薄毛治療薬ランキング10選!プロペシアの効果・副作用は?

薄毛の治療薬といえばプロペシアとミノキシジルと言われています。他の薬はどうでしょうか?効果は?副作用は?気になりますね。そこで薄毛の治療薬選びをランキング式にまとめてみました。薄毛治療薬ランキング10選です。治療薬選びの参考にいかがでしょうか。

目次

  1. 薄毛の治療薬とは?
  2. そもそも薄毛とは?
  3. AGAによる薄毛とヘアサイクルの関係について
  4. 薄毛の治療薬とは
  5. 薄毛の治療薬の効果
  6. 薄毛の治療薬の副作用について
  7. 薄毛の治療薬の効果的な用法
  8. 薄毛の治療薬の用量と副作用のリスク
  9. 薄毛治療薬ランキング10選
  10. 薄毛の薬は市販されていない?
  11. 市販されていない薄毛の薬を買う方法
  12. 市販されていない薄毛の薬を買うリスク
  13. 【まとめ】薄毛は薬で治そう!

薄毛の治療薬とは?

AGAはお医者さんに相談だというテレビCMの効果もあって、薄毛の悩みを一人で抱え込まずに医療機関に治療を受けに行く人が増えてきています。

薄毛の治療には様々な方法があります。自分の髪の毛を使う自毛植毛、人工の髪の毛を自毛に結び付ける増毛、そしてウィッグ。その中でも薬を処方されて薄毛治療をする人が一番多いようです。つまり薄毛を治せる薬があるということです。その薄毛の薬とはいったいどういう薬なのでしょうか?副作用の心配とか気になります。そこで薄毛の治療薬と薬選びについて詳しく説明しましょう!

なお、本記事には日本国内で「未承認医薬品」の情報が記載されています。20才以上で「未承認医薬品」であることをご確認いただける方のみご覧いただきますようお願い致します。

未承認医薬品がいやな人はチャップアップを使ってみては?

チャップアップは天然成分で主に出来た育毛剤です。そもそも医薬品ではないので重大な副作用を心配する必要はあまりないですし、効果は医薬品に勝るとも劣らないと言われています。

Thumbチャップアップをお試しで格安に買うなら公式⁉定期購入がおすすめ!

そもそも薄毛とは?

薄毛とは、文字通り髪の毛が薄くなることですが具体的な症状には様々なものがあります。AGA(男性型脱毛症)、FAGA(女性版AGA)、牽引性脱毛症、びまん性脱毛症、円形脱毛症、抗癌剤などによる薬物脱毛症、などです。

夫々の症状はさらに細分化されますので一口に薄毛といっても漠然としてしまいます。すべての薄毛について扱うことは現実的ではありませんので、今回は薄毛の中でも最も多くの男性の悩ませているAGAに絞り込むことにします。

薄毛の原因となるAGAについて

今ではAGAという男性型脱毛症を意味する言葉を多くの人が知っています。男性型脱毛症とは特に中高年によくみられる薄毛の症状のことです。AGAは何の略語かは定説がないですが以下のいずれかになりそうです。

・androgenetic alopecia
・androgenic alopecia
・alopecia androgenitica
日本語にすると男性ホルモン型脱毛症となります。

AGAになっているとみなされる人は全国で1,260万人もいるそうですから、20~69歳の成人男性4200万人のうちの約3人に1人がAGAということになります。

AGAによる薄毛の様々な症状について

AGAによる薄毛の症状には典型的なパターンとして2つあります。「M字」と呼ばれる前髪の生え際が後退していくパターンと、頭頂部の毛髪が抜けたり細くなり薄毛となるパターンです。一概には言えないものの若い人にはM字の薄毛が多く中高年では頭頂部の薄毛が多いです。

AGAが進行するとM字も頭頂部もなく頭全体に薄毛となり脱毛状態となります。なお、このようなAGAの薄毛の症状は原因となる物質が頭頂部や生え際に存在していることを意味しています。耳の後ろから後頭部にはほとんど存在していないのでAGAになっている人でも自毛が残っています。

薄毛を引き起こすAGAの原因について

男性ホルモンのテストステロン
​男性ホルモンには以下のものがあります。 テストステロン ジヒドロテストステテロン デヒドロエピアンドロステロン アンドロステロン アンドロステンジオン など

薄毛を引き起こすAGAの原因については医学的に結論を得られてはいません。それでも長年の研究により遺伝的な要因と、男性ホルモンの作用による要因がAGAの原因の一つであるとされています。男性ホルモンの作用とは、テストステロンという男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して毛根に脱毛を促す作用のことです。

具体的には、成長期→退行期→休止期という毛周期(ヘアサイクル)を乱し休止期のままにしてしまうものです。そうなると抜け毛は増えるのに新しい毛は生えてこないままとなり薄毛の症状が進むことになります。

ThumbAGAに手遅れはある⁉治療効果もなし?【画像・写真まとめ】

AGAによる薄毛とヘアサイクルの関係について

薄毛を引き起こすAGAの原因はDHTにより毛周期(ヘアサイクル)が乱されると説明しましたが、実際に薄毛に至る過程をもう少し詳しく確認しておきましょう。

ヘアサイクルとはどういうもの?

