ミノキシジルは内服薬と外用薬の併用が出来る⁉︎副作用と効果は?

AGAの治療薬として有名な『ミノキシジル』には内服薬と外用薬が存在します。2つの種類のある『ミノキシジル』は併用して使う事ができるのでしょうか?そして、内服薬と外用薬併用時の副作用や気になる効果について情報をまとめてみました。

目次

  1. ミノキシジルの内服薬と外用薬の併用っていいの?
  2. ミノキシジルの効果は?
  3. ミノキシジルの内服薬と外用薬を比較!
  4. ミノキシジルの内服薬と外用薬の併用の効果は?
  5. ミノキシジルの内服薬と外用薬併用はM字部分の発毛に効く?
  6. ミノキシジルの内服薬と外用薬併用の効果を画像で確認
  7. ミノキシジルの内服薬と外用薬併用の副作用は?
  8. ミノキシジルの内服薬と外用薬併用の際服用量はどうする?
  9. ミノキシジルの内服薬・外用薬でおすすめは?
  10. ミノキシジルの内服薬とプロペシアの併用は効く?
  11. ミノキシジルと違いフィナ系外用薬がマイナーなのは何故?
  12. 【まとめ】ミノキシジルの内服薬・外用薬併用を試してみよう!
  13. ミノキシジルの関連記事はこちら
  14. ミノキシジルの副作用が心配な方にオススメの育毛剤はこちら!
  15. もっと育毛剤について知りたい方はこちら

ミノキシジルの内服薬と外用薬の併用っていいの?

AGA治療薬として使用されているミノキシジルには、内服薬と外用薬の両方があります。内服薬はミノキシジルの含有率別で3種類に別れています。

・ミノキシジル2.5mg
・ミノキシジル5mg
・ミノキシジル10mg

勿論、ミノキシジルを多く含んでいる方が発毛効果を期待できると言えるでしょう。また外用薬はミノキシジルを頭皮に塗るタイプとなっています。外用薬のミノキシジルのリアップシリーズはドラッグストアで入手することもできます。このミノキシジル育毛剤には、ミノキシジルを1%含んでいるものと、5%含んでいるものとがあります。

外国製の育毛剤ではミノキシジルを10%以上含む外用薬もあります。効果に関しては、やはりミノキシジル濃度が高いものの方が発毛効果が期待できると言われています。しかしそういったM字部分へ濃度の高い外用の育毛剤を使用することで効果を期待できる半面、頭皮に痒みを生じるなどの副作用が報告されることもあります。ミノキシジルの外用薬等を初めて使う方は、ミノキシジル含有率の濃度があまり高くないものから試してみる方がよいと言われています。

これらのミノキシジルを含んだ内服薬と外用薬を併用することによって、とそれぞれを単体で使用するよりもM字部分のAGA治療に対して発毛効果を期待することができると言われています。しかしミノキシジルの発毛効果が高いければ高いほど、どうしても内服薬・外用薬共に副作用を起こす可能性が出てきてしまうとも言われています。

Thumbミノキシジルタブレットの正しい飲み方って⁉︎5mgと10mgで違う?

ミノキシジルの効果は?

出典: https://www.osakado.org

ミノキシジルは、プロペシアと同様に厚生労働省から医薬品認可を受けているので、M字部分の薄毛で悩んでいる多くの方々の頭髪改善に効果があると言われています。ミノキシジルの内服薬を服用することで、体は血管を拡張し血流を増やします。そして髪の細胞分裂を促し、発毛を促進します。 ミノキシジルの働きとしては、それまで髪の毛が生えていなかった毛根に刺激を与え、細くなっていた毛を太くしっかりと成長させると言われています。

ミノキシジルの内服薬と外用薬は両方の併用により発毛に効果的と言われていますが、注意すべき点としては、もともとミノキシジルが血圧を下げる経口血圧降下剤として開発されていることです。ミノキシジルの作用として、内服薬や外用薬を使うことによって体中の毛細血管が拡張し血圧を下げる働きをすることが挙げられています。

