植毛手術の失敗例は?リスクと対策方法を調査!【画像あり】

薄毛の治療方法のひとつとしては植毛が挙げられますが、植毛の手術には失敗するリスクも伴うと言われています。今回はそんな植毛の手術が失敗した例をみていくとともに、植毛のリスクと対策方法についても詳しく調査していきたいと思います。

目次

  1. 植毛手術は失敗することもある?気になるリスクと対策方法を徹底調査!
  2. 植毛は効果的な薄毛の治療法?手術が失敗するリスクは高い?
  3. 植毛手術には人工植毛と自毛植毛がある?
  4. 自毛植毛にもさまざまな種類がある?手術には失敗のリスクも?
  5. 植毛手術を受けた人の口コミをチェック!
  6. 植毛手術の失敗にはどのようなものがある?
  7. 植毛手術の失敗例が掲載されたブログもチェック!
  8. 植毛手術が失敗したときの対策方法とは?
  9. 自毛植毛の手術を受けるのにおすすめのクリニックとは?
  10. 自毛植毛手術の価格相場を比較(3クリニック)
  11. 植毛手術の失敗のリスクが気になる人におすすめの薄毛対策方法とは?
  12. 【まとめ】植毛手術の失敗例も参考に薄毛対策を!
  13. 薄毛対策についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

植毛手術は失敗することもある?気になるリスクと対策方法を徹底調査!

薄毛の治療方法にはさまざまなものがありますが、植毛手術を受けようと思っている方もいることでしょう。植毛手術は費用が高いというイメージがある一方で、ランニングコストがかからないなど魅力もあるように思えますが、失敗するリスクもあるとされています。今回は薄毛治療のひとつである植毛手術の失敗のリスクとその対策方法などについて、植毛手術の具体的な失敗例などもまじえてお伝えしたいと思います。

Thumb自毛植毛の値段や手術費用はどれくらい?価格相場を比較!

植毛は効果的な薄毛の治療法?手術が失敗するリスクは高い?

薄毛を改善する方法としては育毛剤の使用をはじめさまざまなものが挙げられますが、中には病院や薄毛治療専門クリニックでなんらかの治療を施してもらうという人もいるかもしれません。クリニックでは内服薬の処方やメソセラピーなどの治療法の他に、植毛手術を受けられるところもあるようですが、植毛手術には失敗するリスクもあると言われています。

投薬治療などによってなかなか薄毛が改善しない人の中には植毛手術によって効率よく薄毛の悩みを解決したいという人もいるでしょうが、手術費用が高いことや痛みが残るなどのリスクがあると言われることもあるようです。まつげの植毛だけでなく髪の毛の植毛も当たり前のように行われるようになってきましたが、手術を受ける際にはそのリスクについても正しく理解しておきたいものです。

Thumb自毛植毛経過?写真で術後からアフターケアまでを解説!【画像あり】

植毛手術には人工植毛と自毛植毛がある?

美容に関心の高い女性などにとっては、植毛と言えばまつげの植毛を想像する人も多いと思いますが、薄毛治療のひとつとして植毛手術を受けたい人も多いことでしょう。植毛手術を受ける上ではその費用や痛みなどの後遺症、失敗のリスクやその対策方法などについてもしっかりと把握しておきたいものですが、そもそも植毛には人工植毛自毛植毛の二種類があるようですね。

人工植毛とは?

まつげだけでなく髪の毛の植毛も行えるようですが、植毛と一口に言っても人工植毛と自毛植毛の二つがあるようです。人工植毛は化学繊維などで作られた人工毛を薄毛部分に移植する方法のようです。人工植毛であっても人工毛だとはわからないくらいに自然な仕上がりを演出できるものもあるようですが、デメリットも少なくないようです。

薄毛がかなり進行している人は自毛植毛を受けられない場合もあることや、人工植毛は移植する本数などを自在に決めることができるというメリットがあります。しかし移植するのはあくまで人工毛なので、感染症になり化膿したり痛みが発生したりすることもあるようです。さらに手術後も定期的にメンテナンスが必要になるなどのデメリットもあります。

人工植毛は日本皮膚科学会のガイドラインにおいて最低評価のD評価を下されていることもあり、薄毛の対策方法としてあまりおすすめすることはできないでしょう。まつげだけでなく髪の毛の植毛もかなりポピュラーになってきているようですが、薄毛の悩みを解決すべく植毛を行うのであれば、自毛植毛を選択した方がよいでしょう。

自毛植毛とは?

