フィナステリドは服用頻度を2日一回でも大丈夫⁉効果を徹底調査!

AGA治療薬として効果があるフィナステリドを服用している人も多いと思います。ですが、忘れっぽい人は2日に一回しか服用しないという人も多いのではないでしょうか?そんな効果を示してくれるフィナステリドを2日に一回しか服用しなかったらどうなるのかなどをまとめました。

目次

  1. フィナステリドは2日に一回服用してもきちんと効果がある?
  2. 2日に一回ではなく、毎日フィナステリドを服用するとどんな効果があるの?
  3. フィナステリドを2日に一回ではなく毎日服用しなくてはいけない理由とは?
  4. フィナステリドはどんな治療薬と飲み合わせても大丈夫?
  5. 2日に一回ではなく、毎日服用を続けた人のフィナステリドの効果を写真でご紹介!
  6. フィナステリドの服用頻度が気になる方は、育毛剤を試しましょう。(2日に一回でなくても大丈夫)
  7. 【まとめ】フィナステリドは服用頻度を2日一回でも大丈夫⁉効果を徹底調査!

フィナステリドは2日に一回服用してもきちんと効果がある?

AGAによる薄毛に悩んでいる人なら、フィナステリド配合のプロペシアという治療薬をご存知と思います。AGAによる薄毛に効果を示してくれる治療薬として服用をしている人も多いのではないでしょうか?そして、フィナステリド配合のプロペシアは内服系の育毛薬ですので、毎日服用を続けることが大切です。

1日に一回服用すればよい治療薬ですので、あまり飲み忘れることもないのかもしれませんが、うっかり飲み忘れてしまった…ということもありますよね。ですが、飲み忘れてしまうとどうしてもその効果が気になる人も多いのではないでしょうか?さらに、フィナステリド配合のプロペシアに関しては、どうしても値段が高いことから、2日に一回の服用で効果があるなら2日に一回飲みたいという人も多いようです

なので今回は、フィナステリド配合のプロペシアの飲み忘れや飲み合わせ、そして2日に一回の服用でもきちんと効果があるのかなどをご紹介していきたいとおもいますので、飲み忘れなどが多い人は必見です。

フィナステリドについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

ThumbAGA治療薬フィナステリド(プロペシア)の歴史について徹底解説!

2日に一回ではなく、毎日フィナステリドを服用するとどんな効果があるの?

そんなフィナステリドを飲み忘れてしまった際の効果などについてご紹介する前に、まずはフィナステリドとはどういったものなのかをご紹介したいと思います。

実はフィナステリドとは有効成分の名前

フィナステリドプロペシアといえば、服用することでAGAに効果をしめしてくれる治療薬として有名ですが、果たしてフィナステリドとプロペシアはどんな違いがあるのでしょうか?実は、違いはほぼないと言っても過言ではありません。

その理由としては、フィナステリドというのが服用することでAGAに効果を示してくれる、薄毛治療のための有効成分だからです。ちなみに、元々はフィナステリドは服用することで薄毛に効果のある治療薬ではありませんでした。実は前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として、プロスカーという名前で流通していました。

ですが、そのプロスカーを服用している患者さんから、毛髪が太くなったような気がするといった副作用が現れたことで研究が進み、現在のように薄毛に効果をしめしてくれる治療薬として活躍しています。そして、その研究の結果生まれたのがフィナステリドを配合したプロペシアという治療薬になります。

そういった点からも、フィナステリドというのは有効成分で、その有効成分を使った一番知られている治療薬がプロペシアということになります。フィナステリドという有効成分の名前をそのまま使用した治療薬も販売されていますが、あまり効果に差はないと言われています。

フィナステリドの効果とは?

そんなフィナステリド配合のプロペシアなどの効果についてもご紹介したいと思います。フィナステリドの効果は、AGAの薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成の抑制を行なってくれます。DHT(ジヒドロテストステロン)は強い男性ホルモンの一つなのですが、実はヘアサイクルを乱し薄毛を促進させてしまう効果があるため、AGAによる薄毛に悩んでいる人はこれを抑制しなくてはいけません。

ちなみに、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されてしまう原因としては、テストステロンという男性ホルモンと5aリダクターゼという酵素が関わってきます。その二つが結合してしまうとどうしてもDHT(ジヒドロテストステロン)になってしまいます。もちろん、テストステロンという男性ホルモンには薄毛を促進させる効果はありません。なので、酵素と結びつくまでは何も心配のないホルモンだといえます。

フィナステリドの効果としてDHT(ジヒドロテストステロン)の生成の抑制とお伝えしましたが、詳しくいえばDHT(ジヒドロテストステロン)の成分の一つである5aリダクターゼという酵素を阻害する効果があります。そのため、結果としてDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制となり、AGAによる薄毛に効果をしめしてくれると言われています。

フィナステリドの副作用とは?

