AGA治療薬の副作用まとめ

AGAに悩む人にとって、AGA治療薬は救世主とも言える薬です。しかし、AGA治療薬は医薬品ですので、副作用のリスクがともないます。この副作用については必ず知っておかなくてはなりません。そこで今回は、AGA治療薬の副作用についてまとめました。

目次

  1. AGA治療薬の副作用について正しく理解!
  2. AGA治療薬の種類
  3. AGA治療薬の副作用をご紹介!
  4. AGA治療薬の副作用①ED
  5. AGA治療薬の副作用②性欲の減退
  6. AGA治療薬の副作用③体毛が濃くなる
  7. AGA治療薬の副作用④肝臓への負担
  8. AGA治療薬の副作用⑤初期脱毛
  9. AGA治療薬の副作用に関する口コミ&体験談
  10. AGA治療薬の副作用に注意したい人
  11. AGA治療薬の副作用が出る確率は?
  12. AGA治療薬の副作用が出た時の対応は?
  13. AGA治療薬の副作用が怖い人はどうする?
  14. AGA治療薬と併せて行いたい薄毛改善対策
  15. 【まとめ】AGA治療薬は副作用を理解した上で使う!

AGA治療薬の副作用について正しく理解!

近年、男性型脱毛症AGAは医学の進歩にともなって、病院で治療が受けられるようになってきました。AGA治療で用いられる治療薬は、これまでのはげや薄毛の治療薬に比べて格段に効果が高くなってきていますので、AGA治療薬を使用してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、AGA治療薬には危険な副作用のリスクも潜んでいることを忘れてはなりません。

そこでここでは、AGA治療薬の副作用の種類やその確率、もし副作用が出てしまった場合の対処方法などについて詳しくご紹介します。

AGA治療薬の種類

AGA治療薬にはどのような種類があるのでしょうか。

現在日本で認可されているAGA治療薬は、プロペシアミノキシジルの2種類です。

プロペシアはフィナステリドという成分が配合されており、脱毛抑制や薄毛の改善に効果があるとされています。ミノキシジルには、発毛を促進する作用があるとされ、経口薬であるミノキシジルタブレットや塗るタイプの育毛薬があります。

これ以外にも、これらのジェネリック医薬品など個人輸入で購入できるAGA治療薬があります。

認可されている治療薬と個人輸入で購入する治療薬の違いは、コスト安全性です。病院で処方してもらうと安心感はありますが、自費診療になりますのでコスト的には高くなります。

個人輸入ですとコストは処方薬の数分の1ですみますが、その分安全性に保証がありません。

どちらを選ぶかは、慎重に検討しましょう。

AGA治療薬は副作用を確認して選ぶ

また、AGA治療薬を選ぶ上で注意しなくてはならないのは、副作用です。

さきほどご紹介したプロペシアには、勃起不全や肝臓の機能障害などの副作用が報告されており、ミノキシジルには頭痛、腹痛、性欲減退、体毛の増加などの副作用が報告されています。

これらの副作用はだれにでも必ず起きるものではありませんが、肝臓や心臓など健康状態に直結するものであったり、男性として気になる副作用が多いですので、必ず服用前に確認するようにしてください。

Thumbプロペシアの副作用が出る確率は?効果はある?【体験談あり】

AGA治療薬を価格で選ぶ

AGA治療薬は、AGA専門のクリニックや病院で処方してもらうと、とても高額な費用がかかります。AGA治療には保険がきかないため、すべて自費診療となるからです。

例えば、プロペシアを病院で処方してもらうとしてかかる費用は、まず初診料と最初の一か月分の薬剤費で12,000円から15,000円程度かかります。

その後、通常は一ヶ月おきに通院が必要で、そのたびに再診料と薬代がかかってきます。プロペシアは1錠あたり321円ですので、毎月の費用は1万円ほどになります。これは最低限の費用であり、一人ひとりの症状によってはこれ以上の金額がかかることがあります。

しかも、AGA治療薬は基本的にずっと飲み続けなければ効果が無くなってしまいますので、この金額が死ぬまでずっとかかってしまうのです。

かなりの負担になりますね。

Thumbプロペシアのジェネリックは効果あり?値段の安い通販サイトをご紹介!

