若ハゲは治療で治る!正しい知識を知り、早期対策を始めよう

最近20代などの若い方が若ハゲで悩む方が増えているようです。若ハゲは病院での治療で治すことができるのでしょうか。また、何科の病院で治療すればよいのでしょうか。今回は若ハゲの治療方法や治し方、若ハゲ対策法についてご紹介します。

目次

  1. 若ハゲ治療は早期対策が肝心!
  2. 若ハゲは治せるの?
  3. 若ハゲ治療をするなら、皮膚科か?専門クリニックか?
  4. 若ハゲを治療!各病院の価格比較
  5. 若ハゲ治療 成功率はどのくらい?
  6. 若ハゲ治療で大事な生活習慣の改善
  7. 若ハゲを治療!費用はずっと払い続けるの?
  8. 若ハゲを治療を加速させる育毛剤なら?
  9. 【まとめ】若ハゲは治療で治る!正しい知識を知ろう

若ハゲ治療は早期対策が肝心!

ハゲというと中年以降の方の悩みのようですが、最近は20代の若い方たちの中にも若ハゲに悩んでいる人が多いそうです。まだ若いためできるだけ早く治したいと思う人が多いと思いますが、若ハゲは治療できるのでしょうか。

今回は若ハゲの原因についてや治し方、治療方法などを詳しくご紹介しますが、まずは若ハゲにならないように早期対策を行うことも肝心です。若ハゲ対策は早ければ早いほど効果が高くなりますので、20代のころから対策や予防を行うことで将来的に薄毛になることを防ぐことが可能です。

若ハゲ対策法についても、どのような方法がおすすめなのか?のちほどご紹介していますので参考にしてみてくださいね!

Thumbマイナチュレは楽天やAmazonが安い⁉最安値を徹底調査!【激安・格安】

若ハゲは治せるの?

若ハゲとはそもそもどんなハゲを指すのでしょうか。若ハゲの定義としては、10代後半から30代までの方に起こるハゲのことです。一般的に40代以降の方はハゲが発症しやすいと言われているので、それ以下の年齢で起こるハゲのことを若ハゲと呼ぶことが多いようです。

若ハゲと一般的なハゲとで起こる現象にはあまり差異はなく、男性なら生え際やつむじなどがハゲやすく女性は全体的に薄毛になるびまん性脱毛症になりやすいとされています。では、若ハゲは治すことができるのでしょうか。まずは、若ハゲの原因から探ってみましょう。

若ハゲの原因

男性の薄毛やハゲの原因のほとんどは男性型脱毛症AGAだと言われています。これは10代後半から20代の男性の若ハゲにも共通していて、若ハゲの原因もほとんどがAGAによるものです。そしてそのAGAを引き起こすものとしては、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
などがありますが、最も考えられるのは男性ホルモンの過剰分泌によるホルモンバランスの乱れです。10代後半や20代の男性は、男性ホルモンが活発に分泌される時期でもあります。その影響で若ハゲが起こることがあります。

男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼ酵素と結びつくことによってジヒドテストステロンという悪玉ホルモンに変化します。このジヒドテストステロンには抜け毛を誘発する作用があることがわかっており、若ハゲを治すためにはこのジヒドテストステロンの生成を抑えることが必要となります。

ジヒドテストステロンの生成を抑えるためには5αリダクターゼ酵素の働きを抑制することが効果的です。5αリダクターゼ酵素の働きを抑えるには、AGA治療薬の服用が効果的であると考えられています。

若ハゲを治療するには?

さきほども解説したとおり若ハゲを治すためには5αリダクターゼ酵素の働きを抑制してジヒドテストステロンの生成を抑える必要があります。5αリダクターゼ酵素の働きを抑制するにはAGA治療薬の服用が効果的です。AGA治療薬として認可を受けた5αリダクターゼ酵素抑制効果がある医薬品は、プロペシアとザガーロです。

これらを服用することで5αリダクターゼ酵素の働きを抑制して抜け毛を予防し、薄毛を改善することができると考えられています。また、医薬品以外にもノコギリヤシなどにも同様の効果があると考えられており、ノコギリヤシを含むサプリの服用で薄毛が治ったという方もいるようです。

Thumbジヒドロテストステロンがハゲに多大に影響する!?真実を暴く

若ハゲ治療をするなら、皮膚科か?専門クリニックか?

