ミノキシジルとロキソニンの併用は危険⁉効果と副作用を検証!

ミノキシジルとロキソニンの併用は危険なのでしょうか。ミノキシジルタブレット・ロキソニンの飲み合わせに危険性はあるのか、それぞれの併用禁忌、効果・副作用からも検証、ミノキシジル・ロキソニンの適切な用量、ミノキシジルの初期脱毛についてもご説明します。

目次

  1. ミノキシジルとロキソニン併用の危険性を検証!
  2. ミノキシジルとロキソニンの併用で効果はあるの?
  3. ミノキシジルの効果と副作用の危険性も確認!
  4. ロキソニンの効果と副作用の危険性も確認!
  5. 危険な併用薬がミノキシジルとロキソニンにあるの?
  6. ミノキシジルとロキソニンの併用自体は危険ではないらしい?
  7. 併用危険!?ミノキシジルとロキソニン併用に関する噂も…
  8. ミノキシジルとロキソニンの併用が危険な理由は?
  9. ミノキシジルとロキソニンの併用の危険性を回避するには?
  10. 【まとめ】ミノキシジルとロキソニンの併用は慎重に!

ミノキシジルとロキソニン併用の危険性を検証!

AGA治療に効果が高いとされるミノキシジル、特にミノキシジルタブレットは高い発毛効果があるということで、海外から取り寄せている人も多いようです。そして頭痛持ちの人に即効性があるとされるロキソニンも、処方のみだったのが市販されるようになって注目されている鎮痛薬です。どちらも効果が期待できるお薬ですが、併用しても大丈夫なのでしょうか。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・センブリエキス配合の医薬部外品
・脱毛ホルモン産生を抑えて育毛・発毛促進
・副作用のリスクが少ない
・全額返金保証付き!

満足度97%の人気育毛剤チャップアップはコチラ!

安全性の高い薬用育毛剤として上記の「チャップアップ」がおすすめされていますが、ミノキシジルタブレットの発毛効果にも大いに期待できるところです。しかし頭痛持ちの人にとって作用の強すぎるミノキシジルタブレットはロキソニンとの飲み合わせも気になるところです。ミノキシジルとロキソニンは併用しても大丈夫なのでしょうか。両者の併用の危険性について検証していきます。

Thumbミノタブの薄毛効果画像23選!副作用や発毛状態を写真で検証!

ミノキシジルとロキソニンの併用で効果はあるの?

ミノキシジルは発毛効果のある治療薬、ロキソニンは頭痛を和らげたり、発熱時の解熱に効く治療薬です。いずれも作用の異なる薬なのでお互いの効果を強めたり干渉するようなこともなく、添付文書でも併用してはいけない薬として指定されているわけでもないようです。

しかしミノキシジル外用薬は第1類医薬品、内服薬のミノキシジルタブレットに至っては国内未承認薬です。ロキソニンも最近まで医療機関でのみ処方されていた、重い副作用も報告されている第1類医薬品です。併用効果と危険性を検証する前にミノキシジル・ロキソニンの効果と副作用を確認しておきましょう。

Thumbザガーロとミノキシジルは併用していい⁉効果と注意点!

ミノキシジルの効果と副作用の危険性も確認!

発毛成分ミノキシジルの効果と副作用についてご説明します。ミノキシジルは元々高血圧症の薬として開発された降圧剤です。ミノキシジルには発毛効果もあることが後にわかり、薄毛治療にも使われるようになりました。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルは血管拡張作用と血圧を下げる効果とともに、毛根での成長因子分泌を促し、高い発毛効果もある薬です。内服薬のミノキシジルタブレット(写真左)は海外では高血圧の薬として承認されていますが、国内ではミノキシジルタブレットは承認されていません。

なおミノキシジルの外用薬は国内でも承認されています(大正製薬リアップシリーズ)。一般的には薄毛治療にはミノキシジルの外用薬の方が使用されていますが、内服薬のミノキシジルタブレットは強い発毛作用があり、専門クリニックで処方しているところもあります。個人輸入代行を利用して購入する人も多いようです。

<ミノキシジルの効果>

  • 血圧を下げる
  • 発毛効果(外用薬の臨床試験で1年で9割以上の人が発毛効果を得られたと報告)

ミノキシジルタブレットの副作用は特に危険?

