スマトリプタンは、片頭痛を解消する薬として処方されていることが多く、その代表的な商品はイミグランです。スマトリプタンには、拡張した血管を収縮させる効果があるとされています。

スマトリプタンとミノタブとは正反対の作用を及ぼす薬のため、併用することで正常に血圧のコントロールが制御できなくなる可能性があると言われています。

ミノタブには血管を拡張させ、血圧の低下を促進させる働きがあるとされています。そのため、すでに血圧に関係する薬を服用している人がミノタブを使用することは禁止されています。

また、アルコールの摂取も同様です。お酒に含まれているアルコールは、血管を拡張させ、血圧を低下させる働きがあるとされるため、併用すると急激な血圧の低下を招く恐れがあると言われています。

そのほかの副作用も

ミノタブには他にも蕁麻疹などの発疹や、性欲減退、吐き気、ニキビなどの副作用の可能性も示唆されています。副作用が起きた場合には、継続服用せず、すぐに専門の医師に相談することをおすすめします。

Thumbミノタブで身体がだるい⁉副作用や原因を徹底調査!

ミノタブと初期脱毛の関係

ミノタブを服用し始めるとバサバサと髪が抜けていく、いわゆる「初期脱毛」の症状が出る方がいます。初期脱毛は、すべての人に起こる症状ではないと言われています。

しかし、ミノタブの副作用として初期脱毛が挙げられることは多く、口コミや体験談でも目にする機会が多いようです。初期脱毛は恐れるに足りず、という声も聞かれます。

そうは言っても、薄毛の改善のために、とミノタブの服薬を始めたところで、急激に抜け毛が増えると心配になりますね。初期脱毛とはいったいどのようなものなのでしょうか。

初期脱毛とは

初期脱毛とは、治療薬を服用して1~2ヶ月ほどの期間、脱毛が増える症状を言います。これは、毛母細胞が活発に活動を開始したことの現れで、元々生えていた弱々しい毛が押し出される状態です。

正しいヘアサイクルを経て、健康な髪が育つ前の段階で起こる症状とされていて、弱毛(弱々しい毛髪)が多いほど、起こりやすいと言われています。

初期脱毛が始まるのは、だいたい服用開始から1~2週間と言われています。その後、2ヶ月ほどの初期脱毛期間を経て、本格的な発毛、育毛期間に入っていくとされています。

初期脱毛の写真

出典: http://50hage.seesaa.net

フィンペシアとミノタブの服用を始めた初日の写真です。頭頂部を中心に薄い部分が広がっているのが確認できますね。これからフィンペシアとミノタブの併用で改善を図るところです。

出典: http://50hage.seesaa.net

ミノタブの服用後26日目の写真です。この方はミノタブ服用後2週間くらいから初期脱毛の兆候が表れ、このまま禿げてしまうのではないかという恐れすら感じるほどだったと言います。

しかし、初期脱毛という名前の通り、脱毛が続いたのはミノタブ服用後2週間から1ヶ月くらいの期間だけだったそうです。

その後は、順調に発毛、育毛し、9ヶ月が経つ頃には下の写真のように生えそろってきたそうです

出典: http://50hage.seesaa.net

初期脱毛は恐れるに足りず?

初期脱毛が起こったということは「薬が効き始めた」という証拠で、決して悲観するべきことではなくむしろ喜ぶべきことです。
初期脱毛で抜け落ちていく髪の毛はヘアサイクルの乱れによって生まれた「薄毛の病気にかかっている髪の毛」。
つまり、次に、丈夫で健康な髪の毛が生え変わるための準備期間なのです。

初期脱毛は恐れることはない脱毛と言われています。そうは言っても、毎日たくさんの脱毛があれば、いつこの脱毛が止まるかと心配になりますね。1~2ヶ月は我慢してみましょう。

万が一、いつまでも脱毛が止まらなかったり、ほかにも体調の変化などが表れた場合には、速やかに専門の医師へ相談することをおすすめします。

ミノタブに耐性はつくの?

