生え際には植毛を地毛で!おでこを狭くする!おすすめな理由7選!

日本人に多い生え際の薄毛やハゲの治療法にはさまざまなものがありますが、手っ取り早く発毛したいなら、自毛植毛がおすすめです。今回は生え際のハゲに自毛植毛をおすすめする理由や地毛を使った植毛のメリット・デメリット、おすすめのクリニックなどについてご紹介します。

目次

  1. 生え際のハゲに最適!地毛植毛がおすすめな理由をご紹介します!
  2. おでこの生え際が気になる?
  3. 植毛とは?
  4. 自毛植毛がおでこの生え際のハゲにおすすめな理由7選
  5. 自毛植毛に向いている人はこんな人!
  6. 自毛植毛にデメリットはないの?
  7. おでこの生え際の自毛植毛に人気のクリニック3選
  8. おでこの生え際の自毛植毛ってどれくらい費用がかかるの?
  9. おでこの生え際に自毛植毛してもバレない?
  10. 自毛植毛についてのブログでの口コミ情報
  11. 自毛植毛後も育毛対策をした方がいいって本当?
  12. 自毛植毛の前に!おでこの生え際に効くおすすめの育毛剤
  13. 【まとめ】おでこの生え際が気になったら地毛で自毛植毛を試してみよう!
  14. 自毛植毛についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

生え際のハゲに最適!地毛植毛がおすすめな理由をご紹介します!

ハゲにもいろいろな形がありますが、やはり気になるのはおでこの生え際から後退していく薄毛ではないでしょうか。育毛剤や育毛サプリを使った対策もありますが、手っ取り早く生え際が後退していくハゲを治すには地毛を植毛する「自毛植毛」がおすすめです。今回は、自毛植毛について、そもそも自毛植毛とはどんなものなのか、費用はどれくらいかかるのか、自毛植毛がおすすめの理由、自毛植毛のメリットとデメリットなど詳しく解説いたします。また、これから自毛植毛を行いたい方におすすめのクリニックも合わせてご紹介します。

ThumbM字ハゲは10代でも⁉生え際が後退していく原因は?対策方法まとめ!

おでこの生え際が気になる?

最近、おでこの生え際が後退してきた気がする・・・と悩んでいませんか?どんどん後退していく生え際のハゲを食い止めるために、育毛剤を使ったり、育毛サプリを服用したり、生活改善を行っているのになかなか効果がないという方も多いと思います。もし、自分では手がつけられないほどおでこの生え際のハゲが進行しているのであれば、植毛という選択肢もあります。植毛と聞くとハードルが高く聞こえますが、最近では自分の地毛を移植する自毛植毛というものもあり、取り扱うクリニックも多いようです。次の項では、この植毛について詳しく見ていきましょう。

Thumbハゲの定義を解説!どこからがハゲ・薄毛?おでこを要チェック!

植毛とは?

そもそも植毛とはどんなものなのでしょうか。植毛は、名前の通り毛を植えることです。植毛は、頭皮に毛髪を植え込む施術方法のことで、外科手術を伴う医療行為に当たります。数年前までは植毛と言えば、合成繊維で作られた人工毛を植え込む人工毛植毛が主流でしたが、医療技術の進歩に伴って、今現在の主流は自分の地毛を頭皮に植え込む自毛植毛となっています。外科手術ですので医療機関でのみ施術が可能で、施術には高額な費用が必要であることが一般的です。では、現在の主流である自毛植毛についてもう少し詳しく見てみましょう。

自分の髪の毛を植毛する自毛植毛技術

自毛植毛とは、自分の地毛の一部を頭皮に移植して定着させる治療法のことです。自毛植毛には、メスで頭皮を薄く切除して地毛を広範囲に移植するFUSS法と、 地毛を一本単位で移植していくFUS法などがあります。一般的に使用する地毛は、薄毛の影響を受けにくい後頭部の地毛を使用します。1回の手術にかかる時間は、およそ3~6時間程度で、これは手術の方法と移植する地毛の本数によっても変わります。また、施術は1回で完了するものではなく、2回目、3回目と繰り返す人が多いようです。地毛を移植すると、おでこの生え際に移植した髪の毛がしっかりと定着して、しばらくするとそこから産毛が生えてきて自分の髪の毛となるため、植毛であることがばれにくいというメリットもあります。

