自毛植毛の後に髪を染めることはできる?ヘアカラーやパーマ時の注意点!

自毛植毛の手術を受けた人・これから受ける人必見!植毛してもヘアカラーやパーマでおしゃれを楽しめるのかをまとめました。植毛後・植毛前の髪を染める時期と、染める時の注意点をご紹介!自毛植毛した髪の毛がなぜ伸びるのかも記載しています。

目次

  1. 自毛植毛したけどヘアカラーで髪を染めるのはOK?
  2. 自毛植毛手術ってどんなもの?
  3. 髪を染めるには植毛した後期間がいる?
  4. 植毛する予定が!髪を染めるのはいつまで?
  5. 植毛したあと髪を染める時の注意点!
  6. 【髪を染める時の注意】植毛した毛が伸びることはない!?
  7. 【まとめ】植毛後に髪を染める時は期間や注意点を考慮する!

自毛植毛したけどヘアカラーで髪を染めるのはOK?

植毛することで自然な髪のボリュームと薄毛を改善した方なら、ヘアカラーで髪を染めたりパーマをかけたりと、おしゃれも楽しみたいと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、ヘアカラーで髪を染めたりパーマーをかけたりするのは髪にとって良くないイメージですよね?

せっかく自毛植毛の手術を受けてコンプレックスを克服しても、髪の毛で遊べないなら魅力は半減。最近では男性だけでなく、女性の薄毛も増えてきており、植毛の手術を受ける方も少なくありません。

男性の薄毛の主な原因は男性ホルモンによるもの。男性ホルモンが原因の薄毛は髪が再び生えてくることは難しく、髪が伸びない原因となります。一方女性の場合は、頭皮全体の毛髪が薄くなるびまん性脱毛症や、フケが大量に発生するひこう性脱毛症などが多く、これらの場合でも植毛に頼って治療するケースが多く見られるようです。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

ヘアカラーやパーマも楽しめ薄毛改善に効果が見込めるチャップアップなら、植毛が不安な方にもおすすめ。髪が伸びるのを助けて産毛を太く強くします。

おしゃれな男性におすすめの育毛剤はこちら

植毛は費用面で不安…という方におすすめの薄毛対策はチャップアップ。チャップアップなら、コスパも抑えられ、ヘアカラーやパーマもOK。男性ホルモンを抑制し、髪を元気に太くする効果が期待できます。サラサラとした使用感は、おしゃれを楽しみたい男性にも好評で見た目がベタつく心配もありません。

Thumb女性のカラーリングは抜毛に影響する⁉ヘアカラーは薄毛の原因に?

自毛植毛手術ってどんなもの?

植毛と一言でゆっても、その種類は様々あります。ヘアカラーやパーマをする上で植毛の種類も重要になりますので、まずは植毛手術の内容から見ていきましょう。

<植毛の種類>

  • 自毛植毛
  • 人工毛植毛
  • 手植え植毛
  • 自動植毛

自毛植毛は、その名の通り自分の毛を使用して植毛手術をします。自毛なので人工毛よりも目立ちにくく、頭皮に馴染んだ後は再び髪が伸びるのが特徴です。人工毛植毛とは、合成繊維でできた人工毛を植毛手術によって植えていきます。髪の量が少なくても手術することができ、通院や入院なども必要ありません。

手植え植毛とは、毛質に関係なく、高度な技術を取得した看護士が、手作業で植毛手術を行うこと。その人の状況に応じて、1本ずつ確実に移植していきます。一方、自動植毛とは、コンピュータを搭載した植毛機で植毛します。それぞれの頭の状態には対応しにくく、定着率が悪いなどのデメリットがあります。

この中で髪の毛を染めるのに適した植毛は、自毛植毛のみ。手術の手法は関係ありませんが、自分の髪の毛を植毛した場合は今まで通り染めることができます。

Thumb植毛と増毛の違いとは?それぞれメリット、デメリットについて

髪を染めるには植毛した後期間がいる?

