枝毛の正しいケア方法をご紹介!大切なのはシャンプー?ヘアオイル?

何気なく毛先を見てみたら枝毛を発見!枝毛切りに没頭してしまった、という過去を持つ方は多いはず。そんな厄介な枝毛にはどう対処したらいいのでしょうか?今回は、枝毛の正しいケアで、ツヤ髪を復活させる方法や、枝毛ケアアイテムをご紹介していきます。

目次

  1. 枝毛の原因とヘアケアの方法を知って綺麗な髪を取り戻そう!
  2. 枝毛はどうして出来る?
  3. 枝毛を改善するヘアケア方法とは?
  4. 枝毛ケアにはシャンプーが大切
  5. 枝毛の原因になるヘアケアとは?
  6. 枝毛の原因は頭皮ケアにも関係している?
  7. 正しいヘアケアで流れるような艶サラ髪になる!

枝毛の原因とヘアケアの方法を知って綺麗な髪を取り戻そう!

いくら髪の毛を綺麗にセットしても、ピンピンと飛び出て、存在をアピールする枝毛!とっても厄介な存在ですよね。バッサリとショートヘアにしてしまえば問題は解決するのでしょうが、ロングを保ちたい。今の髪型のままで枝毛をどうにかしたい、と思っている方は多いでしょう。ここでは、枝毛の正しいケア方法や髪のダメージを治す方法についてまとめていきます。

また、ヘアオイルやトリートメント、シャンプーなど、枝毛ケアに欠かせないアイテムについてもご紹介していきます。

Thumb髪の毛の乾燥に悩む女性必見!パサツキを無くす6の方法!

枝毛はどうして出来る?

枝毛が出来る原因はキューティクルの損傷によるものです。髪の毛は三つの層からなっていて、一番外側にあるのがキューティクルです。キューティクルの役割は、外部の刺激から髪を守り、内部のタンパク質や水分が失われないように髪を保護することです。また、髪のツヤを保つ働きもあります。キューティクルは摩擦に弱いため、荒いブラッシングやシャンプーにより傷ついたり、剥がれたりします。

このキューティクルが傷んだり剥がれたりすると、髪は乾燥して、切れ毛や枝毛が出来やすくなります。髪のダメージが大きくなると、上の画像のように、毛先だけでなく、何か所からも髪が裂けてしまう状態になります。

kaminoke_torinosuさんの投稿
23279366 828780640633686 6749972818596724736 n

キューティクルの損傷により、枝毛が増えた髪はツヤを失いパサパサの状態になり、まとまりも悪くなってしまいます。上の画像はかなり髪のダメージが進んだ状態です。

Thumb女性の育毛にローズマリーが効果あり?簡単ヘアケア方法をご紹介!

枝毛を改善するヘアケア方法とは?

出来てしまった枝毛を治す方法はある?

はっきりと言って、一度出来てしまった枝毛を治す方法はありません。一度出来てしまった枝毛は、切るしか治す方法はないのです。そのようにならないためには、今までのヘアケアを見直す必要があります。枝毛は髪のダメージが原因ですから、ヘアケアの方法が間違っていることが多いんです。正しいヘアケアを行えば、髪のダメージも減り、枝毛は出来にくくなります。

上の画像のような傷んだ髪の毛も、根本的には治す方法はありませんが、髪を保湿したり、コーティングすることで、ある程度の修復は可能です。

ヘアオイルやトリートメントは枝毛ケアに効果的?

枝毛や傷んだ髪の毛には、根本的な治す方法はありませんが、ヘアオイルやトリートメントを使用することで、ある程度の修復が可能です。トリートメントには、髪の内部に浸透して、傷んだ髪を修復する効果があります。また、トリートメントには髪のコーティング効果もありますので、外部の刺激やドライヤ―の熱からも髪を守ってくれる働きがあります。

ヘアオイルも枝毛ケアには効果的です。ヘアオイルの働きは以下の通り。

  • キューティクルを守る
  • 髪の乾燥を防ぐ
  • 紫外線から髪を守る
  • 髪にツヤを与える
  • ドライヤーの熱から守る
  • 髪のまとまりを良くする
枝毛の原因の一つに強引なブラッシングが挙げられますが、ヘアオイルはこのような摩擦からも髪を守ってくれる働きがあります。また、ヘアオイルには、トリートメントなどで潤った髪に蓋をして水分を逃がさないようにする効果もあります。トリートメントやヘアオイルを使用することで、髪に潤いとツヤが出て、まとまりも良くなるので、上の画像のような髪も、ある程度しっとりとした髪に修復することが可能です。

トリートメントは成分に注意

枝毛ケアにおすすめのトリートメントですが、成分と使い方には注意が必要です。トリートメントの成分の中には、石油系界面活性剤やシリコン、防腐剤、酸化防止剤など頭皮や髪に刺激が強いものが配合されているものが多いです。これらはトリートメントの品質を保つために必要な成分でもあるのですが、敏感肌の方やアレルギー体質の方は注意が必要です。

また、トリートメントは頭皮に付かないように使用することが大切です。とくに、洗い流さないトリートメントなどは頭皮に付いてしまうと、毛穴詰まりやかゆみの原因になり、髪の痛みや薄毛につながってしまいますから、気を付ける必要があります。

Thumb正しいヘアケアで女性の抜け毛は改善できる?薄毛改善の方法紹介!