実はミノキシジルの1970年台には既に臨床の現場で使用されていました。その時の実験で副作用としての多毛症が多く報告されたことで、発毛の外用薬として頭髪に使用するという試験が行われたのです。その実験の際、男性の薄毛に高い発毛効果を発揮したことで、ミノキシジルの成分がAGA治療等に有効な成分であることが分かったとされています。

しかしこれまで、ミノキシジル外用薬のみの使用ではAGA治療等に一定の効果があるにせよ、十分納得できる発毛効果は得られていないとされていました。外用薬だけではなくミノキシジル内服薬も併用することで、発毛に対して相乗効果があることが明らかになっていると言われています。

Thumbミノキシジルの効果は飲む(ミノタブ)と塗るどちらが効く!?副作用も解説!

ミノキシジルの内服薬と外用薬を比較!

ミノキシジル成分の含有率が高くなればなるほど、そして服用量や使用量を多くすれば多くするほど、内服・外用共に発毛の効果が高くなると言われています。しかしそのことを喜んでばかりもいられません。なぜなら服用量を増やした際のミノキシジルの副作用についても考慮に入れなくてはいけなくなるからです。AGA治療や薄毛治療のためにミノキシジルを初めて使用する方は、内服・外用共にミノキシジルの成分含有率が低いものから使用を始めるのがよいとされています。

内服と外用の発毛効果の違いですが、体内で直接ミノキシジル成分が吸収することができる内服薬と比べると、頭皮に塗る外用薬のミノキシジルの吸収率はかなり低いとされており、M字部分のはげ改善等に関しての明るい報告は、どうやら圧倒的に内服に軍配があがってしまうとされています。

Thumbミノキシジルタブレット(ミノキシジル錠剤)の効果と副作用【徹底検証】

ミノキシジルの内服薬と外用薬の併用の効果は?

ではその発毛効果をより高めるという目的のために、ミノキシジルの内服薬と外用薬を併用したなら結果はどうなるのでしょうか?

これに関しては、内服薬と外用薬の併用で服用量や使用量が増えることによって発毛に相乗効果をもたらすと言われています。しかし確かな発毛効果が感じられる育毛剤というものは、同時に副作用のリスクを考慮にいれることが必要になってきます。もし貴方がミノキシジルの個人輸入をしているのであれば、ミノキシジルの内服薬と外用薬を併用し、その服用量や使用量をどんどんと増やす前に、ミノキシジルについてもっと知っておくべきことがあるとされています。

それは内服薬であるミノキシジルタブレットは、育毛剤としては日本で認可されてない薬だということです。ミノキシジルの内服薬は、クリニックなどの然るべき医療機関で医師によって本人の状態を見ながら投与していかなくてはなりません。そうでなければ、M字部分への発毛効果が出ないどころか体に激しい副作用が起きて、発毛効果どころか逆に体調悪化を引き起こしてしまうこともあると言われています。

内服薬のミノキシジルタブレットは、本来血圧を下げる薬として開発されました。ですからM字部分などの薄毛治療のためだけにタブレットを服用することで薬の強い作用により低血圧を誘発し、副作用が起こる可能性も十分に考えられます。クリニックの医師のもとで、タブレット服用についての知識を得ることを考慮にいれましょう。

Thumbミノタブ(ミノキシジルタブレット)を処方してくれるおすすめの病院は⁉

ミノキシジルの内服薬と外用薬併用はM字部分の発毛に効く?

そんなミノキシジルですが、内服薬と外用薬の併用することでM字部分への発毛効果はどういった影響を受けるのでしょうか?