植毛手術を受けた後の頭皮や髪は非常にデリケートな状態です。ヘアカラーで髪を染める場合やパーマをかける場合は、刺激の強い液を使用するため、どうしても頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。その為、髪を染める際は、植毛してからある程度期間を置かなければならないと言われています。

特に、自毛植毛の手術を受けてから2週間は定着率に大きく左右するため、頭皮への刺激は極力避けなければなりません。この時期に髪を染めるのは絶対にNG。せっかく植えた髪の毛が抜けてしまう原因となります。1ヶ月も経過すれば植毛箇所は定着し、ある程度の刺激を気にしなくても良いようになります。

ヘアカラーで染める場合やパーマをかける場合は、最低でも1ヶ月の間を空けるようにしましょう。しかし、1ヶ月経ったからと言って頭皮や髪へのダメージが全くないわけではありません。植毛後の経過には個人差があり、定着率もそれぞれ異なります。髪を染めることでダメージを受け、髪が再び抜けてしまう場合もあります。

植毛した後、ヘアカラーで髪を染める場合やパーマをかける場合は、手術を受けたクリニックの医師に相談してから行うといいでしょう。自毛植毛では95%以上という高い定着率を誇っているものの、間違ったアフターケアを続けていればその確率は当然下がります。しっかりと定着したことを確認してから行うのが最善の策だといえます。

Thumb自毛植毛後3ヶ月の口コミ体験談まとめ!【画像あり】

植毛する予定が!髪を染めるのはいつまで?

植毛には、1度では終わらず何度か通う場合があります。何度か通う場合は今回と次回の間に髪を染めようと考える人もいるでしょう。しかし、頭皮や髪がデリケートな状態であることからこの時期に髪を染めるのはおすすめできません。

また、現在の植毛技術では1度に100%正常な状態に戻すことは難しく、数回重ねることで密度を高めることができると言われています。重ねて植毛を行うのであれば、その間は頭皮や髪へのダメージを極力減らさないと思うように密度は回復しません。

そもそもヘアカラーやパーマが薄毛の原因とはなりませんが、頭皮や髪に強い刺激を与えてダメージを与えることは分かっています。植毛を考えているのであれば、できるだけダメージが少ない状態の方が定着率は上がりますので、手術前1カ月も髪を染めるのは避けた方が無難でしょう。

Thumb自毛植毛の女性の費用は?価格相場とおすすめのクリニックを調査!

植毛したあと髪を染める時の注意点!

髪を染める時期と期間についてお話しましたが、その期間を過ぎれば全く問題ないわけではありません。植毛した髪を染めるのであれば、いくつかの注意点がありますのでそちらもしっかりと抑えておきましょう。

<植毛後に髪を染める場合の注意点>

  • 強い刺激による頭皮ダメージを感じた場合は回復までの期間を空ける
  • 頭皮が乾燥する場合はヘアケアを行う
  • 毛髪がパサついたり切れ毛が増えた時はトリートメントなどを使用する
  • アレルギーの有無を確認しておく

基本的に髪を染める行為で薄毛になるわけではありませんが、カラー液やパーマ液などで頭皮に強い刺激(かゆみやフケなど)を感じた場合は、次回までの期間を十分に設けましょう。頭皮ダメージが回復していない状態で髪を染めるとダメージが蓄積し、植毛した髪の毛が再び抜け落ちてしまう可能性があります。

頭皮・髪の乾燥や、切れ毛・枝毛などが気になる場合も同様に期間を空け、ヘアケア用品などを使用してダメージの回復を目指しましょう。また、カラー液やパーマ液にはアレルギー反応を起こす場合があります。その場合は重篤な症状が現れる場合もありますので、まずは医師に相談してから行うようにしましょう。

Thumb気になる植毛の仕組みを解説。【メリット・デメリット比較】

【髪を染める時の注意】植毛した毛が伸びることはない!?

