植毛の方法・やり方とは?人工植毛と自毛植毛の違いって何?

植毛を受けることを考えている人も多いと思いますが、そのやり方には違いがあるようです。植毛のやり方によっても植毛の費用や結果は異なるため、人工植毛や自毛植毛など植毛のやり方の違いを掘り下げ各

目次

  1. 植毛はやり方によって違いが?気になる疑問を調査!
  2. 植毛とは?人工植毛と自毛植毛がある?失敗する植毛も?
  3. 人工植毛と自毛植毛のやり方の違いをチェック!
  4. 人工植毛と自毛植毛ではどちらがおすすめ?
  5. 自毛植毛にもやり方ごとに違いがある?
  6. 植毛を受けた人の口コミ・術後経過をチェック!
  7. 植毛のリスクとは?失敗する?
  8. 植毛の評判がよいクリニックとは?
  9. アイランドタワークリニックで植毛を受けるメリットは?
  10. 【まとめ】やり方の違いを理解して植毛を!

植毛はやり方によって違いが?気になる疑問を調査!

薄毛に悩んでおり、植毛を受けようかどうか迷っているという人も多いのではないでしょうか。植毛と言ってもさまざまなやり方があり、やり方によって費用やメリット・デメリットに違いがあるようです。中には植毛に失敗したという人もいますから、安易に植毛手術を受けてしまう前に、植毛について正しく理解しておくことが重要でしょう。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

  • 口コミでも評判の人気育毛剤
  • 男性だけでなく女性にも話題
  • 55種類の天然成分+15種類のアミノ酸
  • 無添加処方

無添加で医薬部外品の育毛剤!

薄毛改善効果が高いアイテムといえば上記の育毛剤チャップアップも挙げられますが、やり方によっては半永久的に髪が生え変わりランニングコストがかからないという植毛もあるようです。また、クリニックによっても植毛のやり方・費用は異なるため、手術後の経過や失敗のリスクなども含め植毛のやり方による違いを詳しく調査しましょう。

Thumb自毛植毛をしたブログから学ぶ!失敗体験記12選!【画像あり】

植毛とは?人工植毛と自毛植毛がある?失敗する植毛も?

薄毛に悩んでおり植毛によって根本的に薄毛の悩みから解放されたいと考えている人も多いのではないでしょうか。植毛と言ってもやり方によって違いがあり、どのような植毛を受けるかによっても術後の経過の仕方や結果にも差が出ます。植毛とはどのようなものであり、どのような種類があるのかをまずは把握しましょう。

植毛は外科手術?失敗のリスクも?

植毛は端的に言うと髪の毛を頭皮に植えこむ医療行為であり、外科手術に分類されます。日本では医師によってのみ施術が可能とされていますが、主に人工植毛と自毛植毛という二つのやり方に分類されます。人工植毛と自毛植毛はそれぞれやり方が異なる植毛法であり、根本的なやり方から術後の経過やケアまで異なるようですね。

人工植毛のやり方とは?

植毛の中でも人工植毛というのは、文字通り人工毛を植えこむやり方の植毛となります。自分の毛に合成繊維などが原料となる人工毛を植えこむ方法であり、技術が進化した現在では自分の髪色や髪質に合わせて理想に近い髪型を目指すことができるようです。一方で拒絶反応が起きる可能性などのデメリットもあるようですね。

自毛植毛のやり方とは?人工植毛との違いは?

一方の自毛植毛は、現在植毛として主流になっているやり方であり、自分の髪の毛を使用する植毛法です。自分の髪の毛を使うので拒絶反応は起こらず髪が半永久的に生え変わるというメリットがあり、フィナステリド内服・ミノキシジル外用のA評価について日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでB評価を受けている治療法のようです。

Thumb気になる植毛の仕組みを解説。【メリット・デメリット比較】

人工植毛と自毛植毛のやり方の違いをチェック!

植毛と言っても人工植毛と自毛植毛があるようです。それぞれがどのような植毛法であるかは既述の通りですが、植毛のやり方によって費用術後の経過やケアに違いがあるだけでなく、失敗のリスクやデメリットも異なるものです。人工植毛と自毛植毛のメリット・デメリットを具体的に比較し、植毛について理解を深めましょう。

人工植毛と自毛植毛の違いを比較!

