女性の薄毛の原因はホルモン?対策・改善方法まとめ!【分け目/頭頂部/つむじ】

薄毛と言えば、男性の代名詞だったのも今は昔の話です。最近では、女性の10人にひとりが薄毛に悩んでいるとも言われています。薄毛の原因はいったい何なのか。また、男性の薄毛と女性の薄毛には違いがあるのか。女性の薄毛対策には何が効果的なのかを徹底調査しました。

目次

  1. 女性の薄毛の原因や対策に迫る!
  2. 薄毛の基準とは?
  3. 薄毛の女性とは?【画像あり】
  4. 薄毛女性の主な症状について
  5. 薄毛になってしまう女性の原因は?
  6. 薄毛の女性必見!薄毛の対策・改善方法をご紹介!
  7. 薄毛の女性におすすめの育毛シャンプーについて
  8. 薄毛女性に最適な育毛剤はある?
  9. 女性の薄毛は病院で治せる?
  10. 【まとめ】女性の薄毛の原因はホルモン?対策・改善方法まとめ!【分け目/頭頂部/つむじ】

女性の薄毛の原因や対策に迫る!

薄毛に悩んでいる女性のかたは、女性の薄毛の原因、正しい対策方法を知っていますか?

最近では女性でも薄毛の悩みを抱えているひとが多いと聞きます。最近、髪のボリュームが減って、思い通りのヘアスタイルが作れない、とか、分け目の地肌が目立つようになってきたな、とか「これって薄毛?」とあなたも不安に思ったことはありませんか?

薄毛の原因とはなんでしょう?男性の薄毛と女性の薄毛、原因は性別によって変わるのでしょうか?そして、女性の薄毛改善に効果的な対策とはどんなことでしょう?女性の薄毛の原因とその対策、改善策を検証していきましょう。

Thumb急増中の若はげ女性の治療方法は⁉原因はなに?【口コミあり】

薄毛の基準とは?

そもそも“薄毛”とはどの程度の薄さから言うのでしょうか。毛量には個人差があり、生まれたときから髪のボリュームには違いがあります。それが、あるとき突然「薄くなった?」「分け目が目立つ?」と感じるのは、女性特有の行動が関係していると言います。

薄毛を意識する行動、それは“鏡を見る頻度”だそうです。一般的に、男性と比べて女性は鏡を見る機会が多いものです。朝の洗顔に始まって、夜、眠りにつくまでの間に、あなたはいったい何回鏡を見ますか?薄毛とは基準があるわけではなく、本人が感じる以前との差異なのです。

以前と比べて、毛髪量が減っていると感じたら、それは薄毛の対策を講じるチャンスです。しかし、ひと口に薄毛と言っても色々なパターンの薄毛がありますね。いったい薄毛のパターンにはどんなものがあるのでしょう。そして、パターンごとに対策、改善策は異なるのでしょうか。

ThumbAGAを自己診断テストでチェック!薄毛の危険度を自分で判断!

薄毛の女性とは?【画像あり】

頭の見えない部分が薄くなっていると、自分が薄毛だと気づいていない女性もいるのです。

自分が薄毛なのか、そうでないのかはあくまでも感覚によるところが多いため、不確実でわかりにくいものです。薄くなる箇所もひとりひとり異なることが多いものです。しかし、女性の薄毛を体系的に見てみると、いくつかのパターンに分かれているのです。

ここでは、女性が陥りやすい、代表的な薄毛のパターンを3つ紹介します。ご自身の気になる薄毛の部分はどこでしょう。自分でも気付かないところが薄くなってはいませんか?ぜひ、お手元に鏡を置いて、この機会に自分の頭髪の状態をチェックしてみましょう。

薄毛女性の分け目画像

出典: http://news.livedoor.com

女性が自分で薄毛と気づきやすいのが分け目ハゲです。分け目はクセがつきやすく、自然と分かれてしまう部分でもあります。

分け目が広がって、地肌の露出が増えていませんか?いつも同じ場所で髪を分けているひとや、髪を束ねているひとに多く見られる症状です。分け目にかかる負担は想像以上に大きく、気づいた時には、広がった分け目からくっきりと地肌が、なんていうひとも多いと言います。

薄毛女性の頭頂部画像

出典: http://female-aga.net

薄くなっている女性自身は気づきにくい部分ですが、つむじを中心に頭頂部全体が薄くなります。

頭頂部は鏡で見る機会が少ないため、自分で気付きにくいという傾向があります。全体的に髪のボリュームが足りなくなってきたと感じたら、定期的に頭頂部を鏡に映して見るようにしましょう。ほかの部分と比べて、頭頂部の髪の密度が低く、地肌が目立ってはいないでしょうか。

薄毛女性のつむじ画像

出典: http://waka-hage.com

つむじ部分の地肌がはっきりと見えてはいませんか?

