プロペシアとミノキシジルの併用の効果・副作用と違いは?【AGA治療薬】

最近は若い男性でも薄毛に悩んている方が増えてきているようです。そんな中、今注目されているのがプロペシアとミノキシジルの2大発毛剤です。今回は、AGA治療薬であるプロペシアとミノキシジルの効果や副作用について解説したいと思います。

目次

  1. AGA治療薬のプロペシアとミノキシジルについて知る
  2. AGA治療薬について説明する前に…
  3. AGA治療薬について
  4. ミノキシジルやプロペシアはどんな人が使うの?
  5. プロペシア・ミノキシジルは保険適用外!?
  6. プロペシアとは
  7. ミノキシジルとは
  8. プロペシアとミノキシジルの違いについて
  9. ミノキシジルは塗るタイプがおすすめ?
  10. プロペシアとミノキシジルを併用したときの効果は?
  11. ミノキシジルとプロペシアの併用時の副作用は?
  12. プロペシアやミノキシジルは個人輸入できるのか
  13. プロペシアとミノキシジルのジェネリックがある?
  14. プロペシアの発毛効果口コミまとめ
  15. ミノキシジルの発毛効果口コミまとめ
  16. 【まとめ】プロペシアとミノキシジルの併用の効果・副作用と違いについて
  17. もっと薄毛対策について知りたい方はこちら

AGA治療薬のプロペシアとミノキシジルについて知る

プロペシアとミノキシジルについて、「よく知っている」という方はそれほど多くないのではないでしょうか。少しは育毛や発毛に興味がある方であれば、その名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。もともとアメリカで生まれたこの2つの商品には、様々な効果がありますが同時に副作用もあります。

併用することによる効果ももちろんありますし、同時に使うことによって「効かないんだけど…」という可能性を低下させることも可能です。ただ、そもそもが医薬品を発毛に転用したものなので、どうしても副作用は避けられません。

安全に発毛に取り組むためにも、プロペシアとミノキシジルの違いや効果を知ることはもちろん、同時に併用することによるメリットや副作用などのデメリットを知っておくことが重要です。

Thumbつむじハゲにはプロペシアとミノキシジルが効く⁉育毛効果を検証!

AGAに効果的な育毛剤は?

AGA治療をしたいのであればプロペシアやミノキシジルによる治療だけでなく、チャップアップなどの育毛剤での治療を考えてみてはいかがでしょうか?特にチャップアップは様々な育毛剤ランキングで上位になっていることもありおすすめです。

Thumbチャップアップの評判は⁉効く?口コミから効果や評価を徹底検証!

AGA治療薬について説明する前に…

AGA治療薬について説明する前に、そもそも「AGA」とは何なのかについて説明しておきましょう。なにごともそうですが、結果を求めるのであれば同時に正確に原因を知ることも大事です。効果的に薄毛対策するためにも、まずはAGAの基礎知識を踏まえておくとよいでしょう。

男性型脱毛症

AGAは、「Androgenetic Alopecia」の略語で、日本語にすると男性型脱毛症という意味になります。成人期以降に見られる男性特有の脱毛症で、アメリカでは4000万人近くの男性がこの症状に悩まされているというデータもあります。

日本でも1000万人以上の男性に薄毛が見られるということです。育毛剤や発毛サロンでの施術が効かない人も増えてきているため、現在では薄毛は育毛と同時に病院での治療も行われる時代となってきています。そういった人たちのためにもAGA治療薬であるプロペシアとミノキシジルの効果が期待されているのです。

Thumb日本でAGAで悩む人の割合は⁉男性型脱毛症を発症する確率を徹底分析!

AGAの原因

では、なぜAGAになってしまうのかについてご説明しましょう。AGAは男性型脱毛症ということからも分かるように、男性固有の原因から脱毛が起こります。そして、その原因とは男性ホルモン(テストステロン)にあるということが分かってきています。

テストステロンが5aリダクターゼという変換酵素と結びつくことによって、男性ホルモンがより強力なジヒドロテストステロンへと変化します。現在のところ、5aリダクターゼが分泌される理由については分かっていないということです。

テストステロンは男性らしい体(筋肉や骨格など)を作るためには欠かせないものです。ただ、ジヒドロテストステロンへと変化してあまりにもその作用が強くなってしまうと、薄毛が同時進行してしまう結果となります。

Thumb壮年性脱毛症とAGAは違うの?原因と治療法、対策!