ミノタブを服用している人の間で、初期脱毛と同じくらい心配されていることに「ミノタブには耐性がつくか?」という問題があると言われています。

耐性とは、長期間同じ薬を使用し続けることによって、その薬の効果に体が慣れてしまい、効果が薄れる、もしくはまったく効果が見られなくなる状態を指します。

これは、それまでミノタブの効果によって、発毛、育毛の効果が見られていたものが、感じられなくなってしまうということで、使用者にとっては大変な問題です。

しかし、現在育毛剤として承認されていないミノタブに耐性がつくか否かについては、データがほとんどないために、はっきりしたことがわかっていないのが現状のようです。

ミノキシジルの内服薬の薬剤耐性についてはデータがほとんど無いのが実態です。

ミノタブ使用者の口コミなどでは、しばしば耐性について語られているようですが、効果がなくなったと感じても安易にミノタブの服用量を増やすことは避けたほうがよさそうです。

それというのも、ミノタブの服用量を増やすことによって、ミノタブ本来の発毛効果を享受できなくなる可能性があるばかりか、副作用のリスクも高まる可能性が示唆されているからです。

また、耐性がついた場合は休薬することによって、再度、使用当初のような発毛効果を取り戻すことを目的に、自己判断によって休薬する場合も多いと言われています。

しかし、ミノタブの発毛効果は強力であるがゆえに、一度休薬してしまうことで、すぐに服用前の状態に戻ってしまう可能性も示唆されています。

耐性を感じた場合には自己判断でミノタブの服用量の増減や中止をせず、まずはAGA治療の専門医に相談をするのがおすすめです。

Thumbミノタブ(ミノキシジル)に耐性ができた時の対策方法まとめ!

ミノタブは個人輸入代行で購入できる?

ミノタブは、日本では認可されていない薬剤のため、一般の薬局やドラッグストアで簡単に入手することはできない薬品です。しかし、実際に利用している人はたくさんいるのが現状とされています。

ミノタブとひと口に言っても色々なミノタブ商品があることをご存じですか?
ミノタブとは商品名ではなく、ミノキシジル錠剤と呼ばれるミノキシジルを主成分とする内服薬の総称で、メーカーによって販売されているミノキシジル錠剤の商品名は様々だからなのです。 ミノタブはアメリカで開発されたロニテンのジェネリック薬となるため、複数の会社からジェネリック薬が販売されています。

そんなミノタブ使用者の多くが利用しているのが、個人輸入代行業者だと言われています。日本に居ながらにして、海外で販売されている薬を入手できるため、大変便利に利用されているようですが、偽物や薬物障害および何が起きても自己責任ということから個人輸入はおすすめできません

LONITEN(ロニテン)

出典: http://aga-answer.com

言わずと知れたミノキシジル錠剤の先発品、ロニテンです。ジェネリックではなく、先発薬のため薬価は高めですが、開発元の販売するミノキシジル錠剤という安心感から選ばれているようです。

Noxidil(ノキシジル)

出典: http://aga-answer.com

タイのT.O.PHARMA社から販売されているNoxidil(ノキシジル)は、ロニテンのジェネリック薬としてはもっとも知名度の高い商品でミノタブの代名詞とも言われています。

ミノタブというと、このパッケージを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。含有量5mgと10㎎の2種類が販売されています。

Noxidil Foete (ノキシジルフォルテ)

出典: http://www.wisecart.ne.jp

ノキシジルととても似たパッケージのNoxidil Foete(ノキシジルフォルテ)は、タイのT.O.Chemicals(ティーオーケミカルズ)が販売するロニテンのジェネリック薬です。

タイのアユタヤに本社を構えるT.O.Chemicals(ティーオーケミカルズ)は、ジェネリック薬を専門に扱うタイ国内大手の製薬メーカーになります。

Minoxidil Tablet(ミノキシジルタブレット)

出典: http://www.hairlossx.com

ややこしいのですが、インドの Cyno社から販売されているロニテンのジェネリック薬の名称はMinoxidil Tablet(ミノキシジルタブレット)と言います。

現在は、ミノキシジルの含有量が5mgと10㎎の2種類のMinoxidil Tablet(ミノキシジルタブレット)が流通しています。

Minoxidil Tablet USP(ミノキシジルタブレット ユーエスピー)

出典: http://www.hair2go.jp

アメリカのMutual Pharmaceutical社から販売されているのが、 Minoxidil Tablet USP(ミノキシジルタブレット ユーエスピー)になります。

また、「USP」の文字がないMinoxidil Tablet(ミノキシジルタブレット)も販売されており、代わりに「Lloyd」の表示があるものもあります。

Minoxidil Tablets Lloyd (ミノキシジルタブレット ロイド)