後頭部にあるつむじの薄毛もまた、自分では気づきにくい場所です。しかし、つむじは加齢によって薄くなりやすい場所でもあります。つむじにはもともと自然な流れがあり、流れに沿って地肌が見えるものです。しかし、髪がスカスカになって、地肌が露出している状態は要注意です。

Thumb若はげの芸能人・有名人50選【女性芸能人/お笑い芸人】

薄毛女性の主な症状について

どんな症状の薄毛なのかを知ることで、薄毛の原因をある程度推測できることがあります。

女性の薄毛の代表的なパターンがわかったところで、次は女性の薄毛の症状を紹介します。女性には男性とはまた違った薄毛の症状があり、なかには女性ならではの症状も存在します。薄毛の症状を確認したうえで、その原因の特定や対策、改善策を図ることが大切です。

びまん性脱毛症

女性にもっとも多いといわれるのが、びまん性脱毛症。頭部が全体的に薄くなります。毛髪の1本1本も細く、痩せた状態です。

びまん性脱毛症は、女性の薄毛にもっとも多い症状と言われています。“びまん”とは漢字で瀰漫、もしくは弥漫と書き、“広がること”を意味します。その名の通り、頭髪が痩せて、全体的に薄くなる症状で、ゆっくり進行するため、気づくのに時間がかかると言われます。

びまん性脱毛症は病名ではありません。全体的に薄毛となっている症状の総称として使われます。びまん性脱毛症の原因となるものにはいくつかあり、FAGA、慢性休止期脱毛症、老人性脱毛症などが代表的なものです。いずれも症状はよく似ていますが、それぞれ原因は異なります。

びまん性脱毛症の半数を占めるというFAGA(女性男性型脱毛症)は、男性型脱毛症(AGA)と同じく、男性ホルモンのテストステロンが影響していると言われます。その場合、局所的に頭髪が薄くなるAGAとは異なり、FAGAは、全体的に薄毛になるという特徴があります。

FAGAに次いで多いのが慢性休止期脱毛症だと言われています。慢性休止期脱毛症はヘアサイクルの乱れから起こります。毛髪は、発毛→成長期→脱毛→休止期→発毛、という毛周期を繰り返していますが、この休止期にあたる髪の割合が多くなる現象が慢性休止期脱毛症です。

髪の一生とも言える毛周期(ヘアサイクル)は、男性と女性で異なります。男性は通常2~4年、女性は5~6年かけてひとまわりします。

休止期にあたる毛髪が多いことで、全体的な髪のボリュームが減り、びまん性脱毛の状態になりやすくなります。慢性休止期脱毛症の原因は、加齢のほかに膠原病や糖尿病などの内臓疾患、または、貧血や過激なダイエットによる栄養の偏りと考えられています。

さらに、びまん性脱毛症は、シャンプーのし過ぎなど過度のヘアケアや、避妊薬(ピル)の服用などでも発症する可能性があります。しかし、びまん性脱毛症は、原因を取り除くことで改善する可能性が高いとされています。早めに病院へ行き、薄毛改善の対策をたてることが大切です。

Thumbびまん性脱毛症は治る?治療法と原因まとめ

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)

女性にとってはおしゃれなエクステも、毛髪や頭皮にとっては、常に負荷のかかる厳しい環境です。牽引性脱毛症は、おしゃれな女性によく見られる薄毛の症状です。

女性の薄毛の症状に“牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)”というものがあります。牽引とは引っ張ることを指し、ポニーテールやエクステ、アイロンなどで、何度も同じところが引っ張られることにより、分け目などが薄毛になる症状を牽引性脱毛症と呼びます。

ヘアスタイルを整えることで、特定の毛髪に負荷をかけ、その部分の血行が悪くなったり、頭皮が固くなり、栄養が行き届かないために起こる薄毛の症状と言われています。牽引性脱毛症が男性に見られることは少なく、圧倒的に女性に多く見られる薄毛の症状とされています。

円形脱毛症

円形脱毛症の原因はストレスと言われますが、因果関係はまだわかっていません。最近では、自己免疫疾患と解釈されることが多くなりました。

ある日、突然現れるのが円形脱毛症の特徴です。円形脱毛症という名前は、誰しもが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。有名人がなることで、話題に上ることもありますね。男女の別も、年齢も関係なく発症するのもまた、円形脱毛症の特徴のひとつです。

円形脱毛症は、名前の通り、円形もしくは楕円形のハゲが出現します。豆粒大から500円玉大の大きさまで、脱毛する大きさは様々あります。また、1ヶ所が脱毛する単発型から、2ヶ所以上が脱毛する多発型、頭髪だけでなく眉毛やまつ毛まで脱毛する汎発型などタイプも様々です。

Thumb円形脱毛症の原因と治療方法を解説

分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)

妊娠中に栄養を胎児に取られてしまうこともまた、女性ホルモンの急激な減少とあわせて、分娩後脱毛症の原因の一つと言われています。

出産して数ヶ月経った頃、脱毛量が増えたり、髪がパサつくなど髪質が変化して、驚くことがあります。これは、妊娠中に増加した女性ホルモンが、出産で一気に減少し、ホルモンバランスが崩れることにより起こる現象で、分娩後脱毛症と呼ばれています。

分娩後脱毛症がほかの脱毛症と決定的に異なるのは、自然と治る脱毛症だと言われていることです。分娩後脱毛症で脱け落ちた毛髪は、妊娠中に増加した女性ホルモンによって延命されていた毛髪のため、もともと役割を終えた毛髪なのです。時期が経てば元に戻っていることでしょう。

そうは言うものの、分娩後脱毛症の症状が治まる時期については個人差があり、睡眠不足や出産後の生活変化のストレスから、脱毛の症状が長引く可能性もあります。いつまでも脱毛が治まらなかったり、重症化して円形脱毛症になった場合には、病院で受診することをおすすめします。

Thumb妊娠中の薄毛の原因は⁉妊婦の髪が抜ける対策・予防方法まとめ!