若ハゲ治療は病院で処方されるAGA治療薬を利用して行うことが効果的であるとされています。何科の病院がいいかというと、皮膚科の病院が最適です。また、皮膚科の病院以外でも最近ではAGA治療を専門としたクリニックも増えてきています。

若ハゲの治療を行うなら皮膚科の病院が良いのでしょうか。それとも専門クリニックが良いのでしょうか。それぞれの違いやを比較してみましょう。

皮膚科と専門クリニックのメリットとデメリット

皮膚科とAGAクリニックの最も大きな違いは、皮膚科はAGA治療だけではなく一般的な皮膚疾患の患者さんも受診するため専門医でない場合があるが、AGAクリニックは薄毛治療のみを専門として扱うため薄毛専門医が在籍しているという点です。

治療方法や処方される薬剤には共通点も多いのですが、AGAクリニックのほうが薄毛治療に関してより詳細な検査を行うことができたり、治療の選択肢が多いのがほとんどです。皮膚科の病院のAGAクリニックのメリットとデメリットについてまとめました。

★皮膚科と専門クリニックのメリット・デメリット

  メリット デメリット
皮膚科 病院の数が多い
予約不要
コストが安い
医師が薄毛専門医でない場合が多い
治療の選択肢が少ない
プライバシーへの配慮がない
AGA専門クリニック 薄毛治療専門医の診察を受けることができる
治療メニューが多い
プライバシーへの配慮がしっかりしている
病院の数が少ない
治療費が高い
予約が必要
皮膚科の病院でAGA治療を受ける場合と専門クリニックで治療を受ける場合とでメリット・デメリットを比較してみました。中でもやはり気になるのはコスト面での違いかと思いますので、皮膚科と専門クリニックの治療費について比較してみます。

★皮膚科と専門クリニックのコスト比較
  皮膚科 専門クリニック
初診料 1,000円~3,000円 0円~5,000円
プロペシア 約9,000円 初回 4,200円~
2回目以降 7,000円~
ザガーロ 約11,000円 初回 4,800円~
2回目以降 8,200円~
検査費用 血液検査 20,000円など
その他の費用 オリジナル発毛薬 月額15,000円など
1ヶ月あたりの平均コスト 12,000円~15,000円 20,000円~30,000円
皮膚科とAGAクリニックとのコストを比較すると、治療内容にもよりますがAGAクリニックのほうがコストが高くなる傾向にあります。これはAGAクリニックのほうが専門的な検査や治療を行うことができるためです。コストが高い分、効果も皮膚科よりクリニックのほうが得られると考えられます。

AGA治療薬の副作用は怖い?

皮膚科でも何科の病院であっても、AGAクリニックであっても内服薬として処方されるのはほとんどの場合プロペシアやザガーロです。これらのAGA治療薬は医薬品ですので副作用のリスクがあります。AGA治療薬の副作用とはどのようなものなのでしょうか。

プロペシアやザガーロの副作用はほとんど同じで、

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 射精障害
  • 抑うつ
  • 肝機能障害
などが挙げられます。これらの副作用は子作り中の男性やまだ若い男性にとっては重大な副作用でありますが、発生率は全体の2%ほどと言われているためあまり過剰に心配する必要はありません。ただしAGA治療薬を服用中に異常を感じた場合にはすぐに服用を中止してかかりつけの医師に相談するようにしてくださいね。

Thumb内服薬による薄毛治療は副作用が心配?薬の基礎知識5選!

若ハゲを治療!各病院の価格比較

前の章でかんたんにAGA治療の費用についてご紹介しましたがここではさらに詳しく各病院の治療の費用について比較していきたいと思います。今回は皮膚科の病院と専門クリニックどちらも例を挙げてご紹介します。

今回ご紹介するのは、AGAスキンクリニック・新宿メディカルクリニック・東京ビューティークリニック・銀座美容総合クリニック・ゴリラクリニック・TOMクリニック・湘南美容外科の7病院です。これらの7つの病院の治療費について表にまとめました。
 