もし費用のことだけを考えるなら、AGA治療薬のジェネリック医薬品を個人輸入するという方法もあります。

この場合、たとえばプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを個人輸入で購入するとすると、まず診察料は不要です。薬代としては、個人輸入を行うサイト等にもよりますが、1ヶ月あたり1,000円前後で購入できます。

実に、病院で購入する10分の1の価格で購入できてしまいます。

この金額を見ると、個人輸入でAGA治療薬を購入するほうがいいように思えますが、個人輸入だと病院での診察がありませんので、自分の健康状態を確認することは出来ません。また、価格だけで選択して、粗悪な医薬品を購入してしまう危険性もあります。

何を重視してAGA治療薬を選択するかは、十分に考慮してから決めてください。

AGA治療薬の副作用をご紹介!

AGA治療薬を選ぶ際には、必ず副作用を確認することをお伝えしましたが、具体的にはどのような副作用があるのでしょうか。

ここからは、AGA治療薬のもたらす副作用の種類について詳しくご紹介します。

AGA治療薬の副作用①ED

EDとは、 勃起不全と言われるもので、性交渉をするときに十分な勃起が得られない状態や、勃起が維持できず性交ができない状態を言います。

EDは通常は日常生活に特に支障は及ぼしませんが、子作り中の夫婦パートナーのいる方にとっては不妊の原因にもなり、深刻な副作用となり得ます。

特に子作りは意識していないとしても、パートナーにAGA治療薬の服用を隠している場合には、相手に心配をかけたり、傷つけてしまう可能性もありますので、軽視できない副作用になります。

ほとんどの場合、服用を中止すればEDも解消に向かいますので、子作りなどに支障が出てきた場合には服用を中止しましょう。

Thumbプロペシアは子作りに影響する!?副作用と服用中の注意点まとめ!

AGA治療薬の副作用②性欲の減退

EDと同様に、普通の人は、日常生活に影響がない副作用として性欲減退があげられます。

EDとの違いは、EDは性欲自体はあるものの勃起できないという障害であり、性欲減退は、勃起できるかどうかに関わらず性欲自体が沸かないという状態であることです。

どちらにしても、やはりこれから子作りをしようと考えている夫婦にとっては、不妊の原因となり支障をきたす副作用です。

性欲減退やEDなどの男性機能障害は、子作りの障害になるほか、男性としての自信を失わせることもありますので、十分に注意が必要です。

精子の量が減少する・劣化する

AGA治療薬のプロペシアに含まれるフィナステリドには、精子そのものの量を減少させる副作用があり、また、精子の質も劣化させるという副作用もあると言われています。

精子の量が減少すれば、その分妊娠しにくくなりますし、また質の悪化も不妊の原因となります。ですので、現在、不妊治療を行う際には、治療中のプロペシア服用をやめるように指示する医師がほとんどです。

また、怖いことに、この精子減少や精子の劣化は、プロペシアの服用をやめても必ずしも復活しないといわれています。

もちろん、必ずこのような副作用が出ると言うわけではありませんが、もともと通常より精子の数が少なかったり、精子の働きが芳しく無かったりする人は、特に影響が出やすいと言われています。

AGA治療薬の副作用③体毛が濃くなる

ミノキシジルの副作用として知られるのが、体毛が濃くなるというものです。

ミノキシジルは、血流を良くする目的で作られた医薬品であり、強い血行促進効果があるとされています。そのおかげで、毛乳頭細胞まで有効成分を届けられ、発毛や育毛に効き目があると言われています。