フィナステリドの効果を知ったあとは、フィナステリドの副作用が知りたいという人も多いのではないでしょうか?服用することでAGA治療薬としてしっかりと効果を示してくれるフィナステリド配合のプロペシアですが、医薬品指定されていることから、副作用のリスクもあります。服用したいという人はぜひ副作用のリスクがあることも知っておいてください。

ちなみに、フィナステリド配合のプロペシアなどの副作用は以下の通りです。

  • 肝機能障害
  • 胃腸障害
  • 性欲減退
  • うつ
  • コレステロールの上昇
以上が、フィナステリドの副作用としてあげられているものになります。もちろん、フィナステリドの副作用の発症率はとても低いとは言われていますが、副作用として報告されているものになりますので、注意が必要です。

フィナステリドの詳しい副作用について知りたい方はこちらの記事をチェック

Thumbフィナステリドで前立腺癌発症リスクあり⁉副作用を徹底調査!

フィナステリドを2日に一回ではなく毎日服用しなくてはいけない理由とは?

ということで、フィナステリドの効果や副作用についてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?どうしても薄毛治療には長期間の薬の服用が必要となりますので、副作用については特にしっかり知っておく必要があると思います。

体に異変を感じた場合は、すぐに服用を中止し医師に相談してくださいね。そして、続いてはなぜ、フィナステリドは2日に一回ではなく、毎日服用しなくてはいけないのかなどをご紹介したいと思います。

フィナステリドが2日に一回ではいけない理由

  • ①体内濃度を保つため
  • ②効果が半減するため

フィナステリドの服用が2日に一回ではいけない理由その1「体内濃度を保つことが大切」

フィナステリドが2日に一回の服用ではなく、毎日服用しなくはいけない理由として最初にあげられるのは、この体内濃度が保てなくなるからです。しっかりとAGAに効果をしめしてくれるフィナステリド配合のプロペシアですが、体内での濃度をしっかりと一定に保つことで効果を発揮してくれる治療薬だと言われています。

フィナステリドが1日一回の服用である理由は、24時間効果があるという意味なのですが、逆にいえば24時間しか効果がなく体内から排出されてしまうと言われています。そのため、毎日決まった時間に服用を続けることが大切だと言われているのです。もちろん、1日飲み忘れたからと言って全ての効果が排出されるわけではなりませんので、飲み忘れに気づいた場合には、また毎日服用することをおすすめします。

飲み忘れても慌てないで!

AGA治療薬に関しては長期間の服用により効果を得ることができるのですが、誰にでも飲み忘れはあることです。飲み忘れてしまったからといって気に病まずに、また次の日からはしっかり服用を続けてくださいね。

フィナステリドの服用が2日に一回ではいけない理由その2「効果が半減する」

そして、治療薬の値段が高いため、2日に一回の服用にしたいという人もいらっしゃるようですが、先述した通り、フィナステリドは長期間毎日の連続投与が前提で作られている治療薬です。そのため、治療費が高いからという理由で2日に一回の服用に変えてしまうと、効果は半減以下になると言われています。

さらに、現在まできちんと服用してきた人の場合はその効果が実感できなくなるどころか、むしろ抜け毛が増える可能性がありますので、2日に一回の服用ではなく、毎日服用することをおすすめします。先述しましたが、飲み忘れの場合はまたしっかりと薬の服用を再開すれば良いのですが、わざわざ2日に一回にしてしまうと、効果を得ることができませんので、注意が必要です。

ThumbAGA治療にフィナステリドのメリットやデメリットは⁉効果を徹底まとめ!

フィナステリドはどんな治療薬と飲み合わせても大丈夫?

長期間毎日服用を続けることで、しっかりとした効果を示してくれるフィナステリドですが、持病などがある人は、フィナステリドとの飲み合わせなども気になる人は多いのではないでしょうか?飲み合わせにより副作用などが出てしまったらやだな…と思う人も多くいらっしゃいますよね。

フィナステリドを配合したプロペシアの飲み合わせについてもご紹介したいと思います。

フィナステリドは基本的にどの治療薬と飲み合わせをしても大丈夫

長期間の服用が大前提の治療薬であるフィナステリド。フィナステリドを服用したいと思っている人も、元々持病があったりする人は、この長期間の服用がネックとなり、飲み合わせが気になるため服用に踏み出せないという人も多いようです。確かに、長期間の服用が必要ですと、飲み合わせはかなり大切ですよね。飲み合わせにより副作用が増えてしまうのは恐ろしいことです。

ということで、フィナステリドの飲み合わせについてですが、フィナステリドの添付文書の中にはどの治療薬と飲み合わせてはいけないという記述はありませんでしたさらに、フィナステリドは飲み合わせの悪い治療薬は少ないと言われています。

そのため、フィナステリドを長期間服用していたとしても、きちんと持病などの治療も行うことができると言われているため、安心して服用することができる治療薬ともいえますよね。

薄毛治療と他の治療も同時に行える…!