ThumbM字ハゲは自毛植毛で治す?効果や治療方法・費用は?【画像あり】

自毛植毛がおでこの生え際のハゲにおすすめな理由7選

後退しているおでこの生え際の薄毛には自毛植毛をおすすめしていますが、なぜ他の育毛・発毛方法より自毛植毛がおすすめなのでしょうか。ここからは、自毛植毛がおでこの生え際のハゲにおすすめの理由について7選ご紹介します。

①定着率が高い

植毛は、髪を移植すればそれだけで完了すると言うものではありません。植毛は施術を行った後、どれだけ移植した髪の毛が頭皮に定着するかで成功や失敗が決まります。つまり、植毛を行ったからといって必ずしも生え際の後退が治るというものではないのです。この移植した髪の毛が頭皮に定着することを定着率と呼ぶのですが、植毛の中でも地毛を植毛する自毛植毛の定着率は80%~90%ととても高い確率となっています。おでこの生え際にい定着率を期待できる自毛植毛は、植毛治療の中でもとてもおすすめできるものになります。定着後はそこから産毛が生えてきて、だんだんと太く健康な髪になり、完全に自分の髪の毛となって行きます。

②仕上がりが自然

おでこの生え際の髪の毛を増やす方法には、植毛以外にもかつらつけ毛もありますが、自毛植毛はこれらと違って、もともとある地毛を使用しているため、仕上がりがとても自然に見えるのがメリットです。人口毛植毛ですと、医師の腕によってはおでこの生え際だけ浮いてしまうこともあります。また、移植した髪の毛は埋め込んだときの長さのままですし、もし抜けてしまえばそこから新しく発毛するということもありません。自毛植毛であればそのような心配をしなくても良いため、自毛植毛をおすすめする理由になります。

③副作用が少ない

おでこの生え際の後退対策に育毛剤や医薬品であるプロペシアやミノキシジルを使用する人も多いと思いますが、使用する薬や育毛剤によっては副作用のリスクが出てきてしまいます。育毛や発毛に効果があっても、強い副作用があると使用をためらってしまいますよね。
植毛も人工植毛という方法であれば、施術の後に副作用のような拒絶反応が起きてしまう場合があるのですが、もともとある自分の地毛を移植する自毛植毛の場合には、 副作用や拒絶反応の心配が少なくてすみます。せっかく費用をかけて痛い思いをして植毛しても副作用や拒絶反応で失敗してしまうともったいないですので、植毛するのであれば自毛植毛がおすすめです。

④手入れが簡単

自毛植毛を行って髪の毛が定着すると、しばらくして抜け毛が起こります。その後、半年から1年という期間をかけて、移植した部分から新しい産毛が生えてきます。産毛が生えて髪の毛として成長してくれば、自分の頭皮からしっかりと生えている普通の髪の毛と全く同じですので、手入れはとても簡単です。シャンプーやリンスも何の気兼ねもなくいつも通り行うこともできますし、スタイリングもOKです。もちろん、産毛から成長した髪の毛は、他の髪と同じように伸びていきますで、髪を切っても目立ちません。生え際の自毛植毛の産毛の発毛後は、おでこの後退を気にすることなくいろいろな髪型やおしゃれを楽しめるようになりますよ!

