60代の薄毛治療、症状別にケア方法を詳しく紹介!

薄毛は加齢によっても起こるため60代になると多くの人が薄毛に悩むようになるようです。60代の薄毛治療としてはどのような方法が効果が高いのでしょうか。今回は60代の男性、女性に適した育毛ケア方法や治療法について症状別にご紹介します。

目次

  1. 60代の薄毛治療、症状別に紹介
  2. 60代の薄毛治療、症状の見極めが大事
  3. 60代の薄毛治療①、AGAの場合
  4. 60代の薄毛治療②、ホルモンバランスの乱れの場合
  5. 60代の薄毛治療③、血行不良の場合
  6. 60代の薄毛治療④、特殊な脱毛症の場合
  7. 60代の薄毛治療、ありがちな頭皮トラブル
  8. 60代の薄毛治療、失敗しないクリニック選びのポイント
  9. 60代の薄毛治療、育毛剤も有効なの?
  10. 【まとめ】60代の薄毛治療は病院で!

60代の薄毛治療、症状別に紹介

60代に差し掛かると、男性も女性もほとんどの方の頭皮に薄毛症状があらわれてきます。ですので60代になってはじめて薄毛治療に本格的に取り組み始める方も多いようです。しかし若い人に比べると、60代は自然治癒力も低下しているため、適切な方法で頭皮ケアや薄毛治療をしないと、改善は難しいと言われています。

そこで今回は60代の方の薄毛治療について、薄毛の原因や症状ごとにどのようなケアが適切であるのかをリサーチしました。さらに60代の方に起こりやすい頭皮トラブルもご紹介しています。自分の薄毛の原因と現在の頭皮の状況をしっかりと把握して、適切な頭皮ケアや育毛治療を行って、気になる薄毛を改善しましょう。

Thumb60代男性におすすめの人気育毛剤ランキング!【薄毛対策】

60代の薄毛治療、症状の見極めが大事

60代で薄毛治療を行うに当たって最も重要なことは、薄毛の症状の原因についてです。薄毛の原因にはいろいろなものがあるため、自分の薄毛の原因をしっかり見極めてからでないと適切な対処方法や治療方法もわかりませんし、治療を行っても思うように効果を得ることもできません。

まずは、AGAクリニックなどの医療機関で自分の薄毛の原因が何であるかについて診断を受けることが必須です。その上で原因に合った治療法や対策法を実践しましょう。60代での薄毛治療は成功率が6割程度と言われています。

20代の若い方であれば半年の病院での治療で9割以上が何らかの改善傾向がみられることを考えるとどうしてもその成功率は落ちてしまいますが、60代でも治療を行って劇的に薄毛が改善したという人も多くいらっしゃいます。60代だからとあきらめずにまずは診断を受けて薄毛治療を行いましょう。

また、病院での薄毛治療にプラスして行うことのできる薄毛対策もあります。たとえばシャンプーを育毛シャンプーに変えてみたり、頭皮の血行促進のために頭皮マッサージを行うなどです。病院での薄毛治療を合わせて行うことで成功率をアップさせることができますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

60代の薄毛の原因とは?

60代の薄毛の原因にはいろいろなものが考えられますが、代表的なものとして

  • 男性型脱毛症AGA
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 頭皮の血行不良
  • 特殊な脱毛症
などが挙げられます。次の章ではこれらの60代の薄毛の原因に応じた治療や対処法をくわしくご紹介していきます。

Thumb抜け毛が多いのをストップ!極めれば早いほど差がつく、抜け毛対策!

