若ハゲは早期対策が肝!病院に行くメリット・デメリットをまとめ

高校生や20代の若い人が悩む若ハゲはできるだけ早く対策を行うことが早く治る秘訣です。そのためには病院での治療がおすすめです。そこで今回は若ハゲを病院で治療には何科に行くのかや病院でのAGA治療のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

目次

  1. 若ハゲは早期対策が肝!まずは病院にいこう
  2. 若ハゲは治しやすい?病院で行う治療について
  3. 若ハゲで病院に行くなら皮膚科か、専門クリニックか?
  4. 若ハゲを治療!病院での費用はずっと払い続けるもの
  5. 若ハゲを治療!各病院の価格比較
  6. 若ハゲを治療!病院に行かなくても対策はできる?
  7. 【まとめ】若ハゲは病院で早期対策すべし!

若ハゲは早期対策が肝!まずは病院にいこう

高校生や大学生、20代の人の薄毛は若ハゲと呼ばれていますが、若ハゲがきちんと治るためには早期対策が不可欠です。若ハゲの早期対策には病院での治療が有効とされていますが、何科の病院に行けばよいのでしょうか。

若ハゲ治療を病院で受けるなら、皮膚科の病院へ行きます。もしくはAGA治療専門のクリニックもおすすめです。今回は若ハゲの病院での治療について、どのような治療を行うのかやかかる費用、治療のメリット、デメリットについて解説します。若ハゲに悩んだら、まずは病院で診断を受けましょう!

Thumbマイナチュレは楽天やAmazonが安い⁉最安値を徹底調査!【激安・格安】

若ハゲは治しやすい?病院で行う治療について

若ハゲは病院で治療を行うと治るのが早いとされています。何科の病院を受診するかというと、皮膚科になります。またはAGA治療専門のクリニックでも治療ができますが、病院で行う治療とはどのようなものなのでしょうか。

病院で受けられるAGA治療には、

  • 投薬治療
  • メソセラピー療法
  • HARG療法
  • 自毛植毛
などの治療がありますが、このうちほとんどの場合はAGA治療薬を用いた投薬治療になります。また、何科であれ一般の病院ではほとんどの場合で投薬治療しか受けることができません。メソセラピー療法や植毛などの治療はAGA専門クリニックでのみの施術となります。

またこのとき注意しておかなければならないのが、AGA治療には健康保険が適用されないという点です。AGA治療は命にかかわるものではないため、保険がきかず全額が自費での診療となります。ですので、治療費についても保険で定められておらず、自由診療として病院側が自由に設定したものになります。

AGA治療には保険が効かずに高額であるということは覚えておきましょう。

若ハゲの原因

どんな若ハゲの治療を受けるとしても、まずは若ハゲの原因を特定することが先決です。若ハゲの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

若ハゲの原因はほとんどの場合、男性型脱毛症AGAであると言われています。AGAとは、男性ホルモンのテストステロンが体内で5αリダクターゼ酵素と結合してジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンに変化することが原因で起こります。

高校生や10代、20代の男性はこの男性ホルモンの分泌がとても活発であるため、AGAを引き起こしやすいとされています。

それ以外の原因としては、

  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 過度のアルコール摂取
  • 喫煙
  • 運動不足
などが挙げられます。特に若ハゲになりやすい高校生や20代前半の方は、生活習慣の乱れも原因の多くを占めるとされています。

若ハゲを治療する方法

では若ハゲを治療する方法ですが、肝心なのは脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの抑制になります。ジヒドロテストステロンの生成を抑制するには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる5αリダクターゼ酵素の働きを阻害することが大切です。

さきほどご紹介したAGA治療薬による治療において第一治療薬として多くの場合に選択されるのが、フィナステリドを主成分とするプロペシアです。プロペシアは5αリダクターゼ酵素の働きを阻害する効果が高いとして知られています。

ThumbDHT(ジヒドロテストステロン)抑制方法について要点まとめ

若ハゲで病院に行くなら皮膚科か、専門クリニックか?