⑤白髪になってもOK

自毛植毛が成功したあとの髪の毛は、産毛から太い髪に成長しほかの髪と同じように成長していきます。例えば、年齢を重ねて他の部分の髪の毛が白髪になってくると、自毛植毛の部分も白髪が生えてくるのです。これは人口毛植毛ではもちろんあり得ないことで、もし人口毛であれば前髪の生え際だけが黒くて不自然と言うような失敗にもなりますが、自毛植毛の場合はこのような失敗はありませんので、安心して施術することができますね。

⑥治療を継続しなくていい

自毛植毛は、植毛の施術を一度行うだけで生え際や頭頂部のハゲが完全に治って発毛するというものではありません。一度の施術で植毛できる髪の本数には限りがありますので、2回目、3回目と植毛をする人もいますし、それが終わっても移植した髪の毛が頭皮に定着して産毛が発毛するまで半年から一年ほどの時間が必要です。しかしその過程を過ぎて産毛が発毛し、その産毛が健康な髪の毛に成長しさえすればそこで治療をやめても問題ありません。育毛剤や育毛薬などの投薬治療は産毛が生えてきたり抜け毛が減ってハゲや薄毛が改善しても、治療を途中でやめることはできません。もし途中で辞めてしまえば、すぐに前の薄毛に戻ってしまうからです。それと比較すると、一度効果がしっかりと出ればその後は治療を続けなくてもいい植毛はとてもおすすめできます。

⑦かつらよりトータルコストが安い

生え際のハゲや頭頂部の薄毛に自毛植毛と同じくらい手っ取り早くとることができる対策として、かつらがあります。かつらは、自分の頭に合わせて作ればそれを被るだけでOKで、楽な薄毛対策であると思っている方が多いようですが、実はとても値段が高く手間がかかるものでもあります。かつらそのものも値段の高い商品なのですが、定期的なメンテナンスも必要で、値段も高いです。かつらも育毛剤と同じく、半永久的にメンテナンスが必要なものになりますので、トータルでかかる値段としては実は植毛の方が安い値段で収まることもあります。同じくらいの費用なのであれば、自毛植毛の方が自然になりますのでおすすめです。

ThumbM字ハゲをウィッグ(かつら)で対策!隠し方を徹底まとめ!

自毛植毛に向いている人はこんな人!

おでこの生え際の後退におすすめの自毛植毛ですが、自毛植毛が向いている人というのはいるのでしょうか。ここからはどんな人が後退する生え際の自毛植毛に向いているのかをご紹介します。まず、さきほどからお伝えしている通り、前髪の後退が気になる方には特におすすめです。生え際は、頭頂部などの薄毛に比べると育毛や発毛が難しい場所と言われています。特にかなり進行した生え際の薄毛は発毛が難しいため、植毛がおすすめです。また、薄毛の治療を継続して行いたくないという方にもおすすめです。育毛剤や育毛薬は、使用を始めれば抜け毛が減ったり産毛が生えたり発毛の効果が出ても、その後もずっと使用を継続しなくてはなりません。自毛植毛であれば、施術から長くて1年程度で産毛が生えて定着が完了します。継続して治療や通院を行うのが面倒な方にもおすすめです。

Thumbチャップアップは生え際(前髪)に効果はある⁉徹底検証!

自毛植毛にデメリットはないの?

これまで自毛植毛についておすすめのポイントをご紹介していますが、逆に自毛植毛の施術を行うときに考慮しなければならない点やデメリットがあるのでしょうか。ここからは、自毛植毛のデメリットについていくつかご紹介します。

費用が高い

自毛植毛の一番大きなデメリットとしては、費用が高いというところです。自毛植毛は外科手術をともなう薄毛治療法です。ですので、育毛剤を使用したり育毛薬の投薬治療を行う方法に比べると、何倍もの費用がかかります。もちろん、自毛植毛には健康保険は適応されませんので、自費診療となり、その費用は全額自己負担となります。自毛植毛の費用・値段については、のちほど詳しくご説明しますが、その値段は移植する面積や本数によって異なります。おおむね、数10万から100万円前後の費用が必要となることが多いようです。これは1回あたりの値段で、2回目以降の施術も同じくらいの値段がかかることが多いそうです。また、1回の施術では満足できる本数を植毛できず、2回目、3回目と施術を繰り返す方もいらっしゃいます。かなり費用がかかるので、その値段ゆえ、自毛植毛は、育毛・発毛の最後の手段と考えている方が多いようです。