ただし、現在の医療技術では頭皮にだけこれを作用させるということはできませんので、体中の体毛の全てに効果を発揮してしまいます。

体毛が濃くなっているということは、すなわち髪の毛にも効果が出ていると言うことでもありますので、濃くなる体毛は必ずしも副作用とは言えないと考えられます。

また、この体毛を濃くするという作用を利用して、ヒゲを濃くするために使用する人もいるほどです。いずれにしても、体毛が濃くなるだけで使用を中止する人はあまりいないようですが、体毛の自己処理はやや手間となるでしょう。

AGA治療薬の副作用④肝臓への負担

AGA治療薬の副作用として、肝臓への負担が大きいことも挙げられます。

特にプロペシアの服用での肝臓の機能障害の発生の報告が多いようですが、これはAGA治療薬に限ったことではなく、どんな薬であっても起こりうる副作用です。

AGA治療薬は、あくまでも薬=体にとっての異物ですので、その代謝や分解、解毒を行う役目を担っている肝臓に負担はかかってきます。肝臓は沈黙の臓器と言われるほど、初期の障害の段階では自覚症状がないとされています。

肝臓の障害の症状が出始めた頃には手遅れだったということにならないよう、服用の際には定期的に肝臓に異常が無いかどうかを検査することをおすすめします。

AGA治療薬の副作用⑤初期脱毛

AGA治療薬の服用を始めると、使いはじめてすぐ、一時的に抜け毛が増えてしまうことがあります。これは初期脱毛と言われるものですが、やはり初めて経験すると精神的にショックが大きいものです。

この初期脱毛は、副作用として考えられることも多いのですが、実はAGA治療薬の育毛・発毛効果が出てきていることのあらわれである場合もあります。

AGA治療薬の服用によって、これまで乱れていたヘアサイクルが改善され、新しい健康な髪の毛が生えてこようとしていて、その結果、初期脱毛が起こることもあります。

しかし、単にAGA治療薬が体質に合っておらず、何らかのアレルギー反応を起こしている結果、脱毛している場合もありますので、見極めが必要となります。初期脱毛が起こったら、しばらく様子を見て、おさまらないようであればAGA治療薬の服用は中止しましょう。

AGA治療薬の副作用に関する口コミ&体験談

AGA治療薬の副作用について見てきましたが、実際に服用している人はどのように感じているのでしょうか。

ここでは、AGA治療薬を実際に使用したことのある人や使用中の人のクチコミや体験談をご紹介します。

長いこと、育毛剤を試しました。

中には、効果があるものもありますが、飲用当初だけ、

薄毛が出て来る程度です。

けれども、とうとう皮膚科に行って相談し、

医薬品のプロペシアを使いました。



さすがに、医薬品なのでしょうか?

市販の育毛剤なんかと違って、みるみる改善し、

髪質が代わり、それまで細かったものが、太くなりました。

長いこと、気にしていた問題が、一気に吹き飛んだ思いです。

プロペシアを使って、育毛効果があったという方のクチコミです。髪の毛が太くなったそうです。

飲み始めの一時期は初期脱毛があったが、その後は治まり、抜け毛自体が減った そして産毛が生えてきたが、体中の体毛も濃くなった 現在は飲むのを何ヶ月か中断しているが、抜け毛は少ないまま、体毛の濃さも通常時に戻った 根本的な薄毛はまだ改善されていないので、再び飲み始めてみようと思う

プロペシアを飲んで、体毛が濃くなったという方の体験談です。一時的に濃くなったものの、服用をやめたら戻ったとのこと。

性欲が落ちてしまったり、精子が劣化するのは、子作り中や不妊治療中の夫婦にとってはとても困る副作用ですね。精子の劣化は不妊治療の効果を妨げる原因にもつながりかねません。

性欲減退の副作用は個人差が大きいようで、特に性欲の変化は何も感じない方もいらっしゃいます。

こちらはプロペシアのジェネリック医薬品を使用していたと言う方の体験談です。たしかに効果は感じているようですが、EDっぽくなったとのこと。このままEDが治らなかったら・・・と考えるとやはり怖いですね。