AGA治療薬について

AGAについて知って頂いたところで、次にAGA治療薬について紹介していきたいと思います。育毛剤と違い、なぜAGA治療薬に発毛効果があるのかについては、ちゃんとした理由があるんですよ。

薄毛を治療するための薬です

何を当たり前のことを言っているのかと思われるかもしれませんが、AGA治療薬は、「治療」を目的としています。どういうことかというと、治療ということはお医者さんの管轄であるということです。だから、一般的にはAGA治療薬は病院で処方してもらうのが通常です。

ただ、現在では処方箋を必要としない1類医薬品や2類医薬品の通信販売が可能となっており、一部のAGA治療薬に関しては、インターネット上での購入が可能となっています。薄毛の人にとっては人知れず対策ができるので嬉しいことですね。

それはともかく、AGA治療薬は治療を目的としているので、当然ですが効果が認められているということです。もともとプロペシアとミノキシジルのはアメリカで他の病気の治療に使われていたものですが、どうやら発毛効果があるようだということで、現在では発毛治療にも用いられています。

Thumb薄毛に効果的なAGA治療薬人気ランキングtop10!【抜け毛対策】

プロペシアとミノキシジルの効果

アメリカで発毛に対しての効果があると臨床的に認められているのは、プロペシアとミノキシジルの他にはデュタステリドがあるだけだということです。いずれにせよ、AGA治療薬は「医学的」に発毛の効果があると認められている薬だということです。

プロペシアとミノキシジルの違いについては後ほど詳しく述べますが、いずれも日本で発毛剤として用いられており、その効果が期待されています。

プロペシアとミノキシジルの目的

プロペシアとミノキシジルは日本でも現在、発毛を促す薬として使われていますが、もともとはアメリカで違う病気の治療に用いられていた薬です。その辺についても後ほど詳しく述べますが、その薬を使用していた人に発毛効果が認められたことから、発毛剤に転用されたという発端があります。

ThumbAGA治療薬フィナステリド(プロペシア)の歴史について徹底解説!

プロペシアとミノキシジルには副作用の危険性も!

詳しくは後述しますが、AGA治療薬は薬であるため、効果と同時に副作用の危険性もあります。よく似た薄毛対策の商品に育毛剤がありますが、AGA治療薬との違いは、こちらの方は天然由来の成分がメインとなっており、AGA治療薬ほどの副作用が起こるリスクは少ないということです。

なぜかというと、育毛剤は髪を生えさせるのが目的ではなく、血行を促進したり炎症を抑えたりして、頭皮環境を整えることが目的だからです。そのため、育毛剤を使っても髪の毛が生えてこなくて「効かない」という人がたくさん現れる訳です。

また、育毛剤は血行を改善したりビタミンやミネラルを補ってくれたりと言った効果もあるため、AGA治療薬と併用しても何も問題ありません。むしろ、同時に使った方が発毛効果が高まり、「効かない」というリスクを減らしてくれることでしょう。

Thumbプランテルは効かない⁉︎効果なしと感じた時の対策方法まとめ!

ミノキシジルやプロペシアはどんな人が使うの?

先ほど少しだけ触れたかと思いますが、ミノキシジルとプロペシアはもともと発毛剤として使われていた訳ではありません。そもそもアメリカで特定の病気の治療薬としても散られていたのが、発毛にも効果があるということで薄毛の治療に用いられるようになったのです。

では、どのような病気に対してミノキシジルとプロペシアは用いられていたのでしょうか。また、薄毛の治療に関して、どういった方がミノキシジルとプロペシアを用いると効果的なのかについても併せてご紹介していきたいと思います。まずはミノキシジルからです。

ミノキシジルの働きは血管拡張効果

ミノキシジルは、もともと病気の治療において血管を拡張する効果がある薬として用いられていました。代表的な疾患は高血圧で、血管を拡張することによって血液の流れをよくし、それによって血圧を下げることを目的として用いられる薬です。

ところが、この薬を用いている人に発毛効果が見られたことから、ミノキシジルを含んだ商品が開発され、海外では「ロゲイン」という商品名で発売されることとなりました。日本ではリアップシリーズがミノキシジルを含有した商品として有名です。

ThumbAGA治療薬の発毛剤ロゲイン(ミノキシジル外用薬)の効果まとめ!

