プロペシアのジェネリック医薬品を徹底解説!ファイザーって?

世界初の内服育毛剤として有名なプロペシア。昨年、日本初となるプロペシアのジェネリック薬がファイザー社から発売されました。価格が安いというイメージが先行するジェネリックですが、先発品となにが違うのかご存じですか?ジェネリック医薬品の知られざる姿を解明します!

目次

  1. プロペシアのジェネリックって何?
  2. プロペシアの主成分とは?
  3. プロペシアジェネリックの種類
  4. プロペシアのジェネリックには日本製のものもある!
  5. プロペシアジェネリックの効果
  6. プロペシアジェネリックには副作用のリスクも!
  7. プロペシアジェネリックの体験談をご紹介!
  8. プロペシア正規品とジェネリックの価格差は?
  9. プロペシアのジェネリック、海外製も含めて選択肢を検討する
  10. プロペシアのジェネリック品入手方法
  11. プロペシアの副作用が怖い方にはこちらの育毛剤がオススメ!
  12. 【まとめ】プロペシアのジェネリックで手頃な薄毛対策を!
  13. プロペシアのジェネリックに関連する記事はこちら

プロペシアのジェネリックって何?

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・モンドセレクション2017にて金賞を受賞
・使用者の97%が効果を実感
・AGA関連医師の評価で3冠獲得

無香料・無添加で敏感肌の人も安心!

そもそもジェネリックとは?

テレビCMなどの影響もあってか、最近ではジェネリック薬品の存在が広く浸透してきました。調剤薬局でジェネリックの利用可否を確認されることも多くなってきました。ジェネリックと言えば低価格というイメージがありますが、そもそもジェネリックとはどんな薬なのでしょうか。通常、薬は製薬会社が新たな薬効をもつ薬を開発し、認可を受けて発売されます。これを「先発医薬品(新薬)」と言います。先発医薬品の開発には、莫大な研究費等がかかるため、開発した製薬会社は、薬の構造や製造方法、用途に特許を取得し、特許期間中は、その販売を独占します。対して、ジェネリックとは後発医薬品とも呼ばれ、特許期間後に他の製薬会社が、先発医薬品と同じ有効成分を同量使用して作られた薬です。すでにその効果や安全性が立証されている成分を使用するため、開発費用を削減できます。その分、ジェネリック薬は安価で販売ができるのです。

プロペシアのジェネリックとは?

プロペシアは、米メルク社によって開発されたAGA(男性型脱毛症)治療薬の先発医薬品です。AGAの原因とされる男性ホルモンに作用し、日本でもその効果が認められています。2005年に、厚生労働省より正式に医療用医薬品として認可され、MSD社から販売されています。先発医薬品は、新薬開発にかかる莫大な費用を薬価に反映させるため、どうしても高価になりがちです。そのため、薬を使用する患者は、安く手に入るジェネリックの登場を待っています。2015年、ようやく国内初となるプロペシアのジェネリックがファイザー社から発売されました。2015年4月に、ファイザー株式会社から販売開始されたフィナステリド錠「ファイザー」が、日本における正式なプロペシアのジェネリック薬第1号です。現在は、ほかにも数社からプロペシアのジェネリック薬が製造、販売されており、数種類のジェネリック薬が流通しています。2015年に日本で初めてプロペシアのジェネリック薬が販売された、と聞くと「あれ?変だな。自分は2015年以前から、ジェネリックを使っているけど?」と思われる方がいるのではないでしょうか。そういった方のジェネリック薬は、海外で作られた製品の可能性があります。日本国内におけるジェネリック医薬品は、先発医薬品と同等の品質、効果、安全性があることを証明したうえで、厚生労働省の審査、承認を受けることが必要になっています。厚生労働省に承認されて初めて、正規のジェネリック薬と呼ばれるようになります。インドではかつて、薬品の成分における物質特許を認めないことが慣例となっており、効果のある新薬が発売されると、特許が切れるのを待たずにジェネリック薬を製造販売していました。そのため、日本よりも早い時期にジェネリック医薬品を製造販売することが出来たのです。日本で承認されていない海外製造のジェネリック薬と聞くと、その安全性や効果はどうなのかと不安に駆られるものです。その有効性については一定の効果があるとの口コミがありますが、購入方法が個人輸入などに限られるため、偽物が出回る可能性も高く、リスクも伴います

Thumbチャップアップを半年使用した効果とは?【1ヵ月・3ヶ月の経過写真・体験談あり】

プロペシアの主成分とは?

