AGAの治療薬を服用中にアルコール・お酒を飲んでも大丈夫なの?

薄毛・抜け毛の一種agaの治療に欠かせない治療薬。そんなaga治療薬を服用中にアルコールの摂取は問題ないのでしょうか?そこで今回、aga治療薬とアルコールの摂取について徹底調査!普段、アルコールを定期的に摂取していてこれから発毛薬を服用する予定の方は必見です。

目次

  1. aga治療薬にアルコールは厳禁?効果や副作用のまとめ
  2. そもそもagaって何?
  3. agaに効く発毛薬一覧
  4. aga治療薬服用中にアルコール摂取(飲酒)が危険な理由
  5. aga治療薬服用中のアルコールによる副作用
  6. aga治療薬服用中にどうしてもアルコールを摂取したい時は
  7. 【まとめ】aga治療薬服用中の飲酒はなるべく控えよう

aga治療薬にアルコールは厳禁?効果や副作用のまとめ

近年、患者数が増加している薄毛・抜け毛の一種aga。そんなagaに効果的なのが、発毛薬です。しかし、発毛薬服用中にアルコールを摂取すると様々なトラブルや副作用が発症しやすくなってしまうのです。これってお酒好きの人にとっては、とってもショックですよね。そこで今回、aga治療薬とアルコールの関係と副作用について徹底解説いたします。

aga治療には発毛薬の他に育毛剤もおすすめ

agaの治療法には、発毛薬服用の他に育毛剤を使用する方法があります。中でもチャップアップという育毛剤は、無添加無香料の天然由来成分のみ配合しているので、ミノキシジルやプロペシアのような副作用によるリスクがほとんどありません。そのため敏感肌やアレルギー体質の人でも、副作用を気にせず使うことが出来ます。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・1本7,400円
・無添加無香料の天然由来成分のみ配合
・敏感肌やアレルギー体質でも大丈夫

副作用が少ない育毛剤と言えばコレ

またチャップアップは、公式サイト若しくは医薬品専門の通販サイトにて手軽に入手可能です。発毛薬の服用中のアルコールに摂取によるトラブルや副作用は怖いけれども「どうしてもお酒が飲みたい」という人は、1度チャップアップを使ってみてはいかがでしょうか?

Thumb無添加・オーガニック育毛剤おすすすめ10選!【ノンアルコール】

そもそもagaって何?

さっそく発毛薬の服用中にアルコールの摂取は問題ないのかについてご紹介したいところですが、この記事を読んでくださっている方の中に「agaって何?」と思っているひとはいらっしゃいませんか?実は、このagaについて詳しく知らない人は意外と多いようです。そこでまずは、agaとは何なのかと言うところからひも解いて行きましょう。

agaの基準

agaとは、正式名称「男性型脱毛症」といいます。本来薄毛や抜け毛といえば、何敗の方に起こる症状だと思われてきました。ところがagaの患者さんは、10代から20代といった若い男性に発症しています。これがagaの大きな特徴で発症する部位は、頭頂部や前髪などの生え際に集中しているようです。

agaの原因

なぜ10代から20代といった若い男性がagaになるのかというと、普段の生活習慣が乱れていることや大きなストレスがかかっていることが原因だと言わています。たとえば、普段から偏った食事が多くアルコールの摂取量が多すぎたりしていませんか?食事には、髪の毛の成長に必要な栄養素がたくさん含まれています。しかし偏った食事だと栄養が十分行きわたりません。

また適度なアルコールの摂取はストレス解消に有効ですが、お酒を飲みすぎるとよくありません。なぜならアルコールには、「アセトアルデヒド」という成分が含まれており髪の毛を生やすのに必要なビタミンの破壊や不眠症になる恐れがあります。薄毛や抜け毛の改善には、お酒の飲みすぎに十分ご注意ください。

またagaは、ストレスが原因となることもあります。ただストレスは、agaに限らず様々な病気や症状の原因になりかねません。現代社会で、完全なストレスフリーにするのは困難かもしれませんが、定期的にストレスを発散するなどストレスを溜めすぎないよう心がけましょう。