薄毛になってしまう女性の原因は?

女性の薄毛の原因は2大原因以外に、加齢、ストレス。間違ったヘアケア、と言われています。

薄毛は男女ともヘアサイクルの乱れから起こると言われています。しかし、女性の薄毛と男性の薄毛は、その特徴も原因も大きく異なります。女性が薄毛になる原因はさまざまありますが、なかでも2大原因とされているのが、“血行不良”と“ホルモンバランスの乱れ”です。

血行不良

血行不良は、女性の薄毛の原因第2位だと言われています。

髪は毛母細胞で作られます。毛母細胞は毛細血管から毛乳頭を通じて、髪を作り出す栄養と酸素を受け取っています。血行が悪くなると、この栄養と酸素を十分に受け取ることができなくなり、髪の成長期が短くなったり、毛母細胞が休眠してしまうことで、脱毛が起こります。

Thumb頭皮の血行促進に効果の高い女性用育毛剤の選び方!【おすすめあり】

ホルモンバランスの乱れ

出典: http://nourish.toyobiyo.jp

30歳前後をピークに、その後はどんどん女性ホルモンが減少していきます。

女性の体内にも、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が存在しています。女性の場合、本来は女性ホルモン優位の状態なのですが、加齢や出産、またはストレスや過激なダイエットなどにより女性ホルモンが減少することで、ホルモンバランスに乱れが生じます。

女性ホルモンのエストロゲンには、毛髪の成長期間を延ばし、育毛を促進する作用があり、ヘアサイクルを整える働きを担います。しかし、何らかの影響により女性ホルモンが減少することで、体内のホルモンバランスが崩れ、脱毛、薄毛の症状に繋がりやすくなるのです。

Thumb女性の薄毛の原因と男性ホルモンは関係あり⁉抜け毛の理由や対策方法!

薄毛の女性必見!薄毛の対策・改善方法をご紹介!

薄毛女性の対策・改善方法①女性ホルモン摂取

毎日の食事とホルモンバランスの乱れには、大きなかかわりがあります。女性ホルモンの減少に歯止めをかけ、改善するためには、栄養バランスの取れた毎日の食事に加えて、女性ホルモンの分泌を活発にしてくれる栄養素を積極的に摂取することが大切になってきます。

女性ホルモンを増やす対策として、手軽に摂取できるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは、大豆に含まれるポリフェノールの1種で、女性ホルモンと似た働きをします。大豆イソフラボンは過剰摂取もまた、健康にはよくないため、適正量を摂取するように心がけましょう。

また、薄毛のほかにもさまざまな更年期の症状に悩むかたには、女性ホルモン補充療法(HRT)という治療もあります。HRTとは、加齢による女性ホルモンの急激な減少に対し、内服薬や注射、またはパッチ薬などで、必要最低限の女性ホルモンを補う治療方法です。

Thumb女性のM字はげの原因は女性ホルモン?改善・対策方法のまとめ

薄毛女性の対策・改善方法②シャンプー方法改善

薄毛が気になってくると、シャンプーのたびに毛が抜けることを恐れて、短時間で手早く済ませるようになる傾向があるようです。しかし、頭皮が汚れたままでは、さらなる薄毛の原因となる可能性があります。正しいシャンプー方法をマスターして薄毛改善に臨みましょう。

正しいシャンプー方法とは、髪を洗う方法だけではありません。目の粗いブラシで、ブラッシングを行うこと、ゆっくり入浴して頭皮の毛穴をしっかり開かせること、シャンプー前の、このひと手間が、髪や頭皮の汚れ落ちを良くし、シャンプーの際のストレスを軽減してくれます。

シャンプーは2度洗いが基本です。1度目は髪に十分お湯を含ませて、毛髪についた整髪料や汚れを落とします。2度目は、ヘッドマッサージをするように、指の腹を利用し、顔を洗うのと同じように頭皮を優しく洗います。洗うときには、下から上へ、髪の流れに逆らうように行います。

髪の流れに逆らうように洗うことで、シャンプーが頭の隅々に行き渡ります。また、すすぎも大変重要です。すすぎ残しは頭皮に大きなダメージを与えるため、シャンプー同様、髪の流れに逆らうように流すことで、シャンプー剤を頭皮に残さず、きれいに流すことができます。

シャンプーのあと、トリートメントやコンデショナーを利用していますか?トリートメントやコンディショナーは、毛髪そのものを整える働きの商品です。頭皮に残っているとトラブルのもとになる可能性があります。極力、毛先に塗布し、十分にすすぐように気をつけましょう。

頭皮が汚れている状態は、頭皮のためにいい環境とは言えません。しかし、1日に何度もシャンプーすることもまた、いいとは言えないのです。何度も洗髪することで、汚ればかりか頭皮に必要なものすら奪ってしまうことになり、頭皮環境が荒れてしまうためです。シャンプーは1日1度、就寝前が理想的とされています。