薄毛に悩むAGA患者への画期的なAGA治療薬として登場したプロペシア。プロペシアは1日1回、毎日飲んで効く、内服タイプの育毛剤です。プロペシアの育毛効果は日本でも認められ、医師の処方箋によって購入が可能な医療用医薬品として認可された育毛剤となっています。プロペシアは、AGAのおもな原因と言われる男性ホルモンに作用することで、脱毛を防ぎ、乱れた毛髪のヘアサイクルを整えることで、薄毛を改善する効果があると言われます。この効果を生み出す源が、プロペシアの有効成分であるフィナステリドなのです。

主成分は「フィナステリド」

プロペシアの主成分はフィナステリドで、1錠中に0.2~1.0mg含まれています。フィナステリドは抗アンドロゲン薬といわれ、男性ホルモンの働きを抑制する作用があると言われています。とくにプロペシアは5α還元酵素阻害薬と呼ばれ、その働きを阻害するとされています。男性の薄毛の原因AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)で起こるとされています。DHTとは、男性ホルモンのテストステロンに5α還元酵素が作用することで生成されます。このDHTが男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛を促進すると言われているのです。プロペシアの主成分であるフィナステリドには、5α還元酵素の働きを阻害し、DHTを生成しにくくする作用があると言われています。原因物質を作りにくくすることで、脱毛を阻止する狙いです。そのため、髪は途中で脱毛することなく、乱れた毛周期を改善することができるのです。プロペシアは育毛剤として開発された薬品ではありません。当初は前立腺肥大の改善薬として開発され、商品名をプロスカーと言いました。しかし、プロスカーを使用した患者からの、毛髪が増えたという副作用の報告を多数受け、改めて育毛剤として開発し直された経緯があります。

ThumbAGA治療薬フィナステリド(プロペシア)の歴史について徹底解説!

プロペシアジェネリックの種類

プロペシアとは、アメリカメルク社で開発された、フィナステリドを主成分とした薬の商品名です。同じフィナステリドを主成分とした、海外製のプロペシアのジェネリック薬は「フィナステリド剤」という成分名を使用した総称か商品名で呼ばれることが多いのです。プロペシアは世界60か国以上で使用されている育毛剤です。ジェネリック薬を含めたフィナステリド剤となると、かなりの数のフィナステリド剤が出回っています。個人輸入などの販路が整備されている昨今は、日本で購入できるフィナステリド剤の種類も相当な数に上ります。

フィンペシア

フィンペシアは、プロペシアのジェネリック薬のなかでも古株のひとつでしょう。インドでも第3~4位の大手製薬メーカー、シプラ社が製造販売しています。フィンペシアの主成分フィナステリド含有量もプロペシアと同様に作られており、服用方法もプロペシアと全く同じです。

Thumbプロペシアとフィンペシアの違いは?効果・副作用比較!

フィナロ

フィナロはインドのインタス社が製造販売するプロペシアのジェネリック薬です。インタス社もまた世界展開する製薬会社で、主成分フィナステリドもプロペシアと同量含有されており、服用方法も同様です。フィンペシアに比べると、錠剤が取り出しやすいという口コミが散見されます。

Thumbフィナロの効果や副作用は?フィンペシアとの違いは何?

フィナバルド

フィナバルトもまたインドの製薬会社イーストウエストファーマ社が製造販売するフィナステリド剤で、プロペシアのジェネリック薬です。フィナバルドは完全個包装型になっており、中の錠剤は白色でプロペシアよりひと回り小さく、フィンペシアに酷似しています。

Thumbフィナバルドは効くの⁉効果や副作用を徹底調査!

ジェネリック薬の個人輸入にはリスクがある

プロペシアのジェネリック薬は、ほかにもエフペシア、フィナロイド、フィンカーなどインド製のジェネリック薬が多数存在します。個人輸入で購入することで、薬代の節約になるということと、効果効能がプロペシアと遜色ないという点で選ばれているようです。しかしながら、個人輸入には大きな落とし穴があります。購入したジェネリック薬が、正規の医薬品である保証はどこにもなく、万が一、重篤な副作用が見られた場合になんの保障もないということです。そのため、個人輸入が前提のジェネリック薬はおすすめとは言えません。

Thumbプロペシアの個人輸入は偽物の危険あり?個人輸入代行店ごとの価格をご紹介!

プロペシアのジェネリックには日本製のものもある!

厚生労働省に正式に認可された医薬品であるプロペシアの正規ジェネリック薬は、先発医薬品であるプロペシアと有効成分が同一で効果効能も同様と認められた医薬品です。そのため、後発医薬品と言えども、先発医薬品のプロペシア同様、医師の処方箋がないと購入ができません。現在、日本で購入することができるプロペシアの正規ジェネリック薬は、全部で4種類です。2015年4月の「ファイザー」を皮切りに、「サワイ」、「クラシエ」、そして2016年9月の「トーワ」と1年半ほどの間に4種類もジェネリック薬が登場してくるのもまた珍しいと言います。