ThumbAGAの原因と対策を解説!ストレスや遺伝で発症する?

agaに効く発毛薬一覧

agaとはどんなものなのかについては、ある程度お分かり頂けたかと思います。もしかするとこの記事を読んでくださっている方で原因に心当たりがある人がいラシャったのではないでしょうか?さて、そんな薄毛・抜け毛の一種agaに効く発毛薬とは、一体どんなものなのでしょうか?今回は、数ある発毛薬の中からミノキシジルとプロペシアをご紹介したいと思います。

agaに効く発毛薬①ミノキシジル

近年、agaの治療薬として注目されているのがミノキシジルです。ミノキシジルは、本来「血管拡張剤」として使われていました。ところが、服用中に起こる副作用の一種で全身の毛が濃くなる多毛症という症状がありました。それを発毛薬として使えないかと考えられたのが、ミノキシジル入りの発毛剤・発毛剤の始まりでした。

現在では、ミノキシジル入りの発毛剤や発毛薬の種類は豊富です。また少量であれば、女性も使用できるのがミノキシジルの魅力となっています。

agaに効く発毛薬②プロペシア

agaの治療には、ミノキシジルよりも前から使われているプロペシアも有効です。プロペシアは、アメリカのメルク社が開発・販売を行っているaga治療専用の発毛薬です。プロペシアの主成分は「フィナステリド」と言いミノキシジルと似たような効果を発揮します。

ただプロペシアはミノキシジルと違って、少量であっても女性の服用は、認められていません。特に妊婦の方は、注意必要です。なぜならプロペシアによって体内の赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあるからです。なので絶対に女性の方は、プロペシアに触れないでください。

Thumbプロペシアの服用中にお酒やアルコールはダメ?飲酒との関係性とは

aga治療薬服用中にアルコール摂取(飲酒)が危険な理由

agaの代表的な治療薬であるミノキシジルとプロペシアについては、いかがでしたか?今後初めて発毛を行う方は、参考にしてみてくださいね。ところで、なぜアルコールがagaの治療薬の服用中によくないのでしょうか?そこで次は、aga治療薬服用中のアルコール摂取が危険な理由について解説いたします。

aga治療にアルコールが危険な理由①効果の半減

aga治療中にアルコールを摂取すると、発毛薬の効果が半減してしまうことがあります。なぜなら発毛薬には、発毛効果がある成分だけでなく頭皮環境を整えるのに欠かせない「ビタミン」が含まれていることがあるからです。冒頭で解説したようにアルコールに含まれる成分のアセトアルデヒドは、摂取しすぎるとビタミンを分解してしまいます。

そうなると発毛薬の効果は弱まり、完治までに余計な時間をかけてしまうかもしれません。

aga治療にアルコールが危険な理由②副作用発症のリスクが高まる

aga治療中にアルコールが危険な理由は、副作用の発症のリスクが高まるからです。本来agaの治療薬は、効果が高い分副作用のリスクがついています。それに加えてアルコールを摂取してしまうと、aga治療薬の成分とアルコールに含まれる成分が相まって副作用のリスクを高めてしまいます。

またagaの副作用は、様々です。どんな副作用でどんな症状が出るのかは、人によって異なるのでaga治療中のアルコールの摂取は、十分注意しましょう。

Thumbアルコールの飲みすぎで抜け毛の原因になるって本当⁉【酒好き注意】

aga治療薬服用中のアルコールによる副作用

agaの治療中にアルコールの摂取が危険な理由については、お分かり頂けたかと思います。中でもagaの治療薬とアルコールの成分が合いまった時の副作用には、十分ご注意くださいね。では、そんなagaの治療薬服用中のアルコールによる副作用とは、一体どんな症状なのでしょうか?そこで次は、agaの治療薬服用中のアルコールによる副作用がどんなことが起こるのか見てみましょう。