髪の毛は、成長期→退行期→休止期という一連のサイクルを繰り返しています。ヘアサイクルの周期は男性で3~5年、女性で4~7年と言われています。髪の毛全体では約85%が成長期にあります。ヘアサイクルが正常であれば髪の毛全体の量は一定に保たれています。髪の毛も肌と同じで新陳代謝をするのがヘアサイクルですから一定の本数の抜け毛は正常な営みなのです。

ところがDHTによりヘアサイクルが乱れると多くの髪の毛が抜けた後に休止期に入ったままとなります。そうなると下の図のように次第に髪の毛の本数が減って薄毛に至ります。

出典: http://www.aga-news.jp

Thumbヘアサイクルとは?髪の毛の周期を改善・正常化すれば抜け毛は減る?

薄毛の治療薬とは

ここからは薄毛の治療に使う薬のAGA治療薬に焦点を当てて説明します。最初に治療薬という言葉の定義を確認してから具体的な薄毛治療薬をジェネリックを含めて説明します。

薄毛治療薬といえるのは医学的な根拠のある物だけ

薄毛の薬として様々なものが販売されています。その中には全く医学的な根拠のないものもあります。薬なのか薬でないのか、薄毛に効果があるのか効果がないのか、意図的に不明瞭にして販売している印象すら受けてしまいます。

本来は薄毛の治療薬といえるのは医学的な根拠と臨床試験によりAGAの改善効果が「公的な機関」により認められたものだけになります。その意味から薄毛の原因であるAGAの治療薬として認められていて実際に医療機関で処方されるのはプロペシアとミノキシジル、そしてデュタステリドの3つです。

出典: http://www.tokyoaoyama-aga.com

日本皮膚科学会によるAGA治療ガイドラインです。

A:行うよう強く勧められる
B:行うよう勧められる
C1:十分な根拠がない
C2:根拠がないので勧められない
D:勧められない
Aランク評価を得ているのはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルだけです。

薄毛の治療薬といえばプロペシア!

AGAの対処法は、今まで、かつらを着用する、市販の育毛剤を使用する、増毛をするといったところが主流でした。しかし、飲むAGA治療薬である「プロペシア」の承認、発売に伴い、「医療機関で医薬品を使ってAGAを治療する」ことが注目されつつあります。
一度髪が薄くなってきたら、もう元には戻らないと諦めてしまう人もいるようですが、AGAでは普通、髪が薄くなっても、毛包は存在し、うぶ毛は残っているため、まだ髪の毛を太く長く育てられる可能性はあるのです。
AGAによる薄毛・脱毛が気になる人には、「医療機関に相談して治療ができる」という選択があるということをぜひ知っておいてもらいたいです。

およそ薄毛に悩む人なら一度は耳にしたことがある薬がプロペシアです。プロペシアというのは全世界で使われているAGA治療薬の製品名称です。主要成分はフィナステリドで元々は前立腺肥大の治療薬として開発された成分です。1992年に米国でプロスカーという製品名で発売されました。その後AGAに対する改善効果が確認されて1997年に米国でAGA治療薬として認可されました。日本では2005年に厚労省に承認されその年末に発売されました。

薄毛治療薬のプロペシアのジェネリックとはどういう薬?

プロペシアは薄毛の原因であるAGAの治療薬として発売され、60か国以上で有効性が認められています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドを同じ量だけ配合したジェネリック薬も製造・販売されさています。

また製薬に関する特許の批准国でない国の製薬会社もプロペシアと同じ成分と配合量の薬を製造・販売しています。それは通常のジェネリックとは言わないのですが市場ではジェネリックとして扱われていることもあります。

Thumbプロペシアの効果的な飲み方【用法用量/飲む時間/飲み忘れ】

薄毛の治療薬で人気を二分するミノキシジルとは

ミノキシジルとは高血圧治療薬として開発された成分で血管拡張作用があります。血管が拡張されることで血流が穏やかになり血圧が下がります。そのミノキシジルを服用している人に発毛効果がみられたことから薄毛の原因であるAGAの治療薬として研究されて世界各国でその効果が承認されました。

ミノキシジルを配合した薄毛治療の薬には飲む薬である内用薬と塗る薬である外用薬があります。
内用薬:ロニテン
外用薬:ロゲイン、リゲイン(日本)

薄毛の治療薬のミノキシジルのジェネリックとは?

ミノキシジルに発毛効果が認められると、開発元以外でもミノキシジルを配合した薬が製造販売されました。ジェネリックとされていても実際は薬に関する特許法が適用されていないインドなどで製造されているものも含まれています。

ミノキシジルのジェネリックを扱っている業者で独自に第三者機関の成分分析結果を公開しているところがあります。その鑑定書を見るとミノキシジルのジェネリックでも、配合されているミノキシジルの成分は問題なさそうです。

ThumbAGA治療にミノキシジルが効く⁉効果や副作用を徹底調査!