ミノキシジルには以下のような副作用があります。特にミノキシジルタブレットは強い副作用が現れやすく、服用には注意が必要とされています。頭痛の副作用もあるので、ロキソニンと併用したいという人もいるでしょう。

<ミノキシジルタブレットの副作用>

  • 心拍数の増加
  • 急激な体重増加、むくみ
  • 呼吸困難
  • 胸、腕、肩の痛み
  • 頭痛、めまい、意識朦朧、失神
  • 吐き気や嘔吐
  • アレルギー性湿疹
  • 乳房圧痛
  • 多毛

ミノキシジルタブレットの発毛効果は全身に現れやすく、望んでない部分(顔や全身)でも発毛が起こる多毛の副作用も起こりやすいようです。ミノキシジル外用薬でもむくみや動悸の副作用もあるようですが、主に頭皮の炎症、かゆみ、ほてりなど危険性の高くない副作用が報告されているようです。

ミノキシジルには初期脱毛も

ミノキシジルでは初期脱毛が起きる人もいるようです。初期脱毛は脱毛治療初期に起きる抜け毛の症状です。初期脱毛は服用開始2~3週後で起きるとされ、ミノキシジルタブレットを服用している人で特に多いようです。

初期脱毛は全ての人で起きるわけではなく、ミノキシジルタブレットを服用している人の4割程度で起きる症状だと言われています。実際に初期脱毛で髪が抜けたという人の口コミも多く見られます。

ツイートによると激しい抜け毛(初期脱毛)が起きたそうですが、初期脱毛の程度には個人差があるそうです。初期脱毛はミノキシジルの発毛作用により、毛根で新しい髪の毛が生まれて古い髪を押し出すために起きると言われています。

なお初期脱毛の時期を過ぎると新しい髪の毛が生えてくるそうです。初期脱毛自体は危険な副作用ではなく、一種の通過儀礼のようなものとされています。しかしミノキシジルを服用するなら初期脱毛のリスクもあることも覚悟しないといけないでしょう。

ミノキシジルの飲み方・用法・用量は?

ミノキシジルは以下のような用量・用法となります。ミノキシジルタブレットは特に最初のうちは少ない量からスタートした方が良いとされています。

<ミノキシジルの用量・用法>

  • ミノキシジルタブレット…1日1、2回に分けて5~10mg(初心者は2.5mgなど少量からスタート)を水で服用
  • ミノキシジル外用薬…1日2回朝と夜1mLを脱毛部分に塗布(量を増やしても効果はないそう)

Thumbミノタブ服用で頭痛になる⁉副作用?原因や対処法を徹底調査!

ロキソニンの効果と副作用の危険性も確認!

ロキソニンは元々医療機関で処方されているお薬でしたが、現在は第一三共ヘルスケアからロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムが市販薬として出ています。

ロキソニンの効果と主成分とは

ロキソニンの主成分はロキソプロフェン(ロキソプロフェンナトリウム水和物)です。ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムにはそれぞれ胃を守る成分、胃の粘膜保護作用のある成分が配合されています。

<ロキソニン(ロキソプロフェン)の効能・効果>

  • 鎮痛…頭痛、生理痛、歯痛、咽喉痛、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、打撲・骨折・ねんざなど外傷による痛み、手術後の痛み、抜歯後の痛み
  • 解熱…悪寒・発熱時

ロキソニンは素早く効くのも特徴で、市販薬でも主成分のロキソプロフェンが医療機関で処方されている薬と同量(60mg)配合されていることからも高い効果があるとされています。ロキソニンが頭痛によく効いたというツイートも見かけられました。