  診察費 プロペシア(1ヶ月)
AGAスキンクリニック 5,000円 初月 4,200円
次月以降 7,000円
新宿メディカルクリニック 5,000円 8,000円
東京ビューティークリニック 5,000円 6,500円
銀座美容総合クリニック 3,240円
※再診料無料
7,560円
ゴリラクリニック 無料 9,000円
TOMクリニック 3,000円 6,000円
湘南美容外科 無料 初月 4,200円
次月以降 6,500円
今回比較したのはAGA治療で最もオーソドックスに行われるプロペシアによる投薬治療と診察料について比較しました。診察料についてはキャンペーン中であれば無料になるというクリニックも見られました。また、プロペシアの価格も病院やクリニックによってかなり幅があることがわかります。

ほとんどの病院やクリニックでは無料のカウンセリングを行っていますので、まずは一度カウンセリングを受けてみてもいいかもしれませんね。

Thumb男性型脱毛症の治療費がいくらか調べてみた!費用が気になる方必見

若ハゲ治療 成功率はどのくらい?

若ハゲ治療は皮膚科の病院や専門クリニックで受けることが可能ですが、実際に治療を受けて若ハゲが治った人はどれくらいいるのでしょうか。若ハゲを治療して治った人の成功率を調べてみました。

AGA治療の成功率は約9割!

AGA治療を行っている病院やクリニックの報告によると、AGA治療を行った人で若ハゲが治った人は9割以上なんだそうです。これはかなり高確率ですよね。ではなぜAGA治療の成功率は高いのでしょうか。

AGAクリニックでの治療の成功率が高いのは、クリニックでは的確な治し方を行うからだと言えるでしょう。AGAクリニックでは通常治療の前に血液検査や遺伝子検査などの検査を行って、薄毛や抜け毛の原因を徹底的に調べます。

その上で治療を行うので、その人の薄毛や抜け毛の原因に合った治し方を選択できます。また、投薬治療で効果があまり見られない場合にはほかの治療を併用するなどその都度いろいろな治療を行うため成功率が高くなるようです。

Thumb女性若ハゲは病院で⁉何科?改善するためのポイントを徹底調査!

若ハゲ治療で大事な生活習慣の改善

若ハゲの原因には生活習慣の乱れも挙げられます。若ハゲの方は中年期以降のハゲの方より生活習慣が乱れていることが多いため、生活習慣を改善することが若ハゲ治療をより効果的にすることができると考えられます。では生活習慣の改善とは具体的にどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

良質な睡眠の確保

若ハゲ改善のために大切な生活習慣には、まず良質な睡眠を確保するということが挙げられます。特に若い方は体力があるため多少睡眠不足であっても翌日に支障をきたしにくいため無理をしがちです。しかし慢性的な睡眠不足は目に見えないところで体に影響を及ぼしており、自律神経やホルモンバランスの乱れの原因となります。

これらが乱れてしまうと、全身の血行不良を招き、頭皮も血行不良となるため髪の毛が栄養不足となって抜け毛の原因となってしまいます。

理想的な睡眠時間は毎日6時間程度であると言われています。また、髪の毛が成長するために必要なホルモンは睡眠中に分泌が増え、特に午後10時から深夜2時までにその分泌量はピークを迎えるとされています。ですのでこの時間帯には睡眠中であることが望ましいです。

できるだけ夜9時には寝るようにして早寝早起きを心がけましょう。

栄養バランスの良い食事

若い方は中年以上の方に比べて食生活が乱れがちです。夜遅くに高カロリーな食事を摂ったり、コンビニやファストフードなどの高脂質の食事を摂ったり、栄養バランスも乱れていることが多いようです。髪の毛は口から摂取した食べ物からできていますので、食事の質はとても重要です。

脂っぽいものばかり食べていると頭皮の皮脂の過剰分泌につながりますし、栄養素の不足も髪の毛の成長を止めてしまい抜け毛を誘発する原因となります。毎日の食事も若ハゲ対策になると自覚して、ビタミンやミネラルを積極的に摂取できる野菜中心の食事を心がけましょう。

禁酒・禁煙

お酒やたばこも若ハゲには大敵です。お酒は体内で分解されるときに大量のアミノ酸やミネラル、ビタミンを消費します。そのため本来髪の成長に使われるはずだった栄養素が不足してしまい、抜け毛につながるとされています。

また、たばこに含まれるニコチンは血行不良の原因となり、これが頭皮の血行不良にもつながって抜け毛の原因や、肌や頭皮の乾燥にもつながります。

お酒やたばこは百害あって一利なしです。たばこやお酒をやめたらハゲが治ったという口コミもいくつか見られます。本気で若ハゲを治療したいのなら、たばこやお酒はこれを機にやめてみてはいかがでしょうか。

ThumbAGAの治療薬を服用中にアルコール・お酒を飲んでも大丈夫なの?