プロペシアとミノキシジル以外にもある薄毛の治療薬

プロペシアとミノキシジルに続く第三のAGA治療薬がデュタステリドです。薄毛の原因であるAGAの治療薬としてはプロペシアと同様な作用です。フィナステリドはDHTの生成に作用する酵素であるⅡ型5α-還元酵素の働きをを阻害しますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型5α-還元酵素の両方の酵素の作用を阻害します。

ザガーロが治療薬としての製品名です。最近発売されたばかりで実際の効果について判断するには、もうしばらく時間が必要です。なお、日本ではAGA治療薬としてザガーロが販売される前には、GSK社のデュタステリド製剤としてアボルブが販売されていました。製品名称と前立腺肥大治療薬という使途が違うだけでザガーロと同じものです。

ザガーロは、GSKが承認を得た「男性型脱毛症(AGA)」の新薬です。
ザガーロの成分デュタステリドは、前立腺肥大症のために開発された薬の有効成分でしたが、その後にAGAに効果があることが分かりました。
プロペシアよりも男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」を効果的に抑制することが発見され、本来は前立腺肥大症のための薬をAGA治療薬として服用する人もいました。

ThumbAGA治療の新薬デュタステリドの発毛効果は?【医薬品認可】

薄毛の治療薬の効果

薄毛の治療薬の効果としては発毛を期待したいのですが、まず薄毛の原因となる抜け毛を正常な範囲内に戻すことがあります。次に発毛・育毛という順番になります。抜け毛が止まっても毛が生えなければ単なる現状維持ですし、毛が生えるようになっても抜け毛が止まらなければ薄毛は回復しないからで、どちらか片方の治療効果ではAGAには有効ではないということなのです。

薄毛対策として抜け毛を抑えるためにプロペシア、発毛のためにミノキシジルということで併用して使う人が多いです。プロペシアとミノキシジルの効果を詳しくみてみましょう。

プロペシアとミノキシジル成分のリアップ(海外での製品名は「ロゲイン」)の併用がAGA(男性型脱毛症)の標準的な治療法として、欧米では認知されています。実際に両剤の併用で発毛効果が高まったとする論文もあります。

プロペシアの薄毛治療薬の効果とは?

プロペシアの具体的な効果(臨床データ):
約98%が進行を抑えられた

プロペシア®錠1mgを1年間投与した場合、個人差はあるものの改善がみられた方は58%、また、改善まではいかなかったものの、進行しなかった方の割合は98%にも及びます。

プロペシアの効果はAGAの原因であるDHTの生成を阻害するものです。DHTが生成されなければDHTによるAGAの進行を抑制できるということです。プロペシアの主要有効成分であるフィナステリドにその効果があるとされています。

具体的には男性ホルモンであるテストステロンにⅡ型5-α還元酵素が作用してDHTを生成しますが、そのⅡ型5-α還元酵素の作用を阻害すると言われています。プロペシアにはAGAによる抜け毛を抑えることが最も期待されています。

薄毛の治療薬プロペシアのジェネリックの効果は?

AGA治療薬のプロペシアのジェネリックでも、配合されている主要有効成分であるフィナステリドはプロペシアと同じで配合量も一緒です。したがってプロペアのジェネリックであってもAGAに対する効果はプロペシアと同じと考えられています。ただしプロペシアのジェネリックでは実際の有効性の臨床試験をプロペシアと同じレベルでは実施されていないのが実情です。

ThumbAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品の効果は?【口コミあり】

ミノキシジルの薄毛治療薬の効果はどうか?

ミノキシジルの発毛効果は毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる成長因子によるとされています。ミノキシジルの血管拡張作用により血行が促進されることで発毛するという説明がなされる場合もあります。しかし血管拡張作用のある他の薬では発毛現象がみられないことから医学的にはミノキシジルの血管拡張作用は発毛作用には直接関係しないと考えられています。

ミノキシジルを服用すると血液により体中に運ばれますので頭の毛だけではなく体中の体毛が濃くなる場合があり、薄毛対策としてミノキシジルを使っている人からすると副作用と言われることもあります。

具体的なミノキシジルの効果として大正製薬によるミノキシジルの発毛効果(長期投与試験)臨床データを3例を以下に掲載します。

出典: http://www.taisho.co.jp

大正製薬によるミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果
【医師の評価(使用52週)】 <承認申請時添付データ>
4~12週(n=49)、16~24週(n=48)、28~40週(n=47)、44~48週(n=46)、52週(n=45)、評価終了時(n=50)  n:被験者数

出典: http://www.taisho.co.jp

大正製薬による長期投与試験 被験者の印象(発毛に対する効果) <承認申請時添付データ>

出典: http://www.taisho.co.jp

大正製薬による総毛髪数の変化(1㎝2当たり) <承認申請時添付データ>

ミノキシジルのジェネリックの効果はどうか?

