薄毛に効果的なAGA治療薬人気ランキングtop10!【抜け毛対策】

薄毛・抜け毛対策をしたい、agaの症状を改善したと思う方にとって自分に合う薬を探すのはひとつの悩みになります。それで今回は参考になればということで、薄毛・抜け毛対策に効果のあるaga治療薬をランキング形式で紹介いたします。

目次

  1. 薄毛対策に効果的なaga治療薬をランキング形式で紹介!
  2. 薄毛対策に効果のあるaga治療薬とは?
  3. 薄毛対策に効果的なaga治療薬の代表的成分の解説
  4. 薄毛対策に効果的なaga治療薬ランキング1位から3位
  5. 薄毛対策に効果的なaga治療薬ランキング4位から6位
  6. 薄毛対策に効果的なaga治療薬ランキング7位から10位
  7. 薄毛対策に効果的なaga治療薬一覧
  8. 薄毛対策に効果的なaga治療薬の副作用にも注意!
  9. 薄毛対策に効果的なaga治療薬 安価なジェネリック錠剤もオススメ
  10. 【まとめ】aga(男性型脱毛症)の治療薬を賢く選ぶ

薄毛対策に効果的なaga治療薬をランキング形式で紹介!

薄毛や抜け毛、男性型脱毛症(aga)を改善したと思う方とって、たくさんある薬や治療法の中から、自分に合う薄毛・抜け毛対策の治療薬を探すのはひとつの悩みになります。例えば、口コミサイトなどで薄毛や抜け毛に効果ありという薬を比較検討することが参考になります。

薄毛・抜け毛対策に効果のある治療薬を選びましょう

薄毛。抜け毛対策に効果のある治療薬はたくさん種類があります。自分でいろんな口コミをチェックしてみたり、かかりつけの医師に相談して、自分に合った薄毛・抜け毛対策の薬を探してみましょう。

また薄毛や抜け毛の治療を専門に行うagaクリニックや病院などにすでに通院しておられる方なら、どんな薬が自分の薄毛や抜け毛の症状に効果的か医師に相談することもできるでしょう。そんな薄毛や抜け毛、agaの症状改善に効果的な治療薬を探しておられる方の参考になればということで、今回は薄毛・抜け毛対策に効果のあるaga治療薬をランキング形式で紹介いたします。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

薄毛対策に効果のあるaga治療薬とは?

薄毛や抜け毛などのagaの症状に効果のある治療薬は、大きく分けて内服薬と外用薬に分かれます。

内服薬は飲むタイプで、外用薬は頭皮に塗るタイプの薄毛・抜け毛の治療薬です。薬の入手方法としては、病院やagaクリニックで処方してもらう方法と、外国では認可されていても日本では認可されていない薬などの場合は、個人輸入代行サイトなどで自己責任で購入するという方法がありますがこちらはオススメできません。

薄毛・抜け毛対策のaga治療薬は内服薬と外用薬の2種類

薄毛・抜け毛対策の効果はどれくらいか、費用はどれくらいか、副作用の心配はあるかなどをチェックして、どんな薄毛・抜け毛対策の薬にするか考えることができます。

また最近では、プロペシアのジェネリックタイプの「ファイザー」や「トーワ」のように、最初に開発された薬の後発医薬品(ジェネリック)もたくさんありますので、薄毛や抜け毛の治療に関し、費用を安く抑えたいといういう方には、ジェネリックのaga治療薬もチェックしてみることができます。

薄毛・抜け毛の治療薬はたくさんあります。高い効果を発揮しているか、費用はどれくらいか、副作用の心配はどれくらあるかなどをチェックして、自分の要望に沿った薄毛・抜け毛の治療薬を選べます。

aga治療薬に含まれる成分ーフィナステリド

薄毛・抜け毛に効果ありとして内服薬型のaga治療薬に含まれている成分で有名なのが、このフィナステリドです。本来は、前立腺肥大の治療のために開発された薬の成分ですが、発毛効果が認められたということで、薄毛・抜け毛に悩む方のために製品化されたのがこのフィナステリドを主成分とする「プロペシア」です。

aga発症のメカニズムは、酵素5α-リダクターゼが男性ホルモンと結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質を生成し、毛母細胞に影響し、髪の正常な成長サイクルを阻害し、薄毛、抜け毛になるというものです。

