フィナステリドの処方に保険適用はされない⁉理由や費用の相場を検証!

薄毛治療のためにフィナステリドを服用している人は多くいらっしゃいますよね。ですが、フィナステリドは保険適用外であることから料金が高いイメージがあると思います。今回はフィナステリドの処方がなぜ保険適用外なのかなどをご紹介したいと思います。

目次

  1. 薄毛治療に有効な「フィナステリド」保険適用外ってほんと?
  2. 保険適用外のフィナステリドとはどんな薬?
  3. 薄毛治療に有効でも、保険適用外と聞くとフィナステリドを購入しにくい…
  4. フィナステリドの処方が保険適用外なのはなぜ?
  5. フィナステリドだけでなく、AGAの治療費も保険適用外?!
  6. 保険適用外で値段が高いなら、安いフィナステリドを手に入れたい
  7. フィナステリドを個人輸入することのリスクとは?
  8. フィナステリドが保険適用外なら個人輸入に手を出すべきか?
  9. 【まとめ】フィナステリドの処方に保険適用はされない⁉理由や費用の相場を検証!
  10. フィナステリド服用についてもっと知りたいアナタへ

薄毛治療に有効な「フィナステリド」保険適用外ってほんと?

薄毛に悩んでいる人なら、フィナステリドを含んでいるプロペシアといえば、どんな治療薬かご存知の人も多いですよね。そうです、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として薄毛に悩んでいる男性に効果を示してくれる治療薬として世に出回っています。

ですが、フィナステリドを含んでいるプロペシアは、値段が高いことでも有名ですよね。その理由としては、保険適用外のためなのですが、病院の料金や治療費も保険適用外ってご存知でしたか?フィナステリドを含んだプロペシアを処方してもらうためには病院に行くことが大切なのですが、料金や治療費が高いことから行きにくいという人も多いようです。

今回は、フィナステリドを含んだプロペシアがどうして保険適用外なのか、そして病院オン料金や治療費まで保険適用外になってしまうのかなどをご紹介していきたいと思います。

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

保険適用外のフィナステリドとはどんな薬?

そんな保険適用外で値段高いフィナステリドについてご紹介する前に、まずは、フィナステリドがどんな治療薬なのかをご紹介したいと思います。

フィナステリドの効果とは?

フィナステリドは値段は高いですが、AGAに治療薬として大活躍しています。フィナステリドとは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してくれる効果があります。もっと詳しく言えば、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の元であるテストステロンという男性ホルモンと、5aリダクターゼという酵素があるのですが、フィナステリドはこの5aリダクターゼという酵素を阻害する効果があります。

もちろん、AGAの治療薬であるフィナステリドを服用したからといって必ず髪の毛が生えるという訳ではありません。そのほかの原因も改善していかなくては効果が現れないという人もいますので、しっかりと改善していくことも大切です。

フィナステリドの副作用とは?

AGAの治療薬として効果を発揮してくれると言われているフィナステリドですが、医薬品指定されていることから副作用にも目が行く人が多いと思います。確かに、効果がある医薬品に関してはどれも副作用があるものが多いのですが、フィナステリドの副作用としては以下のものがあげられます。

  • 性欲減退
  • うつ
  • 肝機能障害
などがあげられています。もちろん、臨床検査を行なっていない治療薬ではありませんので、服用した人が必ずこの症状が現れるわけではありませんが、上記のような副作用が報告されていますので、何か体に異変を感じた人はすぐに服用をやめ、医師などに相談することをおすすめします

フィナステリドの服用の仕方と副作用について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

Thumbフィナステリドの作用機序と副作用を徹底解説!【メカニズム】

薄毛治療に有効でも、保険適用外と聞くとフィナステリドを購入しにくい…

どんな治療薬も保険適用されるイメージをもっていらっしゃる人も少なくないと思いますが、残念ながらフィナステリドを含んでいるプロペシアなど、薄毛の治療薬には保険適用はされていません。薄毛に悩んでいる男性の8割以上はAGAが原因であることがわかっています。それなのに、AGAの特効薬であるフィナステリドを含んだプロペシアが保険適用外ということになると、薄毛治療に踏み出せない人が多いようです