M字部分の発毛に対しての確かな効果という面では、どちらかというと内服薬がお勧めと言われています。加えて体の外からもM字部分などの髪の生え際にたっぷりミノキシジルの外用薬を塗布することで、気になるM字部分のはげに対してのダイレクトな改善対策をとることができます。

しかし内服薬と外用薬を併用し服用量や使用量を増やしていけば、何となく想像するイメージとしては、単純に考えて服用量や使用量の増加でミノキシジル成分が体に高く浸透して、AGA治療という面で効果抜群になるのでは!と思ってしまいがちです。内服か外用かというどちらか片方の使用のみよりも、内服もタブレット服用量を増やし、外用もローションの使用量を増やすことで、その発毛効果を実感する方もいらっしゃるようです。

外用薬についてヒトコト、前頭部のM字はげ部分にミノキシジルをたっぷり塗布して薬が吸収されることを“経皮吸収”と言いますが、経皮吸収される割合はわずかに1%だと言われています。反対に内服薬はタブレットを服用すると成分は肝臓で分解され、そこから体中の血管に入りますので、体中をミノキシジルがめぐることになります。

ミノキシジルは経皮吸収では吸収率がよくないと言われていますが、内服薬の服用では高い効果をあげることが可能と言われています。内服薬はM字部分のはげに対して、大きな発毛効果を促すと言われています。しかしM字部分だけではなく、同時に体全体の毛が濃くなるという現象が起こるとも言われています。

体毛が濃くなることがそのまま体調不調に直結するわけではありませんが、見た目の問題として“見栄え”がよくないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。例えば“手の甲の毛がフサフサしていること”が他人の目から見たら、何だか身だしなみを気に配っていない人のように思われてしまうと気になる方もいるようです。

Thumbミノタブ服用で体毛が濃くなる!?副作用で多毛症を発祥する?徹底調査!

ミノキシジルの内服薬と外用薬併用の効果を画像で確認

ミノキシジルの内服薬の服用や外用薬の塗布の効果が現れるまでには、ある程度の時間がかかると言われています。数カ月過ぎても効かないからといってミノキシジルの服用量などをむやみに増やさず、気長にAGA治療に取り組んでいくことが大切です。

また内服薬と外用薬の併用することに関しては、プロペシアとミノキシジルとの組み合わせもお勧めとされています。
口コミ

  • ポラリスNR-03は3本目。ミノタブ、フィンペシア、リジンの効果を実感しております。今後、つむじがもっと濃くなれば最高。
 
  • ミニタブ飲み始めて半年は経過してます。一時劇的に回復してフサフサしてたはずなのに、それからなぜか脱毛が酷くなった!?回復を願ってます。
 
  • 2本目終了。つむじの部分の薄毛は変わらず。抜け毛は減っていることは間違いない。あと4ヶ月は続けます。
 
  • 最強コンボ(ポラリスNR-11、フィンペシア1mg、ミノキシジルタブレット10mg、ナゾルシャンプー1本 、プレミアムリジン)です。AGAクリニックではイマイチでしたが、こちらでしっかり効果を実感してます。

Thumbつむじハゲにはプロペシアとミノキシジルが効く⁉育毛効果を検証!

ミノキシジルの内服薬と外用薬併用の副作用は?

内服も外用もミノキシジルの含有量が多ければ多いほど発毛効果が高くなると言われていますが、その分副作用の発生する割合も高まるとも言われています。内服薬と外用薬を併用することで副作用が起きやすくなることが考えられますので、何らかの持病を持っている方などは、内服薬であれ外用薬であれ、ミノキシジルを使用する際には始める前、クリニックの医師に使用についての相談をすることをお勧めいたします。

ミノキシジルタブレットの内服薬は外用薬と違ってミノキシジルの含有量が多いのですが、日本国内では承認されていません。そして内服薬は外用薬よりもより発毛効果が高いとされていますがその分、副作用が発生する可能性も高いと言われています。

内服薬の副作用としては、ミノキシジルの持っている血管拡張の効果によって血圧が低くなりやすいことがあげられます。血圧の低下は「心拍数の増加によるむくみや吐き気」を起こりやすくするとも言われています。