ミノキシジルのジェネリックは配合されているミノキシジルの成分が同一であるので効果も同様に得られると考えて良さそうです。ミノキシジルのジェネリックは出荷数量が多いので実際に使用している人の口コミで効果を確認することができます。

Thumb薄毛に効く飲む治療薬ランキング10選!効果と通販の方法は?【ジェネリックあり】

薄毛の治療薬の副作用について

どんな薬にも効果があれば副作用もあります。薄毛の治療薬のプロペシアは男性ホルモンに直接関係しますから、副作用についてはどんな症状が起こりうるのかよく確認しておくようにしましょう。

薄毛治療薬のプロペシアの副作用とは?

プロペシアの服用による副作用については、風評や憶測を含め様々な情報が錯綜していますが製造・販売元のメルク(MSD)社によるプロペシアの副作用は以下となります。
重大な副作用:肝機能障害(頻度不明)

その他の副作用としては以下のようなものです。
・過敏症(瘙痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫)
・生殖器(睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下)
・肝臓:(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇)
・その他:乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

Thumbプロペシア副作用を体験談で徹底解説!【効果の口コミもあり】

薄毛の治療薬プロペシアのジェネリックの副作用はどうか?

プロペシアのジェネリックでは副作用について積極的な情報開示はなされていません。ジェネリックもプロペシアの副作用に準じていると考えられます。またプロペシアのジェネリックだからという特別な副作用は現在のところ報告されていません。

薄毛治療薬のミノキシジルの副作用にはどんなものがある?

ミノキシジルの副作用として大正製薬のリアップの例を紹介します。リアップでは4つの部位で以下の症状が出たら副作用が心配されるので薬の使用を中止し医師に相談するようにと記載されています。

皮膚:頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器:胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

薄毛の治療薬ミノキシジルのジェネリックの副作用はどうか?

ミノキシジルのジェネリックでも配合されているミノキシジルの成分や含有量が同じであるので副作用についても同様であると考えられます。ただしジェネリックの中には配合されているミノキシジルの成分濃度が濃い薬もあります。ミノキシジルの濃度が濃いということは副作用を引き起こすリスクも高まりますから注意が必要です。

Thumbミノキシジルを使って頭痛がひどい?副作用はある?徹底調査!

薄毛の治療薬の効果的な用法

薬には用法といって正しい服用の仕方が製薬会社により決められています。用法を守らないと期待していた効果が得られませんし、かえって健康を損ねることにもなりかねません。薄毛の治療薬にも厳密に定められた用法がありますので服用の際は十分に用法を理解して守るようにしましょう。

薄毛治療薬のプロペシアの用法について

プロペシアの服用は1日1回の経口投与です。これは有効成分の血中濃度を一定に保つために毎日継続することが必要なので必ず守りましょう。プロペシアの連続服用で3か月程度で効果を得られる場合もありますが、最低6か月は毎日欠かさず服用しなければなりません。

薄毛治療薬のプロペシアのジェネリックの用法はどうか?

プロペシアのジェネリックの用法はプロペシアと同じです。注意が必要なのはプロスカーのジェネリックです。プロペシアはAGAの治療薬として製造されていますがプロスカーは前立腺肥大治療薬で配合されているフィナステリドの量が異なります。

AGAの治療薬として使用する場合は用量の関係でプロスカーの錠剤を割るという処理が必要になります。ちなみに錠剤を割る道具をピルカッターといいます。

薄毛治療薬のミノキシジルの効果的な用法

ミノキシジルの用法は内用薬と外用薬で異なります。
内用薬:1日2回経口服用します。朝と夜の12時間間隔での服用が勧められています。
外用薬:1日2回頭皮に塗布します。シャンプーは塗布前、整髪料やヘアセットスプレーは塗布後にします。

薄毛治療薬のミノキシジルのジェネリックの効果的な用法はどうか?

ミノキシジルのジェネリックでも配合されているミノキシジルの成分が同じであるので用法も同じです。
ただし使用するミノキシジルの成分濃度が濃いジェネリックの場合は、その薬の用法を必ず確認して従うようにしましょう。

Thumbマイナチュレとミノキシジルどっちを選ぶ⁉効果や副作用から徹底比較!

薄毛の治療薬の用量と副作用のリスク

用法の次に用量と副作用についてプロペシアとミノキシジルで確認します。プロペシアとミノキシジルを併用する人は間違わないように慎重に使用しましょう。

薄毛治療薬のプロペシアの用量と副作用のリスク

プロペシアは成人男性で1日1回の経口服用します。少ない量から服用を始めて増量することができますが1日1mgが上限です。プロペシアには1錠あたりフィナステリドが0.2mgのものと1mgのものがありますが1mgのプロペシアであれば1日1錠が上限になります。それ以上の摂取は安全性が確認されておらず副作用を重くするリスクがありますので絶対に控えましょう。

薄毛治療薬のプロペシアのジェネリックの用量と副作用のリスク

プロペシアのジェネリックの用量はプロペシアと同じです。プロペシアと同じくフィナステリドを配合した前立腺肥大治療薬にプロスカーがあります。プロスカーのジェネリックはフィナステリドの配合量が5mgですから1mgの摂取のためにはピルカッターで錠剤を割るという処理が必要になります。