もちろん、フィナステリドだけに言えた話ではなく、医薬品の中でも保険適用外で料金が高い治療薬は存在します。AGA治療薬でいえば、ミノキシジルに関しても保険適用外のため料金は高めとなっています。ですが、なぜ保険が適用されないのか…気になる人も多いと思います。

薄毛の治療がしたいだけなのに…

フィナステリドを含んだプロペシアの値段や、病院の料金や治療費が高いことから、どうしても薄毛の悩みを改善できないという人も多いようです。

フィナステリドの処方が保険適用外なのはなぜ?

では、そもそもフィナステリドを含んだプロペシアが保険適用外の理由とはなんなのでしょうか?AGAによる薄毛に効果をしめしてくれるにも関わらず、保険適用外なのでしょうか。保険適用外で料金が高いために病院での治療に乗り出せない人も多いと思いますので、ここからは、フィナステリドを含んだプロペシアが保険適用外の理由などをご紹介したいと思います。

どうしてフィナステリドは保険適用外なの?

実は、AGAの治療は全てが保険適用外です。実は、AGAによる脱毛症は病気だと思われがちですが、国などではまだ病的なものだと認められていないからです。もちろん、フィナステリドを含んだプロペシアやミノキシジルはAGAの治療薬として認可がおりている薬なので、AGAによる薄毛に効果があるのは確かです。

ですが、フィナステリドを含んだプロペシアやミノキシジルの保険適用は認められていません。例えば、美容サロンなどでウィッグを作ったことがある人はわかると思いますが、ウィッグを作る料金は全て自費ですよね。それと同じで、フィナステリドを含んだプロペシアやミノキシジルはまだまだ美容目的で使用されるものと思われているため、保険適用外となっています。

確かにウィッグは自費…

多くの人がAGAによる薄毛に悩んでいますが、まだまだ美容目的としてしか認められていないというのが現実のようです。

AGA治療について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

ThumbAGA治療の効果まとめ!効果なしって本当?治療期間はどれくらい?

フィナステリドだけでなく、AGAの治療費も保険適用外?!

最初の方に記述させていただきましたが、実はフィナステリドを含んだプロペシアの値段だけでなく、病院の料金や治療費も残念ながら保険適用外となっています。そうでなくとも、フィナステリドは値段が高い治療薬なのに、治療費までも高いとあれば、どうしても治療に踏み出せない人も多いですよね。フィナステリドだけでなく、AGA病院での料金や治療費まで保険適用外の理由をご紹介したいと思います。

AGA病院の治療費まで保険適用外の理由とは…?

AGA病院での治療費や料金が保険適用外の理由としては、実は保険というのは生命を脅かしてしまうようなリスクがあるものに適用されます。AGAによる薄毛は確かに、落ち込んでしまう人も多いと思いますが、保険適用される理由としては少し弱いようです。

他にも保険適用外のものとして、美容整形があげられると思います。美容整形に関しては生命を脅かしてはいませんよね。自分を綺麗にすることにお金をかけているので、国が保険を適用させるほどのレベルに達していないため、自費となっています。実は、AGAなどの薄毛の治療は、まだ美容整形などと同じだという扱いになっているため、料金は、保険適用外となっています

少しでも治療費を安く済ませたい方はハゲケンが選ぶこちらのクリニックがおすすめです。

アイテム
銀座美容総合クリニックの画像
銀座美容総合クリニック

・プライバシーへしっかり配慮
・値段もお手頃
・無料カウンセリングが可能

まずは無料カウンセリングから

女性の方はこちらもおすすめ

アイテム
東京ビューティークリニックの画像
東京ビューティークリニック

・女性ならではの相談も安心してできる
・周りの目も気にならないメリット
・全国に多数展開中の注目クリニック

まずは無料カウンセリングから

こちらのランキングも参考にしてみてください。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

保険適用外で値段が高いなら、安いフィナステリドを手に入れたい

保険適用外のためどうしても値段が高いフィナステリド。そして病院での料金や治療費も高いため、なかなか薄毛の治療をすることもできないという人は多いと思いますが、フィナステリドのジェネリック版を手に入れたいという人も多いのではないでしょうか?そして、正規品のものとジェネリック版との薬価差が気になりますよね。ここからは、フィナステリドとフィナステリドのジェネリック版の薬価差などをご紹介してみたいと思います。