ミノキシジルはそもそも高血圧患者のために開発された薬です。もし貴方が高血圧のため医師から降圧剤を処方されているならば、内服薬なり外用薬を併用することで血圧が下がりすぎてしまう可能性もあるわけです。

また外用薬の副作用として最も多いとされているのが、以下の点です。

① 頭皮のかゆみや炎症
② 頭皮の湿疹や脂漏性皮膚炎

例えばミノキシジル1%を使用した場合は、副作用が発生する割合としてはミノキシジル使用者のうちの約5%と言われています。そしてミノキシジル5%を使用した場合には、1%の時の倍近くの使用者に副作用が見られるとされています。しかし、副作用のすべての原因がミノキシジルという証拠があるわけではありません。リアップシリーズのミノキシジルの含有量は実はごくわずかなので、使用による入重大な副作用が出る可能性は少ないとされれています。実際に使用してみることで頭皮やM字部分などにかゆみがでるかどうかは分かりますから、始めは少量をM字部分などに使用して、様子をみてはいかがでしょうか?

もし副作用が出た場合には、直ちにミノキシジルの使用を止めて、クリニックの医師の診察を受けることが重要と言われています。

Thumbミノキシジルを使って頭痛がひどい?副作用はある?徹底調査!

ミノキシジルの内服薬と外用薬併用の際服用量はどうする?

ミノキシジルは、AGA治療において内服と外用を併用すると相乗効果があると言われています。ではミノキシジルの適切な服用量とは一体何mgなのでしょうか?

もちろん内服の服用量も外用薬の使用量も多ければ多いほど、発毛の効果は高いとされれていまが、本来ミノキシジルは高血圧の治療薬として患者様に処方されていたわけです。当然のことですがミノキシジルの使用、特に内服の服用量と血圧との関係に注意を配らなければいけません。特に心疾患の既往のある方などにミノキシジルを処方する際には、医師は非常に慎重な判断が必要とされるといわれています。それぞれの患者さ様のミノキシジル服用量に関しては、患者様一人一人体の状態に沿って、内服の服用量を提案していくことが重要とされています。

A:一日1回 2.5mg 1錠
B:一日1回   5mg 1錠
C:一日2回 2.5mg 2錠 計5mg

これらのように効き目が強いとされている内服薬に関しては、少量の服用量から初めて3カ月から半年ほど間は同量の服用量を続けながら様子をみるのがよいと言われています。また効果が感じられないからといっていきなり服用量を多くしても、かえって内服薬の効果は出にくいとも言われれています。

もしくは内服・外用を同時に開始せずに、どちらか一方を使用し始めた時には、副作用に注意しながらミノキシジルを使うことも考慮に入れていくことも大切です。例えば皮膚が弱い方などは、内服薬から始めるのがいいかもしれませんね。クリニックの医師に内服時の服用量などを相談しながら、AGA治療や薄毛の治療をしていきましょう。

Thumbミノキシジルの初期脱毛が続く期間は?抜け毛が止まらない⁉︎

ミノキシジルの内服薬・外用薬でおすすめは?

ところで現在世界的にもミノキシジルの内服薬に関しては、ジェネリック薬品の占める割合が圧倒的に高くなっているのが特徴です。

「ロニテン」はミノキシジルの内服医薬品です。そのロテニンの正規ジェネリック医薬品を「ミノキシジルタブレッ、値段においてはロニテンのおおよそ3分の1の価格となっています。

また内服薬の効果に関してですが、ロニテン自体のAGA治療に関しての実績については多くの例が挙げられています。しかし今日ではそのジェネリック医薬品であるミノキシジルタブレットの改善報告もロニテンを上回るとも言われており、データ上でもロニテンと同様の効果をあると言われています。