ミノキシジルを使うと効果的な人とその理由

ミノキシジルは血管を拡張して血液の流れを良くする薬です。そのため、頭皮環境が良くない人にとってはおススメのAGA治療薬であるということができます。血液は全身に酸素と栄養を運んでいますが、頭皮への血行が悪くなると、毛髪の育成にも悪影響が出てしまいます。

ミノキシジルを使うことで血行を改善することによって毛母細胞の分裂を促進し、また、炎症などの症状を鎮め、頭皮環境が整えられることによって、髪の毛が育ちやすい土壌のようなものを作ることが可能となります。

もちろん、高血圧を持っている方や、糖尿病などの代謝性疾患を患っている人にとってもミノキシジルは有効であることは言うまでもありません。元々がそのための治療薬だった訳ですから。

プロペシアの働きは男性ホルモンの抑制

プロペシアというのは実は、男性型脱毛症に対するAGA治療薬として各国で販売されている商品名のことを言います。もともとはフィナステリドという抗アンドロゲン薬がその発端となっており、男性の前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として用いられていました。

メカニズムとしては、男性ホルモンの分泌を抑制することで前立腺肥大や前立腺がんの進行を抑制するといったことが挙げられます。さらに、この薬には5aリダクターゼの分泌を抑える効果も発見され、そのためAGA治療薬としても用いられるようになったのです。

Thumb男性ホルモンはハゲ・薄毛の原因?体毛と関係があるの?【徹底解説】

プロペシアを使うと効果的な人とその理由

抜け毛の原因となるのは5aリダクターゼが男性ホルモンの一種であるテストステロンと結びついて、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンになってしまうことです。プロペシアには、5aリダクターゼの分泌を抑制する効果があるのです。

ただ、気をつけなくてはいけないのは、髪を生えさせる効果があるのとは違い、抜け毛を抑制するのがプロペシアの目的だということです。つまり、「毛生え薬」ではないということです。だから、使って発毛の効果がないというのはお門違いだと言えます。

そうはいうものの、プロペシアを利用する多数の人に発毛効果が見られているということです。ミノキシジルと併用することによって、抜け毛を防ぐと同時に頭皮環境を改善して、さらなる発毛効果が期待できることと思います。

ThumbAGA(男性型脱毛症)の原因は皮脂⁉頭皮分泌と薄毛の関係!

プロペシア・ミノキシジルは保険適用外!?

プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬はもちろん、薄毛の治療自体がすべて保険の適用外となっています。なぜなら、薄毛治療というのは美容整形等と同じく、外観や容姿に対する治療だと認識されているからです。

たとえば薄毛が原因で体に何らかの症状が出るということはありませんよね。薄毛の進行とともに咳が止まらないなんてことはない筈です。つまり、病気ではないということですね。そのため、病気の時とは違い保険は適用されないのです。

そのため、保険適用はなく全額自己負担となる訳ですが、だからといって薄毛治療の料金がどこでも同じという訳ではありません。むしろ、全額自己負担だからこそ病院やクリニックによって治療費はまちまちです。治療費は一つの薬で治療するのか、それとも同時に2つ以上の薬を併用するのかによっても異なってきます。

ThumbAGA治療に保険証は必要⁉保険適用外?【徹底解説】

プロペシアとは

出典: https://www.hama1-cl.jp

プロペシアは簡単に言うと抜け毛を予防するためのAGA治療薬です。男性ホルモンの働きかけることによって、抜け毛の量を減らす効果があることが臨床的に証明されているAGA治療薬として知られています。育毛剤とは違い、治療に用いられる薬なので、その効果は保証つきです。もちろん、育毛剤と使うのと同時にAGA治療薬を併用しても問題はありません。

プロペシアはアメリカのメルク社という会社によって販売されている商品で、日本ではMSD社によって取引がされています。日本の厚労省が内服による発毛効果があると認めているのは、このプロペシアに含まれているフィナステリドだけだということです。

プロペシアの有効成分

プロペシアの有効成分はフィナステリドと言われる、男性ホルモンに働きかける効果のある成分です。5aリダクターゼの分泌を抑制することによって、テストステロンがより強力なジヒドロテストステロンへと変換されることを抑止し、抜け毛を予防します。

ThumbAGA治療薬フィナステリドには種類がある⁉効果や費用を徹底調査!