この薄毛・抜け毛の原因ともなる酵素5α-リダクターゼには、1型、2型の2種類があります。
フィナステリドが抑制できるのは、この原因物質の2型の酵素だけです。最近の研究では、agaの原因物質である2型の酵素5αリダクターゼがagaの発症に関わる場合が多いといわれていますので、薄毛・抜け毛の悩みを持つ多くの方が、この2型の酵素を抑制できるフィナステリドを主成分にするプロペシアを服用しています。

プロペシアで薄毛・抜け毛対策の効果がなかったという男性は、このデュタステリドを有効成分にした薄毛・抜け毛対策の治療薬をチェックしてみることができます。

aga治療薬に含まれる成分ーデュタステリド

デュタステリドも内服薬タイプのaga治療薬に含まれる成分として有名です。本来はフィナステリドと同じように前立腺肥大の治療薬として開発された成分ですが、発毛効果が認められたということでaga治療薬として用いられるようになりました。

デュタステリドを有効成分に含むaga治療薬には「ザガーロ」があります。薄毛・抜け毛のagaの症状の原因には酵素5α-リダクターゼが関係していましたが、この酵素には2種類ありました。

このデュタステリドは、agaの原因となる1型、2型の両方の酵素を抑制する働きがあります。2型酵素のみを抑制するフィナステリドよりも1.5倍の発毛効果を得られたという研究報告もあります。デュタステリドを有効成分にしたaga治療薬は、原因物質である1型、2型両方の酵素を抑制したい方、2型の酵素を抑えるフィナステリドを主成分医する薬では効果の得られなかった方などから、抜け毛・薄毛の改善に効果ありとして支持されています。

日本でも、2015年9月に厚生労働省から、発毛効果のある成分として、フィナステリドを有効成分にした「プロペシア」、ミノキシジルを含んだ「リアップ」に続いて、デュタステリドを有効成分にした「ザガーロ」が認可を受けました。デュタステリドを有効成分にした治療薬も薄毛・抜け毛の悩みを解決する方法としてたくさんの方に支持されています。

aga治療薬に含まれる成分ーミノキシジル

塗るタイプの外用薬のaga治療薬に含まれているのが、ミノキシジルです。ミノキシジルは高血圧症の治療のための内服薬の成分として含まれていましたが、服用していく中で体毛が増えるという症状が出てきたので、抜け毛・薄毛の外用の発毛剤の成分としてあらためて製品化され、ミノキシジルを主成分とする「ロゲイン」という名前でアメリカで認可を受け商品化されました。

日本ではロゲインは認可されていませんが、大正製薬が同じミノキシジルを含む「リアップ」を日本で認可された医薬品として販売しています。世界的にも90か国以上で認可されているのがこのミノキシジルです。

外用薬としての塗るタイプの薬に含まれているミノキシジルの優れている点は、フィナステリドやデュタステリドを主成分としている内服薬タイプのaga治療薬を使いながら、同時に併用することができるという点です。これにより、体の中と外から、薄毛・抜け毛改善の効果を得ることができます。内服薬をすでに使用しておられる方も、ミノキシジルの含まれるロゲインは要チェックです。

ThumbAGA治療にミノキシジルが効く⁉効果や副作用を徹底調査!

薄毛対策に効果的なaga治療薬の代表的成分の解説

前章で紹介したaga治療薬各成分の効果や副作用まで踏み込んで、さらに各成分の特徴を比較していきたいと思います。

フィナステリド

フィナステリドは毛乳頭の還元酵素5α-リダクターゼの主に2型を阻害、DHTを抑制することでAGAの進行を遅延させる効果、前立腺肥大症の改善にも効果があります。またフィナステリドにより脱毛の要因が抑えられることで、育毛や発毛促進にも効果が現れやすくなります。

<フィナステリド1年後の効果>

改善 不変 進行
58% 40% 2%

国内のプロペシア(フィナステリド)臨床試験では、1年の服用で現状維持と改善合わせて98%の人でAGAに治療効果があったと報告され、さらに3年の服用では78%の人で毛髪量が改善されたと報告されています。このようにフィナステリド長期服用によりAGA改善に効果が期待できますが、その副作用にも注意が必要です。

<フィナステリドの副作用>

  • 重篤な副作用…肝機能障害
  • 男性機能・生殖器官障害…性欲減退、ED、睾丸痛など
  • 乳房障害…乳房肥大、乳房圧痛など
  • アレルギー…瘙痒(そうよう)症、蕁麻疹、血管性浮腫(口唇、舌、咽頭など)、発疹
  • 精神神経系…抑うつ、倦怠感