アルコールの副作用①肝機能障害

アルコールによる副作用で一番起こりやすいのは、肝機能障害です。肝機能障害は、アルコールの成分と発毛薬の成分が反応して起こることがあります。また肝機能障害は、アルコールに限らずagaの治療薬でも起こりうるようです。

特に敏感肌やアレルギー体質の人は、男性でも肝機能障害を発症することがあるのでagaの治療薬を服用は控えた方が良いのかもしれません。

アルコールの副作用②吐き気・めまい

agaの治療薬服用中のアルコールの摂取は、吐き気・めまいが起こることもあります。吐き気止めまいが起こったことで、転倒したりして怪我をしてしまうことがあるのでご注意ください。

Thumbフィナステリド服用中にアルコール摂取はダメ⁉飲酒との関係を徹底解説!

aga治療薬服用中にどうしてもアルコールを摂取したい時は

aga治療薬服用中のアルコール摂取で起こる副作用については、いかがでしたか?副作用の症状は、様々な症状が起こる恐れがありますのでなるべくアルコールを控えるようにしましょう。しかし、人によっては「aga治療中でもお酒が飲みたい」という方がいらっしゃるかもしれませんね。そこで次は、aga治療中でもお酒が飲める方法をご紹介いたします。

ノンアルコールにしてみる

aga治療中にアルコールを摂取するならば、ノンアルコールのお酒にしてみてはいかがでしょうか?ノンアルコールのお酒であれば、アセトアルデヒドが含まれていないのでaga治療薬服用しても副作用は起こりにくいのです。

aga発毛薬服用後6時間ほど時間を空けて飲む

aga治療中で「ノンアルコールじゃ物足りない」という方は、飲酒時間を工夫してみましょう。実はaga治療薬服用してから6時間以上経っていれば飲酒しても問題ないと言われています。一見「6時間って長い」と思われがちですが、そんなことはありません。

なので例えば、発毛薬は大抵1日1錠と決められていることが多いので、朝発毛薬を服用して夜に晩酌をする頃には、6時間経っていますのでお酒を飲んでも問題ないのです。

育毛剤の使用

アルコールの摂取時間を守ることが難しい時は、発毛薬でなく育毛剤でagaを改善してみましょう。育毛剤には、agaの改善に必要な発毛効果がある成分と頭皮の血行促進効果がある成分が含まれています。しかも最近は、天然由来成分のみ配合した育毛剤が増えていて少々であればアルコールの摂取は問題ありません。

Thumb【※実録※】ハゲがこれで治った!育毛剤体験談!!

【まとめ】aga治療薬服用中の飲酒はなるべく控えよう

今回は、aga治療薬服用中のアルコールの摂取に関してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?aga治療薬は、発毛効果が高い成分を含んでいる分アルコールの成分によって、副作用の発症率を高めてしまうことがあります。しかし、過剰摂取せずに飲酒時間を工夫していれば、aga治療薬服用中にお酒を飲んでも問題ありません。それでも副作用のリスクが心配なときは、お酒を控えるようにしましょう。

発毛薬やアルコールの副作用が心配なときは

発毛薬やアルコールの副作用が心配なときに役立つのが、育毛剤です。中でも「チャップアップ」という育毛剤は、使用者の90%以上が発毛を実感した人気の商品です。人気の秘訣は、アルコールの副作用に反応しないことと83種類の天然由来成分です。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・使用者の90%以上が発毛を実感
・定期コースなら送料無料
・全額返金保証付き

アルコールの副作用が起こりにくい育毛剤はコチラ

またチャップアップは、公式サイトの定期コースを申し込むと送料無料になり、さらに無期限で全額返金保証が付いてくるので、とってもお得なのです。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

aga治療薬服用中のアルコールの副作用についてもっと知りたい人へ

Thumbミノキシジルタブレットとお酒の飲み合わせは危険⁉【アルコール】
Thumbアルコールは薄毛の原因⁉飲酒と髪の関係を徹底検証!【お酒】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事