プロペシアの効果や効能

プロペシアの効果は男性ホルモンのバランスを調整することです。そして、その効果や効能は大きく分けて二つに分類されます。一つは男性ホルモンのバランスを整えることで、前立腺肥大や前立腺がんを抑制することです。

もう一つは、抜け毛の原因となる5aリダクターゼの分泌を抑えることで、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンを発生させないことです。こういった効果は医学的にも証明されているため、育毛剤が効かないという人にとっては強い味方となります。

Thumbジヒドロテストステロン(DHT)は薄毛の原因?減らす方法9選!

プロペシアの副作用

先述したように、プロペシアはAGA治療薬です。薬にはなんらかの好ましい効果があるものですが、同時に副作用も必ずあります。プロペシアは男性ホルモンを抑制する薬なので、いわゆる男性的な外見や、男性特有の機能が衰えるといった副作用が見られるということです。

具体的に言うと、精力が低下して太りやすくなってしまったり、また体型が女性化してきたりするそうです。また、薬を飲むことによって肝機能障害を起こしたり、悪化するとがんの危険性も高くなります。精神的には気分が落ち込んだりすることもあります。

性欲は人によって様々なので、中年期を迎えてもまだまだ精力旺盛な人もいれば、セックスレスになってしまうようなこともあります。そして、往々にして精力が旺盛な人というのは男性ホルモンが活発に分泌されていて、薄毛になりやすくなるという皮肉な結果があります。

プロペシアを継続的に使い続けた人の中には、勃起が困難になり深刻な精力減退が苦になったことから、プロペシアの服用をやめた方もいらっしゃるようです。薄毛対策を取るか、性欲を取るか、なかなか難しい問題ではあるようです。

ThumbプロペシアによるED(勃起不全)の副作用は治らない?改善する?

プロペシアの正しい服用方法

プロペシアの正しい服用方法は、用法・用量を守って、お医者さんの指示通りに服用することです。飲んだり飲まなかったりすると「効かない」なんてことにもなりかねませんし、また、早く効果を得たいからと飲み過ぎてしまうと肝機能障害のリスクも上昇します。

また、プロペシアは未成年が飲むことは禁じられています。なぜなら、医学的な安全性や有効性が担保されていないためです。そのため、病院で20歳未満の男性にプロペシアが処方されることはありませんし、自己判断で飲むことは控えた方が良いです。

さらには、プロペシアは基本的に男性ホルモンにアプローチする医薬品なので、女性に対して処方されることはありません。こちらも自己判断で服用しないようにしましょう。

Thumbプロペシア(フィナステリド)は女性が触るのも危険?女性に禁忌な理由

ミノキシジルとは

出典: http://xn--vckh9b5cva2gucz902e3gsb.com

簡単に言うと、ミノキシジルは血管を拡張する薬です。血管を拡張することによって、血流を平常に戻して症状の改善を促します。ミノキシジルの発毛効果は、たまたま高血圧に対する薬を開発している時に見つかったということです。

ミノキシジルの有効成分

ミノキシジルの有効成分はその名の通り「ミノキシジル」です。ミノキシジルは世界90カ国で使われているというポピュラーな有効成分ですが、日本においてはまだ医薬品として認可されていません。

ThumbAGA治療にミノキシジルが効く⁉効果や副作用を徹底調査!

ミノキシジルの効果や効能

ミノキシジルは、もともとは糖尿病や高血圧などを持っている人など、血行が悪くなったり血管が収縮しているような場合に用いられる薬として知られています。後に発毛効果があることも分かってきたため、AGA治療薬としても利用されるようになりました。

ミノキシジルだけでも発毛効果はあるということですが、そもそもは血行を改善して頭髪環境を整えることを主眼としています。そのため、ミノキシジルを用いると同時に、プロペシアも併用することで、頭髪環境の改善と抜け毛予防の双方から薄毛に対処することが出来るので、育毛剤が効かないような時にはお医者さんに相談してみると良いでしょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはもともと高血圧の治療などに使われていたことからも分かるように、血管を拡張する作用があります。そのため、もともと血圧が低めだった人の場合、副作用として血圧が下がりすぎてしまい、めまいがしたりふらついたりするようなことがあります。