プロペシアを服用してからEDになったという事はありません。ただ服用した当時(28歳)と比べれば確実に性欲は落ちているなと思います。それがプロペシアの副作用によるものなのか、単純に老化によるものなのかは分かりませんが。

EDはなくても、性欲は無くなってきているという方も。この方がおっしゃるように、性欲減退がAGA治療薬が原因だという特定は難しいです。

AGA専門クリニックに務める友人から、子作りしたい人は避けたほうがいいと言われているプロペシア。やはり副作用はあるようですね。

性欲減退やEDだけでなく、精子そのものが正常でなくなるという噂もあるようです。これから子供を持ちたいと考えている方には、悩むところでもあります。

EDは精神的なものにも左右される病気なので、気の持ちようもあるんでしょうか。

ミノタブを飲み始めて2週間が経過しました。

すると・・・・・・・・・

ちょっと前まで生えてなかったところに産毛があるではありませんか!!

全体を見てても変化に気付きにくいと思って、生え際の一か所部分だけを集中して毎日観察していたんですが、途中から「あれれ?黒い点が見えてきてる!これはもしや・・・」と思って見ていたら、日に日に長くなってきているので、間違いなく生えてきた事を実感しました(T^T)

こちらはミノキシジルタブレットを服用した方からのクチコミ情報です。なんと服用からたったの2週間で効果を感じられたそうです。すごいですね!

私も服用2ヶ月目くらいからもの凄い勢いで体毛が濃くなりました(T_T)

特に腕が早い気がしますが・・・



手の甲や足の甲・・・

鼻毛や眉毛・まつ毛・・・



とにかく普段は成長するはずのない毛が成長します。



ということは・・・

やはり髪も成長します!

こちらの方もミノキシジルを使用している方ですが、体毛が濃くなったという副作用を感じているようです。普段成長するはずの無い体毛が成長するとは、それだけ効果が出ていると言うことなのでしょうか。

ミノキシジルは内服薬と外用薬があり、内服薬はミノタブです。問題は、頭髪以外にも腕や胸などの体毛も濃くなってしまうことです。「毛蟹」とあだ名をつけられるほど、毛深くなります。 

毛蟹とあだ名をつけられるほど体毛が濃くなるというのはすごいですね。その分、髪の毛も増えていると考えると、体毛が濃くなるくらいでは服用はやめない人が多そうです。

副作用なんて気にしない!と思って服用を続けると、大変なことになりかねません。小さなことであっても、体調に変化があったら、服用はやめてくださいね!せっかくはげやうすが治っても心臓や肝臓を悪くしては意味がありません。

血行が良くなるからか、かゆみが出る方もちらほらいらっしゃるようです。

使い始めて一年過ぎました。

効果を感じられないのでやめようかなと思っています。

こちらは効果が感じられなかったと言う方の体験談です。もしかしたら、薄毛やはげの原因がAGAではないのかもしれませんね。

肝臓が悪い人でも使用できるAGA治療薬もあるのでしょうか。健康をとるか、育毛をとるかは究極の選択ですよね。

Thumbミノキシジルを使って頭痛がひどい?副作用はある?徹底調査!

AGA治療薬の副作用に注意したい人

ThumbAGA治療で体毛が濃くなる⁉副作用と抑える方法を徹底解説!

AGA治療薬の副作用についてふれてきましたが、副作用の出方は人によって違いますし、その時々の体調によってもことなるものです。

ここでは、AGA治療薬の副作用について、特に気をつけなければならない人について、ご説明します。

不妊に悩む&子作りしている人

AGA治療薬の副作用に注意してほしい人は、現在子作り中の方や不妊治療を行っている方です。

AGA治療薬の副作用の中には、EDや性欲減退といった男性機能低下の副作用があることが報告されています。ですので、これから子作りをしようとしている方にとっては、気をつけなくてはならない副作用です。

また、EDや性欲減退の症状は感じられなくても、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分には、精子を減少させる副作用があることがわかっています。精子の数が減少すれば、その分男性不妊になる確率が上がります。