①ファイザー

2015年4月、国内初となる正規のプロペシア後発医薬品「ファイザー」が発売されました。他社に先駆けて承認認可を取り付けたファイザー製薬は、世界売上1位の製薬会社です。しかし、今回、後発医薬品の製造販売を認可されたのは、本社ではなく、日本のファイザー株式会社です。通常、先発医薬品の特許期間は20年と言われています。今回、プロペシアの特許期間が終了していないうちに、後発医薬品「フィナステリド錠ファイザー」の販売が認可されたという経緯から、ファイザー社へのさまざまな憶測が飛び交ったと言われています。フィナステリド剤「ファイザー」もまた、0.2mgと1.0mgの2種類があり、用法、用量は、先発医薬品のプロペシアと同様です。外箱を含め、薬の外観もまたプロペシアに酷似しており、今までプロペシアを服用してきたひとにも服用しやすい作りになっています。錠剤の表には「pfizer」と刻印され、裏にはフィナステリドの含有量を示す「SU0.2 」もしくは「SU1.0」が刻まれています。0.2mgの方は28錠入りのPTPシート、1.0mg含有のものには28錠と140錠入りのシート2種類と90錠入りのボトルがあります。

Thumbプロペシアのジェネリック医薬品を徹底解説!ファイザーって?

②サワイ

2016年に入り、プロペシアのジェネリック薬が「ファイザー」以外にも登場しました。2016年3月に発売されたのが、フィナステリド錠「サワイ」です。0.2mgと1.0mgの2種類のフィルムコーティング錠で、それぞれ薬品名を「サワイ」と言います。「サワイ」の製造販売元である「沢井製薬株式会社」は、大坂に本社を置く医薬品の製造販売を行う製薬会社です。企業理念である「なによりも患者さんのために」をスローガンに、ジェネリック医薬品の開発と普及に努めており、後発医薬品のリーディングカンパニーとして知られています。フィナステリド錠「サワイ」は、プロペシアとほぼ同じ形状、色の錠剤となっています。錠剤には、表に社名の「SW」とフィナステリドを意味する「FS」、さらに含有量を示す「0.2」もしくは「1」が刻印され、裏にはフィナステリドの含有量を示す数字のみが刻まれています。

③クラシエ

沢井製薬のフィナステリド錠発売から遅れること1ヶ月、2016年4月に発売されたのが、クラシエのフィナステリド錠「クラシエ」です。クラシエは、フリスクなどの食品やボディシャンプーなどの製造販売を行っていることから、ご存じの方も多いのではないでしょうか。クラシエは、以前のカネボウ・トリニティ・ホールディングスが母体の企業で、現在ではホーユーが100%株式を取得しています。シャンプーなどの生活用品をはじめ、お菓子やアイスクリームなどの食品、漢方薬や医薬品の販売などを手掛けています。なお、厚生労働省からこの「クラシエ」の製造承認を受けたのは、大輿製薬株式会社です。大興製薬株式会社は、埼玉県川越市に本社を構えるジェネリック医薬品メーカーとなっており、「クラシエ」の販売はクラシエ薬品株式会社で行っているようです。フィナステリド錠「クラシエ」もまた、フィナステリドを0.2mgと1.0mg含有した2種類の錠剤を販売しています。クラシエの錠剤の色や形状はプロペシアと酷似していますが、錠剤の刻印は識別番号のDFNL(0.2mg)またはDFNH(1.0mg)のみとなっています。フィナステリド錠「クラシエ」には、28錠入りと140錠入り(フィナステリド1.0mg含有のみ)のシートタイプがあります。ほかのジェネリック薬よりも割安であることから人気を博し、過去入荷待ちになった地域もあると言われています。

④トーワ

現在、国内で購入できるプロペシアの正規後発医薬品としては4番目に当たるフィナステリド錠「トーワ」は、2016年の9月に販売を開始しました。東和薬品は、「すべての方々にこころから喜ばれ、求められる企業」を目指してジェネリック薬の開発製造にまい進しています。フィナステリド錠「トーワ」は、ほかのジェネリック薬同様、フィナステリドが0.2mgと1.0mg含有された2種類の錠剤を販売しています。0.2mgはシートタイプのみの販売ですが、1mgはシートタイプとボトルタイプがあり、ボトルでも30錠と手頃な数なのが特徴です。また、錠剤本体を見ると、「フィナステリド 0.2 トーワ」もしくは「フィナステリド 1 トーワ」と、製品名がそのまま印字されています。ほかのメーカーのフィナステリド錠が、アルファベットや識別番号なのと比べると、非常にわかりやすくなっています。

Thumbフィナステリド「サワイ」「クラシエ」の効果と価格の違いを解説!