施術方法によっては傷跡が残る

自毛植毛には大きく分けて、メスを使って施術を行うFUSS法とメスを使わないFUS法の2種類があります。このうち、ある程度皮膚を切り取って行うFUSS法の場合は、手術の痕が残ってしまうことがあるそうです。メスを使わないほうが頭皮に良さそうなイメージがありますが、実はFUSS法のほうが定着率も高く、効果が高いと言われているため、高い育毛・発毛効果が欲しい方には人気のある施術方法です。最近は医療技術も向上してきていて、メスを入れた傷跡に新たな髪の毛が生えるように工夫したり、できるだけ傷跡を残さない切り方をしている病院もあるため、手術を受ける医療機関次第では傷跡を目立たなくすることもできるそうです。

痛みがある

自毛植毛はメスを使う、使わないどちらにしても外科手術になります。ですので、ある程度の痛みがあることは覚悟しなければなりません。ただ、施術は麻酔をかけて行われますので、術中に痛みを感じるということはほとんどありません。術後に麻酔が切れてから痛みや腫れ、違和感を感じるという方はいらっしゃいます。痛みの感じ方や麻酔の効き方は人によって異なりますので、一概にどれくらいの痛みとは言えませんが、術後にはほとんどの場合で痛み止めが処方されるようですので、痛みを感じたら服用するようにしましょう。

自毛植毛に失敗はない?

自毛植毛は外科手術になりますが、手術が失敗するというリスクはないのでしょうか。自毛植毛はメリットばかりを取り上げがちですが、手術ですのでもちろん失敗の可能性はゼロではありません。失敗の理由は、医師の技術の問題やその人の体質も関係ありますので一概には言えませんが、自毛植毛を行う際には失敗のリスクも考慮した上で実施しましょう。ここからは、自毛植毛の失敗例についていくつかご紹介します。まずは、傷跡が大きく残ってしまうという失敗があります。頭皮を切開する施術を行うと起こる可能性が多いようで、中には傷跡がケロイド状になってしまうこともあるようです。

次に、仕上がりが不自然になるという失敗もあります。自毛植毛は地毛を移植するので基本的に起こりにくいのですが、生え際が不自然に直線的であったり、髪質が違いすぎるなどで見た目が不自然に仕上がる失敗があるようです。さらに植毛の定着率が低いという失敗もあります。この失敗はほとんどが施術者の技術不足によるもののようです。定着率が低いと2回目、3回目の施術が必要になって費用がかさむこともあります。そのほか、施術から1年以上経ってもつっぱり感や違和感が消えないという失敗もあるようです。

Thumb育毛・薄毛治療はAGAクリニック・病院で出来る!最新の治療法を紹介!

おでこの生え際の自毛植毛に人気のクリニック3選

施術する医師の技術で仕上がりが左右される自毛植毛ですので、実際に自毛植毛を行う際には病院選びもとても大切になります。自毛植毛を行っている医療機関は多数あるため、どの病院を選べばいいか、どの病院なら失敗が少ないかを見極めるのはとても大変だと思います。そこで、ここからは自毛植毛について技術力が高くておすすめできる人気のクリニックについて3選ご紹介します。それぞれに特色の多いクリニックですので、病院選びに迷ったら、ぜひ参考にしてくださいね。

①アイランドタワークリニック

地毛を使った生え際の自毛植毛に人気のクリニックとして最初にご紹介するのはアイランドタワークリニックです。アイランドタワークリニックは、新宿、大阪、名古屋、福岡の全国4エリアに展開している薄毛治療専門のクリニックです。このクリニックは15年の歴史がある老舗の薄毛クリニックになります。アイランドタワークリニックをおすすめしたい理由は、自毛植毛の症例数がほかのクリニックに比べて桁違いに多く、しかも国内の自毛植毛手術のシェア率もとても高いからです。

こちらの自毛植毛はメスを使用しない手術で、痛みも失敗も少ないと評判の高いものです。また、自身も植毛や自毛植毛を経験したことのある医師やスタッフが多く在籍しているため、安心して植毛治療を受けることができます。経験者ならではの目線で親身に植毛の相談に乗ってもらえますよ。また、近くにアイランドタワークリニックがない方に、植毛の施術を受ける際にはクリニックまでの交通費を全額負担してくれたり、宿泊が必要な場合にもアイランドタワークリニックと提携のホテルに限ってですが、宿泊費全額を負担をしてくれるサービスもあります。地方に住んでいて近くにクリニックがない方にもとてもやさしいクリニックですよね。アイランドタワークリニックは、無料カウンセリングも行っていますが、電話やメールでも親切丁寧に相談にのってもらえるので、初めての方でも利用しやすいのもおすすめポイントです。