また、プロペシア服用中の精子は、精子の質が悪くなり、受精しにくいという説もあり、これも不妊率をあげる原因となってしまいます。せっかく不妊治療を行っていても、この副作用によって、不妊治療の効果が出ない可能性がありますので、注意してください。

子作り中または不妊治療中の男性は、プロペシアの服用は控えるようにしましょう。

そのような男性におすすめの育毛剤はチャップアップです。チャップアップは天然成分で主に出来ているため、精子に与える影響がないと言われています。子作り中の方はリスクをとるべきではありません。チャップアップを用いて安全な薄毛対策をしましょう。

低血圧の病気の人

AGA治療薬であるミノキシジルは、もともと血圧に問題がある人の治療薬、血管拡張剤として使用されていたものです。ですので、育毛や発毛効果以外にも、血圧を下げる作用がある薬です。

もともと低血圧の人がミノキシジルを服用すると、さらに血圧が下がってしまい、その副作用として頭痛やめまい、動悸、吐き気などの症状が出ることがあります。

血圧が下がりすぎて異常をきたすと、全身のさまざまな器官に影響を及ぼす可能性もありますので、低血圧が気になる方は、AGA治療薬の服用の前に医師に相談することをおすすめします。

AGA治療薬以外に薬を服用している人

AGA治療薬以外にも、持病などがあって定期的に薬を服用している人も注意が必要です。

AGA治療薬によっては、別の薬を併用していることで副作用を起こしたり、育毛の効果が半減したり、逆効果になってしまったりする可能性があります。

また、定期的に服用している薬のある方は、普通の人より肝臓に負担が大きくなっています。それに加えてAGA治療薬を併用するとなると、さらに肝臓に大きな負担となり、ひどい場合には肝臓の機能障害を引き起こす可能性があります。

定期的に服用しなければならない薬のある方は、AGA治療薬を服用する前に肝臓に負担をかけすぎないか、飲み合わせは悪くないかを必ず医師に相談するようにしましょう。

Thumbプロペシアの飲み合わせには併用注意の禁忌薬があるの!?

未成年や高齢者

未成年高齢者は、AGA治療薬を使用することは原則できません。

特にプロペシアについて、プロペシアの主成分であるフィステナリドは薄毛やはげの原因とされている男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの働きを抑制するものですが、この男性ホルモンは、男性器を成長させるというとても大切な働きを持っているものでもあります。

ですので、もし体の成長しきっていない未成年の男性がプロペシアを摂取してしまうと、男性器の成長が妨げられてしまい、発育障害を引き起こす可能性があります。誤って服用してしまわないように、小さな子供がいる家庭では、AGA治療薬は手の届かないところに保管しておきましょう。

また、高齢者についても、心臓や肝臓に負担のかかるAGA治療薬は健康上良くありませんので、使用しないように注意してください。

AGA治療薬の副作用が出る確率は?

プロペシアやミノキシジルといったAGAの治療薬の副作用は、薬を飲めば必ず出るというわけではありません。

AGA治療薬の副作用はだれにでも起こりうることではありますが、果たしてどれくらいの確率で出現するものなのでしょうか。

ここでは、気になるAGA治療薬の副作用の発生確率についてご紹介します。

プロペシアの副作用の発生率

出典: http://www.shibuya3clinic4men.com

まずはじめに、プロペシアの副作用発生率についてですが、プロペシアの添付文書によると、プロペシアの副作用として知られている性欲減退については1.1%の患者、勃起機能不全は0.7%の患者に副作用があらわれたという結果が記載されています。

これは、だいたい100人に1人の副作用発症率ということになり、これは他の薬剤に比べても特別高い数値とは言えません。

ですので、プロペシアが他の医薬品に比べて特別危険な薬であるとは言えず、あまりその副作用については、深刻に考える必要はないと思います。

また、プロペシアによる性欲減退については、精神的な思い込みが原因であると言う学説もありますので、あまり気に病まずにいる方がいいかもしれません。子作りや不妊治療のプレッシャーが性欲減退に影響している可能性もあります。