人工植毛とは違い、自毛植毛は薄毛部分以外の自分の髪を薄毛の気になる部分に移植する方法です。日本皮膚科学会のガイドラインにおいて人工植毛はD評価ですが、自毛植毛はBの評価を受けており、人工植毛よりも奨励されているようです。近年ではまつげの自毛植毛を美容目的で行う人もいるようですが、薄毛の治療方法のひとつとしても自毛植毛の手術を受ける人は少なくないようです。

自毛植毛は自分自身の髪の毛を移植するため拒絶反応などが起こらず、感染症や術後の痛みなども人工植毛に比べると起こりにくいとされています。また、一度定着してしまえば半永久的に髪の毛が生え続けるため、ランニングコストがかからず特別なアフターケアなども必要ないというメリットもあるようです。

一方で自毛植毛にも手術が失敗するリスクがあり、また術後に痛みが発生したり傷跡が残ったりするなどのデメリットに加え、うまく定着しなかったり仕上がりが不自然になったりしてしまうこともあるようです。高額な費用をかけて手術に臨むだけに、自毛植毛の失敗のリスクなどについてしっかりと理解を深めておきたいものですね。

Thumb自毛植毛の女性の費用は?価格相場とおすすめのクリニックを調査!

自毛植毛にもさまざまな種類がある?手術には失敗のリスクも?

まつげの植毛のみならず薄毛治療の自毛植毛を行う人も増えているようですが、自毛植毛は人工植毛に比べても高い費用がかかることに加え、失敗のリスクなどもあるのでしっかり把握しておきたいものです。術後時間が経過しても髪が生え変わり続ける方法として注目されている自毛植毛ですが、一口に自毛植毛と言ってもいくつか種類があるようです。

FUE法

自毛植毛のFUE法とは、細いパンチを用いて移植する髪の毛を採取する方法のようです。FUE法はパンチによって小さな丸い傷跡が残るようですが、メスで切開をする方法に比べて傷跡が目立ちにくい方法だと言われています。また、頭皮が硬い人にもおすすめできる方法であり、術後の痛みも比較的軽いとされています。

一方でFUE法にもいくつかデメリットがあるようです。それは例えば毛根切断率が高くなってしまうことであり、FUE法で自毛植毛を行う場合には熟練の技術を要するとされており、数あるクリニックの中でも高い技術を有した医師のいるクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

また、移植する髪の毛の数にも限界があるとされ、多量のグラフトを採取する場合には坊主にする必要なども出てくるようです。メスを使用する手術によって傷跡が気になる人や可動性の少ない頭皮の方にはおすすめできる方法ですが、費用が比較的高いことや移植する髪の毛の毛根を切断してしまいドナーが不足してしまうリスクなどもあるので、それらのデメリットもしっかり考慮しておきましょう。

FUT法

FUT法は世界的にみてもスタンダードな自毛植毛の手術の方法だと言われています。メスを使用して後頭部など薄毛部分以外を頭皮ごと切り取り、移植株を作って薄毛部分に移植する方法のようです。FUT法は毛根切断率が低く、一度に多量の髪の毛を採取することも可能なようです。また、FUT法はFUE法に比べて手術費用も低いとされています。

そんなFUT法はメスを使用して頭皮を切開するため、縫合した後には線状の傷跡が残ってしまうというデメリットがあるようです。そのため頭皮の硬い人などはFUT法による自毛植毛が向いていない場合があるようですが、傷跡の幅には個人差があることに加え、クリニックの技術などによっても異なるようです。

また、FUT法はFUE法に比べて定着率が高いと言われており、また日帰りでの手術も可能なようです。一方でメスを使って頭皮を切り取り、その後縫合するため傷が回復するまでにはより長い時間がかかるとされています。FUE法によるパンチの傷が数日でかさぶたになるのに対し、FUT法の傷が治るまでには数週間とより長い時間がかかることも少なくないようですね。

FUE法とFUT法はどちらがおすすめ?