プロペシアジェネリックの効果

プロペシアのジェネリック薬は、海外のジェネリック医薬品も、正規のジェネリック医薬品も、育毛剤としての効果は高いという喜びの口コミが多く見られます。いずれも主成分フィナステリドを使用している点は共通しており、フィナステリドの育毛剤効果を感じている方も多いのです。ジェネリックは先発医薬品と同じ成分を用い、同等の効果効能が見られた医薬品のことを指します。そのため、先発医薬品同様の効果が見られることは、当然の帰結とも言えます。しかし、効果があったという口コミとともに、ジェネリックでは効果がなかったという口コミも見られます。同じ有効成分を使用し、同じ効能を謳っている医薬品なのに、効果が出ないということがあり得るのでしょうか。実は、ジェネリック薬全般を考えたときに「ジェネリック薬が効果に乏しいこともある」と考えている医師もいるというアンケート結果があります。ジェネリック薬は、確かに有効成分は先発医薬品と同じものを同量使用しますが、添加物などが同じとは限りません。また、製造過程も各社異なるため、錠剤の溶解速度や有効成分の分解などに差異が出てくる可能性があると言います。そのため、同じ効果を謳っていても、先発医薬品と後発医薬品がまったく同じ効果を得られるとは限らないと言われています。また、有効性の審査においても許容範囲を設けているため同じとは言えず、ひとによっては後発医薬品は効果が薄いと感じる場合があると言われているのです。また、後発医薬品の承認基準は国によって異なるそうです。日本の審査基準が厳しいとはよく言われますが、ほかの国の審査基準が日本と同等とは言い切れないところがあります。そのため、海外のジェネリック医薬品を使用した場合には、十分な効果を感じられない可能性もあります。

Thumbフィナステリドのみ使用で薄毛に改善できる⁉効果を体験談まとめ!

プロペシアジェネリックには副作用のリスクも!

プロペシアの副作用は、男性機能の低下がよく知られています。ジェネリック薬もまた、男性機能に影響があるのでしょうか?ジェネリック医薬品は、先発医薬品と主成分が同じです。そのため、効果も同等とされる反面、副作用のリスクもまたジェネリックにも引き継がれると言われています。それは、問題となる副作用が、主成分として使用されているものが原因で起こる場合が多いためです。プロペシアは育毛剤としての効果も高いと言われる医薬品ですが、副作用の可能性がある育毛剤としても知られています。プロペシアの副作用としてよく言われるのが男性機能の低下です。男性機能の低下は、プロペシアの主成分、フィナステリドが原因で起こる副作用と言われています。正規のジェネリック薬として認可されているファイザーをはじめ、サワイ、クラシエ、トーワについても、当然ながら、フィナステリドが主成分として使用されています。そのため、プロペシア同様、男性機能の低下に代表される副作用がみられる可能性がないとは言えないのです。では、プロペシアと同じ主成分フィナステリドを使用している国内外のジェネリック薬には、どのような副作用の可能性があるのでしょう。また、男性機能の低下以外にも副作用はあるのでしょうか?さらにジェネリック薬特有の副作用は?ひとつひとつ、細かく確認していきましょう。

男性機能が低下する

プロペシアの副作用として巷で心配されているのが、リビドー減退(性欲減退)、勃起不全、射精障害、精液量の減少など男性機能の低下です。これら男性機能の低下については、臨床試験でも報告されており、プロペシアの主成分フィナステリドの副作用とされています。男性機能の低下は、プロペシアの主成分フィナステリドがもたらす副作用のため、当然、フィナステリドを使用しているジェネリック医薬品でも同様の副作用が発生する可能性があると予測されます。ネット上では、ジェネリックでも男性機能の低下が起きたという経験談も見られます。

Thumbフィナステリド(プロペシア)が子作りに与える影響とは?服用の注意点!

男性機能以外の副作用

フィナステリドの副作用については、男性機能の低下が頻繁に取りあげられますが、ほかにも薬剤特有の蕁麻疹や発疹、血管浮腫などの症状が出る可能性があると言います。また、抑うつ症状などの精神症状が見られる傾向もあり、男性機能の副作用とともに問題視されていると言います。そのほかに重篤なものとして肝機能障害の可能性が挙げられます。内服薬の場合、肝臓で代謝されます。そのため、肝機能障害の可能性もありますが、発生率は高くないと言われています。しかし、肝臓の機能に関しては、もともとの肝臓の状態によっても変わるため注意が必要です。また、プロペシアやジェネリック薬の主成分フィナステリドは、女性には禁忌の成分です。服用はおろか、皮膚からも成分が吸収されるため、接触することも禁止です。とくに、妊婦さんの場合は、胎児の生殖器への影響が懸念されるため、十分に注意をするようにしてください。

Thumbフィナステリド服用すると健康診断に影響が出る⁉申告をしなければならない理由!

ジェネリック薬特有の副作用

ジェネリック薬には、先発品のプロペシアに使用されていない成分が含まれていることもあります。それは、主成分とは別の添加物にあります。以前、フィンペシアという海外ジェネリック薬のキノリンイエローという添加物が問題になったことがあります。キノリンイエローは、黄色203号とも呼ばれ、タール系色素のひとつです。フィンペシアでは、着色料として使用されていました。キノリンイエローには発がん性や子供の運動、学習に問題を起こす可能性がある物質と言われ、日本では食品への添加が認められない物質です。しかし、医薬品への添加は禁止されておらず、また、現在は、キノリンイエローフリーのフィンペシアが製造されたことで解決を見ています。このようにジェネリック薬には、添加物として特有の成分が使用される場合があり、その副作用がある可能性もあることを認識しておきましょう。

Thumb キノリンイエローフリーのフィンペシアの副作用は?効果は?