若ハゲを治療!費用はずっと払い続けるの?

若ハゲを効率的に確実に治す治し方は、病院やクリニックでAGA治療薬を処方してもらうことですが、治療はいつまで続ければよいのでしょうか。薄毛が改善されたら服用をやめても良いのでしょうか。

実はあまり知られていませんが、AGA治療薬の服用を途中で辞めると一気にハゲるといわれています。そもそもAGA治療では若ハゲを根本的に治しているわけではなく、薬で症状の進行を抑えているだけです。ですので、薬をやめるとまた薄毛の進行が始まり、しかも加速度を増すと言われています。

AGA治療での若ハゲ治療をはじめるときにはこのことをきちんと把握して、どれくらいの手間やコストがかかるのかをしっかり理解して治療を始めることが大事です。

ThumbAGA治療薬はやめるとリバウンドする⁉いつまで続ければいい?

若ハゲを治療を加速させる育毛剤なら?

今回は若ハゲの治療についてAGA治療薬での治療を中心にご紹介しましたが、薄毛対策としてまず一般的に思いつくのは育毛剤での治療だと思います。ネット上では「育毛剤はただの水」などといった悪口も多く書かれており、本当に効くかどうか分からないという方が少なくありません。

AGA治療はたしかに病院でカウンセリングを受けるのが基本的な治療方法なのですが、若い人であれば経済的にハードルが高いという方も多いので、まずは育毛剤から使ってみようかな?という方も多いのではないでしょうか。では育毛剤は若ハゲに効果があるのでしょうか。


若ハゲなどのAGAの初期の状態なのであれば、育毛剤を使っての治療でも十分効果を感じることができると言われています。逆にAGAが中度以降になると育毛剤での改善は効果が期待できないと言えます。

育毛剤は様々なメーカーからいろいろな種類が販売されていますが、口コミランキングや掲示板ではチャップアップが人気No1と言われています。また、チャップアップは育毛剤比較ランキングでも1位となっています。

もちろんそれだけチャップアップが販売戦略をしていることやサイト運営者の判断もありますが、チャップアップが売れている育毛剤であるのは確かです。チャップアップは育毛剤とサプリ、シャンプーをセット購入にすると、他の育毛剤よりもコスパが良いとされています。また、返金制度もあり、安心して試すことができます。

AGA治療薬と比較しても副作用のリスクが少ないため安心して長期間使用できるのも、チャップアップおすすめのポイントと言えます。

若ハゲ治療に最初に使ってみたいチャップアップ

チャップアップは通販型育毛剤として人気ランキングで上位を獲得している育毛剤であり、知名度の高い育毛剤です。育毛剤の中でもかなり多い83種類の成分を含んでおり、若ハゲの改善だけでなく予防にも役立つ頭皮環境改善に効果のある成分もたっぷり配合されています。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・モンドセレクション受賞
・口コミ人気ナンバーワン
・無添加、無香料で副作用なし

若ハゲに高い効果を発揮する育毛剤

チャップアップに含まれている成分はすべての成分が天然由来の無添加成分であるため、AGA治療薬で気になる副作用のリスクがありません。またコスト面でも1ヶ月あたり6,000円とAGA治療薬と比較してとてもリーズナブルです。

チャップアップはごく初期の薄毛であれば改善したり、薄毛の進行を防ぐことができるため若ハゲ治療にはとてもおすすめできる育毛剤です。

Thumbチャップアップサプリは効くの・効かないの!?口コミを徹底検証

【まとめ】若ハゲは治療で治る!正しい知識を知ろう

今回は若ハゲについてその原因や何科の病院で治療が受けられるのか、病院による治療費の違い、治療以外にできる若ハゲ対策などについてご説明してきました。

若ハゲは中年期以降のハゲとは原因や治療方法にも違いがあり、できるだけ早い段階であればコストの安い育毛剤でも治療が可能です。若ハゲについて正しい知識を身に着けて、頭皮の異変に気づいたらすぐに対策をはじめてハゲを防止しましょう。

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事