薄毛治療の費用について!男女・年代・ニーズ別に整理

薄毛は病院で治療を受けることで高い確率で改善されることが知られていますが、薄毛治療の費用は保険がきかないためとても高額になるようです。今回はそんな薄毛治療の費用について男女別、年代別、ニーズ別に整理し実際どれくらいの費用が必要なのかを調査しました。

目次

  1. 薄毛治療の費用、なんとか安くできない?
  2. 薄毛治療の費用、男女、年代別の相場
  3. 薄毛治療、費用が安いクリニックは要注意かも!?
  4. 薄毛治療・費用、失敗しない病院選びのポイント
  5. 薄毛治療・費用を抑える奥の手、個人輸入
  6. 薄毛治療・費用で最重要「生え始める時期」
  7. 【まとめ】薄毛治療の費用の観点は一番大事

薄毛治療の費用、なんとか安くできない?

病院での薄毛治療は自分でケアを行うよりも成功率が高いとされています。薄毛に悩む人の中には薄毛治療を始めたいのは山々だけど、保険も効かないし医療費控除もうけられないので、経済的に難しいという方がたくさんいるのではないでしょうか。もちろんローンを組むという選択もありますが、そこまでして、、、というのが現実ですよね。

本格的に薄毛治療を取り組む場合に、最初のハードルになるのが「費用問題」ですが、 なんとか手に届く程度のコスト感で始められないか?という方の為に、今回は薄毛治療の費用について徹底的にリサーチしてみました。

AGA治療は保険適用外

さきほどからお話ししているように、病院でのAGA治療は健康保険の適用外です。また医療費控除も受けることができません。これは薄毛やAGAは命に係わる疾患ではないためです。ですので薄毛治療はすべて自費での診療となり、治療費は病院によって自由に設定できるため大きく異なっています。

薄毛治療を始めるのであれば、どの治療がどれくらいの相場価格なのかという事前情報を知っておいたほうが良いでしょう。

ThumbAGA治療の費用は安くない!本気でやるならいくらかかる?

薄毛治療の費用、男女、年代別の相場

薄毛治療の費用は、行われる治療方法によっても異なりますし、男性と女性でも違います。また、年齢層によっても異なることが多いようです。そこでここでは、若い男女の治療費の相場と中年以降の男女の治療費にちて解説します。

若い男女の治療費

男性でも女性でも若い人の薄毛治療の場合、主に選択されるのがAGA治療薬を使用しての治療になります。若い人の薄毛の場合、まだあまり薄毛が進行していないことが多く、AGA治療薬だけで改善することが多い問いされています。

AGA治療薬は男性と女性とでは使用する薬剤が異なりますので、その相場費用とともに表にまとめました。

内服薬名 性別 1ヶ月あたりの相場価格
プロペシア 男性 4,200円~9,000円
ミノキシジルタブレット 男性・女性 4,000円~8,000円
パントガール 女性 7,000円~10,000円
若い男女の場合、この内服薬での治療だけになるので、この薬剤費に診察料がプラスされた程度が月額の治療費の相場と言えます。

中年以降の男女の治療費

つづいて中年以降の男女の治療費についてです。中年以降になると加齢の影響もあって、若い男女のように改善がすぐにできるということは少なく、さらに内服薬だけの治療では回復できないことも多いようです。薄毛治療は内服薬の次のステップとしてメソセラピーやHARG療法などがあり、それらを組み合わせて行うことになります。

ここでは内服薬での治療以外の費用相場をご紹介します。

治療法 性別 1回あたりの価格相場
メソセラピー療法 男性・女性 50,000円~100,000円
HARG療法 男性・女性 60,000円~120,000円
メソセラピー療法やHARG療法は、発毛促進効果のある薬剤や成分を頭皮に直接注入するという治療方法で、痛みをともなうこともありますが内服薬での治療よりも効果が高いと言われています。施術は1回では完了せず、月に1回くらいのペースで最低半年は通院と施術が必要だそうです。

薄毛治療、費用の3ポイント

薄毛治療のポイントは、どんな治療を行うかよります。ご紹介した、

  • フィナステリド、ミノキシジルタブレットなど内服薬での投薬治療
  • メソセラピー療法
  • HARG療法
は、それぞれ費用が全く異なるものです。

基本的には年齢関係なく、投薬治療を行って効果なしであれば次のメソセラピーに進んでいくといった治療方針がとられます。薄毛治療の費用はどんな治療を行うかで異なってくるということを覚えておきましょう。

ThumbAGAを皮膚科で治療する時の費用や医療費はどれくらい?