植毛に種類があることはお話しましたが、髪が伸びるのは自毛植毛の場合のみ。この場合であれば、ヘアカラーやパーマをしても新しい髪が生える事でダメージは回復します。しかし、人工毛を使った植毛の場合は、植毛した髪が再び伸びることはなく、散髪に行くことも不可能だとされているんです。

  自毛植毛 人工毛植毛
定着率
髪のボリュームアップ
定着後の伸び率

その為、人工毛を使用した植毛の場合はカラーやパーマはできません。髪が伸びることがないので、ダメージはそのまま蓄積し、回復することもありません。ヘアカラーやパーマは、髪が伸びることで楽しめるおしゃれなんです。おしゃれを楽しみたいなら、髪が伸びる自毛植毛をおすすめします。

Thumb自毛植毛した髪が伸びる期間は?生えてこない時の対策はある?

【まとめ】植毛後に髪を染める時は期間や注意点を考慮する!

植毛後に髪を染める場合について見てきましたがいかがでしたか?髪を染める・パーマをかける時は、植毛の前後1カ月は期間を空けて、定着率をあげるためにダメージを極力減らしましょう。また、カラー液やパーマ液の強い刺激を感じたら、ヘアケア用品を使ってしっかりとケアをしていくことが大切です。

また、植毛は髪が伸びる自毛植毛にし、伸びることがない人工毛植毛の場合は髪を染めることはできないと知りましょう。植毛は薄毛・ハゲの人にとっては救世主のような改善方法です。効果を実感するために、正しい知識と注意点をしっかりと考慮して行うようにしましょう。

自毛植毛をする際はアイランドタワークリニックを受診!

植毛を検討中の人は、アイランドタワークリニックがおすすめ。専門医による薄毛対策のアドバイスを受けることができ、15年の経験と技術を生かして薄毛を治療していきます。10名以上の自毛植毛治療を行ってきた専属医による施術で、信頼度の高さが特徴です。

アイテム
アイランドタワークリニックの画像
アイランドタワークリニック

自毛植毛に詳しい専属医による高い技術で安心して受診できる。無料のカウンセリングもあるので、初心者はそちらを利用するといいでしょう。

植毛の専門医をお探しの方はこちらから

無料カウンセリングでは、自毛植毛に詳しい医師やアドバイザーが、薄毛の悩みやを親身になってヒアリングします。様々な薄毛治療や自毛植毛について詳しく教えてくれるので、施術前にしっかりと説明を受けることができるのも魅力。患者に合った最適な治療プランで初心者でも安心して受診できます。

植毛に抵抗がある方はチャップアップがおすすめ

カラーやパーマをもっと楽しみたい方や、植毛に抵抗がある方はチャップアップがおすすめです。植毛のような手術を受けなくても髪が伸びるのを助け、今ある髪を元気に太くすることで薄毛改善に効果が期待できます。抜け毛の原因となる男性ホルモンにもアプロ―チするので、抜け毛が気になる人は一度試してみるといいでしょう。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

無添加・無香料で植毛後のヘアケアとしても刺激が少なく使用することができます。カラーやパーマで傷んだ頭皮の回復剤として使用するのもおすすめ。

植毛後のヘアケアにもおすすめの育毛剤

チャップアップには、育毛を促す有効成分の他に、髪の元となるアミノ酸や頭皮の炎症を抑える成分まで配合されています。つまり、植毛後のケアにもおすすめの育毛剤なんです。ヘアカラーやパーマ液で傷んだ頭皮の回復剤としてもおすすめ。返金保証も付いているので、万が一肌に合わない場合は全額返金してもらえます。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

植毛についてもっと知りたい方はこちら

Thumb植毛手術後の副作用やデメリットはある?「ショックロス」とは?
Thumb自毛植毛したのがばれる?手術後でもばれない6つの対策!
Thumb自毛植毛の術後経過を写真で追う!

おすすめの記事