出典: http://www.cityvillage.net

こちらは、フィリピンのルソン島に本拠地を構えるこちらは、フィリピンのルソン島に本拠地を構えるLLOYD LABORATORIES社(ロイド社)の製品となっています。

アメリカのMutual Pharmaceutical社から販売されているMinoxidil Tablet USP(ミノキシジルタブレット ユーエスピー)と非常によく似た外観ですが、メーカーが異なります。

ミノタブはミノキシジル5mgと10㎎の商品が主流のなか、LLOYD LABORATORIES社(ロイド社)の製品は2.5㎎含有の商品も販売しています。

初めて使用するために少量から始めたい方や、少量を常用する方には便利な商品となっています。

ロニタブ

出典: http://www.landrystuff.com

インドの大手製薬メーカーIntas Pharma社(インタスファーマ)が販売しているロニテンのジェネリック薬がロニタブです。大手製薬メーカーの販売という点から人気のある商品です。

ミノタブは偽物が多い?

ミノタブはその効果の高さから、人気の商品だと言われています。そのため、偽物が出回る可能性があるとされている商品のひとつです。 しかし、届いた商品自体から偽物か否かを判別することは、医師や薬剤師など、専門家であっても非常に困難だと言われています。

そのため、誤って偽物を購入しないためにも、この3点に気をつけると良いと言われています。

  • ①個人輸入代行業者を慎重に選ぶ。
  • ②価格が異常に安いものは避ける。
  • ③輸入元を確認する。

もちろん、上記の3点に注意を払っても、偽物を購入しないとは断言できません。個人輸入代行業者が正規品を販売しているかどうかを確認する方法はないからです。
ミノタブを扱っている信頼できる医師のもと、処方箋で入手する方が安心です。

また、個人輸入代行業者を選ぶときには、販売サイトを念入りに確認することをおすすめします。

  • ①連絡先が明記されているか。
  • ②利用者のレビューや口コミがあるか。
  • ③クレジットカード支払いが可能かどうか。


以上の3点が見分けるポイントと言われています。しかし、基本個人輸入は危険なので絶対厳禁です

ThumbAGA治療薬を個人輸入は危険⁉おすすめできない理由や注意点まとめ!

個人輸入で使用した薬の副作用には補償がない?

万が一、医師に処方された薬を服用して重篤な副作用が発現した場合、国が補償をしてくれるのが通例です。しかし、これは国が承認している薬に限ったことで、そうでない場合にはこの限りではありません。

ミノタブは、日本では未承認の薬品です。本来国内では入手できるはずのない薬品を服用して、重篤な副作用が見られても、誰も補償はしてくれないと言います。

個人輸入には、偽薬以外にも、万が一、重篤な副作用が起こっても、補償をしてもらえない可能性があるということを認識しておいたほうがいいでしょう。

ミノタブの個人輸入の危険性について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック。

ThumbAGA治療薬を個人輸入は危険⁉おすすめできない理由や注意点まとめ!

個人輸入よりも安全なAGAクリニックベスト3!

1.銀座総合美容クリニック(銀クリ)

アイテム
銀座美容総合クリニックの画像
銀座美容総合クリニック

・プライバシーへもしっかり配慮
・ハゲケンスタッフも通っている
・無料カウンセリングもできる

開業以来、無事故の実績を今すぐ体験

全国展開していない銀座総合美容クリニック(銀クリ)が第1位になるというのも、圧倒的な知名度とAGAに悩む人からの支持によるものです。
銀クリという親しみとも信頼感ともとれる呼ばれ方をしているのもAGA専門クリニックの中で銀座総合美容クリニックだけです!

▼銀クリが支持を集める理由
①.良心的な治療費の設定
AGA専門クリニックの治療でありながら、決して高額ではなく、公式サイトで公開!

②.完全個室で専門医が対応
プライバシーと信頼感、安心感を患者目線で提供してくれている!

③.専門医が診断して内用薬・外用薬を処方
プロペシアだけでなく、ミノキシジルや各種ビタミン剤まで診察して処方!

④.針を使わないメソセラピー
直接頭皮に注入するメソセラピーは頭皮に注射では...としり込みしてしまいます。
銀クリでは何と針を使わずにメソセラピー治療が可能!