薄毛治療、費用が安いクリニックは要注意かも!?

薄毛治療は自由診療なので病院によって価格が異なるとは言っても、それなりの相場はあるものです。でも、まれに治療費がほかのクリニックと比較して群を抜いて安いというところもあります。そのような極端に治療費が安いクリニックには注意が必要です。

安すぎる病院は訝しい

あまりにもほかの病院と比較して費用が安すぎる病院は訝しいものです。もしかするとフィナステリドやミノタブなど正規品ではなくジェネリックをオリジナル発毛薬と称して使用しているかもしれませんし、薬剤費とは違う名目で別途費用が多くかかるのかもしれません。

AGA治療は保険も効かず医療費控除もできないので、できるだけ安い病院で治療を受けたいという気持ちはわかりますが、効果を得られなかったり、逆に高くついたりするリスクもありますので避けたほうが良いでしょう。

「まともな病院」同士で価格差を調査すると?

ここでは口コミでも評価の高いいわゆる「まともな病院」について治療費がどれくらいなのかを調べてみました。病院同士での価格差がどれくらいあるのでしょうか。

今回比較するのは、AGAスキンクリニック、新宿AGAクリニック、ゴリラクリニック、銀座総合美容クリニックと都内にある一般外来の3病院です。

病院名 内服薬 1ヶ月 メソセラピー療法 HARG療法
AGAスキンクリニック プロペシア
4,200円~7,000円
オリジナル発毛薬
14,000円~22,000円
1回50,000円~ 1回60,000円~
新宿AGAクリニック プロペシア
7,000円
ミノタブ
5,000円~
1回50,000円~ -
ゴリラクリニック プロペシア
9,000円
オリジナル治療薬
9,800円~16,000円
- 1回100,000円~
銀座総合美容クリニック プロペシア
7,560円
1回19,440円~ -
新宿駅前クリニック プロペシア
7,000円
- -
ララクリニック プロペシア
13,000円
- -
池袋サクラクリニック プロペシア
8,600円
- -
一般外来の皮膚科では投薬治療のみを行っています。最もよく使用されるAGA治療薬プロペシアで比較しても、最安値4,200円~13,000円までかなり幅が広くなっています。

一番安いのはAGAスキンクリニック?

上の表を見てみると「AGAスキンクリニック」が治療薬であるプロペシアの処方が最も安くなっています。最低でも4,200円〜の処方が可能になっており、これは他のAGAクリニックと比べてもプロペシアの処方が安いことがわかります。

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

  • プロペシアが初回4,200円で処方可能
  • 無料カウンセリングから受けられる
  • 処方料・再診料が無料!

公式サイトを見る

これはどういったことかと言うと、AGAスキンクリニックでは初回に限りプロペシアの処方が4,200円でできるようになっているからです。2回目以降からは他のクリニックと同じように7,000円から処方できます。そのおかげでいくらか費用を抑えることができるので、AGAスキンクリニックは薄毛治療のクリニックの中で特に人気となっています。

Thumb都内AGA・薄毛治療なら新宿で!専門クリニック(病院)11選!口コミ・評判有

薄毛治療・費用、失敗しない病院選びのポイント

薄毛治療の費用についてさきほども比較しましたが、費用だけでなく病院によって治療方針や患者さんと医師とのかかわり方などがまったく異なっています。特にメソセラピー療法やHARG療法では施術する医師の技術に結果が左右されることもありますので、病院選びは慎重に行いたいものです。

ここでは、薄毛治療において失敗しない病院選びのポイントとして注意すべき点をご紹介します。

薄毛治療の病院選びで重視したい4つのポイント

薄毛治療を受ける病院を選ぶときに重視したほうが良いポイントが4つあります。その4つとは、

  • 治療やカウンセリングに医師が関与していること
  • 治療を進めるときに患者の理解度にあわせて、段階を踏んで進めてくれること
  • 契約方法を選べること
  • 会計が明朗会計であること
です。

薄毛治療を病院で受けるときには、AGA専門医が在籍している病院やクリニックを選んだほうが良いのですが、そのような医師がいるにもかかわらず、カウンセリングから問診、施術まで医師が一度も出てこないという病院もあります。

せっかく専門医が在籍していても治療に関与していなければ意味がありませんので、そのような病院は避けましょう。

さらに治療の方針や進め方をしっかりと患者に説明しない病院もNGです。特に薄毛治療は治療がステップアップしていくことも多いですので、都度医師からの説明をしてくれる病院を選びましょう。

また、費用は支払いに関して強制的にコース契約をさせられたり、価格表にはない別途費用を請求されるなどの病院ものちのちトラブルになりやすいですので避けたほうが無難です。

Thumbハゲ治療におすすめの病院!薄毛治療に失敗しない選び方!

