植毛の値段(コスパ)押さえておきたいポイントをきっちり整理

植毛の値段はいくら?コスパは良い?悪い?広がってしまったおでこやつむじ、m字ハゲを治すなら即効性があるのが植毛治療です。しかし、植毛治療は高額だと知られていますが、実際の値段はどのくらいなのでしょうか?失敗するリスクなど押さえておきたいポイントを整理!

目次

  1. 植毛の値段(コスパ)、押さえておきたいポイントを整理
  2. 植毛の値段の相場を紹介
  3. 植毛の値段、クリニックごとによって異なる支払い方法
  4. 植毛の値段(コスパ)、大手と少数店舗の医院で異なる
  5. 植毛の値段と同じくらい大事な「失敗リスク」
  6. 植毛の値段について正しい知識を持つべし!

植毛の値段(コスパ)、押さえておきたいポイントを整理

つむじやでこのハゲが広がってしまったり、m字ハゲが進行してしまうと、そう簡単には治りません。しかし、植毛であれば広がってしまったつむじやデコ、m字ハゲをすぐに治療することができます。また、植毛は女性でも受けることができます。

女性の薄毛治療方法は男性と比べると少なく、女性が使用できる薄毛治療薬も限られていることが多いです。また、女性の薄毛治療薬は男性の治療薬と比べて栄養補給を目的にしたものが多く、それほど即効性はありません。
しかし、植毛であれば女性はもちろん、毛がなくなってしまった人、薄毛の進行がだいぶ進んでしまった人もフサフサになれる可能性があるのです。では、植毛の値段はいくらなのでしょうか?他の治療方法に比べるとコスパは高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?植毛の値段とコスパについて、押さえておきたいポイントを整理しました!

Thumb自毛植毛の値段や手術費用はどれくらい?価格相場を比較!

植毛の値段の相場を紹介

自毛植毛について

まずは自分の毛を移植する自毛植毛の値段の相場をご紹介します。そこで、まずグラフトという単位について簡単に知っておきましょう。植毛を行うときは、髪の毛を一本一本移植していくわけではありません。髪の毛一本一本ではなく、毛包単位で移植することになります。
毛包には髪の毛が一本から四本くらい束になっており、1グラフトの移植でおよそ2〜3本の髪の毛が増えることになります。それでは、自毛植毛の値段の相場を確認してみましょう。

グラフト アイランドタワークリニック ヨコ美クリニック 湘南美容外科
  i-Direct 刈らないDirect FUT法 ARTAS植毛 ドナーストリップ法
500 600,000円 1,000,000円 340,000円  490,000円 498,000円
750 900,000円 1,500,000円 500,000円  690,000円 698,000円
1000 1,200,000円 2,000,000円 600,000円  880,000円 888,000円
1250 1,500,000円 2,500,000円 770,000円 1,025,000円 1,137,000円
1500 1,800,000円 3,000,000円 800,000円  1,170,000円 1,180,000円
2000 2,400,000円 4,000,000円 1,000,000円  1,440,000円 1,460,000円
2500 3,000,000円 5,000,000円 1,200,000円 1,700,000円 1,958,000円
アイランドタワークリニックには「i-Direct」と「刈らないDirect」の2種類の方法があります。「i-Direct」はドナーを採取する後頭部の髪を短く刈る方法ですが、「刈らないDirect」は刈ることなく採取する方法です。ヨコ美の「FUT法」とは、メスを使用し、頭皮を帯状に切除してドナーを採取する方法です。
湘南美容外科の「ARTAS植毛」とはロボットアームによってドナーを採取する方法、ドナーストリップ法とは、「FUT法」と同じで、頭皮を切除する方法です。では次に、自毛植毛のメリットとデメリットを見ていきましょう。
自毛植毛のメリット・デメリット
メリット デメリット
メンテナンスの必要がない 自分の毛が全くないと植毛できない
拒否反応が起こりにくい 値段が人口毛植毛より高額
見た目が自然 傷跡が残ってしまう
  回数に制限がある

自毛植毛は人工毛植毛と違って、一度手術をしてしまえば定期的なメンテナンスが必要ないのが最大のメリットです。デメリットとしては、傷跡が残ってしまったり、値段が比較的高額であることなどが挙げられます。また自分の毛を移植するため、回数に制限があったり、毛が全くない完全にハゲてしまっている人は自毛植毛できないなどのデメリットがあります。