まつげの植毛のみならず薄毛治療のための植毛を行う人も増えてきているようですが、自毛植毛と言っても主にFUE法とFUT法の二種類があるようです。それぞれにメリット・デメリットがあるため、一概にどちらがいいとは言えませんが、それぞれの手術におけるリスクを加味した上で、自分に合った方法で手術を受けるのがよいかもしれません。

例えば薄毛がまだあまり進行していない人の場合は、移植する髪の毛の数が少なくて済むため、費用が高く定着率もFUT法には劣るFUE法であっても費用が安くて済むこともあり、かつ傷跡が目立ちにくく術後の回復の時間も短いため、FUE法がおすすめかもしれません。また頭皮が硬い人などはFUT法での手術が難しいことがあるので、FUE法の方がよいでしょう。

一方でFUT法はできるだけ自毛植毛の費用を安く抑えたい人や定着率の高い手術を受けたい人によりおすすめかもしれません。薄毛が進行している場合でも広範囲への移植も可能なのは、FUT法の方だと思われます。術後の回復に時間をかけてもよいという人は、FUT法でもよいかもしれません。どちらを選ぶにせよ、医師と相談の上、慎重に選択したいものですね。

Thumb【東京・立川市】AGA治療専門クリニックおすすめランキング!

植毛手術を受けた人の口コミをチェック!

自毛植毛にはFUE法とFUT法の二つがあるということで、それぞれのメリットやリスクを考慮した上で自分に合った方法で手術を受けたいものですが、実際に植毛手術を受けた人の口コミはどうなっているのでしょうか。自毛植毛には失敗するリスクもあるとされていますが、

自毛植毛は効果あり?

自毛植毛と言えば美容のためまつげの自毛植毛を受ける有名人なども多いようですが、薄毛治療のため髪の毛の自毛植毛手術を受ける有名人も増えてきているようです。上の画像の通りイギリスのサッカー選手であるルーニーは自毛植毛の手術を受けたことを公言している有名人の一人ですが、実際に手術を受けた人はその費用や効果、痛みなどについてどのように感じているのでしょうか。
口コミ

  • プロペシア+ミノキシジルの育毛剤も使ってるけど効果がなく、自毛植毛を決めました。美容院の方には、毎月髪が変化してきているといわれます。自分の髪なので自然なかたちで生えてくるのが、何より魅力です。

自毛植毛手術を受けた人の中には、上記の口コミのように手術に成功し、時間が経過した上で髪の毛が無事成長してきているようですね。他の薄毛対策方法に比べても高い費用がかかり、失敗のリスクがあるとされながらも、成功した場合にはランニングコストや特別なアフターケアなどが不要のため、数ある薄毛治療方法の中でも自毛植毛を選ぶ人は多いようです。

また、クリニックによって自毛植毛に用いる技術や手術にかかる時間、術後の痛みなどは異なるとされているので、自分に合ったクリニックで自毛植毛手術を受けたいものです。多くのクリニックでは無料カウンセリングなどを行なっているので、医師としっかりとコミュニケーションをとった上で、自分に合った方法で植毛を行いたいものです。
口コミ

  • 私が受けたクリニックは最初はカウンセリングでしっかり説明を受けます。リスクの内容もきちんと提示してくれます。M字に1,000グラフト植毛しました。大体4時間くらいかかりました。傷はそれほど気になりませんよ。半年経った今では無事に定着してくれています。

上記の口コミのように、クリニックによっては医師がしっかりと自毛植毛について説明してくれるところもあるようです。自毛植毛には失敗するリスクなども伴うようですが、そのことをしっかりと理解した上で手術に臨むことが重要なので、丁寧に説明してくれるクリニックを選びたいものです。また、手術にかかる時間や術後の痛み、費用などもクリニックごとに異なるものなので、それらをしっかりと把握した上で植毛手術に臨みたいものです。

自毛植毛には失敗するリスクも?