60代の薄毛治療①、AGAの場合

60代の薄毛の原因として最も多いと考えられるのが、男性型脱毛症AGAによるものです。AGAとは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ酵素の影響でジヒドテストステロンという脱毛作用のある悪玉ホルモンに変化することで引き起こされるものです。

AGAによる薄毛を改善するポイントは、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることで、プロペシアやザガーロといった内服薬が良く効くと言われています。これらの薬はジヒドロテストステロンを生成する原因となる5αリダクターゼ酵素の働きを阻害してくれます。

特にプロペシアは薄毛治療において第一選択薬として使用されるほどとても有益性を認められている医薬品でもあります。

こちらの画像は、そのプロペシアを服用して薄毛を改善したという男性の画像になります。2013年から2016年の約3年間の服用で、生え際の薄毛がかなり改善しているのがはっきりとわかりますよね。

プロペシアは3年以上の服用で9割以上の人の薄毛が改善すると言われている医薬品です。逆に言うと、3年程度は服用を続けなければならないということでもあります。ちなみにプロペシアには男性機能障害や抑うつなどの副作用があると言われています。また、年齢問わず女性は服用することはできません。

プロペシアの処方はAGAクリニックはもちろん、一般外来の皮膚科の病院でも行っていて、最もメジャーなAGA治療方法と言えます。

Thumbプロペシアを服用中で精液減少に?不妊になるってホント?

60代の薄毛治療②、ホルモンバランスの乱れの場合

つづいての60代の薄毛の原因としてあげられるのは、ホルモンバランスの乱れです。特に女性は加齢とともに女性ホルモンの働きが衰えてきて、男性ホルモンが台頭してきます。すると男性のAGAのように抜け毛が起こり薄毛が始まります。

女性のAGAのことを女性男性型脱毛症FAGAといい、最近ではFAGA治療専門のAGAクリニックも珍しくなくなってきました。もちろん、男性でもホルモンバランスの乱れによって薄毛になることもあります。ホルモンバランスが乱れると髪のハリやコシが失われて髪が細くなってボリュームが減ってしまいます。

また、頭皮の血行不良の原因にもなると言われており、ホルモンバランスを正常化することは男性にも女性にもとても重要なこととなります。ホルモンバランスは睡眠不足やストレスなど日常の生活の乱れが影響することが多いため、規則正しい生活習慣を身に着けるようにしましょう。

こちらの画像はホルモンバランスの乱れによって薄毛になっていた人がそれを改善したというビフォーアフターの画像になります。ホルモンバランスの乱れを食事を見直すことで改善したようです。食事もホルモンバランスを整えるのにとても大切な要素となりますので、栄養バランスの摂れた食事を心がけましょう。

Thumb女性の薄毛の原因はホルモンバラスの乱れ⁉改善・対策方法まとめ!

60代の薄毛治療③、血行不良の場合

つづいてご紹介するのは、頭皮の血行不良による薄毛の場合です。年齢を重ねると頭皮も老化して血行が悪くなってしまいます。さらに上記で説明したようなホルモンバランスの乱れによっても血行不良になることがあります。

頭皮の血行不良がなぜ薄毛の原因になるのかというと、頭皮が血行不良になると髪の毛の成長を司る毛根まで酸素や栄養素が運ばれにくくなります。すると毛根が栄養不足になって髪の毛の成長を妨げて薄毛の原因となるのです。

頭皮の血行不良は頭皮をマッサージしたり、サロンでスパを受けるほか、AGAクリニックで頭皮にガスを注入して血行を促進する血行促進療法という治療を受けることも可能です。この治療は、体に無害なガスを使用するため副作用の心配がなく、さらにとても細い針を使って施術するので痛みもないんだそうです。

では、頭皮が血行不良になるとどのような状態になるのかを画像で確認してみましょう。

こちらの頭皮の画像ですが、頭皮が赤くなっているのがわかりますでしょうか。頭皮が血行不良になると赤くなると言われています。もし自分の頭皮を確認して赤くなっているようであれば、頭皮の血行不良が疑われます。

本来頭皮の色というのは透明感のある白色で青みがかっています。それが赤やピンク、黄色、茶色などに変色している場合には頭皮の状態が健康ではないことが多いですので十分注意してくださいね。

Thumb頭皮が血行不良になるとどうなるの?血流を改善する方法10選ご紹介

60代の薄毛治療④、特殊な脱毛症の場合

60代の薄毛の原因には特殊な脱毛症も考えられます。たとえば、円形脱毛症や脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などがそれにあたります。