薄毛治療・費用を抑える奥の手、個人輸入

薄毛治療は保険も効きませんし医療費控除もうけられません。メソセラピー療法やHARG療法であれば医療機関でなければ受けることができませんが、プロペシアやミノタブなどの投薬治療であれば、本来医師の処方のもとに購入するのですが、安価な海外製のAGA治療薬を個人輸入することもできます。

個人輸入でAGA治療薬を購入すればその費用は格段に抑えられますし、通院の手間もないため、個人輸入でプロペシアなどを購入して服用している人もいるようです。個人輸入でAGA治療薬を購入して服用しても問題ないのでしょうか。

素人判断の個人輸入は危険

基本的にAGA治療薬を個人輸入で購入して服用することはおすすめできません。その理由は、個人輸入で購入したAGA治療薬には偽物のリスクがあるからです。もともと薬価が高いAGA治療薬にはたくさんの偽物が出回っています。そしてAGA治療薬の偽物は見た目では本物と見分けることはほとんど不可能です。

誤って偽物のAGA治療薬を服用すると効果なしというだけでなく、最悪の場合健康被害が出てしまうこともあります。いくら費用が安いからと言って、安易に素人判断で個人輸入を利用するのは絶対にやめましょう。

個人輸入を使いこなしている人の特徴

素人判断で個人輸入のAGA治療薬を服用するのは危険ですが、中には個人輸入を使いこなしている人がいるのも事実です。どんな人が個人輸入を使いこなしているのでしょうか。

個人輸入を使いこなしている人の特徴としては、自分の薄毛症状の客観的な把握が出来ている人やはじめは病院で医師との相談の元、治療をしていた人などです。このような人はAGA治療を比較的長期間行っていて、薬のコントロールもできる人です。

しかしAGA治療薬には副作用もあります。副作用によって重篤な症状が出ても個人輸入のAGA治療薬ではしかりとしたケアを受けられませんので、やはりおすすめはできません。

個人輸入で費用を計算すると?

個人輸入のAGA治療薬は病院で処方を受けるよりもかなりリーズナブルに購入が可能ですが、どれくらい価格差があるのでしょうか。個人輸入でAGA治療薬を購入した場合と病院で処方を受けた場合の1か月分の費用の価格差を比較しました。

  個人輸入 病院・クリニック
プロペシア 4,241円 4,200円~9,000円
ザガーロ 3,287円 4,800円~11,000円
ミノキシジルタブレット 954円 4,000円~8,000円
※ザガーロは個人輸入の場合ジェネリックであるアボダートの価格になっています。

比較してみると確かに処方薬と個人輸入の場合とでは差があります。1ヶ月だけであればさほど気にならないですが、AGA治療薬は長年にわたって服用を継続しなければなりませんので、やはり個人輸入の価格の安さのメリットは大きいようです。

Thumb発毛剤を個人輸入はいい⁉メリット・デメリットを総まとめ!

薄毛治療・費用で最重要「生え始める時期」

AGA治療には投薬治療やメソセラピー療法やHARG療法などの種類がありますが、どの治療法においても即効性はありません。特に投薬治療においては数ヶ月単位で効果を待たなければなりません。中には1ヶ月ほどで効果なしと判断して服用をやめてしまう人もいるようですが、実際にはどれくらい服用すれば効果が見られるのでしょうか。

一般的にどのくらいの期間で生え始める?

AGA治療を始めてから発毛を実感するまでの期間には個人差が大きいため、一概にどれくらいというのは難しいのですが、一般的にAGA治療薬は服用してから6ヶ月程度で発毛効果を実感できると言われています。

もちろん発毛効果を実感するまでに髪の毛のハリやコシが強くなった、ボリュームがアップした、抜け毛が減ったなど良い効果を実感している人も多いのですが、産毛が生えてきたなど発毛を感じるのは半年から長くて1年ほどはかかるようです。AGA治療を行うときにはすぐに効果なしと判断せず、気長に継続しておきましょう。