薄毛治療をフィナステリド配合のプロペシアで行なっている人は、どうしても長期間服用することが大切となってきます。そのため、その期間は他の治療は行えないかも…と思っている人も少なくないと思いますが、フィナステリドは長期間の服用中も他の病気の治療も行うことができると言われています。ただし、自己判断はせず、医師の指導のもと服用してくださいね。

まずは専門医に相談してから試してみてはどうでしょう。

アイテム
銀座美容総合クリニックの画像
銀座美容総合クリニック

・無料カウンセリングあり
・プライバシーへしっかり配慮
・新橋駅徒歩0分の好立地

まずは無料カウンセリングから

女性の方はこちらのクリニックもおすすめ

アイテム
東京ビューティークリニックの画像
東京ビューティークリニック

・女性の薄毛治療クリニックなので安心
・女性ならではの悩みも相談しやすい環境
・全国に多数展開中の注目クリニック

まずは無料カウンセリングから

フィナステリドの飲み合わせについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

Thumbフィナステリドはお茶で服用してもいい⁉効果や飲み合わせを徹底解説!

2日に一回ではなく、毎日服用を続けた人のフィナステリドの効果を写真でご紹介!

では最後に、きちんとフィナステリドを服用している人の効果を写真でご紹介したいと思います。長期間の服用により効果が現れるものなので、どうしてもすぐには効果は現れません。

ですが、フィナステリドの服用で効果があった人の写真を見ることで、飲み続けようと思えるといいなと思いますので、ぜひ写真をみて効果を信じて飲み続けてみてくださいね。

こちらは、フィナステリドの服用記録を写真で残してくれている人の頭皮の写真なのですが、こちらは、フィナステリドの服用を始めた日のようです。写真を見る限り髪の毛も細く弱々しい印象がありますよね。

こちらは、つい最近の同じ人の頭皮の写真になっています。いかがですか?フィナステリドの効果をしっかりと確認することのできる写真ですよね。フィナステリドの効果は抜け毛を防ぎ髪の毛を太くする効果があるのですが、フィナステリド服用当初の写真よりも、現在の写真の方が髪の毛が太く、しっかりとしてきていますよね。

フィナステリドの服用頻度が気になる方は、育毛剤を試しましょう。(2日に一回でなくても大丈夫)

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

 7,400円
・ハゲけん編集部おすすめの育毛剤
・100%無添加・無香料で副作用が安心
・お風呂上りに使用など、習慣にしやすい
・全額無期限返金保証付き

全額返金保証付

フィナステリドは服用頻度など考えることがたくさんあって、面倒くさい。医師にも確認しなければいけないし、と考える人も多いでしょう。やはりどうせ育毛ケアをするならば手軽に、忘れずにできるモノが一番ですよね。

そんな時は育毛剤を試してみてはいかがでしょうか?育毛剤ならば天然成分由来のものが多くあり、使い心地もサラサラな為、続けやすいです。お風呂上りにドライヤーなどをした後につけるという習慣を身につければ、2日に一回などと気にしなくても大丈夫になりますよ。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5

【まとめ】フィナステリドは服用頻度を2日一回でも大丈夫⁉効果を徹底調査!

ということで今回は、フィナステリドは2日に一回の服用でも大丈夫なのかということについてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?本来フィナステリドは毎日服用することで効果を発揮してくれる治療薬です。そのため、2日に一回の服用の場合は効果が半減以下になってしまうと言われています。

さらに、飲み合わせもあまり心配する必要がないため、毎日しっかり服用して、薄毛治療を行なってくださいね。そして、上記で紹介させていただいた人のように写真に残すと自分の薄毛の回復を見ることができますのでおすすめです。

フィナステリドについてもっと知りたいアナタへ

ThumbAGA治療薬フィナステリド(プロペシア)の歴史について徹底解説!
Thumbフィナステリドの作用機序と副作用を徹底解説!【メカニズム】
Thumbポストフィナステリド症候群って?発症率・症状・治療方法の解説!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事