デュタステリド

デュタステリドは5α-リダクターゼの1型・2型の両方を抑える働きがあり、フィナステリドより強くDHT産生抑制に働きかけます。フィナステリドではAGA改善に思うように効果がでなかったケースで、デュタステリドが治療で用いられることが多いようです。デュタステリドはaga遅延の効果とともに、フィナステリドの約1.5倍の発毛効果があったとも報告されています。

<デュタステリドのDHT抑制効果>

  0.1mg群 0.5mg群 2.5mg群
血清中DHT濃度 約70%減少 約92%減少 約94%減少
頭皮DHT濃度 約32%減少 約51%減少 約79%減少
※AGA・前立腺肥大症の治療では主にデュタステリド0.5mgが用いられています。

デュタステリドもフィナステリドと同様の働きがある薬のため、フィナステリド同様の副作用が報告されています。デュタステリドでは咽頭炎や脱毛症などの副作用も報告されています。薬の成分がフィナステリドよりも残りやすいため、服用中止後半年間も献血が不可とされています(フィナステリドは1ヶ月)。

<デュタステリドの副作用>

  • 重篤な副作用…肝機能障害
  • 男性機能・生殖器官障害…性欲減退、ED、射精障害、精巣痛など
  • 乳房障害…乳房肥大、乳房圧痛など
  • アレルギー…発疹、血管性浮腫
  • その他…抑うつ、頭痛、味覚異常、主に体毛の脱毛症、多毛症、倦怠感、咽頭炎など

ミノキシジル

ミノキシジルには血管拡張作用、毛母細胞のアポトーシス(自然死)を抑える作用、成長因子の分泌促進、さらにプロスタグランジン産生の作用があるとされており、これらの効果が相まってヘアサイクルの休止期の髪が成長期へ移行、成長期が延長され毛包が深く大きく成長し、発毛・育毛に効果があるとされています。

国内のミノキシジル外用薬(リアップX5)の1年にわたる臨床試験において、52週の時点で90%以上の人に改善効果=発毛効果が認められています。

<ミノキシジル外用薬(5%)1年使用の効果>

著名改善 中等度改善 軽度改善 不変
13.3% 46.7% 31.1% 8.9%

上記の臨床試験と同じミノキシジル外用薬で、育毛においても同様に良い効果が認められています。太さ40μm以上の総毛髪本数の変化を表したのが下記の表です。

<ミノキシジル外用薬の育毛効果/太さ40μm以上の髪の本数>

4週後 8週後 16週後 24週後
0.8本 15.3本 26.4本 25.6本

ミノキシジルには内服薬のミノキシジルタブレットもありますが、こちらは本来AGA治療の薬ではないためAGA治療の臨床試験データというものはないようです。外用薬よりも発毛効果はありますが、その副作用は強く現れやすいです。特に外用薬では頭皮の皮膚トラブル、内服薬では循環器系、代謝系など重い副作用を発症しやすいです。

<ミノキシジルの副作用>

  • 外用薬の副作用…頭皮の炎症、かゆみ、ほてり、ニキビ
  • 循環器系…動悸、不整脈、胸の痛み、息切れ、血圧の異常(低血圧)
  • 代謝系…2kg以上の急な体重の増加、手足や顔のむくみ
  • 皮膚…多毛、顔面紅潮、赤み、発疹、かゆみ
  • その他…腫脹(手足の腫れ)、しびれ、うずき、乳房の圧痛、頭痛

3つの成分を比較

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3つの成分を比較するため、まとめたのが下記の表です。フィナステリド、デュタステリドはAGAの原因に直接働きかける薬、ミノキシジルは発毛や育毛を直接促す薬と、AGA改善へのアプローチが異なっています。

  フィナステリド デュタステリド ミノキシジル
作用 5αリダクターゼ2型を阻害、DHT産生を抑制 5αリダクターゼ1・2型を阻害、DHT産生を抑制 成長因子分泌促進、血流促進など
効果 AGA遅延 AGA遅延 発毛・育毛
副作用 肝機能障害、性機能障害、乳房障害など 肝機能障害、性機能障害、乳房障害など 内服薬:動悸、低血圧、むくみ、急な体重増加、多毛など
外用薬:頭皮炎症、かゆみ、動悸、むくみなど
注意点 女性は服用・接触不可
献血不可、中止後1ヶ月以降可
女性は服用・接触不可
献血不可、中止後半年以降可
外用薬は男性用・女性用あり
心臓・腎臓・血圧治療中の人は担当医師に相談