人工植毛と自毛植毛はそれぞれ特色が異なる植毛のやり方であり、それぞれ手術後の経過や費用などにも差が生じます。それぞれメリット・デメリットのある人工植毛と自毛植毛を比較すると下記のようになります。

  人工植毛 自毛植毛
日本皮膚科学会の評価 D B
1回の植毛で移植できる毛量 多い 少ない
手術後の効果を実感するまでの経過期間 手術後すぐ 半年〜1年が経過した後
手術回数 繰り返しメンテナンスが必要な場合も 1〜2回で定着することもある
定着率 低い 高い
頭皮の傷 ほぼない やり方によっては生じる
手術後の髪型 制限がある 定着していれば自由自在
費用相場 1000本で25〜40万円ほど 1000本で80〜100万円(人工植毛の2倍以上)

現在では男性・女性問わず植毛手術を受ける人は多いようですが、やり方ごとの違いについてもしっかりとチェックして失敗のリスクなども考慮したいものです。それぞれ失敗のリスクや手術後の経過の仕方も異なる自毛植毛と人工植毛ですが、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと理解しておきましょう。

人工植毛のメリットとは?

人工植毛のメリットとしては、手術を受けた後すぐに髪が増えたことを実感できるという点でしょう。また、一回の手術費用は自毛植毛より安く、一回の手術で多くの髪を移植することも可能なようです。しかし、手術後一定期間が経過してからもケアが必要なことから、これらのメリットがデメリットに変わってしまうことも少なくありません。

自毛植毛のメリットとは?

一方の自毛植毛は自分の後頭部の髪の毛などを薄毛の気になる生え際や頭頂部などに移植する方法であり、拒絶反応が起こらず手術が失敗せずに定着した場合には髪が半永久的に生え変わるというメリットがあります。自毛植毛は一回あたりの手術費用が比較的高いものの下記のようなメリットがあり、男性・女性ともに受ける人が増えています。

  • AGA治療のガイドラインで人工植毛よりも高評価
  • 定着したら髪の毛が半永久的に生え変わりランニングコストがかからない
  • 傷が残るやり方もあるが人工植毛のような感染や拒絶反応による失敗のリスクは低い

自毛植毛は自分の後頭部の髪の毛などを使用する植毛法であり、手術後一定期間が経過して髪が生え揃うまで時間がかかるものの、一度定着したら半永久的に髪が生え変わるのが嬉しいですね。男性からも女性からも評判のよいクリニックでの自毛植毛は95%の高い定着率を誇ることもあり、失敗のリスクが低いクリニックもあるようです。

Thumb自毛植毛後でも散髪はできる?床屋や美容院の選び方とは?

人工植毛と自毛植毛ではどちらがおすすめ?

人工植毛が合成繊維を使用した植毛である一方で、自毛植毛は自分の髪の毛を活用し、後頭部から前頭部などへの植毛などが可能なようです。それぞれ既述のような費用・術後の経過の違いがある二つの植毛のやり方ですが、下記も参考に植毛法を選び、できるだけ評判のよい信頼できるクリニックで施術を受けたいですね。

人工植毛のやり方がおすすめの人とは?

自らの後頭部などの髪を前頭部などに移植することもある自毛植毛とは違い、人工植毛はあくまで合成繊維から作られた毛を移植する方法です。そのため根本的な治療とは言えない方法とも言われていますが、下記のような場合には適している可能性もあります。

  • 手術後長い時間が経過してからではなくすぐに髪を増やしたい人
  • 一度に大量の増毛を行いたい人
  • 薄毛の範囲が広く後頭部などからも自毛植毛のドナーを採取しづらい人

上記のように後頭部から自毛植毛の移植毛を採取しづらい人や、拒絶反応や失敗・メンテナンスなどのデメリットを考慮しても尚すぐに髪を増やしたい人は人工植毛が適している場合もあるでしょう。しかし現在は男性にも女性にも自分の髪を使うことができ半永久的な効果に結びつく自毛植毛が主流であり、評判のクリニックもあるようです。

自毛植毛のやり方がおすすめの人とは?

基本的には人工植毛よりも自毛植毛の方が男性にも女性にもおすすめできます。もちろん男性であれ女性であれ後頭部まで禿げ上がっている場合など移植するための髪の毛が不足している場合には自毛植毛が行いづらいこともありますが、自毛植毛は下記のような場合にも対応できるのが嬉しいですね。

  • AGAの人(AGAの影響を受けない後頭部からの移植も可能)
  • 手術後メンテナンスいらずで済ませたい・ランニングコストをかけたくない人
  • 感染や拒絶反応などによる失敗のリスクを避けたい人

薄毛の中でもM字はげやO字はげなどAGA(男性型脱毛症)に悩む人は多いです。AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種であり、このDHTが生え際や頭頂部に影響を与えることで薄毛が進行します。しかし、自毛植毛には下記のような特徴があるため、AGAの人に特におすすめの植毛だと言えるでしょう。