口コミ

  • 傷があって短髪にすると見えてしまいます。最初の傷から15年たっても消える気配なしです。

まつげみならず薄毛の悩みを解決するための自毛植毛の手術を受ける人も少なくなく、自毛植毛への認知度も高まっているようですが、中には上記の口コミのように術後の痛みや傷に悩んでいるという人も中にはいるようです。

自毛植毛には失敗のリスクもあるため、そのことを考慮した上で自分に合ったクリニックや手術方法を選択して自毛植毛の手術を受けたいものです。また、失敗するリスクだけでなく術後の痛み、傷が回復するまでの時間などについてもしっかりと把握し、その対策方法なども知っておくと、手術を受けたあともストレスなく日常生活を送ることができるのかもしれません。

Thumbつむじハゲの自毛植毛はリスクが高い?薄毛対策に効果はあるの?

植毛手術の失敗にはどのようなものがある?

まつげの植毛を行う人もいれば薄毛治療の植毛を行う人もいるようですが、自毛植毛には失敗のリスクもあるためしっかりと把握しておきたいものです。ここでは自毛植毛が失敗するケースにはどのようなものがあるのかについてみていきましょう。高い費用がかかる自毛植毛ですが、自毛植毛の手術を受けようと思っている方にとっては失敗のリスクも考慮し、さらにその対策方法も知ることが重要となるでしょう。

術後の傷跡

自毛植毛と言ってもFUE法とFUT法があり、前者はパンチを使用し後者はメスで切開することになるようですが、個人差こそあれどちらも傷跡が残ってしまうようです。パンチを使う場合には小さな丸い傷跡になり、痛みも小さく傷が治るまでの時間も短いとされていますが、場合によってはケロイド状態などになってしまうこともあるようです。

メスを用いて頭皮を切開する場合には、線状の傷跡が残り、こちらは比較的目立ちやすいとされています。このような傷跡のことも考えた上で手術の方法を選びたいものですが、同じ方法でもクリニックによって技術の高さなどに違いがあり、それが傷跡にも反映されることがあるので要注意ですね。

また、手術をスムーズにするために髪の毛を刈り上げたり坊主にしたりすることもあるようですが、傷跡のことも考えた上でそれらの選択も行いたいものです。

移植した髪の毛が定着しない

自毛植毛と言っても定着率が低い方法もあれば定着率が比較的高いとされる方法もありますが、医師の技術や薄毛の症状などによっても定着率が異なるため注意が必要です。移植した髪がしっかりと根付くと時間の経過とともにその髪の毛がしっかりと成長するものですが、中には術後時間が経過しても髪の毛が伸びないというケースもあるようですね。

自毛植毛の手術を行う場合には、移植する髪の毛の毛根を切断してしまう可能性もあり、それによって髪の毛が定着しないことがあるようです。また、移植の密度を無理に高めようとした結果定着率が低くなってしまうということもあるので、注意が必要でしょう。

パンチを使用するFUE法は傷跡が目立ちにくいというメリットがある一方で、移植する髪の毛の毛根を傷つける可能性が高く、定着率が悪いと言われることも少なくないようです。しかし中にはFUE法を用いながらも高い定着率を誇るクリニックもあるなど、植毛手術の結果は医師の技術によっても左右されるので、クリニック選びが重要となることでしょう。

不自然な仕上がり

有名人の中にもまつげのみならず薄毛治療の自毛植毛を受ける人が少なくないようですが、自毛植毛の手術を受け定着し時間が経過して髪がしっかりと成長したのは良いものの、不自然な仕上がりに不満を抱いてしまう人も中にはいるようです。
 