ミノキシジルの副作用の発生率

出典: http://usugehage.com

ミノキシジルの副作用として知られているのは、頭痛やめまい、体毛が濃くなるといったものです。

これらの副作用の発生確率は、成分の含有率によっても左右されます。例えば、ミノキシジルの含有量が1%のAGA治療薬を使用した場合には約5%の人に、ミノキシジルの含有量が5%のAGA治療薬では約9%の人に副作用があらわれるという結果になっています。

ミノキシジル含有のAGA治療薬は、プロペシアに比べると、副作用の出る確率は高めになります。

ちなみにミノキシジルには、内服をする治療薬ミノキシジルタブレットと塗るタイプの治療薬がありますが、副作用の出現する確率はほとんど変わらないとされています。

AGA治療薬の副作用が出た時の対応は?

AGA治療薬での副作用の発生率を見てきました。その確率は決して高いものではありませんが、かといって自分の身に起こらないとも限りません。もし、AGA治療薬を服用して、副作用が出てしまった場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

基本的に、プロペシアやミノキシジルを使用して、発毛や育毛以外の症状があらわれた場合には、すぐに服用を中止します。

頭痛やめまい、動悸などの症状は放っておいたり、育毛効果が見られるからといって我慢してしまえば、結果的に健康を害することにつながってしまいます。また、塗るタイプのミノキシジルを使用していて、頭皮がかぶれたり、かゆみがある、湿疹ができたなどの場合もすぐに使用を中止しましょう。

EDや性欲減退といった男性機能に関する副作用の場合、子作り中であったり不妊治療中で無い人にとっては特に気にしないことかもしれませんが、将来、いざ子作りをしようと思った時に不妊の原因になったりする可能性もありますので、すみやかに服用を中断することをおすすめします。

肝臓については、自覚症状が出にくい部分ですので、定期的に血液検査を実施して、もしその数値に異常が見られる場合には、服用を中止して様子を見るようにしてください。

AGA治療薬の副作用が怖い人はどうする?

薄毛やはげに悩んでいていて、AGA治療薬の高い効果は魅力的に感じるけど、やっぱり副作用があったら怖いという方が大勢いらっしゃると思います。

たとえば性欲が無くなるくらいならいいけど、EDになるのは嫌だし、肝臓が悪くなったり、心臓に負担があるのも怖いですよね。未婚の若い男性であれば、将来的に男性不妊になってしまったらどうしようなどと心配はつきませんね。

そこでAGA治療薬を使用してみたいけど、その副作用が怖くて勇気が出ないという方のために、少しでも副作用のリスクを軽減する方法についてご紹介します。

個人輸入でAGA治療薬を購入しない

AGA治療には、健康保険が使えません。ですので、AGAの治療はすべて自費診療となります。そのため、AGA治療にかかる費用は、とても高額になってしまい、しかもAGA治療はずっと半永久的に続けていかなくては効果が無くなってしまうため、経済的な負担も大きくなってしまいます。

そこで、よく利用されているのが、個人輸入でのAGA治療薬の購入です。

主にAGA治療薬のジェネリック医薬品を個人で海外から輸入して使用するというもので、その費用は数分の1におさえられます。また、通院の手間も不要ですので、忙しい方にはぴったりの購入方法だと思います。

インターネット上には、海外から個人輸入でAGA治療薬を購入できるサイトが多数ありますので、この中でクチコミ情報などをもとに探しましょう。

しかし、個人輸入でAGA治療薬を購入することにはリスクもつきものです。

そもそも購入したAGA治療薬が本物である保証はありませんし、もし購入したAGA治療薬が粗悪な品質で、育毛や発毛の効果があるどころか、EDや不妊を引き起こしたり、肝臓や心臓などに負担をかけて健康を害してしまう可能性もあります。

ですので、もしAGA治療薬の使用に少しでも不安を感じているのなら、費用の安さをとるのはあきらめて、きちんと正規のルートで購入したAGA治療薬を使用するようにしましょう。

特に子作り中の方や不妊治療を行っている方は、粗悪なクオリティのAGA治療薬が胎児に影響をあたえないとも限りません。子作りしている方や不妊治療中の方は、原則AGA治療薬は服用しないか、もしくは、かかりつけの医師へ相談した上で、病院で処方されたAGA治療薬を使用しましょう。

ThumbAGA治療薬を個人輸入は危険⁉おすすめできない理由や注意点まとめ!