若ハゲ治療は皮膚科の病院やAGA治療専門のクリニックで受けることができますが、皮膚科と専門クリニックではどちらの病院を選択したほうが治るのが早いのでしょうか。ここでは皮膚科の病院でAGA治療を受けるメリットとデメリット、AGA専門クリニックで治療を受けるメリットとデメリットを比較してみます。

皮膚科のメリットとデメリット

まずはじめに皮膚科の病院でAGA治療を受けるメリットをご紹介します。皮膚科でAGA治療を受けるメリットとしては、

  • 病院の数が多く近くにある
  • 予約が不要で気軽に行ける
  • 治療費用が安い

といったものが挙げられます。最近ではAGA治療専門のクリニックも増えてきてはいますが、まだまだ一般の病院と比較すると数は少ないようです。また、特に地方在住の方にとっては近所にAGAクリニックがないということもあります。

AGA治療は長期にわたって行うものであり、少なくとも数ヶ月に1度は通院が必要ですので、通いやすい場所に病院があるというのはメリットと言えるでしょう。また、一般の病院ですので基本的に予約は不要です。AGAクリニックと比較すると治療がシンプルなので費用も安く抑えられるようです。

では、反対に皮膚科でAGA治療を受けるデメリットはどんなものがあるかというと、

  • AGA専門医が病院にいないことが多い
  • 一般の患者さんも病院にいるためプライバシーへの配慮が期待できない
  • 基本的に投薬治療しか受けることができない
といったものです。皮膚科にはAGA治療以外の患者も多く訪れますので、薄毛に特化した医師がほとんどいないというのが現状です。さらに待合室もオープンになっていることが多いため薄毛治療に来たことをほかの人に知られてしまうリスクもあります。また、治療メニューも投薬のみのことがほとんどです。

AGA専門クリニックのメリットとデメリット

つぎにAGA専門クリニックのメリットとデメリットを考えてみましょう。AGAクリニックのメリットとしては、

  • AGA専門医の治療を受けることができる
  • 治療の選択肢が多い
  • 薄毛の悩みについてじっくり相談に乗ってもらえる

プライバシーに配慮されていてほかの人に薄毛治療を知られるリスクが少ないといったものがあります。AGAクリニックに来る患者さんは薄毛に悩んでいる人ばかりなので、知識豊富なAGA専門医が在籍していて、じっくり悩みを聞いてもらうことができます。治療メニューも投薬治療以外に行っていることが多いので、より一人一人の薄毛の原因に合った治療を受けることができます。

さらにプライバシーにしっかりと配慮している病院も多く完全予約制でほかの患者と鉢合わせしない造りになっていたり、待合室や診察室も個室になっているところも多いです。

では逆にAGAクリニックのデメリットにはどんなものがあるかというと

  • 治療費が高い
  • 病院の数が少ない
といったものがあります。病院の数が少ないと、病院を選ぶ選択肢も少なく、特に地方に住んでいる方には不利になります。さらにAGAクリニックでは投薬治療にプラスしてオリジナルの発毛薬や育毛剤をセットで購入したりする場合も多いため、治療費は高額になってしまいます。

このように皮膚科の病院とAGAクリニックとでは、それぞれに特徴があり、一長一短あります。しかしどちらがより確実にAGAが治るのが早いかというと、AGAクリニックであると言えます。

これはAGAクリニックがAGA専門の病院であるが故、専門知識や技術が高く、治療の前にしっかりと薄毛の原因を特定するための検査も行っているからだといえます。どちらの医療機関も保険の効かない高額な治療費が必要になりますが、費用対効果を考えるとAGAクリニックのほうがおすすめできます。

最後にその治療費について、どれくらいの差が皮膚科とAGAクリニックであるのかを表にまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

★皮膚科とAGAクリニックの治療費比較

  皮膚科 AGAクリニック
初診料 1,000円~3,000円 0円~5,000円
プロペシア(1ヶ月) 7,000円~10,000円 4,200円~9,000円
ザガーロ(1ヶ月) 9,000円~12,000円 4,800円~10,000円
プロペシアジェネリック(1ヶ月) 5,000円~8,000円 3,700円~6,000円
メソセラピー 70,000円~100,000円
自毛植毛 800,000円~
1ヶ月あたりの平均金額 10,000円~15,000円 20,000円~30,000円

ThumbAGAを皮膚科で治療する時の費用や医療費はどれくらい?