人工毛植毛について

次に人工毛植毛の値段の相場をご紹介します。人工毛植毛の場合、自毛植毛と違ってドナーを採取するわけではないので、単位はグラフトではなく本数になります。

本数 ニドークリニック UFクリニック
100本 26,000円 13,000円
500本 130,000円 65,000円
750本 195,000円 97,500円
1000本 260,000円 130,000円
1500本 390,000円 195,000円
2000本 520,000円 260,000円
2500本 650,000円 325,000円
自毛植毛と比較しても値段が安いのがわかりますね。続いては人工毛植毛のメリットとデメリットについてご紹介します。
人工毛植毛のメリットとデメリット
メリット デメリット
全く毛がない人でも施術可能 定期的なメンテナンスが必要
値段が比較的安い 拒否反応が起こる場合がある
髪型が自由に選べる 定着率が悪い
欲しい分だけ増やせる  
人工毛植毛の最大のメリットは、全く毛がない人でも施術が可能であるということです。また、自毛触毛のように自分の毛を使うわけではないので、つむじやおでこ、m字ハゲなど気になる部分に好きなだけ毛を増やすことができます。

デメリットとしては、人工毛植毛は劣化するので、定期的なメンテナンスが必要であることです。一度植毛してしまうと、半永久的にメンテナンスを行う必要があり、メンテナンス代もかかってしまいます。また、人工的な毛を植えるので拒否反応で炎症が起きてしまったり、定着せずにすぐに抜けてしまうことがあるのもデメリットです。

ThumbAGAはアメリカではどんな治療方法なの?植毛が主流って本当?

植毛の値段、クリニックごとによって異なる支払い方法

クレジットカード・デビットカード

クレジットカードでの支払いはどのクリニックでも可能です。ただし、クレジットカードの使い方はクリニックごとに微妙に違います。アイランドタワークリニックでは現金とクレジットカードを併用して支払うことが可能です。湘南美容外科ではクレジットカードの支払いだとポイント還元率が1%になりますが、プラチナカードだと2%になります。

ニドークリニックでは、クレジットカードで支払う場合、三回以上分割して支払うなら医療ローンになります。アイランドタワークリニックは最大84回まで分割支払いが可能です。デビットカードでの支払いは湘南美容外科とニドークリニックで可能です。いずれの場合も、オンラインで口座に入金されます。湘南美容外科の場合は1日の上限が50万円までで、ポイント還元率は1%になります。

医療ローン

医療ローンを申し込むには、審査や申し込み手続きが必要になります。最大回数はクリニックごとに異なります。医療ローンの情報を公開しているアイランドタワークリニック、ヨコ美クリニック、湘南美容外科、ニドークリニックの最大回数を比較しました。

アイランドタワークリニック ヨコ美クリニック 湘南美容外科 ニドークリニック
84回 36回 84回 60回

グラフト換算か㎠換算か値段が変わるので注意

グラフト換算で費用を算出するクリニックと、㎠換算で費用を算出するクリニックがあるので、費用の算出方法には注意しましょう。㎠換算とは、FUT法やドナーストリップ法で頭皮を切除する際の面積のことです。㎠換算で費用を算出しているのは、今回ご紹介した中ではニドークリニックのみです。

Thumb自毛植毛をしたら10年後はどうなる?寿命はあるの?

植毛の値段(コスパ)、大手と少数店舗の医院で異なる

大手クリニックと少数店舗の零細クリニックでは値段やコスパが異なります。まず500グラフトあたりの大まかな値段を比較してみましょう。

  大手 零細
500グラフトあたりの費用 400,000〜600,000円 40,000〜340,000円
では、大手と零細の違いはコスパだけなのでしょうか?大手と零細のメリット・デメリットを比較してました。
  大手 零細
メリット 植毛方法が多い
支払い方法が多い
全国展開している
値段が比較的安い
デメリット 値段が比較的高い 植毛方法が少ない
支払い方法が少ない
料金体系が不明瞭
大手の場合、ロボットアームを使用したARTAS植毛やクリニック独自の植毛方法があり、選択肢が多様なのがメリットです。また支払い方法に関しても選択肢が多く、湘南美容外科ではビットコインでも支払うことが出来ます。ただし、デメリットは先ほどの比較でもわかるように値段が高いことです。

また大手は施術費用以外にも基本料金が取られてしまう場合が多いです。それに対して、零細は値段が安いのがメリットで、デメリットとしては施術方法や支払方法の選択肢が少ないこと、そして料金体系が不明瞭であるクリニックが少なくないことです。
クリニックに直接出向けば説明してくれますが、公式サイトにはどのくらい費用がかかってしまうのか、しっかりと説明されていないクリニックが零細の場合は少なくありません。

Thumb自毛植毛は20代でも受けるべき?若ハゲの植毛はリスク大?