Thumbはげに効くシャンプーおすすめ15選!はげ対策に良い洗髪方法も紹介

薄毛女性の対策・改善方法③睡眠時間を確保

日中、わたしたちの体は様々なストレスにさらされ、ダメージを受けています。そのダメージは、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されています。しかし、良質の睡眠が確保できない場合、成長ホルモンの分泌が追い付かず、傷ついた細胞の十分な修復が見込めません。

わたしたちの体は命を長らえることを最優先としているため、毛髪に関係する頭皮の細胞や、毛母細胞の修復は後回しになります。睡眠不足によって、頭皮の細胞や、毛母細胞の修復がされないまま時間が経つと、新たな細胞もまた作られにくくなり、薄毛につながってしまうのです。

また、睡眠不足は細胞ばかりでなく、自律神経にも少なからず影響を与えます。睡眠不足からイライラを感じることはありませんか?慢性的なストレスは、常に血管を収縮させ、血行不良に陥らせる可能性があります。その結果、毛髪に栄養が行き届かず薄毛が進行する状態に陥るのです。

発毛、育毛と大きなかかわりのある女性ホルモンもまた、睡眠時に分泌されます。とくに深い眠りのノンレム睡眠時に分泌されると言われており、慢性的な睡眠不足に陥ると、女性ホルモンが減少し、体内のホルモンバランスが大きく崩れることになります。

22時から夜中の2時を“お肌のゴールデンタイム”として認識している女性も多いのではないでしょうか。成長ホルモンをはじめ、各ホルモンの分泌が活発になるこの時間帯は、髪にとっても大切な時間です。なるべくこの時間帯には、安らかな睡眠を取るように心がけましょう。

Thumb睡眠不足が薄毛の原因になる⁉眠りと抜け毛の関係を徹底解説!

薄毛女性の対策・改善方法④適度な運動を心がける

運動不足は美容や健康の大敵!とはよく聞きますが、驚いたことに薄毛の原因にもなります。わたしたちの体は、筋肉が収縮することで、心臓から送り出される血液を全身に運んでいます。しかし、運動不足が続くことで、筋肉が衰え、血液をうまく運ぶことができなくなるのです。

そのため、運動不足が続くと血行不良に陥ります。運動不足は体の健康だけでなく、薄毛の原因にもなり得るというわけです。血行をよくするためには、適度な運動を心がけることが大切です。とくにおすすめなのが、ウォーキングや緩めのジョギングのような有酸素運動です。

有酸素運動は、長い時間行う必要はありません。短時間でも毎日続けることで効果が見られる運動です。運動する時間も体力もないよ、というあなた。毎日乗るエレベーターを階段に変えるだけでも運動になりますよ。手軽にできるところから始めてみてはいかかでしょう。

薄毛女性の対策・改善方法⑤ストレス発散法を見つける

男女を比較すると、実は女性の方がストレスを感じやすいということをご存じですか?これは脳梁の太さによるところが大きいのです。男性に比べて女性は脳梁が太くできています。脳梁とは、右脳と左脳の間にある橋のような通路で、両方の脳の情報交換を行う役割を果たしています。

一般的に女性は、右脳で相手の表情や態度などの情報を捉え、左脳へ情報を送り込みます。さらに目前の情報に対して、過去の事象を当てはめることで瞬時に判断をするのです。そのため、相手が何も言わずとも、感情の変化や要求を察知することができると言われています。

これは相手の言動や表情を深読みして、気を遣ったり、配慮をする、という女性特有のきめ細やかな行動につながっています。しかし、日々いく度となく無意識に繰り返すことによって、精神的に疲れてしまい、その分ストレスを感じることになるのです。

ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れます。ストレスは脳の疲弊を招きますが、女性ホルモンもまた、脳からの指令を受けて分泌されています。そのため、ストレスによって脳が疲れていると、女性ホルモン分泌の指令もまた乱れるのです。

また、女性は、ストレスをコントロールする働きのあるセロトニンという脳内物質の分泌量が少ないと言われています。そのため、ストレスを多く受けるとセロトニンの量が足りなくなり、イライラしたり不安になったりします。感情が一定しないことも、さらにストレスを高めます。

そのため、上手にストレスを発散することは、体、毛髪の健康のために大切なことです。ストレスの発散法はひとによって異なるでしょう。女性は喋ってストレスを発散する、とよく言われますが、おしゃべりが苦手なひとも、また、おしゃべりの相手が見つからないときもあります。

体を動かすのが好きなひとは運動、歌うのが好きなひとはひとりカラオケ、などひとりでできるストレス発散法を見つけるといいかもしれません。自分にあった方法が見つからないひとは、ストレス発散にいいといわれていることを片っ端から試してみるのもいいでしょう。

ちなみに、女性のストレス発散法のトップ3は、3位カラオケ、2位睡眠、そして堂々の1位は入浴だそうです。睡眠は、深い睡眠(ノンレム睡眠)を意識することでストレス発散の効果がよりあがるとか。入浴は「ぬるめ」のお湯に「20~30分」浸かるのがストレス発散のポイントだそうです。

薄毛女性の対策・改善方法⑥ヘアスタイル改善

女性なら全員、ヘアアレンジが得意!と思われると困ってしまいますね。しかし、ずっと同じヘアスタイルで、分け目も変えずにいると、その部分だけ薄毛になる原因になります。ヘアスタイルを頻繁に変えるのは無理でも、分け目くらいは定期的に変えてみましょう。