薄毛治療薬のミノキシジルの用量と副作用のリスク

ミノキシジルの用量は内用薬と外用薬で異なります。
内用薬:1日の最大服用量は100mgです。2回に分けて服用する際も合計が100mgを超えてはいけません。また1日10mgの服用量を50mgの服用量に増やす場合には、3日以上かけて1日あたり5~10mgの範囲内で増量しなければなりません。ただし1日あたりの服用量が50mg以上の場合には、1日あたり25mgまで増量することができます。ミノキシジルの濃度をいたずらに上げても効果より副作用のリスクが高まるだけですので決められた用量の範囲内で使用しましょう。

外用薬:1回1mLを1日2回薄毛部分の頭皮に塗布します。

薄毛治療薬のミノキシジルのジェネリックの用量と副作用のリスク

ミノキシジルのジェネリックでも配合されているミノキシジルの成分が同じであれば用量と副作用のリスクは同じです。ただしミノキシジルのジェネリックでは配合されているミノキシジルの成分濃度が高いものがありますのでその場合は薬の用法・用量をよく確認して使用するようにしてください。

Thumbフィンペシアとミノキシジルの併用時の飲み方と副作用・効果は?

薄毛治療薬ランキング10選

薄毛の薬としてはプロペシアとミノキシジルそしてデュタステリドがあると説明しました。では実際に薄毛の薬選びの際はどうしたらよいでしょうか?薄毛の薬選びについて市場での実績からランキング方式でまとめます。

薄毛の薬選びとは

薄毛の薬であるAGAの治療薬について10選をあげます。通常は薄毛の治療で医師の診察を受けてから処方してもらいます。その場合は医師が薄毛の薬を指定します。医師によっては選択肢を提示して相談しながら選ぶ場合もあります。

また一方で自ら薄毛の薬を選んで入手することも可能です。ここでは自分でも薄毛の薬選びができる情報としてランキング形式で薄毛の薬をまとめました。

薄毛の薬選びランキング10選の選考基準

薄毛の薬選びのランキング順位では、まずプロペシアとミノキシジルのオリジナルです。ついでジェネリックを選びました。デュタステリドについては、発売して間もないのですが期待値の大きさからザガーロとデュプロストを敢えて選びました。

ランキング第1位:プロペシア(内用薬)

出典: https://www.msdconnect.jp

プロペシアは、FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で98年1月21日より処方が開始されました。世界60ヶ国以上で販売されている、最強の「経口育毛剤」との呼び声が高いAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。国内でも2005年12月14日に万有製薬から発売が開始され、現在では13,000の医療機関で髪に悩む人に処方されています。

薬選びのランキングの第1位は使用実績・知名度・効果の高さで3冠達成のプロペシアです。これは全世界的に見ても同じ傾向になります。日本国内で医療機関でAGA治療を受けると、ほとんどの場合プロペシアが処方されているようです。

製品:プロペシア錠0.2mg、プロペシア錠1mgの2種類
主要成分:フィナステリドを1錠あたり0.2mgと1mg
製造・販売:MSD社
価格:薬代として1か月では7,000円から10,000円が目安です。

プロペシアはこういうひとにおすすめです。
・薄毛の専門医で処方してもらう薬を使いたい人
・薄毛になり始めた人

ThumbM字ハゲ(生え際)に育毛剤プロペシアは効果なし⁉あり?

ランキング第2位:ロニテン ミノキシジル(内用薬)

出典: http://www.bestdrug.org

ミノキシジルを配合した最初の薬です。薄毛治療薬ではなく高血圧の治療薬です。そのためロニテンは内用薬でありロニテンの外用薬は存在していません。ミノキシジルタブレットが普及するまでは薄毛治療薬としてロニテンを分割(錠剤を割る)して服用されていて現在でも価格の理由からそうした使い方をしている人が大勢いるようです。

製品:ロニテン5mg、ロニテン10mgの2種類
主要成分:ミノキシジル5mg、10mg
製造・販売:Pfizer社
価格:5mg/100錠:9,000円から10,000円

強力な発毛作用から個人輸入では不動の人気を得ている、最強の発毛薬なのです!

現在のAGA治療ではリアップやロゲインなどの外用ミノキシジルのみでなく、服用によって体内から発毛効果を発揮させる手法が主流であり、ロニテンは代表的な内服ミノキシジル医薬品なのです。

ロニテンはこういうひとにおすすめです。
・なるべく早く効果を感じたい人
・副作用のリスクを管理できる環境にいる人

Thumbミノキシジルタブレットの効果・副作用が分かる画像・写真15選!