植毛の値段と同じくらい大事な「失敗リスク」

植毛の「失敗リスク」とは?

植毛には失敗するリスクがあることをご存知でしたか?植毛における失敗のリスクとはこのようなものがあります。

  • 傷跡が残ってしまう
  • 定着せずに抜けてしまう
  • 施術した部分が腫れてしまう
では、実際に植毛を失敗してしまった人の画像を見てみましょう。最初にご紹介する画像は、ロックバンドU2のギタリストであるジ・エッジです。1枚目の画像ではスキンヘッドにしていますが、2枚目の画像では植毛を行っているのがよくわかります。

しかし、三枚目の画像で帽子をかぶっていることから、植毛に失敗したのではと言われています。できるだけ傷跡が残らない方法を選ぶ、定着しやすい自毛植毛を選ぶなど、あらかじめ失敗のリスクを見越してリスクヘッジをしておくことが大切です。

後遺症のリスクもある

植毛には後遺症のリスクもあります。後遺症として確認されているのは、ショックロスとピットスカーの2つです。ショックロスとは、施術部の毛が大量に抜けてしまう現象のことです。ショックロスの原因は、麻酔の影響や、ヘアサイクルの乱れなど様々なことが考えられますが、実は医学的にはよくわかっていません。
ただし、ショックロスは女性に多くみられると言われています。ショックロスが起きても1年から1年半後くらいには元に戻るとされています。ピットスカーは、植毛した部分が凹んでしまう現象です。ピットスカーは頭皮に異物を注入する人工毛植毛に特有の現象であるため、自毛植毛で起こる可能性は極めて低いとされています。

Thumb自毛植毛で傷跡が残らない方法!治療手術後の頭皮の状態は?

植毛の値段について正しい知識を持つべし!

つむじやおでこ、m字ハゲをすぐに確実に治したいと思ったら、植毛は非常に有効な手段であると言えます。特に生え際の後退は改善が非常に難しいとされているため、生え際の後退を劇的に改善するなら植毛以外に方法はないと言ってもいいでしょう。ただし植毛は非常に高額な治療方法でもあります。自毛植毛か、人工毛植毛か、施術方法によっても値段が変わっていきます。

値段について正しい知識を身につけた上で、植毛治療を受けるようにしましょう。植毛治療では費用がかかりすぎると思うなら、費用が安くてコスパが高く、抜け毛防止効果や発毛促進効果のある育毛剤をおすすめします。

最もおすすめの育毛剤はどれ?

育毛剤を使うなら、最もおすすめするのがチャップアップです。チャップアップは最も人気のある育毛剤で、ネット上の口コミの数も最も多いです。なぜそれほどチャップアップに人気があるのかというと、薄毛改善効果が非常に高いことが挙げられます。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・2本まとめ買いで2,800円お得
・永久返金保証書付き
・70種類の成分配合

モンドセレクション受賞!世界が認めた育毛剤!

チャップアップには合計で70種類もの成分が配合されており、業界でも最大級の成分数です。成分数が多いことで、ほかの育毛剤と比べても薄毛を改善する効果も高く、リピーターが続出しています。またコスパの高さも人気の理由です。
チャップアップは通常価格だと7,400円ですが、2本まとめ買いすることで12,000円となり、1本あたりの価格が6,000円になります。まとめ買いで価格が安くなるのは、継続して使っていく上で嬉しいですよね。人気No.1のチャップアップの効果を実感してみてください!

チャップアップについてもっと知りたい方はこちらもどうぞ!

Thumbチャップアップの効果は本当?口コミまとめ!
Thumbチャップアップの評判は嘘かまことか?長所と短所をきちんと整理
Thumbチャップアップの副作用についての口コミを本気で検証!

おすすめの記事