②親和クリニック

次に、地毛を使った生え際の自毛植毛に人気のクリニックとして親和クリニックをご紹介します。親和クリニックは、新宿、大阪、名古屋の3か所に展開しているクリニックで、独自の技術である、切らない植毛+後頭部を刈り上げない技術NC-MIRAI法を選択することができます。このNC-MIRAI法は、メスを使わない施術方法で、術後の腫れや痛みも少なく、ダウンタイムを最小限に抑えることが出来る施術方法です。しかも1回の施術で最高13,000本の植毛が可能ですので、2回目の施術を行わなくても満足できる仕上がりになることも多いそうです。

親和クリニックは10年の歴史があるクリニックで、その症例数は4,600症例を越えており世界各国から見学や研修に訪れる程の確かな技術力があります。また、遠方から来る顧客に対して交通費や宿泊費補助制度があったり、初診、再診料もないなどサービスも充実しています。もちろんプライバシーを重視した完全個室でのカウンセリングも無料で受けることができます。

③ヨコ美クリニック

地毛を使った生え際の自毛植毛に人気のクリニックとして最後にご紹介するのは、ヨコ美クリニックです。ヨコ美クリニックは、薄毛治療歴25年の老舗クリニックで特に植毛を得意としているクリニックです。人気の秘密はやはり25年という老舗の安心感でしょう。地毛を使う自毛植毛は失敗したらその髪の毛までも失ってしまうリスクがありますので、実績のあるクリニックを選びたいと思うのは自然なことですよね。これまで扱ってきた植毛の症例数も多いため、カウンセリングも丁寧で的確に行ってもらえます。また、植毛にかかる費用についても他のクリニックよりリーズナブルであると評判です。ただし、やや予約が取りにくいという声も聞かれました。

ThumbゴリラクリニックのAGA治療の評判は!?評価や効果を口コミ徹底検証!

おでこの生え際の自毛植毛ってどれくらい費用がかかるの?

おでのの生え際の後退が進行してきて、自毛植毛を受けたいと考えたときに、やはり気になるのはその費用ではないでしょうか。自毛植毛は費用が高いとは聞くけれど、具体的にどれくらいの値段なのでしょうか。自毛植毛の費用について詳しく見てみましょう。自毛植毛は、グラフトと呼ばれる毛穴単位で移植が行われています。日本人は1つの毛穴から平均して2本の髪の毛が生えているため、1グラフトあたり2本の髪の毛を移植するのが一般的です。そして、どれだけのグラフト数を移植するかによって自毛植毛の費用は変わってきます

M字ハゲや生え際の後退を治療する自毛植毛では、100~1,000グラフト程度が必要になります。これくらいのボリュームの植毛費用は、クリニックにもよりますが切る植毛手術だと300,000円~1,000,000円程度、切らない植毛手術だと350,000円~1,400,000円程度の値段になるそうです。やはりかなり高額な費用ですね。これくらいの施術を2回目、3回目と行う方も多いですので、費用面において自毛植毛はそれなりの覚悟が要るようです。

自毛植毛手術の価格相場を比較

自毛植毛の相場(手術法別)

ヨコ美クリニックのFUT法 648,000円
紀尾井町クリニックのFUE法 1,520,000円
アイランドタワークリニックの刈らないDirect法 2,376,000円