また、局所の血流量低下によって胃腸の調子が悪くなって吹き出物などの肌荒れが出来たり、また勃起不全になったり性欲が減退することもあります。さらに、発毛効果も頭髪のみに働く訳ではないので、全身の毛が濃くなるといった副作用も報告されています。

ミノキシジルの正しい服用方法

ミノキシジルに関しても、プロペシア同様、用法と用量を守って正しく服用することが重要です。また、血管を拡張することによる副作用の危険性がある場合には、かかりつけの医師に相談してから利用するようにしましょう。特に、何らかの疾患がある場合には併用しない方が良いこともあります。

自己判断で効かないからとたくさん飲んだり、同時に他剤を服用してしまうと、思わぬ重大な副作用を招く危険性もあります。育毛剤とは違い、ミノキシジルやプロペシアはAGA治療薬ですから、必ず医師の指導にしたがって服用するようにしましょう。

また、飲むタイプのミノキシジルを利用する場合には、空腹時に服用することは避けましょう。空腹時に服用してしまうと、内臓に負担をかけてダメージを与えてしまう結果ともなりかねません。そのため、ミノキシジルは食後に服用するようにすると良いでしょう。

Thumbミノタブ(ミノキシジルタブレット)を処方してくれるおすすめの病院は⁉

プロペシアとミノキシジルの違いについて

出典: http://hatsumou-aga.seesaa.net

AGA治療薬の代表的なツートップであるプロペシアとミノキシジルですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。そして、同時に2つのAGA治療薬を併用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

Thumbつむじハゲにはプロペシアとミノキシジルが効く⁉育毛効果を検証!

治療対象の違い

もともと、プロペシアは男性ホルモンのバランスを調整する薬として、前立腺肥大や前立腺がんに対して用いられてきました。一方、ミノキシジルは血管を拡張する効果があるので、高血圧や糖尿病などの代謝性疾患に対して効力を発揮してきました。

この両者は働き方に違いこそあれ、いずれも偶然の産物として、発毛に対しての効果があることが発見されています。一方は抜け毛を予防する効果が、他方は血行をよくして頭皮環境を改善する効果が、AGAの治療にとって有効だとされています。

プロペシアとミノキシジルを併用するメリット

AGA治療薬であるプロペシアとミノキシジルは、同時に2つの薬を併用してはいけないと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、むしろ逆で、積極的に二剤を併用した方が、発毛効果が増すことが分かっています。なぜなら、プロペシアとミノキシジルでは体に対するアプローチ法が異なるためです。

そのため、男性ホルモンのバランスを整えるだけでは効かないというような人がミノキシジルを用いたら効果があったという人もいれば、反対にミノキシジルが効かないという人がプロペシアを服用したら効果があったというようなこともあります。

それは、薄毛になる原因に対するアプローチが間違っていたということではなく、より効果的な方法があったということです。そのため、プロペシアとミノキシジルを同時期に併用することによって、発毛効果にもいい意味での違いをもたらすことが期待できます。

ミノキシジルは塗るタイプがおすすめ?

出典: http://minoxidil-effects.com

ミノキシジルには一般的な内服薬のほかにも、頭皮に直接塗るタイプのものもあります。塗るタイプのミノキシジルがおすすめ出来る理由は2つあります。1つ目は、塗るタイプのミノキシジルを用いる前には頭皮を清潔にする必要があるということです。

しっかりと汚れを落として、頭皮をマッサージすることで、ミノキシジルの効果に違いを出すことが出来ます。もう1つのメリットはミノキシジルの副作用に関してです。ミノキシジルの副作用には血管を拡張することによる様々な弊害が挙げられます。

そういった全身症状はミノキシジルを内服することによって顕著に表れるので、直接頭皮に薬剤を塗り込むタイプのミノキシジルを使用する場合にはそのようなリスクは低下します。また、ミノキシジルの発毛効果は頭髪だけでなく、全身の体毛にも及びます。

そのため、頭髪だけでなく全身の毛が濃くなってしまうことを避けたい場合には、塗るタイプのミノキシジルがおすすめです。デメリットとしては、頭髪をきちんと洗うのが面倒だということが挙げられますが、そのような人はそもそも塗るタイプのミノキシジルを使うのに向かないでしょう。

Thumbミノキシジル系育毛剤おすすめランキング15選!【効果・価格・口コミ調査】

プロペシアとミノキシジルを併用したときの効果は?