体験者の口コミをリサーチ

ではここからは実際にAGA治療を行ってどれくらいの期間で効果を感じたかという口コミをいくつかご紹介します。

  • プロペシアを服用して3ヶ月くらいで抜け毛が激減しました。さらに続けていると半年後には生え際に産毛が!今は2年目に入っていて、もうほとんど薄毛だったことがわからないくらいになりました。
  • ミノタブが良いと聞いて最初2.5mgから始めましたが効果なし。続いて5mgに変えてもあまりわからず。最後に10mgにして半年後、やっと生えてきました。
  • プロペシアをやめてザガーロにして4ヶ月目につむじにうっすら産毛が出てきました
  • プロペシア服用1年で完全にM字ハゲを脱却できました
  • ミノタブとプロペシアの併用で3ヶ月でつむじはげがなくなった
  • フィナ系とミノタブ併用が最強!半年もしたら禿げてたのがウソみたいにふさふさになったよ
  • ミノタブをはじめて5ヶ月くらいで周りから髪が増えたと言われ始めた
  • プロペシアは副作用がひどくてだめだったので、ミノタブに変えたら半年くらいで髪のボリュームが増えたのを実感しました
  • ミノタブをはじめて1ヶ月くらいで腕や足の体毛が濃くなって、そのあとすぐに髪の毛も生えてきました
  • ザガーロが一番効果があった気がします。自分的には5ヶ月目くらいから効果を実感しました
口コミを見てもわかるように、やはりAGA治療薬の効果を実感するまでの期間は個人差が大きく、1年以上使用してやっと効果を感じたという人もいます。AGA治療は副作用にも気を付けながら気長に行うことが大切ですね。

Thumbミノキシジルの副作用リスクは高い!?使用者の体験談・口コミを調査

【まとめ】薄毛治療の費用の観点は一番大事

今回は病院での薄毛治療の費用にフィーチャーして、どれくらいの費用が実際にかかるのか、どこのクリニックや病院が安いのか、AGA治療の相場はどれくらいかなどについてご紹介してきました。

病院でのAGA治療は副作用のリスクもありますし、保険がきかなかったり医療費控除もうけられなかったりととてもハードルは高いように感じます。しかしセルフケアを行うのと比較すれば効果はかなり期待できるので、本気でAGAを治療したいのであれば選択肢に入れることはおすすめです。

今はほとんどのAGAクリニックで無料カウンセリングを受けることができますので、まずは一度気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

治療薬と育毛剤と比較したときのメリット・デメリット

AGA治療は病院で受けられるのはもちろん、育毛剤を使用して自宅で行うこともできます。ただし、育毛剤でのケアが効果を期待できるのはAGAのごく初期段階の方だけです。育毛剤でのAGA治療は内服薬を用いての治療にはないメリットもあります。

ここではAGA治療薬と育毛剤を比較したメリットとデメリットをご紹介します。
★治療薬と育毛剤と比較したときのメリット・デメリット

  AGA治療薬 育毛剤
メリット 効果が高い 副作用がない
費用が安い
デメリット 費用が高い
副作用がある
効果が出にくい
育毛剤のメリットはAGA治療薬にはないコスト面でのメリットと副作用がないという点にあります。副作用がないということは長期間継続しなければならないAGA治療にはかなり大きなポイントですね。もしまだ薄毛がそんなに深刻でないという方であれば、ぜひ育毛剤からチャレンジしてみましょう。

AGAの初期におすすめの育毛剤はチャップアップです。チャップアップは83種類の成分を配合した本格的な育毛剤でありながら、定期購入で1本6000円で購入できるコスパの良い育毛剤です。抜け毛抑制成分や育毛促進成分のほか、頭皮の環境改善効果のある成分も配合されているのでトータル的な頭皮ケアを行うことが可能です。

初期のAGA対策ならチャップアップがおすすめ!

初期のAGA対策を行うなら無添加で副作用のリスクがないチャップアップがおすすめです。チャップアップは数々の育毛剤ランキングで1位を獲得している人気育毛剤で、業界最大級の83種類の有効成分を配合している育毛剤です。

その成分のすべてが無添加で副作用のリスクがないため、敏感肌の方やアレルギー体質の方も安心して使用することが可能です。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・モンドセレクション受賞
・口コミ人気ナンバーワン
・無添加、無香料

公式サイトを見る

チャップアップは通販でしか購入できませんが公式サイトで育毛シャンプーやサプリと合わせて購入するととてもお得に買うことができ、また定期購入なら月額6000円程度から育毛ケアを行うことが可能です。

万が一効果が感じられなくても商品代金を全額返金してもらえる保証制度もありますので、はじめて育毛剤を使う方でも安心して購入が可能です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事