自毛植毛の手術は主に、FUT法(メスの切開あり)とFUE法(メスを使わないより高度な施術方法)があります。自毛植毛は医院や手術法によってコストにひらきがあり、一般的にメスを使わないFUE法のほうが手術の労力もかかり、施術費用が高くなる傾向にあります。なお、上記でもふれましたが、移植する毛包の単位を、「グラフト」と呼びますが、今回、費用の基準となる1000グラフトは髪の毛は約2500本で60センチ平方。生え際、つむじ周りなどの局所的な植毛になります。今回は手術の手法別に3分類しましたので、ご参考にしてください。(自毛植毛1000グラフトのコストを見ると以下のようになります)
押さえておくべき3点
  • 植毛は保険適応外
  • 植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類なので、コスト・リスク含めじっくり検討すること。
  • 自毛植毛は1回の費用は人工毛植毛より費用かかる。

Thumb自毛植毛の値段や手術費用はどれくらい?価格相場を比較!

おでこの生え際に自毛植毛してもバレない?

自毛植毛の値段も気になりますが、それと同じくらい自毛植毛を周りに気づかれないかどうかも気になりますよね。自毛植毛は生え際の傷あとからまわりにバレてしまうことはあり得ますが、髪の毛で隠したり帽子を被ったりしておけば、わかりにくくなります。また、自毛植毛は術後、毛根から産毛が生えて太くなり自分の髪の毛として自然なスピードで育っていきます。その産毛も徐々に増えてくるので周りの人にはばれにくいのが特徴です。自毛植毛が周りにばれてしまうかどうかは、そのクリニックの技術の高さにも左右されますので、実際に植毛を行った方のブログや口コミを見て、どこで自毛植毛を受けるか検討することをおすすめします。

Thumb町田でおすすめのAGA・薄毛治療専門クリニックまとめ!【東京】

自毛植毛についてのブログでの口コミ情報

自毛植毛についてさまざまな角度から見てきましたが、実際に自毛植毛を受けたことのある方はどのように感じているのでしょうか。実際に後退する前髪部分に自毛植毛を受けて、その結果を写真付きで個人のブログに掲載している方は意外と多いようです。そのような方のブログをもとに、自毛植毛の口コミについてご紹介していきます。
口コミ

  • 自毛植毛の手術を受けて、本当に気持ちが楽になりました。見た目が変わると気持ちが前向きになります。
自毛植毛を受けて良かったという方のブログからの口コミです。発毛の効果はもちろん、気持ちが前向きになれたというのは、発毛以上の効果ですね。
口コミ
  • 術後2ヵ月で生え際のラインに髪が生えてきた。その時の感動は忘れられない。ただ今でも 「掻き毟って抜け落ちたらどうしよう・・・」って思うことがある。そんなはずはないが。
施術後2ヶ月で産毛が発毛したという方のブログです。鏡を見て産毛がびっしり生えているのを見た時はとても感動したそうです。産毛が生えてくるまではやはり大丈夫なのか心配になりますよね。
こちらはブログではなくツイッターなのですが、リアルタイムで自毛植毛をツイートしていたものです。2回目、3回目の施術でも痛いと噂の麻酔注射ですが、この方はそうでもなかったようです。
口コミ
  • 麻酔がドキドキでしたが、杞憂でした。全然痛くも痒くもなく終わりました。個人差があるんでしょうけど、インフルエンザの予防接種の方が全然痛いです。(笑)
アイランドタワークリニックで自毛植毛を受けた方のブログです。この方も先のツイッターの方と同じく、麻酔の痛みはあまりなかったそうです。麻酔の痛みは結構おおげさにブログに書かれていることが多いのかもしれません。
口コミ
  • 増毛に成功。はやくも2回目を検討中です。
自毛植毛したら彼女ができたという方のブログからです。自毛植毛は2回目、3回目の施術が必要であるという情報もありますが、効果を見てさらに欲が出てきて2回目の手術に踏み切る方も多いようです。
口コミ
  • 二回も三回もやる人が多いのかとドクターに聞いたら、薄毛の範囲によるとのこと。1回ではカバーできない人もいらっしゃるらしいです。
自毛植毛は2回目、3回目の施術を受ける方が多いといううわさを聞いて、このブログ主さんは担当医に聞いてみたそうです。必ずしも2回目があるわけではないのですね。
口コミ
  • 太い髪が伸びてきたので地肌が見えなくなりました。
2回目の自毛植毛を終えた方のブログからの口コミです。まだ髪の密度は完全ではないものの2回目ということもあって、目に見えて効果を感じているそうです。この方のブログには1回目の植毛後も2回目の植毛後も、たくさんの術後の経過写真を掲載しているのでぜひ参考に見てみて下さい。
口コミ
  • もっと早く植毛すればよかったと後悔してます。
こちらはブログではなく2chのスレッドでの口コミ情報ですが、結構多くみられるのが、もっと早く植毛すれば良かったという口コミです。自毛植毛はハードルが高いですが、それだけ効果の高さを感じて満足している方が多いということだと思います。
口コミ
  • 順調に髪の毛が生えてきている。毎日へアセットをする喜びを味わえることが幸せ。
アスク井上クリニックで植毛を受けた方のブログです。術後は順調に経過し、半年経った現在はスタイリングを楽しむ余裕も出てきているようです。植毛をして、気持ちが前向きになれるのはとても素晴らしいことですね!
口コミ
  • 半年経ちましたが、密度が物足りないです。
自毛植毛後6ヶ月の方のブログから、密度が埋まらないという口コミです。失敗というわけではありませんが、このような方は、2回目の植毛を検討した方がいいかもしれません。
口コミ
  • 不安ですね。正直、手術したクリニックを疑ってます。今はとにかく待つしかない。
AGAルネッサンスクリニックというクリニックで自毛植毛を行った方が経過をつづっているブログからの抜粋です。施術後25日目にショックロスと言う脱毛が起こってきたとのこと。とても不安な気持ちをブログにつづっていらっしゃいます

