AGA(男性型脱毛症)の症状と特徴を解説!初期症状はある?

薄毛や抜け毛に悩んでいる方、その症状、AGAではありませんか?男性型脱毛症AGAは、早めに対策や治療を行えば高い確率で治る進行性の病気です。今回はAGAの初期症状や特徴、セルフチェック法や治療方法などについて詳しくご紹介します。

目次

  1. AGAの症状&特徴を徹底解説!
  2. AGAとは?
  3. AGAにはどんな症状がある?
  4. AGAの初期症状とは?
  5. AGAの特徴について
  6. AGAの症状が出る確率は?
  7. AGAの症状が出ている可能性をセルフチェック!
  8. AGAの症状が出ている人におすすめの治療薬
  9. AGAの症状が出ている人に改善して欲しい生活習慣
  10. AGAと勘違いされやすい薄毛と症状
  11. 頭皮環境を整えるには育毛剤がおすすめ
  12. 【まとめ】AGAの初期症状が出ていないかこまめにチェック!
  13. もっとAGAの情報について知りたいアナタへ

AGAの症状&特徴を徹底解説!

男性型脱毛症AGAをご存知ですか?成人男性の3人にひとりが悩んでいると言われているはげや薄毛ですが、その原因として多いのがAGAです。今回は、そのAGAについて、初期症状や特徴、原因など気になるポイントについて詳しく解説します。AGAは早期発見が治療の鍵となります。自分でできるAGAセルフチェックもありますので、最近、抜け毛が増えている気がするとか、生え際が後退してきているなど髪の毛の悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

AGAとは?

テレビCMや雑誌の広告などで近年よく見かけるようになった男性型脱毛症AGA。言葉は耳にしたことはあるけど、どんなものなのか詳しいことはよく分からないという方も多いのではないでしょうか。まずは、AGAがいったいどんなものなのか、AGAの原因はなんなのかというポイントについてご説明します。

男性型脱毛症

AGAとは、英語でAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症と言われています。思春期を過ぎた成人男性に多くみられる脱毛症の一つで、男性ホルモンを原因とする薄毛やはげの状態のことを指しています。多くは30代から50代の中年男性に見られる症状ですが、最近では20代でも悩んでいる人が増えてきているそうです。また、男性型と言われていますが、中には女性でもAGAに悩む人もいらっしゃいます。その場合は、FAGAと呼ばれます。

原因は?

男性型脱毛症AGAの原因は何なのでしょうか。AGAの原因は、男性ホルモンの影響と遺伝の影響の二つが有力だと考えられています。その中でも、男性ホルモンの影響によるものが最も大きいと考えられており、男性ホルモンのテストステロンが、薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンというホルモンに変換されることによって発症すると言われています。この薄毛や抜け毛の原因とされる男性ホルモンが多い人、少ない人というのは体質によって個人差があるのですが、これは遺伝に関係しているとされています。特に男性ホルモンの遺伝については、母方の遺伝子の影響を受けやすいため、母方の親族にはげや薄毛が多い場合には、自身もAGA遺伝子を持っている可能性が高いと言えます。

ThumbAGA(男性型脱毛症)の原因は皮脂⁉頭皮分泌と薄毛の関係!

AGAにはどんな症状がある?

男性型脱毛症AGAには具体的にどのような症状があるのでしょうか。ご自分の薄毛や抜け毛の原因がAGAかどうかそ知るためにも、AGAの症状について詳しくみていきましょう。

抜け毛や薄毛

AGAの症状として一番わかりやすいのは、抜け毛や薄毛です。健康な髪の毛の状態の人でも、抜け毛は毎日起こることなので、髪の毛が抜けること自体は当たり前なのですが、お風呂でシャンプーをしているとき、排水溝が詰まるくらい抜け毛が多いとか、朝起きた時に枕に抜け毛がびっしりついていたなど、気になるほどの抜け毛の量が見られたら、AGAである可能性があります。また、鏡を見て髪の分け目が目立ってきているとか、髪のセットが決まらなくなってきた、家族や友人から指摘されたなどで薄毛に気づくこともあります。この抜け毛や薄毛は男性型脱毛症AGAの典型的な症状です。