薄毛が気になるようであれば、エクステは控えた方がいいでしょう。エクステは、毛髪を強く引っ張った状態で付けます。しかも、つけっぱなしの状態が休みなく続くのですから、頭皮にいいとはお世辞にも言えません。エクステはもちろん、まとめ髪などの髪型も避けた方がいいのです。

おしゃれを楽しみたい方は、いっそのこと、ロングヘアーをショートに変えてみてはいかがでしょう。毛髪自体の重さで、毛根には負荷がかかります。ロングヘアーの方が重いので、かかる負荷も大きいのです。ショートのほうが軽いうえに、アレンジも楽しめるというメリットもあります。

薄毛女性の対策・改善方法⑦過度なカラーやパーマを止める

女性なら誰しもカラーやパーマが毛髪を傷めることを知っています。それでも、薄毛の女性はパーマヘアを求めます。なぜならパーマは、髪に失われたボリュームをもたらすからです。しかし、カラーもパーマも毛髪のみならず、頭皮にもダメージを与え、薄毛を促進させる可能性があります。

カラー液やパーマ液をつけているとき、頭皮に刺激を感じたことはありませんか?「しみませんか?」と美容師さんが声をかけることも多いですね。カラー液、パーマ液ともに頭皮に刺激を与える物質を利用しており、最近ではアレルギーの問題もあるため、美容師さんは声をかけるのです。

頭皮に異変を感じている場合には、正直に申告するようにしましょう。決してがまんしないようにしてください。カラー剤に含まれるパラフェニレンジアミン(酸化染料)が原因でアレルギー症状を起こすことがあり、アナフィラキシーショックを起こすと命にかかわる可能性があるためです。

カラーやパーマは見た目に気を遣う女性にとって、大切なおしゃれアイテムであり、身だしなみでもあります。しかし、あまり間隔をあけず頻繁にカラーをしたり、パーマをかけたり、という行為は、いたずらに薄毛を促進するばかりです。

カラーもパーマも2~3ヶ月に1回程度の頻度が理想的と言われています。また、自分で処置せず、頭皮に優しい薬液で、プロに施術してもらうことも大切です。そのうえで、カラーやパーマ後には、刺激の少ないシャンプーなどのヘアケア商品で頭皮を労わるようにしましょう。

薄毛女性の対策・改善方法⑧飲酒を抑える

飲酒も薄毛の原因のひとつと言われています。1日の終わりにアルコールを頂くことは、女性にとっても密かな楽しみですね。適度な飲酒は血行を促進し、ストレスを解消するため、健康にも美容にもいいと言われていますが、飲みすぎにはくれぐれも注意が必要です。

お酒に含まれるアルコールは、体内で分解されますが、その分解過程でアセトアルデヒドが生まれます。アセトアルデヒドは有害物質で、お酒を飲みすぎたときに起こる二日酔いは、この物質が原因です。そのアセトアルデヒドを無害化するために必要なのが、アミノ酸のシステインです。

システインは毛髪にとって大切な栄養です。毛髪の材料はケラチンですが、ケラチンを構成するアミノ酸のなかで、もっとも高い含有率を占めているのがシステインです。ところが、システインがアセトアルデヒドの分解に使われてしまうと、材料不足のため毛髪が作り出せなくなります。

また、アセトアルデヒドには、眠りを浅くする作用があります。アルコールの作用によって、眠くはなりますが、眠り自体は浅く、決して質の良い睡眠とは言えません。浅い睡眠は、睡眠不足につながり、女性ホルモンを減少させる恐れがあるため、飲酒量には注意が必要です。

Thumbアルコールは薄毛の原因⁉飲酒と髪の関係を徹底検証!【お酒】

薄毛女性の対策・改善方法⑨禁煙する

たばこがわたしたちの健康に及ぼす害については、小学生でも知っている常識になっています。しかし、喫煙は健康だけでなく、薄毛に悩む女性にとっても避けるべき行為です。女性の喫煙率は、この10年でやや下降傾向にあるとは言え、ほぼ横ばいの状況です。

出典: https://www.ishamachi.com

男性の喫煙者数が大きく減っているのに比べ、女性はほぼ横ばいの状態です。

たばこに含まれるニコチンは、血管を収縮させ、血行不良を促進させます。さらに、たばこの煙に含まれる一酸化炭素が血中のヘモグロビンと結びつき、酸素の運搬能力を引き下げます。この働きにより、毛髪に必要な栄養が届きにくくなると言われています。

女性にもたばこを吸ってストレスを解消したいときがあるでしょう。しかし、たばこは“百害あって一利なし”。なるべく早いうちに禁煙に踏み切ることをおすすめします。今まで、何度も禁煙を試みたけれど成功に至っていない、という方は病院の禁煙外来などを利用するのもおすすめです。

Thumbタバコを吸うとAGAが進行する⁉喫煙と薄毛の関係は?