円形脱毛症は、自己免疫疾患の一つとも言われていて何らかの原因で体内で髪の毛を異物とみなし、攻撃してしまうことが原因であると考えられています。そのほかストレスやアレルギーなどが原因となることもあるようです。

脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症は何らかの原因でマセラチア菌が増殖してしまい引き起こされる脱毛症で、脂漏性脱毛症は頭皮が常に皮脂で覆われていてべたべたしているのが特徴です。粃糠性脱毛症は反対に頭皮がとても乾燥して頭皮の皮膚がぽろぽろとはがれて大量のフケがでてしまいます。

これらの脱毛症が原因の薄毛は通常の頭皮ケアや育毛ケアを行っていても治りませんので、病院を受診してステロイドなどの薬を使っての治療が必要になります。

こちらの画像は円形脱毛症になったという人の頭皮の画像です。通常、円形脱毛症というと10円玉サイズくらいのハゲができるのですが、この方はかなり広範囲の脱毛部分があります。円形脱毛症は放っておいても自然に治ることが多いのですが、悪化するとそこからどんどん薄毛が進行してしまうこともあるようです。

特に60代の方は治癒力も落ちてきていますので、できるだけ早急に専門医の診察を受けて対処を行うほうが良いでしょう。

Thumb脂漏性脱毛症は皮膚科や病院に行けば治るの?回復させたい人必見

60代の薄毛治療、ありがちな頭皮トラブル

ここで60代の薄毛で悩む方にありがちな頭皮トラブルについてご紹介したいと思います。

白髪染め

薄毛になると白髪染めが使えないというイメージはありませんか?これは、白髪染めが頭皮にとても刺激が強いからで、薄毛の人は頭皮を白髪染から守る髪の毛がないため、使用が難しいというものです。確かに白髪染は化学薬品を使用していることが多く、頭皮が髪の毛で守られていない状態の方に使用するのは難しいでしょう。

しかし現在は、化学薬品を使用していない天然成分でできた白髪染めもあります。そのような頭皮に刺激の少ない白髪染を使用すれば薄毛の人でも白髪を染めることは可能です。植物由来のヘナなどが有名ですので、そのような染め剤を使ってくれるサロンを探して白髪染を行いましょう。

毛髪の栄養不足

60代の頭皮トラブルとして、髪の毛の数は変わらないのに毛髪が栄養不足によって細くなってしまうということがあります。これは頭皮の血行不良や偏った食事の影響などによって、髪の毛が栄養不足になるために起こるものです。

髪の毛の数は変わらなくても髪の毛の太さが細くなってくると、全体のイメージとして髪のボリュームが減ったように見えてしまうことがあります。

こちらの画像を見ると、しっかりと太い毛が生えている部分と細く弱弱しい毛が生えている部分があるのがわかると思います。このように、頭皮が栄養不足になると細く弱い毛がだんだんと増えていき、最終的には抜け毛になってしまうという可能性もあります。

頭皮のケアを行うことで1本1本の髪の毛を太く元気に育てるよう、対策を行いましょう。

頭皮の糖化による抜け毛

年をとるとだんだんと体は衰えていきます。そして体と同じように頭皮も老化していきます。それが頭皮の糖化です。

もう少し詳しく説明すると、頭皮の糖化というのは、体内のタンパク質が余分な糖と結びつ句ことによってタンパク質が変性してAGEsという老化物質を生成する反応よっておこります。 この老化物質AGEsは分解されにくいためどんどん体内に蓄積して、肌や髪、骨などの全身の老化を進行させてしまいます。

頭皮が糖化すると、頭皮が乾燥しやすくなったり、血行不良になったりと髪の毛にとってあまり良い環境とは言えない状態になってしまいます。すると髪の毛にも影響を及ぼして、髪の毛が切れやすくなったり、ハリやコシがなくなったり、最終的には抜け毛が増えてきたと感じるようになります。