2.ヘアジニアスグループ

アイテム
ヘアジニアスクリニックの画像
ヘアジニアスクリニック

・全国5か所のアクセスよし
・99%の発毛実感率
・無料カウンセリングもあり

満足度88%を今すぐ体験

ハゲケン編集部おすすめのAGAクリニック第2位は、ヘアジニアスグループです。ヘアジニアスグループは、年間約12,000人が来院している人気のAGAクリニックで、クリニックは、渋谷の表参道スキンケアクリニックをはじめとして、大阪、名古屋、福岡、沖縄の全国5箇所にあります。

ヘアジニアスグループでは、独自のヘアジニアスプログラムというAGA治療を行っていて、なんと治療から4ヶ月ほど経過した頃には、99%の患者さんが発毛の効果を実感しているという効果の高さが口コミで話題になっています。

現在進行中のAGAはもちろん、薄毛が進行する前の予防や対策にも力を入れていて、無料カウンセリングも行っていますので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

3.AGAスキンクリニック

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

・3400円からAGA治療可能
・無料カウンセリングあり
・初診料無料

発毛実感率99.4%を今すぐ体験

ハゲケン編集部おすすめのAGAクリニック第3位は、AGAスキンクリニックです。AGAスキンクリニックは、北海道から沖縄まで全国に店舗が展開されているAGA専門クリニックです。店舗数が多いため、地方の人でも利用しやすいクリニックとなっています。

AGAスキンクリニックは、その名の通りAGAの治療に特化した医療機関ですので、AGA治療の症例数も多く、AGA治療に関する経験とデータが他のクリニックと比較しても豊富に蓄積されています。ですので、ひとりひとりのAGAの症状に合わせて治療を行うことが可能となります。

AGAスキンクリニックの統括診療部長である麻生医師自身も過去に薄毛に悩んでいたようで、自身が体験して効果を実感した治療薬や治療法を採用しているため、安心して治療を任せることができそうですね。また、AGAスキンクリニックは、治療方法の選択肢が幅広く、月額3,400円というリーズナブルに始められる治療方法から高額で効果も高いメソセラピーなどの施術を選択することも可能です。

治療方法の選択肢の広さや治療の信頼性、治療費用やアクセスのよさなど、AGAクリニックとしてとてもバランスに優れた病院と言えそうです。

ThumbAGAスキンクリニックの2chでの評判・口コミは良い?悪い?

【まとめ】ミノタブの効果が出るまでの期間や副作用について

今回はミノタブの薄毛に対する効果や、効果が出るまでの目安となる期間、そして気になる副作用について、徹底的にご紹介してきました。

日本での承認されているAGA治療薬の成分であるフィナステリドやデュタステリドが脱毛を防ぐ守備の薬であるとすると、ミノタブの主成分のミノキシジルは発毛を促す攻撃の薬であると言われています。

ミノタブは内服薬のため、体内に吸収されにくい外用薬よりも効果の発現が大きいと言われています。より育毛効果が高いと言われるミノタブを詳しく知ることで、上手にAGA治療に利用するためには信頼のおけるAGA専門クリニックで処方してもらうことをおすすめします。

ミノタブの副作用は心配な方は育毛剤を試しましょう。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・ハゲけん編集部おすすめの育毛剤
・ミノタブと違い副作用が安心
・モンドセレクション受賞歴あり

今なら全額返金保証キャンペーン中

ミノタブは効果もある反面、副作用や偽物などのリスクがあることがわかりました。そうしたミノタブに不安を覚える人には育毛剤がおすすめです。育毛剤には自然由来の育毛有効成分が配合されていますので副作用の心配もほとんどないといわれています。

特に口コミサイトなどで評価の高い育毛剤ならさらに安心です。ハゲケンでは各種アンケートで断トツの1位のチャップアップをおすすめしています。永久全額返金保証もありますので、まずは始めてみてはいかがでしょうか。

Thumbチャップアップのヤフー知恵袋や2chの口コミは⁉評判を徹底調査!

ミノタブについて詳しく知りたい方はこちら

Thumbミノタブ・プロペシアを使用している芸能人10選!【画像あり】
Thumbミノタブ服用で子作りは危険⁉子供に副作用が影響する?【徹底調査】
Thumbミノタブで身体がだるい⁉副作用や原因を徹底調査!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事