Thumb八王子のAGA治療におすすめなクリニック口コミ・評判まとめ!【東京】

自毛植毛後も育毛対策をした方がいいって本当?

自毛植毛を行って移植した髪の毛が定着し、新しい髪の毛が生えてくれば、基本的にその後は名にもメンテナンスしなくても良いのですが、もし余裕があれば、その後の薄毛やハゲの予防のために、何かしらの育毛対策や抜け毛予防を行うことはおすすめです。自毛植毛の施術を受けたときに、もうほとんど薄毛やハゲが進行しきっていた方はいいのですが、ほとんどの方は薄毛やハゲの進行途中で施術を受けていると考えられます。

そのため、植毛後も薄毛やハゲが進行することは予想されるので、できれば育毛剤を使用したり、育毛シャンプーを使ったり、育毛薬や育毛サプリの使用をすることをおすすめします。あくまで予防ですので、そんなに高額な商品を使わなくても、市販されている育毛剤やサプリメントでも十分効果はありますよ。

Thumbおすすめの発毛・育毛シャンプー人気ランキング!【市販品あり】

自毛植毛の前に!おでこの生え際に効くおすすめの育毛剤

自毛植毛が前髪の後退の改善に効果があることは分かっていただけたと思いますが、自毛植毛をいざ受けたいと思っても、手術の値段が高かったり、頭皮にメスを入れる勇気がなかなか湧かなかったりする方も多いと思います。自毛植毛は受けたいと思ってもすぐに決断できるものではありませんし、カウンセリングや相談をしながらじっくりと時間をかけて行うことをおすすめしています。ここではそんな自毛植毛を受けようかどうか迷っている方のために、自毛植毛の前に後退する生え際に試して欲しいおすすめの育毛剤を3選ご紹介します。これらの育毛剤を使用して見て、やはり効果がみられないとなった場合に、自毛植毛を受けるという決定をしてもいいかもしれませんね。

①フィンジア

最初にご紹介する前髪の生え際対策におすすめの育毛剤は、フィンジアです。フィンジアは、ユーピーエス社から販売されている育毛剤です。このユーピーエスという会社は、実はM字はげに効果があると人気の育毛剤プランテルと同じメーカーですので、フィンジアも生え際の薄毛への効果に期待が持てます。フィンジアは、その主成分にキャピキシルピディオキシジルという最新の育毛の成分が配合されています。特にピディオキシジルは、発毛効果が国に正式に認められているミノキシジルの3倍の効果があるとも言われている発毛効果がとても高い成分で、特に生え際の後退に効果が高いようです。無香料・無添加のフィンジアは肌の弱い方でも安心して使用でき、頭皮に塗るとメントールのようなひんやりした感覚になり、頭皮に薬剤が浸透しているのを感じることができるそうです。キャピキシルとピディオキシジルを配合した育毛剤の中でもフィンジアは、値段的にリーズナブルに購入できますので、継続しやすく、また2回目以降も定期コースで購入すれば、さらに割引価格で購入可能でとてもおすすめの育毛剤です。