専門のクリニックに相談

AGA治療薬のもたらす副作用のリスクが怖い方は、まずはAGA専門の病院やクリニックに相談してみましょう。

自分の薄毛やはげの症状についてはもちろん、AGA治療薬を服用したときの副作用について、こういう部分が怖いとか、こういった副作用が気になるとか、たとえ小さなことであっても相談してみましょう。

そういった相談を親身にきいてくれる病院は信頼できますし、治療を受けるときに選ぶべき病院と言えます。

また、子作り中であったり、不妊治療中であったり、もともと肝臓や心臓に不安を抱えているなどの方は、その旨を伝えたうえで相談すれば、的確なアドバイスをもらえるかもしれません。

Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!AGAクリニックおすすめランキングTOP 3

AGA治療薬と併せて行いたい薄毛改善対策

プロペシアやミノキシジルなど、育毛や発毛に高い効果を得られるとされているAGA治療薬ですが、せっかく服用するのであれば育毛薬の最大限の効果を発揮させたいと思いませんか?

もし、AGA治療薬の効能を上げたいのなら、AGA治療薬の服用以外の薄毛や育毛対策もあわせて行ってみてはいかがでしょうか。あわせて使用することで、相乗効果を得られるかもしれませんよ。

ここでは、AGA治療薬の服用とあわせて行いたい薄毛の改善対策をご紹介します。

育毛剤の使用

薄毛やはげの改善のために、AGA治療薬とあわせて使用をおすすめするのは、塗るタイプの育毛剤の使用です。

プロペシアをはじめとするAGA治療薬は経口で摂取するものがほとんどですので、AGA治療薬で体の内側から育毛剤で外側から薄毛や抜け毛にアプローチして、育毛や発毛の効果を促します。

育毛剤には、AGA治療薬と同じ成分を使用している医薬品の育毛剤や、通信販売やインターネットで販売されている育毛剤、薬局やドラッグストアで市販されている育毛剤などさまざまな種類があります。

どの育毛剤が良いかは、一人ひとりのはげや薄毛の原因や症状によって異なります。また、育毛剤とAGA治療薬との組み合わせの相性もありますので、そのあたりも考慮して使用する育毛剤を選んでみましょう。

AGA治療薬と併用したいおすすめの育毛剤

出典: http://ikumounin.com

育毛効果をあげるために、AGA治療薬と併用するのにおすすめしたい育毛剤は、フィンジアです。

フィンジアは、最新の育毛有効成分と言われるキャピキシルとピディオキシジルを配合した育毛剤で、さきほどからご紹介しているミノキシジルと同様の効果を持つとされています。

ミノキシジルと得られる効果は同様ですが、副作用のリスクはミノキシジルより少ないため、ミノキシジル特有の副作用が気になる方にも安心して使っていただけます。

フィンジアには、育毛・発毛の有効成分が他の育毛剤に比べて高濃度で配合されているため、とても高い効果が期待できる製品として人気があります。フィンジアは、頭皮の環境改善効果発毛育毛促進効果があると言われている育毛剤です。

Thumb安くて効果の高い育毛剤は⁉比較ランキングTOP7!【口コミあり】

シャンプー&洗髪方法の見直し

薄毛や育毛対策の基本として一番最初に行って欲しいことは、正しいシャンプー洗髪です。

シャンプーや洗髪には、育毛や発毛を行うのにふさわしい健康な頭皮環境を整える効果があるとされています。また、正しいシャンプーや洗髪をすることで、AGA治療薬や育毛剤の効果をよりいっそう高めることが出来るといわれています。