服用を止めれば治る?

多くの副作用は薬の服用を中止すると、副作用も改善されると言われています。しかし、なかには服用を中止しても、副作用が改善しない場合が見られると言います。とくに、男性機能の低下や抑うつ症状などにその傾向が見られると言い、ポストフィナステリド症候群と呼ばれています。ポストフィナステリド症候群は、目下研究中のため、はっきりしたことはわかっていません。イギリスやスイスでは比較的早い時期から注意喚起が行われました。2012年にアメリカではポストフィナステリド財団を立ちあげ、ポストフィナステリド症候群の研究が進められています。プロペシアも、プロペシアのジェネリック薬も、いずれも医療用医薬品です。医薬品は効果が高い反面、副作用が起こる可能性もあるとされています。医薬品の効果には個人差があるため、すべての人に効果があるとは言えません。同様に、副作用もまた必ずしも出るとは限らないのです。

Thumbフィナステリド服用中止すると⁉途中でやめたらどうなる?【注意点】

プロペシアジェネリックの体験談をご紹介!

では、実際にプロペシアのジェネリック薬を利用している使用者の感想はどうなのでしょうか。プロペシアのジェネリック薬の体験談は、国内の正規ジェネリックが発売されてから、まだ間もないこともあり、圧倒的に海外ジェネリック使用者の体験談が多いです。

海外ジェネリックの体験談

もともと猫っ毛で毛量も少なく、若い頃から頭髪でからかわれることもあった男性が、35歳を過ぎて、いよいよ自分の薄毛に焦りを感じてきます。その頃、同じく薄毛に悩んでいたはずの知人Aさんに再会。その際に、何とAさんの頭は髪でふさふさになっていたのです!薄毛に悩む仲間だと思っていた知人の毛髪が、ある日を境にふさふさに転じていれば、薄毛に悩むひとは誰だってその秘密を知りたくなるのが必定です。話を聞くと、AさんはAGA治療の専門病院に通い、飲む育毛剤のプロペシアを服用していたのです。薄毛に悩む仲間だと思っていた知人の毛髪が、ある日を境にふさふさに転じていれば、薄毛に悩むひとは誰だってその秘密を知りたくなるのが必定です。話を聞いたところAさんはAGA治療の専門病院に通い、飲む育毛剤のプロペシアを服用していたのです。Aさんで効果を目の当たりにしたこの男性はプロペシアをネットや本で調べ、ますますプロペシアの育毛剤としての有効性を確信します。しかし、彼はここでまた“高額な治療費用”という新たな壁にぶつかるのです。なんでも、A氏は薬代の安い病院に行っているそうですが、それでも1ヶ月(28錠分)の値段が7000円ほど。 1錠の値段は約250円程度ですが、正直かなり高額と言えます。しかも、毎月病院に通院するというのは手間も時間もかかります。「薄毛は何とかしたいが、なるべく費用は抑えておきたい…」そう考えた男性は調査を続け、ついに個人輸入という答えにたどり着きました。男性が最初に目をつけたのは、プロペシアの海外版でした。日本で販売されているプロペシアを製造しているMSDの親会社であるメルク社が、アメリカで製造販売しているプロペシアを発見したのです。日本のプロペシアよりも割安ですが、まだ飽き足らず調査を続けます。そして、ついに男性は、プロペシアの外国製ジェネリック「フィンペシア」とめぐりあいます。男性は、割安な海外ジェネリック薬があるのに気づき、フィンペシアを注文。ここから、本格的にフィナステリド錠を使ったAGA治療を始めました。以下は、治療を始めて6ヶ月後の男性の感想です。

  • 服用を始めて6ヶ月が経ちますが、薄毛に悩んでいた私でも「もう、ハゲではない!」と明言できるまで髪が生えてきました!飲み方は1日1錠、お茶か水で飲んでいます。実際に育毛効果を実感したのは2ヶ月目あたりからで、3ヶ月目からじわじわと髪が生えていきました。よく、服用している人から性欲減退の副作用の報告があると聞きましたが、私は特に体調が変わるということもありませんでした。  ただ、フィンペシアやエフペシアはジェネリック医薬品ということで、本家と比べると不安に思う方も多いと思います。 信頼性という面では、やはりインド製のジェネリック医薬品は本家よりも見劣りしてしまうということは事実だと思います。