現在のAGA治療においては、外用ミノキシジルのみではなく、内服薬の服用によって体内から内服の発毛効果を発揮させる方法が主流とされているようです。ミノキシジルタブレットはその中でも代表的な内服薬医薬品と言われています。

外用薬としてM字部分などに発毛効果が高いとされているのは、「ポラリス」です。ポラリスとは、アメリカの「ポラリス社」が販売する製品で、ポラリス社は、AGA治療の効果が高いとされている外用薬であるミノキシジルを専門的に研究している製薬会社です。また同社は発毛に特化した成分構成を独自に開発していると言われており、ミノキシジルを配合した商品を多く販売しています。

その中でもポラリスがミノキシジルシリーズの特徴として挙げられる点は、「ミノキシジルが5%以上含有したものが中心となっている」ことです。それらの成分にプラスして発毛に関係する栄養素などをブレンドすることによって、M字部分などへの高い発毛効果が発揮されることが話題になっているようです。

Thumbロニテン(ミノキシジルタブレット)の効果と副作用まとめ!

ポラリスのシリーズ全品を通じての発毛に関する追求テーマとしては、「頭皮のミノキシジル吸収効率の高さ」にこだわるという点です。そういった意味でポラリスは、M字部分などのAGA治療に関しての発毛効果を十分期待できる外用薬と言われています。ところで肝心のポラリスのミノキシジル濃度ですが、それぞれミノキシジルは含まれている製品が、5種類販売されています

・ミノキシジル5%
・ミノキシジル7%
・ミノキシジル12%
・ミノキシジル15%
・ミノキシジル16%

ポラリスだけではなくミノキシジル外用薬の特徴として、ミノキシジル濃度が高くなればなるほど製品がベタつくことが指摘されています。例えばミノキシジル濃度が10%以上の製品においては、頭皮に塗布する際には、まるでジェル状の整髪料を頭にべったりつけたような状態になりやすいと言われています。

ポラリスのミノキシジル10%以上の製品も、頭皮やM字部分などに塗布した時、やはりそういった感触が挙げられます。それに加えてポラリスには「ポラリススメル」と呼ばれる薬品独特の匂いがあります。しかし匂いに関しては、髪の毛が乾いた状態であればほとんど匂わなくなるそうなので、ポラリスの使用後すぐに外出予定がある時には、完全にM字部分や髪の毛を乾かしてから外出するようにしましょう。気になる方は、乾きやすいミノキシジル12%のスプレータイプを使うことをお勧めいたします。(ポラリスは、ローションタイプがほとんどです)

「ポラリス」の検索結果 | ポラリスNR-09[ミノキシジル15%]... | オオサカ堂

ミノキシジルの内服薬とプロペシアの併用は効く?

AGA治療などにより大きな効果を得たいのならば、「プロペシア」とミノキシジルの併用をお勧めいたします。プロペシアの内服は発毛効果に多いなる効果があると言われています。

具体的にはプロペシアの主成分であるフィナステリドを内服薬として服用すると、フィナステリドが髪の毛の正常なサイクルを狂わせる原因となる「5αリダクターゼ」に作用します。プロペシアは男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることを抑制してくれます。AGA治療に大切なのはテストステロンがジヒドロテストステロンへと変わることを抑えることです。プロペシアの働きでジヒドロテストステロンは脱毛シグナルを発しなくなるのです。プロペシアの内服によって、弱った毛根は段々と正常なヘアサイクルを取り戻していくと言われてます。またプロペシアの内服と外用薬としてのミノキシジルとの併用が、AGA治療に相乗効果をもたらすとも言われています。

ミノキシジルはプロペシアが正常なヘアサイクルを取り戻そうとする働きをサポートするとされています。そしてプロペシアとミノキシジルの併用が頭皮の発毛する力をさらに高めていくとされています。

ミノキシジルはプロペシアを後押しすることで毛根に続いている毛細血管を拡張し体に流れる血液の量を大幅に増やすと言われています。このようにプロペシアの服用とミノキシジルの使用はお互いがお互いを助けあう作用をしていると言われているため、プロペシアとミノキシジルとは育毛剤として相性がよいと言われています。

もちろん最初はどちらか片方、例えばプロペシアの服用だけでもかまいません。育毛剤の併用というものには慎重を期さなくてはいけないと言われていますが、プロペシアとミノキシジルの併用は体への負担があまりないと言われていますので、試してみるのもよいでしょう。

Thumbミノタブとプロペシア併用が効く⁉効果や副作用を徹底調査!