フィナステリド配合のジェネリック版比較表

  販売会社 価格帯
ファイザー ファイザー株式会社 4,300円から(28錠程度)
サワイ 沢井製薬株式会社 4,300円から(28錠程度)
トーワ 東和薬品株式会社 4,300円から(30錠程度)

フィナステリドとジェネリック版の薬価差とは?

フィナステリドを含んでいるプロペシアの薬価からご紹介します。病院などで処方してもらう場合のフィナステリドの薬価としては、1ヶ月分で7,500円程度と言われています。確かに、薬価が高いため治療費と合わせるとどうしても値段が高くなってしまうというのが現実的なようです。

そして、ジェネリック版の薬価をご紹介します。正規品のフィナステリドを含んだプロペシアの薬価はだいたい7,500円くらいなのですが、ジェネリック版のフィナステリドを含んだ治療薬の薬価は1ヶ月で6,000円程度となっているようです。薬価だけみると、かなりお値段も安く感じますよね。

ですが、ジェネリック版の薬価でフィナステリドを含んだプロペシアを入手しようとする場合、どうしても個人輸入という方法になってしまいます。薬価が安いため、そちらを選ぶ人も多いですが、個人輸入には思わぬリスクもついてくることから、薬価が安くてもほかのことに料金がかかってしまい、正規品を購入した際の薬価と変わらなかったという人も多いようです。

薬価が安いと思って手に入れたのに…

値段が安いため、個人輸入により入手する人も増えていますが、値段が安いだけで購入してしまうと、どうしてもほかのリスクがついてまわることを忘れてはいけません。

プロペシアのジェネリック版価格帯について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

Thumbプロペシア薬価とジェネリック薬価の価格差はどのくらいあるの?

フィナステリドを個人輸入することのリスクとは?

ですが、薬価や値段の安いフィナステリドを入手するため、個人輸入したいという人も多いと思います。ですが、個人輸入にはリスクがつきものです。気をつけないと、服用している錠剤に有効成分であるフィナステリドが含まれていなかったということや、パッケージなどが同じほかのものだったということもあるようです。個人輸入のリスクとしては以下のものがあげられます。

  • 偽物の可能性がある
  • 副作用のリスクが高い
  • 健康被害などが起きても返金してもらえない
ということです。もちろん他にも個人輸入によるリスクはたくさんありますが、主なものとしては以上のものがあげられます。もともとフィナステリドは医薬品です。正規品であっても副作用のリスクがあるというのに、過剰に含まれているものだったとしたらもっと副作用のリスクが上がってしまいます。

さらに、最大のリスクとしては何があっても自己責任というところです。健康被害があったとしても、偽物であったとしても購入したあとは自己責任のため、返金もしてもらうことはできません。

副作用以外のリスクが大きすぎる

副作用以外にも心配しなくてはいけないことが増えてしまうため、病院での処方をおすすめします。

フィナステリドの個人輸入の危険性について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

ThumbAGA治療薬を個人輸入は危険⁉おすすめできない理由や注意点まとめ!

フィナステリドが保険適用外なら個人輸入に手を出すべきか?

フィナステリドの保険適用外なら個人輸入代行業者を使うのか?