薄毛女性の対策・改善方法⑩頭皮マッサージを行なう

数ある薄毛改善の対策のなかでも、時間と場所を選ばない、しかも手軽な方法として、頭皮マッサージはおすすめです。頭皮は、肩凝りや首凝りなどの影響を受けて固くなりがちです。頭皮が凝ると、血行も悪くなるため、簡単な頭皮マッサージで凝りをほぐしてあげましょう。

頭皮の「コリ」サイン3つ
(1)額の生え際の少し下に中指の腹の部分を当て指圧してみましょう。5秒間押してから離し、数分後に先程強く押したところを確認します。まだ指の跡が残っていたら血行不良などによるむくみやコリのサインです。
(2)頭皮をつまんでみましょう。頭頂部あたりの頭皮を親指と人差し指を使って摘まんでみます。痛みを感じたり頭皮が動かない場合は頭皮が硬い証拠です。
(3)拳をつくり、第二関節でグリグリと頭皮を刺激してみましょう。その時に痛気持ちよい感覚ではなく、ただの痛みとして感じられる場合は、コリがかなり進んでいる証拠です。

頭皮が凝っているかどうかは、このサインで判断できます。

器具が必要ないので、いつでもどこでもできるのが指圧による頭皮マッサージです。コツは2つ。指の腹を使うことと、指を動かさずに手首を動かすこと、です。頭皮だけでなく、首筋などのツボを押さえることで、より効果が出やすくなるそうです。

シャンプー前に行うのがおすすめなのは、クレンジングオイルを使った頭皮マッサージです。クレンジングオイルを併用して、指圧マッサージをすることで、皮膚への過剰な負荷を防ぎ、同時に頭皮の皮脂や毛穴の汚れを浮かせることができます。

器具を使った頭皮マッサージもおすすめです。頭皮マッサージ専用の器具はもちろん、身近なものでも代用ができます。目の粗いブラシで、生え際から後頭部に向かってブラッシングする、楊枝を10本ほどゴムで束ね、尖っていない方を頭皮に押し当てる、など刺激を与えてあげましょう。

頭皮マッサージは、過度に力を入れる必要はありません。ゴシゴシこすってしまうと頭皮に傷をつけてしまうことになるためです。力を入れずに、優しくマッサージをすることで、頭皮の血行を促進し、あわせてリラックス効果も得られて一石二鳥です。

Thumb女性の薄毛対策にはマッサージが効果的⁉抜け毛予防に頭皮ケア!

薄毛女性の対策・改善方法⑪紫外線対策を行う

紫外線もまた、女性の薄毛の大きな原因のひとつです。紫外線というと、どうしても肌のケアを思い浮かべがちですが、実は、頭部は太陽に一番近いところにあるため、体のなかで一番紫外線を浴びやすい部分です。とくに、頭頂部はもっとも紫外線のダメージを受けやすく、頭皮の毛母細胞の活動も弱まってしまいます。

紫外線にはUV-A波とUV-B波があります。波長の長いUV-A波は肌の奥まで届き、細胞にも影響を与えます。また、UV-B波は、UV-A波と比べ波長は短いのですがエネルギーが強く、肌の表面に影響し日焼けなどの原因となります。紫外線によってもたらされる肌への影響を「光老化」と言います。

光老化の影響を受けやすいのが、つむじ周辺の頭頂部と髪の分け目です。つむじや分け目は、地肌が露出している部分のため、紫外線の影響を直接受けてしまいます。UV-B波の影響で、頭皮の表面がダメージを受けるばかりか、UV-A波によって毛母細胞まで影響を受けてしまいます。

一説には、頭頂部や分け目から薄くなるケースが多いのは、この紫外線の影響ではないか、と言われているくらいなのです。このほかにも、人間が紫外線の影響を大きく受けた場合は、体内の活性酸素が増加し、細胞の働きを弱めることがあるそうです。毛母細胞も例外ではなく、そのため脱毛する可能性があります。

紫外線をなるべく避け、ダメージを防ぐために、日よけグッズを活用するようにしましょう。UVカットの加工が施された帽子や日傘、また、最近ではUVカット効果があるヘアスプレーなども販売されています。日焼けを防ぐグッズを上手に利用して、紫外線から身を守ることが大切です。

また、もし可能であれば、紫外線が最も強くなる昼時の外出は避けた方がいいでしょう。なお、紫外線は季節によっても強弱があります。紫外線が一番強いのは真夏と思われがちですが、春先の5月頃から強くなり、8月にピークを迎えます。この時期は、とくに紫外線対策を万全にしましょう。

また、お天気のときばかりでなく、曇りの日にも紫外線は容赦なく降り注いでいます。太陽が出ていなくても、紫外線対策を怠らないことが頭皮のためには大切なのです。

Thumb紫外線の頭皮への影響ではげる?対策をとって薄毛を防げ!

薄毛の女性におすすめの育毛シャンプーについて

薄毛が気になりだした女性が、一番最初にとる薄毛対策は、シャンプーを変えることだと言います。普段、女性が選ぶのは、傷みを抑えるなど、髪質に特化したシャンプーではないでしょうか。しかし、薄毛が気になってきた女性が選ぶのは、育毛に特化したシャンプーなのです。

ここで気をつけたいのは、育毛シャンプーとは、育毛を考えて作られたシャンプーであって、育毛効果があるシャンプーではない、ということです。シャンプーは頭髪、頭皮の汚れを落とすためのもので、洗い流すのが前提です。そのため、シャンプーに育毛剤は配合されていないのです。

では、なぜ育毛シャンプーと呼ぶのでしょう?それは、育毛シャンプーを使うことによって、頭皮環境を健康な状態に整え、その後使用する育毛剤の浸透力を上げる効果が見込めるためです。つまり、育毛シャンプーとは、頭皮ケアのシャンプーということが言えるでしょう。

頭皮ケアが目的の場合は、育毛シャンプーだけの使用で満足を得られるでしょうが、育毛を目的とする場合は、育毛シャンプーと育毛剤のセット使用をおすすめします。シャンプーと育毛剤、それぞれを単体で使用するよりも、より効果を見込むことができると言われているためです。

Thumb女性用薬用育毛シャンプー口コミランキングtop15!