鎮痛剤の成分といえばイブクイックに配合されている「イブプロフェン」も有名ですが、市販薬は医療機関で処方されているイブプロフェンより有効成分量が少ないため、市販薬ならロキソニンの方が速く効いて効果が高いと言われています。ただしイブプロフェンの方が効果の持続力が高いそうです。このイブプロフェンがミノキシジルとの相性が悪いと海外でも話題になっているようです。

ロキソニンの副作用とは

ロキソニンの副作用の発症率は3.03%です。主な副作用として腹痛、胃の不快感、食欲不振、吐き気などの消化器症状、むくみ、発疹、眠気などが報告されています。最も報告が多い副作用は消化器症状(2.25%)です。

<ロキソニンの主な副作用>

  • 消化器系…腹痛、胃部不快感、食欲不振、悪心・嘔吐、下痢、便秘、胸やけ、口内炎、消化不良、口の渇き、腹部の膨満、消化性潰瘍、小腸・大腸の潰瘍
  • 過敏症…発疹 そう痒感 蕁麻疹 発熱
  • 精神神経系…眠気
  • 血液…貧血
  • 肝臓…AST(GOT)、ALT(GPT)、ALPの数値上昇
  • 泌尿器…血尿、蛋白尿、排尿困難
  • その他…むくみ、顔のほてり、胸痛、倦怠感

発症の頻度は不明ですが、以下のような重い副作用もあります。ロキソニンの服用中に消化性潰瘍、小腸・大腸の潰瘍や下記の副作用が起きたら直ちに服用を中止し適切な治療・処置が必要です。

<ロキソニンの重大な副作用>

  • ショック、アナフィラキシー
  • 無顆粒球症、溶血性貧血、白血球や血小板の減少、再生不良性貧血
  • 中毒性表皮壊死融解症、スティーブンス・ジョンソン症候群
  • 急性腎不全・ネフローゼ症候群
  • うっ血性心不全(動悸、息切れ、体がだるくなる)
  • 間質性肺炎(息切れ発熱、空咳)
  • 肝機能障害、黄疸(褐色尿、体がだるくなる、食欲不振)
  • 横紋筋融解症(手・足・肩・腰などでの筋肉痛、手足のしびれ、体がだるくなる、赤褐色尿)
  • 無菌性髄膜炎(激しい頭痛や発熱、吐き気、嘔吐などが現れる)
  • 喘息発作
  • 小腸・大腸の狭窄や閉塞
  • 消化管穿孔

ロキソニンの飲み方・用法・用量は?

ロキソニンは1日1回、1回の量は1錠で、1日1回か2回とされていますが、症状が再度出た場合は最大で3回まで服用して良いことになっています。ただし4時間以上は空けてから服用してください。胃腸の副作用が多く報告されていますので、空腹時は避けましょう。用法・用量を守って服用して下さい。

<ロキソニンの用量・用法>

  • 1日2回まで、1回の量は1錠(水かお湯で服用)
  • 症状が再度出た場合は3回までは服用可(4時間以上空ける)

Thumbミノキシジルを使って頭痛がひどい?副作用はある?徹底調査!

危険な併用薬がミノキシジルとロキソニンにあるの?

ミノキシジルとロキソニンは効果も期待できるようですが、さまざまな副作用もあるようなので併用するにあたっては注意が必要そうです。またミノキシジルとロキソニンはそれぞれ併用禁忌薬があるので、飲み合わせにも気をつけましょう。

ミノキシジルとの飲み合わせが危険な薬は?

ミノキシジルは以下の薬との飲み合わせが良くないとされています。ミノキシジルには血圧を下げる作用があるので、降圧剤など血圧を下げる作用のある薬とは飲み合わせが特に良くないとされています。ミノキシジルタブレットに限らず、ミノキシジル外用薬でも血圧・心臓に影響を与える可能性があるため、血圧治療の薬など服用している人は医師・薬剤師の相談が必要とされています。

<ミノキシジルとの飲み合わせが悪い薬>

筋緊張緩和剤 チザニジン 血圧低下、めまい、心拍数低下
交感神経遮断薬 グアネチジン、ヒドロクロロチアジド、グアナドレル 血圧低下、めまい、心拍数低下
高血圧治療薬(降圧剤) アラセプリル(セタプリル)、エナラプリル(レニベース)、テルミサルタン(ミカルディス)など 血圧低下
その他 ジフェンヒドラミン塩酸塩(レスタミン/抗ヒスタミン薬)、アルプラゾラム(ソラナックス/抗不安薬)、MAO阻害剤(パーキンソン病治療薬)、ホスホジエステラーゼ5阻害剤(前立腺肥大症治療薬)他 血圧低下など

ロキソニンとの飲み合わせが危険な薬は?