ミノキシジルと違いフィナ系外用薬がマイナーなのは何故?

ちょっとわき道にそれますが、ミノキシジルの場合と異なり、フィナステリドやデュタステリドの外用薬はほとんどありません。何故ミノキシジル系と違い、フィナステリドは外用薬がないのか?これがミノキシジルについていえば、副作用があるが効果が強い内服薬と、副作用の心配はあまりなく効果もそこそこの外用と、ちゃんと用途が分かれておりラインナップも充実。とっても分かりやすいのですが、、、・

現在、製薬会社はフィナステリド外用薬を積極的に作ろうとはしてません。憶測レベルの話になってしまうのですが、

  • フィナステリドに外用薬を開発はしたものの商品化にはいたらなかった
  • とんでもない危険性がある(皮膚吸収による幼児や妊婦への体内浸透のリスク)
  • コストに見合わなかった
、、、と、こんなところが思い浮かびます。フィナステリドやデュタステリドを使った外用薬は唯一「ポラリス」が有名です。が、これもどちらかといえばミノキシジル配合の方が前面に推されているので、フィナ単体での効能がどれほどのものなのか?よく分からないところ。

整理すると、ミノキシジルでAGAの症状のほとんど9割はカバーできるので、まずはミノキシジルで試してよっていう、製薬会社の暗黙のメッセージなのかもしれないですね。そういう医薬品の中のポジションの微妙な問題で、フィナステリドの外用薬はマイナーなのかもしれないです。

AGA治療の大定番「プロペシアやミノキシジル」でさえ、効かないという人もいらっしゃいます。フィナステリドの効果にも人によって様々だと思いますので、現状の薄毛治療に不満のある方は、フィナステリドの外用薬に手を出してもいいのかもしれないですね。

ThumbポラリスNRシリーズの評判を徹底比較!効果や副作用を解説【口コミあり】

【まとめ】ミノキシジルの内服薬・外用薬併用を試してみよう!

ミノキシジルの内服薬・外用薬の併用についてはいかがでしたか?併用には副作用もありますので慎重にならなくてはいけませんが、プロペシアとミノキシジルの内服薬・外用薬の併用など、育毛剤同士の相性がよい組み合わせもあります。体の状態を考慮しながら試してみましょう。

ミノキシジルの関連記事はこちら

Thumbミノキシジルは髭(ひげ)に効果あり⁉︎髭が濃くなるのは副作用の影響?
Thumbミノタブとフィンペシアの併用の効果と副作用まとめ【飲み方も解説】

ミノキシジルの副作用が心配な方にオススメの育毛剤はこちら!

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

AGA関連医師の圧倒的支持、ランキング1位
副作用も安心の無添加、天然由来成分の育毛剤

56%OFF

ミノキシジルの副作用が心配だけれど薄毛を治したい!そんな人に私たちがオススメするのはチャップアップです。チャップアップは専門家からもオススメされていて、大変よく売れている育毛剤です。副作用のリスクも少ないと言われているので是非試してみてはいかがでしょうか。

もっと育毛剤について知りたい方はこちら

Thumbチャップアップで産毛が太くなる⁉濃くなる?気になる効果を検証!
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!育毛剤・発毛剤ランキングTOP 5
Thumb【厳選】ハゲケン編集部が選んだ!女性のための育毛剤ランキング

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事