薄毛女性に最適な育毛剤はある?

男性と女性の薄毛が、その特徴も原因も異なることは、先に説明した通りです。原因が異なるため、育毛剤もまた、女性専用のものでないと効果が得られないことが多いようです。また、期待した効果がみられないばかりか、女性の健康を損なう育毛剤もあるため、必ず女性専用の育毛剤を使用するようにしましょう。

女性用育毛剤には、病院で処方される医薬品と、一般的なドラッグストアなどで市販されている医薬部外品の2種類があります。医薬品は効果が高いことが特徴ですが、反面、副作用がある可能性があります。市販されている育毛剤は、副作用が少なく、安心して利用できるという利点がありますが、効果は比較的おだやかになっています。
女性専用の育毛剤についてはこちらをチェック!
▼女性のための育毛剤ランキング▼

また、育毛剤には服用するタイプの育毛剤と、塗るタイプのもの、そして、育毛サプリメントの3種類があります。いずれの育毛剤も効果効能が商品によって異なるため、薄毛の原因がどこにあるのかを見定めてから使用するほうが効率的です。

内服することで育毛を促進する服用タイプの育毛剤は、おもに医薬品のため、病院で受診したのち、処方されることが多いものです。この場合、病院の専門医が薄毛の原因を診断し、その症状に合わせた育毛剤を処方してくれることになります。

薄毛の症状や原因には個人差があるため、薄毛の症例をたくさん持っている病院での治療がもっとも効果的、と言われています。しかし、現在の日本では、薄毛治療は健康保険の適用とはなっておらず、治療費用が高額になるのがネックです。

市販されている服用タイプの育毛剤としては、育毛サプリメントが挙げられます。女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンをはじめ、亜鉛やカプサイシン、必須アミノ酸など、育毛に必要とされる栄養素や血行を改善する成分などがバランスよく含まれています。

市販されている女性用育毛剤に多いのが、塗るタイプの育毛剤です。ローションタイプのものが多く、なかには使用しやすいよう噴射ノズルやスプレー式など容器に工夫が凝らされているものもあります。また、成分は商品によりさまざまで、育毛に効果的な女性ホルモンや、血行を促進するミノキシジルを配合した商品は人気があります。

薄毛の症状によって商品を選ぶのが、育毛剤の上手な選び方です。必ず商品に記載されている症状と成分を確認してから購入するようにしましょう。女性の薄毛の原因は女性ホルモンの減少によるところが多いと言われますが、薄毛の原因には個人差があります。病院で診察するのが一番早くて確実ですが、おおまかな目安を紹介します。

突然、脱毛量が増えた場合の原因は、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れが多いと言われています。この場合に効果があると言われるのは、女性ホルモンのイソフラボンやカンゾウ、抗男性ホルモンのチョウジなどが配合された育毛剤です。

頭皮が乾燥して、細かいフケを伴う薄毛の場合には、保湿効果のあるヒアルロン酸やへちまエキスなどが配合された育毛剤が効果的だと言われています。また、同じフケでも大きなフケの場合には、皮脂の分泌が過剰な場合があります。その場合には、抗菌作用のあるウイキョウ、抗酸化作用のあるボダイジュなどの成分がいいと言われています。

なお、女性の薄毛全般に効果があるとされる育毛剤の成分として、血行を促進し、ヘアサイクルを整える効果のある芍薬エキス、オタネニンジンエキス、ポタンピなどの成分が挙げられます。育毛剤は含まれている成分によって、ひとによっては合う、合わないがあります。

育毛剤は、一朝一夕に効果が表れるものではありません。ある程度長期間、毎日使い続けることで効果が表れてくる商品です。つまり、それだけ使用頻度の高い商品だということです。育毛剤を選ぶ際には、必ず成分表を確認し、なるべく低刺激、自然由来のものを使用するようにし、試供品がある場合は試してから本格的に使うことをおすすめします。 そうは言ってもどれにすればいいかわからない、という方に私たちがおすすめしたいのは育毛剤ベルタです。ベルタは数多くのランキングで1位をとっており、その実績からも信頼が置ける育毛剤と言えます。

  • ベルタ育毛剤

    3,980円

    ・見た目マイナス10歳を目指す薄毛対策

    ・女性育毛剤 売上・満足度・人気度で第1位!

    ・全額返金保証あり

    公式サイトへ
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

女性の薄毛は病院で治せる?