プロペシアとミノキシジルを単独でそれぞれ用いている場合と、両方を併用している時のと違いですが、同時に2つの薬を用いているからと言って効果が2倍になる訳ではないことを覚えておきましょう。同時に2剤を併用することで発毛効果が増したというような場合、どちらかの有効成分が効かないのではなくて、どちらかの有効成分があなたにとって必要だったということです。

プロペシアとミノキシジルは双方とも発毛に関しての臨床的実効性が担保されていますが、それが血行改善で起こったのか、男性ホルモンの抑制で起こったのかは不明です。そのため、2剤を併用することは、発毛の可能性をアップさせる確率が上がるということなのです。

ミノキシジルとプロペシアの併用時の副作用は?

ミノキシジルとプロペシアを併用することによって効果が2倍になるといった違いが出る訳ではありません。しかし、副作用に関して言えば、起こるリスクは2倍になります。ただ、副作用の程度(重さ)が2倍になるという訳ではなく、あくまでも確率の問題です。

ミノキシジルとプロペシアはアプローチする対象が違うため、それぞれ違った副作用があります。そのため、可能性としては副作用が同時にいくつか起こるリスクが、一剤を単独で用いるケースに比べると、二剤を併用した場合の方が高くなるということです。

Thumbミノタブとプロペシア併用が効く⁉効果や副作用を徹底調査!

プロペシアやミノキシジルは個人輸入できるのか

結論からいえば、プロペシアやミノキシジルを個人輸入することは可能です。個人輸入というと大げさに聞こえますが、例えば海外旅行に行った先でお土産を買って日本に帰ってくるのも、一種の個人輸入ということが出来ます。

個人輸入のメリット

AGA治療薬は病院で処方してもらう場合、必ずしも安いものではありません。その点、個人輸入の場合には輸入代理店を通さなくていいので、購入費用を抑えることが出来るという違いがあります。ものによっては性器の商品の半額以下になることもあります。

また、医薬品には詳しくは後述しますが、後発医薬品=ジェネリックと言われる正規のAGA治療薬よりも低価格で購入できるものがあります。海外ではジェネリックが積極的に利用されていますが、それを輸入することで費用が10分の1程度に抑えられることもあるということです。

Thumb育毛剤を個人輸入で手に入れる?メリット・デメリット比較!

個人輸入のデメリット

個人輸入のデメリットは、本当にそれがAGA治療薬として効果があるものなのかどうか違いが分からないということです。医師や薬剤師でなければ薬の真贋を確かめることはできませんし、海外とのやり取りが英語であれば語学能力も必要となります。

そのため、何かトラブルがあった時に泣き寝入りになってしまう可能性もあります。買ったはいいけど偽物や効果のないものをつかまされて効かないというのでは、安物買いの銭失いでしかありませんよね。また、医療過誤による保証も当然受けられません。

個人輸入する場合にはすべてが自己責任となってしまいます。日本で購入するAGA治療薬が高いのは、いうなれば安心量も含まれているのです。安物をつかまされて効かないと嘆く結果ともならないよう、メリットとデメリットをしっかり比較考量すべきでしょう。

プロペシアとミノキシジルのジェネリックがある?

プロペシアもミノキシジルも、病院で処方してもらう場合、必ずしも安いとは言えない代金がかかってしまいます。かと言って、個人輸入をするのもなかなかハードルが高いです。では、薬価が比較的安価なジェネリックはあるのでしょうか。また、ジェネリックだと効かないなどということはないのでしょうか。

ThumbAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品の効果は?【口コミあり】

ジェネリックとは

ジェネリックとは後発医薬品のことを言います。後発医薬品があれば当然、先発医薬品がある訳ですが、先発医薬品とは多大な費用と時間をかけて開発された新薬のことを言い、商品として認められた場合はある程度の期間、特許が得られることとなります。その間に、開発費用を回収する訳です。

一方、ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許期間が終わった後、同じ成分で作られる比較的安価な医薬品のことを言います。なぜ価格を抑えることができるかというと、新薬の開発には数百億円かかると言われていますが、その開発費が必要ないからです。

Thumbプロペシアのジェネリックは効果あり?値段の安い通販サイトをご紹介!