頭皮の糖化を予防するためには、まずは食事に気を付けることが大切です。慢性的な高血糖状態にある場合や急激な血糖値の上昇の繰り返しは糖化を促進することがわかっています。食事はゆっくりとよく噛んで、糖化の原因となる余分な糖分を取りすぎないよう注意しましょう。

また頭皮への過剰な紫外線もAGEsを増加させてしまう原因となります。外出時は日焼け対策をしっかりと行うように心がけてくださいね。

Thumb頭皮の糖化が薄毛や抜け毛の原因に!?改善方法はあるの!?

60代の薄毛治療、失敗しないクリニック選びのポイント

60代の薄毛治療は病院での治療を受けることがおすすめですが、その際に大切なのが病院選びです。薄毛治療は保険外診療のためその費用は病院で自由に設定されており、病院によって幅も大きく開いています。長期間継続が必要な薄毛治療ですので、できるだけ安い費用でおさえたいと思うのは当然でしょう。

しかし費用だけで病院を選ぶことはとても危険です。安いからと言って安易に契約してしまうとあまり治療の効果を得られないという場合も多くあります。ですので、費用面でなくほかの角度からも病院選びを行うことが大切です。

では60代の人が薄毛治療を受ける病院を選ぶときにはどのような基準で選べばよいのでしょうか。ここでは、失敗しない病院選びの基準について解説したいと思います。

医師との関与しないのは危ない

AGAクリニックには基本的に薄毛治療の専門医が在籍しています。本来ならばカウンセリングや治療方針の説明時には医師の診断があるべきです。しかし、病院によっては全く医師が出てこずに、スタッフがカウンセリングや問診、治療までを行う病院もあります。

これでは専門医が在籍している意味がありません。カウンセリングや治療は必ず医師が行う病院を選ぶようにしましょう。

こちらの理解度にあわせて、段階を踏んでない。勝手に治療を進める態度は危ない

薄毛治療は医療行為ですので、治療を進めるにあたっては医師に説明義務が伴います。この説明のときに患者の理解度を無視してどんどん進めていくような病院は避けたほうが良いでしょう。しっかりと納得するまで説明を行ってくれ、わからない点は質問しやすい雰囲気作りをしてくれる病院を選びましょう。

医療コースが強制的

薄毛治療は高額医療であり、また複数回通院をすることがほとんどですので、病院によっては回数の決まったコース契約ができるところもあります。メリットとしては1回1回治療費の支払いをする場合に比べて、割引された価格で施術を受けられるということがあるのですが、このコース契約が強制的な病院はやめましょう。

病院によってはコース契約しか受け付けてくれない病院や、なかば強引にコースでの契約をすすめてくるところもあるようです。割高になっても最初のうちは都度払いにしたいという患者の希望を受け入れてくれない病院はやめておくのが無難です。

会計が明朗会計ではない

薄毛治療の料金はほとんどの病院でホームページに金額が掲載されていますし、契約時に提示があります。しかし中にはその金額のほかに、管理費などといった名目で別途費用が必要であったり、シャンプーや育毛剤などを強制的に購入したりなど会計がわかりにくい病院もあるようです。

このような病院で契約してしまうと、思っていた以上の金額を支払うことになってしまう可能性がありますので、会計がわかりにくい病院での治療はやめましょう。

クリニック選びのコツとは?

薄毛治療に特化したクリニックはたくさんあり、選ぶ際には何を基準にしたらいいか?というのがわかりにくいです。一点注意して欲しいのが、薄毛治療には保険が適用されないという点です。なので、クリニックを選ぶ際には公式サイトをよく参考にし、料金などをしっかりチェックすることが大切です。

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

  • プロペシアの処方が最安値の4,200円から
  • 全国各地にクリニックを完備!
  • 無料カウンセリングから受けられる

公式サイトを見る

例えば「AGAスキンクリニック」では無料カウンセリングから受けられ、AGA治療薬であるプロペシアが初回4,200円という最安値で処方できるようになっています。プロペシアの処方は平均で7,000円で処方されるところがほとんどなので、この4,200円は非常に安いです。

その他AGAクリニックに知りたい方はこちらの記事も!