ロキソニンも飲み合わせの悪い薬が多数あるようです。以下のような薬との飲み合わせは避けましょう。

<ロキソニンとの飲み合わせが悪い薬>

クマリン系抗凝血剤 ワルファリン(ワーファリン) 抗凝血作用の増強
スルホニル尿素系血糖降下剤 トルブタミドなど 血糖降下作用の増強
ニューキノロン系抗菌剤 エノキサシン水和物など 痙攣の誘発
リウマチ治療薬 メトトレキサート(リウマトレックス)
※乾癬、がん、膠原病にも用いられる
血中のメトトレキサート濃度上昇
リチウム製剤 炭酸リチウム リチウム濃度の上昇(リチウム中毒)
チアジド系利尿薬 ヒドロフルメチアジド(ロンチル)、ヒドロクロロチアジドなど 利尿作用・降圧作用を弱める
降圧剤 アラセプリル(セタプリル)、エナラプリル(レニベース)、テルミサルタン(ミカルディス)など 降圧作用を弱める、腎機能を悪化させる

Thumbミノキシジルタブレットは飲み合わせに注意⁉併用の効果や副作用!

ミノキシジルとロキソニンの併用自体は危険ではないらしい?

ミノキシジル、ロキソニンと飲み合わせの悪い薬を確認してきましたが、ミノキシジルとロキソニンはお互いに併用禁忌薬というわけではないようです。ミノキシジルと鎮痛剤を一緒に服用して大丈夫なのか心配にもなりますが、医師からもミノキシジルとロキソニンの併用は特に問題ないと言われた人もいるようです。

ただしミノキシジルタブレットの副作用で起きる頭痛を、ロキソニンで一時的に解消するのを繰り返す行為は危険な行為であると考えられます。ミノキシジルタブレットの服用で副作用が出たら使用を中止し、治まらないようなら医師に相談すべきです。ロキソニンなどの鎮痛剤の常用も危険視されています。

Thumbミノキシジルの内服薬と外用薬は併用可能⁉効果や副作用は?

併用危険!?ミノキシジルとロキソニン併用に関する噂も…

ミノキシジルとロキソニンは併用禁忌ではないようですが、ミノキシジルとロキソニンの併用は危ないという噂もあるようです。ミノキシジルとロキソニンの飲み合わせを危険視している人も少なくないようで、インターネット上でもよく指摘されているようです。

実際にロキソニンとミノタブの飲み合わせを警戒している内容のツイートも見かけられました。ロキソニンとミノキシジルタブレットの飲み合わせは禁じられていないようですが、なぜ併用すると危険だと言われているのでしょうか。どうやらロキソニンだけでなく他の鎮痛剤の併用も危険視されているようです。

Thumbミノキシジルの飲み合わせは危険⁉併用した時の効果や副作用!

ミノキシジルとロキソニンの併用が危険な理由は?

ミノキシジルとロキソニンの飲み合わせがなぜ危険視されているのでしょうか。恐らくは以下のような理由からミノキシジルとロキソニンとの併用が危険とされているのではないかと考えられます。

<ミノキシジルとロキソニンの併用が危険である根拠>

  • ミノキシジルとイブプロフェンの相互作用が報告されている
  • 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は血圧を上昇させる(ロキソニンもNSAIDs)
  • ミノキシジルとロキソニンの副作用が強い

ミノキシジルとイブプロフェンの併用でむくみやアレルギー、吐き気などの症状が出たという人もいるそうです。ロキソニンの主成分はイブプロフェンではなくロキソプロフェンですが、同じ非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)ということで同様の相互作用が起こる可能性があるようです。

ロキソニンで血圧上昇の危険性?