シャンプーは、できれば普通のシャンプーではなく、育毛シャンプーを使用することが理想です。普通のシャンプーだと、どうしても洗浄力が強すぎて、頭皮に刺激を与えすぎてしまいます。

育毛シャンプーを使用したシャンプーや洗髪でしっかりと汚れや余分な皮脂を落として、新しい健康な髪の毛が生えてきやすい環境を整えて、AGA治療薬を使用しましょう。

AGA治療薬と併用したいおすすめの育毛シャンプー

出典: http://www.rifondazionepuglia.org

プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬と併用して使用するのにおすすめしたい育毛シャンプーが、チャップアップシャンプーです。

チャップアップシャンプーは、人気の高い育毛剤チャップアップシリーズのシャンプーバージョンで、ノンシリコンのオーガニックシャンプーです。育毛剤のチャップアップは、有名ショッピングサイトの人気育毛剤ランキングで常に上位にランクインしているなど、かなり効果が高く人気ですので、シャンプーにも効果が期待できそうです。

このチャップアップシャンプーは、5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで配合されており、毛髪診断士と美容師が共同開発したシャンプーですので、その成分は頭皮にも優しく、かゆみや湿疹など、頭皮にトラブルを抱えている方でも安心して使用できます。

チャップアップシャンプーは、育毛剤のチャップアップやAGA治療薬と合わせて、抜け毛や薄毛対策にぜひ使って欲しい育毛シャンプーといえます。

Thumbチャップアップシャンプーの成分解析と評価のまとめ!効果の口コミもご紹介

生活習慣の見直し

育毛や発毛の治療には、高い効果のあるとされているAGA治療薬の使用ももちろんですが、規則正しい生活習慣を身につけることも大切です。

特に睡眠と食事については、十分に気をつけましょう。

たとえば、育毛に不可欠な男性ホルモンの分泌は睡眠中に行われているとされていて、特に午後10時から午前2時までの間はホルモンの分泌がさかんになります。ですので、この時間帯は必ず睡眠時間に当てるようにしましょう。また、毎日の睡眠時間は6時間程度確保することを心がけてください。そのためには、毎日の早目早起きが大切になります。

また、偏った食生活や不規則な食生活も育毛の大敵です。コンビニの弁当やレトルト食品、ファストフード、インスタント食品などばかり摂取していると、カロリー過多になりがちですし、栄養のバランスも良くありません。

また、こういった食事は油物も摂りすぎる傾向にあり、油の摂りすぎは、薄毛やはげに悪影響となる頭皮の皮脂を増やしすぎてしまいます。野菜中心のバランスの取れた食生活を目指しましょう。

Thumb薄毛対策は生活習慣から⁉今からできる簡単改善方法10選!

【まとめ】AGA治療薬は副作用を理解した上で使う!

はげや薄毛の原因であるAGAの治療に抜群の効果を発揮するとされているAGA治療薬ですが、治療薬の効果が高い分、その副作用も大きくなっており、軽視できません。

まずはAGA専門の病院やクリニックで自分の現在の健康状態を確認し、十分なカウンセリングを行ってから、AGA治療にのぞみましょう。特に、これから子作りを予定している人やまさに子作り中の方、不妊治療中の方は、その旨をきちんと医師に伝えてください。

プロペシアやミノキシジルをはじめとするAGAの治療薬は、それぞれの副作用やリスクについてしっかりと理解したうえで、用法と容量を守って正しく使用してくださいね!

もっとAGA治療薬について知りたいアナタへ

Thumb飲む育毛剤(発毛剤)ランキング10選!効果・副作用を比較解説!【AGA治療薬】
Thumbプロペシアは効果あり?効果なし?副作用はある?発毛までの期間を写真で検証!
Thumbミノキシジルタブレット(ミノキシジル錠剤)の効果と副作用【徹底検証】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事