ランキング第3位:ミノキシジル(外用薬)

出典: https://twitter.com

ミノキシジルの外用薬として販売されている薬がロゲインです。発売時はミノキシジルの内用を避けたい人を中心に大人気となりました。

製品:ロゲイン 5%フォーム
主要成分:ミノキシジル5%
製造・販売:McNEIL(マクニール)社
価格:4,000円から5,000円(1本60ml)

以前あれだけ薄毛に悩まされていたのが、今では嘘のようです。同成分ながら国産リゲインより安く、安心して使用で来ます。
INUO | 60~64歳 | 男性

5年間継続して使用しています。
効果も継続していますので、今後も続けていきたいと思います。
ちゃん | 40~44歳 | 男性

ロゲインはこういう人におすすめです。
・早く効果を体感したいと思う人
・なるべく費用を安く済ませたい人

出典: http://www.taisho.co.jp

大正製薬が日本国内で販売したミノキシジルを配合した薄毛治療薬です。リアップは第1類医薬品ですので医師にかからずとも薬局で購入することができるのが大きな特徴です。大手の製薬会社の製品であるということと俳優の水谷豊を起用したCMで知名度は抜群です。市販の薄毛治療薬選びであればダントツのランキング1位です。

製品:リアップX5プラスローション
種別:第1類医薬品
主要成分:ミノキシジル5%
製造・販売:大正製薬
価格:7,000円台(1本60ml)

リアップX5プラスはこういう人におすすめです。
・近くの薬局で自由に買いたい人
・日本の大手製薬会社の製品を使いたい人

Thumbミノキシジル配合の育毛剤・発毛剤が購入できる通販サイト7選!

ランキング第4位:ザガーロ(内用薬)

出典: http://united-clinic.com

2015年9月に、ついに日本でもGSKが「ザガーロ®カプセル0.1mg」「ザガーロ®カプセル0.5mg」(成分名:デュタステリド、以下「ザガーロ®」)について、「男性型脱毛症」の効能・効果で承認を得ました。その後、2016年6月よりGSKが販売をスタートしました。
これで日本でもデュタステリドはAGAの新薬「ザガーロ(GSK)」として処方が可能になりました。

GSK:GSK=グラクソ・スミスクライン社。GSK は2016年6月より「ザガーロ®カプセル0.1mg」、「ザガーロ®カプセル0.5mg」の販売を開始。

注目の成分であるデュタステリドを配合したAGA治療薬です。まだ発売されて間もないので実績はこれからですが発売を待ち望んでいた人も多く期待を込めて薬選びランキングで4位としました。

製品:ザガーロカプセル0.1㎎、0.5㎎
主要成分:デュタステリド0.1mg、0.5mg
製造・販売:グラクソ・スミスクライン社(GSK)
価格:1か月分8,500円から10,000円が目安になります

ザガーロの効果には「脱毛部位に太く長い毛の本数が増える」ことが挙げられ、国内外の臨床試験で結果が認められています。

20〜50歳のAGA患者を対象とした試験では、頭頂部(直径2.54cm円内)において非軟毛※の「毛髪数の増加」が以下のように認められました。
※最近のAGA治療薬の臨床試験では「明確に数えられる髪の毛」である非軟毛の本数が増えることを発毛と定義しています。

【24週時における毛髪数の変化】
ザガーロカプセル0.1mg…63.0本の増加
ザガーロカプセル0.5mg…89.6本の増加

ザガーロはこういう人におすすめです。
・新しい薬を積極的に試したい人
・プロペシアで効果が得られなかった人

ランキング第5位:フィンペシア(プロペシアのジェネリック)

出典: https://www.idrugstore.jp

薄毛に効く薬選びで一時期はものすごい人気がありました。しかしフィンペシアにコート剤としてキノリンイエローが使用されていたことから発癌性を危惧され敬遠されました。現在は不使用(キノリンイエローフリー)のフィンペシアが販売されています。販売実績から薬選びランキング5位です。
(注)フィンペシアはシプラ社が独自に製造している薬ですが、広義にとらえてプロペシアのジェネリックとしています。

製品:フィンペシア錠1mg
主要成分:フィナステリドを1錠あたり1mg
製造・販売:シプラ社(インド)
価格:2,000から5,000円(30錠)

フィンペシアはこういう人におすすめです。
・とにかく価格を安く抑えたい人
・プロペシアで効果が得られるていることが分かっている人

Thumbフィンペシアの効果を出す飲み方は?ミノキシジルの併用で効果倍増!?

ランキング第6位:ノキシジルタブレット(ミノキシジルのジェネリック)

出典: http://ftradehk.com

内用のミノキシジルのジェネリックです。ミノキシジルタブレットは「ミノタブ」と略称で呼ばれ薬選びでも人気があります。ミノタブ愛用者は外用よりも内用の方が効果があると考えているようです。

製品:ノキシジルタブレット5mg、10mgの2種類
主要成分:ミノキシジル5mg、10mg
製造・販売:T.O.Chemicals(1979)Ltd.
価格:5,000円前後(100錠)

ミノタブの育毛効果はかなり高いです。実際にミノタブを服用して一年程度で薄毛が良くなったという話はゴロゴロあります。

育毛内服薬ミノキシジルタブレット通常「ミノタブ」と呼ばれていますが、このミノタブの効果がこれ又凄まじいのです。商品欄の使用した人達のレビュー欄などを見ても一目瞭然といった感じで、その効果の壮絶な威力に驚きを隠せません。