特に生え際が不自然に直線的になってしまい、植毛したことを周囲に悟られてしまうケースなどもあるようです。また、髪質が異なる髪の毛を移植した場合などにも、髪の毛を移植した部分が不自然にみえてしまうことなどもあるようです。

仕上がりに関しても、費用や術後の痛みと同様、クリニックによって異なるようです。そのため、定着率の高さとともに自然な仕上がりを実現できるか否かということなどもしっかりとチェックしておきたいものです。そのためには自分の薄毛の症状や髪質なども考慮した上では、治療実績の豊富なクリニックを選ぶなどの対策方法が必要かもしれません。

術後の痛み・後遺症

植毛といえば美容外科クリニックでのまつげの植毛を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、薄毛の悩みを解決する方法のひとつとして髪の自毛植毛手術を受けたい人もいることでしょう。まつげの自毛植毛を行う際にも髪の毛をまつげとして移植することがあるようですが、薄毛部分以外の髪の毛を薄毛部分に移植する手術においてもリスクがあるので要注意です。

まつげの植毛にせよ髪の植毛にせよあくまで外科手術であり、後遺症が伴うこともあるようです。植毛手術の後に痛みを感じる人もいれば、頭皮が腫れたり化膿したりしてしまう可能性もあるようです。術中の痛みはFUT法よりもFUE法の方が小さいとされていますが、麻酔をかけるためほとんど無痛であることもあるようです。

術後には移植した部位が炎症を起こして痛みが発生することもあれば、ドナーを採取した後頭部を縫合したためにツッパリを感じることもあり、さらには髪の毛を深く移植しすぎたために頭皮がへこんでしまうなどの後遺症も可能性としては考えられるので要注意です。

Thumb頭皮にニキビはAGAの前兆って本当⁉原因と治療の効果!

植毛手術の失敗例が掲載されたブログもチェック!

美容目的でまつげの自毛植毛の手術を受ける人もいれば薄毛の悩みを根本的に解決すべく自毛植毛の手術を受ける人もいるようですが、自毛植毛には失敗のリスクもあるようですね。失敗のリスクはクリニックや手術の方法によって違うものであり、また個人差があることですが、自毛植毛に失敗したという人のブログなどもチェックしておきたいものです。

ブログ名一覧

  • ショックロスの恐怖と三ヶ月目: 韓国 de 植毛 !!
  • 茶瓶の自毛植毛と日常。
  • 自分革命!韓国で自毛植毛を体験してきた

これらのブログの中には、自毛植毛の手術を受けた上での失敗談などを掲載しているものもあります。また、自毛植毛の失敗のリスク後遺症・痛みなどのデメリットなどについても解説しているようなので、それらも確認して自毛植毛に対する理解を深めておくと、自分に合った自毛植毛の方法や薄毛の治療方法をみつけることにつながるかもしれません。

自毛植毛には失敗のリスクが伴うとは言え、自毛植毛を受けた人全員が植毛に失敗しているわけではなく、中には熟練の医師がいる治療実績の豊富なクリニックなどで自毛植毛に成功している人もいるようです。自毛植毛にせよ他の薄毛治療法にせよ、できるだけ安全性の高いものを選ぶべく、そのデメリットとメリットをしっかりと把握しておきたいものですね。

ThumbAGAヘアクリニックで遠隔診療⁉電話相談で無料診断が可能!

植毛手術が失敗したときの対策方法とは?

クリニックによって自毛植毛の手術にかかる費用や時間は異なるものですが、同様に定着率の高さや仕上がりなどもクリニックによって違うものなので注意が必要でしょう。まつげの植毛手術同様薄毛治療のための植毛手術にも失敗するリスクや後遺症の可能性などもゼロではないので注意したいものですが、ここではそのような失敗に対して手術の前後にできる対策方法をお伝えします。

自毛植毛の失敗のリスクを低くする対策方法とは?