その後、男性はフィンペシアからフィナバルドに移行、最近ではデュタステリドを服用して毛髪を維持しているようです。

正規ジェネリックの体験談

海外製のジェネリック薬の体験談が多い中、国内初の正規ジェネリック薬であるファイザーを使用した方の体験がありました。この方もまた、35歳くらいから自身の薄毛が気になり始め、AGA専門クリニックを受診。治療の一環としてファイザーを処方されたということです。

  • ファイザー社のフィナステリド錠をAGAクリニックで処方して貰いました。その際に、体質に合っているか確認するため、血液検査まで行ってくれるので安心して服用できるのが良いですね。ファイザー社のフィナステリド錠は「先発医薬品と同じ成分が配合されているので効果も同じはず」そう期待して服用を続けてみたら3か月後には細く短く弱々しかった髪の毛が少し太くなってきて、4カ月5か月と使用するごとにどんどん髪の毛が太く長くなり、6か月後にはハッキリと髪の毛が戻ってきたのを実感する事ができました。 最初は「効果が無かったらどうしよう…」と不安でしたが、しっかりと効果を実感できたので良かったです。ただ、服用を始めた時に初期脱毛が起きるのが難点ですね。 かえって脱毛する髪の毛が増えてしまい焦りましたが、そのうち自然に治まったのでホッとしました。 その他にも男性ホルモンに作用する成分が配合されているためか、性欲が落ちると言った副作用が見られました。

 

やはり、正規のジェネリック薬であるファイザーを利用する最大のメリットは“安心感”でしょうか。血液検査も行ってくれるということで、ますます安心感は強まりますね。この方は、ファイザーを利用して、経済的に薄毛を改善できたと満足感を感じているようです。しかし、この方は初期脱毛と男性機能低下(性欲減退)を体験していらっしゃるようです。この2つの症状は副作用のなかでもよく聞かれる症状です。万が一、このような副作用が起きたとき、個人輸入とは違って相談できる窓口(AGA専門クリニック)があるというのは心強いのではないでしょうか。正規のジェネリック薬であるファイザーは、先発品のプロペシアと比較しても、海外製のジェネリック薬ほどの価格差はありません。しかし、万一、重篤な副作用が出たときの処置や補償などの安心感を考えた場合、国で認められた正規のルートを辿っておいた方が良いと思います。

Thumbフィナステリドの処方に保険適用はされない⁉理由や費用の相場を検証!

プロペシア正規品とジェネリックの価格差は?

先発品のプロペシアは、育毛剤としての高い効果は実証済みというメリットがありますが、いかんせん値段が高いというデメリットがあります。育毛剤としてプロペシアを使用する場合、長期の利用が前提になっています。長期間高額な治療費を支払うのは、患者にとって大変な負担です。その負担を軽減するべく登場するのがジェネリック薬で、ファイザーやクラシエなどの国内の正規ジェネリック薬をはじめ、フィンペシアなどの海外製のジェネリック薬を含めると、薄毛治療にまい進する患者にも多くの選択肢が用意されていると言えるでしょう。ここで確認しておいていただきたいのが、AGA治療は保険の適用外ということです。日本において、薄毛治療は自由診療となり、処方薬が同じ場合でも、病院によってその費用が異なるのです。つまり、先発医薬品であるプロペシアであっても、病院によって値段が違うということです。とはいえ、薬価にはおおよその目安があり、先発品のプロペシアは1錠あたり¥230~290、それに対して、正規ジェネリック薬のファイザーが¥210~270、サワイやクラシエは¥180~210、トーワに関しては¥133前後で販売されているところが多いようです。もちろん、上記は薬の値段だけの話で、病院の窓口で支払う費用は、診察費などが上乗せされることも忘れてはいけません。厚生労働省のお墨付きを受けた正規ジェネリックでさえ、価格に幅があるのですから、海外のジェネリックの薬価の幅はさらに広がると予想がつきます。海外のジェネリック薬の入手ルートとして、もっとも使用されるのが個人輸入代行業者の利用です。海外の医薬品を輸入するためには、個人輸入という手段が必要です。しかし、個人輸入を行うには手続きが煩雑なため、個人輸入を代行してくれる業者を利用するのが一般的なのです。個人輸入代行業者を利用する場合にはネット通販が主流です。日本のAGA患者がもっとも好むと言われている「フィンペシア」をはじめ、「フィナロ」「フィナバルト」「フィンカー」などさまざまな海外ジェネリック薬を購入することが可能です。その価格は、個人輸入代行業者によっても異なるうえ、為替レートなどによっても変動します。また、薬品の種類によっては、国内の正規品プロペシアや正規ジェネリック薬の1/10程度で購入できる場合もあり、価格の幅が大きいのも特徴となっています。

Thumbフィナステリドとプロペシアの違いとは?効果・副作用や価格を比較!

プロペシアのジェネリック、海外製も含めて選択肢を検討する

海外のジェネリック錠剤は実はジェネリックではなかった!