ジェネリックのメリット

ジェネリックのメリットは薬価が抑えられるので、比較的安価に入手することが可能だということです。病院でも「ジェネリックでいいですか?」と聞かれることがありますよね。その場合、患者さんにかかる経済的負担は減少することになります。

ジェネリックであっても、新薬と同じ効能や安全性が認められなければ、国から商品化の許可が下りないため、ジェネリックだから効かないということは基本的にはありません。ただし、次に詳しく解説するように、特許には2種類あります。

それは、新薬の特許が切れると言った場合の特許は、薬の成分に対する特許のことであって、薬を使う際に添加される、薬を飲みやすくするための成分(カプセルなど)や、薬が体に吸収されやすくなる成分に関しての特許は切れていないということです。そのため、次にあげるようなデメリットがみられることとなります。

ジェネリックのデメリット

先程、ジェネリック医薬品は、「基本的には効かないということはない」と述べましたが、基本的にはというのは保留事項があるからです。先発医薬品の特許が切れてからジェネリックが作られる訳ですが、実はこの時に切れている特許とは薬の有効成分に関してなのです。

だから同じ効能のある薬が作れるのですが、ただし、「製剤特許」と呼ばれるものが他にあって、有効成分は同じでも添加される物質に関しては特許で守られているために使えないことがあります。それによって、薬の体への吸収のされ方がことなったりします。

分かりやすく例えると、米というものは自由に使って良いけれど、炊飯器を使って焚くのはダメというような感じです。当然、固いお米と炊いたお米では吸収に違いが出ますよね。これは極端な例ですが、ジェネリックにはそういった点で、効かない、効きにくいというデメリットがあります。

Thumbプロペシア(AGA治療薬)のジェネリック医薬品情報をご紹介!

AGA治療薬にはジェネリックがあるの?

それでは、AGA治療薬にはジェネリックがあるのでしょうか。結論から言うとプロペシアにもミノキシジルにもジェネリックはあります。薬価も純正品に比べると半分くらいまでに抑えられるものもありますし、個人輸入すれば1割程度まで安くなることもあります。

ただ、有効成分は同じでも添加されている物質が異なるため、まったく同じ効果が得られるかどうかは正直なところ使ってみなければ分からないというのが実際のところです。また、日本ではジェネリックが必ずしも普及しているとは言えない事情があります。

アメリカなど海外ではジェネリックが広く利用されているのですが、それは国の保険制度に違いがあるからなのです。日本では国民皆保険制度を建前としているので、たいていの方が国庫の負担によって充実した医療を比較的安価で受けることが可能です。

ところが、国民保険制度の整備が行われていない国では、医療費が驚くほど高くなってしまいます。日本でいえば10割負担な訳ですから、それも当然と言えば当然ですが。それにともなって、処方箋も効果になってしまいます。そのため、海外ではより安価なジェネリックが好まれるという事情があるのです。

ThumbAGA治療薬ジェネリック医薬品は⁉効果や費用を徹底比較!

プロペシアの発毛効果口コミまとめ

それでは最後に、AGA治療薬の効果に関する口コミをまとめてみていきたいと思います。当然ですが口コミには効いたという良い口コミもあれば、効かないという口コミもあります。ただ、「効いた」「効かない」だけに注目するのではなく、どれくらい使った人が効いて、どのような使い方をした人が効かないと言っているのかを深読みする必要があります。まずはプロペシアの口コミから見ていきましょう。

肯定的な口コミ

まずはプロペシアの肯定的な口コミから見ていきましょう。いろいろな口コミがありますが、発毛効果があったという肯定的な口コミに関しては、根気強く使用された方からの意見が目立つようです。

プロペシアを飲み始め1年が経過しました。1年前に比べると、確実に髪の量が増えています。左右の生え際にあった産毛が太く成長し、つむじからおでこまでのスカスカ感も改善されました。体調不良の自覚症状もないので、これからもプロペシアを飲み続けていきたいと思います。