若ハゲを治療!病院での費用はずっと払い続けるもの

若ハゲに限らずAGA治療は長期にわたって継続していかなければならないものです。それはAGA治療は根本的に薄毛やハゲを治すものではないからです。特にプロペシアなどのAGA治療薬は、薬によって一時的に薄毛の進行を遅らせているだけであり、薬をやめてしまうとすぐにまた薄毛が進行してしまうからです。

さらにAGA治療薬を服用していて若ハゲが改善されたからと言って途中で薬をやめてしまうと、リバウンドが起こり加速度を増して薄毛が進行することがわかっています。

AGA治療薬でAGA治療を行うときには薬を一生続ける覚悟ではじめなくてはなりません。ですので、費用面でもずっと続けていけるかどうかを見極める必要があり、特に高校生や20代の若い方はその点で注意が必要です。

Thumbプロペシアをやめるとリバウンドをする?やめた後どうすればいい?

若ハゲを治療!各病院の価格比較

若ハゲ治療はコスト面を考慮することもとても重要です。ここでは、AGA治療を受けるのことのできる一般皮膚科の病院やAGA専門クリニックなどの治療費について比較してみましょう。

今回は10か所のAGA治療を受けられる病院やクリニックをピックアップして治療費を比較する表をまとめました。

  診察費 プロペシア(1ヶ月) メソセラピー療法(1回)
AGAスキンクリニック 5,000円 初月 4,200円
次月以降 7,000円
50,000円~
ヘアジニアス 3,000円 3,980円~ 60,000円~
新宿メディカルクリニック 5,000円 8,000円 16,000円~
東京ビューティークリニック 5,000円 6,500円 50,000円~
銀座美容総合クリニック 3,240円
※再診料無料
7,560円 19,440円
TOMクリニック 3,000円 6,000円 60,000円
湘南美容外科 無料 初月 4,200円
次月以降 6,500円
68,850円
ララクリニック 1,500円 13,000円 -
広尾プライム皮膚科 2,000円 8,000円 -
親和クリニック 無料 9,000円 60,000円~

今回は都内のクリニックを中心に10の医療機関の治療費をご紹介しています。一覧にしてもわかるように、治療費は病院によってかなり金額に差があるのがわかりますね。今回はプロペシアとメソセラピーの費用を比較しましたが、ザガーロやミノキシジルを扱う病院もあり費用もそれぞれ異なります。

実際にどれくらいの費用が必要なのかはカウンセリング時に詳しく説明がありますので、まずは一度カウンセリングを受けてどれくらいのコストを考えたほうが良いのか教えてもらってもいいかもしれませんね。

おすすめのAGAクリニック!

AGAクリニックは薄毛を専門で治療してくれる病院で、本当に薄毛に悩んでいる人が治療に行かれるクリニックとなっています。薄毛治療には基本的には保険が適用されないので、費用が高くなるといったイメージを持ってるかも知れませんが、中には比較的安価に、治療を受けられるクリニックも存在します。

アイテム
AGAスキンクリニックの画像
AGAスキンクリニック

  • 月々4,000円代〜
  • プロペシアの処方が一番安い!
  • 手軽に始める薄毛治療!

まずは無料カウンセリングから!

「AGAスキンクリニック」では、薄毛専門医師が患者1人1人に合った治療方針を考え、確実な治療をしてくれます。1人1人にあった治療方針が人気の秘訣となっております。無料カウンセリングから始められるので、気軽に受診できるのも、魅力の1つです。

Thumb男性型脱毛症の治療費がいくらか調べてみた!費用が気になる方必見

若ハゲを治療!病院に行かなくても対策はできる?