髪の毛にハリやコシがなくなる

抜け毛や薄毛は気になるほどではなくても、以前より髪の毛にハリやコシがなくなってきたと感じたり、昔に比べて髪の毛のボリュームが少なくなった気がすると感じたら、それはAGAかもしれません。髪の毛の本数は変わっていなくても、髪の毛一本一本の太さが細くなってきている可能性があります。AGAが進行すると、髪の毛が痩せていきますので、健康な髪の毛のようなハリやコシがなくなっていくのです。自分ではなかなか分かりづらいと思いますが、抜けた髪の毛の太さを以前と見比べてみることをおすすめします。

ThumbAGA(男性型脱毛症)のガイドライン徹底解説!【薄毛必見】

AGAの初期症状とは?

男性型脱毛症AGAを治すのに大切なことは、早期発見です。AGAは、症状が出始めてから早い段階で治療や対策を行えば行うほど、高い効果を得られると言われていて、長期間AGAを放置して症状が深刻な状態になっていると、なかなか治療の効果がでないという特徴があります。そこで、AGAをできるだけ早く発見するために、AGAの初期症状についてご紹介します。こんな症状が出たら、AGAの始まりだと自覚して、すぐに手を打ちましょう。

細くて短い抜け毛の増加

AGAが進行すると抜け毛が増えてくるのですが、もし自分の抜け毛を見て、髪の毛が細くて短いなと感じたら、それはAGAの初期症状である可能性が高いです。髪の毛をはじめとする体毛には、ヘアサイクルというものがあり、一定の期間をかけて成長し、その後退行していき、自然に脱毛します。健康な髪の毛ですとこの成長期に当たる部分が2年から6年程度と言われていますが、AGAの場合、それが数ヶ月から1年と極端に短くなります。十分に成長しないまま髪の毛が抜けてしまうため、細くて短い抜け毛が増加するのです。これをそのまま放っておくと、成長期はどんどん短くなっていきますので、早い段階でAGA治療を開始しましょう。

髪のボリュームが減っている

抜け毛が増えたわけではないのに、なんとなく髪のボリュームが減ってきたと感じたら、男性型脱毛症AGAの初期症状かもしれません。AGAでは、だんだんと髪の毛が痩せていきます。AGAの進行にともなって、髪の毛を生産している毛根が小さくなっていきます。小さな毛根からは、細い毛しか出てきませんので、髪が細く痩せてしまい、本数は変わっていなくてもボリュームがなくなったように感じるのです。なかなか気付くのは難しいのですが、最近髪のセットが決まらないなと感じたら、AGAがはじまった証拠かもしれません。

髪の毛が柔らかくなる

さきほどお話した髪のボリュームと同様、髪の毛が柔らかくなってきたと感じたら、AGAの初期症状の出はじめかもしれません。髪の毛が柔らかくなるということは、髪のコシやハリが失われてきたということです。また、髪の毛一本一本の太さも細くなっているはず。薄毛やはげの人は、総じていわゆる猫っ毛です。自分の髪を触ってみて、猫っ毛に近くなっていたらAGAを疑ったほうが良いでしょう。

頭皮のかゆみにも注意が必要?

よく、男性型脱毛症AGAの初期症状として、頭皮のかゆみがあり、気付いたらかゆみを感じていた部分が薄毛になっていたという人がいらっしゃいますが、頭皮のかゆみとAGAとはどんな関係があるのでしょうか。結論から言うと、AGAと頭皮のかゆみには因果関係はありません。頭皮のかゆみと薄毛や抜け毛がたまたま同時に起こっているだけなのですが、頭皮のかゆみにはかゆみが起こる原因がありますので、放っておくことはおすすめしません。