フィナステリドとデュタステリドの実際の効果の違い

フィナステリドとデュタステリドはいずれもAGAの直接の原因に働きかけて脱毛を阻止、それにより育毛・発毛が促されるとされていますが、実際にどれぐらいの効果が得られているのでしょうか。デュタステリドの国際試験における、デュタステリドとフィナステリドの発毛効果を比較したものが下記の表です。

<デュタステリド・フィナステリド24週投与後の発毛効果>

  デュタステリド
0.1mg群
デュタステリド
0.5mg群
フィナステリド
1mg群
毛髪数の変化 63.0本 89.6本 56.5本

一般的にデュタステリドは0.5mgが、フィナステリドは1mgがAGA治療において利用されます。半年の服用ででデュタステリドはフィナステリドの1.5倍程度の発毛効果が認められたことからも、デュタステリドの方がより早く効果が現れやすいと考えられるでしょう。

Thumbフィナステリドとデュタステリドに違いは⁉効果や副作用比較!

薄毛対策に効果的なaga治療薬ランキング1位から3位

ここからは薄毛対策に効果的なaga治療薬をご紹介していきます。まずはAGA治療で最もメジャーとなっている治療薬1位から3位を発表します。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第1位ープロペシア

aga治療薬として安定した支持を得ているのがこのプロペシアです。プロペシアは初期のM字ハゲを含め男性の薄毛・抜け毛対策に効果ありといわれている治療薬です。

プロペシア

薄毛・抜け毛対策の効果ありとして人気の「プロペシア」です。有効成分がフィナステリドです。薄毛・抜け毛の原因となる2型の酵素5a-リダクターゼの働きを抑えてくれます。

M字ハゲを含む男性型脱毛症の発症の原因は、男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結合することにより生成されるジヒドロテストステロン(略称:DHTと呼ばれる)が髪の成長と関わっている毛母細胞に影響を及ぼし、髪の毛の正常な成長を邪魔して、髪が細く、短くなり、抜けやすい髪の毛になってしまうというものでした。

フィナステリドを主成分にするプロぺシアは、agaの原因とかかわる2型の酵素5α-リダクターゼを抑制します。プロペシアの購入方法は、
病院の内科・皮膚科、agaクリニックで処方してもらう方法があります。個人輸入サイトを利用して海外から購入するという方法はリスクが高くお勧めできません。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第2位ーロゲイン

ミノキシジルという成分を含み、薄毛・抜け毛の対策、そして育毛に効果ありということで人気なのがこのロゲインです。内服薬ではなく、頭皮に塗るタイプの外用薬のaga治療薬です。

出典: https://osakado.cc

ロゲイン

育毛薬ロゲインは頭皮にローションをプッシュするタイプの薬です。内服薬のプロペシア、ザガーロとの併用も場合によっては可能です。早く薄毛・抜け毛の改善、育毛の効果を実感したいという男性は要チェックのアイテムです。

太い髪の毛が生えてくることと関係のある毛包に直接働きかけることができ、血管拡張作用のあるこのミノキシジルを主成分としたロゲインも大勢の人の指示を得ています。男性には5%のミノキシジルが配合されたロゲイン、女性用には2%のミノキシジルが配合された女性用ロゲインと、男女それぞれが治療に使える薬としても有名です。

アメリカの製薬会社が開発した薬なので、ロゲインは日本では認可されていません。それで、入手したい場合は、保険適用外の自己負担で病院・agaクリニックで処方してもらいましょう。個人輸入代行サイトなどから個人で入手はリスクが高くお勧めできません。日本では、大正製薬の「リアップ」がロゲインと同じミノキシジルが配合された薄毛、抜け毛対策の医薬品として認可されています。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第3位ーミノキシジルタブレット

先ほど紹介した頭皮に塗るタイプのロゲインの、内服薬タイプがこのミノキシジルタブレットです。毛包にダイレクトに作用し、血流をよくして、髪の成長に必要な酸素や栄養が、毛母細胞に届きやすくするという効果がミノキシジルにはありました。これを経口薬として体内に吸収されるので、外用薬のロゲインより高い効果を発揮するといわれています。