ここまで若ハゲ治療を病院で受けることを前提にお話ししてきましたが、病院に行かないで治療を行うことはできないのでしょうか。病院に行かずにAGAや若ハゲ対策を行うなら育毛剤が有効です。ただし育毛剤が効果を発揮するのはあくまで若ハゲやAGAの初期の段階である場合です。

薄毛がかなり進行していると育毛剤では対処がむずかしいため、できるだけ早く薄毛対策を行うことをおすすめします。

AGA治療薬と育毛剤を比較したときのメリット・デメリット

AGAのごく初期の段階であれば育毛剤でも薄毛が改善できる可能性がありますが、AGA治療薬を育毛剤を比較するとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

AGA治療薬を育毛剤とを比較して、メリットとデメリットをまとめてみました。

  AGA治療薬 育毛剤
メリット 確実に効果を得られる
効果が表れるまでが早い
自宅で手軽にケアできる
コストが安い
副作用がない
デメリット 保険がきかないので費用が高い
副作用のリスクがある
通院しなければならない
効果が低い
毎日使用するのが面倒
このようにAGA治療薬は効果が高いがその分副作用のリスクがあったり、費用が高く手間もかかります。育毛剤であれば副作用もなく費用も安くて自宅で育毛ケアができるのですが、その分効果は低くなってしまいます。

AGAや若ハゲのごく初期であればまずは育毛剤を使用して効果がなければAGA治療薬といったようにステップアップしていくといいかもしれませんね。

Thumb育毛剤の費用は重要!AGA治療薬とのメリット・デメリットも整理

【まとめ】若ハゲは病院で早期対策すべし!

若ハゲの治療法について、何科の病院を受診するのか、どんな治療を行ってどれくらいの費用が掛かるのかをご紹介してきました。若ハゲは基本的に病院でしっかりと治療を受けることで、改善することができます。確実に治したいのであれば、AGA治療を専門的に行っているAGAクリニックを受診しましょう。

ただしご紹介したように​、ごく初期の薄毛であれば育毛剤を使用して自宅でのケアも有効です。ネット上では「育毛剤はただの水」などといった悪口も多く書かれていますが、病院でのAGA治療がコスト面でハードルが高いと感じている若い人には育毛剤が気になっている方も多いようです。

AGAが中度以降になると育毛剤は効果がないのですが、AGAの初期や若ハゲの方なら、育毛剤で薄毛予防対策に効果が期待できると言われています。そんな育毛剤で特に若ハゲ対策におすすめなのがチャップアップです。

チャップアップは口コミランキング掲示板で人気1位であり、さらに育毛剤比較ランキングでも1位となっている育毛剤です。もちろんそれだけチャップアップが販売戦略をしていたり、サイト運営者の判断もあるのですがチャップアップが売れているのは確かなことです。

チャップアップは単品で購入すると7,400円なのですが、サプリや育毛シャンプーとセット購入したり、定期購入にすると、他の育毛剤よりもコスパが良い育毛剤です。また、万が一効果がなかったときには全額返金保証制度もありますので、安心して試すことができます。

チャップアップの魅力はそれだけではなく、業界最大級の83種類の育毛成分が含まれているということも挙げられます。これは抜け毛抑制や育毛効果だけでなく頭皮環境を整える効果にも優れているため、若ハゲの改善とともにハゲ予防にもとても効果的です。

若ハゲ対策におすすめのチャップアップ

若ハゲの初期の方にぜひおすすめしたいのがチャップアップです。チャップアップは数々の育毛剤ランキングでも1位を獲得していて人気の高い育毛剤です。チャップアップには80種類以上の成分が含まれていますので、薄毛改善以外にも頭皮の炎症を抑えたり、アンチエイジングをしたりとさまざまな効果を期待できます。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・モンドセレクション受賞
・口コミ人気ナンバーワン
・無添加、無香料

若ハゲの予防にも役立つ無添加育毛剤

チャップアップは医薬部外品の育毛剤ですのでAGA治療薬のように高い発毛効果は期待できませんが、AGAの初期の若ハゲであればチャップアップを毎日使用することで頭皮環境を整えて、若ハゲ改善につながるとされています。若ハゲに悩んだらまずはチャップアップを使って、薄毛改善を目指しましょう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事