最近の研究でもイブプロフェンその他の鎮痛薬(NSAIDs)が、血圧を上昇させる恐れがあると報告がありました。正常な血圧だった関節炎患者で、血圧の上昇が見られたそうです。

<イブプロフェン・セレコキシブ・ナプロキセンの血圧への影響>

  • 心疾患・関節炎患者444名に薬を4ヶ月投与
  • 試験開始前血圧正常だった患者でイブプロフェン23.2%、セレコキシブ10.3%・ナプロキセン19.0%の血圧上昇が見られた

ミノキシジルと降圧剤の併用は血圧低下の相乗作用による危険性がありますが、イブプロフェンやナプロキセンなどのNSAIDs、ダイエット用の薬や風邪薬で血圧を上昇させる薬もミノキシジルと併用の際は医師・薬剤師への相談がおすすめされています。ロキソニンもNSAIDsですから、イブプロフェン同様の作用が起きる可能性があります。

ロキソニン市販薬はイブプロフェン配合の市販薬と違い、有効成分が医療機関で処方されている有効成分量と同量となっています。鎮痛剤としての効果が高い分副作用のリスクも心配されており、イブプロフェン市販薬よりも高い相互作用が起きる可能性もあるでしょう。なお海外ではロキソプロフェンがメジャーでないため、ミノキシジルとの相互作用に関する情報がイブプロフェンのように多くないようです。

ミノキシジルとロキソニンの併用はやっぱり危険?

ミノキシジルとロキソニンはむくみや胃腸障害など共通の副作用もあり、副作用の症状が強く現れる可能性もあるでしょう。どちらも重い副作用があるため、気安く併用するのはおすすめできないと考えられます。

ミノキシジルとロキソニンの併用による相互作用も心配ですが、ミノキシジルタブレットの副作用のリスクはさらに心配です。ロキソニンの副作用にも危険な副作用はありますが、ミノキシジルタブレットは危険性がたびたび指摘されています。しかし薄毛改善のためにはミノキシジルタブレットを飲み続ける必要があります。副作用を感じながらも飲み続けている人もいるようですが、危険な行為と思われます。

Thumbミノキシジルタブレット使用してから頭痛が⁉副作用と対処方法!

ミノキシジルとロキソニンの併用の危険性を回避するには?

ミノキシジルとロキソニンの併用は相互作用において問題ないとも専門家から言われているようです。しかし副作用や初期脱毛など何かとリスクの高いミノキシジルタブレットの服用中に、第1類医薬品のロキソニンの服用で副作用を発症するリスクが高くなることは否めないでしょう。ロキソニンの血圧への影響も気になるところです。

ミノキシジルとロキソニンの用量を守ろう

ミノキシジルとロキソニンの服用による副作用を避けるためにも、正しい用量・用法を守るようにしましょう。初期脱毛の後なかなか髪の量が改善されないからと、焦ってミノキシジルタブレットの量を増やすのは危険です。

ロキソニンも最大で1日3錠(本来は1、2錠で十分)とされています。頭痛が改善されないからと常用するのも良くありません、頭痛が治まらないようなら医療機関へ相談しましょう。

ミノキシジルタブレットは医療機関で処方してもらう

ミノキシジルタブレットを個人輸入代行を利用して購入している人も少なくないようです。個人輸入での購入にはリスクが伴うと言われていますが、ミノキシジルタブレットを自己判断で購入して服用するのはさらに危険でしょう。

ミノキシジル内服薬は国内では未承認であり、副作用のリスクも非常に高いです。ミノキシジルタブレットをできるだけ安全性の高い方法で服用するなら、薄毛治療・AGA治療専門の医療機関で処方してもらうべきでしょう。定期的な健康チェックも受けることが必要です。ロキソニンやその他の治療薬との併用も問題ないか、医師にもいろいろ相談できるので安心です。

アイテム
銀座美容総合クリニックの画像
銀座美容総合クリニック

・患者目線のクリニック運営
・投薬治療とメソセラピー対応
・良い口コミ多数あり
・良心的な価格

銀クリの無料カウンセリングお申し込みはコチラ!