  • 後頭部の髪の毛はDHTの影響を受けにくい
  • M字はげに悩む場合でも後頭部から植毛が可能
  • 植毛後の髪の毛はもともと後頭部の髪のためAGAになりにくい

上記のように、生え際の薄毛に悩んでいる場合でも自毛植毛によって後頭部などの髪の毛を移植すれば、植毛後はDHTの影響を受けにくいまま髪が生え変わるようですね。クリニックによっても評判や植毛の失敗のリスク・定着率などが異なりますが、中には男性からも女性からも支持されており定着率が95%を超えるところもあるようです。

Thumb植毛と増毛の違いとは?それぞれメリット、デメリットについて

自毛植毛にもやり方ごとに違いがある?

既述のように自毛植毛はAGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛をAGAの症状が出ている生え際などに移植することも可能なため、AGAに悩む人にとっては人工植毛よりもおすすめです。また、拒絶反応などのリスクもないため女性にとっても人工植毛よりおすすめですが、自毛植毛と言っても下記のようにやり方が複数あるようです。

FUT法とは?

現在では男性・女性問わず自毛植毛の手術を受ける人が多いようですが、自毛植毛の中にもFUT法とFUE法の二種類があります。FUT法はメスを使って頭皮ごと切り取る植毛法であり、定着率がFUE法より高い一方で傷跡が残り日常生活に戻るまでには長い期間の経過が必要となるようです。

FUE法とは?FUT法との違いは?

一方のFUE法はメスを使わずパンチなどで移植毛を採取する方法であり、FUT法よりも傷跡が目立たないといいうメリットがあります。一方でFUT法よりも費用が高く、また移植毛を採取する際に髪の毛の毛根を切断してしまうリスクもあるため、特に評判がよく高い技術を有した医師によって手術を受けるのが望ましいでしょう。

Thumb自毛植毛の術後経過を写真で追う!

植毛を受けた人の口コミ・術後経過をチェック!

既述の通り自毛植毛と言ってもやり方によってメリット・デメリットが異なるようです。AGAの影響を受けにくい後頭部から移植を行うことも可能な自毛植毛の手術を受けたあとでどのように経過をたどるのかも非常に気になるものですが、自毛植毛の手術を受けた人の口コミには下記のようなものがあるようですね。

  • 自毛植毛を終えて半年ほど経ち、髪が生え揃い始め一年ほどしてしっかり伸びた
  • FUE法は定着率が低いと思っていたが評判のクリニックでの自毛植毛はしっかり定着した
  • 自毛植毛を終えて初めは抜け毛が増えたがやがて髪が生え揃ってよかった
  • 自毛植毛は女性には適していないのかと不安だったが安心して手術を受けられ成功した

上記のように、自毛植毛の手術を行ったあとでおよそ半年〜1年以上の期間を経て髪が生え変わり成長して満足のいく結果を得られる場合が多いようです。また、口コミで評判のクリニックの中には女性でも安心して定着率の高い自毛植毛ができるところもあるので、薄毛に悩む植毛を検討している人はぜひチェックしておきたいところです。

Thumb自毛植毛経過?写真で術後からアフターケアまでを解説!【画像あり】

植毛のリスクとは?失敗する?

植毛の技術というのはクリニックごとにも異なるため、できるだけ口コミでの評判がよく確かな技術力を有したクリニックで手術を受けたいものです。また、自毛植毛の体験談にもあった通り手術後に抜け毛が増える現象などもあるようですが、手術を受ける前に植毛のリスクもしっかりと把握しておきましょう。

植毛後のショックロスとは?

植毛におけるデメリットのひとつには、手術後に一時的に抜け毛が増えるショックロスと呼ばれる現象が起こることが挙げられます。ショックロスは植毛手術の麻酔などの影響で手術を受けた人の1〜2割の人に起こるとされてますが、一時的な脱毛症状であることを理解し、どうしても不安な場合は医師に相談するとよいでしょう。

植毛後の離れ小島現象とは?

また、植毛後に離れ小島現象と呼ばれる症状が起こることもあります。これは植毛後に植毛した部分を残して薄毛が進行する現象であり、AGAの影響を受けないのは後頭部から移植した髪の毛のみであり、その周囲ではAGAが進行することがあるため、冒頭でお伝えした育毛剤などによるケアも怠らずに行うことが肝要です。

Thumb自毛植毛後の離れ小島現象に注意!後悔する前にアフターケアと対策

植毛の評判がよいクリニックとは?