出典: https://osakado.cc

ミノキシジルタブレット

薄毛・抜け毛対策や育毛の効果を実感できるとして人気なのがミノキシジルタブレットです。ロゲインにもミノキシジルが含まれていますが、これは経口タイプの内服薬ですから、いつでもどこでも飲むことができて便利です。薄毛・抜け毛に悩む忙しい男性におすすめの薬です。

このロゲイン、ミノキシジルタブレットのメリットは、薄毛・抜け毛の原因となる酵素5α-リダクターゼの働きを抑えてくれるプロペシアやザガーロと併用して治療に使えるという点です。こうしたメリットも人気の理由です。

入手方法に関しては、ロゲインと同じように保険適用外の自己負担で病院・agaクリニックで処方してもらうか、個人輸入代行サイトなどから個人で入手するという方法になります。塗るタイプと違い、時間や場所を選ばずに服用できるのがメリットで、それも薄毛・抜け毛治療の薬として人気のある理由になっています。

Thumbミノタブ(ミノキシジルタブレット)の購入方法徹底まとめ!

薄毛対策に効果的なaga治療薬ランキング4位から6位

AGA治療に効果的な薬の4位から6位を発表します。新しいaga治療薬もランクインしています。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第4位ーフィンペシア

先ほど紹介したプロペシアのジェネリックタイプの薬がこのフィンペシアです。ですから、この薬の有効成分もプロペシアと同じフィナステリドです。薄毛・抜け毛の原因ともなる酵素5α-リダクターゼのうち2型酵素の働きを抑制します。

出典: https://osakado.cc

フィンペシア

薄毛・抜け毛の原因となる2型酵素5α-リダクターゼを抑制する効果のあるのがこの薬です。

ジェネリックタイプの薬ですから本家のプロペシアより価格が安いというのがメリットです。日本では認可されていないaga治療薬ですので、一部の病院やagaクリニックでは処方してもらえますが、個人的に海外から個人輸入代行サイトなどを通して購入するという方法を選んでおられる人もいますが自己責任でリスクが高すぎるのでおススメできません。

本家のプロペシアより安い価格で、薄毛・抜け毛対策の薬が買えるというのがメリットです。
しかし、個人輸入で薬を購入する場合には、病院やクリニックでの処方ではないので、副作用の時のケアをどうするか、また、偽物を買わされた場合の対応などを自己責任で行わなければならないという面も考えなければなりません。

薄毛・抜け毛対策に効果的なaga治療薬人気第5位ーエフペシア

エフペシアという名前からも連想されるようにこの薬は、プロペシアのジェネリックタイプの薬です。プロペシア、フィンペシア、このエフペシアもフィナステリドを有効成分とする内服薬の薄毛・抜け毛に効果のあるaga治療薬です。

出典: https://osakado.cc

エフペシア

フィナステリドを有効成分とするジェネリックタイプの薬です。薄毛・抜け毛の原因となる2型の酵素5α-リダクターゼを抑制する働きがあります。
ジェネリックなので費用を抑えたいと考えている薄毛抜け毛に悩む男性は要チェックです。

最近では、同じジェネリックのフィンペシアをしのぐ勢いで支持率を上げているといわれています。効果に関してはプロペシアと同じで、2型の酵素5αリダクターゼの働きを抑制し、薄毛・抜け毛を予防します。ジェネリックの医薬品ですから価格は安いですが、この薬も日本では未認可です。入手方法は個人輸入を利用することになりますが、個人的に輸入して購入するのはリスクが高くお勧めできません。

薄毛・抜け毛対策に効果的なaga治療薬人気第6位ーザガーロ

aga治療薬として、フィナステリドより薄毛、抜け毛の予防、育毛効果が実感できると評判なのが、このザガーロという薬です。

ザガーロの有効成分は、デュタステリドです。デュタステリドの優れているとことは、薄毛・抜け毛の原因となる2種類ある酵素5α-リダクターゼの両方の働きを抑制できるという点です。デュタステリドの関する研究データでは、2.5mgのデュタステリドでフィナステリドの1.5倍の発毛効果が見られたという報告があります。

その研究の中では、直径1インチの範囲内で、デュタステリドは108本の毛髪再成長が観察され、フィナステリドは72本の毛髪再成長が観察できました。この結果から1.5倍の発毛効果といわれています。さらに別の研究では、毛髪の数だけでなく、太さにおいてもデュタステリドの方がフィナステリドより効果があるという報告もあります。