上記でご紹介してまいりました国内製のフィナステリドのジェネリック錠剤ですが、他方で海外製のジェネリック錠剤「フィンペシア」「フィナロ」「エフペシア」などを個人輸入代行業者を通じて、より安価に入手できることはご存知の方も多いでしょう。しかし、このフィンペシアその他、海外製ジェネリック錠剤と呼ばれる一群は、実は先発品のプロペシアの特許申請が下りていないのです。なので、正規の薬事法にのっとって言えば、違法な薬品という扱いになります。

しかし、それは分かっていても圧倒的な安さに惹かれて愛用されている方は多いと思います。100錠で2000円程度のコストパフォーマンスです。対してプロペシアは5500円前後ですので、これは圧倒的に安価といってよいでしょう。フィンペシアはインドのシプラ社が製造元ですが、インドの経済事情や人件費の安さにより、これほどの差が生じているようです。一錠あたりで計算しても、先発品のプロペシアが200円後半、クラシエやトーワ、ファイザーなどの国内ジェネリックが200円前後、対して海外製品は20円程度となるので、約10分の1です。

個人輸入はリスクが多いというデメリットもある

しかしメリットづくめのように見えるフィンペシアなどの海外製フィナステリド錠剤ですが、個人輸入であるという点は注意しないといけません。個人輸入で偽薬をつかまされたという報告例は数多く、枚挙に暇がないです。個人輸入業者も独自に鑑定していると謳っているサイトがありますがあくまで「独自」です。入手した品がシプラ社製のフィンペシアであるという保証は100%ではない、という警戒心を常に持つことが必要です。

今後のジェネリック市場は価格競争になる!

170億円以上のプロペシア(フィナステリド)市場ですが、今後もまだまだ大きくなる余地があります。他の製品会社も参入してくる可能性も大いにありますし、フィナステリドのジェネリック錠剤の市場も、必然的に活発化するでしょう。フィナステリド錠剤は服用を長年続けることが前提となった薬です。服用を止めるということはイコール、もとの薄毛の状態に戻ることを意味しています。そのため毎日、真面目に用法用量を守る努力、毎月クリニックに通うために払う時間的、経済的コストなど、あらためて考えるといろいろな負担があります。ジェネリック錠剤のメリットは安さにつきます。今後さらなる価格競争が激しくなることが予想されますので、ユーザーも常にアンテナを張って行きたいところです。

Thumbフィンペシア・フィナロ・エフペシアの違いは⁉効果や副作用まとめ!【比較】

プロペシアのジェネリック品入手方法

医薬品のため病院で処方してもらう

「AGAは病気です!」というCMによって、病院で治療できることが身近になりました。また、国内で医療用医薬品とされているファイザーやクラシエなどの正規ジェネリック薬は、病院で処方箋をもらわないと購入ができません。そのため、病院で処方してもらうのが一般的です。

Thumb病院で処方される育毛剤と市販品の違いは⁉効果を徹底比較!

低価格に抑えたい方は個人輸入という方法も

しかしながら、病院で治療を受けるには高額な費用がかかります。その費用を抑えたいひとのなかには、海外のジェネリック薬を使用するという選択をする人がいます。海外のジェネリック薬を入手する方法として利用されるのが、個人輸入です。自分で薬品を個人輸入するためには手続きが必要となります。それを嫌って、個人輸入代行業者を利用する傾向があります。個人輸入代行業者を利用すると、簡単にネットで購入が可能です。手軽に、しかも経済的に海外のジェネリック薬を購入することができるのです。しかし、個人輸入代行業者のなかには、いわゆる“悪徳”と言われる業者も存在し、販売している海外のジェネリック薬が正規品である保証はありません。全面的に個人輸入代行業者を信頼したうえでの購入となることを認識しておきましょう。また、病院で処方された薬で、薬の重大な副作用がみられた場合、国の「医薬品副作用被害救済制度」の対象になります。しかし、個人輸入や個人輸入代行業者を通じて入手した薬を使用し同様の副作用がみられた場合は、この措置は受けられないということも覚えておく必要があります。

Thumbフィナステリドの価格総まとめ!

プロペシアの副作用が怖い方にはこちらの育毛剤がオススメ!

プロペシアは飲む育毛剤として広く知られ、その育毛剤としての効果が優れていることでも有名でしょう。しかし、その副作用には男性機能の低下やポストフィナステリド症候群など、怖いものも多く、育毛剤としては使いたいが、副作用が怖い、という方も多いことでしょう。しかし、プロペシアのような医薬品はもちろん、それ以外のどんな薬であっても副作用がないものはないと言われています。育毛剤はその効果によって、化粧品→医薬部外品→医薬品とランク分けされています。医薬品の副作用が怖いひとには、化粧品や医薬部外品の使用がおすすめです。

チャップアップ

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

・天然由来成分で副作用の心配なし
・無香料・無添加で敏感肌の人でも安心
・第三者機関による商品調査で安全性を証明

無期限返金保証制度あり!