枝毛ケアにはシャンプーが大切

ヘアケアには気を使っているのに、なぜか枝毛が減らない髪のダメージが治まらないという方は、シャンプーを見直してみてはいかがでしょうか?ヘアケアの基本は、まず、シャンプーです。シャンプーの選び方ひとつで髪の行く末が決まってしまうと言っても言い過ぎではありません。

シャンプーを見直してみる

枝毛が出来るということは、髪が弱っているという事です。髪が弱ってしまう原因はたくさんありますが、その中の一つに、自分に合っていないシャンプーの使用が挙げられます。シャンプーの成分には、頭皮や髪に強い刺激を与えてしまうものがあります。その中で代表的なものが洗浄成分である石油系界面活性剤です。

この成分は洗浄力が非常に強く、汚れだけではなく、頭皮に必要な皮脂までも取り去ってしまう作用があります。このような、強い洗浄成分のシャンプーは、シャンプーをするたびに頭皮や髪に刺激を与えていることになりますから、頭皮の状態も安定せず、乾燥や敏感肌を招いてしまいます。弱った頭皮から健康な髪は生えてきませんので、枝毛や抜け毛になりやすい弱い髪の毛の原因になります。

シャンプーは何といってもアミノ酸がおすすめ!

枝毛ケアには、頭皮と髪に優しい「アミノ酸系」のシャンプーがおすすめです。アミノ酸系シャンプーとは、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーのことです。アミノ酸はタンパク質を構成している成分ですから、人間の体の中にも、たくさんのアミノ酸が存在しています。もともと体の中にある成分ですので、肌に優しく刺激も少ない成分です。

アミノ酸シャンプーの特徴は、洗浄力が優しく、頭皮に必要な皮脂は残しながらも汚れを落としてくれる事です。皮脂は、紫外線や外部の刺激などから頭皮を守るバリアのような役割もありますから、ある程度の皮脂は頭皮には必要なのです。しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーでは、必要な皮脂までも取り去ってしまうので、バリアを失った頭皮の環境は悪化してしまいます。

vicheliabrandさんの投稿
26381005 206557716573617 8482254440424800256 n

この画像のような艶やかな髪にするには、まず、シャンプーを見直し、頭皮と髪に刺激が少ないシャンプーを使用しているかどうか確認することが必要です。また、この画像のように潤った髪をキープするには、ヘアオイルなど髪を保護するヘアケア製品を使用するのがおすすめです。

chara.ikebukuroさんの投稿
20398629 107998083205386 820515435605655552 n

また、この画像のような少し傷み気味の髪でも、自分に合ったシャンプーの使用と正しいヘアケアで、ツヤのある髪に修復することが可能です。

枝毛ケアにおすすめのシャンプーは?

ダメージを受けている髪や枝毛ケアにおすすめのシャンプーがチャップアップシャンプーです。アミノ酸系のシャンプーで刺激が少ないのはもちろんのこと、ノンシリコンで頭皮や髪に不必要な、パラベンや合成着色料などは配合されていません。泡立ちもよく、スッキリとした洗い心地も魅力です。また、チャップアップシャンプーは汚れを洗い流すだけでなく、頭皮の健康を考えたオーガニック成分も配合されています。

アイテム
チャップアップシャンプーの画像
チャップアップシャンプー

・アミノ酸系
・弱酸性
・無添加
・ノンシリコン

アミノ酸系の洗浄成分で肌に優しい

チャップアップシャンプーでは、髪の修復も考えたトリートメントやヘアオイルもあり、女性から高い評価を得ています。上の画像のような美しい髪つくりをサポートしてくれるシャンプーです。

Thumbチャップアップシャンプーの成分・効果は?【評判・口コミあり】

枝毛の原因になるヘアケアとは?