ミノキシジルタブレットはこういう人におすすめです。
・副作用のリスクを管理できる状況にいる人
・血圧に異常がない人

ランキング第7位:カークランド(ミノキシジルのジェネリック)

出典: http://www.costco.com

カークランドはミノキシジルの外用薬のジェネリックの中で歴史の長い方で実績もある薬です。日本の個人輸入代行業者でも扱っている業者が多いです。そのため薬選びでは入手性が決め手となりカークランドが選択されることがあるようです。

製品:カークランド 5%
主要成分:ミノキシジル5%
製造・販売:Perrigo社
価格:3,000円前後(60m)

5年間愛用しつづけております。ほぼ薄毛は完治したのでいまは使用量を半分以下にして利用しております。
otaku | 40~44歳 | 男性

リアップは月に1万ちかくしますがこれなら5000円もかかりません。
継続して使うことが大事なのでとても助かります
なすけ | 20~24歳 | 男性

カークランドはこういう人におすすめです。
・とにかく価格を安く抑えたい人
・飲み薬には抵抗感がある人

ランキング第8位:デュプロスト(アボルブのジェネリック)

出典: http://bestpropecia.com

デュタステリドのジェネリックの薬です。期待値は非常に高いものの実績はまだこれからの薬です。ただ今後の薄毛治療薬の薬選びでは外せない薬となっていくと思われます。

製品:デュプロスト・カプセル 0.5mg
主要成分:デュタステリド0.5mg
製造・販売:シプラ社(インド)
価格:5,000円から6,000円(1箱100錠)

フィンペシアでの効果が出にくくなった為こちらの商品へ変更しました。効き目の実感はあります。今後も継続使用していきたいと思います。
ナインボール | 35~39歳 | 男性

フィンペシアから切り替え中。
デュプロストは2週間でDHTを90%抑えてくれるのでそれまでフィンペシアは併用。その後徐々にフィンペシアは切ります。
2剤併用は副作用だけ増えるリスクが高いのでさっさとフィンペシアは切りたいところです。
今のところ、勃起障害もなくシャンプー後の抜け毛がさらに減ってきました。
禿勝 | 55~59歳 | 男性

デュプロストはこういう人におすすめです。
・プロペシアで効果を感じられなかった人
・M字部分の薄毛が気になっている人

Thumbデュプロストの副作用と効果は?初期脱毛はある?口コミも調査!

ランキング第9位:フィンカー(プロスカーのジェネリック)

出典: https://www.idrugstore.jp

フィンカーはプロペシアの前に発売された前立腺肥大治療薬のプロスカーのジェネリックです。今でも愛用者はいますがプロペシアのジェネリックにはフィンペシアを始め強敵も多く出てきてしまっていることから薬選びランキングとしては9位となります。
(注)フィンカーはシプラ社が独自に製造している薬ですが、広義にとらえてジェネリックとしています。

製品:フィカー錠5mg
主要成分:フィナステリド 5mg
製造・販売:シプラ社(インド)
価格:2,000円前後(30錠)

リピ継続8年目。。。
効果は緩やかに(ナチュラルに)維持されます。この効能はホンモノです!!
但し、クスリ切れ1ヶ月ほどで明らかに顕著な後退が感じられます。
継続必須です!!
naughty26 | 60~64歳 | 男性

初期は吃驚するほど効きました。
もう数年使用していますので耐性かどうかわかりません
が維持程度で継続使用しています。
sanet | 60~64歳 | 男性

フィンカーはこういう人におすすめです。
・薬選びで価格最優先の人
・プロペシアで効果を感じている人

ランキング第10位:ポラリス(高濃度ミノキシジルと他の有効成分をブレンド)

出典: https://www.idrugstore.jp

ポラリスシリーズはミノキシジル濃度別にラインナップされていおり、他にも薄毛対策の有効成分が配合されています。薬選びランキングとしては番外的な薬です。
(注)ポラリスの各製品にはミノキシジルの濃度の他に配合されている成分も型番により異なります。NR-07:ミノキシジル5%、NR-08:ミノキシジル7%、NR-09:ミノキシジル15%、NR-10:ミノキシジル16%、NR-11:ミノキシジル12%

製品:ポラリスNR10
主要成分:ミノキシジル16%
製造・販売:ポラリス社
価格:製品により異なるが4,000円から6,000円が目安(1本/60ml)

これを使ってから一年が経ちます。周りから「最近、髪の毛増えてきたんじゃない?」と言われるのが多く聞こえるようになりました‼
さわちゃん | 45~49歳 | 男性

これが一番使い易くて効果も凄いです。ミノキ含有率は最大なのに痒みも無くクリームなのでたれる心配も無く
塗り易いです。
髪太郎 | 55~59歳 | 男性

ポラリスはこういう人におすすめです。
・最高濃度のミノキシジルを使ってみたい人
・発毛と同時に頭皮環境を同時に改善したい人

ThumbポラリスシリーズはAGA治療に効果あり⁉副作用まで徹底調査!