チャップアップは“人体にたいして穏やかな効き目がある”とされている医薬部外品の育毛剤です。防腐剤などの添加物不使用で、育毛成分が32種類も配合された“塗る育毛剤”です。育毛成分が、頭皮の血流を改善、頭皮の環境を整えることで、育毛促進効果があると言われています。

アイテム
チャップアップサプリの画像
チャップアップサプリ

・ノコギリヤシを始めとする18種類の有効成分配合
・食品なので副作用のリスクはなし
・不足しがちな亜鉛などの栄養素を補給できる

育毛剤とセットで56%OFF!

チャップアップにはサプリメントもあります。ノコギリヤシなどの育毛に効果があるとされる有効成分を18種類も含んだサプリメントです。サプリメントは、食品とされているため、副作用の可能性は低いと言われています。安心して、育毛したい方にはおすすめです。

Thumbチャップアップとプロペシアの効果を口コミ徹底比較!おすすめは併用⁉

BOSTONスカルプエッセンスは化粧品?

アイテム
【育毛エッセンス】ボストンの画像
【育毛エッセンス】ボストン

・ピディオキシジルの使用で副作用リスクを軽減
・医学会からの認定済み
・天然成分使用で頭皮への負担を軽減

180日間の返金保証付き!

ボストンスカルプエッセンスは化粧品に属する育毛剤です。有効成分に含まれるアカツメクサエキスには、5α還元酵素の働きを抑制する効果があると言われています。また、ミノキシジルから副作用因子を取り除いた分子構造を持つと言われているピディオキシジルも配合されています。

アイテム
【育毛サプリ】ボストンの画像
【育毛サプリ】ボストン

・育毛に必要な4つの成分をバランス良く配合
・5000人以上の方のデータをもとに開発
・国内工場で品質を徹底管理

使用者の満足度92.6%!

ボストンにも育毛サプリメントが用意されており、ノコギリヤシや亜鉛、イソフラボンなど育毛に必要な栄養素がバランスよく配合されています。サプリメントという性質上、劇的な効果は期待できませんが、スカルプエッセンスと併用して育毛環境を改善する方が多いようです。

Thumbボストンスカルプエッセンスの効果の口コミまとめ!評価はどうなの?

【まとめ】プロペシアのジェネリックで手頃な薄毛対策を!

いかがでしょうか。今回は、プロペシアのジェネリック薬についてご紹介しました。プロペシアのジェネリック薬には、海外製のものと国内のものがあるということ、国内のものは正規ジェネリック薬として、厚労省から認可されていることがお分かり頂けたのではないでしょうか。今まで、AGA治療で処方されていた先発医薬品のプロペシアと比較すると、正規ジェネリック薬は効果は同等、料金的には割安で使用できます。しかし、国内の正規ジェネリック薬にも価格差があり、ファイザーはやや高め、クラシエやトーワは比較的安めの設定になっています。万が一、重篤な副作用が出た場合の補償などを考えると、正規のルートで処方される国内のジェネリック薬がおすすめですが、経済面をさらに重視する向きには、個人輸入代行業者などを通じて入手できる海外のジェネリック薬という選択肢も存在します。海外のジェネリック薬を購入するときには、偽物などを掴まされないためにも、個人輸入代行業者を精査する必要があります。育毛は一朝一夕には効果がでません。長期間継続する必要があるAGA治療だからこそ、患者それぞれの都合に合わせた治療法が必要なのかもしれません。医薬品のほかにも、医薬部外品や化粧品など、育毛に効果があると言われているものはたくさんあります。効果の出方はひとそれぞれ。先発品、ジェネリック薬、市販品、それぞれのメリット、デメリットを考えた上で、自分に一番適していると思う育毛剤を選ぶようにしましょう。どうしても副作用が気になる方は、上記でも紹介したチャップアップなどの医薬部外品の使用も視野に入れるといいかもしれません。

フィナステリドよりも安心安全、AGAへ効果的な育毛剤

アイテム
チャップアップの画像
チャップアップ

AGA関連医師がもっとも支持しており(支持率1位獲得)育毛剤ランキングでも総合1位を獲得している育毛剤です。

今なら初回56%OFF!

フィナステリドはAGA治療薬のなかでも代表的な内服薬で、効果も確かですが、内服を継続しないとリバウンドもあり、また副作用や後遺症、妊婦への接触厳禁などのリスクが多くあります。チャップアップならAGAへの効果的なアプローチが可能な上、天然由来成分で構成されているため、リスクへの心配も無用です。是非お試しください!

Thumbチャップアップを使った効果まとめ!【口コミ・評判】

プロペシアのジェネリックに関連する記事はこちら

Thumbプロペシア薬価とジェネリック薬価の価格差はどのくらいあるの?
Thumbプロペシアとフィンペシアの違いは?効果・副作用、切り替え時期まとめ!
Thumbプロペシアを通販の最安値で購入!サイト別に価格を徹底比較!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事