ですからフィナステリドよりデュタステリドを有効成分にしたザガーロの方が効果があるという意見もあるのです。効果抜群といわれるこのaga治療薬は、2015年に日本でも認可を受けましたので、保険適用外の自由診療ですが、病院やagaクリニックで処方してもらうことができます。
個人的に海外から輸入することで安価で入手することもできますが、安全面を考えるなら、クリニックで薬を処方してもらう方が安心です。

薄毛・抜け毛の原因となる2種類の酵素5α-リダクターゼを抑制することができるザガーロも人気のある薄毛・抜け毛対策のための薬です。

Thumbザガーロの価格(薬価、値段)まとめ!AGA治療薬を最安値で購入する方法のご紹介

薄毛対策に効果的なaga治療薬ランキング7位から10位

効果的なaga治療薬の7位から10位を発表していきます。海外製のフィナステリド、デュタステリドがランクインしています。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第7位ーデュタス

この薄毛・抜け毛対策の薬としても使われるデュタスは、デュタステリドを有効成分にした前立腺肥大の治療薬「アボルブ」のジェネリックタイプの薬です。

出典: https://osakado.cc

デュタス

デュタスは前立腺肥大の患者さんのためのですが、薄毛・抜け毛の対策に効果がありということでagaの症状の改善のために使われるようになった薬です。

ザガーロと同じ有効成分で、同じ成分の薬です。製造販売も両方とも同じのグラクソ・スミスクライン株式会社です。アボルブは前立腺肥大の治療薬ですが、発毛効果がありということで名前を変えてaga治療薬「ザガーロ」としても販売されるようになったということです。

ですから、デュタスの薄毛・抜け毛に対する効果は、ザガーロと同じということになります。ちなみにデュタスの本家であるアボルブは、前立腺肥大の治療薬として2009年に日本でも認可を受けています。しかしaga治療薬としての認可は受けていません。

このデュタスも、aga治療として病院やagaクリニックで処方してもらう場合は保険適用外の自己負担になります。個人的に海外から輸入代行サイトを通じて購入することもできますが、注意が必要です。ジェネリックの薬ですから、薄毛・抜け毛対策をされている方にとって、他の薬と比べて安く購入できるのはメリットになります。

薄毛・抜け毛対策に効果的なaga治療薬人気第8位ーフィンカー

この薄毛・抜け毛に効果ありといわれているフィンカーという薬は、プロスカーという前立腺肥大の患者の治療に使われる薬のジェネリックタイプです。

出典: https://osakado.cc

フィンカー

フィンカーは前立腺肥大の患者ための薬です。しかし薄毛・抜け毛対策に効果ありということで、薄毛・抜け毛に悩む男性にも使われるようになりました。
有効成分フィナステリドを5mg含んでいますので、服用時には5つに割る必要があります。
 

プロスカーにについては次に詳しく説明しますが、このフィンカーはプロスカーと同じで有効成分フィナステリドを1錠あたり5mg含んでいます。フィナステリドの1日の上限の摂取量は5mgですから、服用の際には4つに分割して飲むことがすすめられています。5つに分けたいところですが、ピルカッターで5分割するのはなかなか難しいようです。

フィンカーの本家であるプロスカーが、もともとプロペシアよりコストが低く抑えられるといわれていますから、そのジェネリックの薬フィンカーはそれよりさらにコスト的にお得といえます。薄毛・抜け毛の悩みを持つ方で費用を安く抑えたいという方に支持されています。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第9位ープロスカー

薄毛・抜け毛対策の薬プロペシアを開発した製薬会社が、プロペシアの開発前に、前立腺肥大の患者の排尿困難の症状緩和のために開発していたのが、このプロスカーです。

このプロスカーの有効成分も薄毛・抜け毛に効果のあるプロペシアと同じフィナステリドです。
フィナステリドに、薄毛、抜け毛の予防、改善の効果が認められたということで、プロペシアより先に開発されていたこの薬にも、前立腺肥大の患者の治療薬以外の使い道ができたというわけです。

出典: https://osakado.cc

プロスカー

前立腺肥大の患者のための薬でしたが、発毛、薄毛・抜け毛対策の効果ありということで発毛薬として使用されるようになった薬です。
このプロスカーのジェネリックの薬がプロスカーです。両方とも薄毛・抜け毛に悩む男性から支持されています