ここまで植毛のやり方の違いや植毛後の経過・植毛のリスクなどについてみてきました。植毛はやり方によって費用や結果が異なりますが、手術を受けるクリニックによっても評判や実績などが異なるものです。数あるクリニックの中でも特に口コミでの評判がよくおすすめなのは、アイランドタワークリニックです。

アイランドタワークリニックとは?

アイランドタワークリニックは、自毛植毛のシェアが国内No.1であり、口コミでの評判が特によく豊富な治療実績を誇るクリニックです。男性のみならず女性にも人気の植毛手術は、定着率が他のクリニックに比べても高いとされています。

アイテム
アイランドタワークリニックの画像
アイランドタワークリニック

  • 国内シェアナンバー1
  • 基本治療費20万円+1グラフト1200円〜
  • 交通費・宿泊費還元
  • 無料カウンセリング実施中

自毛植毛といえばこのクリニック!

すでに2万件以上の治療実績がありますが、これまで無事故・無違反のクリニックでもあるため特に信頼度が高いクリニックです。そんなアイランドタワークリニックではi-directという定着率の高い方法で植毛を受けられるようですね。

アイランドタワークリニックの植毛のやり方は?

アイランドタワークリニックのi-directはFUE法に分類される植毛法ですが、世界的にみても優秀な医師によって空気圧を利用した機器を使用して植毛を行い、その定着率は95%以上とされています。また、定着率が高いだけでなく自然な仕上がりを実現できる植毛法として多くの人が植毛の結果に満足しているようです。

Thumb自毛植毛で評判がいいクリニックは?口コミ・評価まとめ!

アイランドタワークリニックで植毛を受けるメリットは?

自毛植毛では後頭部から前頭部・頭頂部への植毛も可能なため、AGAの人にもおすすめですが、アイランドタワークリニックではi-directという独自の植毛法を行っており定着率がかなり高いことで知られているようです。そんなアイランドタワークリニックは植毛の技術が高いこと以外に下記のようなメリットもあるようです。

アイランドタワークリニックと他のクリニックの違い・魅力は?

アイランドタワークリニックは自毛植毛の国内シェアNo.1のクリニックですが、自毛植毛の定着率が高く他のクリニックに比べて圧倒的に信頼度の高い植毛手術を受けられることのほかに、下記のように費用面でもメリットがあり、さらに植毛を受けやすい環境が整っているのも嬉しいですね。

  • 手術時の宿泊費用・交通費用全額返還キャンペーン中
  • 支払いは医療ローンで最大84回の分割払いが可能
  • プライバシーに配慮された空間での手術
  • モニター割引あり
  • 無料カウンセリング実施中

費用面でもメリットが多いアイランドタワークリニックですが、植毛を検討しているけれど不安だという人は、まず無料カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。自毛植毛のプロフェッショナルである医師としっかりと相談して、満足のいく植毛を受けられるようにしたいものですね。

Thumb自毛植毛の女性の費用は?価格相場とおすすめのクリニックを調査!

【まとめ】やり方の違いを理解して植毛を!

今回は植毛のやり方の違いについて掘り下げました。植毛と言っても人工植毛と自毛植毛があり、自毛植毛にも複数のやり方があります。そして植毛のやり方によって費用や失敗のリスク・術後の経過などが異なるため、植毛を行う場合には信頼できるクリニックで手術を受け、植毛のリスクが気になる人はリスクの低い対策も考えたいですね。

植毛の失敗のリスク・費用の高さが気になるならチャップアップ!

自毛植毛は半永久的に髪が生え変わるというメリットがあり、特にアイランドタワークリニックの自毛植毛は口コミでも評判がよいです。しかし中には植毛の失敗が怖い・費用が高いという人もいると思いますが、そのような人には安全性・効果ともに高い育毛剤チャップアップの使用がおすすめだと言えるでしょう。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

  • 医薬部外品の男性・女性兼用育毛剤
  • 無添加で副作用のリスクが低く安心
  • AGAの原因にしっかりと対処
  • 頭皮環境を根本的に改善

副作用のリスクが低いチャップアップで育毛!

チャップアップは男性・女性問わず多くの人に愛用されている育毛剤であり、口コミでもかなり評判がよく実力・人気度ともにNo.1との呼び声も高いです。チャップアップは薄毛の原因に根本的に作用でき、頭皮環境を整える効果も高いです。さらに無添加で副作用のリスクが低い上に返金保証もついているなど信頼度が高いのが嬉しいですね。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

チャップアップについてもっと知りたいあなたはこちら!

Thumbチャップアップは女性に効果ある育毛剤?【口コミあり】
Thumbチャップアップを使用1年経過で効果は⁉口コミ・体験談から徹底検証!

おすすめの記事