頭皮のかゆみの原因は、大きく二つ考えられます。一つは、AGAや薄毛対策のために育毛剤を使用していることが頭皮のかゆみの原因になっている場合です。この場合、使用している育毛剤や育毛シャンプーが頭皮にあっておらず、アレルギー反応をおこして、かゆみが症状として出ていることが考えられます。まずは、育毛剤の使用を中止して、かゆみがおさまらないようであれば医師の診察を受けましょう。

二つ目は、皮脂が多い方によくみられる症状です。頭皮の皮脂がしっかりとシャンプーや洗髪で落ちておらず、皮脂が酸化しまい炎症になって、頭皮のかゆみの原因になっていることがあります。これは、脂漏性皮膚炎と呼ばれる炎症で、頭皮の皮脂を分泌しやすい体質の方に多い症状です。いずれにしても頭皮にかゆみがあって、おさまらない場合には、皮膚科や専門医の診察を受けるようにしてください。

ThumbAGAセルフチェックで薄毛危険度診断?あなたのハゲレベルは大丈夫?

AGAの特徴について

男性型脱毛症AGAと言っても、症状の出方はひとりひとり異なります。特に、薄毛の進行の仕方には特徴があり、それぞれに名称もつけられています。ここでは、AGAによる薄毛の進行の仕方の特徴について、ご説明します。

M字型

  • 男性型脱毛症AGAにおけるM字型とは、おでこのサイドの髪の生え際から、抜け毛や薄毛が進行する特徴をもつ、AGAの症状を指します。西洋人に多く見られるのが、このM字型AGAで、アルファベットのM字のように髪の毛が後退していくためこの名称がついたようです。M字型AGAの特徴は、前頭部のこめかみ部分から抜け毛や薄毛が進行して、頭頂部の髪は残しながら進行するところです。最終的には後頭部と側頭部に髪の毛が残った状態となります。

O字型

  • つぎに、男性型脱毛症AGAにおけるO字型の特徴についてご説明します。O字型AGAの進行は、頭頂部の薄毛からはじまるのが特徴です。東洋人に比較的多く見られる症状で、アルファベットのO字の形に薄毛が広がっていきます。頭頂部の薄毛のため、自分ではなかなか気付くことができず、家族や友人から指摘されてはじめて気付いたという方も少なくないのも特徴です。そのまま進行すると、最終的には後頭部と側頭部にのみ髪を残した状態となります。

U字型

  • 最後にご紹介するのがU字型と言われるAGAの進行パターンです。U字型AGAは、日本人に最も多いAGA進行パターンで、前頭部全体が後退し、頭頂部に広がっていくのが特徴です。おでこの中央の生え際からだんだん薄毛が進行して、頭頂部にまではげが広がっていきます。最終的には、他のAGA進行パターンと同じように後頭部と側頭部にしか髪が残りません。実はこのU字型のAGA進行パターンが最も深刻度が高いと言われています。

Thumbつむじない人はいない!普通のつむじとつむじはげの境界はどこ?

AGAの症状が出る確率は?

日本では成人男性の3人にひとりが薄毛やはげに悩んでいると言われていますが、その中で、AGAの症状が出る確率はどれくらいなのが調べてみました。男性型脱毛症AGAの症状が出る確率は、ずばり約10%と言われています。つまり、10人にひとりということです。この数字は、日本の総人口に対するAGA患者数で割り出した数値ですので、もしAGA患者がすべて男性だと仮定するとその割合は、約20%になります。さらに、成人男性に限定すると約25%、つまり4人にひとりがAGA患者ということになります。

4人にひとりがAGAの症状に悩んでいると考えると、とても高確率だと思いませんか?AGAは、他人事ではない身近な症状と言えそうです。ちなみにこのAGAの症状が出る確率については、30年前のデータと比較してもほとんど増減はないそうです。

ThumbAGAは克服できる⁉治療期間は?体験談から徹底検証!

AGAの症状が出ている可能性をセルフチェック!