パーマやカラーリングのやり過ぎ

パーマやカラーリングはキューティクルの中に薬剤が入り込んで、曲げたり色を入れたりするものなので、やり過ぎは、キューティクルを傷つけ、枝毛や切れ毛の原因になります。

この画像の方のように、カラーリングやパーマを繰り返すと、キューティクルの損傷により、髪がパサパサとまとまりが無くなり、色も抜けてしまいます。

ドライヤーのかけ方にも問題が

枝毛の原因の一つに、髪を乾かさずに寝る、というものがあります。生乾きの状態はキューティクルも傷つきやすい上、枕などの摩擦で、キューティクルが剥がれやすくなり、枝毛、切れ毛を発生させてしまいます。髪は自然乾燥ではなく、ドライヤーで乾かすのが基本です。しかし、このドライヤーのかけ方を間違えると、下の画像のような枝毛を作る原因ともなります。

ドライヤーを髪に近づけすぎると、髪の毛の水分を蒸発させてしまいますので、パサパサの原因になります。正しいドライヤーのかけ方は、ドライヤーを髪から20㎝以上離し、根本から乾かしていくのが基本です。また、カールドライヤーは生乾きの状態で使用すると、髪のダメージが大きくなりますので、ある程度、普通のドライヤーで乾かしてから使用する方が良いでしょう。

ドライヤーは想像以上に髪に負担をかけますから、ヘアオイルなどはドライヤーの熱から髪を守ってくれる働きがありますので利用してみるのも良いでしょう。

Thumb髪の毛の構造ってどうなっている⁉基礎知識で正しいヘアケアを!

枝毛の原因は頭皮ケアにも関係している?

枝毛が発生する原因として、シャンプーやドライヤーなどについてまとめてきましたが、枝毛を防ぎ、ダメージを受けた髪を、根本的に治す方法は頭皮ケアにあります。健康的な髪は、ダメージに強く、ハリやツヤがありますが、細く弱い髪は、弾力がなく、ダメージにも弱く枝毛にもなりやすいと言えます。健康な髪とそうでない髪の違いは、行っているヘアケアも関係していますが、頭皮の状態が大きく関わっています。

健康な髪は、健康な頭皮でないと生えてきません。美味しい野菜を育てるためには、水分や肥料をたっぷり吸いこんだ土地が必要なように、太くてハリ、ツヤのある髪を育てるためには、弾力のある、栄養が行き届いた頭皮の環境が必要になってきます。枝毛が増えると、髪の毛の方に関心が行きがちですが、根本的な原因は、頭皮のケアにあります。

枝毛は一度出来てしまうと治す方法はありませんが、頭皮は、状態が悪化しても治す方法はあります。先ほど述べたシャンプーを刺激の弱いものに変えることもその一つです。また、頭皮環境を整えるには、頭皮ケアだけでなく、日々の生活習慣も関係しています。
*頭皮にダメージを与える生活習慣*

  • 睡眠不足
  • タバコ
  • 栄養が偏った食事
  • 血行不良
  • ストレス
これらの習慣は、頭皮環境の悪化を招き、薄毛も引き起こしてしまう原因とも言われていますので心当たりがある方は注意しなければなりません。上の画像のような、パサつきなどのダメージは、トリートメントやヘアオイルで、ある程度の修復は可能ですが、頭皮環境が整っていないと、弱い髪の毛のままですから、ダメージを受けやすく、髪の根本的な部分を治す方法にはなりません。

ダメージに強い健康な髪を育てるには、まず頭皮のケアをすることが必要です。

Thumb美容院のヘッドスパとトリートメントの違いは⁉美容室の頭皮ケア!

正しいヘアケアで流れるような艶サラ髪になる!

枝毛のヘアケアについて画像を交えながらまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?繰り返しますが、枝毛は一度なってしまうと治す方法がありません。ダメージを受けたパサついた髪は、トリートメントやヘアオイルである程度の修復は可能ですが、根本的な改善にはなっていません。ハリやツヤのある健康的な髪を保つためには、まず、頭皮ヘアを行うことがおすすめです。

枝毛やダメージを受けてしまった髪を治す方法がないのなら、ダメージに強い健康的な髪を育てることです。その為には、まず、育毛しやすい頭皮環境を作ることが重要です。そのためには育毛剤の使用もおすすめです。育毛剤と言えば薄毛の人が使うものだと思っている方も多いでしょうが、今では、スカルプケアとして、性別年代問わず使用されています。

アイテム
ベルタ育毛剤の画像
ベルタ育毛剤

・刺激が少なく敏感肌でも安心
・年代、性別問わず使用できます
・天然由来成分が中心
・育毛サイトでも高評価

無添加育毛剤!ベルタ!

髪の毛は第一印象を決めるものですから、幾つになってもツヤやハリのある髪を保ちたいものです。最近、注目を浴びているスカルプケアの需要が高いのもその点にあります。育毛剤のベルタは、女性から人気の育毛剤です。その理由は、頭皮に刺激が少ない天然由来の成分を多く使用し、無添加・無香料なこと。敏感肌の方や、初めて育毛剤を使用する方、女性のヘアケアアイテムにおすすめの育毛剤です。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

もっとヘアケアについて知りたいアナタへ!

Thumb髪や頭皮ケアに良いアロマヘアオイル簡単手作りレシピ!
Thumb女性の育毛にローズマリーが効果あり?簡単ヘアケア方法をご紹介!
Thumb頭皮ケアに効果的なおすすめマッサージオイル7選!【口コミあり】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事