美容目的でまつげの植毛を行う女性などは案外多いようですが、男女を問わず薄毛に悩む人の中には治療方法のひとつとして自毛植毛の手術を受けることを考えている人もいることでしょう。自毛植毛には失敗のリスクもあるものですが、それをできる限り低くするためにもまずは確かな技術を有した医師が在籍しており、治療実績も豊富なクリニックを選ぶことが重要でしょう。

自毛植毛には失敗のリスクがあると言ってもクリニックごとに異なるものです。自毛植毛の失敗についてのブログの中には韓国で手術を受けた人の体験談なども含まれていましたが、国内のクリニックの中にも失敗のリスクが低いクリニックもあれば失敗のリスクが高いとされるクリニックもあるため、まずは信頼度の高いクリニックを選びたいものです。

クリニックを選ぶ際には口コミや手術の方法などもしっかりと確かめたいものですが、自毛植毛の方法によっても失敗のリスクや術後の痛み・傷跡のリスクなどが変わってくるので要注意です。自毛植毛と言ってもメスを使うFUT法メスを使わないFUE法があり、傷跡が残りにくいのは後者だとされていますが、どちらにもメリット・デメリットがあるので要注意でしょう。

FUT法はFUE法に比べて定着率が高いとも言われていますが、人によって向き不向きがあるため、医師としっかりと相談した上で自毛植毛の手術を受けるかどうか、どのような方法で手術を行うのかなどを決めたいものです。事前にしっかりとリスクを加味した上で選択をすることで失敗のリスクを抑えられる場合もあるので、クリニック選び・手術の方法選びにはこだわりたいものです。

術後の痛みの対策方法とは?

自毛植毛の手術を受けたことで、ドナーを採取した後頭部や髪の毛を移植した薄毛部分などが痒くなったり、炎症を起こして熱を帯びたりすることもあるようです。その際の痛みには個人差があるようですが、あまりに痛みが強い場合には痛み止めを服用するという対策方法もあるようです。また、目安として術後の痛みは数日でおさまることを覚えておくとよいでしょう。

術後にはスポーツや洗髪などに関して医師から注意事項を受けることになると思われます。日常生活を送る上での支障はあまりないと言われていますが、特に手術直後などは制約があることもあるので、傷口で菌が繁殖してしまうのを防ぐためにも、医師から告げられたことを守るようにしたいものです。

また、傷口が塞がるのまでの時間は傷の種類によっても異なるものです。FUE法の傷は数日でかさぶたになることもあるようですが、メスで切開し縫合した傷はかさぶたになるまでに数週間を要することもあるようなので注意したいものです。

植毛後のショックロスの対策方法とは?

まつげの植毛にせよ薄毛治療の植毛にせよ既述のような失敗のリスクがあるためそのことを考慮した上で手術に臨むとともに、適切な対策方法を行いたいものですが、植毛後にはショックロスというものに悩まされる場合もあるようです。ショックロスとは術後一時的に髪の毛が抜けてしまう現象のことですが、あくまで一時的なものだとされています。

移植した髪の毛がきちんと定着すると、その後しっかりと髪の毛が生え変わるとされていますが、術後3〜4ヶ月の間は抜け毛が増えてしまう可能性があるようです。しかしこれはあくまで一時的なものだと言われており、見た目にわからないレベルで起こることも少なくないようなので、不必要に不安に思うことはないのかもしれません。

尚、ショックロスでの脱毛の程度やショックロスが始まるまでの期間や続く期間には個人差があるようです。しかし早ければ半年以内に、遅くても一年後などにはショックロスがおさまり髪の毛がしっかりと生え変わるとされているようです。その間は不必要に気に病むことはありませんが、髪型でうまく隠すなどの対策方法を行ってもいいかもしれませんね。

ThumbM字ハゲでも似合う!薄毛・くせ毛にオススメのかっこいい髪型25選!【画像あり】

自毛植毛の手術を受けるのにおすすめのクリニックとは?