AGAは、初期症状が出始めたら、できるかぎり早めに迅速に治療を開始することが治療の効果をあげるポイントとなります。AGAの進行の特徴によっては、自分でなかなかAGAの初期症状に気付けないこともあります。知らないうちにどんどんAGAが進行していて、気付いたときには手遅れだったなんてことになってしまわないように、ここでセルフチェックを行ってみましょう。

AGAのセルフチェックリスト

以下に挙げる項目に、いくつ自分が該当するか数えてみましょう。当てはまるものが多ければ多いほど、AGAである可能性が高くなります。

  • 父、父方の祖父母のいずれかに薄毛やはげの人がいる
  • 母、母方の祖父母のいずれかに薄毛やはげの人がいる
  • 以前に比べて、抜け毛が増えた気がする
  • 細くて短い髪の毛が増え、髪にハリやコシがなくなった
  • 思春期以降に髪の毛が薄くなった
  • 薄毛やはげが進行しているのを感じる
  • おでこの生え際から髪の毛が後退している
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなってきている
  • おでこの生え際と頭頂部の両方から薄くなってきている


上の10項目の内、2つは遺伝的な要素に関する項目、残りは症状に関する項目です。もし、遺伝的な要素のみの該当であれば、AGAのリスクはあるけれど今のところは大丈夫ということです。症状の項目で当てはまるものがあった場合には、AGAの初期症状が出ている可能性があります。また、遺伝的要素と症状の項目どちらも当てはまった場合には、かなりの確率でAGAの初期症状が出ていると考えられますので、早めに病院を受診してくださいね。

Thumb抜毛症セルフチェック!自己採点式診断で重症度をテスト!

AGAの症状が出ている人におすすめの治療薬

現在すでにAGAの初期症状と思われるはげや薄毛の症状が出ている場合、AGA専門の病院やクリニックではどのようなAGA治療を行うかというと、ほとんどは投薬治療になります。中でも、これからご紹介する2つのAGA治療薬は、AGAに対する効果が高いと言われているものです。ここでは、そのAGA治療薬についてご説明します。

プロペシア

出典: http://scalp-d.angfa-store.jp

AGA治療薬として、最も頻繁に処方されるのが、フィナステリドを主成分とするプロペシアです。プロペシアは、AGAの原因とされるジヒドロテストステロンという男性ホルモンを抑制する効果があると言われています。プロペシアには、抜け毛を抑えて薄毛の進行を食い止める効果、効能があるとされており、使用者の口コミによると、細かった髪の毛にコシが出てきたというものもあります。はげや薄毛の原因がAGAである方には、高い効果が見られるそうです。しかし高い効果の反面、プロペシアには副作用のリスクがあります。プロペシアの副作用としては、EDや性欲減退などがよく知られており、そのほか肝機能障害や頭皮のかゆみなどもあります。副作用の出方は人によってそれぞれですので、服用はしっかりと副作用について理解したうえで行ってください。

AGAの症状でプロペシアを服用する際の注意点

あくまで基本的な考え方ですが、AGA治療の医薬品は医療費控除が適用外です。これは医療費控除に定める適用基準外(命にかかわらない治療)となるためです。しかし、AGAの治療薬、これは医師の指導により治療に必須のものであったもの、とされた場合に限り、医療費控除の適用可となる場合があります。むろん、一般病院・クリニック医師の処方で入手しなかった場合は(個人輸入などの経路での入手の場合)たとえ領収書などがあった場合でも、適用外です。AGAクリニックなど、医療機関からもらった領収書は、医療費控除が受けられます。また交通費なども合算して申請が可能です。
 

プロペシアの医療費控除を受けるには、多くの書類をそろえる必要がありますが、もっとも大事な書類のひとつに、”領収書”。これがなければ、医療費控除の申請ができないので要注意。無くさないように保管しましょう。その他、必要な物を紹介していきます。