プロスカーとプロペシアの違いは、フィナステリドの含有量の違いです。プロスカーは1錠に5mg。プロペシアは1錠に1mgのフィナステリドの含有量です。1日あたりのフィナステリドの上限摂取量は、1mgですから、そのままプロスカーを1錠すべて飲めば、過剰摂取になり副作用の危険性も高まります。

それで、薄毛・抜け毛の症状改善のためにプロスカーを服用する場合は、ピルカッターなどで4つに割ってから飲むことになります。1錠を4回に分けて飲むので、費用の点ではお得になるというのがこの薬のメリットです。若干量が多くなるのが気になりますが。

日本では未承認の薬ですから、入手したい場合は取り扱いのある医療機関を探す必要があります。個人的に海外から輸入代行などの手段で購入する方法はリスクが高くお勧めできません。前立腺肥大の患者のための薬ですが、薄毛・抜け毛の改善のための使用しておられる方もおられます。

薄毛対策に効果的なaga治療薬人気第10位ーフィナロ

薄毛・抜け毛に効果のあるプロペシアのジェネリックとして格安ということで人気があるのがこのフィナロです。プロペシアの日本での平均価格が1錠250円程度ですが、ジェネリックのフィナロなら1錠あたり25円から32円程度になります。
 

出典: https://osakado.cc

フィナロ

薄毛・抜け毛対策の治療薬として有名なプロペシアのジェネリックがこのフィナロです。
別のジェネリックタイプのフィンペシアより安いというのが魅力です。
薄毛・抜け毛の対策を継続しながら、費用を安くしたいという方に受け入れられています

フィナロなら1年間毎日1錠きっちっり飲んだとしても薬代が1万円を超えることがないので、費用の面からこの薬は支持されています。

日本では認可されていない薄毛・抜け毛対策の薬ですから、取り扱いのある医療機関を探さねばなりません。個人輸入代行サイトなどで購入する方法は、副作用の対処や偽物の薬を買わされる危険性などからリスクが高すぎておすすめできません。

薄毛・抜け毛の治療を継続するために、薬代を安くしたいという方はチェックできる薬です。

ThumbAGA治療薬を個人輸入は危険⁉おすすめできない理由や注意点まとめ!

薄毛対策に効果的なaga治療薬一覧

薄毛対策に効果的な10のaga治療薬の有効成分や価格・内容量などについて、下記の一覧表にまとめました。治療薬の価格は医療機関、個人輸入代行業によって異なります。

※○…医療機関で処方、△…医療機関によって取り扱いあり

治療薬 有効成分 価格・内容量 1錠/1日分の価格
プロペシア○ フィナステリド1mg 7,000円(28錠) 250円
ロゲイン△ ミノキシジル 2,750円(60mL) 91.7円
ミノキシジルタブレット△ ミノキシジル 2,935円(100錠) 29.4円
フィンペシア フィナステリド1mg 2,039円(30錠) 68円
エフペシア フィナステリド1mg 2,875円(100錠) 28.8円
ザガーロ○ デュタステリド 9,000円(30錠) 300円
デュタス デュタステリド0.5mg 13,047円(300錠) 34.5円
フィンカー フィナステリド5mg 4,045円(100錠) 10.1円
プロスカー フィナステリド5mg 1,980円(28錠) 16.9円
フィナロ フィナステリド1mg 2,340円(100錠) 23.4円

国内承認薬であるプロペシア、ザガーロは、一般の皮膚科でも取り扱っているところがあります。ミノキシジルタブレットやロゲインは一部のaga治療・薄毛治療を行っているクリニックで取扱われています。ザガーロ以外の海外製の治療薬は、個人輸入代行を利用して購入することが可能です。

フィンペシアなど海外製のaga治療薬は非常に安価に購入できるので、魅力的に映るかもしれません。しかし厚生労働省の認可がおりていない薬であるという危険性や、偽物や粗悪品をつかまされるリスクもあります。個人輸入での医薬品購入で何かトラブルがあったとしても、最終的には自己責任ということになります。

Thumbフィンペシアを長期服用するとどうなるの?利用者の口コミまとめ

薄毛対策に効果的なaga治療薬の副作用にも注意!

aga治療薬は薄毛対策に非常に有効とされており、長年利用してagaの進行を食い止めたり、髪のボリュームアップ・キープに役立てているという男性も多数いるようです。しかしすでにご紹介したようにaga治療薬にはさまざまな副作用もあります。