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

60代の薄毛治療、育毛剤も有効なの?

薄毛治療の方法には病院で治療を受ける以外にも、育毛剤を使って自宅でケアを行うという方法もあります。60代の薄毛治療にも育毛剤でのケアは有効なのでしょうか。

60代の方でももし抜け毛や薄毛が気になり始めて間もないという方であれば、育毛剤でのケアも有効と言えます。または60代になってそろそろはげるかも?と心配している方が予防として使用するのもおすすめです。逆にすでに薄毛がかなり進行してしまっている人には育毛剤はあまり効き目はないと言えます。

ただし60代の方が薄毛改善や治療のために育毛剤を使用するのであれば、本格的な育毛剤を使うことが必要です。そこでおすすめなのがチャップアップという育毛剤です。チャップアップは通販型育毛剤なのですが、数々の育毛剤人気ランキングで上位に入賞している人気の育毛剤です。

20代から60代、70代の方まで、さらに男性も女性も使うことのできる医薬部外品育毛剤で、抜け毛の抑制効果や頭皮の血行促進効果が高く薄毛改善を期待できます。チャップアップは医薬部外品ですので病院で処方される医薬品治療薬のように副作用の心配がありません。

さらにチャップアップは病院での治療と比較してコストがかからないのも魅力です。病院で薄毛治療を受けると月額15,000円~30,000円程度の費用が掛かってしまいますが、チャップアップなら定期購入制度を使えば月額6,000円から使用することが可能です。

万が一チャップアップを使用して効果を感じられない場合には全額返金保証制度もありますので、はじめて育毛剤を購入する方でも安心して育毛剤を試すことが可能ですよ。

60代の薄毛ケアに有効な育毛剤チャップアップ

60代の方の薄毛ケアにおすすめなのはチャップアップです。チャップアップには業界でも最大級の83種類の成分が含まれていて、抜け毛抑制や育毛促進はもちろん、60代なら気になる頭皮のエイジングケア効果も期待できる育毛剤です。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・モンドセレクション受賞
・口コミ人気ナンバーワン
・業界最大級83種類の成分配合

60代の頭皮にもやさしく浸透する無添加育毛剤

チャップアップに含まれている成分はすべて無添加の天然由来成分ですので、副作用のリスクがないのもおすすめのポイントでもあります。60代になってそろそろ髪の毛のケアをしっかりしたいという方や最近抜け毛が気になりだしたという方は病院での治療の前にチャップアップを使うことで改善できる可能性もあります。

また、チャップアップには同じシリーズの育毛シャンプーやサプリもあり、合わせて使用することで相乗効果を発揮してくれます。一緒に購入することでお得な価格で購入できますので、ぜひ一緒に使ってみてくださいね!

Thumb育毛剤の口コミまとめ!人気のチャップアップの口コミとは?

【まとめ】60代の薄毛治療は病院で!

ここまで60代の男性、女性の薄毛についてどんな治療法やケアの方法が適切であるかをご紹介してきました。60代の薄毛治療方にはいろいろな方法がありますが、若い人よりも回復力が落ちていたり、薄毛が進行していくことを考えると病院での薄毛治療が最適と言えそうです。

できれば60代になって薄毛に悩む前に若いころから毎日育毛シャンプーや育毛剤などでの頭皮ケアをしっかりと行っていることが理想的ではありますが、そうではなかった場合にはまずは薄毛治療を専門としている病院やクリニックを受診して現在の頭皮や薄毛の状態を確認してもらいましょう。

そして薄毛の原因を検査したうえで適切な薄毛治療を行って、早めの薄毛改善を目指しましょう。

Thumb育毛・薄毛治療はAGAクリニック・病院で出来る!最新の治療法を紹介!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事