薄毛の薬は市販されていない?

薄毛の薬でも使い方によっては健康を害してしまう場合もあります。ですから薬には厳密な分類と定義があります。少しややこしいところがありますのでしっかり確認をしておきましょう。

市販される薄毛の薬と市販されない薄毛の薬の違いとは

市販されない薬とは医師の作成した処方箋をもとに薬局が処方した薬です。AGA治療薬は、例外を除いてこの処方箋医薬品に該当します。市販される薬には、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品という分類があります。第一類医薬品は薬剤師が常駐する薬局でのみ扱うことができる薬で販売に当たっては決められた説明が必要です。第二類医薬品は、薬剤師か登録されている薬局の販売員が説明する努力義務があります。第三類医薬品には上記のようなことはありません。

ちなみに育毛剤やサプリメントなどの製品は厳密には薬ではなく化粧品や健康食品の類にあたります。

薄毛治療薬は市販されているか

プロペシアやミノキシジル、デュタステリドは処方箋医薬品に該当する薬であり市販されていません。医療機関で診察を受けたうえで処方されるAGA治療薬です。ですから結論としては薄毛の治療薬は市販されていません。プロペシアやミノキシジル、デュタステリドのジェネリックも同じです。

ただし例外があります。

リアップは例外で市販されている

AGA治療薬のリアップは第一類医薬品ですので市販されています。薬剤師が常駐している薬局で購入することができます。薬剤師による情報提供や説明が義務付けられていますが、購入者から説明を受けたくないという意思表示がある場合にはしなくとも良いと条文化されています。リアップ以外のミノキシジル配合のAGA治療薬は市販されていません。

Thumb病院で処方される育毛剤と市販品の違いは⁉効果を徹底比較!

市販されていない薄毛の薬を買う方法

医師の診察を受けて処方箋をいただき薬局で処方した薬を買います。それ以外の購入方法はありません。
ただ法律的には個人的に海外からAGA治療薬を輸入することは禁じられていません。全てが自己責任となります。個人輸入については専門の輸入代行業者に依頼して購入することもできます。

市販されていない薄毛治療薬を買う方法は個人輸入

市販されていないプロペシアを買う方法は推奨されませんが個人輸入しかありません。偽物であるリスクまであることを考慮しておかなければなりません。自衛手段としてはプロペシアを第三者機関による成分鑑定をして確認しているような業者を活用しましょう。

ThumbAGA治療薬を個人輸入は危険⁉おすすめできない理由や注意点まとめ!

市販されていない薄毛の薬を買うリスク

市販されていないAGA治療薬を個人輸入する場合には、偽物であるリスクがある他にどのようなリスクがあるのでしょうか?肝心の薄毛治療の有効成分が規定通りに配合されていないとか、不足している可能性があります。また通常廃棄されるような長期在庫品などである場合もあります。在庫管理も適正な温度・湿度管理されていたかも不明です。つまり有効成分と品質に関するリスクがあるのです。

個人輸入より信頼できる代行業者に依頼するのがベター

リスク対策として第三者機関による成分鑑定書を公開している業者を利用することをおすすめします。また業者選定の際は業者と薬に関する口コミを数十以上の数で公開している業者を選びましょう。そこには良いことばかりでなくクレームなども書かれていると信憑度が上がります。

【参考】薄毛治療薬のプロペシアの偽物

出典: http://www.aga-news.jp

プロペシアの偽物の写真です。日本ではなく海外で見つかったものです。この例では外見が正規品のプロペシアと異なっています。

しかしMSD社によると外見が見分けのつかない偽物もある可能性があるそうです。そうなると成分鑑定をしない限り本物と偽物の区別がつかないことになります。

Thumbプロペシアの個人輸入は偽物の危険あり?個人輸入代行店ごとの価格をご紹介!

【まとめ】薄毛は薬で治そう!

薄毛を治す治療薬といえるものはプロペシアを代表とするフィナステリドを配合した薬かミノキシジルを配合した薬、そしてデュタステリドを配合した薬となります。実績からするとランキング1位のプロペシア、ランキング2位と3位のミノキシジルの内用と外用の薬になります。医療機関でAGAを薬で治す場合でもプロペシアかミノキシジルを配合した薬が処方されています。

価格的な課題がある場合は医療機関で相談しジェネリックを処方してもらうことが無難です。AGA治療薬を個人輸入することもできますがリスクが高く自己責任であるということを再度ご確認ください。

いずれにしても現在では長年の研究から薄毛は薬で治すことができるようになっています。薄毛に悩んでいるよりは薬による治療を検討してみましょう!薬による治療が心配な場合もチャップアップなどの育毛剤で治療しましょう!

もっと薄毛の治療薬について知りたい方はこちら!

ThumbAGA治療薬はやめるとリバウンドする⁉いつまで続ければいい?
ThumbAGA治療薬の副作用まとめ
Thumb薄毛に効く飲む治療薬ランキング10選!効果と通販の方法は?【ジェネリックあり】

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

おすすめの記事