  • 処方箋
  • 医療費の明細書
医療費の明細書には、どのような治療をどんな目的のために費用がかかったのか、詳細な情報記載が条件ですので忘れないで下さい。この明細書については医師に相談の上、対応してもらいましょう。個人輸入のプロペシアを医療費控除として申請する場合は、さらに必要な書類が増えます。納品書兼請求書、料金振込の明細書、プロペシアの梱包箱に書かれている送り状番号欄も、医療費控除の申請に必要となります。

ミノキシジル

出典: http://nayami-zero.net

AGA治療薬として、プロペシアと同じくらいの高い効果があると知られているのがミノキシジルです。ミノキシジルは、もともと高血圧治療薬として開発された薬であるため、血管を拡張し強い血行促進効果があると言われています。この血行促進効果が発毛や育毛に良い効果をもたらすとされています。抜け毛の抑制を特徴とするのがプロペシアとすると、ミノキシジルの特徴は育毛や発毛効果が高いということになります。この2つは併用して使用されることもあり、相乗効果もあるとされています。ただし、ミノキシジルもプロペシアと同じように副作用のリスクがあるAGA治療薬です。ミノキシジルの副作用には、血行促進による頭皮のかゆみや体毛の増加、むくみなどが挙げられます。心臓への負担も大きいため、服用の際には医師と十分相談しましょう。

Thumbミノキシジルタブレット(ミノキシジル錠剤)の効果と副作用【徹底検証】

AGAの症状が出ている人に改善して欲しい生活習慣

AGAの症状改善には病院での投薬治療に加え、生活習慣の見直しも大切な要素となります。ここでは、AGAの症状が出ている人に見直して欲しい、生活習慣についてご説明します。

適切な睡眠時間

AGAの改善には、適切な睡眠時間を確保することが大切です。髪の毛の成長を促進する男性ホルモンの分泌は、睡眠中に活発に行われます。特に午後10時から午前2時までの時間帯はホルモンの分泌がさかんになると言われており、この時間にベッドの中にいることがとても重要です。また、睡眠時間は毎日6時間程度を確保するようにしましょう。AGAの改善に、早寝早起きを心がけましょう。

バランスの良い食生活

髪の毛は、摂った食事の栄養素からできています。ですので、健康な髪の毛を作るためには、健康的な食事が不可欠です。特にひとり暮らしの男性は、食事が偏りがちです。コンビニやファストフード、インスタント食品は便利な反面、カロリーが高く、栄養バランスも良いとは言えません。また、これらの食事は油分が多いメニューが多いので、油を摂りすぎてしまいます。油の摂りすぎは、必要以上に頭皮の皮脂を分泌し、AGAの症状を悪化させる原因となります。毎日の食事は、できる限りバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

適度な運動

最後に、AGAの改善を目指すならぜひ取り入れてほしいのが適度な運動です。本格的にジムに通ったりしなくても、軽くジョギングをしたり、ウォーキングをしたりするだけでも十分です。運動が苦手なのでジョギングやウォーキングもハードルが高いという方は、通勤時に一駅手前で降りてその分長く歩いたり、階段を使ったりするだけでも構いません。健康作りのためにも、自分がストレスにならない程度にできることからはじめてみてはいかがでしょうか。

Thumb有酸素運動でAGAが改善できる⁉育毛促進!【体験談あり】

AGAと勘違いされやすい薄毛と症状

薄毛やはげの原因は、AGAであることがとても多いのですが、もちろんAGA以外にも原因はあります。AGAが原因でないのに、AGA用の治療を行っても効果はありませんし、健康を害してしまう可能性もあります。そこでここでは、AGAと勘違いされやすい薄毛とその症状について解説します。

脂漏性脱毛症

  • 脂漏性脱毛症とは、脂漏性皮膚炎を原因とする薄毛のことです。これは、頭皮の皮脂分泌が過剰になり毛穴が皮脂で詰まってしまって炎症を起こすことで脱毛を引き起こした状態を指します。AGAとの違いは、見た目にも分かるくらい頭皮が皮脂でべたべたしていて、毛穴も皮脂でびっしりつまってしまっている点です。脂漏性脱毛症は、外用抗真菌薬や内服薬の抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などを使って治療を行います。