②イクオス

前髪の後退におすすめの育毛剤として最後にご紹介するのは、イクオスです。イクオスは、最新のスカルプ成分として話題のキャピキシルをはじめ、発毛に効くとされる成分を61種類も配合している育毛剤です。頭皮の血行促進や毛母細胞活性化の効果があるとされ、使用した人の大多数が三ヶ月以内に産毛が生えたなどの発毛効果や抜け毛改善の効果を実感しているそうです。使い心地もさらっとしていてべたつきもないため、女性の方でも使いやすい育毛剤です。値段も定期購入コース利用で、初回だけでなく2回目の購入以降も1本あたり6,980円とリーズナブルで、返金保証もありますので、初めての方でも安心して使用することができます。イクオスもチャップアップ同様、イクオスシャンプーという育毛シャンプーが販売されていて、これもとても人気が高い商品になります。

③チャップアップ

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

チャップアップはAGA関連医師がもっとも推奨している育毛剤です。無添加で女性でも安心してご使用になれる副作用の心配のない育毛剤です。

今なら56%OFF!

前髪の後退におすすめの育毛剤二つ目はチャップアップです。チャップアップは、センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCを主成分としている無添加の育毛剤です。スプレー式で使い勝手が良く、付け心地はさらっとしていてまるで化粧水のようだそうです。チャップアップの推奨する使い方は、シャンプーの後の清潔な頭皮にスプレーして、頭皮マッサージを行いながら塗りこむ方法ですチャップアップは、育毛剤人気ランキングや育毛剤の人気ブログなどでも話題になっている人気の育毛剤ですので、とても高い育毛・発毛効果が期待できます。育毛剤が効きにくいといわれる生え際にも効果が高いと言われています。育毛剤の中では値段的にもリーズナブルで続けやすく、万が一効果がなかった場合には商品代金を返金してもらえる返金保証制度もありますので、はじめて育毛剤を使用する方でも安心して購入することができます。チャップアップには同じシリーズから育毛シャンプー育毛サプリも販売されていますので、併用すると相乗効果も望めるようです。

Thumbイクオス(IQOS)育毛剤は副作用も効果もないって本当⁉︎【体験談あり】

【まとめ】おでこの生え際が気になったら地毛で自毛植毛を試してみよう!

自毛植毛についてそのおすすめの理由を中心に、自毛植毛のメリットや値段をはじめ、おすすめのクリニックや注意点などをお話してきましたがいがかだったでしょうか。自毛植毛は後退していく前髪の生え際に手っ取り早く効果をあげられる発毛方法です。値段は高いですが、育毛剤や発毛剤、投薬治療より確実に発毛が可能ですし、長期的に見てメンテナンスも楽ですので、お金に余裕があるのであれば、自毛植毛も検討してみてはいかがでしょうか。

最近は2回目や3回目の施術をしなくてもいいように、1回でたくさんの本数を植毛できる技術も出てきているそうです。ただし、値段は高くても失敗のリスクもありますので、後退する生え際に自毛植毛を実際に受けた方のブログや口コミを参考にして、クリニック選びは慎重に行ってくださいね。

Thumb自毛植毛経過?写真で術後からアフターケアまでを解説!【画像あり】

自毛植毛についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

Thumb自毛植毛の女性の費用は?価格相場とおすすめのクリニックを調査!
Thumbつむじハゲの自毛植毛はリスクが高い?薄毛対策に効果はあるの?
Thumb若はげの大学生がすべき15の対策・改善方法〜AGA治療や植毛

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事