ここまで自毛植毛の概要や失敗のリスクなどについて詳しくみてきましたが、自毛植毛の手術を受けるクリニックは慎重に選びたいものです。まつげの自毛植毛などは多くの美容外科クリニックなどでも行われているようですが、薄毛治療のための自毛植毛は薄毛治療専門クリニックで行うのが好ましいようです。薄毛治療専門クリニックの中でも、特に自毛植毛に特化したおすすめのクリニックとして、ここではアイランドタワークリニックを紹介します。

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックは数あるAGAクリニックの中でも自毛植毛に特化したクリニックとして治療実績が豊富であり、人気が高いようです。アイランドタワークリニックではi-direct法という自毛植毛の手術を受けられるようですが、パンチを用いて医師がドナーを採取する方法として、傷跡が目立ちにくい自毛植毛として評判がよいようです。

アイランドタワークリニックの医師の技術は高いとされており、FUE法のデメリットである毛根切断率の高さを極力抑えた上で、スピーディに植毛を行え、かつ定着率も高いと言われています。熟練の医師が目視で状態の良い髪の毛を選び移植してくれるため、密度の高い仕上がり自然な毛流れなども実現できる自毛植毛の手術であるとして人気のようですね。

自毛植毛を行えるクリニックの中には、植毛を行うロボットを導入しているところもあるようですが、アイランドタワークリニックの医師の技術は卓越しており、また医師が目視でドナーとなる髪の毛を選定できることもあり、定着率が高い上に仕上がりは自然になるとされ、かつ傷跡が目立ちにくいというメリットがあるため人気度が高いようですね。

そんなアイランドタワークリニックでの自毛植毛手術には、基本治療費用として20万円がかかった上に、1グラフトあたり1200円の費用がかかるようです。総じてかかる費用には個人差がありますが、薄毛の症状がまだ軽い場合には数十万円で済むこともある一方で、薄毛がかなり進行している場合には100万円〜200万円近くかかることもあるようです。

アイランドタワークリニックは自毛植毛に特化したAGAクリニックとして人気ですが、全国に四院しかクリニックがないようです。しかし、手術を受ける際には交通費や宿泊費が全額返還されるキャンペーンを行なっており、地方の人などでも遠方から主要都市にあるアイランドタワークリニックに出向き、自毛植毛の手術を受けることも可能なようです。

また、アイランドタワークリニックはプライベートに配慮した空間スタッフ・医師の応対のよさにも定評があるクリニックのようです。自毛植毛を行えるクリニックは数多くありますが、中でも傷跡が目立ちづらいだけでなく定着率が高く自然な仕上がりも実現できるとされるi-direct法によって植毛を行いたい人は、アイランドタワークリニックの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

Thumb20代からのAGA治療方法7選!若ハゲになる原因と対処方法は?

自毛植毛手術の価格相場を比較(3クリニック)

自毛植毛の手術は主に、FUT法(メス切開)とFUE法(メスを使わないより高度な施術方法)があります。自毛植毛は医院や手術法によってコストにひらきがあります。一般的にメスを使わないFUE法のほうが手術の労力もかかり、コストが高くなる傾向にあります。なお移植する毛包の単位を、「グラフト」と呼びますが、今回、費用の基準となる1000グラフトは髪の毛2500本ほど。生え際、つむじ周りなどの局所的な植毛になります。今回は手術の手法別に3分類しましたので、ご参考にしてください。(自毛植毛1000グラフトのコストを見ると以下のようになります)
押さえておくべきポイント

  • 植毛は保険適応外
  • 植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類なので、コスト・リスク含めじっくり検討すること。
  • 自毛植毛は1回の費用は人工毛植毛より費用かかる。

自毛植毛の相場(手術法別)

ヨコ美クリニックのFUT法 648,000円
紀尾井町クリニックのFUE法 1,520,000円
アイランドタワークリニックの刈らないDirect法 2,376,000円

Thumb自毛植毛の値段や手術費用はどれくらい?価格相場を比較!