円形脱毛症

  • 円形脱毛症は、頭に十円玉大の脱毛部分ができる脱毛症で、男性女性とわずに発症します。円形脱毛症の原因は極度のストレスと思っている方が多いようですが、実はこれは勘違いです。円形脱毛症の原因は毛周期の異常や内分泌障害、自律神経障害などが挙げられますが、ほとんどは自己免疫疾患が原因と考えられています。自己免疫疾患とは、外部から侵入してくる細菌やウイルスを攻撃して体を守ってくれる免疫系の機能に異常が生じて、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気のことを指します。治療方法としては、症状がひどい場合には内服薬や塗り薬を使用することもありますが、ほとんどは自然に治癒するようです。

瘢痕性脱毛症

  • 瘢痕性脱毛症とは、髪の毛を作る細胞である毛母細胞が何らかの理由で破壊され、その部分が脱毛して、新しく発毛が起こらない状態のことを指します。怪我ややけどなど、外部からの強い刺激によって引き起こされることが多い病気です。瘢痕性脱毛症を発症した部分の頭皮は、残念ながら毛母細胞が消失しているため、新たに髪の毛が生えてくることはありません。しかも、瘢痕性脱毛症は放置しておくと、だんだんその範囲が広がることもあるそうです。手遅れになる前に、皮膚科を早めに受診し、しかるべき治療を受けましょう。

粃糠性脱毛症

  • 粃糠性脱毛症とは、乾燥したフケが大量に発生してこのフケが毛穴につまったり炎症を引き起こすことに起因する脱毛症のことです。この脱毛症は、原因がいまだに特定できていない病気で、一説にはホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れが原因とも言われています。症状としては、大量のフケがでることと頭皮のかゆみくらいなので、長期に渡って放置する方も多いようですが、放っておくとAGA同様どんどん症状が進行してしまいますので、早めに医療機関を受診することが大切です。

Thumb女性の薄毛の原因はホルモンバラスの乱れ⁉改善・対策方法まとめ!

頭皮環境を整えるには育毛剤がおすすめ

育毛剤は髪の毛に必要な栄養を補給するだけでなく、血行を促進したり、炎症を抑えたり、保湿したり、と頭皮の環境を様々に整える有効成分が配合されています。医薬品のように、強い効果が期待できる反面、副作用のリスクが伴うということもほとんどないようです。特にAGAの初期症状が疑われたらなるべく早期に育毛剤で頭皮環境を整えることをおすすめします。

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

チャップアップは、センブリエキス、ドクダミエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキスなどの有効成分は有名ですが、グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCも配合しています

今チャンス!56%OFF!

チャップアップは一般の方だけではなく、AGA専門の医師からも「抜け毛が減る発毛剤」として高い評価を得ているようです。頭皮に優しい発毛剤で副作用がほぼないという点は、初めて育毛剤や発毛剤を購入する人にとっても安心できるポイントですね。気になる人はぜひ、ランキング結果や口コミを踏まえた上でチャップアップを試してみてはいかがでしょうか?

価格 9,090円
有効成分 センブリエキス他
副作用 なし
サポート体制 コールセンターあり
口コミ評価 ★★★★★
人気度 ★★★★★

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

【まとめ】AGAの初期症状が出ていないかこまめにチェック!

AGAについて詳しく解説してきましたが、どんなAGAのパターンであっても、薄毛やはげを治すには可能な限り早い段階で治療や対策を行うことが大切です。そのためにもAGAの初期症状が出ていないかをこまめに自分でチェックをして、もしAGAの初期症状と思われるものがあれば、すみやかにAGA専門の病院やクリニックでの診察を受けましょう。

もっとAGAの情報について知りたいアナタへ

ThumbAGAの原因と対策を解説!ストレスや遺伝で発症する?
ThumbAGA治療の効果まとめ!効果なしって本当?治療期間はどれくらい?

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事