女性の薄毛は原因を見極めて対策を立てることで、改善される可能性が高いと言われています。

色々な薄毛改善の対策を試しても脱毛の量が減らない、もしくは症状が悪化している場合には、迷わず病院へ行くことをおすすめします。薄毛の原因がさまざまあることは、先ほど説明ししましたが、原因はひとつではなく、複合的なものかもしれません。

また、今まで行っていた薄毛対策が、薄毛の原因にはそぐわない可能性もあります。改善しない薄毛を気にして、ストレスが増え、さらに薄毛が進行する恐れもあります。内臓疾患などが原因で薄毛の症状を起こしていることもあるので、まずは病院で相談してみましょう。

病院には症例が多く、患者ひとりひとりの薄毛の原因を解明し、症状に合わせた治療を施してくれます。ほかの病気と同じように、薄毛も症状が進行すればするほど、治りにくいと言われています。早めに病院にかかることを心がけるようにしましょう。

何科を受診すればいいの?

女性の薄毛は、原因が特定できれば治療しやすいと言われています。薄毛の原因特定のためにも、病院で相談してみて損はないでしょう。しかし、病院へ行くのがいいとわかっていても、診療科が何科になるのかは、多くの薄毛に悩む女性が迷うところです。

発毛や育毛専門の病院も増えてはいますが、一般的な病院と比べると、その数自体は多いとは言えません。一般的な診療科に相談する場合、最初に候補に挙がるのは皮膚科でしょう。薄毛の症状以外に、頭皮の痒みや赤みなど、異常症状がある場合には、まず皮膚科の病院で相談してみてはいかがでしょう。

また、薄毛以外の更年期症状に悩まされている場合や出産後の脱毛などには、女性ホルモンが影響している可能性があります。その場合は、婦人科の病院がいいでしょう。最近では若年性更年期障害も増えているそうです。年齢にかかわらず、生理不順などの症状がある場合には、婦人科をおすすめします。

また、糖尿病や肝臓病、重度の貧血や過度のダイエットなどによる内臓疾患が原因で、薄毛が起きている可能性も考えられます。この場合は、内科を受診することになるでしょう。ほかにも精神科などがふさわしい場合もあり、症状が複数の科にまたがったり、不明瞭な場合は、総合病院などの受付で相談するほうがいいでしょう。

最近では、薄毛に特化した薄毛外来(脱毛外来)を備えた病院や女性の薄毛専門の病院もあります。薄毛に特化した診療科を持つ病院は、地域によって数に差があるため、事前の病院調査も必要になります。状況によっては、いくつかの病院や診療科を回る覚悟も必要かもしれません。

薄毛の専門病院とは?

近年の薄毛に悩む女性の増加に伴うように、女性の薄毛に特化した専門の病院も増えてきました。一般の診療科と薄毛専門の病院では、いったいなにがどう違うのか、ご存じですか?それぞれの特徴を覚えておくと、どちらを受診しようか迷ったときに便利です。

いわゆる一般的な病院は、病気を治すのが目的です。薄毛は症状であって、病気ではありません。薄毛という症状が、病気が原因で起こっている可能性がある場合は、一般的な病院で治療を行うのが相応しいとされています。その場合、考えられる病気の検査を行い、病名の特定を急ぎます。

しかし、検査の結果、薄毛の原因が病気ではなかった場合には、一般の病院では治療すべき事由がありません。その場合は、薄毛という症状を改善する専門の病院を受診するようにしましょう。薄毛の専門病院とは、薄毛の改善、治療に特化した病院で、医師も薄毛治療の専門家です。

薄毛治療専門の病院では、薄毛を改善するための高度な治療を受けることができます。女性にとって、薄毛が大変デリケートな問題であることから、女性スタッフを充実させたり、プライバシーの保護に配慮する病院も多いのです。

ただし、薄毛の改善治療にかかる診察料は、健康保険の適用外です。病気が原因ではない薄毛の場合、生命にかかわる疾患ではないことから、自由診療となっているためです。そのため、薄毛の専門病院の費用は、一般の病気の治療とは異なり、高額になる可能性もあります。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

【まとめ】女性の薄毛の原因はホルモン?対策・改善方法まとめ!【分け目/頭頂部/つむじ】

女性の薄毛の原因の多くは、女性ホルモンの減少による、ヘアサイクルの乱れと言われていますが、それ以外の可能性もあるということがお分かり頂けたでしょうか。また、女性の薄毛には、原因を見定めて対策を講じることが大切だということもご理解頂けたのではないでしょうか。

薄毛を改善する対策は、複合的に行うほうが効果があがると言われています。育毛剤だけに頼るのではなく、頭皮マッサージの励行、生活習慣の改善など、多方面からみた改善策をあわせて行う方が、効果があると言われているのです。これは女性だけに限った話ではありません。

今回挙げた薄毛女性の対策・改善策は合計で11個もあり、全てを一度にこなそうとすると、破たんをきたす恐れがあります。薄毛の改善には、それなりの時間がかかります。まずは、出来るところから始めてみましょう。薄毛の改善は、諦めずに積み重ねていくことが大切なのです。

女性の薄毛の原因と対策をもっと知りたいアナタへ!

Thumb女性の薄毛対策・原因まとめ!治療におすすめの育毛剤・シャンプーは?
Thumb薄毛の女性に似合う髪型ヘアカタログ!頭頂部が目立たないのはショート?【20代/30代/40代/50代】
Thumb20代女性におすすめな育毛剤ランキング13選!【口コミあり】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事