都内で人気のAGA治療専門「銀座総合美容クリニック」はミノキシジルタブレットなどの投薬治療と、育毛メソセラピー(注入治療)も行っています。症状に合わせた適切な治療法を提案してくれることでしょう。無料カウンセリング(要予約)も行っているので、通いやすい人は一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

ミノキシジルタブレットは避ける

ロキソニンとミノキシジルは併用禁忌とはされていないですが、体調が悪いときは一旦ミノキシジルタブレットは控えた方が良いでしょう。ミノキシジルの副作用で痛みが起きているのかもしれません。ロキソニンとミノキシジルタブレットの併用よりもミノキシジル外用薬の方が安心です。

アイテム
リアップX5の画像
リアップX5

・発毛成分ミノキシジル濃度5%
・頭皮の皮脂を抑える成分も配合
・日本で唯一の発毛剤
・1年の臨床試験で9割の男性に発毛効果

リアップシリーズ最強のX5!

日本唯一のミノキシジル発毛剤といえば大正製薬のリアップシリーズです。リアップは各薬局・ドラッグストアの実店舗・通販でも取り扱われています。シリーズの中でも「リアップX5プラス」はミノキシジル最大濃度の5%で、臨床試験でも1年の使用で9割以上の人が発毛効果を実感したそうです。

ThumbAGA治療の塗り薬ミノキシジルの効果は⁉正しい使い方・塗り方は?

【まとめ】ミノキシジルとロキソニンの併用は慎重に!

ミノキシジルとロキソニンは併用禁忌とはされていないようですが、ミノキシジルもロキソニンも副作用のある医薬品です。特にミノキシジルタブレットは副作用が強い薬なので、慎重な服用が必要です。頭痛がミノキシジルの影響である可能性もあるので、むやみに併用するのは危険性が高いと考えら、血圧や副作用の増強も指摘されています。

ミノキシジルタブレットを常用している場合はロキソニンを使いたい場合医師・薬剤師にも念のため相談してみましょう。ミノキシジルタブレットよりミノキシジル外用薬の方が副作用のリスクが少ないですが、それでも頭皮の炎症や初期脱毛の副作用は報告されているようです。ロキソニンやその他の薬と併用しても問題のない、副作用のリスクが少ない薄毛対策を行いたいところです。

併用におすすめの育毛剤はコチラ!

安全性の高い薄毛対策を行いたいという人におすすめなのが、冒頭でもご紹介した薬用育毛剤「チャップアップ」です。チャップアップは育毛有効成分が配合された医薬部外品の育毛剤で、AGA関連医師からも優れた品質の育毛剤と評価されています。危険な医薬品成分は配合されていませんので、ロキソニンのような鎮痛剤と併用してももちろん問題ありません。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・育毛有効成分配合の医薬部外品
・AGA関連医師にも評価
・無添加・無香料、安全性検査済み
・定期便購入で永久返金保証付き!

安全性の高い薬用チャップアップはコチラから!

チャップアップには育毛・発毛を促進成分、頭皮炎症を抑え、頭皮環境を整える成分、脱毛ホルモンを抑える成分などが多数配合されており、多面的なアプローチで薄毛改善へと導いてくれます。全額返金保証も付いているので、育毛剤を初めて使うという人にもトライしやすいですね。治療薬との併用にも安心して使えるチャップアップで、安全で効果的な薄毛対策をスタートしてみませんか。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

ミノキシジルについてもっと知りたい方はコチラ!

Thumbミノキシジルの使用をやめるとどうなるの⁉効果がなくなる?【体験談あり】
Thumbミノキシジルの処方に保険は適用される⁉【治療費】
Thumbミノキシジルを糖尿病の方が使用するには注意が必要⁉

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事