植毛手術の失敗のリスクが気になる人におすすめの薄毛対策方法とは?

自毛植毛にかかる時間や費用、失敗のリスクなどはクリニックごとに異なるようですが、数あるクリニックの中でもアイランドタワークリニックは治療実績も豊富でおすすめのクリニックと言えるでしょう。しかし、自毛植毛の手術費用はやはり高額になってしまうことも多く、中にはより費用の低い方法で薄毛を改善したい人もいるかもしれません。薄毛の改善方法として育毛剤の使用を考えている人もいるかもしれませんが、効果はあるのでしょうか。

育毛剤の使用で薄毛が改善することもある?

育毛剤と一口に言ってもさまざまな種類のものがありますが、中には育毛剤を使用したことで薄毛が改善できたという人も少なくないようです。育毛剤の使用にかかる費用は一ヶ月あたり一万円以下であることも少なくないため、自毛植毛の手術費用が高額なために断念せざるを得ないという人は育毛剤を使用して薄毛対策を行なってみてもよいでしょう。

しかし中にはあまり効果のないとされるものや副作用のリスクが高いものなども含まれるため、費用や副作用のリスクの低さ、効果のバランスが取れた育毛剤を選びたいものです。育毛剤を使用してその効果を実感するには半年以上など継続的な使用が必要となることも多く時間のかかる改善方法ですが、安い費用で始められる対策とも言えるでしょう。

また、育毛剤を使用する上では生活習慣の改善シャンプーの見直しなど他の対策も併せて行いたいものです。そして数ある育毛剤の中でもできるだけ効果の高いものを選びたいものですが、ここでは副作用のリスクが低く使用によって効果を得たという人も多いチャップアップをご紹介します。

副作用のリスクの低い「チャップアップ」とは?

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

チャップアップはAGA関連医師がもっとも推奨している育毛剤です(支持率1位)無添加なので女性でも副作用の心配がなくご利用できます。業界最大級の有効成分83種。

初回56%OFF!

チャップアップは無添加の育毛剤であり、数ある育毛剤の中でも副作用のリスクが低く、おすすめの育毛剤です。自毛植毛の手術には失敗のリスクもあるようですが、育毛剤の中にも刺激が強いものや副作用のリスクが高いものなどがあるので要注意です。そんな中でチャップアップは余計な添加物などが含まれておらず、敏感肌の人でも安心して使用できる育毛剤のようです。

チャップアップは医薬部外品の育毛剤であり、センブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどの有効成分が含まれています。これらには血行促進作用や抗炎症作用などがあり、頭皮環境を整えた上で育毛に役立つとされています。また、薄毛の一因となる男性ホルモンの過剰分泌を抑えるためのオウゴンエキスなどの成分もチャップアップは豊富なようです。

チャップアップは一本あたり7000円台で販売されているようですが、サプリとセットになった定期便は一回あたり9090円で購入できるようです。また、チャップアップには無期限の返金保証もついているため、安心して試すことができるでしょう。自毛植毛のの費用が高いと感じる人や失敗のリスクを懸念している人は、まずチャップアップを使用してみてもよいかもしれませんね。

Thumbチャップアップで産毛が太くなる⁉濃くなる?気になる効果を検証!

【まとめ】植毛手術の失敗例も参考に薄毛対策を!

今回は植毛手術の具体的な失敗例も交えそのリスクと対策方法についてみてきました。植毛手術には失敗するリスクもあるということで、薄毛の治療のために植毛手術を受けようと思っている方は植毛のメカニズムや失敗のリスク、痛みや後遺症などについて正しく理解した上で、手術を受けてほしいものです。植毛手術の効果や失敗のリスクはクリニックによっても異なるため、実績のあるクリニックで安全性の高い治療を受けたいものですね。

Thumb【東京・立川市】AGA治療専門クリニックおすすめランキング!

薄毛対策についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事