プロペシアをはじめて半年近くになったので、参考までに経過報告します。
元々おでこが広く、毛の量(密度)も多くない方でした。20代半ばから、おでこが少し後退&地肌の見え具合が気になってきました。それ以降、シャンプーや食べ物を気にしたり、市販の育毛トニックを使ったりしていましたが、効果はイマイチでした。そんなとき、こちらのプロペシアを見つけました。
使い始めて1週間ほどで頭皮の脂が減少し2ヶ月ほどで、おでこに産毛が生えてきました。気のせいだと思い込んでいましたが、やはり生え際が後退していたことがわかりました。

今は産毛も伸びて、10代後半の自分の髪(の生え際と量)に、ほぼ戻った気がします。もし、薄毛でお悩みでしたら(病院は恥ずかしい、治療費が高い等)お勧めします!(ちなみに私は特に副作用等はありませんでした。

否定的な口コミ

否定的な口コミに関しては、どうしても体質に合わなかったというケースと、短期間で諦めてしまったようなケースの2つが見受けられます。

まだ 効き目 不明。
しかし 少なからず 期待している
77の 爺さんだけど
生えてきたら はずかしいなぁ!

1番安いのでこちらを購入
ずっと飲んでいるが、あまり実感がわかない
産毛は出てくるがなかなか濃くならない

Thumbプロペシアのブログまとめ【効果/副作用の体験談・写真も満載】

ミノキシジルの発毛効果口コミまとめ

プロペシアの口コミを見ていると分かるのですが、AGA治療薬はある程度の期間使い続けないと効果が得られないようです。同じことはミノキシジルにも言えると思います。

また、プロペシアに関して、体質にどうしても合わない方がいるように、ミノキシジルに関しても、やはり体質から受け付けないという人も残念ながら一定数いらっしゃるようではあります。では、ミノキシジルを使った人の口コミを見ていきましょう。

肯定的な口コミ

ミノキシジルに関しても、やはり肯定的な口コミをされている方は、長期間根気強く使われているようです。最初は副作用かと思われる症状に悩まされていた人でも、使い続けることで効果が得られた人もいます。

最初はプロペシアだけを使用していましたが、ミノキシジルも同時に使い始めたところ、4ヶ月ほどしたら贔屓目に見ても明らかに髪の毛が生え始めました。周りの人からも「髪形変わった?」と聞かれ、嬉しい限りです(40代男性)

ミノキシジルを使ってから3ヶ月頃までは、抜け毛がひどくて髪を洗う度に恐怖を感じるほどでした。でも、4ヶ月を過ぎた頃から徐々に抜け毛が減り始め、髪の毛にコシが出てボリュームもだんだんと増してきました。3ヶ月の時点で諦めなくて良かったです(30代男性)

ミノキシジルを使い始めて1ヶ月頃は頭痛がひどくてやめようかと思いました。でも、頑張って使い続けて4ヶ月、頭が光に照らされても地肌が目立たなくなって、髪の毛のボリュームもアップしました。妻にも髪の毛が増えたねと言われます(30代男性

否定的な口コミ

ミノキシジルもどうしても体質に合わなくてやめてしまったという人、そして継続が困難だった人の2タイプに分かれるようです。メリットとデメリットのいずれを重視するかによっても口コミが左右されるようです。

頭皮の異常が止まらないのです。炎症が起きていない場所につけたりと対処しているのですが、どうしても炎症ができてきてしまう。このままでは更に薄くなってしまうと思って、利用をやめました。

副作用の顔のむくみが出ました。効果はありそうですが、中止しました。

Thumbミノキシジル系発毛剤・育毛剤13選!効果・価格・評判徹底調査!【口コミあり】

【まとめ】プロペシアとミノキシジルの併用の効果・副作用と違いについて

プロペシアとミノキシジルについて、徹底解説してきましたがいかがだったでしょうか。プロペシアもミノキシジルも医薬品なので、効果は臨床的に証明されており、また安全性も確認されています。ただ、薬である以上、体質に合わないなど副作用を完全に避けることは出来ません。

また、口コミからも明らかですが、AGA治療薬はある程度の期間は続けることが肝要です。また、プロペシアとミノキシジルを併用することで発毛効果がアップする人もたくさん見られます。一度きりの人生、その内のわずかな期間、発毛に取り組んでみてはいかがでしょうか。

もっと薄毛対策について知りたい方はこちら

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事