個人輸入代行業者のもっとも老舗の代表格といえば「アイドラッグストアー」か「オオサカ堂」の2社を思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。個人輸入代行業者でのフィナステリド錠剤の購入は、病院で保険適用外にて入手するよりはるかに安価に済ますことができるため、このやり方を使っているという人も少なくありません。メリットが確かに大きな個人輸入ですが、しかし反動でデメリットもかなり大きいといわざるを得ません。上記で述べたとおり海外のフィナステリド錠剤は保険適用外、薬事法では非治療薬にあたる薬になります。いろいろな副作用、たとえば性欲減退や前立腺がんのリスク、後遺症など重篤な副作用のリスクについても自己責任で保証は一切のぞめません。

個人輸入代行業者についても同様のことがいえます。個人輸入代行業者はたんなる仲介者で、入手した薬について責任は一切問われないものとなります。責任を訴えるのならば、海外にいる売主に対しておこなうべきですが、果たしてそれが可能なのか?日本と海外の法律も異なりますし、相当に困難でハードルの高い行為といえそうです。このような深刻なリスクが背中に隣り合わせであることは忘れないようにしておきたいものです。またこのようなグレーな取引で入手した薬品ですので、これを第三者に売買するのはご法度。最悪、逮捕もありえるますし、知らなかったでは済まない話です。このように実際はデメリットがたくさんある個人輸入での薬品入手ですが、事前に「医薬品の正しい知識」と「正規品を扱い実績が確かな信頼のおける個人輸入代行業者」の2つのポイントは絶対に外せないです。

自分の身は自分で守る!

フィナステリドを個人輸入で入手するなら、対象となるフィナステリド錠剤の知識は熟知しておきたいところです。業者に粗悪品を売り渡されない、またそれを服用しないように、警戒心を持ち続けることも大事です。世界の違法なネット通販会社の1割が日本に集中しているという話は有名です。それくらいカモとして見られているということですね。またED治療薬に関してはネットで出回っているのは半数が偽薬といわれています。ベストケンコー(前ベストくすり)の偽サイトのような、危険な組織が絡んでいるインターネット通販サイトがネットには多数あります。個人輸入代行業者はほとんどが海外に本社がありますが、これは日本の薬事法違反で摘発されないように、法の網の外にある海外に所在地を置いているというのが実質です。こういう背景を知ると、気軽に個人輸入代行業者を使えなくなりますね。

偽の薬物であるリスクは無しにできない

個人輸入には正規品ではない偽の薬が届けらるリスクもあります。個人輸入代行業者の中には成分鑑定をしてくれているところもありますが、あくまでも独自なので、リスクがゼロというわけではありません。そのため、個人輸入代行業者に頼りきりだと痛い目にあうかもしれません。個人輸入は予備知識や経験を踏まえておこなう必要があります。

Thumbプロペシア0.2mg錠と1mg錠の効果に違いはある?通販価格は?

【まとめ】フィナステリドの処方に保険適用はされない⁉理由や費用の相場を検証!

ということで、フィナステリドが保険適用されない理由などについてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?現在では、残念ながら保険適用外のため、治療費が高くなってしまうのはどうしても避けられないことのようです。

ですが、今後もしかしたら保険適用される可能性も否定できません。AGAなどの薄毛が何かの病気と関係があるということが発表されれば保険適用になる可能性もありますし、そうなれば治療費やフィナステリドの値段が下がることから、治療する人も増えるのではないかと思います。

フィナステリド服用の前に、育毛剤を試してみましょう。(保険適用よりお得)

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・ハゲけん編集部おすすめの育毛剤
・医薬部外品なので保険で悩む必要なし
・モンドセレクション受賞!!自信をもっておすすめできる

今チャンス!初回56%OFF!

フィナステリドは保険の面でコストもかかるし、いろいろ面倒ですよね。いざ購入できたとしても副作用などの心配もつきまとうため、使いこなすのは苦労してしまうでしょう。

しかし、育毛剤ならばそんな必要はありません。天然成分由来のものが多い育毛剤ならば、副作用の心配もなく安心して使用することができます。また、保証の面もしっかりしているので保険などで悩む必要もありません。むしろ保険よりももっと手厚いものを受けられる可能性があるのです。

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

フィナステリド服用についてもっと知りたいアナタへ

Thumbフィナステリドのみ使用で薄毛に改善できる⁉効果を体験談まとめ!
Thumbフィナステリドは長期服用しても大丈夫⁉使用期間や効果・副作用を徹底解説!
Thumbフィナステリドは服用頻度を2日一回でも大丈夫⁉効果を徹底調査!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事