  • フィナステリド、デュタステリドの主な副作用:肝機能障害、性機能障害、乳房障害その他
  • ミノキシジルの主な副作用:動悸、血圧異常、むくみ、多毛、(外用薬で)頭皮炎症

個人輸入代行を利用してaga治療薬を服用していたら、肝臓の障害や動悸、むくみなどの副作用が出たという人もいるようです。フィナステリドやデュタステリド、特に副作用が強いとされるミノキシジルタブレットは、専門医の診察や健康チェックを受けながら服用しないと健康に害を及ぼす危険性もあります。

特に内服薬に関しては副作用が現れやすいですが、「みんな飲んでるし大丈夫だろう」という安易な気持ちで服用すると後で後悔することになるかもしれません。健康に悪影響が出てしまっては、aga治療どころではなくなってしまいます。

副作用のリスクもあるaga治療薬は自己判断で服用するのでなく、健康のためにも医療機関で処方してもらうのがおすすめです。どうしても費用が気になるという人もいるかもしれませんが、フィナステリドに関しては国内の「ジェネリック(後発薬)」を利用するという選択肢もあります。

Thumb内服薬による薄毛治療は副作用が心配?薬の基礎知識5選!

薄毛対策に効果的なaga治療薬 安価なジェネリック錠剤もオススメ

毎日少なくとも1回は服用、あるいは塗布しなければならないaga治療薬ですから、薄毛・抜け毛の治療を続けるために、薬代の費用がどうしても心配になります。

国内でも2016年以降フィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリックタイプが日本でも続々認可されるようになりました。費用の点で負担を軽減したいと思っておられる薄毛や抜け毛などの男性型脱毛症の方にとってうれしいニュースです。

例えば、2016年2月に承認されたシオノケミカル株式会社の販売する「SN」、2017年2月には武田テバファーム株式会社が販売する「武田テバ」がプロペシアのジェネリックとして承認されました。
 

薄毛・抜け毛対策の薬ならジェネリックも選択肢のひとつ

薄毛。抜け毛対策に効果のある薬は種類がたくさんあります。さらに服用や使用をやめるなら頭髪の状態が前の薄毛や抜け毛の状態に戻る可能性もあります。ですか継続的に服用する必要があります。薄毛・抜け毛の薬の服用を続けるために、価格の安いジェネリック薬も選択肢の一つになります。

こうしたジェネリックタイプの薬は、例えばプロペシア28錠で約6500円程度に対し、同じ効能のジェネリックなら28錠で約4300円程度となり2000円程度安くなります。
薄毛・抜け毛の治療を継続しながら、費用を安く抑えたいという男性にはジェネリックの薬を選ぶのも選択肢のひとつです。

受診している病院やクリニックでこうした薄毛・抜け毛対策のできるジェネリック薬を処方してもらえるか聞いてみることができるでしょう。

【まとめ】aga(男性型脱毛症)の治療薬を賢く選ぶ

薄毛や抜け毛といった男性型脱毛症の対策、症状の改善に役立つ治療薬を紹介いたしました。
日本でも認可され、薄毛に悩む多くの男性から支持されている薬もあれば、日本では認可されていないので、処方してくれる病院やクリニックを探すか、個人で輸入しなければならない薄毛・抜け毛のための薬もありました。

薄毛・抜け毛対策の薬を上手に選ぶ

薄毛・抜け毛対策のための薬には、塗るタイプの外用薬、経口タイプの内服薬の2種類があります。さらにジェネリックの薄毛・抜け毛対策のための薬もたくさん発売されていますから、種類がたくさん増えてきています。効果性、費用、副作用などをチェックして上手に薄毛・抜け毛対策の治療薬を選べるでしょう。

ジェネリックタイプの薬は費用を抑えたいと考えるagaの治療を続けておられる薄毛・抜け毛を改善中の男性にとって要チェックの薬です。ジェネリックタイプの治療薬も病院やagaクリニックで処方してもらえるとこともあるので、興味があれば自分が通院しているところで聞いてみることができるでしょう。

効果、費用、副作用の危険性がどれくらいあるかなど治療薬を選ぶ時チェックしなければならない要素はいくつかありますが、しっかりチェックして自分にあった薄毛・抜け毛対策の薬を選ぶことができるでしょう。

薄毛治療についてもっと知りたいあなたへ

ThumbAGA治療に塗り薬・外用薬は効果あり⁉【徹底調査】
Thumb薄毛対策に効果が高い育毛剤は?おすすめランキングtop15!
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事